おすすめ

No tags for this post.

仮想通貨取引所を徹底比較!お得な5社をランキングで紹介

仮想通貨取引所を選びたいけど、どこを選べば良いかわからない… できるだけお得な仮想通貨取引所を選びたい… 仮想通貨初心者の場合、まず最初に迷うのが取引所選びではないでしょうか? 2018年11月現 ... No tags for this post.

NEMの取引におすすめな仮想通貨取引所TOP3!迷わない取引所選び

国内で根強い人気を誇る仮想通貨NEM(ネム)。 2018年1月にコインチェックのネム流出事件が起こったことでネガティブなイメージが付いてしまいましたが、 ネムの技術を利用した選挙の投票システムの開発や医薬品の購入管理など ... No tags for this post.

仮想通貨FXといえばここ!間違いない国内取引所おすすめ3選

2017年より仮想通貨に関する情報がニュースやメディアで取り上げられるようになり、日本でも多くの人たちが仮想通貨に関心を向けていますね! 仮想通貨FXを始めたい! でもどうしたらいいのか分からない! とお悩みの方はいらっ ... No tags for this post.

2018年に注目すべきアルトコインは?おすすめの取引所も紹介!

仮想通貨と言えばビットコインが有名ですが、そのほかにも1,600種類以上のアルトコインと呼ばれる仮想通貨が存在しています。 アルトコインの中には将来性があり急成長を遂げているものがあり、今後投資対象として注目される通貨が ... No tags for this post.

仮想通貨おすすめランキング!2018年最新版

「仮想通貨で投資を始めてみたいけど、どのコインが良いの?」 これから仮想通貨の取引を始める方がまず悩むのが銘柄を選ぶということです。 ビットコインの知名度が圧倒的に高く選ばれがちなのですが、アルトコインの方が将来性などか ... No tags for this post.

仮想通貨のおすすめ便利アプリまとめ!使い方を徹底解説

仮想通貨の売買をしていると、仮想通貨を管理したり、チャートを確認するのが大変です。 いちいちパソコンを開かないといけなくて面倒と思っているあなたに朗報です! 今はスマホで使える仮想通貨に関するアプリが充実しています。 そ ... No tags for this post.

確定申告の納税の影響で3月末には上昇トレンドになるかも?!

3月末は4月の納税に向け、利確が多くなると言われています。
その理由を2017年と比較してご紹介します!

確定申告の納税で価格が上がる?


仮想通貨の規制関係で下落が続いていましたが、4月に近づき徐々に価格が上昇し始めました。
その要因は確定申告の納税が4月の中旬にあるため、ある程度価格が上がったところで利確しようとしている人が多いからだと言われています。
2017年の3月末は、ビットコインの価格が上がり始め、リップルやイーサリアムが高騰し、6月まで上昇しました。
そのため、2017年と同様に3月末の価格の上昇には注目です。

コインチェックの出金制限が解除される?


価格上昇の要因の一つにコインチェックの出金制限解除も考えられています。
納税が4月の中旬までなので、それまでに出金制限を解除しなければ仮想通貨の利益で納税しようとしている人が辛い状況になってしまいます。
なので、それまでにはコインチェックも出金制限を解除するのではないかと考えられています。

仮想通貨取引には安全な取引所を


2018年はコインチェックの事件もあり、波乱の幕開けとなった仮想通貨ですが、問題は仮想通貨ではなくコインチェックのセキュリティでした。
価格が上昇すると言われている3月末に安全に取引するためには信頼のできる取引所の利用をオススメします。

GMOコインは仮想通貨の売買だけではなく、仮想通貨FXのサービスも提供しています。

また、金融庁への登録や仮想通貨団体への加入など、信頼できる点もおすすめです。

GMOインターネットグループが運営しているため、金融サービスのノウハウとセキュリティがしっかりしていて、安心できます。
仮想通貨取引が初めての人にうってつけの販売所となっています。

GMOコインの評判と比較は?口コミや登録方法、手数料などを解説!

