おすすめ

No tags for this post.

仮想通貨おすすめランキング!2018年最新版

「仮想通貨で投資を始めてみたいけど、どのコインが良いの?」 これから仮想通貨の取引を始める方がまず悩むのが銘柄を選ぶということです。 ビットコインの知名度が圧倒的に高く選ばれがちなのですが、アルトコインの方が将来性などか ... No tags for this post.

仮想通貨のおすすめ便利アプリまとめ!使い方を徹底解説

仮想通貨の売買をしていると、仮想通貨を管理したり、チャートを確認するのが大変です。 いちいちパソコンを開かないといけなくて面倒と思っているあなたに朗報です! 今はスマホで使える仮想通貨に関するアプリが充実しています。 そ ... No tags for this post.

確定申告の納税の影響で3月末には上昇トレンドになるかも?!

3月末は4月の納税に向け、利確が多くなると言われています。
その理由を2017年と比較してご紹介します!

確定申告の納税で価格が上がる?


仮想通貨の規制関係で下落が続いていましたが、4月に近づき徐々に価格が上昇し始めました。
その要因は確定申告の納税が4月の中旬にあるため、ある程度価格が上がったところで利確しようとしている人が多いからだと言われています。
2017年の3月末は、ビットコインの価格が上がり始め、リップルやイーサリアムが高騰し、6月まで上昇しました。
そのため、2017年と同様に3月末の価格の上昇には注目です。

コインチェックの出金制限が解除される?


価格上昇の要因の一つにコインチェックの出金制限解除も考えられています。
納税が4月の中旬までなので、それまでに出金制限を解除しなければ仮想通貨の利益で納税しようとしている人が辛い状況になってしまいます。
なので、それまでにはコインチェックも出金制限を解除するのではないかと考えられています。

仮想通貨取引には安全な取引所を


2018年はコインチェックの事件もあり、波乱の幕開けとなった仮想通貨ですが、問題は仮想通貨ではなくコインチェックのセキュリティでした。
価格が上昇すると言われている3月末に安全に取引するためには信頼のできる取引所の利用をオススメします。

GMOコインは仮想通貨の売買だけではなく、仮想通貨FXのサービスも提供しています。

また、金融庁への登録や仮想通貨団体への加入など、信頼できる点もおすすめです。

GMOインターネットグループが運営しているため、金融サービスのノウハウとセキュリティがしっかりしていて、安心できます。
仮想通貨取引が初めての人にうってつけの販売所となっています。

GMOコインの評判と比較は?口コミや登録方法、手数料などを解説!

2018.02.13

確定申告の納税の影響で3月末には上昇トレンドになるかも?!仮想通貨比較ちゃんねるで公開された投稿です。

【速報】コインチェックの記者会見の内容まとめ

3月8日(木)16時から行われたコインチェックの記者会見の内容をまとめてみました。

NEMが流出した経緯

悪意ある外部の攻撃者から送信されたフィッシングメールにより、コインチェック従業員のPCがマルウェアに感染、そこからコインチェックのネットワークに侵入され、NEMが盗まれる事態に至った。

感染した端末は会社支給のPCだった模様。

お客様窓口の拡充

本事案専門の対応を行う人員を増やして対応。
補償専用ダイヤルを設置。

NEMの保証について

不正に送金されたNEMを保有していた方に対する保証は来週中を目処に実施予定。
返金は日本円となる模様。

一部サービスの再開について

来週中を目処に再開にあたっての技術的な安全性等の確認が完了した仮想通貨から順次、一部サービスを再開。

コインチェックの事業継続について

今後も一時停止中のサービスの再開に向けて全力を挙げて取り組むとともに、金融庁への仮想通貨交換業者の登録に向けた取り組みも継続し、事業を継続。

経営体制について

和田社長の辞任も含めて検討。

Twitter

仮想通貨取引には安全な取引所を

GMOコインは金融庁への登録や仮想通貨団体への加入など、信頼できる点がおすすめです。仮想通貨の売買だけではなく、仮想通貨FXのサービスも提供しています。

GMOインターネットグループが運営しているため、金融サービスのノウハウとセキュリティがしっかりしていて、安心できます。
仮想通貨取引が初めての人にうってつけの販売所となっています。

金融庁の規制が厳しくなった今、取引所を選ぶ基準は安全性。

2018.03.07

【速報】コインチェックの記者会見の内容まとめ仮想通貨比較ちゃんねるで公開された投稿です。

No tags for this post.

仮想通貨の規制は国際基準に?G20で議題となる仮想通貨の消費者保護問題。

団体統合
3月19〜20日にかけ開催される20カ国地域財務相・中央銀行総裁会議「G20」で、仮想通貨の規制案が議題となることがニュースになっています。 これはよいことなのでしょうか。それも悪いことなのでしょうか。 「G20」で仮想通貨の取り扱いに関する国際的な規制が設けられた場合について考えてみましょう。

仮想通貨は便利が故に悪用されると問題

仮想通貨は信頼する第三者を必要としない(トラストレス)ことや、国を超えた送金が容易であること、そしてそれらを匿名で行うことができることなどから、犯罪に利用されると非常に危険です。 革新的な技術であるが故にこのような問題は常に付き纏います。 その為、3月に実施されるG20では、仮想通貨やブロックチェーンなどの技術がルールに基づいてよいことだけに利用されるための規制を作ることを検討することになっています。 今の時点でわかっていることとしては、
  • 風説の流布
  • 空売り
などを禁止した方がよいのでは?という意見が出ています。

国際的な規制は仮想通貨の取引を安全にする

ssl-certificate 「G20」で仮想通貨の交換業者やブロックチチェーン技術の取り扱い業者について規制が設けられると、一般利用者は今までより安心して仮想通貨に関わることができます。 これまで、ルールが設けられていなかった業界だからこそ起きてしまったトラブルや事件が、規制が作られることによって未然に防げるようになるからです。 取引所のコインチェックで起きたハッキング事件も、元を正すと顧客資産を預かる立場の取引業者に対するセキュリティー管理のルールがなかったために起きてしまったことです。これについても、事件後は金融庁や仮想通貨団体が動いて早急に顧客資産保護のためのルールづくりを行なっています。 [kanren postid="3505"] 今回のG20で仮想通貨の取引業者に関する国際基準のルールができれば、今までよりも安全に取引所を利用できるようになると考えられます。

金融大手の運営するGMOコイン

仮想通貨を買う、売る、などの際に利用する「取引所」の選定基準が少し変わって来います。 これまで、「便利さ」「対応の速さ」だけが基準になりがちでしたが、今後セキュリティ面での監視が厳しくなり、「いかに利用者の安全が担保されるか」という観点が重要になって来ます。 現在のところ、仮想通貨の知識が少ない初心者でも安心して利用できる取引所は、金融業界としての実績の長い「GMOコイン」です。 GMOコインはネット企業大手「GMOインターネットグループ」の子会社「GMOコイン株式会社」が運営する仮想通貨販売所。 GMOインターネットグループで培われた金融サービスのノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制で安心して仮想通貨の売買が可能です。 また、金融庁から仮想通貨交換業者として認可されていて、国から認められた販売所となっています。 GMOコインで購入できる通貨はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルとなっており、主要な通貨の購入ができます。 GMOコインは仮想通貨の売買だけではなく、仮想通貨FXのサービスも提供しています。 24時間365日取引が可能で、最低0.01BTCから取引が可能です。 GMOインターネットグループが運営しているため、金融サービスのノウハウとセキュリティがしっかりしていて、安心できます。 仮想通貨取引が初めての人にうってつけの販売所となっています。 [btn class="rich_pink"]GMOコイン公式サイト[/btn] [kanren postid="2826"] [kanren postid="2123"] [kanren postid="1960"] [kanren postid="1853"]

仮想通貨の規制は国際基準に?G20で議題となる仮想通貨の消費者保護問題。ビットコインマニアックスで公開された投稿です。

【評価】クールウォレット(CoolWalletS)は安心安全?評判と口コミを徹底調査

安心できるの?
コールドウォレットの代表格クールウォレット(CoolWalletS)の評判や口コミなどのユーザーレビューが本当なのか徹底調査してクールウォレットのメリット、デメリットを解説します。

クールウォレット(CoolWalletS)とは?

