ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

著名アナリスト「ビットコインの強気トレンドは終わっていない」 / 著名投資家「債券よりもビットコインが欲しい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著名アナリスト「ビットコインの強気トレンドは終わっていない」

要点

・著名アナリストのウィリー・ウー氏が「ビットコインの強気相場は全然終わってない」と分析

・最近のBTC下落は「強気相場のデリバティブによる巻き戻しに過ぎない」とのこと

ビットコイン価格が低調な中、
著名アナリストのウィリー・ウー氏は、
強気な発言をしています。

21日にYouTubeチャンネル
「What Bitcoin Did」でのインタビューにて

「ビットコインの上昇トレンドはまだ終わっていない」

と主張しました。

ビットコインネットワークや値動きなどを分析した彼は
多くのマクロ指標から、
ビットコインの価格がポジティブであることを指摘しています。

今回の下落については、

「強気相場のデリバティブによる巻き戻しに過ぎない」

と分析。

「投げ売りしたコインの量が多いだけに、
回復には時間がかかるだろう」

「しかし、ネットワークの健全性を考慮すると、
(今回の下落は)良いことだ」

とあくまで強気トレンドの中の
ポジティブな下落であることを強調しました。

 

■ネットの反応

現在、ビットコインは昨日よりも上昇して

420万台前後を動いています。

 

著名投資家「債券よりもビットコインが欲しい」

要点

・著名投資家のレイ・ダリオ氏が「債券よりもビットコインが欲しい」と発言

・一方でダリオ氏は「ビットコインの最大のリスクはその成功である」とも述べた

著名投資家であるレイ・ダリオ氏は、
ビットコインを国債や社債よりも
すぐれた貯蓄手段であると説明したうえで

「個人的には債権よりもビットコインが欲しい。
より貯蓄を増やすほどそのように言うだろう」

と語りました。

ダリオ氏は、
仮想通貨による貯蓄が多いほど、
政府が一般の人々の資本に対して
持つ力が弱くなるとも付け加えています。

しかし、BTCに投資することのメリットを強調している一方で、
ダリオ氏は

「ビットコインの最大のリスクはその成功である」

とも述べています。

これは最近のビットコインが脚光を浴びるのと比例して
政府の徹底的な取り締まりのリスクが高まるとの指摘です。

「大きな心配ごとの1つは、
政府がビットコインまたは
デジタル通貨を管理する能力を持つことだ」

と言ったコメントで
政府による仮想通貨規制の可能性に振れました。

 

 

今回の記事のまとめ

■『著名アナリスト「ビットコインの強気トレンドは終わっていない」』について

・著名アナリストのウィリー・ウー氏はビットコインは未だ上昇トレンドの中にあると発言

・「回復には時間がかかるが、今回の下落は結果的に良いことだ」と述べている

■『著名投資家「債券よりもビットコインが欲しい」』について

・著名投資家のレイ・ダリオ氏は「債権よりもBTCで貯蓄したい」と語った

・BTCへの投資メリットを語る一方で、政府に規制される可能性も指摘した

 

本日の仮想通貨市場は全面高となっています。

その中でもビットコインの値動きは相変わらず不安定であり、

上がったかと思ったら下がり、下がったかと思ったら上がるの繰り返しです。

チャートを読んでも世間の風評ひとつで激しく動くので

投資家たちはさぞ頭を悩ませていると思われますが

焦らず冷静に先を見通して臨みましょう。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加