アメリカ

No tags for this post.

Coinbaseがニューヨークに進出、100人以上の雇用を掲げ勢力拡大を目指す

アメリカのサンフランシスコを拠点とする大手仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)が、金融の聖地とも言えるニューヨークに進出し話題となっています。

新拠点ニューヨークで100人以上の雇用を計画する強気の戦略

アメリカの大手仮想通貨取引所であるCoinbaseは、機関投資家に向けて新たにオープンしたニューヨークオフィスの積極的な成長戦略について発表しました。

またその中で、今年の仮想通貨価格の低迷は機関投資家たちの需要を削ぐものではなく、現在約20人いる従業員を来年にかけて150人にまで増員するとしています。

またCoinbaseのゼネラルマネージャーであるアダム・ホワイトは以下のように述べています。

物事があまり盛り上がっていないときには、彼らはそれを機会としてみている
現地スタッフの多くはニューヨーク証券取引所やシティグループなどの伝統的な金融機関から雇われています。
ホワイト氏はその理由として、金融サービスとテクノロジーの橋渡しをするため、他企業でキャリアを築いた最高で輝かしい人材の引き抜きが必要だからとしています。

Coinbaseは現在アメリカだけでなく世界中で500人以上の従業員を抱えています。
今後はアジアやラテンアメリカに早急に進出していきたいとし、今年の夏には東京にも事務所を開設、金融庁の認定を申請して活発な動きを見せています。
18日(火)に発表された、LinkedInの分析チーフMichael Li(マイケル・リー)の雇い入れも話題になっています。

アダム・ホワイトはCoinbaseをアメリカ企業にこだわったものではないと発言しており、グローバル企業としての拡大を見据えていることをうかがわせました。

[aside]補足
Coinbaseとは
Airbnbのエンジニアだったブライアン・アームストロングとアメリカの巨大証券会社ゴールドマンサックスのトレーダー、フレッド・アーサムによって設立された世界最大級の仮想通貨取引所。
非上場のうちに企業評価額が10億ドル(約1,100億円)を超えたいわゆるユニコーン企業として有名です。 [/aside] 参考記事:coindesk [recommend-ex]No tags for this post.

米取引所Coinbase、裁判所命令で1万人以上の顧客情報を税務機関に供与へ

アメリカの人気取引所Coinbaseは、裁判所の命令で、1万人を越える顧客の名前や個人情報を、課税のために内国歳入庁(以下、IRS)に引き渡すことになりました。

CoinbaseがIRSの決定を通知

Andreas Antonopoulosさんは次のようにツイートしています。

「Coinbaseから今日連絡が来ました。裁判所命令を受けてIRSに暴露される1万3千人の中に、私も含まれているようです。自分が含まれるのは想定内です。ちなみに、ビットコインの所得、利益、損失についての申告と納税は済ませています。」

Coinbaseの利用者の方は、今一度メールを確認した方が良いかもしれません。

サンフランシスコに拠点を置くCoinbaseは23日、IRS寄りの裁判所命令に従い、1万3千人もの利用者に対し、納税者ID、氏名、生年月日、住所、そして一定金額以上の取引を行った顧客については、2013年〜2015年期間の取引記録の提供を求めました。

Coinbaseは2016年末からIRSと果敢に戦ってきました。Coinbaseはそれについて次のように述べています。

「(IRSは)50万人のお客様に関する様々な情報の開示をCoinbaseに求めてきました。Coinbaseは、お客様や仮想通貨産業を、政府による不法な介入から守るために争いました。」

納税義務を怠らない

この一連の裁判騒動で明らかになったのは、税に無関心だった仮想通貨利用者がこれだけいたということです。また、規制機関による仮想通貨の位置付けも非常に曖昧でした。議員が仮想通貨の価値を否定して軽んじた日々の連続でした。IRSはもっと大きな脱税者を追っている。そう思った方も決して少なくなかったはずです。

しかし、仮想通貨の高騰によって状況は一転しました。世界の片隅の小さなブームに、突如として巨額の資金が集まりだしたのです。やはりお金は圧倒的な説得力を持つのです。

Coinbaseは次のように述べています。

「長い裁判の結果、裁判所はCoinbaseの部分的な勝利を認めました。対象のお客様も1万3千人に抑え、提供する個人情報の種類も抑制しました。」

同じ事件で、VisaとWorldpayは、利用者のアカウントに重複取引が出現したことに関して説明を求められていました。こうした事件は利用者層に打撃を与えますが、Coinbase自体の問題ではありませんでした。同じことが税についても言えるかもしれませんが、Coinbaseが分散化やP2Pではなく集権化の道を選んだのは紛れもない事実です。

仮想通貨の納税申告や必要書類に関しては、誤った情報が多数見られます。しかし、Coinbaseなどの集権型取引所で公の取引を行った経験があり、アメリカ市民である方は特に、納税に注意しなくてはなりません。課税の是非の倫理は置いておくとして、裁判所や警察、そして牢獄がIRSに後ろ楯しています。仮想通貨の納税手続きについて、Googleやフォーラムで探してみてください。罰金や投獄を避けたいなら、税法を無視せよという声には耳を傾けない方が賢明でしょう。

 

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

投稿 米取引所Coinbase、裁判所命令で1万人以上の顧客情報を税務機関に供与へCOINNEWS に最初に表示されました。

離婚中における、仮想通貨の運用停止にたいして弁護士はどう思うのか?

