ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

【7月5日概況】ビットコインは土日にかけて上昇!本日夜間から深夜が大雨注意報?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコインの週末相場は金曜日に下落し、土曜日、日曜日にかけてジリジリ戻す展開となりました。
今月の高値付近に戻る方向感に欠ける展開ですが、土日の上昇によって、

短期&中期のレジスタンスを壊し上値を見つける形になっています。
ただし、先物で窓が空いているため、日中よりも夜間から深夜にかけて、

下落の動きが発生する可能性がありそうです。
ビットコインの7月5日の概況について解説します。
(この記事は7月5日午前7時の情報で書き、短期間のスイングトレードで有効となる数値を紹介しています。)

7月2日午前7時からの動き

7月2日午前7時、374万円で推移していたビットコイン、午前9時に上昇の動きを出そうと、

379万円まで上昇するも不発に終わります。
午後2時には365万円まで下落するも、売りもエネルギーが不足していることから、

これ以上は売り込まれず、短期&中期サポートが発生、

7月3日午後4時から上昇し短期レジスタンスをブレイクします。
その後は7月4日午後5時には396万円まで上昇し中期レジスタンスもブレイク、

7月5日午前6時には398万円まで上昇、午前7時現在395万円で推移しています。

 

本日は夜間から深夜にかけて大雨注意報?!

今回の上昇で、短期&中期レジスタンスをブレイクしているため、

上昇への流れが出やすい環境にありますが、

土日にかけて上昇したため先物ベースで大きな窓が空いてしまいました。
深夜にかけて短期サポートが上がってくるため、下げの動きが出ると、

ブレイクされた後窓埋めの動きが出やすくなるでしょう。
日本時間が依然として強いため、日中の上値を追う動きについていくと、

高値掴みの可能性が高まります。
夜間まで様子を見ながら、動向を見極めた方がいいかもしれません。

 

本日のサポート&レジスタンス

本日のサポートは現在、379万円の位置にありますが、夜間から深夜にかけて切り上がる予定です。
389万円まで切り上がりますので、夜間から深夜にかけて下げの動きが出てくると、

先物の窓を埋めに行く動きになりやすくなります。
その場合は、370万円くらいまでが目安となるでしょう。
レジスタンスは短期&中期共にブレイクされており、夕方以降に発生する予定です。
夕方ごろまで現在の高値400万円を超えて来れないようなら、

買いは一度お休みしてもいいかもしれません。

 

まとめ

ビットコインは金曜日下落したものの、土日にかけて値を戻す展開となりました。
ただし、先物ベースで窓が空いており、夜間から深夜の下げには注意が必要な展開となっています。
本格的な上昇の流れが出るのはまだ先になると思われるため、過度な期待は禁物かもしれません。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加