2021年 4月 の投稿一覧

【仮想通貨】イーサリアム、エンジンの上昇期待するユーザーが増加GMO調査 [田杉山脈★]

1: 田杉山脈 ★ 2021/04/24(土) 23:17:42.49 ID:CAP_USER
暗号資産(仮想通貨)交換業者のGMOコインが、同社のサービスを利用するユーザーを対象に3月に行ったアンケート調査の結果を発表した。調査では、イーサリアム(ETH)やエンジンコイン(ENJ)などアルトコインの価格上昇を期待するユーザー数が、昨年よりも大幅に増加した。

GMOコインは3月17日から31日までの間、同社サービスを利用する3458名のユーザーを対象にウェブアンケートを実施。「2021年に一番価格上昇を期待している暗号資産は何か」の質問に対して、31%の回答者がビットコイン(BTC)と答えた。昨年の調査では、ビットコインと答えたのは47%だった。

一方、同じ質問に対して、イーサリアムと答えた回答者は17%で、前年の9%よりも割合が高かった。NFT(非代替性トークン)領域で注目を集めるエンジンコインと答えた回答者は13%だった。

検討している暗号資産の活用方法では、84.3%が「長期保有の投資目的」と答え、最も多かった。「決済手段」と「送金手段」と答えた回答者の割合はそれぞれ、14.9%と13.6%で、前年の20.4%と18.6%から減少した。

また、7割の回答者が資産運用として、暗号資産以外に株式取引を行っていることがわかった。

https://www.coindeskjapan.com/wp-content/uploads/2021/04/gmosurvey.jpg
https://www.coindeskjapan.com/wp-content/uploads/2021/04/gmosurveyii.jpg
https://www.coindeskjapan.com/106757/

引用元:https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1619273862/

続きを読む No tags for this post.

著名投資家「ビットコイン価格は近く半分になる。だが、それで終わりではない」 / トルコ仮想通貨取引所の出口詐欺騒動、関係者62人を拘束

著名投資家「ビットコイン価格は近く半分になる。だが、それで終わりではない」

要点

・グッゲンハイム・パートナーズ社のグローバルCIOは「ビットコインは近く半値になる」と予測

・だが「より長期的に見れば進化の過程にある」として楽観的に締めた

投資運用会社グッゲンハイム・パートナーズの
投資部門会長兼グローバルCIOであるスコット・マイナード氏は
「ビットコインは近く大規模な調整期間に入る」と述べました。

CNBCのインタビューに対してスコット氏は

「ビットコイン価格は2万~3万ドルに落ち込む可能性がある。
50%の値下がりだ」

と語りました。

ですが、彼は続けてこの調整を不安視しすぎる事はないとしました。
仮想通貨ではこれくらいの下落は何も珍しくないからです。

「ビットコインの面白いところは、
これくらいの下落は過去にも何度も経験しているということだ」

 

「より長期的な強気相場における通常の進化だ」

と結論しており、最終的にビットコイン価格は
40万~60万ドルにまで達するのではないか
楽観的に予想しています。

 

■ネットの反応

ここ最近の大幅急落で、資産を削ったり退場したりした投資家も

それなりに居る模様です。

しかし、「これくらいの調整は過去にもあった」という

楽観的な予測は、上記アナリスト以外からもいくつか見られています。

 

トルコ仮想通貨取引所の出口詐欺騒動、関係者62人を拘束

要点

・トルコ仮想通貨取引所ThodexのCEOが顧客の資産を持ち逃げしたと報道

・警察当局の捜査に進展があり、62名のThodex関係者が拘束

トルコの仮想通貨取引所「Thodex」が
顧客に2,000億円規模の損失を与えて
CEOが顧客資産を国外に持ち逃げしたと
21日に報じられていました。

23日、トルコの捜査当局に進展があり
Thodexの関係者62人を拘束しました。

当局は、アルバニアに逃亡したとされているCEOを
国際指名手配しています。

これを受けて、地元の警察当局は
Thodexの銀行口座を凍結し、
会社の強制捜査を行っている状況です。

 

 

今回の記事のまとめ

■『著名投資家「ビットコイン価格は近く半分になる。だが、それで終わりではない」』について

・スコット・マイナード氏は「ビットコイン価格は近い内に半額まで調整される」と予測

・「しかし、より長期的に見れば強気相場への進化の過程だ」とした

■『トルコ仮想通貨取引所の出口詐欺騒動、関係者62人を拘束』について

・トルコの仮想通貨取引所「Thodex」のCEOが顧客の資産を持ち逃げした報道

・警察当局は関係者62名を拘束したが、CEOは国際指名手配中の模様

 

