ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

2021年 3月 の投稿一覧

ビットコイン、急騰!VISAがUSDCの決済導入と報道の後に / 米国とEU、仮想通貨法整備の協力体制へ

ビットコイン、急騰!VISAがUSDCの決済導入と報道の後に

要点

・決済の世界最大手企業VISAがステーブルコインを決済に導入すると報道

・それが仮想通貨界隈全体で好感されて、ビットコインが急騰

ビットコイン価格が、3月30日から明確な上昇に転じています。

 

海外時間の29日、
決済大手のVISAが仮想通貨の
ステーブルコインである「USDC」を
決済に採用するとロイターが報じました。

ビットコイン市場ではこれを好感されて
最高値640万円台まで急騰しました。

なお、CoinGeckoのデータによりますと、
USDCはステーブルコインの中では2番目に大きく、
市場規模は110億ドル(約1兆2000億円)に
達しているようです。

 

■ネットの反応

ステーブルコインとは価格変動が少ないよう設計された仮想通貨で

ビットコインとは性質が異なります。

ですが、決済の世界最大手の一角であるVISAが

仮想通貨を決済手段として受け入れたことは

投資家たちに歓迎されているようです。

 

米国とEU、仮想通貨法整備の協力体制へ

要点

・米国とEUの金融規制当局がオンライン会議を開催

・金融イノベーションへの国際的取り組みとして、協力体制へ

米国とEUの金融規制当局が
3月24日と25日にオンライン会議を行いました。
その中で、仮想通貨やステーブルコインについて、
双方規制面で協力していくとの話が確認されました。

会議に出席した米財務省は
仮想通貨の扱いについて
次のように語りました。

「参加者皆で仮想通貨、ステーブルコイン、
中央銀行デジタル通貨(CBDC)など、
新しい形式のデジタル決済について
最近の動向や規制案について意見交換を行った」

 

「参加者は、責任あるイノベーションと
それを監督する上での国際協力を促進するために、
現在も行われているような
金融イノベーションに対する
国際的な取り組みが重要だと認識した」

これ以上の議論の内容は明らかにされていなせんが、
これからも国際的に対話を行いながら
デジタル資産全般について
規制面で協力していく方針と見られています。

なおこのオンライン会議には、
米国からは
米財務省、連邦準備制度理事会(FRB)、
商品先物取引委員会(CFTC)、
証券取引委員会(SEC)、通貨監督庁(OCC)
その他の機関の代表者が出席しました。

EUからは、
欧州委員会、
欧州銀行監督局(EBA)、欧州証券市場監督局(ESMA)、
欧州保険・年金監督局(EIOPA)、欧州中央銀行(ECB)
その他の代表者が出席しています。

 

今回の記事のまとめ

■『ビットコイン、急騰!VISAがUSDCの決済導入と報道の後に』について

・BTC価格、最高値640万円までの急騰を見せて、上昇トレンド復帰

・VISAが仮想通貨を決済に導入するとのニュースが好材料に

■『米国とEU、仮想通貨法整備の協力体制へ 』について

・米国とEUそれぞれの金融規制当局がオンライン会議を開催

・デジタル資産全般に対し、規制面の協力体制を示した

 

ビットコイン価格が完全復活にも見える急騰に至りました。

VISAの仮想通貨決済の導入のニュースはそれほどまでに

大きな反響となり、さらなる上昇の予感を抱いている

投資家も少なくないようです。

ビットコインの強気相場はどこまで続くのか、

長期的な目線で動向を見守りましょう。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【仮想通貨】ビザ、暗号資産による決済に向け準備 [田杉山脈★]

1: 田杉山脈 ★ 2021/03/29(月) 22:07:29.11 ID:CAP_USER
クレジットカード大手ビザは29日、暗号資産(仮想通貨)の一種で米ドルに連動するステーブルコインの「USDコイン(USDC)」による決済を認める方針を表明した。

ビザは、仮想通貨決済プラットフォーム、クリプト・ドット・コムで試験運用をしており、今年中により多くのパートナーにこの選択肢を提供する計画だと説明した。

同業のマスターカードや、銀行BNYメロン、投資会社ブラックロックなどもデジタルコインを支持しており、暗号資産が投資対象として定着するとの見方もでている。

ビザの暗号資産部門の責任者は「世界中の消費者の間でデジタル通貨にアクセスしたり保有・使用を望む声が高まっている」と述べた。

ビザによると、デジタル資産銀行のアンカレッジと提携し、今月、クリプト・ドット・コム上でUSDCを使った初の決済を行った。
https://jp.reuters.com/article/crypto-currency-visa-idJPL4N2LR29H?il=0

引用元:https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1617023249/

続きを読む No tags for this post.

スイスの資産運用会社、暗号資産のステーキングに参入──シンガポール企業と提携

世界中の機関投資家がビットコイン(BTC)に注目しているなか、スイスの資産運用会社はさらに先を行く取り組みを始める。チューリッヒに拠点を置く投資会社のTavis Digitalは26日、シンガポールのPersistenceと提携し、暗号資産のステーキングを開始すると発表した。

shutterstock_1405007456-710x458
No tags for this post.

ビットコイン650までいくかな?

1: 風吹けば名無し 2021/03/29(月) 23:37:26.40 ID:5DDQWhm/0NIKU
どうなんや

引用元:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1617028646/

続きを読む No tags for this post.

ビットコイン一時70万円となる大幅反発! / 米マイアミ市長「ビットコインマイニングの環境問題解決は簡単」

ビットコイン一時70万円となる大幅反発!

