ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

XRP台帳でNFT実装!? リップル社が新機能提案!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

XRP台帳でNFT取扱可能に!?

リップル社がXRPL(XRP台帳)上でNFT(非代替え性トークン)を、
発行するための追加機能を提案しているようだ。
直近でバイナンスがNFT取引プラットフォームを開設したり、
EOS(イオス),TRX(トロン),NEO(ネオ)などがそれぞれのプラットフォーム上で、
独自のNFT規格の通貨を発行するなど各トークンプロジェクトで盛んに開発が行われ、
業界を賑わせており今年に入りNFTの知名度はかなり上がったのではないだろうか。

NFTの特徴は以下の通りです。

  • 相互運用不可
  • 分割不可
  • トークン所有権の変更不可
  • 改竄不可

今後はデジタルアートやゲーム内アイテムの取引などに活用されることが、
期待され注目されています。

環境負荷と手数料を抑えた設計

リップル社の投資部門RippleXの公式ブログの中で、
NFTにXRPLを使う利点について次のように説明されています。

XRP台帳を利用することで開発者は球環境への負担を削減しながら、
より持続可能なNFTを構築したりそのマーケットプレイスを運営することができる。

クリエイターにとってより収益性が高く、
消費者にとってはアクセスしやすく、
より費用対効果の高いNFTプロジェクトが可能だという。

NFTが使われることの懸念点としてはETH規格のネットワークを、
利用することによるガス代といった手数料の高さにあります。

それと比較するとXRPLはスケラーブル(拡張性の高い)設計になっており、
将来的に取引料が増えた時にもトランザクション承認スピードが落ちず、
高速処理が可能なようです。

それだけでなくネットワークを稼働させるための電力も省エネルギーで済み、
PoW(プルーフオブワーク)の承認アルゴリズムに比べ12万倍の高効率運用を可能にします。

XRPLの開発を行うXRPLabsはXRPL上でNFTを発行する独自規格を提案しており、
リップル社のCTO、David Schwartz氏もこの仕様書の著者に名前を連ねているようだ。

現在はコミュ二ティ内で投票が行われており、
80%以上の賛成票が集まれば実装されていく可能性が高いようです。

リップル社は現在主流のNFT発行技術では将来的に取引が増加した際には、
非常に非効率かつ地球環境にも悪影響を及ぼす可能性があるとしたうえで、
以下のように発言している。

自社のXRPLを活用することでより持続可能なNFTマーケットの開拓が実現可能である。
またクリエイターの収益性とユーザーの利便性の向上が可能になるだろう。

今回の記事のまとめ

  • XRP台帳でNFT取扱可能に!?
    ・リップル社が自社台帳を使ってNFTの実装を提案
    ・その他トークンプラットフォームで独自トークン規格を設計
    ・バイナンスでNFT取引プラットフォームの開設

 

  • 環境負荷と手数料を抑えた設計
    ・XRPLを活用することでトランザクションコストが安くなる
    ・地球環境に優しいNFTトークンの取引が可能に
    ・クリエイターへの還元率とユーザーの利便性向上を目指す

今回の仕組みが実装されるとNFTの取引や二次流通の際に売上の一部を、
NFT発行者に還元することも実現できるかもしれません。

今後のスケジュールとしては、
まず単一のNFTを表しそれに関連付けられた、
すべてのデータを保持する「NFTToken」の発行。
NFTトークンの売買や譲渡を表す「NFTTokenOffer」
というデジタルオブジェクトが追加される予定です。

リップルは送金コストが低く送金までの時間が大幅に短いため、
主に国際間の銀行送金の用途として使われることを期待されていますが、
NFT発行においても省エネ低コストの優位性が発揮され面白い取り組みになりそうです。

 

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加