2018.02.13

確定申告の納税の影響で3月末には上昇トレンドになるかも?!仮想通貨比較ちゃんねるで公開された投稿です。

【速報】コインチェックの記者会見の内容まとめ

3月8日(木)16時から行われたコインチェックの記者会見の内容をまとめてみました。

NEMが流出した経緯

悪意ある外部の攻撃者から送信されたフィッシングメールにより、コインチェック従業員のPCがマルウェアに感染、そこからコインチェックのネットワークに侵入され、NEMが盗まれる事態に至った。

感染した端末は会社支給のPCだった模様。

お客様窓口の拡充

本事案専門の対応を行う人員を増やして対応。
補償専用ダイヤルを設置。

NEMの保証について

不正に送金されたNEMを保有していた方に対する保証は来週中を目処に実施予定。
返金は日本円となる模様。

一部サービスの再開について

来週中を目処に再開にあたっての技術的な安全性等の確認が完了した仮想通貨から順次、一部サービスを再開。

コインチェックの事業継続について

今後も一時停止中のサービスの再開に向けて全力を挙げて取り組むとともに、金融庁への仮想通貨交換業者の登録に向けた取り組みも継続し、事業を継続。

経営体制について

和田社長の辞任も含めて検討。

Twitter

仮想通貨取引には安全な取引所を

GMOコインは金融庁への登録や仮想通貨団体への加入など、信頼できる点がおすすめです。仮想通貨の売買だけではなく、仮想通貨FXのサービスも提供しています。

GMOインターネットグループが運営しているため、金融サービスのノウハウとセキュリティがしっかりしていて、安心できます。
仮想通貨取引が初めての人にうってつけの販売所となっています。

金融庁の規制が厳しくなった今、取引所を選ぶ基準は安全性。

2018.03.07

【速報】コインチェックの記者会見の内容まとめ仮想通貨比較ちゃんねるで公開された投稿です。

No tags for this post.

仮想通貨の規制は国際基準に?G20で議題となる仮想通貨の消費者保護問題。

団体統合
3月19〜20日にかけ開催される20カ国地域財務相・中央銀行総裁会議「G20」で、仮想通貨の規制案が議題となることがニュースになっています。 これはよいことなのでしょうか。それも悪いことなのでしょうか。 「G20」で仮想通貨の取り扱いに関する国際的な規制が設けられた場合について考えてみましょう。

仮想通貨は便利が故に悪用されると問題

仮想通貨は信頼する第三者を必要としない(トラストレス)ことや、国を超えた送金が容易であること、そしてそれらを匿名で行うことができることなどから、犯罪に利用されると非常に危険です。 革新的な技術であるが故にこのような問題は常に付き纏います。 その為、3月に実施されるG20では、仮想通貨やブロックチェーンなどの技術がルールに基づいてよいことだけに利用されるための規制を作ることを検討することになっています。 今の時点でわかっていることとしては、
  • 風説の流布
  • 空売り
などを禁止した方がよいのでは?という意見が出ています。

国際的な規制は仮想通貨の取引を安全にする

ssl-certificate 「G20」で仮想通貨の交換業者やブロックチチェーン技術の取り扱い業者について規制が設けられると、一般利用者は今までより安心して仮想通貨に関わることができます。 これまで、ルールが設けられていなかった業界だからこそ起きてしまったトラブルや事件が、規制が作られることによって未然に防げるようになるからです。 取引所のコインチェックで起きたハッキング事件も、元を正すと顧客資産を預かる立場の取引業者に対するセキュリティー管理のルールがなかったために起きてしまったことです。これについても、事件後は金融庁や仮想通貨団体が動いて早急に顧客資産保護のためのルールづくりを行なっています。 [kanren postid="3505"] 今回のG20で仮想通貨の取引業者に関する国際基準のルールができれば、今までよりも安全に取引所を利用できるようになると考えられます。

