ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

【4月29日概況】強気と弱気が交差するビットコイン!エネルギー不足は暫く続くか?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコインは下落トレンドから反発し、値を戻したあと、

今度は強気と弱気が交差するこう着状態になりつつあります。
ファンダメンタル的に予想ボラティリティが低く、短期筋の動きも低調なため、

積極的に買う理由も売る理由も無いエネルギー不足のようです。
ビットコインの4月29日の概況について解説します。
(この記事は4月29日午前7時の情報で書き、短期間のスイングトレードで有効となる数値を紹介しています。)

 

4月29日午前7時からの動き

4月29日午前7時、601万円でスタートしたビットコインですが、

午前10時には608万円に上昇、爆発ポイントの604万円をクリアします。
爆発ポイントを超えた割には動きは乏しく、午後3時には586万円に売られ、

その後一進一退でしたが、4月29日午前5時に612万円まで上昇し前日の高値を更新、

その後すぐに588万円近くまで下落する売り買い両成敗のような動きとなりました。
売りが出てきたものの、短期サポートを割らずに反発していることは一定の強さとして評価できます。
ただし上の方で買ってしまった人はまだまだ沢山いるようで、上値は重く、強気と弱気が交差する動きです。

 

相場は深刻なエネルギー不足

足元は今回の下落で短期筋が離散しており、積極的に買いポジションを作る環境ではありません。
加えて予想ボラティリティも低く、動きが買いでも売りでも限られてきています。
しばらくはエネルギー不足相場が続きそうで、GW中はこの動きが継続するかも知れません。

 

今日のサポート&レジスタンス

今日のサポートは、短期サポートが585万円まで、中期サポートが567万円まで上昇しています。
短期サポートがブレイクされそうでされないことは、

短期的な上昇モードは継続していると言えそうです。
レジスタンスは現在、短期レジスタンス、中期レジスタンス共に発生していません。
今日の動きは短期サポートを割らず、612万円の高値を超えてレジスタンスを発生させないまま、

上昇出来るかに注目です。

 

まとめ

ビットコインの27日から28日午前7時にかけての動きは下落、上昇、下落といった強気と弱気が交差する動きになっています。
根底にあるのが予想ボラティリティの低調さで、

積極的に買う理由も売る理由も無いエネルギー不足相場です。
短期サポートは割っていないため、引き続き短期サポートブレイクがないまま上昇出来るかに注目するといいでしょう。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加