ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

マイクロソフト、海賊版対策にイーサリアムブロックチェーンを検討 / 米Cboe傘下投資企業、初のビットコイン投資信託をローンチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイクロソフト、海賊版対策にイーサリアムブロックチェーンを検討

要点

・マイクロソフトの研究部門が海賊版対策としてETHブロックチェーンの利用を検討

・同システムはブロックチェーンによる報償金システム「Argus」、匿名通報も可能に

米IT最大手マイクロソフトの研究部門が、
違法コピーなどの海賊行為防止対策として、
ブロックチェーンによる報償金システム「Argus」を
提案しました。

 

 

「Argus:著作権侵害対策のための
完全な透明性を持ったインセンティブシステム」
と題された論文は、
マイクロソフト・アジア研究所が執筆。

中国アリババグループとカーネギーメロン大学の
研究者からの意見も取り入れているといいます。

同システムは著作権侵害を報告することで
報償金が得られますが、
イーサリアムブロックチェーンを使用することで、
透明性と実用性、安全性を確保すると同時に、
システムの悪用やエラーを制限する
仕組みが組み込まれています。

研究者がまず取り組んだのは、
著作権侵害を摘発する関係者の利害関係や、
関連企業の目的を明確に規定することです。

現在、海賊版防止システムの設計や
評価の枠組みは存在しないと指摘し、
次のように述べました。

「我々の研究が生んだ最も重要な価値は、
Argusシステムそのものよりも、
その設計と実装に至るまでのアプローチだ。」

技術的な問題には、
暗号方式の適応や契約コードの構築、
パフォーマンスの最適化で対処し、
克服したと説明しています。

Argusシステムでは、
人々が匿名で著作権侵害行為を報告し、
報償金を得ることができるようになっています。

海賊版のコンテンツは、
シークレットコードに対応した固有の電子
「透かし」によって、そのソースまで追跡されます。

海賊版が報告されるとソース(ライセンス保持者)の
ステータスが「容疑者」に変更。
「容疑者」は不服申し立ても可能だが、
申し立てが却下された場合、
ステータスは「有罪」となります。

また、Argusシステムには、
著作権侵害コンテンツの報告には
「リークの証明」という仕組みが導入され、
情報が保護されるようになっています。
システムの悪用を防ぐため、
同一の海賊版については、
一人の報告者から一度限り報告できる
セーフガードが導入されています。

 

■ネットの反応

マイクロソフトのこの企画が実現すれば

イーサリアムはまた価格上昇しそうですが、

現在は前日比-1.92%で影響は出ていません。

 

米Cboe傘下投資企業、初のビットコイン投資信託をローンチ

要点

・米大手デリバティブ取引所Cboe傘下の企業が、初のビットコイン投資信託をローンチ

・同システムはミューチュアルファンドでBTCのボラティリティを抑制する仕組み

米大手デリバティブ取引所Cboe傘下の
機関投資家向け資産管理会社
Cboe Vest Financial LLCが、
『Cboe Vest Bitcoin Strategy Managed Volatility Fund』
というビットコイン投資信託をローンチしたと
発表しました。

同社初のビットコイン関連商品になります。

Cboe VestはCboe(シカゴ・オプション取引所)が
2016年に買収した投資企業です。

今回、Cboe Vestがローンチしたのは、
ミューチュアルファンド(投資信託の一種)で、
ビットコインのボラティリティによる影響を
抑制する仕組みを取っています。

具体的には、ポートフォリオにある
ビットコイン先物契約および
キャッシュの割合をアクティブに
管理・運用するシステムです。

例えば、ボラティリティが高まった時は、
ファンドにあるビットコイン先物の割合が縮小されます。

同社のKaran Sood CEOは発表で、

「投資家はビットコインへのエクスポージャーを持ちたいが、
ボラティリティは一つの課題だ」

「新ファンドはボラティリティを
最小限に抑制することを目標に
ミューチュアルファンドとしての安全性と利便性も備えている」

とコメントしています。

 

今回の記事のまとめ

■『マイクロソフト、海賊版対策にイーサリアムブロックチェーンを検討』について

・マイクロソフトの研究部門が海賊版対策としてETHブロックチェーンの利用を検討

・同システムはブロックチェーンによる報償金システム「Argus」、匿名通報も可能に

■『米Cboe傘下投資企業、初のビットコイン投資信託をローンチ』について

・米大手デリバティブ取引所Cboe傘下の企業が、初のビットコイン投資信託をローンチ

・同システムはミューチュアルファンドでBTCのボラティリティを抑制する仕組み

 

本日17日のビットコイン価格は今朝方に500万円を割って

495万円になるも、現在は上昇して

509万円台で落ち着いています。

なんとか500万円以上はキープできているようです。

 

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加