DSCF3509 クールウォレット(CoolWalletS)はCoolBitX社が生産する人気のあるカードサイズのコールドウォレットです。 コールドウォレットは他にTREZOR(トレザー)やLedger Nano(レジャーナノ)などがあります。 他製品に比べ、クールウォレット(CoolWalletS)は防水で薄くて軽い特長を持ち、またBluetooth機能によるiOSおよびAndroidへの接続が可能なデバイスです。 コインチェックの仮想通貨盗難(ハッキング)事件を受け、仮想通貨を保全するクールウォレット(CoolWalletS)は大きな注目を集めています。

クールウォレット(CoolWalletS)のメーカーは?

CoolBitX gold logo
会社名 CoolBitX Ltd.
資本金 非公表
会社情報 CEO&Founder MICHAEL OU 本社所在地 FutureWardB1F 長春路No.343 松山区台北105 台湾
設立年月日 2014年
CoolBitXは、米国特許取得済みのデジタルアセットハードウェアを製造し、何百万人ものユーザーにスマートな契約プラットフォームを開発する専門のFinTech台湾企業です。 マイニングマシン世界シェアNO.1であるBitmain社の支援も受けています。

SBIホールディングスも出資

sbi
 当社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:北尾 吉孝)は、このたび台湾で仮想通貨のコールドウォレット事業を展開するCoolBitX Ltd.(所在地:台湾、以下「CoolBitX社」)へ出資いたしましたので、お知らせいたします。この出資によるSBIグループのCoolBitX社への出資比率は40%になります。
ニュースソース SBIグループでは投資家の多様なニーズに応えるべく、仮想通貨取引所などの仮想通貨関連事業によって構成される仮想通貨生態系を構築してまいりました。また、仮想通貨生態系の各事業においては、顧客資産の保全を第一と捉え、社内での徹底したリスク管理に加え、外部企業の先進的技術の取り込みによるセキュリティ高度化を模索してきました。今後はCoolBitX社の技術活用を検討しつつ、一層のセキュリティ高度化を目指します。 SBIホールディングスが認めたセキュリティー技術があるCoolBitX社

クールウォレット(CoolWalletS)のメリットは?

13 口コミや評判でささやかれているクールウォレットにしかないメリットをお伝えします!

製品の評価保証レベル(EAL)が5₊で安心安全

eal このクールウォレットは1~7まで段階ある「評価保証レベル」(EAL)のうち、上位のEAL5プラスという国際的な情報セキュリティ評価基準(ISO15408)の認定を受けている製品です。 EAL5以上は軍需用や、政府最高機密機関向けに使われるほど安全性が高いものになります。 クールウォレットで世界最高峰のセキュリティーレベルを確保する事ができます。

カードサイズでスマートに持ち運び出来る

cw2 クレジットカードのサイズなので名刺入れや定期入れに入れて持ち運ぶ事ができます。 レジャーナノやトレザーのようなUSBメモリのような形ではないのでかさばりません。 洗練されたデザインでスタイリッシュです。

ウォレットの耐久性(防水防塵機能)

wp3 クールウォレットの機能の1つに「防水防塵機能」があります。 クールウォレットは「IP67」というレベルで「iPhone 7、7Plus」と同等の耐久性となります。 この、IP67とはIEC規格のことで防水と防塵の性能レベルを表しています。 IP67の「6」は防塵レベルで粉塵が本体内部に侵入しないことを意味しており、IP67の「7」は防水レベルで水中への浸漬に対する強さの中から、水深1メートルに30分浸かっても水が内部に侵入しない性能を表しています。

スマホアプリで利用できる(PC不要)

cw4 クールウォレットの専用アプリをダウンロードする事で、ウォレット機能をスマホでも利用する事ができます。 ledgernano(レジャーナノ)やtrezor(トレザー)のハードウェアウォレットはPC接続が必要でしたが、クールウォレットはスマホで完結する事ができます。Bluetooth機能でワイヤレス同期する事ができます。 ※PCとの接続機能はありません。 itunes-app-store-logo2 android_store1

Bluetoothで同期する事ができる

cw7 ハードウェアウォレット初のBluetooth機能搭載。 ある程度の仮想通貨をクールウォレットにチャージ(入金)しておき、使用したいシーンだけアクティベート(bluetooth同期)して使う事ができます。

様々な通貨に対応している(今後増えていく)

currency 現在、Bitcoin(BTC)、Litecoin(LTC)、Ethereum(ETH)、Ripple(XRP)に対応しており、 近日中(2018 Q2)にBitcoin Cash (BCH)、ERC20トークン(top100種類)のアップデート対応を予定しております。

クールウォレット(CoolWalletS)のデメリットは?

12 口コミや評判でささやかれているクールウォレット(CoolWalletS)のデメリットをお伝えします!

PCと接続する事ができない

cw8 PC接続機能がなく、専用アプリをダウンロードしてスマホ利用がメインとなります。 どうしてもPCで使いたい人以外は、スマホでもPC同様の操作性が担保されているので特に問題はありません。 [aside type="normal"]参考:スマホアプリインターフェイス[/aside] cw9

クールウォレット(CoolWalletS)の口コミと評判

https://twitter.com/yoshitaka_kitao/status/969448336817242112 https://twitter.com/DEG_2020/status/971247333282336768

クールウォレット(CoolWalletS)はあらゆるシーンにオススメ!

DSCF3526 コインチェックのハッキング事件により、仮想通貨の自己管理が今大変注目を受けています。 取引しない仮想通貨は取引所に置きっぱなしにせずに、各自がハードウォレットで保管しておくことをオススメします。 また、クールウォレット(CoolWalletS)は持ち運びにも便利なので、普段使いの形でスイカやPASMOのような使い方も可能ですね。 仮想通貨支払いのサービスのお店にいく際に、必要金額のみチャージ(送金)して利用する事もできます。 理想は、保管用普段持ち歩き用の2枚使いが便利だとおもいます。 スマホアプリ連携ができ、ワイヤレス同期(bluetooth)、カードサイズ(コンパクト)で持ち運びに便利なので 各自の利用シーンに合わせて様々な使い方ができるのがクールウォレット(CoolWalletS)の魅力です。 数量が限られてますのでお早目にお買い求めください。 [btn class="rich_pink"]公式SHOPはこちら[/btn]

【評価】クールウォレット(CoolWalletS)は安心安全?評判と口コミを徹底調査ビットコインマニアックスで公開された投稿です。

金融庁の規制が厳しくなった今、取引所を選ぶ基準は安全性。

コインチェックがハッキングを受けて580億円相当のネム(NEM)を盗まれた事件から1ヶ月以上経しました。

金融庁は、今後の仮想通貨取引が安全に行えるよう、各取引所に対して厳しい規制を設ける動きを見せました。

また、各取引所が所属する仮想通貨団体も「みなし業者」の加盟を認めないなど、徹底的に利用者保護の姿勢を取っています。

これらの背景を受けて仮想通貨の取引所の選定基準にも少しづつ変化が現れています。

取引所のセキュリティ体制、金融庁の指摘

麻生太郎金融相からは国会答弁でコインチェックのセキュリティーの甘さが指摘され、仮想通貨の取引所はいま世間から、システム管理体制の早急な強化が求められています。

仮想通貨取引所を政府が登録制にして世界に注目された法改正からわずか10カ月。取引所大手コインチェックで580億円相当が消失したことで、技術革新で先を行く業者の自主規制と政府の監督の在り方が問い直されている。
:bloomberg

金融庁や仮想通貨団体による規制にしっかりとした対応を取っていて、なおかつ初心者でもわかりやすく、利用しやすいのは「GMOコイン公式サイト」です。

GMOコインは金融業の実績がある


GMOコインは日本を代表するGMOインターネットグループ子会社で、2016年10月11日に「GMO Wallet株式会社」として設立されました。

会社名 GMOコイン株式会社(GMO Wallet株式会社)
設立 2016年10月11日
所在地 東京都渋谷区桜丘町12番10号
代表者 若松 剛史

※2017年8月9日に「Z.comコイン byGMO」から「GMOコイン」へリニューアルしました。

大手金融業者であるGMOグループの確かな実績が、ベンチャー企業の多い仮想通貨取引業者の中で、顧客資産保護の点からも信頼を集めています。

GMOコインの取扱通貨

現在の取扱通貨は

・ビットコイン
・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ
・ライトコイン
・リップル

GMOコインのメリット

24時間取引

GMOコインは24時間・365日、土日祝日でも取引が可能です!(メンテナンス時を除く)

即時入金、出金が無料

GMOコインはビットコインを購入する際にかかる手数料をGMOコインが負担してくれます。
いつでも手数料を気にせずに購入や出金ができるので利用者に優しい取引所ですね。
・日本円即時入金 無料
・日本円出金 無料
・ビットコイン引き出し 無料

申込みから取引が最短1日

GMOコインは口座開設申込から当日〜1営業日以内に審査を実施し、審査完了の翌営業日には書類が発送されるため、最短で申込みの翌営業日から取引が可能になります。

GMOコインのデメリット

取り扱っている通貨の種類が少なかったのですが、徐々に増えてきており、現在は主要な通貨の取引が可能となっています。

GMOコインで仮想通貨FX

仮想通貨FXは、数十円の証拠金から取引が開始できるビットコインの店頭証拠金取引サービスです。
FX(店頭外国為替証拠金取引)と同じように、状況に合わせてレバレッジを効かせた取引が可能になっています。

少額取引

最低0.001BTCから発注可能、数十円から取引できます!

