2021年 6月 の投稿一覧

ビットコイン、今が最高の買い時か?

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/06/30(水) 12:54:45.661 ID:fdcsZ4tAM
今までチャンスを逃してきた諸君に遂に絶好のチャンスが回ってきた

引用元:https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1625025285/

続きを読む No tags for this post.

モルガン・スタンレーが2万8000以上のGBTC保有! / エルサルバドル、政府発行のビットコインウォレット使用は強制でないと判明

モルガン・スタンレーが2万8000以上のGBTC保有!

要点

・投資会社のモルガン・スタンレーが、GBTCを 28,298株保有していたと判明

・モルガンスタンレーのエクスポージャーは 約84万ドルの評価額に

モルガン・スタンレーがグレイスケールを通じて、
ビットコインのエクスポージャーを獲得していたことが
明らかになりました。

28日に米証券取引委員会(SEC)に提出された報告書によると、
欧州全域で投資を行う
モルガン・スタンレー・ヨーロッパ・オポチュニティ・ファンドは、
4月30日の時点で、
グレイスケール・ビットコイン投資信託(GBTC)を
28,298株保有していたと判明。

現在のGBTC価格は29.68ドルのため、
モルガンスタンレーのエクスポージャーは
約84万ドルの評価額となります。

このエクスポージャーは、4月末時点では130万ドルの価値でした。

モルガン・スタンレー・ヨーロッパ・オポチュニティ・ファンドは
「投資チームが購入時に過小評価されている」資産に
投資するように設計されているそうです。

4月には、グレイスケールの現金決済先物を通じて、
モルガン・スタンレーの機関投資家向けファンドが
ポートフォリオにビットコインを追加できるようにしています。

 

■ネットの反応

モルガン・スタンレーのGBTC保有は、投資家に好印象で迎えられているようです。

 

エルサルバドル、政府発行のビットコインウォレット使用は強制でないと判明

要点

・エルサルバドル国民には政府発行のウォレット使用義務はないとのこと

・ナジブ・ブケレ大統領がビットコインウォレットやATMについて誤解されやすい情報を訂正

エルサルバドル国民は、
政府が発行するビットコインウォレット「Chivo」の
使用を強制されることはないと
ナジブ・ブケレ大統領が29日に発表しました。

ブケレ大統領はツイッターで29日、
9月7日に施行される同国のビットコイン法について、
ウォレットアプリに関する誤った情報を訂正したいとして
説明に努めました。

ブケレ大統領は

「Chivoは数あるビットコインウォレットの一つに過ぎない」

とコメントしています。

さらに、政府発行ということで
同ウォレットはプライバシーに関する懸念がされていますが
これについてはウォレットが要求する個人情報は
すでに政府が保有しているもので、
アプリで要求するのはセキュリティ上の目的であるとの
説明がされました。

手数料に関しても送金は無料であることを
ブケレ大統領は強調。

ブケレ大統領は「Chivoポイント」と呼ばれる
ビットコインATMを1500カ所に展開する計画を明らかにしており、
このうち200台は既に設置されています。

Chivoウォレットで保有するビットコインは
いつでも米ドルとして引き出せるようになるそうです。

 

今回の記事のまとめ

■『モルガン・スタンレーが2万8000以上のGBTC保有!』について

・投資会社のモルガン・スタンレーが、GBTCを 28,298株保有していたと判明

・モルガンスタンレーのエクスポージャーは 約84万ドルの評価額に

■『エルサルバドル、政府発行のビットコインウォレット使用は強制でないと判明』について

・エルサルバドル国民には政府発行のウォレット使用義務はないとのこと

・ナジブ・ブケレ大統領がビットコインウォレットやATMについて誤解されやすい情報を訂正

 

エルサルバドルのビットコインATMは既に同国内で設置が開始されており

ツイッターでも世界中で注目されています。

ウォレットとAMTが情報通りなら、利便性は期待できそうです。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

消費者金融おすすめランキング10社を徹底比較|即日借りられる

お金を借りたいけれど銀行の審査に受かる自信はないという方の中には、消費者金融の利用を検討している方も多くいるはずです。 確かに銀行に比べればハードルが低いように思われる消費者金融ですが、会社の数が多過ぎてどこを利用すれば ... No tags for this post.