ビットコイン価格が大規模的な調整に入るという指摘が

以前より各所で出ていましたが、2~3万ドル台まで行くという

半額予測まで登場しました。

当分下降トレンドになりそうとの見解は各アナリスト間で一致しており、

押し目買いのタイミングはどこか、難しくなりそうです。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【ビットコイン大暴落】バイデン大統領のキャピタルゲイン最高税率43.4%への倍増提案の報道受け [ウラヌス★]

1: ウラヌス ★ 2021/04/23(金) 23:03:30.84 ID:1d/yPSF29
バイデン大統領の提案が実際に行われれば、仮想通貨という存在自体が大きく揺らぐことになりそうです。詳細は以下から。

バイデン大統領が所得が100万ドル(約1億800万円)以上の富裕層に対し、キャピタルゲイン(資本利得)への税率を現行の2倍程度の39.6%に引き上げる提案をする見通しがアメリカで報道されました。

現在課されている付加税を合わせると、キャピタルゲインへの連邦税の最高税率は43.4%に及ぶ可能性があるとのこと。

これを受け、ビットコインは4月23日、1週間前の18日に付けた安値5万1707ドルを超えて大幅に下がり、5万ドルの大台を割り込んで一時4万8596ドルに。およそ10%という文字通りの大暴落となりました。


以降ソースにて
https://buzzap.jp/news/20210423-biden-bitcoin/
ビットコイン大暴落、バイデン大統領のキャピタルゲイン最高税率43.4%への倍増提案の報道受け
2021年4月23日18:50


参考)
https://coinpost.jp/?p=239331
ビットコイン続落、下落要因と仮想通貨投資家の警戒ポイント 2021/04/23

https://www.afpbb.com/articles/-/3343534
仮想通貨交換所の創業者が失踪 顧客資金2千億円超保持か トルコ
2021年4月23日

https://jp.techcrunch.com/2021/04/05/bank-of-japan-cbdc-central-bank-digital-currency/
日本銀行が「中央銀行デジタル通貨」(CBDC)の実証実験を開始 2021年4月05日

以上

引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1619186610/

続きを読む No tags for this post.

週末のビットコインとイーサリアムの急落劇、その理由は? 先物市場の大量清算、キムチプレミアムの低下

bygoogle || []).push
No tags for this post.

バイデン「仮想通貨の税率43%にする」ビットコイン大暴落

1: セイチャン(SB-iPhone) [ニダ] 2021/04/23(金) 12:06:54.98 ID:ZwrLnhgC0● BE:144189134-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
グラフ
https://i.imgur.com/GclDOLS.jpg

Biden Eyeing Tax Rate as High as 43.4% in Next Economic Package

President Joe Biden will propose almost doubling the capital gains tax rate for wealthy individuals to 39.6% to help pay for a raft of social spending that addresses long-standing inequality, according to people familiar with the proposal.

For those earning $1 million or more, the new top rate, coupled with an existing surtax on investment income, means that federal tax rates for wealthy investors could be as high as 43.4%. The new marginal 39.6% rate would be an increase from the current base rate of 20%, the people said on the condition of anonymity because the plan is not yet public.

https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-04-22/biden-to-propose-capital-gains-tax-as-high-as-43-4-for-wealthy

引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1619147214/

続きを読む No tags for this post.

バイデン大統領のキャピタルゲイン増税で、仮想通貨が暴落 / トルコの取引所、2000億円の出口詐欺か

バイデン大統領のキャピタルゲイン増税で、仮想通貨が暴落

要点

・バイデン大統領が、富裕層に対するキャピタルゲイン及び所得税を増税する意向

・それをうけて仮想通貨市場が大幅に下落した

ビットコインは23日、一時4万8000ドルを割り込みました。

同日、バイデン大統領が富裕層に対する
キャピタルゲイン課税の税率を
ほぼ倍に引き上げる提案をする見通し
報じられたことが響いての事だと見られています。

今回の引き上げ率は20%から39.6%とされています。

仮想通貨投資家においては
1年以上保有した後に売却した場合、
キャピタルゲイン税を課されます。

また、所得税の限界税率は
37%から39.6%に引き上げです。

富裕層から引き上げた分の税は
育児や教育の財源にするとの話です。

 

■ネットの反応

アメリカの投資家を直撃するキャピタルゲイン課税の増税は

仮想通貨市場にそのまま反映されて、全面安となりました。

ちなみに日経平均株価にはとりたてて大きな影響は

見られなかったようです。

 