昨今、多くの弁護士が離婚に伴う仮想通貨のオーナーシップへの対応に頭を悩ませています。仮想通貨の特徴である匿名性により、夫婦それぞれが相手の財産を自分のものにすることを期待しますが、それは結局難しいものです。
以下、離婚する際の財産として、仮想通貨がどのように扱われるのかを詳細に説明していきます。

弁護士は仮想通貨と離婚問題をどう解決するべきなのか?

さまざまな法律家が、仮想通貨のオーナーシップが離婚によって揺らいだ際の問題について議論をしています。仮想通貨の理念というのはオーナーの匿名性といったところにあり、それによって相手に知られることなく財産を貯めることが夫婦間によって可能になります。しかし、それが必ずしもお互いに幸せや成功をもたらすとは限らないのも確かなのです。

仮想通貨と離婚の複雑な関係

離婚問題を専門とする弁護士は、仮想通貨の利用から夫婦に起きる法的離別(いわゆる離婚)というものが増えていることを主張しています。その中で最も大きな問題の一つとしては、仮想通貨の特徴である匿名性を利用してしまうことで、夫婦の片方が相手の収入を隠せてしまうことが挙げられます。

イギリスのCollier Bristowにある、家族法の専門家のToby Yerburgh氏によると「元来の離婚において、夫婦はお互いにありもしないはずの相手の財産を受け取れることを期待します。しかし、仮想通貨では元来できなかったはずの財産を入手できてしまうのです。」と財産分担と仮想通貨の関連性を説いています。さらに彼は、仮想通貨が2017年から人気になるにつれて離婚に伴う上記の問題が発生したことを証明しています。

弁護士は仮想通貨をどう捉えるのか?

イギリス家族法の弁護士の一人であるVictoria Clarke氏は、「仮想通貨が物事を複雑にするのは、自分の配偶者がお金を管理しながらも、その収入を自分には悟られないよう隠してしまう時にあります。これまでは弁護士もビットコインについて必ずしも知識を入れておく必要性が低かったものの、今やこう言った問題を解決するには重要な情報となったのは事実なのです。」と、仮想通貨に対する知識の必要性と重要性について述べています。

アメリカ、大統領専属の離婚を専門に扱う弁護士であるPeter Walzer 氏は、さらに多くのアメリカ法律家が仮想通貨について学ぶことで、夫婦間の問題を解決する際の粘り強さが身につくことを主張しています。「私にアメリカ中の弁護士から仮想通貨を表す最適な言葉をどう当てはめればよいか、山のような連絡が来ていました。こう言ったところから、私たちは新しいものを学ばねばならんのです。」と話しております。

Jonathan Field氏は、仮想通貨というものはまさに私たちが模索しているものであることを話し、夫婦間における仮想通貨の開示をどの様に言い表して行くべきかを模索することを話しています。

仮想通貨のオーナーシップが証明されるまでの、不透明かつ長い道のりとは?

Jo Carr-West 氏 (UK-based law firm Hunters)は、仮想通貨によって以前にはない不信用性というものが作られ、それが人々の間における情報不足に伴い仮想通貨への不安をもたらしていると述べています。

彼がとりわけ警告しているのは、夫婦間で隠されている仮想通貨の収入が離婚の手続きを大幅に長引かせてしまうことであり、これを担う専門家は仮想通貨の貯蓄額を確かめることが必須となってくると述べています。しかしながら、仮想通貨がオフラインの状態でデジタルフットプリントを残すことは少ないため、隠れた貯蓄額をしっかり証明するができないと言われています。

法廷は絶望した、仮想通貨に関わる問題を解決する力を自分達が持っていないということに

Vandana Chitroda氏(a partner at Royds Withy King)は、バーチャル通貨市場の高騰に伴い、離婚手続き中の仮想通貨における価値を測ることの難しさを主張しています。

また、Chritroda氏はこの問題について「仮想通貨は普通の通貨のようにその投資や価値を推し量ることはできません。離婚手続きを踏むそれぞれの局面においてその都度仮想通貨の価値を確認し、最後にはそれを判断材料としなければなりません。」と実際の手続き中に伴う仮想通貨の価値変動と重要性を説いています。

上記のことにさらに彼女は意見を加えました。

「法廷はいままでになかった問題にぶち当たり、まだその問題を解決できるほどの十分な問題をもっていません。これを解決して行くためには、当事者たちが法廷に電子メールによって手紙を送れるように、法廷の人間が仮想通貨に対する策を練らなければならないのです。大きな挑戦にはなりますが、これは必ず、私たちが理解し立ち向かわねばならないものなのです。」と。

仮想通貨がまさか離婚の手続きのかせになるなんて、新しいものが導入されると変わった問題も浮上してくるものですね。

以下、参照先のサイトです。(原文英語)

【Bitcoin.com】Lawyers Discuss Challenges Posted by Cryptocurrencies During Divorce