2wayプライス

注文価格は「Bid/Ask」の2way表示で分かりやすく透明性が高くなっています。

取引手数料無料

新規注文(買建・売建)、決済注文、およびロスカットはすべて無料になっています!

マイニング事業のICOを実施?

2017年10月24日、GMOインターネット株式会社がビットコインマイニング事業において計画している「次世代マイニングボード」の外部販売に向けたトークンセール(ICO)の実施を検討していると発表しました。

GMOがICOを検討!「次世代マイニングボード」トークンセールの参加方法は?

2017.10.25

GMOコインの登録方法

現在、GMOコインではビットコイン20,000Satoshiプレゼントキャンペーンを行っています!
口座開設完了でビットコインが貰えるお得なキャンペーンなので、口座を開設していない方は登録をオススメします!

下記の公式サイトからメールアドレスを入力すれば仮申請が完了します!
最短で翌営業日から取引が可能なので、すぐに仮想通貨を購入することも可能です。

仮想通貨初心者が登録すべき3つのおすすめ取引所を比較!手数料や評判・口コミは?

2018.03.03

金融庁の規制が厳しくなった今、取引所を選ぶ基準は安全性。仮想通貨比較ちゃんねるで公開された投稿です。

仮想通貨は複数の取引所を利用した方がいい理由は〇〇…!

団体統合
仮想通貨投資を始めようとしている初心者の方が最初に迷うのが取引所選びですよね。 取引所の口座を開設していないと仮想通貨を買うことができません。 国内だけでも取引所はたくさんあるため“どの取引所に登録すればいいかわからない”という人向けにオススメの取引所を紹介します。

取引所は複数登録するべき

multiple-accounts 取引所は複数の種類のものを使うべきです! なぜなら...
  • 通貨によって有利な取引所は違う
  • そもそも取り扱っている通貨が異なる
  • 相場が取引所によって少しずつ違うので、そのときの最適なところで取引をする
  • サーバーダウンなど万が一の事態に備える
このような理由があるからです。 複数の取引所にアカウントを持ち、目的によって使い分けるのが今では一般的です。

絶対に登録すべき3つの取引所

image 仮想通貨を購入するにあたって必要になるのが取引所ですが、急激な市場拡大とともにその数も増え、それと同時にここの違いがわかりにくくもなってきています。 そこで、数ある取引所の中でも安全性や使い勝手の面で登録しておいたほうがいい取引所を3つ紹介します。 初心者が登録すべき3つの取引所は、 GMOコイン ザイフ ビットフライヤー 以上の3つです。 これらは仮想通貨の取引サービス業者として経験値を積んできている為、セキュリティや利便性の面でも比較的安心して利用することができます。

各取引所の特徴

それぞれの取引所で取り扱っている通貨や手数料の違い、運営会社に関しての特徴を紹介します。

GMOコイン

GMOコインはネット企業大手「GMOインターネットグループ」の子会社「GMOコイン株式会社」が運営する仮想通貨販売所。 GMOインターネットグループで培われた金融サービスのノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制で安心して仮想通貨の売買が可能です。 また、金融庁から仮想通貨交換業者として認可されていて、国から認められた販売所となっています。 GMOコインで購入できる通貨はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルとなっており、主要な通貨の購入ができます。 GMOコインは仮想通貨の売買だけではなく、仮想通貨FXのサービスも提供しています。 24時間365日取引が可能で、最低0.01BTCから取引が可能です。 GMOインターネットグループが運営しているため、金融サービスのノウハウとセキュリティがしっかりしていて、安心できます。 仮想通貨取引が初めての人にうってつけの販売所となっています。 [btn class="rich_pink"]GMOコイン公式サイト[/btn]

Zaif(ザイフ)

ザイフは2014年に設立され、堀江貴文氏(ホリエモン)が技術アドバイザーを務めていたことで有名です。 取り扱っている通貨はビットコイン(BTC)やネム(NEM)に加え、モナコイン(MONA)やぺぺキャッシュ(PEPECHASH)、ザイフトークン(Zaif)など他では取り扱っていない通貨が目立ちます。 最大の特徴として、ザイフの取引手数料はゼロからマイナス0.1%に引き下げられています。注文の約定時にマイナス0.1%の手数料が支払われます。 他の取引所が最大で取引手数料ゼロにしている中で、マイナスにしているのは大きなメリットです。 また、ザイフには「コイン積立」というサービスがあり、毎月任意の固定額が自動で引き落とされ、日割で希望のコインを買い付けてくれます。低リスクで楽な投資が可能となります。 [btn class="rich_pink"]ザイフ公式サイト[/btn]

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーは国内でトップクラスの資本力をもつ取引所です。 テレビCMなども流しており、仮想通貨をあまり知らない人でも一度は目にしたことがあるかもしれません。 ユーザーが多く、取引量は国内一です [btn class="rich_pink"]ビットフライヤー公式サイト[/btn]

複数の取引所を持っておく

今回紹介した取引所はどれも信頼できる取引所ですが、それでも万が一に備え、リスクの分散の為に複数の口座を開設しておくことをおすすめします。 また、取引所によって取り扱っている通貨の種類や手数料も違うので、欲しい通貨を一番安い取引所で購入できます。 仮想通貨取引所の口座は無料ですぐに作れるので、本格的に始める前に開設しておきましょう。

おすすめな3つの取引所は...

GMOコイン Zaif(ザイフ) bitFlyer(ビットフライヤー)

仮想通貨は複数の取引所を利用した方がいい理由は〇〇…!ビットコインマニアックスで公開された投稿です。

みなし業者は除外。仮想通貨の2団体が統合して新体制に。

団体統合
仮想通貨の2つの業界団体、日本ブロックチェーン協会(JBA)と日本仮想通貨事業者協会(JCBA)が統合することが発表されました。 統合後にできる新団体では、仮想通貨の取引業者として金融庁の認可を受けていない、いわゆる「みなし業者」は加盟対象から除外することも明らかになっています。

仮想通貨の2団体が統合

これまで、個々に独自の活動を展開してきた仮想通貨団体、日本ブロックチェーン協会(JBA)と日本仮想通貨事業者協会(JCBA)。 金融庁からは以前より「認定団体は1つしか認められない」との指摘を受けていたこともあり、この度統合へと運びました。 shutterstock_379543561

日本ブロックチェーン協会(JBA)

ブロックチェーン技術が、一層安心・安全な技術として、これからの日本経済の発展を支える仕組みの一つになることを目的に、この度日本価値記録事業者協会を改組し、日本ブロックチェーン協会を2016年4月15日に設立する運びとなりました。 また今後当協会は、改正資金決済法が定める「認定資金決済事業者協会」となることを目指してまいります。 :日本ブロックチェーン協会(JBA)

日本仮想通貨事業者協会(JCBA)

銀行・証券会社・金融商品取引業者が日本国内において仮想通貨ビジネスをはじめるにあたり、テクノロジー・会計・レギュレーション・商慣行などの面から、必要な情報の調査・研究、知見の集約、意見交換を積極的に行い、業界の健全な発展を目指すために設立された団体です。 :日本仮想通貨事業者協会(JCBA)

新団体では「みなし業者」は除外

2団体が統合して新たに設立される新団体では、メンバーを金融庁の登録業者16社に限り、登録申請中の業者(みなし業者)は外すと述べています。 みなし業者といえば一番に上がってくるのは1月にハッキング事件の被害を受けた「コインチェック」ですね。 1 この事件の直後、記者会見などでもみなし業者であるにも関わらず派手に広告を出していたことが指摘されていました。 今回の加盟条件は、このような事態を再発させないための措置と考えられます。

新団体への加盟は信頼の証?

