2021年 7月 の投稿一覧

テスラ社、Q2決算発表!「4月以降、ビットコイン売却は確認されず」 / IMFエコノミスト「ビットコインの法定通貨化は、リターンをリスクが上回る」

テスラ社、Q2決算発表!「4月以降、ビットコイン売却は確認されず」

要点

・テスラ社がQ2決算発表

・ビットコインを4月から6月にかけて売却していないことが資料から明らかに

米電気自動車メーカーのテスラが、
ビットコインをQ2(4-6月)で
売却していないことが、決算資料で明らかになりました。

 

テスラ社は2月8日に15億ドルをビットコインに投じており、
Q1にその10%を既に売却していたが、
今回の決算資料では、
新たなデジタル資産の購入や売却は報告されていません。

テスラが保有するビットコインの評価額は、
約13億ドル(1434.7億円)余りで、
2300万ドルの減損を計上。

米国では、仮想通貨を含むデジタル資産が、
「耐用年数を確定できない無形資産」と捉えられることから、
実質的な取得原価を一時的にでも下回った場合に、
評価損の減損処理が強いられる可能性があり、
ビットコイン価格が6月末にかけて
下落したことも影響したものと見られます。

ビットコインを保有する企業では、
マイクロストラテジー社が
今週29日(日本時間30日)、
ジャック・ドーシー氏が率いるスクエアも
来月決算を公表する予定になっています。

 

 

■ネットの反応

先日イーロン・マスクCEOがビットコインの保有を宣言しており

その際もビットコイン価格が上昇しました。

 

IMFエコノミスト「ビットコインの法定通貨化は、リターンをリスクが上回る」

要点

・IMFのエコノミストTobias Adrian氏とRhoda Weeks-Brown氏が連盟でBTCの法定通貨化を批判

・価格の不安定さやサイバー攻撃に合うリスク、それらで損害を被っても補償されないリスクを説いた

IMFのエコノミストTobias Adrian氏と、
Rhoda Weeks-Brown氏は26日に
連名でIMFのサイトに記事を投稿。
仮想通貨を法定通貨にすることのリスクを列挙しました。

直接的にはエルサルバドルの名前を出してはいないものの、
同国がビットコインを法定通貨化する
政策について間接的に牽制する内容にもなっています。

同記事で両氏は
「仮想通貨を国の通貨として採用することは、
ほとんどの場合、
リスクとコストが導入の利益を上回る」
との考えを示しました。

ビットコインの価格があまりにも不安定であるため、
家計や企業は、ビットコインで商品価格を掲載したり、
貯蓄したりするインセンティブはほとんどないだろうと述べています。

両氏は次のように続けています。

「商品やサービスの価格が
現地通貨と仮想通貨の両方で設定された場合、
家計や企業は、どちらのお金を保有するか決めるために、
多大な時間とリソースを費やすことになる。
また、政府の支出がほとんど現地通貨で行われる一方で、
税金が事前に仮想通貨で見積もられるなどの場合には、
政府の収入は為替リスクにさらされることになる。」

さらに、次のような項目もビットコインを
法定通貨として採用することの欠点として挙げた。

・公平性や金融包摂の問題
・銀行などの金融機関が、仮想通貨価格の大幅な変動に影響されるリスク
・価格変動、詐欺、サイバー攻撃などの個人リスク
・マイニングが環境に与える影響

IMFのエコノミストらは法定通貨の前提条件として、
人々が決済手段に広くアクセスできることが必要だと指摘。
仮想通貨を法定通貨として採用した場合、
インターネットへのアクセスや、
仮想通貨の送金に必要な技術が
多くの国で不足しているため、
公平性や金融包摂の問題が生じかねないとしました。

また、仮想通貨の価格面でのボラティリティを懸念視し、
取引する際に混乱が生じると予測。

銀行などの金融機関だけではなく、
家計や企業が価格の乱高下や
サイバー攻撃などの被害に遭う可能性があると懸念しています。

実際にこのような事態で損害が発生しても、
ビットコインなどの場合は
法的な発行者が存在しないため、
こうした損害について補償することも困難であると批判しています。

 

今回の記事のまとめ

■『テスラ社、Q2決算発表!「4月以降、ビットコイン売却は確認されず」』について

・テスラ社がQ2決算発表

・ビットコインを4月から6月にかけて売却していないことが資料から明らかに

■『IMFエコノミスト「ビットコインの法定通貨化は、リターンをリスクが上回る」 』について

・IMFのエコノミストTobias Adrian氏とRhoda Weeks-Brown氏が連盟でBTCの法定通貨化を批判

・価格の不安定さやサイバー攻撃に合うリスク、それらで損害を被っても補償されないリスクを説いた

 

27日のビットコイン価格は、Amazon砲否定報道が出たにも関わらず

400万円台に踏みとどまったうえ、そこからじわじわと上昇しています。

急落で急騰分を全戻しするでもなく、400万円台を突破したままなのは

好材料および大量購入者の買い集めに支えられているものと推測されます。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【悲報】ビットコイン、終わる

1: 風吹けば名無し 2021/07/27(火) 09:00:30.43 ID:0MeEGG6n0
アマゾンの決済に採用されるニュースがフェイクだった模様

引用元:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1627344030/

続きを読む No tags for this post.

