ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

ブルームバーグ報道「米証券取引委員会は10月末にビットコインETFを承認する」 / 米コインベース、仮想通貨の新規上場を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルームバーグ報道「米証券取引委員会は10月末にビットコインETFを承認する」

要点

・大手経済メディアのブルームバーグが「SECは10月末までにはビットコインETFを承認する」と報道

・先週にあったイーサリアムETF申請の突然の撤回がその布石であると分析されている

ブルームバーグの上場投資信託(ETF)
専門家によると、
米証券取引委員会(SEC)は
10月末までにビットコインETFを承認する
可能性が高いとのことです。

「ヴァンエックとプロシェアーズが
イーサリアム先物ETFの提案を
突如撤回したことは、
ビットコインETFの可能性を示唆している。
SECがビットコインの申請を
有効にしていると捉えられるからだ。
早ければ10月にも承認される可能性があるが、
先行者利益を与えないためにも、
SECは複数のETFを一度に許可するだろう」

ブルームバーグのアナリストである
エリック・バルチュナス氏と
ジェームス・セイファート氏は
24日の投資家向けメモで明らかにしました。

これによると、先週あった
ヴァンエックとプロシェアーズによる
イーサリアムETF申請の突然の撤回が、
SECによるビットコインETFの承認の
引き金になる可能性を示唆しているといいます。

バルチュナス氏は、
プロシェアーズのビットコインETFが、
承認される可能性が最も高いと指摘。

「イーサの撤回は、SECがこの件に関心を持ち、
発行者と連絡を取り合っていることを示している。
つまり、申請から75日後に発売できるように、
あらゆる問題を解決しているはずだ」

と付け加えました。

 

■ネットの反応

この報道が実現すれば、一気に価格が上昇する可能性は充分あります。

 

米コインベース、仮想通貨の新規上場を発表

要点

・米国大手仮想通貨取引所コインベースProは26日にCOTIの新規上場を発表

・なお、コインベースProが現在対応するCOTIはERC20版のみ

米最大手仮想通貨取引所
コインベースProは26日に、
COTIの新規上場を発表しました。

COTIの口座への入金はすでに開始しており、
取引が26日(9:00PT時間)以降始まります。

また、取引ペアは、COTI-USDとして提供されるとのことです。

なお、コインベースProが現在対応するCOTIはERC20版のみになります。

COTIとは、分散型ペイメントネットワーク及び
ステーブルコインを運用する
プロジェクトCotiのネイティブトークン。
Cotiが利用するブロックチェーン
「Trustchain」は
秒間10万トランザクションを処理できるといいます。

前回コインベースProが銘柄の新規上場を発表したのは12日で、
その時はAxie Infinity(AXS)、Request(REQ)、
TrueFi(TRU)、Wrapped Luna(WLUNA)の
4つを上場させています。

 

今回の記事のまとめ

■『ブルームバーグ報道「米証券取引委員会は10月末にビットコインETFを承認する」』について

・大手経済メディアのブルームバーグが「SECは10月末までにはビットコインETFを承認する」と報道

・先週にあったイーサリアムETF申請の突然の撤回がその布石であると分析されている

■『米コインベース、仮想通貨の新規上場を発表』について

・米国大手仮想通貨取引所コインベースProは26日にCOTIの新規上場を発表

・なお、コインベースProが現在対応するCOTIはERC20版のみ

 

本日26日のビットコイン価格は510万円台。

最高値の540万円から30万円ほど値下がりしている

下げ相場となりましたが、依然として

コインベース関連などの好材料に後押しされており

まだしばらくは安定が続くかも知れません。

 

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加