新団体では、仮想通貨の取引業における安全管理体制や顧客資産の保護などの行動規範を策定します。 独自の取引ルールを整えることで、加盟する取引業者の安全性を高め、利用者のリスクをできる限り排除して提供できるサービスを構築することを目指しています。 厳しいルールの下で運営されている取引所なら安心して利用することができますね。

金融庁の認可を受けている仮想通貨交換業者

新団体に加盟するのは金融庁の認可を受けられている16業者のみ。
企業名 取引所名 取り扱い通貨
株式会社マネーパートナーズ  マネーパートナーズ  BTC(ビットコイン)
 QUOINE株式会社  QUOINEX  BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、BCH(ビットコインキャッシュ)、QASH(キャッシュ)
 株式会社bitFlyer  bitFlyer  BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、ETC(イーサリアムクラシック)、LTC(ライトコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、MONA(モナコイン)
ビットバンク株式会社 bitbank.cc BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)、LTC(ライトコイン)、MONA(モナコイン)、BCC(ビットコインキャッシュ)
SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社 SBIバーチャル・カレンシーズ BTC(ビットコイン)
GMOコイン株式会社 GMOコイン BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、BCH(ビットコインキャッシュ)、LTC(ライトコイン)、XRP(リップル)
ビットトレード株式会社

BitTrade

BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)、LTC(ライトコイン)、MONA(モナコイン)、BCC(ビットコインキャッシュ)
BTCボックス株式会社 BTCBOX BTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETH(イーサリアム)、LTC(ライトコイン)
株式会社ビットポイントジャパン BITPoint BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)、LTC(ライトコイン)、BCC(ビットコイン
株式会社DMM Bitcoin DMM Bitcoin BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)
株式会社ビットアルゴ取引所東京 ARG BTC(ビットコイン)
エフ・ティ・ティ株式会社 Bitgate BTC(ビットコイン)
 株式会社BITOCEAN  BITOCEAN BTC(ビットコイン)
株式会社フィスコ仮想通貨取引所 フィスコ仮想通貨取引所 BTC(ビットコイン)、MONA(モナコイン)、FSCC(フィスココイン)、NCXC(ネクスコイン)、CICC(カイカコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ 
テックビューロ株式会社  Zaif  BTC(ビットコイン)、MONA(モナコイン)、FSCC(フィスココイン)、NCXC(ネクスコイン)、CICC(カイカコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)
株式会社Xtheta  Xtheta  BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、BCH(ビットコインキャッシュ)、XRP(リップル)、LTC(ライトコイン)、ETC(イーサリアムクラシック)、XEM(ネム)、MONA(モナコイン)、XCP(カウンターパーティー)
 

実際に利用される取引所は?

「みなし業者」として有名となったコインチェックは、国内の仮想通貨保有者の6割が利用していた取引所です。 [kanren postid="3488"] 理由の一つは投資初心者でも始めやすいサービスの仕様。 それだけにセキュリティ面での問題が露呈してしまった今、早急な改善(まずは認可の獲得)が期待される状況ですが、すでに認可を受けており新団体に加盟する取引所で、コインチェックのように初心者にもハードルの低い取引所はあるのでしょうか。

GMOコインは「販売所形式」でエントリーモデルとして最適

コインチェックが利用しやすい(仮想通貨を購入まで進めやすい)とされる理由の一つが「販売所形式」を採用している点です。 そして、これと同じ形式でサービスを提供しているのが「GMOコイン」です。 gmo [btn class="rich_pink"]GMOコイン公式サイト[/btn]

GMOコイン(ジーエムオーコイン)のメリットは?

13 以下、GMOコインを利用する主なメリットです。

GMOコインは口座開設スピードが速い

gmo 口座開設申込は最短5分で完了。 さらに、最短でお申し込みの翌営業日からビットコインでのFX取引やビットコインの売買が可能となっており、 「ビットコインを始めたい!」と感じたタイミングを逃しません。

専用アプリが高機能

gmo2 仮想通貨FX専用スマホアプリ『ビットレ君』は、GMOインターネットグループのノウハウを詰め込んだ高機能アプリ。 チャートやテクニカル指標など、ビットコインでのFX取引に欠かせない各種機能が充実しています。

土日もビットコインFXの取引が可能

gmofx GMOコインだけに限った話ではないのですが、ビットコインは原則として24時間365日トレードが行われています。 つまり、FXのトレードが行われていない土日であっても、ビットコインFXはトレード可能なのです。 平日は忙しいので、GMOの高性能のアプリを利用して土日だけビットコインFXをするというスタイルも良いのでは。

GMOコインは?

GMOコインはビットコインやイーサリアム、イーサリアムクラシック、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュで信用取引をしたい人にオススメできる取引所です。 FXしない人にももちろん、FXユーザー向けの専用アプリがあるので仮想通貨FXに興味がある方にオススメできます。 登録は無料で、簡単にアカウントも作成できちゃいます。 「とりあえず始めてみたい」「どんなものか見てみたい」という方にもオススメです。 [btn class="rich_pink"]GMOコイン公式サイト[/btn] [kanren postid="2826"] [kanren postid="2123"] [kanren postid="1960"] [kanren postid="1853"]

みなし業者は除外。仮想通貨の2団体が統合して新体制に。ビットコインマニアックスで公開された投稿です。

仮想通貨初心者が登録すべき3つのおすすめ取引所を比較!手数料や評判・口コミは?

仮想通貨投資を始めようとしている初心者の方が最初に迷うのが取引所選びかと思います。
取引所の口座を開設していないと仮想通貨を買うこともできません。
日本でも取引所が増えてきていて、“どの取引所に登録すればいいかわからない”という方にオススメの取引所を紹介していきます!

取引所を複数登録した方がいい理由

仮想通貨を購入するにあたって必要になるのが取引所ですが、日本の取引所は約14社ほどあり、初心者の方はどこに登録すればいいのかわからないと思います。
数ある取引所の中でも安心して取引ができ、絶対に登録しておいたほうがいい仮想通貨取引所を3つ紹介します。
なぜ、複数の取引所の登録が必要かというと、それぞれの取引所で取り扱っている通貨の種類が異なる点や手数料の違い、サーバーダウンなど不測の事態に備えて、最低でも3つの取引所を登録しておいたほうが安心です。
資産の分散管理や同じ通貨でも取引所の手数料によって購入できる通貨の数も変わってくるので、使い分けることをおすすめします。

絶対に登録すべき3つの取引所

初心者が登録すべき3つの取引所はザイフGMOコインビットフライヤーです。
この3つは国内の取引所としては運営が長く、しっかりとした実績と万全のセキュリティ体制があり安心して取引ができます。

各取引所の特徴

それぞれの取引所で取り扱っている通貨や手数料の違い、運営会社に関しての特徴を紹介します。

Zaif(ザイフ)


ザイフは2014年に設立され、堀江貴文氏(ホリエモン)が技術アドバイザーを務めていたことで有名です。
取り扱っている通貨はビットコイン(BTC)やネム(NEM)に加え、モナコイン(MONA)やぺぺキャッシュ(PEPECHASH)、ザイフトークン(Zaif)など他では取り扱っていない通貨が目立ちます。

最大の特徴として、ザイフの取引手数料はゼロからマイナス0.1%に引き下げられています。
注文の約定時にマイナス0.1%の手数料が支払われます。
他の取引所が最大で取引手数料ゼロにしている中で、マイナスにしているのは大きなメリットです。
また、ザイフには「コイン積立」というサービスがあり、毎月任意の固定額が自動で引き落とされ、日割で希望のコインを買い付けてくれます。低リスクで楽な投資が可能となります。

Zaifを運営するテックビューロは資金調達用ICOソリューション「COMSA(コムサ)」を開始しました。
COMSA(コムサ)は爆発的な話題を呼び、事前登録者で約20万人10月16日現在で90億円の資金調達を達成しています。

GMOコイン


GMOコインはネット企業大手「GMOインターネットグループ」の子会社「GMOコイン株式会社」が運営する仮想通貨販売所。
GMOインターネットグループで培われた金融サービスのノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制で安心して仮想通貨の売買が可能です。
また、金融庁から仮想通貨交換業者として認可されていて、国から認められた販売所となっています。

GMOコインで購入できる通貨はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルとなっており、主要な通貨の購入ができます。

