ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

2021年 4月 の投稿一覧

ビットコイン、26日早朝の安値から急反発!底を打ったか!? / PayPal社CEO「仮想通貨サービスの需要は予想の倍以上だ」

ビットコイン、26日早朝の安値から急反発!底を打ったか!?

要点

・ビットコインが本日早朝に500万円台まで急落するも560万円台まで猛反発

・この上昇率は7週前の数値以来となる

ビットコインは早朝に500万円台まで急落!
しかし、その後急反発しました。

ビットコインは一時4万7079ドルまで下落するも、
その後に反発し一時9.1%高の5万2518ドルとなりました。

この上昇率は3月13日以来で最大となります。

コピア・ウェルス・スタジオスのCEOは23日に、

「世界は中央集権型から分散型へと移行しつつある。
このテーマを信じるならば、
仮想通貨の値下がりは素晴らしい買いの好機だ。
ボラティリティーは常に機会を生み出してきた」

と指摘しました。

なお、日本時間の明日早朝に
テスラが決算を発表する模様。

さらなるイーロン・マスク砲に期待がかかります。

■ネットの反応

果たしてビットコイン買いの大チャンスとなるか、

それとも二重底が襲ってくるのか。

上昇が一定のラインを超えるまで、どちらに転ぶかわからない状態です。

 

PayPal社CEO「仮想通貨サービスの需要は予想の倍以上だ」

要点

・PayPalのCEOが仮想通貨サービス導入の反響は予想の倍以上だったとコメント

・6年前から仮想通貨導入計画はあったものの、あらゆる要因から頓挫していたとのこと

PayPalのダン・シュルマンCEOは、
仮想通貨の今後についてニュース雑誌で言及。

仮想通貨決済を採用した老舗ニュース誌タイム誌に対して、

「PayPalの方が仮想通貨や分散台帳技術(DLT)に
6年ほど前から目をつけていた」

と語りました。

しかし、当時は「通貨よりも資産」としての側面が多かった点や
ボラティリティの高さなどのイメージが強く、
導入に踏み切らなかったと述べました。

また、仮想通貨がまだ主流になっていなかった点や
規制当局との連携などの都合も、
数年間導入を見送った理由の内に含まれると言います。

一方導入後の現在、
仮想通貨サービスの反響は

「当初の予想の数倍以上だった」

としています。

仮想通貨サービスの需要は期待以上だとのことです。

今後は仮想通貨取引だけではなく、
「基本的な取引からそれ以上の価値を提供できる」システムを
考案中だと示唆しています。

 

今回の記事のまとめ

■『ビットコイン、26日早朝の安値から急反発!底を打ったか!?』について

・ビットコイン価格が本日6時頃に500万円台に落ち込むも、プラス60万以上の急反発へ

・なお明日テスラの決算発表で、さらに大きく動く可能性がある

■『PayPal社CEO「仮想通貨サービスの需要は予想の倍以上だ」』について

・PayPal社のCEOが仮想通貨サービスの需要は想定以上だったと語る

・今後は仮想通貨の基本取引以上の価値を提供するシステムを考案中

 

先週までは悲観的な予測が目立ちましたが、

今週まさかの急反発で15時現在の今もなお伸びています。

本日1日でどこまで伸びるのか、予測がつかない状態です。

チャートでは底打ちのようにも見えますが、

元々ボラティリティの大きな通貨ですので、

すぐにまた急落しないとも限りません。

テスラの決算発表を控えた明日以降、完全復活か否かが

はっきりすると思われます。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

時価総額46兆円失った今こそ見たい暗号資産ランキング | ETH(イーサリアム)が見せた小さな予兆を分析

bygoogle || []).push
No tags for this post.

ビットコインのボラティリティにパターンはあるか

ビットコイン(BTC)のボラティリティ(値動きの幅)は低くなる傾向にあり、価格は5万ドルから6万ドルの間で固まっているようだ。現在のビットコイン市場は大幅下落の前の小康状態なのか?あるいは、ビットコインに対する見方を変えてしまうような“低ボラティリティ”に向けての長期的な
傾向なのだろうか。

images (2)
No tags for this post.