大口投資家クジラが再びBTC買い集めか クジラ集団は総供給量のほぼ半数を保有 / 中国で水力発電所の売却増加、BTCマイニング取締りの影響で

大口投資家クジラが再びBTC買い集めか クジラ集団は総供給量のほぼ半数を保有

要点

・サンティメントの調査によると、ビットコインのクジラが再び買い集めに動いているとのこと

・クジラ集団は911万BTCを保有しているとされる(BTC総供給量の48.7%)

仮想通貨分析会社のサンティメントによると
クジラが最近また、ビットコインを買い集めているようです。

同社によると、6月18日までの25日間に、
100BTCから10,000BTCまでを保有するアドレスには、
時価33億8,000万ドル(約3,700億円)に相当する
総数約9万枚のビットコインが追加されました。

サンティメントによると、クジラ集団はまた、
価格にして3668億9000万ドルに相当する
911万BTCを保有し、
総供給量の48.7%を占めているとされています。

一方、仮想通貨リサーチ会社グラスノードによると、
仮想通貨ネットワークを左右するマイナーは、
ビットコインを市場に出さず保有したままの状態であり、
マイナーが売りに出す週間のビットコイン供給量は、
過去5カ月で最低の約170万ドル(約1億8,700万円)に
落ち込んでいるようです。

クジラは底値を探りながら売買活動を強めているようです。

■ネットの反応

現在ビットコインは380万円台を前後しています。

 

中国で水力発電所の売却増加、BTCマイニング取締りの影響で

要点

・中国で小規模な水力発電所が 売りに出されるのが増加

・その中には先週マイニング事業封鎖を命じられた四川省に位置する発電所もある

中国で小規模な水力発電所が
売りに出されるのが増加しています。

中古品を取り扱うEコマースプラットフォーム「Xianyu」で、
約50メガワット級の小規模水力発電所を
売り出す広告の数が増加していると報道されています。

こうした発電所の一部は、
先週、26のビットコインマイニング事業の
閉鎖が命じられた四川省南西部に位置しているようです。

売り手の一つはSouth China Morning Post(SCMP)に

「水力発電所を購入すれば、
秘密裏に仮想通貨をマイニングすることができる」

と語りました。

また最近の取締りと売却は無関係とする売り手もいたが、
取締りのために売却が増えていると
答えた売り手も複数存在しています。

 

今回の記事のまとめ

■『大口投資家クジラが再びBTC買い集めか クジラ集団は総供給量のほぼ半数を保有』について

・仮想通貨分析企業サンティメントによると、ビットコインのクジラが再び買い集めに動いている

・クジラ集団は911万BTCを保有しているとされる(BTC総供給量の48.7%)

■『中国で水力発電所の売却増加、BTCマイニング取締りの影響で』について

・中国で小規模な水力発電所が 売りに出されるのが増加

・その中には先週マイニング事業封鎖を命じられた四川省に位置する発電所もある

 

30日0時がたに400万円に到達したビットコイン価格は

現在やや下降しています。

一方でビットコインのクジラが再び動いているとの報道もあり

この価格帯でも買い集めに走っていると推測されます。

上値の重いBTCですが、クジラ発覚が好材料になって

後に価格上昇する可能性も少なくはありません。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

英TP・ICAP、仮想通貨取引プラットフォーム設立へ!当初はビットコインのみ / 仮想通貨交換大手バイナンス、英国での事業禁止

英TP・ICAP、仮想通貨取引プラットフォーム設立へ!当初はビットコインのみ

要点

・世界最大の金融仲介業者である英TP・ICAPが仮想通貨取引プラットフォーム設立へ

・当初はビットコインのみで、後にイーサリアムを追加するとのこと

世界最大の金融仲介業者である英TP・ICAPは
29日、仮想通貨の
取引プラットフォームを設立すると発表しました。

米資産運用大手のフィデリティ・インベストメンツ
および英銀行大手スタンダード・チャータードの
デジタル資産カストディー部門と共同になります。

設立は今年後半になる見通しです。

同プラットフォームでは、
当初はビットコインのみを扱い、次いでイーサリアムを追加する方針。

デジタル資産カストディアンのネットワークを通じて
取引後のインフラを提供し、
取引の執行と決済を別々に行うシステムです。

 

■ネットの反応

なお29日23時時点ではビットコイン価格は上昇して

400万円に到達しました。

 