GMOコインは仮想通貨の売買だけではなく、仮想通貨FXのサービスも提供しています。
24時間365日取引が可能で、最低0.01BTCから取引が可能です。

GMOインターネットグループが運営しているため、金融サービスのノウハウとセキュリティがしっかりしていて、安心できます。
仮想通貨取引が初めての人にうってつけの販売所となっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーは国内でトップクラスの資本力をもつ取引所です。
SBIやGMO、UFJや三井住友などの企業から資金調達をしており、信頼性は日本で一番となります。
テレビCMなども流しており、仮想通貨をあまり知らない人でも一度は目にしたことがあるかもしれません。

ビットフライヤーが取り扱っている通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュなどメジャーなものが多かったのですが、2017年10月からモナコインの取扱も開始し、その影響もあってか価格も高騰しました。
また、2017年秋からビットフライヤーはアメリカに進出し、仮想通貨取引事業を開始する予定です。
すでに34州で取引許可を受けており、注目を集めています。

複数の取引所を持っておく

今回紹介した取引所はどれも信頼できる取引所ですが、それでも万が一に備え、リスクの分散の為に複数の口座を開設しておくことをおすすめします。
また、取引所によって取り扱っている通貨の種類や手数料も違うので、欲しい通貨を一番安い取引所で購入できます。
仮想通貨取引所の口座は無料ですぐに作れるので、本格的に始める前に開設しておきましょう。

仮想通貨初心者が登録すべき3つのおすすめ取引所を比較!手数料や評判・口コミは?仮想通貨比較ちゃんねるで公開された投稿です。

1,000円もらえる!DMM Bitcoinリリース記念キャンペーン!

640_320
2018年1月11日よりサービス開始された仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」 リリース記念キャンペーンとして新規口座開設完了で1,000円プレゼント!が実施されました。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)とは?

300_300 DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は2017年12月12日に「株式会社東京ビットコイン取引所」から「株式会社DMM Bitcoin」に社名変更された取引所です。 仮想通貨取引サービス、システムが一新されて2018年1月11日にオープンしました。 アルトコインFXができる取引所として注目を集めています。

 祝 DMMBitcoinリリース記念キャンペーン

campaign_180103

■タイトル

DMMBitcoinリリース記念キャンペーン 新規口座開設完了で もれなく1,000円プレゼント!

■キャンペーン内容

DMM Bitcoin新規口座開設申込後、30日以内に口座開設完了(郵送物に記載の認証コードを入力完了)されたお客様に、1,000円をプレゼントいたします。

■キャンペーン期間

2018年1月11日(木)~2018年3月31日(土)

■注意事項

・本キャンペーンでのお申込みはお1人様1回限りとなります。 ・DMM Bitcoin口座解約履歴のあるお客様はキャンペーンの対象となりません。 ・キャッシュバック時に口座を解約していた場合は対象の資格を失いますので、ご了承ください。 ・口座開設手続きにおいて書類の不備等で口座開設完了までに31日以上経過してしまった場合は適用対象外となりますので、余裕をもったお申込みをお願いいたします。 ・キャッシュバックはDMMBitcoinのお客様口座(トレード口座)へ反映されます(反映時期は口座開設完了後、1ヶ月以内を予定しております)。 ・本キャンペーンは予告なく変更・終了・期間を延長する場合がございます。あらかじめご了承ください。 ・本サービスに係る公租公課その他諸費用はお客様ご自身の負担により支払うものとします(詳細は税務署にお問い合わせください)。 ・当社が定める「DMM Bitcoinサービス基本約款」等に記載のある禁止行為を行った場合、またはそのような行為を行ったと当社が判断した場合は適用対象外となります。

DMM Bitcoinユーザーの声

https://twitter.com/roku_6reverse/status/951741242567618561 https://twitter.com/koala_taro/status/951396156419932160

DMM Bitcoinに登録してプレゼントをもらおう!

DMM Bitcoinは、ETH(イーサリアム),NEM(ネム),Ripple(リップル),LTC(ライトコイン),ETC(イーサリアムクラシック),BCH(ビットコインキャッシュ)、などの アルトコインでレバレッジ取引をしたい方にピッタリの取引所です! 登録は無料で、簡単にアカウントも作成できちゃいます。 「とりあえず始めてみたい」「どんなものか見てみたい」という方にもオススメです。 [btn class="rich_pink"]DMM Bitcoin公式[/btn] [kanren postid="3264"]

1,000円もらえる!DMM Bitcoinリリース記念キャンペーン!ビットコインマニアックスで公開された投稿です。

【徹底比較】日本国内の仮想通貨取引所をランキング形式で紹介!

日本国内で利用できる取引所は?

日本国内で安心して取引するためには取引所選びは重要です。
「ビットコインやイーサリアムを買ってみたいけど、どこなら安全なのかな」「コインチェックの件があったから慎重に調べておきたい」など思うことはたくさんあると思います。
大切な資産を仮想通貨にするためには安心、安全は第一です。
それに加えて、簡単で楽に取引をしたいと思います。

現在、日本国内で利用できる取引所は10以上ありますが、その中から一つ一つを調べて決めるのは正直面倒ですよね。
「結局一番いい取引所はどこなの?」そんな疑問を解消するべくわかりやすくランキング形式にしてまとめてみました!

おすすめ取引所ランキングTOP5

第6位Coincheck(コインチェック)

取引タイプ
取引所 販売所
入金方法
日本円入金方法 提携銀行
銀行振込 コンビニ入金 ペイジー入金 クレジットカード 住信SBIネット銀行 ゆうちょ銀行
手数料
取引手数料 日本円出金手数料 BTC出金手数
-0.05~0% (指値取引) 0.1~0.15 (成行取引) 400円~756円 0.0002 BTC
通貨の種類
仮想通貨 ・ビットコイン(BTC) ・イーサリアム(ETH) ・イーサリアムクラシック(ETC) ・モネロ(XMR) ・ダオ(DAO) ・ファクトム(FCT) ・リスク(LISK) ・ネム(NEM) ・ダッシュ(DASH) ・ライトコイン(Litecoin)

ココがオススメ!

  • シンプルで見やすいデザイン
  • スマホアプリが使いやすい
  • 365日24時間取引が可能
  • 取扱している通貨が多い
  • 登録、本人確認が簡単
  • 現状一番使いやすい

ココがいまいち!

  • クレジットカード決済では手数料がかかる

第5位bitbank Trade(ビットバンク)

取引タイプ
ビットコインFX 販売所
入金方法
日本円入金方法 提携銀行
銀行振込 ビットコイン入金 住信SBIネット銀行
手数料
取引手数料 日本円出金手数料 BTC出金手数
現物:無料 FX:0.1% 324円 無料
通貨の種類
仮想通貨 ・ビットコイン(BTC)

ココがオススメ!

  • ビットコインFXに特化している
  • レバレッジが最大20%
  • 365日24時間取引が可能
  • 口座開設が最短2分
  • 国内唯一の追証なし

ココがいまいち!

  • 取扱通貨がビットコインのみ
  • FXメインなので用途は絞られる

第4位bitFlyer(ビットフライヤー)

取引タイプ
販売所 取引所 FX
レバレッジ5倍
入金方法
日本円入金方法 提携銀行
銀行振込 コンビニ入金/ネット銀行 クレカ(販売所) 三井住友銀行
手数料
売買手数料 日本円出金手数料 BTC出金手数
0% 216円~716円 無料

おすすめポイント

  • 取引画面が初心者でもわかりやすい
  • アプリがシンプルでキレイ
  • イーサリアムも取引可能
  • 安心の平日9時~19時のサポート対応
  • 365日(6時~25時)売買できる
  • 大手企業が出資していて安心

イマイチポイント

  • 売買時間が25時~6時まで
  • 取り扱い仮想通貨が少ない点

第3位DMM Bitcoin

取引タイプ
取引所 ビットコインFX
レバレッジ5倍
入金方法
日本円入金方法 クイック入金
振込入金
手数料
入出金手数料 取引手数料
無料 無料
通貨の種類
仮想通貨 ・ビットコイン(BTC) ・イーサリアム(ETH) ・ビットコインキャッシュ(BCH) ・リップル(XRP) ・ライトコイン(LTC) ・イーサリアムクラシック(ETC) ・ネム(XEM)

おすすめポイント

  • 取扱通貨が多い
  • アルトコインのレバレッジ取引が可能
  • 口座開設で1000円貰える
  • 手数料が無料(レバレッジ取引は除く)
  • 取引ツールが使いやすくワンタッチで注文が可能

