ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

2021年 3月 の投稿一覧

イーサリアム高騰の予感?ガス代問題が解決する可能性

今仮想通貨界隈で空前のブームを引き起こしているDeFiですが、参加しているユーザーは誰しもガス代問題に直面するでしょう。

しかし、イーサリアムのレイヤー2プロジェクトによって、そのガス代問題が解決する可能性が出てきました。

もしこの問題を解決できれば、イーサリアムは再びDeFiの主導を握ることができる為、価格が上昇する可能性が高まっています。

 

イーサリアムの新アップデートでガス代削減

イーサリアムのレイヤー2プロジェクトであるOptimismが、近日中にローンチされる予定であることが分かりました。

このOptimismでは、イーサリアムのガス代が削減されると言われています。

DeFiをやっていない方にはあまりピンと来ないかもしれませんが、ガス代の高騰は非常に問題視されています。

ガス代とは、簡単に説明すると手数料のようなものです。

通貨を預けたり、交換したり、回収したり…DeFiではこれらすべての作業に毎回手数料が掛かってきます。

イーサリアムチェーンではこの手数料だけで数千円以上も取られてしまう為、とてもじゃないですが資金が少ない人では参加できない状況となっているのです。

この問題を解決できないと、ガス代が安いBinance Smart Chain(BSC)にどんどんシェアを奪われてしまうでしょう。

実際、今年に入ってDeFiの人口が激増してから、ガス代の安いBSCに人が集まりBNBが7倍近く高騰しています。

これは、DeFiユーザーのほとんどがBSCを選んだからです。

ガス代削減はイーサリアム高騰に繋がる

もしガス代問題が解決できれば、BSCからシェアを奪い返せる可能性が高まります。

というのも、DeFi自体の質はイーサリアムチェーンの方が高いので、ガス代がBSCと同じくらいにまで落ち着けば

多くのユーザーはイーサリアムチェーンを利用するようになるでしょう。

そうなると、必然的にイーサリアムが購入されるようになる為、価格の向上に繋がります。

 

DeFiの発展も進む

DeFiはここ数年で生まれた産業であり、今後も急激に発展していくと考えられています。

特に大きな問題だったガス代問題が解決すれば、資金が少ない人の選択肢が更に広がっていくでしょう。

それに伴い、DeFi関連の銘柄も伸びていく可能性があります。

現時点でもAAVEやBancorといったDeFi銘柄が非常に強い動きを見せており、右肩あがりで上昇を続けています。

今後、どのように発展していくかは未知数ですが、明るい未来が待っている可能性は十分あるでしょう。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

分散型金融(DeFi)のTVL 前週から49億ドル減の388億ドル

bygoogle || []).push
No tags for this post.

日銀、中央銀行デジタル通貨で連絡協議会を設置 | 民間事業者や政府と情報共有進める

bygoogle || []).push
No tags for this post.

CBOE、仮想通貨での事業展開を「あきらめていない」 | 「個人投資家や機関投資家から高い需要」

bygoogle || []).push
No tags for this post.

最大手ヘッジファンド創業者「米政府がビットコインを禁止する可能性がある」 / BTC、時価総額が1兆ドルを下回る!1週間で1400億ドル減少

最大手ヘッジファンド創業者「米政府がビットコインを禁止する可能性がある」

要点

・著名投資家のレイ・ダリオ氏が米国でBTCが非合法化される可能性を示唆

・「1930年代に金の保有を禁止した時と同じ理由で禁止されるだろう」との事

最大手ヘッジファンドである
ブリッジウォーター・アソシエイツの創業者
レイ・ダリオ氏が、BTCに言及しました。

ヤフーファイナンスとのインタビューの中で、

「将来的にビットコインが米政府によって禁止される
可能性が非常に高い」

 

「彼らは、物事が制御不能にあることを恐れていて
他のの形態のマネーが競合することを望んでいない。
そのため、金が非合法化されたのと同じ理由で
ビットコインも禁止される可能性は充分にある」

と主張しています。

ダリオ氏はインタビューの中で
インド政府が仮想通貨を全面禁止しようと
している事例を挙げて、自説を展開しました。

また、16日のインタビューにおいては

「今後予想される税制改正は
想像以上にショッキングなものになるだろう。
金やビットコインへの資本移動が
禁止される懸念がある」

と主張しています。

■ネットの反応

ビットコインがアメリカ政府で禁止されるというのは

にわかには実感しにくい分析ですが、

禁止する道理としては確かに筋が通っていると冷静に見る

投資家が散見されました。

 

BTC、時価総額が1兆ドルを下回る!1週間で1400億ドル減少

要点

・ビットコイン市場、連日の下落で時価総額が再び1兆ドル未満に

・BTCの時価総額は現在9800億ドル、1週間で1400億ドルも減少

ビットコイン市場が連日調整となり、
時価総額が再び1兆ドルを下回ることとなっています。

CoinGeckoによると、BTCの時価総額は現在9,800億ドル。
先週の3月18日から
1週間で1,400億ドル減少したことになります。

仮想通貨アナリストのウィリー・ウー氏は

「1兆ドルのレベルが強力なサポートレベルになる」

と予想していました。
しかし、わずか数日でそれは裏切られてしまいます。

アナリストのジョシュ・ラガー氏は、

「利益確定の動きがこの調整の大きな要因だろう」

との見解を示しました。

 

今回の記事のまとめ

■『最大手ヘッジファンド創業者「米政府がビットコインを禁止する可能性がある」』について

・著名投資家レイ・ダリオ氏が「BTCは将来的に米政府に禁止される可能性が高い」と発言

・米国の税制改正にともない、金やBTCの資金移動も禁止される可能性も示唆

■『BTC、時価総額が1兆ドルを下回る!1週間で1400億ドル減少 』について

・ビットコインが連日の下落相場で、時価総額は9,800億ドルに転落

・アナリストは下落理由の一つに「利益確定売り」を挙げている

 

