アフリカ

No tags for this post.

アフリカで仮想通貨市場が急速に拡大しているその要因とは何か?

要点

・アフリカで仮想通貨市場が現座時、急速に拡大し続けています。
・市場に影響力を持つ人物もアフリカ市場に注目している

 

アフリカの仮想通貨市場が急速に拡大!?

 

仮想通貨関連企業のLuno(ルノ)社が、未発達な金融事情、経済と人口統計、インフラの未発達さなどにより、アフリカは今後数年以内に仮想通貨市場が急成長する地であるとの報告書を公表しました。

 

報告書は仮想通貨の分析を手掛けるArcane Research(アランスリサーチ)社とLuno社との共同研究により発表されたもので、報告書の内容によると…

アフリカは、仮想通貨の採用にとって最も有望な地域ではなく、全体的に採用は比較的低い。
しかし、可能性は非常に大きく、成長は急速であり、今後、仮想通貨業界の発展は明確になるとまとめています。


(画像引用先 The State of Crypto: Africa)

 

アフリカは多様性に富んでいるものの、いくつかの主要な類似点と傾向を共有しており、高いインフレ率や不安定な通貨から金融問題などの経済問題が課題となっています。
それらのことから、資本管理と銀行インフラの欠如は、仮想通貨が理想的な解決策になるだろうとしています。

 

実際の使用例として、世界銀行が昨年、外国人駐在員は約480億ドルをサハラ以南アフリカの家族に送金しているという調査結果を公表しました。

しかし、これらの送金は既存送金サービスの場合、高い手数料がネックとなっており、既存の送金方法を避けてステーブルコインとDeFi(分散型ファイナンス)が多くの問題を克服している現状があります。

 

ジャック・ドーシー氏もアフリカ市場に注目

ビットコイン・カルチャーの象徴であり、仮想通貨市場に大きな影響力を持つといわれているアメリカの起業家でTwitterの共同創業者でもあるJack Patrick Dorsey (ジャック・ドーシー)氏は

https://platform.twitter.com/widgets.js

(日本語訳)
大陸を離れることは悲しい…今のところ。アフリカは未来を定義します(特にビットコインの未来!)。まだどこ住むかかわかりませんが、2020年の半ばに3〜6か月間ここに住んでいます。

とツイート。
※ この後、ドーシー氏はCEOという立場であるにも関わらず、アフリカへ移住したいという考えを公表した事などが要因となり、Twitter社からの更迭要求をされており、今年3月にCEO続投が決定したものの、アフリカへの移住は取りやめになったと報じられています。

 

この発言からも分かるように、仮想通貨市場に影響を与える一人と言われているドーシー氏がアフリカの仮想通貨市場での市場の急速な拡大に目を向けていることは間違いありません。

 

現時点ではまだまだ未発達市場

 

アフリカの仮想通貨市場は、世界的と比較するとまだまだ未発達で、その割合はビットコインノード、イーサリアムノード両者ともにわずか0.2%と報告書の中で明かしています。


(画像引用先 The State of Crypto: Africa)

 

現在はビジネス関連での使用に限定されているとされているものの、アフリカにおいてP2P取引は活発化しており、世界全体の14%を占めています。

 

ケニアや南アフリカでもP2P取引は活発化しており、LocalBitcoinsとPaxfulの両プラットフォームだけで週に1,000万ドル強の取扱いがあります。

アフリカの概要:暗号通貨の所有権(16〜64歳のインターネットユーザーの割合)

(画像引用先 The State of Crypto: Africa)

 

過去20年間、アフリカ諸国の大半が高いインフレに悩まされており、富と購買力を市民から奪ってきました。

アフリカ全体のインフレ率は歴史的に世界平均よりはるかに高く、ジンバブエのハイパーインフレなど、アフリカのインフレ率は高く慢性的で、インフレの影響を反映して多くの国で法定通貨は下落しやすく不安定でもろい価値が続いています。

 

これまでも安価な電気代を求めてさまざまな国へマイニング企業が移転を余儀なくされてきましたが、仮想通貨の本拠地も活路を求めてアフリカに集中し、いつしか仮想通貨の本場がアフリカと言われる日がくるのかもしれません。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ナイジェリア人、当局警告するも週に400万ドルのBitcoinを取引

ナイジェリア人は、規制当局からの暗号通貨取引に対する複数回警告を受けたにもかかわらず、13の地域の取引所において週に400万ドル相当のビットコインの取引を行なっています。
これを受けて専門家は政府に対し、「イノベーションを促す姿勢」という立場を再考し、バランスのとれた適切な規制を採用するよう求めており、アナリストたちは当局は規制をする前に、暗号通貨の仕組みを理解しなければならないを述べています。


ナイジェリア人に警告するも効果なし

ナイジェリアの規制当局と議員は暗号通貨に対して懸念を抱いています。 最近では、上院が命じたビットコインに関する調査で明らかになったほか、他の機関からも複数の警告がありました。昨年ナイジェリア中央銀行は、暗号通貨は法定通貨とは異なるもので、暗号通貨の取引は自己責任であると述べ、ナイジェリアの預金保険公社も、ナイジェリア人に対し暗号通貨に関する取引は消費者保護法の対象にはならないと警告しています。

しかしながら、最新の取引データが示すようにこれらの警告では彼らの心は変わりませんでした。
ナイジェリア人は、12月末に週平均で12億9000万ドル(約360万米ドル)を計上した後、2月では1週間に最大3億9,800万ドル相当のビットコイン(> 380万ドル)を投資しており、ビットコインの価値は昨年から減少していますがナイジェリア人の仮想通貨に対する関心は衰えを知りません。

現在、ナイジェリアでは13箇所で暗号通貨の取引が行われていて、毎週12月中旬にビットコインの取引総額がナイジェリア通貨で約19億5000万ナイラ(現在の為替レートでは540万ドル)と過去最高を記録したとBitcoin.comが報じました。

イノベーションファースト、その後規制

Cymantiks Nigeriaのソフトウェア開発者およびチーフアーキテクトのEmeka Okoye氏によると、ナイジェリア人は他の暗号化通信にも投資しており、合計で470万ドルに達しているといいます。同氏は、政府機関に対して規制へのアプローチを再考し、「スマートな規制」を採択するように求めました。専門家は、批判はさらに投機を促し、犯罪者による暗号通貨の使用に拍車をかけるだろうと述べました。

当局が暗号通貨を規制すれば、彼らは技術的ツールを違法なものにするだろう、とアナリストは説明しました。Okoye氏は「無法者はこれらの違法なツールを使用するに対して当局は制御できなくなります。これまでの結果を活かさなければなりません」と警告し、規制当局は禁止を適用する前に状況を適切に理解する必要があると述べました。

「彼らは暗号通貨がどのような仕組みかを理解していますか?私はナイジェリアでない場所に暗号通貨取引所を構築することができますが、当局はそれを規制することはできません。外国人のカードを持っていれば、彼らは私が何をしていても規制できないでしょう?」と専門家は指摘しました。

Okeke Emekaは、暗号通貨が完全に法定通貨を置き換えるのではありませんが、暗号通貨によってより便利に、素早くお金を移動させるなど、現金のデメリットを補完することにつながります。彼の意見では、当局による見解の傾向は、暗号通貨の本来の価値から逸れた解釈になっているといいます。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。
https://news.bitcoin.com/nigerians-trade-4-million-in-bitcoin-weekly-despite-warnings/

投稿 ナイジェリア人、当局警告するも週に400万ドルのBitcoinを取引COINNEWS に最初に表示されました。