イマイチポイント

  • 通貨の種類が海外に比べると少なめ

第2位GMOコイン

取引タイプ
販売所 ビットコインFX
レバレッジ5倍
入金方法
日本円入金方法 提携銀行
振込入金 ペイジー 住信SBIネット銀行 楽天銀行
手数料
入出金手数料 取引手数料
無料 無料
通貨の種類
仮想通貨 ・ビットコイン(BTC) ・イーサリアム(ETH) ・ビットコインキャッシュ(BCH) ・リップル(XRP) ・ライトコイン(LTC)

おすすめポイント

  • シンプルでわかりやすい販売所形式
  • 追証なし
  • アルトコインのレバレッジ取引も開始予定
  • 手数料が無料
  • アプリの「ビットレ君」が使いやすい

イマイチポイント

  • アルトコインの種類があまり多くない

第1位Zaif(ザイフ)

取引タイプ
日本円入金方法 提携銀行
銀行振込 ビットコイン入金 コンビニ入金 住信SBIネット銀行
手数料
取引手数料 日本円出金手数料 BTC送信手数料
0円 350円〜756円 無料
通貨の種類
仮想通貨 ・ビットコイン(BTC) ・イーサリアム(ETH) ・ネム(XEM) ・ビットコインキャッシュ(BCH) ・モナコイン(MONA)

ココがオススメ!

  • 登録が簡単!
  • 取り扱っている通貨が多い
  • セキュリティが高く安全
  • 手数料がかからない

ココがいまいち!

  • アプリが少し使いづらい

あなたはどこを選ぶ?

仮想通貨取引所のおすすめランキングを紹介しましたが、自分に合う取引所は見つかりましたか?
取引所といっても様々な特徴があります。

FX経験者やこれからFXを始めてみたいという方はGMOコインビットフライヤー
様々な仮想通貨で運用したい、安心できる取引所がいいという方にはザイフなど用途に寄って使い分けることも可能です。

どの取引所も登録が簡単ですぐに終わるので、一度登録して使ってみて判断するのもいいかもしれません。
自分のスタイルに特化した取引所を使うことでより一層仮想通貨生活が充実するでしょう。

【徹底比較】日本国内の仮想通貨取引所をランキング形式で紹介!仮想通貨比較ちゃんねるで公開された投稿です。

ZaifのCMに出演してる剛力彩芽さん可愛すぎ!!(画像、動画あり)

2018年2月16日より、全国で放送されるテレビCMに剛力彩芽さんが出演。
YouTubeでは長編やメイキング動画の配信も予定しているようです。

ZaifがテレビCMを開始!

仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ株式会社が女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCM「ビットコインするならZaif〜ハピネス編〜」を2月16日より全国で放送開始します。

背景

仮想通貨やブロックチェーン技術への社会の注目が高まると同時に、仮想通貨取引所への関心も日々増しております。
その中で一般消費者へ向け、当社が運営する仮想通貨取引所「Zaif」の安全への取組について知っていただき、さらにはサービスの認知向上、そして業界全体のイメージ向上を目指し、全国規模によるテレビCMを活用したプロモーションを実施いたします。

テレビCM概要

タイトル
「ビットコインするならZaif 〜ハピネス篇〜」
テレビCM 15秒バージョン
放映開始
2018年2月16日(金)

内容

つらいことも楽しいこともある日常。
仮想通貨、または仮想通貨取引所というデジタルの世界で、様々な人や物とのやり取りが生まれ、アナログな存在である人間のリアルな人生が彩り豊かになっていく。
身近な財布(サイフ)、人生の可能性を拡張するZaif(ザイフ)。
そんな世界観を、溌剌とした明るさが人気の女優・剛力彩芽さんを主人公に迎え、楽しいギミックとともに映像と音楽の調和で表現しています。

使用楽曲

オリジナル曲「ビットコインするならZaif」

バンド名「金子マリ & Zaif 2 Da Moon」
<バンドメンバー>
金子マリ:vocal
タケウチカズタケ:produce, compose, organ, piano
竹内朋康:guitar
Tomohiko aka heavy looper:bass
脇山広介:drums, tambourine
タブゾンビ:trumpet, horn arrangement
ATSUKI: trumpet

剛力彩芽プロフィール


剛力 彩芽(ごうりき あやめ)
生年月日:1992年8月27日
出身地:神奈川県
女優としてドラマ、映画、舞台、バラエティ番組の司会と幅広く活躍。
2017年7月よりAmazonプライム・ビデオ オリジナルドラマ「フェイス―サ​イ​バー犯罪特捜班ー」にて主演を務め大きな話題を集めた、今一番注目されている女優の一人。

<代表作品>
「ガッチャマン」「L・DK」「大切なことはすべて君が教えてくれた」「クロコーチ」「祇園の姉妹」「女囚セブン」など。

テレビCMで更なる認知度

大人気女優の剛力彩芽さんを起用し、Zaifや仮想通貨の認知度アップに期待ができます!
テレビCMで新規申し込みが殺到すると登録完了までに時間がかかってしまうことがあるので、登録はお早めに!

ザイフは2014年に設立され、堀江貴文氏(ホリエモン)が技術アドバイザーを務めていたことで有名です。
取り扱っている通貨はビットコイン(BTC)やネム(NEM)に加え、モナコイン(MONA)やぺぺキャッシュ(PEPECHASH)、ザイフトークン(Zaif)など他では取り扱っていない通貨が目立ちます。

最大の特徴として、ザイフの取引手数料はゼロからマイナス0.1%に引き下げられています。
注文の約定時にマイナス0.1%の手数料が支払われます。
他の取引所が最大で取引手数料ゼロにしている中で、マイナスにしているのは大きなメリットです。
また、ザイフには「コイン積立」というサービスがあり、毎月任意の固定額が自動で引き落とされ、日割で希望のコインを買い付けてくれます。低リスクで楽な投資が可能となります。

Zaifを運営するテックビューロは資金調達用ICOソリューション「COMSA(コムサ)」を開始しました。
COMSA(コムサ)は爆発的な話題を呼び、事前登録者で約20万人10月16日現在で90億円の資金調達を達成しています。

ZaifのCMに出演してる剛力彩芽さん可愛すぎ!!(画像、動画あり)仮想通貨比較ちゃんねるで公開された投稿です。

【まとめ】仮想通貨界隈で話題の『#フクロウクソコラグランプリ』のレベルが高すぎ!(画像大量)

最近、仮想通貨のTwitter界隈で話題となっている#フクロウクソコラグランプリ
レベルの高い作品がどんどんと投稿され、盛り上がっているので話題の作品をまとめてみました!

#フクロウクソコラグランプリとは

#フクロウクソコラグランプリは仮想通貨擬人化サイト仮想通貨革命クリプトカレンシーガールズや仮想通貨の資産管理ができるCryptofolio(クリプトフォリオ)仮想通貨ニュースを運営するフクロウ・セグレゲイテッドウィットネス(@CryptoC_x)さんの一つのツイートから始まりました。

仮想通貨界隈のブロガーやメディア運営者に自身の写真をフリー素材として提供し、それに反応したブロガー達が一斉にコラ画像を投稿し始めました。

レベルの高いコラ作品まとめ

仮想通貨界隈のブロガー達がアップした#フクロウクソコラグランプリの作品を紹介していきます!

https://twitter.com/Crypto_Carino/status/962348573596635144

https://twitter.com/Crypto_Carino/status/962359291372978176

様々な形で盛り上がる仮想通貨界

自身の写真をフリー素材として提供し#フクロウクソコラグランプリで仮想通貨界隈を盛り上げたフクロウ・セグレゲイテッドウィットネス(@CryptoC_x)さん。
今後も様々な形で盛り上げてくれそうです。

最後に個人的に気に入っている作品を紹介します。
素材と写真を上手くマッチさせ、女性目線のクソコラを作成したココ・コインちゃん@仮想通貨(@cococoin_chan)さんの女子旅風クソコラです!

https://twitter.com/cococoin_chan/status/963367924621656064

今後生まれる作品にも期待大です!

【まとめ】仮想通貨界隈で話題の『#フクロウクソコラグランプリ』のレベルが高すぎ!(画像大量)仮想通貨比較ちゃんねるで公開された投稿です。

No tags for this post.