仮想通貨交換大手バイナンス、英国での事業禁止

要点

・仮想通貨交換業世界大手のバイナンスが英国での事業禁止へ

・同社は30日までに広告と販促活動を取りやめるよう通知されている

英国の金融監督当局は
仮想通貨交換業世界大手のバイナンスの
英国での事業を禁止しました。

26日付の金融行為監督機構(FCA)の発表によると、
バイナンスは英国内での仮想通貨交換など
金融規制が適用される
すべての活動を禁じられているとしています。

ブルームバーグにおいては
同社は30日までに広告と販促活動を取りやめる
必要があると、報じられています。

中国でも相次ぐ仮想通貨規制の背景には
マネーロンダリング(資金洗浄)や脱税、
テロ活動への資金援助などに
悪用されることが懸念されていると言われます。

 

 

今回の記事のまとめ

■『英TP・ICAP、仮想通貨取引プラットフォーム設立へ!当初はビットコインのみ』について

・世界最大の金融仲介業者である英TP・ICAPが仮想通貨取引プラットフォーム設立へ

・設立時期は今年後半を予定している

■『仮想通貨交換大手バイナンス、英国での事業禁止』について

・仮想通貨交換業世界大手のバイナンスが英国での事業禁止へ

・規制の背景には犯罪への悪用、テロ活動への資金提供などの懸念があるとされる

 

中国に続いて英国でも仮想通貨規制の動きが本格化しています。

主たる理由はマネーロンダリングや脱税といった法の穴を抜けた悪用への

懸念であるようです。

しかし、ビットコイン価格そのものにはさほど影響なく

30日0時現在も順調に上昇して400万円を突破しました。

少なくともバイナンスの英国事業停止については

これ以上の下げはないと見て良いかも知れません。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインの重要指標「プエル・マルチプル」で過去5回目の買いシグナルが点灯! / ネクソン株が5日ぶりに反発!BTC価格の上昇で

ビットコインの重要指標「プエル・マルチプル」で過去5回目の買いシグナルが点灯!

要点

・ビットコインの指標の一つ「プエル・マルチプル」においてBTC買いシグナルが点灯

・同指標の作成者プエル氏は、あくまで「複数の指標を考慮に入れて買うべき」と念押ししている

BTCの毎日の発行量とマイナーの収益性に着目し
相場の動向を探る指標
「プエル・マルチプル」を開発したアナリスト、
デビット・プエル氏は、
同指標は史上5回目の買いシグナルが出ている
と指摘しました。

過去にプエル・マルチプルが買いを示した例としては、
2018年半ばの
「仮想通貨の冬の時代(クリプトウィンター)」や
2020年3月に新型コロナウイルスによって
価格が暴落を示した時などです。

2017年末にはビットコイン価格が
当時の最高値を記録した時や
2013年の強気相場でも
売りシグナルを示していました。

現在、ビットコイン価格は
若干の上昇を見せていますが、
プエル氏は

「複数の要因を考慮すべきであり、
どの指標も単独で意思決定に使用すべきではない」

と述べています。

 

■ネットの反応

相変わらず上値は重い状況ですが、上昇傾向ではあります。

 

ネクソン株が5日ぶりに反発!BTC価格の上昇で

要点

・オンラインゲーム企業ネクソンの株価が5日ぶりに反発

・ビットコイン価格の上昇にともない、1億ドル相当のBTCを保有する同社の評価も上がったとされている

オンラインゲーム開発などの企業ネクソン社の
株価が5日ぶりに反発しました。

現在値は2,450円、前日比で2.77%の上昇になります。

ネクソンは1億ドル相当のビットコインを保有している企業ですが、
ビットコイン市場が上昇傾向にあり
「BTCは流動性の高い長期的な安定資産」とする評価がはたらいて
保有している同社にとっても
プラスに働いたという指摘があります。

 

今回の記事のまとめ

■『ビットコインの重要指標「プエル・マルチプル」で過去5回目の買いシグナルが点灯!』について

・ビットコインの指標の一つ「プエル・マルチプル」においてBTC買いシグナルが点灯

・同指標の作成者プエル氏は、あくまで「複数の指標を考慮に入れて買うべき」と念押ししている

■『ネクソン株が5日ぶりに反発!BTC価格の上昇で』について

・オンラインゲーム企業ネクソンの株価が5日ぶりに反発

・ビットコイン価格の上昇にともない、1億ドル相当のBTCを保有する同社の評価も上がったとされている

 

本日29日のビットコイン価格は380万円台で、週初めから良いスタートを切っています。

仮想通貨全体の市場も全面高で、安定した値動きを見せています。

中国当局のマイニング規制ショックがそろそろ落ち着きつつあるのかも知れません。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.