要点

・BTC価格、先週金曜日の直近安値の550万円から一時70万円幅反発

・しかし、それ以上の価格帯には抜けず、揉み合っている模様

ビットコイン価格は、3月29日18時現在で620万円台まで回復しました。

 

先週金曜日には550万円まで下落しましたが、
一時70万円幅の反発を見せました。

しかし、上値抵抗線に阻まれたか
揉み合ってるような格好です。

オンチェーンアナリストのWilliam Clemente III氏は

「毎月末の金曜日のオプション満期日経過後、
調整局面から反転上昇に転じている可能性がある」

と分析しました。

なお、個別銘柄では、仮想通貨のソラナ(SOL)が、
前日比+8.1%、前週比+29.4%の
18.5ドルまで急騰しています。

 

■ネットの反応

ビットコインの反発は一部の指標では「買われすぎ」とのこと。

上昇するも未だ売り圧は強く、じりじりと押し戻されると

分析する投資家も散見されます。

 

米マイアミ市長「ビットコインマイニングの環境問題解決は簡単」

要点

・BTC推進派の米マイアミ市長がマイニングの環境問題に言及

・マイニング拠点を米国に移転することで解決できるといった主張

米フロリダ州マイアミ市のFrancis Suarez市長は、

「マイニングによる地球環境への悪影響は、
マイニング拠点を米国に移転することで、
非常に簡単に解決できる」

と主張しています。

マイアミ市長は、現在、ビットコインマイニングの90%が
「海外の汚れたエネルギー」を利用していると指摘し
それを問題視しました。

その解決策として
米国内のクリーンなエネルギー(原子力発電など)を
利用できる環境にマイニング拠点を増やすこと
提示しながら、

「その中でもぜひマイアミ市がビットコインマイニングの
中心地になれると良い」

と未来への展望を語りました。

また、マイアミ市長は

「マイニング技術として太陽光発電や水素など
新たな手段が登場するだろうと予測すると共に、
より省コストで効率化された
安価なマイニングが実現するだろう」

と述べました。

 

今回の記事のまとめ

■『ビットコイン一時70万円となる大幅反発!』について

・BTC価格、先週金曜日の直近安値の550万円から一時70万円幅反発

・個別の仮想通貨ではソラナ(SOL)が前週比29.4%増しの急騰

■『米マイアミ市長「ビットコインマイニングの環境問題解決は簡単」 』について

・ビットコイン推進派のマイアミ市長が、マイニングのエネルギー問題に言及

・クリーンなエネルギーが使える米国が採掘の中心地になれば解決するとのこと

 

ビットコインが反発を見せたものの、上昇トレンドに乗れたとも

言えない、微妙な状態が続いているようです。

テクニカル分析者の中には

「下げ止まってはいるが、チャートの形が崩れてきてる」

といった分析をした人も見られました。

上とも下とも判断が難しいような相場では

トレードをせず、観察に徹するのが一番の安全策だと

言われていますので、ならうのが無難でしょう。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

注目記事3選

bygoogle || []).push
No tags for this post.

仮想通貨でゼロカットってあるじゃん?

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/03/28(日) 22:59:20.698 ID:hFq2II9U0
証拠金以上の損害が出ないってのは

証拠金 1万円
レバ 100倍
1円のコイン100万枚ロング

の場合コインの価値が0.99円になったら自動で決済されるの?

引用元:https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1616939960/

続きを読む No tags for this post.

【3月29日概況】ビットコイン下落トレンドライン手前で失踪!今月はもみ合いで終了か?!

ビットコインは3月26日、50000ドル手前で反発し、日本円では550万円を底値に、

3月28日午前6時には618万円まで値を戻しました。
その後、3月29日に入るとピークアウトし、3月29日午前6時現在、

605万円前後で推移しています。
3月29日のピークアウトは下落トレンドラインを意識した動きになっています。
3月29日のビットコインの概況について解説します。
(この記事は3月29日午前6時の情報で書いています。)

 

3月26日午前6時からの動き

3月26日はドルベースで50000ドル手前から始まり、50000ドル割れを想像させる弱い動きでしたが、

最近のトレンドとなっている日本時間の買いに助けられた形になりした。
徐々に切り返し、3月26日午後4時には582万円の短期レジスタンスをあっさりブレイク、

その後も短期レジスタンスを発生させない強い相場で、3月28日午前6時には618万円まで上昇します。
ここまでは調子は良かったのですが、3月28日の午後11時頃に短期レジスタンスが発生、

午前4時には600万円まで売られ、午前6時現在は605万円程度で推移しています。

 

下落トレンドラインに跳ね返された?!

チャートは以前引いたドルベースの下落トレンドラインです。
今回、57000ドルに到達することなく下落していることから、

この下落トレンドラインはまだ意識されているようです。
今後の節目として、57000ドルを突破し、長時間維持できるかが焦点となるでしょう。
日本勢は逆張り嗜好であるものの、すぐに利食いを行う傾向があるため、

本日の日本時間は期待外れかもしれません。

 

今日のサポート&レジスタンス

 

一気の上昇を成し遂げたビットコインでしたが、623万円の中期レジスタンスは突破出来ずに終わっています。
短期レジスタンスは620万円の所に発生していますので、

先ずはこの辺りをクリアできるかでしょう。
一方で短期サポートは599万円の所に切り上がってきています。
この辺りはブレイクされやすいですが、売りのエネルギーは限られていますので、

中期サポートまで一気に下落はなそうです。
下落トレンドライン手前でもみ合いの展開が予想されます。

 

まとめ

ビットコインは50000ドル手前から切り返した動きになったものの、

下落トレンドでライン近くの57000ドル手前で売られた動きになっています。
短期サポートが近く、ブレイクされやすい位置にありますが、

エネルギーは徐々に減っているため、下落トレンドを意識したもみ合いになりそうです。
今後は57000ドルを突破し、長時間維持できるかに注目です。

 

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.