今後、取引所のセキュリティ対策はより厳しくなる。GMOコインも「コールドウォレット」と「マルチシグ」を徹底。

shutterstock_718135798
コインチェックのハッキング事件以来、他の取引所に対してもセキュリティ面で厳しい目線が向けられるようになりました。 2月初旬には、GMOコインとZaifの大手2社に金融庁の立入検査が実施されています。 これまで税金以外の規制が殆どない状態で行われていた仮想通貨への規制がどんどん厳しくなっていく印象ですが、大丈夫なんでしょうか。 [btn class="rich_pink"]GMOコイン公式サイト[/btn]

「規制」がセキュリティを強化する

GMOやZaifにも立ち入り検査が実施されました。今週から検査官が常駐して本格的に検査がスタート。 shutterstock_284080586 コインチェックに引き続き、国内大手の取引所が次々に検査の対象となり、仮想通貨周りは緊迫した空気に覆われています。 しかし、このような傾向は必ずしも悲観的な状況ではないという見方もあります。 これまで何のルールもない、ある種無法地帯だった仮想通貨取引の業界に国や機関の理解が追い付いてきたとも言い換えることが出来ますし、規制が入るということは、定められたルールに従って運営を行うことができていれば、国のルールに沿って運営ができている取引所として信頼して利用することができるようになります。(2017年には登録事業者の制度ができ、これが取引所を選ぶ一つの指標になっていました。) 国の規制が入ることによって...
  • 仮想通貨が普及してきたという解釈も
  • 国の認可を受けた取引所となる

「GMOコイン」セキュリティ技術者増員

規制が厳しくなる中で取引所を運営する企業は国の基準に対応するために様々な施策行っています。 国内大手取引所の一つである「GMOコイン」は顧客資産保護により注力するため、セキュリティー技術者の増員を予定しています。
インターネットサービスのGMOインターネットは情報セキュリティー専門の技術者の採用を始める。4月に新設する予定のサイバー攻撃対策を担う部署に配属し、グループ企業が展開するサービスの安全性などをチェックさせる。サイバー攻撃を受けるリスクは年々高まっており、専門人材を採用することで被害を水際で防ぐ考えだ。GMOはこのほど、サイバー攻撃に対応できる人材「ホワイトハッカー(善良なハッカー)」の募集を始めた。4月をメドに設立する情報セキュリティー管理を手掛ける専門組織に配属する。グループ企業が展開するサービスの安全上の欠陥を探し、サイバー攻撃を受けた時の対策を考える。金融情報システムの管理・運営などに精通した人材の採用も進め、将来は数十人規模に広げる。 :NIKKEI(2018/2/8)

「GMOコイン」顧客資産保護体制について

コインチェックのハッキング事件を受けて「GMOコイン」では自社の顧客資産保護の体制について報告しています。

顧客資産の分別管理

顧客資産は全てGMOの資産と分別して管理 また顧客から預託を受けた金銭についても別口座で管理している。 毎営業日、過不足が生じていないかを算定・照合することにより、分別管理を徹底。

コールドウォレット管理とマルチシグ対応

即時送付に必要な分以外の仮想通貨は「コールドウォレット」にて保管。 コールドウォレットからホットウォレットに仮想通貨を移動する際には複数部署の承認が必要。 また、仮想通貨送付の際に複数の秘密鍵を必要とする「マルチシグ(マルチシグネチャ)」についても、セキュリティ基準を満たす各仮想通貨に導入。

サイバー攻撃対策

悪意のある第三者によるサイバー攻撃に対し、「お客様アカウントの乗っ取り」「システムへの侵入」の2つの観点から対策。 「お客様アカウントの乗っ取り」に対して...
  • 日本円出金や仮想通貨送付の際に、2段階認証を必須化
  • ログイン実績のない環境からログインがあった際に、2段階認証を必須化
  • ログイン履歴の記録とメールによるお客様への通知
「システムへの侵入」に対して...
  • システムの24時間365日監視
  • 外部のセキュリティ専門家による定期的なシステム脆弱性診断
  • グループ会社と連携した脆弱性情報の収集

今後のさらなる体制強化

当社では、外部専門家と連携しながら、サイバー攻撃等の各種リスクを定期的に評価、分析し、顧客資産保護体制を継続的に改善していく体制を構築しております。

「GMOコイン」の特徴

GMOコインはレバレッジが5倍と高くないので、初心者でも比較的安心して挑戦することが出来ます。 bn-20170802-af-300x250 また、スマホでも簡単にレバレッジ取引ができる「ビットレ君」など、ビットコインFXのエントリーモデルとしては最適です。 [btn class="rich_pink"]GMOコイン公式サイト[/btn]

今後、取引所のセキュリティ対策はより厳しくなる。GMOコインも「コールドウォレット」と「マルチシグ」を徹底。ビットコインマニアックスで公開された投稿です。

【評価】ビットトレード(BitTrade)は怪しい?評判と口コミを徹底調査

bittrade
ビットコインの仮想通貨取引所ビットトレード(BitTrade)の評判や口コミなどのユーザーレビューが本当なのか徹底調査してビットバンクのメリット、デメリットを解説します。

ビットトレード(BitTrade)とは?

bittrade2 ビットトレード(BitTrade)は2016年9月に設立した、ビットコインの取引所です。 取引所のサービスは2017年3月15日にスタートしました。 株式会社FXトレード・フィナンシャルのグループ会社になります。 リップル(XRP)やイーサリアム(ETH)など様々な仮想通貨で取引ができます。

ビットトレード(BitTrade)の運営会社は?

bittrade
会社名 ビットトレード株式会社
資本金 5100万円(※2017年5月末日現在)
会社情報 代表取締役 閏間 亮 本社所在地 東京都港区三田2-11-15 三田川崎ビル4階
設立年月日 2016年9月12日
ビットトレード(BitTrade)は仮想通貨取引所に加え、親会社が「FXトレード・フィナンシャル」のサービスを展開しております。 世界基準のFXツール「FXTF MT4(メタトレーダー4)」で評価されています。

イメージキャラクター「小島 瑠璃子」

trade3 ビットトレード(BitTrade)はイメージキャラクターに小島 瑠璃子を起用。

MoneyToday(マネートゥデイ)

mt ビットトレード(BitTrade)は「金融をもっと身近に。」をコンセプトにしたお金の総合情報サイト「MoneyToday」を展開。 一般生活者の方に向けて“より分かりやすく、より丁寧に”今日知るべきお金の情報を発信しています。

代表取締役 閏間 亮氏

daihyou
ビットトレード株式会社は、ビットコインの中心地である中国のスタッフや、優秀な外国人エンジニア達も一丸となり、日本の投資市場に吹き込む仮想通貨取引という新風を確かな形にする作業に邁進しています。 弊社は、これからグループ会社であるFXTFで培った金融の知見や国際ネットワークを最大限活用し、どこよりも安心、安全に利用できる仮想通貨取引所を目指してまいります。 今後のビットトレードにどうぞご期待下さい。

ビットトレード(BitTrade)のメリットは?

bittradmerit 口コミや評判でささやかれているビットトレードにしかないメリットをお伝えします!

仮想通貨リップル(XRP)を指値注文で購入できる

xrpcc ビットトレードではリップル(XRP)を取引所にて指値注文する事ができます。 日本国内ではコインチェックにてリップル(XRP)を購入することもできますが販売所からの購入となります。 一般的に取引所からの指値注文のほうが安くで購入する事ができます。(売りたい人と買いたい人のマッチング) コインチェックは販売所からの購入なので手数料が高いです。(コインチェックから購入の為) ビットトレードだと手数料が0.25~0.7%の範囲です。 コインチェックだと3%くらいはとられます。売り買いするとその倍です。 (※手数料は日々変動しますので目安としてください)

仮想通貨イーサリアム(ETH),ライトコイン(LTE)を指値注文で購入できる

[colwrap] [col2] [caption id="attachment_937" align="alignnone" width="576"]イーサリアムを取引所で購入できる。 イーサリアムを取引所で購入できる。[/caption] [/col2] [col2] [caption id="attachment_936" align="alignnone" width="576"]ライトコインを取引所で購入できる。 ライトコインを取引所で購入できる。[/caption] [/col2] [/colwrap] ビットトレードではイーサリアム、ライトコインを取引所にてbtc建てで指値注文する事ができます。 日本国内ではコインチェック,ビットフライヤーにてイーサリアム、ライトコインを購入することもできますが販売所からの購入となります。 一般的に取引所でも指値注文のほうが安くで購入する事ができます。(売りたい人と買いたい人のマッチング) コインチェックは販売所からの購入なので手数料が高いです。(コインチェックから購入の為) ビットトレードだと手数料が0.25~0.7%の範囲です。 コインチェック・ビットフライヤーだと3%くらいはとられます。売り買いするとその倍です。 (※手数料は日々変動しますので目安としてください)

ビットトレード(BitTrade)のデメリットは?

bittraddemerit 口コミや評判でささやかれているビットトレードのデメリットをお伝えします!