【4月26日概況】ビットコインがオワコン化!今月中に440万円割れを試す可能性?!

ビットコインの動きがおかしくなっています。
昨年の11月以降下落時にも相応の戻しがあったのですが、今回の下落では戻しが小さく、

長期トレードは勿論、2-5日位を基本とする、短期スイングトレードの買いも難しい相場です。
投資家がビットコインへの興味を失う、いわゆるオワコン化の兆候が見られ、

440万円あたりまで一気に下げる可能性が出てきました。
ビットコインの4月26日の概況について解説します。
(この記事は4月26日午前7時の情報で書き、短期間のスイングトレードで有効となる数値を紹介しています。)

 

4月23日7時からの動き

ビットコインは4月23日午前7時の段階で557万円で推移していました。
ドルベースで5万ドル手前の反発をひととき見せていましたが、

あっさりと5万ドルを割れ午後5時には510万迄下落します。
その後は一定の反発を見せ、24日の午前5時には554万円まで上昇、

土曜日と日曜日はレンジ相場でしたが、26日早朝に大きく下落し529万円の短期サポートをブレイク、

509.8万円を付けるも中期サポートが機能し、その後518万円で推移しています。

 

 

反発が弱くなったビットコイン!440万円を試す?!

4月23日の記事で、『5万ドルを割れ、その後穏やかに』と書きましたが、

一定の反発はあったものの、想定よりかなり弱い反発にとどまりました。
多くの投資家が既にビットコイン投資から興味を失っている、

オワコン化したと思われてる可能性があるでしょう。
今の動きの下落ペースが続くと、想定より下ぶれた場合、

月末までに4万ドルの可能性が出てきて、円ベースで440万円を割れてくる可能性があります。

中期サポートを割ってくるようなら注意が必要です。

 

今日のサポート&レジスタンス

今日のサポートは短期サポートがブレイクされたばかりで、

中期サポートはブレイク手前でギリギリ508万円のところに残っています。
今の動きが続いたとして、短期サポートが出るのは日付が変わる頃で、

それまでは見切り買いをしにくいイメージです。
レジスタンスは未だ短期レジスタンスすらクリア出来ておらず、

朝の下落で更にブレイクが遠のきました
中期レジスタンスが明日以降降りてくるため、本日から明日にかけて更に売られやすくなります。
日本時間に大暴落が無いと、中々あく抜けしないかも知れません。

 

まとめ

ビットコインは反発が小さい、投資家がビットコインから興味を失っている状態になっています。
今月中にも440万円まで更なる下押しの可能性があり、騙し上げも多いため、

短期も慎重に行なった方がいいかもしれません。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨に殺されたやつちょっとこい

1: 承認済み名無しさん 2021/02/03(水) 21:55:34.32 ID:mCL+Q6RT
わいや

この前のリップル祭の時にタワーの高層階から
急に地面に叩きつけられたんや。

そしていつのまにか死んでた。


ぽまえらも殺された状況を告白しろください。

引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1612356934/

続きを読む No tags for this post.

【悲報】ビットコイン、逝きそう

1: 風吹けば名無し 2021/04/26(月) 05:50:19.70 ID:WRBQ4xmp0
もう終わりだよこのゴミ😭

引用元:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1619383819/

続きを読む No tags for this post.

【仮想通貨】ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する [田杉山脈★]

1: 田杉山脈 ★ 2021/04/19(月) 17:56:54.92 ID:CAP_USER
<ビットコインがバブルであることは、ビットコインの支持派、反対派ともに合意している。合意がないのは、そのバブルが崩壊するのはいつか、ということだ>

私は、今年崩壊すると思う。理由は、上がりすぎたからだ。【小幡績(慶應ビジネススクール准教授)】

歴史的に、バブル崩壊の理由は、ほとんどすべてのケースにおいて上がりすぎたことが原因である。急激に上がったということは、急上昇の局面で買った人々がいるということだ。彼らが保有し続ける理由はただひとつ。上がり続けると信じているからであり、そして、その信仰が実際の上昇によって裏付けられるからだ。