トルコの取引所、2000億円の出口詐欺か

要点

・トルコ仮想通貨取引所ThodexのCEOが顧客の資産を持ち逃げした可能性

・顧客の損失額は2000億円規模に及ぶとの報道

今月21日に取引等サービスが突如停止された
トルコの仮想通貨取引所「Thodex」のCEOが
顧客資産を持ち逃げした可能性がある
として
裁判に発展したと、ブルームバーグが報じました。

代表する弁護士の話によれば
同取引所のCEOが
数億円に相当する仮想通貨資産を持って
トルコを逃亡したとのことです。

現在、Thodexのサイトは「404 Not Found」状態にあります。

地元メディア「Haberturk」は、
顧客の損失額は2000億円に及ぶと報告しています。

同取引所のCEOは

「いつかトルコに戻って必ず返済し、正当な裁判を受ける」

と述べているようです。

地元の警察当局はThodexの銀行口座を凍結し、
会社の強制捜査を行っている最中です。

 

今回の記事のまとめ

■『バイデン大統領のキャピタルゲイン増税で、仮想通貨が暴落』について

・バイデン大統領が富裕層へのキャピタルゲイン課税を従来の約二倍に増税を提案する見通し

・富裕層から徴収した増税分の金額は、教育や育児の財源にあてる模様

■『トルコの取引所、2000億円の出口詐欺か』について

・トルコの仮想通貨取引所「Thodex」のCEOが顧客の資産を持ち逃げしたとの疑惑

・同取引所は現在サービスは停止中であり、CEOはトルコ国外に逃亡との報道

 

下落の最中にいたビットコインに、追い打ちをかけるような

バイデン大統領からの富裕層投資家への増税案が出されて

仮想通貨市場は大荒れとなりました。

バイデン大統領の提案が可決されるか否かは何とも言えませんが

彼が見せた姿勢に、他国も追随する可能性もあり

仮想通貨の相場に関してはしばらく警戒の目線で

追った方が良さそうです。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【4月23日概況】土俵際5万ドル手前で残ったビットコイン!週末にかけて穏やかモード?!

ビットコインは23日午前6時に5万ドル手前まで下がり、そのあと小康モードに入っています。
21日から22日にかけては日柄が悪く、下がるのは従前の予想通りでしたが、

今回5万ドル手前の土俵際で残ったことはポジティブな材料になるかもしれません。
ビットコインの4月23日の概況について解説します。

(この記事は4月23日午前7時の情報で書き、短期間のスイングトレードで有効となる数値を紹介しています。)

 

4月22日午前7時からの動き

 

4月22日午前7時、592万円で推移していたビットコイン、

午前11時まで売られる動きになり570万円を付け、その後は反発し午後11時に600万円まで上昇します。
『今日は大丈夫そう』と眠りについた買い方も多かったと思いますが、

短期レジスタンスはブレイク出来ていないため基調は変化しておらず、

23日の午前2時から下げ始め、午前6時には直近の安値を更新、544万円まで下落します。
このときにドルベースでは5万ドル手前の50500ドルまで下落しており、

5万ドルをなんとか維持できた形です。
その後は557万円に戻し、9時以降の日本勢を待ってる状況になっています。

 

5万ドル手前の反発は僅かな光か

今回、一気に5万ドルを割れなかったことは、下落相場で光明と言えるかもしれません。
22日から23日にかけて日柄が悪いため、大暴落もありえましたが、

今回5万ドルを渋とく維持したことにより、

  1. このまま5万ドルを維持して、週末にかけて安定していく
  2. 一度5万ドル割れるも、大きく売り込まれず週末にかけて安定していく

の2つのどちらかになる可能性が高いです。
日本時間はまだ売り物があるので、後者と思いますが、予想ボラティリティが低く下に行き過ぎる雰囲気ではないため、

5万ドル割れたら短期的に買ってもいいのではないでしょうか。
5万ドル割れ後に勢いよく落ちる場合は、4.4万ドル台まで下げるかもしれないため、

短期決戦を意識しましょう。

 

本日のサポート&レジスタンス

本日のサポートはブレイクされたばかりで、今の動きが続いたとして発生は夜間になります。
サポートが発生するタイミングも一つの節目になりそうです。
レジスタンスは601万円のところに降りてくるため、当面はこの水準のクリアが目標です。
中期レジスタンスが618万円まで降りてきており、週末にかけてブレイクできれば来月に繋がるでしょう。
先週は仕掛け的な売りに見舞われましたが、

振り回しもエネルギーが必要ですので、今週は穏やかになる見通しです。

 

まとめ

 

23日の相場はビットコインは5万ドル手前の土俵際で残る動きとなりました。
下落モードの中、5万ドルを維持できたのは、僅かな光明と言えるかもしれません。
本日、短期決戦で買いを入れやすくなる場面も訪れ、週末は先週より穏やかになることが予想されます。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.