ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

【6月11日概況】ビットコインは途中上昇も力不足!仮想通貨に期待をしてはいけない?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコインの6月10日の動きは、上昇気味だったものの、NY時間に売られて、値を消しています。
力強く上昇してよさそうな展開でしたが、

『仮想通貨に期待をしてはいけない』の原理原則がここにきて、常態化してきているようです。
ビットコインの6月11日の概況について解説します。
(この記事は6月11日午前7時の情報で書き、短期間のスイングトレードで有効となる数値を紹介しています。)

 

6月10日午前7時からの動き

6月10日午前7時、402万円で推移していたビットコイン、前日からの上昇の流れを引き継ぎ、

午前9時には413万円まで上昇します。
日本時間では利食い売りが出て来て、午後6時には397万円まで下落するも、欧州時間に入り急騰、

午後7時に420万円まで上昇し爆発ポイントをブレイクします。
爆発ポイントを超えて一気に強くなる気配でしたが、その後は停滞気味となり、

午後11時に叩き落とされる形になり、6月11日午後5時には392万円まで下落、午前7時現在402万円で推移しています。

 

『仮想通貨に期待をしてはいけない』が意識される

最近、相場が強くなりそうになった後に、短命で終わることが多くなっていますが、

普段の仮想通貨の動きに戻ったと言えそうです。
仮想通貨は半年で5-6倍になる狂宴がありますが、2年に1回位のペースでしか発生することはないため、通常モードでは現在のような強くなりそうでならない、短命の動きが続きます。
『仮想通貨に期待をしてはいけない』を常に意識しながらトレードを行うと、

通常モードでも高パフォーマンスを維持できます。

 

今日のサポート&レジスタンス

今日のサポートは、昨日の下げでもギリギリ残った短期サポートが390万円の位置にあります。
中期サポートは明日にかけて切り上がりますが、短期サポートをブレイクすると、

中期サポートまで一気にいく可能性があるため注意が必要です。
レジスタンスは昨日の高値420万円を起点に、短期と中期レジスタンスが発生しています。
上値が重い意識がありますので、本日中に高値を更新するような強さを出せなければ、再び下落トレンドに戻るかもしれません。

 

まとめ

ビットコインは6月10日強くなる気配があったものの、

『仮想通貨に期待をしてはいけない』の原則通り、値を消した動きとなっています。
上値の重さが意識されており、本日再び高値更新の動きを見せなければ、再び下落トレンドに戻る可能性があり、注意が必要です。

 

 

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加