じわじわと下落に向かっているビットコイン価格に対して

ダメ押しになりかねないマイナス材料の予測が

最大手ヘッジファンド創設者から放たれてしまいました。

もし本当にアメリカ政府によってBTCが禁止されてしまえば

今後爆発的な上昇の可能性はほぼ無くなるかも知れません。

しかし、投資家においては悲観しすぎず、楽観しすぎず、

冷静に先々の相場の動きを見守るのが良いと思われます。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【話題】 世界各国ではコロナワクチン接種の進捗状況によって、明暗が分かれつつあります [影のたけし軍団★]

1: 影のたけし軍団 ★ 2021/03/26(金) 03:03:03.24 ID:WTHnoMFv9
世界各国ではワクチン接種の進捗状況によって、明暗が分かれつつあります。
ワクチン接種を積極的に進めたイギリス。人口のおよそ4割が一度目の接種を終えました。

新規感染も1日5000人程まで減り6月の全面的な規制解除に向け、日常に近づいています。
来週からは屋外で、6人集まることが可能になります。

そしてすでに、夏の旅行の話題も…スペイン、ギリシャ、イタリアなど定番が人気です。
政府は4月初旬、旅行解禁の方針を示すと言われています。

去年夏、旅行を解禁して感染第2波の引き金になったとの指摘もあり慎重なものになる可能性もありますが、
旅行業界は期待をかけています。

イスラエルでは3月7日、およそ半年にわたりテークアウトのみの営業としていた飲食店の営業を再開。
さらに、2回のワクチン接種を完了したことを示す証明書・グリーンパスを提示することでジムや劇場などの屋内施設を利用できるようになりました。


一方で、ワクチンの供給が遅れ接種が進まない国々では…

変異株による感染拡大で、ロックダウンが続くドイツ。メルケル首相は、来週のイースター休暇の間、制限をさらに強める対応策を発表しましたが、
急な決定は激しい反発にあい、わずか1日で撤回に追い込まれました。
https://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_223869/

引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1616695383/

続きを読む No tags for this post.

【3月26日概況】ビットコイン5万ドル手前で反発するも弱い!本日は売り先行か?!

ビットコインは日本時間に小高くなりましたが、25日午後9時に下落し、

5万ドル手前まで売り込まれます。
その後反発するも、反発の勢いは弱いため更に下を狙っている可能性があります。
本日、明日以降は中期レジスタンスが下がってくるため、

売り先行になりやすい地合いでも日柄も良くありません。
ビットコインの3月26日の概況について解説します。
(この記事は3月26日午前7時の情報で書いています。)

 

3月25日午前7時からの動き

3月25日午前7時では、短期中期サポート、短期レジスタンスがブレイクされ、

562万円で推移していたビットコインですが、日本時間は相変わらず逆張り思考が強く、

3月25日午後3時には581万円まで反発します。
ただ、ここ最近の反発にしては反発力として心許なく、

日本時間でもいい加減買い疲れが出ている感覚です。
その後NY時間が始まる午後9時には550万円まで下落し、

安値を更新して短期&中期サポートの発生を先送りにします。
NY時間はひとまず落ち着き、568万円で推移しているものの、

徐々に戻すエネルギーが低下している印象です。
50000ドル手前で反発しており、

ひとまず3月23日の記事で書いた水準まで下がり、その後一服の形を作っていますが、

反発力が弱いため底打ちしたのか判断できません。

 

本日は中期レジスタンスが切り下がる日

 

一服の状態にはなっていますが、本日は日柄があまり良くありません。
652万円の所にあった中期レジスタンスが623万円に切り下がってきます。
中期レジスタンスが降りてくる時は、RSIなどの逆張り指標も売られ過ぎの水準から外れ、

短期マネーが入りにくく、一方で仕掛け的な売りが発生しやすくなります。
50000ドル割れに注意しましょう。

 

本日のサポート&レジスタンス

 

昨日ブレイクされた短期と中期のサポートは、25日午後9時の下落で、発生してません。
今の動きが続けば、本日の夕方に発生するでしょう。
一方でレジスタンスは短期レジスタンスが昨日の高値を基準とする、582万円まで降りてきています。
本日中にこの水準位はブレイクしておかなければ重症です。
中期レジスタンスも623万円まで降りてきており、売り圧力を強めるでしょう。
アノマリーとして、月末近くは弱くなることが多いので、

3月30日まで底値を探る展開も考えられます。

 

まとめ

ビットコインはドルベースで5万ドル手前まで下落するも、小反発の動きになっています。
反発が弱いため、更なる下落の可能性があります。
短期レジスタンスの582万円をクリアできるかがポイントです。
5万ドル割れを起こすと崩れる可能性があるため、注意が必要です。

 

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨の下落がやばい

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/03/26(金) 00:12:25.619 ID:54WWfHWh0
ビットコインここが買い時か

引用元:https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1616685145/

続きを読む No tags for this post.

Blockchain.comが約330億円の大型調達実施 仮想通貨分野で三番目の規模

bygoogle || []).push
No tags for this post.

ゴールドマン、新たな仕組債を計画、ビットコインにリンクする可能性も

米投資銀行大手のゴールドマン・サックスが、新たな仕組債の開発を進めている。同商品は、ビットコイン(BTC)などの暗号資産市場のリターンにリンクする可能性がある。 ゴールドマンは1570万ドル(約17億円)の「2026年満期オートコール可能なコンティンジェント・クーポンETFリンク・ノート」の募集を米証券取引委員会(SEC)に申請した。

1671188
No tags for this post.