投稿 離婚中における、仮想通貨の運用停止にたいして弁護士はどう思うのか?COINNEWS に最初に表示されました。

NASDAQ上場の自称ブロックチェーン企業に鉄槌

企業名に「ブロックチェーン」という言葉を追加することには株価を押し上げる効果があり、上場企業にはメリットがあると言えます。しかしこのテクニックは規制機関の目に留まっています。NASDAQに上場している2つの企業は、まさにこの問題の渦中にあります。

Riot Blockchainの集団訴訟

Riot Blockchain, Inc(以下Riot)に対しては、フロリダ州南部地区で裁判が起こされています。会社、その経営陣、そして大株主の一人が、アメリカの1934年証券取引取引法に違反した疑いがかけられています。

Riotは、元々Bioptix, Inc.という名称のバイオテクノロジー企業で、事業は獣医医療器具の開発に特化していました。Bioptix, Inc.は昨年10月4日、会社名をRiotに変更し、事業の重心をブロックチェーン技術への投資に切り換えると発表しました。

今回の訴えは、被告の虚偽の主張により、Riotの証券価格が人為的に操作されたとしています。Riotは、虚偽ないし誤解を招く主張を行い、自社の事業や経営状態についての不利な重要情報を公表しなかったとしています。

具体的には、目立ったブロックチェーン事業を展開していないにも関わらず、拡大する仮想通貨人気に便乗し、投資を誘引しようとRiotに社名変更を行い、価格上昇後に株式を売却した大株主Barry Honig氏や関係者らによるインサイダー取引を助長したとされています。

さらに、Honig氏を含む投資家らがRiotの営業を実効支配しており、会社やCEOに無制限で影響を及ぼしていたとされています。

Long Blockchain、NASDAQから見放される

Long Blockchain CorpはNASDAQから、同社の証券の上場を取り消すと通告されました。アメリカの証券取引委員会SECの書類によれば、 NASDAQは以前もLong Blockchainの上場株式を取り消そうとしていたようです。

去年6月の時点では会社はLong Island Iced Teaという名称で、社名変更の翌日に株価が432%上昇したことで有名になりました。

この決定についてLong BlockchainはNASDAQに抗議することができますが、仮にその抗議が通ったとしても、Long Blockchainは今年4月April 9日までにコンプライアンスを回復しなくてはなりません。

その条件とは、上場株式の市場価格が10営業日連続で3500万ドルを上回ることです。この期限までにLong Blockchainがコンプライアンスを回復できなければ、会社の株式は市場から取り除かれることになります。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

投稿 NASDAQ上場の自称ブロックチェーン企業に鉄槌COINNEWS に最初に表示されました。

米国海軍士官学校のビットコイン麻薬組織、米海軍調査官により逮捕

ビットコインを用いた犯罪目的のWeb(以下ダークウェブ)上での不正取引は減っているという最近の主張に反して、ビットコインは未だ多くの不正取引手段として存在していると調査結果は報告しています。

最近の例としては米海軍のものが挙げられます。

少数の海軍士官学校生徒がビットコインを使って麻薬を購入し、同級生に配布して利益を得ていたと伝えられています。

以下で、詳細をわかりやすく解説していきます。


4500人全ての海軍士官学校生徒に抜き打ち薬物検査

メリーランド州アナポリスにある米海軍士官学校にて、米海軍調査官は10から20の被疑者を擁する麻薬組織の存在を暴きました。

3名の海軍士官学校生徒がコカイン、ケタミン、LSDをビットコインを用いてダークウェブ上で購入し、同級生に販売したとして起訴されています。

海軍士官学校生徒が基地における麻薬取引の存在を当局に報告した約3ヶ月前より捜査は開始されたと報道されています。

海軍幹部は、2018年2月21日水曜日の明け方4500人全ての海軍士官学校生徒に抜き打ち薬物検査を実施し、連邦麻薬取締局の麻薬探知犬が被疑者一人の部屋からコカインを検知しました。

コカイン所持の疑いのある海軍士官学校生徒は当時競技の練習をしており、幾度か逃亡を試みましたが逮捕され、現在取り調べを受けています。

Fox Newsに対して米海軍士官学校報道官であるDavid Mckinney中佐は、

「海軍士官学校内における薬物使用の報告を受けて、アナポリスにて海軍士官学校と海軍犯罪捜査局は命令に基づいた捜査を開始した。捜査はまだ解決に至っておらず、我々は海軍犯罪捜査局と協力して引き続き捜査を行っている。海軍は薬物乱用を一切認める事なく、報告に偽りがあった場合には厳正に対処する。」

と述べました。

深いウェブ階層へダイブ

ダークウェブ市場は薬物以外にも様々な商品を取り扱っています。

最近の調査は海賊版ソフトウェア、未発売の映画、NetflixとiTunesの盗まれたアカウント、盗まれたギフトカード、クレジットカードの情報、パスポート、死亡者の社会保障番号が取り扱われているのを見つけました。

ビットコインがどのように取り扱われているのかは、Silk RoadおよびUS vs. Ross Ulbricht sagaを参照してください。

ほとんどの国で薬物は違法であるものの、幻覚性のある医薬品は、特に兵士や退役軍人にとって治療のポテンシャルを秘めていることを覚えておくことも重要です。

例えば、ビットコインのチャリティプロジェクト「パイナップル基金」は、重症心的外傷後ストレス障害(PTSD)患者のMDMA支援心理療法第3相臨床試験を援助するために500万ドルを寄付しているのです。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

【Bitcoin.com】US Navy Investigators Bust Bitcoin Drug Ring at Naval Academy

投稿 米国海軍士官学校のビットコイン麻薬組織、米海軍調査官により逮捕COINNEWS に最初に表示されました。

世界の金融市場ニューヨーク連銀も仮想通貨に注目!?