Amazon、「年内のビットコイン決済導入計画」報道を否定へ / 世界の仮想通貨ATM、2021年時点で70%の急増

Amazon、「年内のビットコイン決済導入計画」報道を否定へ

要点

・ブルームバーグが「Amazonの年内ビットコイン決済計画」報道を否定

・Amazon社側は「この分野に興味があることは事実だが、具体的な計画に関する推測は事実ではない」と回答

ブルームバーグは27日、
英City A.M.紙が関係者の内容として報じた
「Amazon社の仮想通貨関連ビジネス計画」
に関する内容について、
Amazon社が否定したと報道しました。

26日に英City A.M.紙がAmazon社に関係する
匿名の関係者の証言として、
「2021年末までにビットコイン決済を開始」
「早ければ2022年にも独自通貨を発行」
があると報じていましたが、
Amazon社側は
「仮想通貨の分野に興味があることは事実であるが、
具体的な計画に関する推測は事実ではない」
と回答したそうです。

アマゾン社が興味があると述べたように、
デジタル通貨決済計画については
同社のデジタル通貨に関する
経験者求人募集でも明らかにしていましたが
今回報じられた具体的な計画に関する内容は
否定した形になります。

この募集は、アマゾン社の決済関連を担う
「Payments Acceptance and Customer
Experienceチーム」に関する求人です。

アマゾン社代表は

「仮想通貨スペースのイノベーションから
発想を得ており、
アマゾンに導入するとどんな風になるか
模索しているところだ」

 

「未来は、顧客がアマゾンでより速く、
且つコストの低いペイメントを利用できることだ」

とコメントしています。

 

■ネットの反応

否定報道で最高値から最大40万円下落したものの
現在は400万円台で下げ止まっています。

 

世界の仮想通貨ATM、2021年時点で70%の急増

要点

・世界の仮想通貨ATM、現時点で約2万4000台あるとのこと

・国別のシェアは米国がトップで、1日あたり約48台のATMを設置しているとのこと

Coin ATM Radarの最新データによると、
2021年の仮想通貨ATM設置台数は
71.73%の急増を記録しています。
1月1日の13,993台から現時点で
24,030台まで引き上げられました。

昨年は、7,620台のATMが新たに設置され、
世界のATM数は13,993台となり、
119.56%の伸びを示しています。

2021年には、すでに10,037台のATMが設置されています。
データによると、
1日あたり約52.3台のペースで
仮想通貨ATMが設置されていることになります。

過去7日間のデータによると、
米国は現在、1日あたり約48台のATMを設置しており、
この分野での最先端です。

また、Coin ATM Radarのデータによると、
Genesis Coin社が40.9%と市場シェアが最も大きく、
General Bytes社が約24%で続きます。
残りの35%は、
BitAccess、CoinSource、Bitstopなどの
他のプレイヤーが占めています。

ビットコインATMネットワークの
最大手の一つであるBitcoin Depotは、
最近、サークルKとの提携を発表し、
米国およびカナダ全土に
仮想通貨ATMを設置することを決定しました。

 

 

今回の記事のまとめ

■『Amazon、「年内のビットコイン決済導入計画」報道を否定へ』について

・ブルームバーグが「Amazonの年内ビットコイン決済計画」報道を否定

・Amazon社側は「この分野に興味があることは事実だが、具体的な計画に関する推測は事実ではない」と回答

■『世界の仮想通貨ATM、2021年時点で70%の急増』について

・世界の仮想通貨ATM、現時点で約2万4000台あるとのこと

・国別のシェアは米国がトップで、1日あたり約48台のATMを設置しているとのこと

 

昨日の「Amazon砲」で爆騰したビットコイン価格は

トータル100万円以上上がったところで「Amazonビットコイン決済報道否定」。

そこから急落を経て400万円台~410万円台に推移しています。

安いところで買い集めていた個人投資家の中からは

このAmazon砲騒動で潤って利確したとの報告が

ちらほらと見られました。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【仮想通貨】Amazonが今年中にもビットコイン決済受け入れか [田杉山脈★]

1: 田杉山脈 ★ 2021/07/26(月) 13:37:45.34 ID:CAP_USER
米Amazonの匿名の関係者によると、同社が2021年末までにビットコインによる支払い受付を開始するという。英ロンドンのビジネスメディアシティA.Mが報じた。

この関係者によると「単に将来に仮想通貨の支払いソリューションを受け入れるという手続きではなく、Amazonの将来のメカニズムの中でどのように機能するかを議論された上で出された結論だ」と話したという。

関係者は、Amazonの幹部がすでにビットコインを支払い手段として追加することを望んでおり「指示はトップ(ジェフ・ベゾス氏)から出ている」とし、次のように話した。