金融大手の運営するGMOコイン

仮想通貨を買う、売る、などの際に利用する「取引所」の選定基準が少し変わって来います。 これまで、「便利さ」「対応の速さ」だけが基準になりがちでしたが、今後セキュリティ面での監視が厳しくなり、「いかに利用者の安全が担保されるか」という観点が重要になって来ます。 現在のところ、仮想通貨の知識が少ない初心者でも安心して利用できる取引所は、金融業界としての実績の長い「GMOコイン」です。 GMOコインはネット企業大手「GMOインターネットグループ」の子会社「GMOコイン株式会社」が運営する仮想通貨販売所。 GMOインターネットグループで培われた金融サービスのノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制で安心して仮想通貨の売買が可能です。 また、金融庁から仮想通貨交換業者として認可されていて、国から認められた販売所となっています。 GMOコインで購入できる通貨はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルとなっており、主要な通貨の購入ができます。 GMOコインは仮想通貨の売買だけではなく、仮想通貨FXのサービスも提供しています。 24時間365日取引が可能で、最低0.01BTCから取引が可能です。 GMOインターネットグループが運営しているため、金融サービスのノウハウとセキュリティがしっかりしていて、安心できます。 仮想通貨取引が初めての人にうってつけの販売所となっています。 [btn class="rich_pink"]GMOコイン公式サイト[/btn] [kanren postid="2826"] [kanren postid="2123"] [kanren postid="1960"] [kanren postid="1853"]

仮想通貨の規制は国際基準に?G20で議題となる仮想通貨の消費者保護問題。ビットコインマニアックスで公開された投稿です。

【評価】クールウォレット(CoolWalletS)は安心安全?評判と口コミを徹底調査

安心できるの?
コールドウォレットの代表格クールウォレット(CoolWalletS)の評判や口コミなどのユーザーレビューが本当なのか徹底調査してクールウォレットのメリット、デメリットを解説します。

クールウォレット(CoolWalletS)とは?

DSCF3509 クールウォレット(CoolWalletS)はCoolBitX社が生産する人気のあるカードサイズのコールドウォレットです。 コールドウォレットは他にTREZOR(トレザー)やLedger Nano(レジャーナノ)などがあります。 他製品に比べ、クールウォレット(CoolWalletS)は防水で薄くて軽い特長を持ち、またBluetooth機能によるiOSおよびAndroidへの接続が可能なデバイスです。 コインチェックの仮想通貨盗難(ハッキング)事件を受け、仮想通貨を保全するクールウォレット(CoolWalletS)は大きな注目を集めています。

クールウォレット(CoolWalletS)のメーカーは?

CoolBitX gold logo
会社名 CoolBitX Ltd.
資本金 非公表
会社情報 CEO&Founder MICHAEL OU 本社所在地 FutureWardB1F 長春路No.343 松山区台北105 台湾
設立年月日 2014年
CoolBitXは、米国特許取得済みのデジタルアセットハードウェアを製造し、何百万人ものユーザーにスマートな契約プラットフォームを開発する専門のFinTech台湾企業です。 マイニングマシン世界シェアNO.1であるBitmain社の支援も受けています。

SBIホールディングスも出資

sbi
 当社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:北尾 吉孝)は、このたび台湾で仮想通貨のコールドウォレット事業を展開するCoolBitX Ltd.(所在地:台湾、以下「CoolBitX社」)へ出資いたしましたので、お知らせいたします。この出資によるSBIグループのCoolBitX社への出資比率は40%になります。
ニュースソース SBIグループでは投資家の多様なニーズに応えるべく、仮想通貨取引所などの仮想通貨関連事業によって構成される仮想通貨生態系を構築してまいりました。また、仮想通貨生態系の各事業においては、顧客資産の保全を第一と捉え、社内での徹底したリスク管理に加え、外部企業の先進的技術の取り込みによるセキュリティ高度化を模索してきました。今後はCoolBitX社の技術活用を検討しつつ、一層のセキュリティ高度化を目指します。 SBIホールディングスが認めたセキュリティー技術があるCoolBitX社

クールウォレット(CoolWalletS)のメリットは?

13 口コミや評判でささやかれているクールウォレットにしかないメリットをお伝えします!

