ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

英TP・ICAP、仮想通貨取引プラットフォーム設立へ!当初はビットコインのみ / 仮想通貨交換大手バイナンス、英国での事業禁止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英TP・ICAP、仮想通貨取引プラットフォーム設立へ!当初はビットコインのみ

要点

・世界最大の金融仲介業者である英TP・ICAPが仮想通貨取引プラットフォーム設立へ

・当初はビットコインのみで、後にイーサリアムを追加するとのこと

世界最大の金融仲介業者である英TP・ICAPは
29日、仮想通貨の
取引プラットフォームを設立すると発表しました。

米資産運用大手のフィデリティ・インベストメンツ
および英銀行大手スタンダード・チャータードの
デジタル資産カストディー部門と共同になります。

設立は今年後半になる見通しです。

同プラットフォームでは、
当初はビットコインのみを扱い、次いでイーサリアムを追加する方針。

デジタル資産カストディアンのネットワークを通じて
取引後のインフラを提供し、
取引の執行と決済を別々に行うシステムです。

 

■ネットの反応

なお29日23時時点ではビットコイン価格は上昇して

400万円に到達しました。

 

仮想通貨交換大手バイナンス、英国での事業禁止

要点

・仮想通貨交換業世界大手のバイナンスが英国での事業禁止へ

・同社は30日までに広告と販促活動を取りやめるよう通知されている

英国の金融監督当局は
仮想通貨交換業世界大手のバイナンスの
英国での事業を禁止しました。

26日付の金融行為監督機構(FCA)の発表によると、
バイナンスは英国内での仮想通貨交換など
金融規制が適用される
すべての活動を禁じられているとしています。

ブルームバーグにおいては
同社は30日までに広告と販促活動を取りやめる
必要があると、報じられています。

中国でも相次ぐ仮想通貨規制の背景には
マネーロンダリング(資金洗浄)や脱税、
テロ活動への資金援助などに
悪用されることが懸念されていると言われます。

 

 

今回の記事のまとめ

■『英TP・ICAP、仮想通貨取引プラットフォーム設立へ!当初はビットコインのみ』について

・世界最大の金融仲介業者である英TP・ICAPが仮想通貨取引プラットフォーム設立へ

・設立時期は今年後半を予定している

■『仮想通貨交換大手バイナンス、英国での事業禁止』について

・仮想通貨交換業世界大手のバイナンスが英国での事業禁止へ

・規制の背景には犯罪への悪用、テロ活動への資金提供などの懸念があるとされる

 

中国に続いて英国でも仮想通貨規制の動きが本格化しています。

主たる理由はマネーロンダリングや脱税といった法の穴を抜けた悪用への

懸念であるようです。

しかし、ビットコイン価格そのものにはさほど影響なく

30日0時現在も順調に上昇して400万円を突破しました。

少なくともバイナンスの英国事業停止については

これ以上の下げはないと見て良いかも知れません。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加