世界の金融市場と言えば、ニューヨークですよね?
皆さんは、ニューヨーク連邦準備銀行をご存知でしょうか。
ニューヨーク連銀は、連邦準備制度の第2地区を管轄する、アメリカ合衆国の連邦準備銀行の一つです。
世界のニューヨーク金融市場でも、どうやら仮想通貨に前向きな姿勢のようです。
実際に調査致しました。

世界の金融市場ニューヨークの銀行も仮想通貨に前向き

ニューヨーク連邦準備銀行が9日、仮想通貨に関するQ&A記事を公式サイトに掲載した。同記事は所属する2名の経済学者に対し仮想通貨に関する質問を投げかけるという形を採っている。

引用元:THE COINTELEGRAPH ニューヨーク連銀が公式サイトに仮想通貨に関するQ&A記事掲載(2018年2月11日)より

世界の金融市場と言われるニューヨークですが、その中でもとても大事な役割を担っている銀行が、ニューヨーク連邦準備銀行と言われています。
ニューヨーク連邦準備銀行について知るためには、まずは連邦準備制度について知らなければなりません。

連邦準備制度とは、アメリカの中央銀行制度のことを言います。
アメリカの銀行というのは、首都ワシントンD.C.にある『連邦準備制度理事会』が全国の主要都市にある『連邦準備銀行』を統括する組織形態となっています。
その連邦準備制度の第2地区を管轄しているのが、ニューヨーク連邦準備銀行というわけです。

現在、連邦準備制度の中で、 ニューヨーク連銀は、世界の金融市場の中心地であるニューヨークに本部を置き、市場を通じて中央銀行としての金融政策を遂行 しています。
またニューヨーク連銀のトップは、連邦公開市場委員会の副議長を兼ねており、連邦準備銀行の中で最も重要な役割を担っていると言われています。

そんなニューヨーク連邦準備銀行が仮想通貨に関するQ&A記事を公式サイトに掲載したとのことです。
やはり、世界の金融市場であるニューヨーク連銀までも、仮想通貨には目を逸らさずにはいられない状態になっているということでしょう。
それは仮想通貨がもう世界で非常に大きな勢力になったいうことではないでしょうか。

世界のニューヨーク連銀の仮想通貨Q&A記事

ニューヨーク連銀の調査統計グループの経済専門家マイケル・リー氏とアントニー・マーティン氏は、仮想通貨と金融における信用(トラスト)の基本概念等に関する質問に順に答えた。

引用元:THE COINTELEGRAPH ニューヨーク連銀が公式サイトに仮想通貨に関するQ&A記事掲載(2018年2月11日)より

それでは、ニューヨーク連銀が公式サイトに掲載したQ&A記事というのは、どのような記事だったのでしょうか。
一部抜粋と翻訳致しました。

Q: Let’s start simply. What even is cryptocurrency?

Q:まずは簡単な質問から行きましょう。一体暗号通貨って何なのですか?

Answer

Martin: Cryptocurrencies are digital, or virtual, money. Bitcoin, which was created in 2009, is the first and probably the best known cryptocurrency, but many others have followed, such as Ethereum, Ripple, Bitcoin Cash, Litecoin, etc.

引用元: Federal Reserve Bank of New York Liberty Street Economics(2018年2月9日)より

日本語訳

Martin: 暗号通貨は、デジタル、つまりバーチャルなお金です。 2009年に作成されたBitcoinは、最初におそらく最もよく知られた暗号通貨ですが、他にもEthereum、Ripple、Bitcoin Cash、Litecoinなど、多くの人々が支持しています。

Q: Have cryptocurrencies made progress toward solving the problem of mistrust?

Q:不信問題を解決するために暗号通貨を進歩はありましたか?

Answer

Martin: One important element in any payment system is “validation,” determining which transactions can proceed through the system and which should be refused as invalid. For example, a validator could check if there are sufficient funds in the account of the person who wants to make a payment. If there is, the payment will go through. But if there isn’t, the payment will be refused. If you recall the last time you swiped your credit or debit card, the few seconds you had to wait was that validation. But if the merchant doesn’t trust the validator, and doubts she will ultimately be paid, she’s unlikely to accept your card.

With bitcoin there isn’t one designated validator. Instead, everybody in the bitcoin network could be picked, essentially at random, to validate recent transactions. The details are a bit technical and more details can be found in a recent St. Louis Fed paper on cryptocurrencies.