Amazonはビットコインの支払いを受け付けるだけでなく、早ければ2022年にも独自仮想通貨の発行を検討しているという。

Amazonが仮想通貨市場に参入するという憶測は、先週、同社の求人欄に「デジタルカレンシーおよびブロックチェーン・プロダクト・リード」という新たな募集が登場して以来、何日も前から盛り上がっている。求人情報によると、Amazonのデジタル通貨戦略と製品ロードマップの開発を支援するとしている。

既報のように、Amazonはこれまでにも仮想通貨の求人を出しており、2月には「デジタルと新興決済」プラットフォームの開発を支援するテクニカルリードを募集した。
https://jp.cointelegraph.com/news/amazon-plans-to-accept-bitcoin-payments-this-year-claims-insider

引用元:https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1627274265/

続きを読む No tags for this post.

【仮想通貨】ビットコイン急伸、4万ドル付近-アマゾン巡る観測とショートカバー [シャチ★]

1: シャチ ★ 2021/07/26(月) 23:41:14.20 ID:zk0LLPTI9
7/26(月) 23:10配信 Bloomberg
https://news.yahoo.co.jp/articles/8ee396aa3813fb575ea6fecc277308efa4c2aabc
(ブルームバーグ): アジア時間26日に急伸した暗号資産(仮想通貨)ビットコインは、ニューヨーク時間同日午前の取引でも4万ドル付近を維持する展開。米アマゾン・ドット・コムが暗号資産業界に参入するとの観測が相場を押し上げ、そこにショートカバーの動きが加わり一気に上昇が加速したとみられる。

ビットコイン一時15%急伸、4万ドル接近-週末からの上げ幅拡大 (1)

アマゾンは「デジタル通貨とブロックチェーンの戦略」を策定する幹部を募る求人情報を掲載。これを受けアナリストの間では、同社がいずれビットコインを支払い方法の一つとして認めるのではないかとの見方が広がった。

アマゾンを巡る観測でビットコインが上昇する中、ショートカバーの動きが急速に広がり上げが加速。アジア時間午前に一時15%高の3万9681ドルを付けた。仮想通貨先物取引・情報プラットフォーム、Bybtのデータによると、9億5000万ドル余りの暗号資産のショートが26日に手じまわれた。これは5月19日以来で最大の規模。

仮想通貨交換所ルノのアジア太平洋地域責任者、ビジェイ・アイヤー氏は「今回の急伸は、過度のレバレッジによるショートが恐らく背景にあるだろう」としつつ、アマゾンを巡る観測も相場押し上げに寄与した可能性が高いと付け加えた。

ビットコインはニューヨーク時間午前8時24分現在、12%高の3万8684ドル。

原題:Bitcoin Surges Near $40,000 as Shorts Fuel Rally on Amazon Rumor(抜粋)

(c)2021 Bloomberg L.P.

Joanna Ossinger

引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1627310474/

続きを読む No tags for this post.

【コロナ】「ごめんね、もう手遅れなの」 感染し重症になった若者が最後に医師に懇願すること「今からワクチンを打ってください」 ★8 [haru★]

1: haru ★ 2021/07/26(月) 15:02:52.18 ID:cTF9OaMD9
コロナに感染した若者たちの多くはコロナを信じておらず、ワクチンに対しての正しい知識も持ち合わせていない。

そんな彼らが感染し、重症化して初めて現実が理解できるようになる。人工呼吸器を挿入する段階になると、「お願いです、ワクチンを接種してください」と懇願するという。

しかし、回復が困難な患者に「今更接種しても、もう遅い」と宣告しなければならない。


重篤な患者のほとんどは、最期にはワクチン接種をしておけばよかったと泣きます。

そして、彼らは私に「コロナはデマだと思った」「コロナはただのインフルエンザだと思った」「コロナによるパンデミックは政治的なものかと思った」と話すのです。

また、ワクチンを接種するのを拒んでいる人は、専門家や医師に相談せず、他の情報をもとに判断している人がとても多いこともわかりました。

彼らは一様にこう言います。「この人がこう言ってたから」「SNS、Youtubeで見たから」「ワクチンは危ないというメールが届いたから」

でも、彼らは自分が感染して初めてそれらが間違っていたことを知り、最後にワクチン接種を望むのですが、それはもう手遅れなのです。

ワクチン接種をしなかった人が死ぬのを見るのは、私のような医師や医療スタッフにとって、本当に辛いことです。(コビア医師)


新型コロナウイルスの情報は常にアップデートされているので、情報の鮮度も大事だ。

新型コロナウイルス感染症は当初、呼吸器疾患と理解されていたが、現在では、全身に影響を及ぼすことがわかっている。

若者は感染しても高齢者に比べれば死亡率は低いものの、デルタ株の登場で死亡率も上昇している。

そして一番懸念されているのが後遺症だ。回復後、およそ10~30%の人が、その後長く苦しい後遺症に悩まされることも複数の研究で明らかになっている。



2021年07月23日
https://karapaia.com/archives/52304299.html

前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1627257803/

引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1627279372/

続きを読む No tags for this post.