揺らぐ米ドル覇権──ブレトン・ウッズ体制終了から50年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8月15日、ブレトン・ウッズ体制終了から50年目を迎えた。主要国は第二次世界大戦後、金(ゴールド)を基準に価値が決まるドルを基軸通貨とすることに同意。しかし1971年までには、米ドルに対する信頼は損なわれ、当時のニクソン大統領はドルと金の兌換(だかん)を停止することを余儀なくされた。これにより、比較的自由に変動する「不換」通貨という現状の体制が始まった。



3253124_s
No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加