引用元: Federal Reserve Bank of New York Liberty Street Economics(2018年2月9日)より

日本語訳

Martin:支払いシステムの重要な要素の1つは、「有効確認」であり、どの取引がシステムを通って進むことができ、どの取引が無効であるべきかを決定することです。
例えば、バリデーターは、支払いを望む人の口座に十分な資金があるかどうかをチェックすることができる。ある場合は、支払いが通過します。
しかし、そうでなければ、支払いは拒否されます。
クレジットカードやデビットカードを最後に機械に通すとき、その数秒待たなければなりませんでした。
しかし、商人がバリデーターを信用しておらず、最終的にお金が支払われない疑いがある場合、商人はあなたのカードを受け入れることはまずありません。

ビットコインでは、1つの指定バリデーターはありません。 その代わりに、最近の取引を検証するために、ビットコインネットワークのすべての人物を本質的にランダムに選ぶことができます。 詳細は少し技術的であり、詳細は最近のセントルイス連邦の紙cryptocurrenciesの中で見つけることができます。

以上のような、クレジットカードや仮想通貨等を比較し、そもそもお金の価値に対する裏付けってないですよね?というような内容がQ&A形式でまとめられていました。
そこには、 お金それ自体の意味が見え隠れしており、非常に仮想通貨にも前向きな討論の記事 ではないでしょうか。

他にも、「暗号通貨は時に不法行為に関わっていませんか」等、仮想通貨の真相に迫るような内容が書かれており、記事の読者も思わず仮想通貨の価値について考えてしまうような内容が書かれていました。

ニューヨーク連銀が考える仮想通貨の未来

仮想通貨は「通貨の未来」になるのかという質問に対しマーティン氏は、仮想通貨が解決する問題は少なくとも「先進諸国」では解決される必要が無いかもしれないと述べ、疑問を呈した。

引用元:THE COINTELEGRAPH ニューヨーク連銀が公式サイトに仮想通貨に関するQ&A記事掲載(2018年2月11日)より

最後の質問部分では問題を二つほど挙げていました。
①仮想通貨のランダムにバリデータを取得するプロセスには時間がかかり、コストがかかり、膨大なエネルギーが消費される
②暗号通貨の価値が極端に変動するため、通貨としての有用性が低下

しかしこの部分に関しても、ニューヨーク連銀は前向きにとらえていました。
それは、仮想通貨を「弾力性のある」通貨として捉え、将来これらの 暗号通貨は現在の支払い方法と現実的に競合する可能性がある と話しています。

問題視するところは問題視していましたが、今後仮想通貨が現実に頭角を現し、競合してくることは間違いということでしょう。
銀行が目を付け始めたということで、仮想通貨は非常に価値ある物になってきています。
今後世界を揺るがすに違いない、仮想通貨に引き続き注目しましょう。

世界の中央銀行も認めるビットコインについてもっと詳しく知りたい方はこちら

日本の銀行も仮想通貨に注目!気になるニュース記事はこちら

 

公式Line@で最新情報をGET!

公式Line@「@eae0487b」では、webサイトCOINOTAKUで配信できないような特別な情報を配信しています!

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
公式Line@で最新情報をGETじゃ!
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
最新のnewsをどこよりも早くお知らせし、
毎週月曜日にはyoutube動画”コイオタチャンネル”を配信します!
コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
ワシが独自ルートで仕入れた上がる銘柄も配信するぞぃ
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
公式@eae0487bでお会いしましょう!

公式Line@リンク:@eae0487b

投稿 世界の金融市場ニューヨーク連銀も仮想通貨に注目!?COIN OTAKU(コインオタク) に最初に表示されました。

仮想通貨は銀行の脅威か?Bank of Americaの報告書

仮想通貨は現在の金融システムに対する挑戦的な技術ですが、その支配を脅かすものにはなっていません。PaypalVisaなどの大手決済システム会社のトップは、仮想通貨に注目しているかもしれませんが、仮想通貨で悩んで夜も眠れなくなるほどではないでしょう。

Bank of America(以下、BoA)Securities and Exchange Commission(アメリカ証券取引委員会/以下、SEC)への報告書の中で、自らの支配に対する脅威のひとつとして、仮想通貨を挙げました。

Bank of Americaの危機感

SECの規制を受けている企業は毎年、経済的な健全性、そして事業モデルへの潜在的な脅威について述べた報告書を提出することになっています。BoAの今年の報告書は、三度にわたって仮想通貨に言及しています。

「インターネットサービスや仮想通貨、決済システムなどの新しい技術が普及する中、現行の商品やサービスを変更・適応させるために相当の投資が必要になるかもしれません。」

「金融サービス業の競争は日に日に激化しています。仮想通貨など投機性が高い事業や商品を展開する事業者に、顧客が流れる可能性があります。」

銀行に求められる変化

「インターネットサービスや仮想通貨、決済システムなどの新しい技術が普及する中、現行の商品やサービスを変更・適応させるために相当の投資が必要になるかもしれません。新しい商品やサービスの開発に成功するかは分かりません。商品やサービスをより安く提供する圧力に応えてコスト削減に取り組み、ロイヤルカスタマーを十分に維持・発展させて参ります。」