取り扱い仮想通貨が少ない

現在ビットトレードではビットコインを含め6つの銘柄の取り扱いがされております! Bitcoin(ビットコイン),Ethereum(イーサリアム),xrp(リップル),mona(モナコイン),litecoin(ライトコイン),Bitcoincash(ビットコインキャッシュ)の6銘柄です。
bit bitcoin(ビットコイン)
仮想通貨の代表格のビットコインです。 時価総額NO.1
ether Ethereum(イーサリアム)
スマートコントラクト代表格の仮想通貨。 時価総額NO.2
xrp Ripple(リップル)
金融プラットフォーム
z mona(モナコイン)
2ch発の純国産の仮想通貨モナーコイン。
z litecoin(ライトコイン)
ビットコインを金とするならライトコインは銀。
z BCH(ビットコインキャッシュ)
Jihan Wu氏主導によるアルトコイン。
Bitcoin(ビットコイン),Ethereum(イーサリアム),xrp(リップル),mona(モナコイン),litecoin(ライトコイン),Bitcoincash(ビットコインキャッシュ)このうちのどれかが購入目的であれば問題ないとおもいます。

専用アプリがない点

bitbankcc ビットトレードには専用のアプリがありません。スマホでアクセスして都度アイパスを入力しないといけません。 (ビットトレードさん早くアプリつくってください)

ビットトレード(BitTrade)の口コミと評判

https://twitter.com/YBFG65F8AIrwvhh/status/960904272224272384 https://twitter.com/baibaidamashii2/status/960127122068062209

ビットトレード(BitTrade)は

bittrade ビットトレードリップルやイーサリアムを少しでも安くで購入したい人にピッタリの取引所です。 コインチェックやビットフライヤーでも購入することはできますが、指値注文で買えず手数料が高いです。 すでに他の取引所でリップルやイーサリアムを購入済みの方でもビットバンクで口座開設を行い、ビットトレードに送金してから売却すれば 高い手数料を取らずに売却する事も可能です。 登録は無料で、簡単にアカウントも作成できちゃいます。 「とりあえず始めてみたい」「どんなものか見てみたい」という方にもオススメです。 [btn class="rich_pink"]ビットトレード公式サイト[/btn] [kanren postid="3327"] [kanren postid="2123"]

【評価】ビットトレード(BitTrade)は怪しい?評判と口コミを徹底調査ビットコインマニアックスで公開された投稿です。

GMOコインの評判と比較は?口コミや登録方法、手数料などを解説!

GMOインターネットの子会社GMOコイン株式会社が仮想通貨ビットコインの購入や売買ができるGMOコインを2017年5月31日から正式サービスを開始しました。

GMOコインはビットコインの購入だけではなく、レバレッジを効かせた仮想通貨FXも提供しています。
今回はGMOコインの評判や登録方法、手数料などを紹介していきます!

また、おトクなキャンペーン情報などもあるので、この機会に登録をおすすめします!

GMOコインの運営会社


GMOコインは日本を代表するGMOインターネットグループ子会社で、2016年10月11日に「GMO Wallet株式会社」として設立されました。
【GMOコイン株式会社の会社概要】

会社名 GMOコイン株式会社(GMO Wallet株式会社)
設立 2016年10月11日
所在地 東京都渋谷区桜丘町12番10号
代表者 若松 剛史

※2017年8月9日に「Z.comコイン byGMO」から「GMOコイン」へリニューアルしました。

GMOコインの取扱通貨

現在の取扱通貨は

・ビットコイン

・イーサリアム

・ビットコインキャッシュ

・ライトコイン

・リップル

販売開始予定

9月下旬 イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)

10月 ライトコイン(LTC)

11月 リップル(XRP)

12月イーサリアムクラシック(ETC)

GMOコインのメリット

24時間取引

GMOコインは24時間・365日、土日祝日でも取引が可能です!(メンテナンス時を除く)

即時入金、出金が無料

GMOコインはビットコインを購入する際にかかる手数料をGMOコインが負担してくれます。
いつでも手数料を気にせずに購入や出金ができるので利用者に優しい取引所ですね。
・日本円即時入金 無料
・日本円出金 無料
・ビットコイン引き出し 無料

申込みから取引が最短1日

GMOコインは口座開設申込から当日〜1営業日以内に審査を実施し、審査完了の翌営業日には書類が発送されるため、最短で申込みの翌営業日から取引が可能になります。

GMOコインのデメリット

取り扱っている通貨の種類が少なかったのですが、徐々に増えてきており、現在は主要な通貨の取引が可能となっています。

GMOコインで仮想通貨FX

仮想通貨FXは、数十円の証拠金から取引が開始できるビットコインの店頭証拠金取引サービスです。
FX(店頭外国為替証拠金取引)と同じように、状況に合わせてレバレッジを効かせた取引が可能になっています。

少額取引

最低0.001BTCから発注可能、数十円から取引できます!

2wayプライス

注文価格は「Bid/Ask」の2way表示で分かりやすく透明性が高くなっています。

取引手数料無料

新規注文(買建・売建)、決済注文、およびロスカットはすべて無料になっています!

GMOコインの口コミ

マイニング事業のICOを実施?

2017年10月24日、GMOインターネット株式会社がビットコインマイニング事業において計画している「次世代マイニングボード」の外部販売に向けたトークンセール(ICO)の実施を検討していると発表しました。

GMOがICOを検討!「次世代マイニングボード」トークンセールの参加方法は?

2017.10.25

GMOコインの登録方法

現在、GMOコインではビットコイン20,000Satoshiプレゼントキャンペーンを行っています!
口座開設完了でビットコインが貰えるお得なキャンペーンなので、口座を開設していない方は登録をオススメします!

下記の公式サイトからメールアドレスを入力すれば仮申請が完了します!
最短で翌営業日から取引が可能なので、すぐに仮想通貨を購入することも可能です。

仮想通貨初心者が登録すべき3つのおすすめ取引所を比較!手数料や評判・口コミは?

2018.02.20

GMOコインの評判と比較は?口コミや登録方法、手数料などを解説!仮想通貨比較ちゃんねるで公開された投稿です。

コインチェックの日本円出金が2月13日から再開!!

取引所コインチェックから580億円相当の仮想通貨「NEM」が流出した問題で日本円の出金が停止されていたが、13日に再開される方針を固めたようです。

コインチェック流出問題


国内大手の取引所「コインチェック」が1月26日に外部からの不正なアクセスで580億円相当のNEMが流出。
これを受けてコインチェックは顧客から預かっている日本円や仮想通貨の引き出し、売買を停止し、安全確認を進めてきました。

日本円出金が再開


コインチェックの利用者は流出問題が起きてから預けていた日本円や仮想通貨が出金できなくなる状態が続いていましたが、
日本円の引き出しについて、システムの安全が確保できたとして、2月13日に再開する方針を固めました。

しかし、その一方で仮想通貨の引き出しや売買についてはまだ時間がかかるとして、再開の目処はたっていません。
また、被害者への保証時期も未定となっています。

Twitterでの反応

https://twitter.com/yuna_coin/status/961414657566171136

国内でオススメの取引所

GMOコインはネット企業大手「GMOインターネットグループ」の子会社「GMOコイン株式会社」が運営する仮想通貨販売所。
GMOインターネットグループで培われた金融サービスのノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制で安心して仮想通貨の売買が可能です。
また、金融庁から仮想通貨交換業者として認可されていて、国から認められた販売所となっています。
仮想通貨取引が初めての人にうってつけの販売所となっています。

ザイフは2014年に設立され、堀江貴文氏(ホリエモン)が技術アドバイザーを務めていたことで有名です。
取り扱っている通貨はビットコイン(BTC)やネム(NEM)に加え、モナコイン(MONA)やぺぺキャッシュ(PEPECHASH)、ザイフトークン(Zaif)など他では取り扱っていない通貨が目立ちます。

コインチェックの日本円出金が2月13日から再開!!仮想通貨比較ちゃんねるで公開された投稿です。