製品の評価保証レベル(EAL)が5₊で安心安全

eal このクールウォレットは1~7まで段階ある「評価保証レベル」(EAL)のうち、上位のEAL5プラスという国際的な情報セキュリティ評価基準(ISO15408)の認定を受けている製品です。 EAL5以上は軍需用や、政府最高機密機関向けに使われるほど安全性が高いものになります。 クールウォレットで世界最高峰のセキュリティーレベルを確保する事ができます。

カードサイズでスマートに持ち運び出来る

cw2 クレジットカードのサイズなので名刺入れや定期入れに入れて持ち運ぶ事ができます。 レジャーナノやトレザーのようなUSBメモリのような形ではないのでかさばりません。 洗練されたデザインでスタイリッシュです。

ウォレットの耐久性(防水防塵機能)

wp3 クールウォレットの機能の1つに「防水防塵機能」があります。 クールウォレットは「IP67」というレベルで「iPhone 7、7Plus」と同等の耐久性となります。 この、IP67とはIEC規格のことで防水と防塵の性能レベルを表しています。 IP67の「6」は防塵レベルで粉塵が本体内部に侵入しないことを意味しており、IP67の「7」は防水レベルで水中への浸漬に対する強さの中から、水深1メートルに30分浸かっても水が内部に侵入しない性能を表しています。

スマホアプリで利用できる(PC不要)

cw4 クールウォレットの専用アプリをダウンロードする事で、ウォレット機能をスマホでも利用する事ができます。 ledgernano(レジャーナノ)やtrezor(トレザー)のハードウェアウォレットはPC接続が必要でしたが、クールウォレットはスマホで完結する事ができます。Bluetooth機能でワイヤレス同期する事ができます。 ※PCとの接続機能はありません。 itunes-app-store-logo2 android_store1

Bluetoothで同期する事ができる

cw7 ハードウェアウォレット初のBluetooth機能搭載。 ある程度の仮想通貨をクールウォレットにチャージ(入金)しておき、使用したいシーンだけアクティベート(bluetooth同期)して使う事ができます。

様々な通貨に対応している(今後増えていく)

currency 現在、Bitcoin(BTC)、Litecoin(LTC)、Ethereum(ETH)、Ripple(XRP)に対応しており、 近日中(2018 Q2)にBitcoin Cash (BCH)、ERC20トークン(top100種類)のアップデート対応を予定しております。

クールウォレット(CoolWalletS)のデメリットは?

12 口コミや評判でささやかれているクールウォレット(CoolWalletS)のデメリットをお伝えします!

PCと接続する事ができない

cw8 PC接続機能がなく、専用アプリをダウンロードしてスマホ利用がメインとなります。 どうしてもPCで使いたい人以外は、スマホでもPC同様の操作性が担保されているので特に問題はありません。 [aside type="normal"]参考:スマホアプリインターフェイス[/aside] cw9

クールウォレット(CoolWalletS)の口コミと評判

https://twitter.com/yoshitaka_kitao/status/969448336817242112 https://twitter.com/DEG_2020/status/971247333282336768

クールウォレット(CoolWalletS)はあらゆるシーンにオススメ!

DSCF3526 コインチェックのハッキング事件により、仮想通貨の自己管理が今大変注目を受けています。 取引しない仮想通貨は取引所に置きっぱなしにせずに、各自がハードウォレットで保管しておくことをオススメします。 また、クールウォレット(CoolWalletS)は持ち運びにも便利なので、普段使いの形でスイカやPASMOのような使い方も可能ですね。 仮想通貨支払いのサービスのお店にいく際に、必要金額のみチャージ(送金)して利用する事もできます。 理想は、保管用普段持ち歩き用の2枚使いが便利だとおもいます。 スマホアプリ連携ができ、ワイヤレス同期(bluetooth)、カードサイズ(コンパクト)で持ち運びに便利なので 各自の利用シーンに合わせて様々な使い方ができるのがクールウォレット(CoolWalletS)の魅力です。 数量が限られてますのでお早目にお買い求めください。 [btn class="rich_pink"]公式SHOPはこちら[/btn]

【評価】クールウォレット(CoolWalletS)は安心安全?評判と口コミを徹底調査ビットコインマニアックスで公開された投稿です。