アメリカ第2の銀行は、仮想通貨を恐れている訳ではありません。しかし、この銀行が、仮想通貨の影響や銀行業界に対する脅威を認識しているという事実は、控えめといえど1つの達成だと言えます。

仮想通貨に対するスタンスは明らかになっていませんが、Bank of Americaは他のどの企業よりも多くの仮想通貨関連特許を申請しています。もちろん、その数字自体は、銀行が将来的にブロックチェーン開発に乗り出すことを示すものではありません。ですが、仮想通貨などの他の決済システムとの競争の結果大手銀行が手数料を減らしたとしたら、それは仮想通貨にとっての小さな勝利と言うべきでしょう。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。以下、参照元サイトです(英語原文)。

投稿 仮想通貨は銀行の脅威か?Bank of Americaの報告書COINNEWS に最初に表示されました。

ICOは、ほとんどがプライベートセールによって20億ドルを調達している

現在のICOは、あまり良い状態とは言いにくいです。しかし、投資家たちは貪欲に投資を続けており、既に2018年だけで20億ドルが調達されています。これは2017年の57億ドルを大きく上回る勢いです。しかし、ICOのほとんどが個人投資の段階で主に行われているため、個人投資家が多くのICO投資の大半を占めており、その他の人達が残りの一部を取り合いしています。それが原因で、今年行われたICOでの資金調達のうち84%は、プレセールと個人投資からきているというデータもあります。


個人投資は、金持ちがより金持ちになる仕組みである

クラウドセールスが登場した時、そこに参加する人たちは、『資金調達』をすることで『多種多様なものを生み出す機会』や『新しいコミュニティを形成』を平等な方法として手に入れることができるようになりました。クラウドセールは、少しの間うまくいきましたが、2018年にその状況は変わりました。去年は、まだ個人投資家が最初のクラウドセールスの所有権を持っていました。例として、トークンのBATは一握りの投資家がトークンを買い集め、数分後には売り切れになった事件として有名です。個人投資家以外の人の投資は、プレセールス後の追加の資金調達としての役目しか担いません。つまり、プレセールスやプライベートの段階でこれらの取引は行われており、一般の人のためにはわずかなトークンしか残されてないのです。

『トークンデータ』と呼ばれるデータの数字を見ると、今年ICOに投資した$19.7億のうち$16.3億(84%)が個人投資家に売却されました。さらに、このデータはテレグラムという会社の個人売却で調達された$8億5500万の価格を考慮されていません。テレグラムは2月末にすでに6億ドルの売却を完了する予定ですが、おそらくすでに投資家は2倍ものトークンの割り当てられています。現在のICOはお金持ちがよりお金持ちになるような仕組みでできており、その他ユーザーに儲けさせることに関しては向いていないと言えます。

ICOで適度な利益を分配する

2018年2月21日現在で、『Tokendata』が追跡しているICOを行っている『94』のトークンのうち、『28』のトークンが取引所で取引されています。ICOを通して購入し、取引所で売却したトークンの平均ROIはわずか2.17で、イーサリアムの収益率はわずか0.75です。言い換えれば、多くの場合でトークンのためにイーサリアムを交換するよりも、年の初めからイーサリアムを保持する方がより利益を上げることができます。ICOは、まだ始まったばかりの初期段階であり、2018年にうまくいくまでの時間はまだ十分にあると言えます。プレセールス期間中は低いお金で取引されているため、個人投資することはクラウドセール期間が始まってから参加するよりも利益を上げることが簡単です。ホワイトペーパーの上では、クラウドセールという言葉が今まで一番用いられるようになっています。しかし、本当に最も利益を出すようになっているのは1%の資本を持った投資家だけなのです。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

【Bitcoin.com】ICOs Have Raised $2 Billion This Year – Mostly from Private Sales

投稿 ICOは、ほとんどがプライベートセールによって20億ドルを調達しているCOINNEWS に最初に表示されました。

No tags for this post.

カリフォルニアでブロックチェーンを公式記録と認める法案提出

カリフォルニア州で、ブロックチェーン取引や電子署名、スマートコントラクトを公式な記録形態として認める改正法案を提案しました。

イアン・カルデロン議員が20日提出した第2658号法案は、電子記録の定義に関する規定の改正を求めるものです。


ブロックチェーンを公式記録に

カリフォルニア州の57区の議員、イアン・カルデロン氏が、ブロックチェーンの記録、そしてスマートコントラクトを、法の下で定義する提案を行いました。カルデロン氏はゲートウェイ地域出身の民主党員で、こうした種類の記録や定義がカリフォルニア州の裁判所システムに組み込まれるべきだと主張しています。

法案は、電子的な形態であるという理由で記録や署名を否定することはできないとし、ブロックチェーン技術により確定された記録は電子記録だと主張しています。

法案は、ブロックチェーン技術により確定された署名は電子的な署名の定義に含め、スマートコントラクトを契約の定義に含める提案をしています。 スマートコントラクトは、例えば、決められたブロックに到達した、などといった、予め決められた引き金をきっかけに、自動的に作動するプログラムのことです。

