2021年 3月 の投稿一覧

韓国の新しい仮想通貨規制、大手取引所の独占が進む=現地専門家が指摘

bygoogle || []).push

テスラ、ビットコイン決済導入でBTC価格が一時反発するも下降 / BTCの大型アップデート「Taproot」、今年実装か

テスラ、ビットコイン決済導入でBTC価格が一時反発するも下降

要点

・昨日、イーロン・マスク氏のテスラ社がBTC決済の導入を発表

・それにより一時的に反発するも、明け方あえなく急落

昨日16時頃、テスラ社がビットコインによる決済の導入を発表しました。

つまり、テスラ社製の自動車が
ビットコインでも購入できる
ようになるということです。

この発表は投資家に好感され
一時57,000ドル(620万円)台まで
回復しました。

ですが、その後失速。

明け方にかけて反発した分を全て戻して、
5,2000ドル(560万円)台まで
急落しています。

なお、決済手段として
テスラに支払われたビットコインに関して
テスラはそのまま持ち続けて
法定通貨に換金はしないとのことです。

 

■ネットの反応

ビットコインでテスラ車が買えるようになったというのは

好材料ではあるものの、わずかの間しか持たずに

失速したことで、一部の投資家の間に失望と警戒の空気が漂っています。

 

BTCの大型アップデート「Taproot」、今年実装か

要点

・ビットコインネットワークを大幅機能向上させるアップデートに新たな言及

・「Taproot」は2021年11月15日ごろに実装する予定であるとのこと

23日に開催された会議で
ビットコインの大型アップグレード「Taproot」の
実行時期について言及されました。

Taprootはネットワークのスケーラビリティや
プライバシーの向上などが
期待できるとされるBTCのアップグレード。
ビットコインネットワークの大幅な機能向上に
繋がるとして、注目を集めています。

当該会議では、予定として
2021年11月15日ごろにアクティベーションする
という見通しが示されました。

現在は主に実装方法について
議論が進められているところです。

 

今回の記事のまとめ

■『テスラ、ビットコイン決済導入でBTC価格が一時反発するも下降』について

・テスラが自社製品へのビットコイン決済の導入を発表

・BTCは一時3,000ドルほど反発するも失速し、明け方に5,000ドル超下落

■『BTCの大型アップデート「Taproot」、今年実装か』について

・BTCのネットワーク機能やプライバシーを向上させるアップデートに新発表

・Taprootは2021年11月15日頃に実装予定

 

今回のビットコイン価格下落で、何が一番衝撃的だったか

というと、あれだけ強い影響力のあった「イーロン・マスク砲」

が発動したにも関わらず、価格が大幅に急落したことです。

マスク氏が中心となったビットコインのお祭り騒ぎは

そろそろ終焉が近いのではないか、と言う悲観の声まで

見られました。

世界的にはビットコインの浸透度は高まっていますが、

果たして起死回生となるのでしょうか。

注意深く、慎重に、見守るのが吉だと思われます。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

デジタル・ゴールドであることを、FRB議長が認めたことは大きい。

bygoogle || []).push
No tags for this post.

【3月25日概況】ジェットコースーター相場のビットコイン!短期レジスタンスと短期中期サポートをブレイク

ビットコインの動きが安定しません。
下落相場なのか上昇基調に戻るのか、わからないジェットコースーター相場になっています。
原因は日本時間にある日本勢の動きにある模様で、

3月24日午後4時には短期レジスタンスをブレイクしているものの、

日本人が寝ていると思われる3月25日午前5時には短期サポートを、午前7時には中期サポートをブレイクしています。
ビットコインの3月25日の概況について解説します。
(この記事は3月25日午前7時の情報で書いています。)

 

3月24日午前7時からの動き

3月24日は短期と中期のサポートが発生したものの、

動きは芳しくなく軟調な展開から始まりました。
午前10時には582万円まで下落したものの、

サポートの577万円には到達しなかったことから、午後3時に切り返し始め、午後4時には608万円の短期サポートをブレイクし、

午後10時には622万円まで上昇します。
ところがNY時間から再び大失速をし、

25日午前5時には切り上がった582万円の短期サポートをブレイクします。
午前7時には中期サポートもブレイクし、565.5万円まで下落、

NY時間と日本時間でマインドが大きく変わるジェットコースーターのような相場です。

 

何故日本時間は強いのか

ビットフライヤーFXの現物との価格差乖離を見ていると、日本勢の買い意欲が旺盛です。
ビットフライヤーFXで買う人が売る人より増えると現物との価格差が広がっていきますが、

現在5.8%、昨日の日中では6.8%位まで乖離が見えました。
去年の10月からの上昇相場では3.0から4.8%で推移し、

by bitなどが資金調達率0.30%台になっていても日本では短期の買いが膨らまなかったのですが、出遅れ組が最高値から少し下がった今の水準で旺盛に買ってきているようです。

 

本日のサポートとレジスタンス

本日は日本勢にとっても苦戦する1日となりそうです。
ここ数日無理をしすぎていますし、何も考えずに『ビットコインは永久に上がり続けるもの』といった虚妄から覚めると大暴落を引き起こす可能性があります。
サポートは消えており、三角持ち合いからの下落は続いています。
ただ、昨日のように何事も無かったかのように買い上げる可能性もあります。
心理的節目となる50000ドルを維持できるかに注目です。

 

まとめ

ビットコインは24日、622万円まで上昇するも、その後NY時間に売られ、直近の安値を下回っています。
短期サポートのみならず、中期サポートも失った状態です。
本日は50000ドルを維持できるかが重要なポイントとなります。
日本人の買いに期待しましょう。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨取引所コインベース、CEOがユーザーからの質問に回答 | DeFiとの統合の可能性にも触れる

bygoogle || []).push
No tags for this post.