ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

エルサルバドル政府、ビットコイン買い増しへ / アフリカ、個人層の仮想通貨普及が進み前年比12倍の成長率

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エルサルバドル政府、ビットコイン買い増しへ

要点

・9月7日にビットコインの法定通貨化を施行したエルサルバドル政府が、20日BTCの買い増しを発表

・675万ドル(7億円)相当の150BTCを購入したとのこと

世界で初めて仮想通貨を法定通貨として
導入したエルサルバドル政府は20日、
ビットコインを再び買い増ししたことを発表しました。

675万ドル(7億円)相当の150BTCを購入したとのことです。

今回の購入により、
エルサルバドル政府の保有総額は700BTCになりました。

ブケレ大統領は

「押し目買いをした。
150BTCを新たに購入。
エルサルバドルは総額700BTCを保有している」

とツイートしています。

中米エルサルバドルでは今月7日、
ビットコインを法定通貨として認める
ビットコイン法(Ley Bitcoin)を導入したばかり。

ビットコイン法の導入前後に
11億円相当(購入時点)の200BTCを2度購入すると、
8日にも再び150BTCを購入していました。

 

■ネットの反応

ビットコイン価格は先週日曜から現在にかけて

500万円を割っています。

そこで押し目買いとしたということは、このBTC法は

長期的なビジョンであると思われます。

 

アフリカ、個人層の仮想通貨普及が進み前年比12倍の成長率

要点

・ブロックチェーン分析会社Chainalysisがアフリカの仮想通貨市場が急速に発展していると紹介

・アフリカの仮想通貨の受け入れ額は今年1年間で1,200%以上成長したとの結果に

ブロックチェーン分析会社Chainalysisは14日、
「仮想通貨の地理」と題したレポートの一部を公開。

仮想通貨市場が急速に成長する
アフリカの現状を紹介するとともに、
その原動力について分析しました。

レポートによると、昨年7月から今年6月の1年間で、
この地域における仮想通貨の受け入れ額は
1,200%以上成長。
市場規模では約1,056億ドル(11.6兆円)と、
世界各地の他の地域と比べ最も小さいものの、
Chainalysisの「仮想通貨採用指標」の
上位20位以内には、ケニア、ナイジェリア、
南アフリカ、タンザニアの4カ国がランクイン。

同社は、アフリカを
「世界で最も草の根レベルで普及率が高い地域」と評価しています。

また、同社はアフリカの成長を支える重要な要因の一つとして
Chainalysisは、P2P取引が盛んであることをあげました。

アフリカにおけるP2P取引の割合は、
ビットコイン取引量に限定すると
全体の2.6%(全通貨では1.2%)を占めており、
世界の他の地域を大幅に上回っています。

 

今回の記事のまとめ

■『エルサルバドル政府、ビットコイン買い増しへ』について

・9月7日にビットコインの法定通貨化を施行したエルサルバドル政府が、20日BTCの買い増しを発表

・675万ドル(7億円)相当の150BTCを購入したとのこと

■『アフリカ、個人層の仮想通貨普及が進み前年比12倍の成長率』について

・ブロックチェーン分析会社Chainalysisがアフリカの仮想通貨市場が急速に発展していると紹介

・アフリカの仮想通貨の受け入れ額は今年1年間で1,200%以上成長したとの結果に

 

週明けのビットコイン価格は490万円台。

大幅転落からのスタートで、今週は低調になるかもしれません。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加