ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

ビットコイン2週間ぶりに4万ドル水準回復!アルトコインにも資金が戻りかけ / タンザニア大統領、中央銀行に仮想通貨調査を要請

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコイン2週間ぶりに4万ドル水準回復!アルトコインにも資金が戻りかけ

要点

・15日のビットコイン価格が4万ドルを突破

・19日ぶりにビットコインが4万ドルラインを回復したことになる

15日のビットコイン価格は、
前日比+3.64%の443万円(40,200ドル)。
5月27日以来、
約2週間ぶりに4万ドルの節目を抜けました。

 

Alternative.meの提供する仮想通貨市場の
「Fear&GreedIndex」では、
20年3月のコロナ・ショック時に匹敵する
「極端な恐怖(総悲観)」まで傾いていたことから、
断続的なショートカバーやロングポジションの
買い戻しを誘発したものと分析しています。

4万ドル台前半は戻り売り水準であるものの、
ビットコインの大幅反発で
市場心理は一時期より改善しており、
ここ数日はアルト市場にも資金が戻りつつあるようです。

エクサルバドルの法定通貨化を材料視した思惑買いのほか、
テスラ社のイーロン・マスクCEOが
ビットコイン決済の再開可能性に言及したことや、
ヘッジ・ファンド業界の大物ポール・チューダー・ジョーンズ氏が、
ビットコイン投資に言及したことも追い風となりました。

米上場企業のマイクロストラテジーは、
再びビットコインの追加購入に意欲を示しています。

 

■ネットの反応

先日の「イーロン砲」の効果は持続しているようです。

 

タンザニア大統領、中央銀行に仮想通貨調査を要請

要点

・タンザニアのサミラ・スルフ・ハッサン大統領が中央銀行に仮想通貨調査を要請

・仮想通貨の金融への影響力を認めるかたちであり、前向きな準備であると見られている

タンザニアのサミラ・スルフ・ハッサン大統領は
14日、同国の中央銀行に
仮想通貨の調査を開始するように要請しました。

仮想通貨が世界的に金融に
大きく影響を与えていると強調し、

「我々はインターネットを通じた新たな旅の出現の目撃者となった」

とコメントしています。

タンザニアは、過去7日間で
約9万ドル相当のビットコイン取引があり、
同地域で7位となっています。

なおナイジェリアは
米国に次いでP2Pのビットコイン取引で第2位を占めています。

 

今回の記事のまとめ

■『ビットコイン2週間ぶりに4万ドル水準回復!アルトコインにも資金が戻りかけ』について

・ビットコインが本日2週間ぶりに4万ドル水準に回復

・またここ数日はアルトコイン市場にも資金が戻りつつある模様

■『タンザニア大統領、中央銀行に仮想通貨調査を要請』について

・タンザニアのサミラ・スルフ・ハッサン大統領が中央銀行に仮想通貨調査を要請

・同大統領は仮想通貨を前向きにとらえており、ビットコイン取引も多い

 

ビットコイン価格は440万円台となり、

一週間比で見れば22.86%の急上昇になりました。

エルサルバドルのBTC法定通貨化などの材料もありますが

直接要因はやはりテスラCEOイーロン・マスク氏の

BTC決済復活示唆ツイートに他なりません。

イーロン・マスク氏がまた気まぐれを起こして

前言撤回しないことを祈りましょう。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加