法案に関する今後の動き

カルデロン氏の提案は、ブロックチェーン技術によるデータの記録・保存も定義に含めようとしています。しかしアメリカ当局は、送金法への違反が見受けられた場合は、電子記録を提供する企業の認定を取り消す権限を持っています。

今回のカリフォルニア州の事例は、アリゾナ州、バーモント州、そしてフロリダ州の事例と似ています。これら3州でも、ブロックチェーン取引や電子署名、スマートコントラクトを定義に含める法改正が提案されています。

法案が議会や知事の承認を得られれば、2021年1月まで運用されることになります。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

https://news.bitcoin.com/california-bill-aims-to-recognize-blockchain-records/

投稿 カリフォルニアでブロックチェーンを公式記録と認める法案提出COINNEWS に最初に表示されました。

SBIホールディングスが世界最大級仮想通貨メディアCoinDeskと戦略的業務提携へ

SBIホールディングス株式会社傘下のモーニングスター株式会社が、仮想通貨、ブロックチェーン関連のメディアを手掛けるアメリカのCoinDesk,Inc(本社:米国ニューヨーク、代表者: Kevin Worth)と業務提携の合意に至ったことを2018年2月23日に発表しました。

CoinDeskとは

CoinDeskは、月間1000万人が閲覧する仮想通貨関連のメディア事業を運営しています。Face bookやTwitterのフォロワー数は60万人を超えているなど高い支持を得ており、またCoin Deskが提供するビットコインの価格情報がウォールストリートジャーナルなどのアメリカの主要メディアに掲載されるな高い知名度を誇ります。2018年5月中旬には、CoinDesk,Inc主催の4000人が集まる世界最大仮想通貨イベントが行われるなどアメリカ以外にも世界で注目されている仮想通貨のメディアサイトです。

なぜ業務提携に至ったのか

モーニングスター株式会社がCoinDesk,Incと業務提携を行うことで、CoinDesk,Incが持つ圧倒的情報量また発信力を手にすることができます。モーニングスター株式会社は、今回の発表でこのように伝えています。

”CoinDeskが米国で提供するニュースやコラム等を日本語に翻訳し、当社の仮想通貨ポータルサイトやスマートフォンアプリを通じて提供していくことで、これまで提供してきた仮想通貨関連情報が大幅に拡充することになります。”

また、日本人の多くは英語ベースのメディアを参照するよりも、比較的日本語のメディアまたは海外の翻訳記事から情報収集をしています。今回、CoinDesk,Incがモーニングスター株式会社と業務提携を行ったのはそういった日本市場を開拓するのが目的であると推測できます。

今回のSBIホールディングス(モーニングスター株式会社)とCoinDeskによる業務提供は、今後より一層日本に多くの仮想通貨やブロックチェーン技術の情報がもたらされるのではないでしょうか。

SBIホールディングスが行っている仮想通貨事業に関してはこちらを参照ください。
関連記事:SBIホールディングスが8つの仮想通貨ビジネスを開始~激動する仮想通貨ビジネス界~

投稿 SBIホールディングスが世界最大級仮想通貨メディアCoinDeskと戦略的業務提携へCOINNEWS に最初に表示されました。

ビットコインについてTim Draper氏:「どうして私が過去のために未来を売るのか」

暗号通貨の世界で最も興味をそそる事柄の一つは多様性、折衷性、そしてそれが惹きつける一風変わった特徴です。ウォール街のブローカーからサイファーパンク(暗号技術を推進する活動家)、実業家から無政府主義者まで全ての人が、出来たばかりの暗号経済について権利、意見を主張しているのが見受けられます。

ベンチャーキャピタリストのTim Draper氏は、最近の取材において暗号通貨世界に充満している上向きの雰囲気を要約するいくつもの記憶すべき発言をしました。

以下で、詳細をわかりやすく解説していきます。


過去の代わりに未来を保持

純資産が10億円に及ぶ起業家Tim Draper氏は、くだけた雰囲気の取材の中で、「ビットコインは未来の通貨だと私は考える」など、ビットコインについて多くの肯定的意見を述べました。

米国メディアブルームバーグの取材の中で以下のように語っています。

「人々は私に自分の所持するビットコインを売る気はあるのか尋ねる。そうすると私は何故『過去のために未来を売る』必要があるのだと答える」

これは彼が以前述べていた、「安定して、グローバルな暗号通貨が分配された今、何故人々は政治的勢力の気まぐれに服しやすい不換通貨に戻りたいのかが理解できない」という発言を補強する事となりました。

ビットコインの純粋な通貨としての地位は議論の余地がありますが、ビットコインにはじまる暗号資産は新たな富の蓄積および送金の手段を形成していて、現状の通貨に対する代替手段を提供しています。

暗号通貨に多額の投資をしているWinklevossの双子、Michael Novogratz氏などの大物事業主のように、Draper氏はビットコインの行方について非常に強気です。

59歳の同氏は、1000億円規模の新興企業への投資で有名なベンチャーキャピタルのDraper Fisher Jurvetsonでお金を稼ぎました。

 