逆に言えば、その裏づけが消えればパニックになって、投売りをする。投売りは投売りを呼び、暴落は一瞬で起こる。

唯一持続可能なバブルは、次々と新しい買い手が現れ、常に今までよりも高い値段で買い続けるもの。

実際、これまで起きていることは、これである。そして、乱高下が起こるのは、いったん、パニック売りになって暴落した後に、懲りない人々が、損した分を取り返そうと、もう一度安くなったところから買い戻し始めるからだ。

<永遠に上がり続けることはできない>

このとき、初めて買う人々も加われば、買い手は増えていくことになる。そうすると、以前よりも盛り上がるバブルが生まれる。買い手の総量が増えるからだ。そして、上昇していけば、含み益が膨らんでいくから、以前損した人々も、まだ損をしたことがない人々も、さらに上がることを期待して持ち続ける。あるいは売買を繰り返す。

そうなると、乱高下を繰り返し続けながら、永遠にあがっていくのではないか? そういう想像が膨らむかもしれないが、もちろんそれは妄想である。

永遠に上がり続けるしか持続可能にはならないが、無限大になるまで上がることは理論的にありえないので、どこかで崩壊し、それはゲームオーバーとなる。

これは、1980年代に経済学の世界でも確立されている、合理的バブルのモデルであるが、それ以前も、それ以後も、永遠に上がり続けたものはない。そうなると、それらはどこかで崩壊するのだ。

問題はそれが2021年であるか、まだ先か、あるいはまだまだ先か、ということに尽きる。

今年崩壊すると予想される理由は3つある。

第一には、今年の上昇が急激だからである。バブル崩壊の最後は急激に上がって破裂するパターンがある。それは、保有している人々がそろそろこれだけ上がったから売っておこうと思うからだ。一方、直近で買った人々は、ものすごく上がってから買っているから、少しの暴落でもパニックになる。となると、これまで保有し続けてきた人々が売り、それに誘発されて、直近で買った人々も売り、売りが売りを呼ぶ展開になる。
https://news.yahoo.co.jp/articles/cff7edb200806a27c35c82e5cba59fa0f59a3f49

引用元:https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1618822614/

続きを読む No tags for this post.

【仮想通貨】HDDマイニングの波が襲来!――転売ヤーに警戒を強めるショップ [田杉山脈★]

1: 田杉山脈 ★ 2021/04/25(日) 13:40:42.09 ID:CAP_USER
 先週末、突然多くのショップにNAS向けの大容量HDDをまとめ買いする人が殺到し、グラフィックスカードコーナーにあるような購入制限のPOPが、ストレージ売り場でも見られるようになった。

HDDなどのストレージを使って、マイニングできる暗号資産の情報が広まったことが原因とみられている。マイニング向けとされるのは耐久性の高い大容量HDDで、東芝ではNAS向け「MN06ACA/MN07ACA」シリーズやエンタープライズ向け「MG07/MG08」シリーズ、WeasternDigitalでは監視カメラ向け「WD Purple」やNAS向けの「WD Red Plus/Red Pro」などの10TB以上のモデルに人気が集中した。
https://image.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2104/24/ht0424_ts01.jpg
https://image.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2104/24/ht0424_ts02.jpg
https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2104/24/news020.html

引用元:https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1619325642/

続きを読む No tags for this post.

【経済】ビットコイン投信最大手、原資産へのディスカウントが過去最大の19% [haru★]

1: haru ★ 2021/04/24(土) 11:28:40.36 ID:1j9H0OHU9
過去最高値からのビットコイン急落を背景に、運用資産350億ドル(約3兆7700億円)のGBTCは、今月16日以降に約20%下落。
ブルームバーグのデータによると、GBTCの22日基準価格は、保有するビットコインの価値を約19%下回った。

GBTCの構造的な問題が投資家を苦しめている部分もある。
大半の従来型上場投資信託(ETF)とは異なり、換金を認めていないため、売りたい受益者は流通市場で買い手を見つけなければならず、それがビットコインに対するディスカウントに拍車をかける可能性がある。


2021年4月24日 3:40 JST
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-04-23/QS0V41DWX2Q001

引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1619231320/

続きを読む No tags for this post.

