「部下の成長につながると思った」部下に腕立て伏せ500回や5時間半立ち番や仮想通貨の投資を持ちかけた男性巡査部長(29)を懲戒処分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無し募集中。。。 2021/03/20(土) 08:17:19.13 0
兵庫県警は19日、4人の部下に、腕立て伏せ500回の命令や、5時間半の立ち番の強要などのパワハラ行為をしたとして、機動隊の男性巡査部長(29)を戒告の懲戒処分にした。
「厳しくすることが部下の成長につながると思った」と話しているという。

県警監察官室によると、巡査部長は2019年4月~20年11月、訓練中に銃口を人に向けた部下の右脇腹と右足を蹴り、集合に数分遅刻した別の部下に、警戒場所を5時間半見張らせた。
腕立て伏せ500回を命じ、340回をさせたほか、潜水訓練で10分間の立ち泳ぎを命じたこともあった。被害に遭った20代の男性巡査長と巡査の計4人が別の上司に相談して発覚した。

巡査部長は、別の部下ら5人に仮想通貨への投資を持ちかける県警の勤務規定違反もあったという。
https://mainichi.jp/articles/20210319/k00/00m/040/319000c

引用元:https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1616195839/

続きを読む No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加