ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

仮想通貨市場の時価総額、2兆ドルを超える!BTCだけで1兆ドル / 大手BTCマイニング企業エバン、仮想通貨取引所事業を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨市場の時価総額、2兆ドルを超える!BTCだけで1兆ドル

要点

・仮想通貨の時価総額合計が初めて2兆ドルを超えた

・1月7日に1兆ドルを突破して、わずか3ヶ月で倍増した結果に

仮想通貨市場全体の時価総額が
5日に2兆ドルを超えたと発表されました。

仮想通貨市場の時価総額は1月7日に1兆ドルを突破したと記録されているので
わずか3ヶ月で倍増した形になり、これでアップルとほぼ同額まで上昇したことになります。

なお、ビットコインだけでも1兆ドルの時価総額になります。

アナリストは、

ビットコインが5万3000ドル以上を維持する限り、
時価総額1兆ドルを維持できる

と分析しています。

上昇の背景には、
決済大手のPayPalやVISAが仮想通貨を導入しはじめ、
好材料の投下と共に、
機関投資家や個人投資家が買いに走ったことが
あるとされています。

 

■ネットの反応

3ヶ月で倍の2兆ドルに跳ね上がったというのは驚異的な数字ですが、

投資家の間では仮想通貨およびビットコインは「まだまだ上昇途中」

という向きが強いようです。

ビットコインが2兆ドルを突破するのは、そう遠くないかも知れません。

 

大手BTCマイニング企業エバン、仮想通貨取引所事業を開始

要点

・中国のマイニング機器企業エバンが、独自の仮想通貨取引所「エボネックス」設立へ

・ビットコイン、イーサリアム、ライトコインなどを取り扱う予定

米ナスダックに上場している
中国マイニング機器製造企業のエバンが
独自の仮想通貨取引所
「エボネックス(Ebonex)」の開設を発表しました。

3月に一部ユーザーを招待したベータ版を始動して、
すでにユーザー登録が開始されています。

サポートする通過は、
ビットコインやイーサリアム、ライトコイン、
カルダノ、ジーキャッシュ、
ダッシュ、テゾス、EOS、モネロなどです。

エバンのCEO兼会長であるドン・フー氏は

「ここ数年、当社は研究開発分野の人材確保、
製品のイノベーションに大きな投資を行ってきた。
我々の仮想通貨取引所事業の開始は、
仮想通貨事業全体の収益を拡大するだけでなく、
ブロックチェーン産業を発展させる」

と述べました。

 

 

今回の記事のまとめ

■『仮想通貨市場の時価総額、2兆ドルを超える!BTCだけで1兆ドル』について

・仮想通貨市場全体の時価総額が、アップルと同等の2兆ドルに

・牽引役のビットコインだけでも1兆ドルの時価総額

■『大手BTCマイニング企業エバン、仮想通貨取引所事業を開始 』について

・米ナスダックに上場しているエバンが、仮想通貨取引所「エボネックス」を開設

・「仮想通貨事業の収益拡大およびブロックチェーン産業の発展」がねらいとのこと

 

今年に入ってからビットコインの急騰に次ぐ急騰で、仮想通貨市場は隆盛して

とうとう時価総額2兆ドルを突破するまでの規模になりました。

驚くべきはそのペースです。わずか3ヶ月で倍額になった勢いは

まだ衰えてはいないと見られています。

ビットコイン価格も未だ上昇トレンドを堅持しているので、

今後を楽しみに見守りましょう。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加