【英国】 ロンドン 「マスクをつけた人がほとんどいない」・・・感染者数や死者数の激減の裏にコロナワクチン接種作戦 [影のたけし軍団★]

1: 影のたけし軍団 ★ 2021/04/24(土) 22:11:28.63 ID:zKc7Om4K9
新型コロナウイルスのワクチン接種で先行する英国やイスラエルで、感染者数が大幅に減少している。
英国は欧州連合(EU)に縛られずワクチンの調達や承認を独自に進め、昨年12月から日米欧に先駆けて使用を開始した。

医療資格のないボランティアに研修を経て注射を任せる措置をとるまでして接種を進めた英国の取り組みは、
日本など感染抑制に苦しむ各国にも参考になる。

「マスクをつけた人がほとんどいない…」
英首都ロンドン中心部の飲食街でパブ経営者の男性(59)は17日昼、目の前の光景に驚いた。

この日は感染者数の減少によりパブやレストランの屋外営業が12日に再開してから最初の週末。
マスクを外した市民が談笑したり、店外のテーブルで食事をしたりする姿が目立った。

感染力の高い変異株が拡大した昨年12月~今年1月は大半の市民がマスクをして歩いていただけに
「数カ月でロンドンの光景は一変した」(英感染症専門家)との声が上がる。

感染者減少の背景には、英政府が1月からイングランド全域で実施した都市封鎖(ロックダウン)や国を挙げた迅速なワクチン接種があるとみられる。
新型コロナウイルスの感染者数や死者数の激減や約5割近くのワクチン接種率で国民の安心感も広がっている。

ジョンソン英首相は今月13日、「接種が感染者の減少に貢献している」と述べた。

英国は今月、50歳以上への1回目の接種を完了。英政府が米製薬大手ファイザー製ワクチンを
1回接種すると感染リスクを7割以上低くできるとの研究結果を公表するなど、効果も証明されている。

1月上旬に5万人を超えた1日当たりの感染者数は4月20日には約2500人に減った。1月下旬に千人以上だった死者数も同日、約30人となった。

英オックスフォード大の研究者らが運営する「アワー・ワールド・イン・データ」によると、英国で少なくとも1回の接種を受けた割合は19日時点で48・7%と世界6位。
60%を超えて3位のイスラエルより低いが、米国の39・6%や欧州連合(EU)の19・1%を大きく引き離した。

英国の接種率が高い理由として、昨年1月末にEUを離脱した英国が独自にワクチンを調達・承認したことが挙げられる。

ジョンソン政権は、価格よりも早期のワクチン調達を優先して製薬大手と交渉。EUより約4カ月早い同年7月にファイザーと契約した。
EUは加盟国への配慮から低価格での調達を重視し出遅れた。

英国の規制当局、英医薬品・医療製品規制庁(MHRA)はファイザーの承認手続きで、
臨床試験(治験)の段階からデータの提供を受けて審査期間を大幅に短縮する異例の措置をとった。

通常の承認手続きに近い手法をとった欧州医薬品庁(EMA)に比べ、承認を数週間早められた。

さらに、英政府はワクチン接種の会場や人員を充実させ、接種のスピードを上げた。サッカーのスタジアムや劇場などを活用して接種会場を拡充することで、
全国民が自宅から10マイル(約16キロメートル)以内で接種できるようにし、昨年11月から医療資格のないボランティアを募集し、注射させている。

「注射ボランティア」への参加は、18~69歳で大学進学に必要な学業修了認定や犯罪歴がないことなどが条件。
約10時間のオンライン学習で応急処置の方法やワクチンの特徴を学び、模擬注射などの実技研修を終えて合格となる。すでに約3万人のボランティアが育成された。

10人以上に接種した牧師ジョン・ワトソンさん(51)は「医療従事者だけで膨大な人数に接種するのは大変だ。
加速するには、医療経験のない市民の手も借りる必要がある」と語った。
https://www.sankei.com/life/news/210422/lif2104220035-n1.html
https://www.sankei.com/images/news/210422/lif2104220035-p1.jpg

世界で進むワクチン確保・接種 英国、マスクなし客多数
https://www.asahi.com/articles/ASP4S5VDFP4SUHBI01D.html

引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1619269888/

続きを読む No tags for this post.