幸運は勇者に味方する

Draper氏が資産5000億円を監査する会社を設立してから30年以上経った今、彼は資金を提供することで公約を裏付ける『暗号通貨起業家』として改革を進めています。

Forbesの最近のCrypto Rich Listに載ったDraper氏は、2014年に米国連邦法執行機関Marshalsによってオークションにかけられた闇ウェブサイトSilk Road(当時ドラッグなどが取引され、支払い手段にビットコインが使われていた)のビットコインを手に入れるために、秘密通貨の財産の多くを準備しました。

もちろん現在は18億円にも及ぶ32,000ビットコインを取得するのに必要な資本と認定を元から彼が持っていた事は幸運でした。

Draper氏が自身にもたらした成功のために、すべての物事に暗号通貨を浸透させた事に論争がなかったわけではありませんでした。

Tezosの高い評価を受けている彼は、訴訟が積み重なっているため、守備的姿勢を強いられています。

Tezos事件との最大の争点の一つは、ビットコインの価値が高まっていることです。

これはTezosに恩恵をもたらしましたが、XTZトークンの約束で2017年にBTCを手放した投資家には何の利益もありませんでした。

ブルームバーグのビットコインの予想変動率が疑問視された時の、これは一般人の興味を損なうものだという意見をDraper氏は無視しました。

それどころか彼は自分がビットコインに持っている自信に集中することを決め、「私のビットコインは銀行にある私のドルよりも安全です…私のビットコインは非常に安全なのです」と断固主張しました。

アップルの共同設立者Steve Wozniak氏のような起業家は、暗号通貨市場の乱れ、転落は起業家たちのためではないと認めている一方で、Tim Draper氏は今後の行方を楽しみ、『過去のために未来を』売る気は一切なさそうです。

 

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

【Bitcoin.com】Tim Draper on Bitcoin: “Why Would I Sell the Future for the Past?”

投稿 ビットコインについてTim Draper氏:「どうして私が過去のために未来を売るのか」COINNEWS に最初に表示されました。

米国連邦当局が9.99 Bitcoinの販売をした男を逮捕

もし、みなさんがアメリカに住む知らない人へ、現金でビットコインを販売することを考えているならば注意が必要です。

みなさんを罠にかけようとしているかもしれない潜入捜査官のための注意喚起が、最近のカリフォルニアの事例で送達されました。


 アメリカでもう一つのビットコインを逮捕

あるアメリカ市民が今月初め、米国国土安全保障省の管轄下にある移民税関執行機関(ICE)の代理人にビットコインを売却したため逮捕されました。
カリフォルニア州南部裁判所の判例の記録によると、Morgan Rockcoon氏はマネーロンダリングと無許可の資金送金事業によって訴えられています。また政府は、この問題に関する全ての資産の没収とこの問題に関する記録の公開を求めています。

ハッシュパワーの悪用?

このマネーロンダリング事件に関していえば、被告人は「その取引が不法行為であると知りながら潜入捜査官との間で、故意に金銭の取引を行った」として訴えられています。申し立てによると、被告人はこの取引に関して「ハッシュオイルの製造と販売の代金である。」と潜入捜査官に言われ、9.998BTC($9,208相当)を法定通貨の $14,500と交換したと言っています。ハッシュオイルには、テトラヒドロカンナビノールが含まれています。このテトラヒドロカンナビノール(THC)は、大麻の主な精神活性成分であり、米国連邦法の下で規制物質として記載されています。

今後、アメリカ当局は個人で行われる大量の不認可によるビットコイン取引に関しても、取り締まっていきます。ミシガン州のLocalbitcoinsユーザーが請求された以前のケースでは、代理人は3,000ドル以上の取引はノウザ・カスタマー(KYC)規制に従わなければいけないと主張しました。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

https://news.bitcoin.com/us-federal-authorities-arrest-man-selling-9-99-bitcoin

投稿 米国連邦当局が9.99 Bitcoinの販売をした男を逮捕COINNEWS に最初に表示されました。

ビットフライヤーがシカゴでの仮想通貨交換業ライセンスを取得

bitFlyer(ビットフライヤー)が米シカゴのあるイリノイ州での仮想通貨交換業ライセンスを取得しました。

米イリノイ州にあるシカゴはChicago Blockchain CenterやCME、CBOEなどを擁するアメリカの仮想通貨本拠地とも呼ばれており、bitFlyerのグローバル展開が加速しています。

またbitFlyerは現在日本、欧州の他アメリカの44の州および地域での仮想通貨交換業ライセンスを取得しています。

参考 : Japanese Exchange bitFlyer Approved to Operate in Illinois

bitFlyer(ビットフライヤー)

  • 大手メガバンクが株主で安心安全のセキュリティ!
  • ビットコインFXやビットコインをもらうなど初心者でも始められる!
  • ビットフライヤーに上場 = 信頼できる通貨の基準になりつつある!

bitFlyerが世界初の快挙!日・米・欧の仮想通貨交換業ライセンスを取得!

2018.01.23

【bitFlyerに新規上場!】Liskとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるリスクの基礎知識!

2018.02.17

ビットフライヤーの取引レポートが進化!国内最大級の取引所bitflyerなら所得の計算も楽になる!

2018.02.08