ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

DeFiの次はNFTか?セクシー女優のNFTが1.6億円売れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨界隈で爆発的なブームとなっているDeFiですが、早期に目を付けていた人々は多大な利益を得ることができました。

そんな金脈が眠っている仮想通貨ですが、次はNFTのブームが来るのではないかと囁かれています。

今回は、そんなNFTで衝撃の話題が上りましたので、ご紹介させて頂きます。

 

セクシー女優のデジタル写真が1.6億円分完売

男性諸君であれば知っているであろう、セクシー女優の波多野 結衣さんが、自身のデジタル写真をNFTで販売しました。

NFTとは、デジタル資産のことを示します。

写真やアート、映像や3Dまでネット上で取り扱えるデータをブロックチェーン上で取引することが可能です。

ブロックチェーンを利用することで、所有者を明確に示すことができる為、偽物と本物を見分けることができます。

ビットコインのように、数に上限を設けて”価値”を生み出すことができるので、今後はNFTを利用する投資家が増えていくだろうと考えられています。

今回の波多野さんのデジタル写真も、3000枚限定で販売されました。

一見、枚数が多いようにも感じられますが、開始数分で3000枚全てが販売されておよそ1.6億円もの収益が入ったようです。

▲中国人までもが購入するほどの人気

NFTは転売もできる

なぜこれほどNFTが人気なのか。

その理由は、NFTが転売できるところにあるでしょう。

購入したNFTは、ブロックチェーン上で再度売買をすることができるので、仮想通貨と同じように投資商品として地位を確立しつつあるのです。

例えば、最近だとTwitterの初ツイートがNFTとして販売されて、およそ3億円の値が付きました。

これは、初ツイートという貴重な価値が、今後3億円を上回ると考えた投資家が購入したとみられています。

 

NFTで仮想通貨の普及広がるか

もし、NFTが美術アートのように取引される未来が来た場合、併せて仮想通貨の普及も広がる可能性があるでしょう。

最近では、NFTの特集がテレビで組まれたり、有名人がNFTを販売したりと、着実に一般人への認知は広がってきています。

ですが、NFTを購入するには仮想通貨で支払いをしなければいけません。

その為、彼らがNFTを購入したいと思ったときに、仮想通貨を必ず知ることになります。

そこで興味を持って、仮想通貨への投資を始める者も現れるでしょう。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.