イベント

No tags for this post.

日本初の仮想通貨・ブロックチェーン採用イベントに潜入

ブロックチェーン・仮想通貨企業合同説明会

ビットコイン女子 ビール(@yoriko09)

2月23日、東京都内でエンジニアを対象としたブロックチェーン・仮想通貨企業の合同説明会が行われた。第1回目となるこのイベントは23社以上の仮想通貨関連企業が出展している。

2017年フィンテック業界の成長とともに取引所やその他の関連企業は採用を拡大中。このイベントを主催するWithBで顧問を務める藤本真衣氏は、出展する企業については当初10社の枠を用意していたものの、反響が予想以上に大きく倍以上の23社に拡大したようだ。

【出展企業】
bitFlyer、QUOINE、GMOコイン、LIFULL、sivira、deBit、HOTARU、ceres、COINAGE、Fressets、BTCBOX、CurrencyPort、Xtheta、OKWAVE、BITPOINT、ConsensusBase、infoteria、CAMPFIRE、RealWorldGames、AnyPay、STONE SYSTEM、AERIAL PARTNERS、DMM.com Labo

【協賛企業】
来夢、BOX Finance、クリプトカレンシーサポート

【後援企業】
JBA(日本ブロックチェーン協会)

さらに、オープニングスピーチの中で、藤本氏は、知り合いのエンジニアたちからも、仮想通貨関連の仕事には興味があるものの、普段企業の様子について知る機会が少なく、いきなり採用面接に行くよりもじっくりと企業について知りたいとの要望が多かったようだ。

カスタマーサポートや仮想通貨に詳しい広報担当などのニーズがあるものの、やはり一番採用ニーズが高いのがエンジニアのようで、トップクラスのエンジニアであれば2,000万円くらいの年収も見込めるとのことだ。

転職希望者と採用したい企業のニーズをマッチさせるため、2018年度内に10回のイベントを開催予定、10,000人動員を目標としているようだ。イベントの様子の写真を下記に掲載しておく。

ブロックチェーン・仮想通貨企業合同説明会 受付

ブロックチェーン・仮想通貨企業合同説明・出展・協賛・後援

ブロックチェーン・仮想通貨企業合同説明会様子

ブロックチェーン・仮想通貨企業合同説明挨拶

NEMデザイナー向けの勉強会【NEM.designer.tokyo】に参加してきた!

NEM.designer.tokyo出典:https://xem-tokyo.connpass.com/

2018年2月19日(月)、『NEM.designer.tokyo』と呼ばれるNEMデザイナー向けの勉強会が東京渋谷で開催されたので参加してきました。

NEM.designer.tokyoの概要

webやアプリケーション業界のデザイナーに向けた勉強会になっており、暗号通貨NEMのプラットフォームを用いて、ブロックチェーンならではのサービスを作ろうという勉強会になっていました。

参加者はweb系のデザイナーをはじめとし、イラストを描いているような人から様々でした。みんな自分のスキルを活かして面白いことをしてみたいと興味を持って参加しているようです。

一部イベント説明を抜粋すると

“「ビットコインを使った新しいサービスを作りたい!」という声がエンジニアからちらほら上がっていますが、エンジニアだけではサービスは作れません。企画者/エンジニア/デザイナーの力が揃って初めて良いサービスが作れます。”

ということです。
エンジニアだけではいいサービスができるわけもなく、それを企画する人とデザインを考える人によって、よりよいサービスができあがります。

暗号通貨はまだまだ、一般的に使いにくく分かりにくい部分が多いです。一部のリテラシーを持った人たちがその技術を使っているのが現状です。

デザイナーは、この大きな課題を解決することができます。ユーザーが使いやすいインターフェースを考え、サービスをより一般的に馴染みやすいものへと落とし込むことができます。

NEMサービスの開発に焦点をあてたイベント

今回の『NEM.designer.tokyo』では、NEM(XEM)を使ったサービスの開発に焦点を置いていました。NEMは暗号通貨の中でもDApps (Decentralized Application) 系に該当します。

DAppsとは、非中央集権の分散型アプリケーションのことをいいます。独自のブロックチェーンを用いて、ブロックチェーン内トークンなどを利用したサービスの開発を行うことができます。

NEMは、独自のブロックチェーンを備え、ブロックチェーン内でのトークンであるmosaicを発行することができます。mosaicと呼ばれる独自トークンは誰でも発行することができ、mosaicを流用し稼働させたアプリケーションを作ることができます。

webサイトを作るくらい簡単にサービスを作れるようにAPIが使いやすくなっているようです。

暗号通貨で、儲かった話が多く単に投機的な考えで認知されているようですが、ブロックチェーンという特異性のある技術に目を向けると、暗号通貨を見るスタンスが変わるかもしれません。

2018年、NEM(XEM)をはじめ仮想通貨全般に期待

ブロックチェーンを用いたサービス開発が今後のwebやシェアリングエコノミーの考え方に起因していくとき、今までとは違った世界が始まるかもしれませんね。

暗号通貨関連のサービスは、まだまだ使いづらく見にくく分かりにくいのが現状です。インターフェースやデザインの改善もブロックチェーンアプリケーション開発の発展に必要になってくるでしょう。

2018年は、デザイナーからエンジニアなど、ブロックチェーンを用いたアプリケーションやサービス開発をしてみたい人たちの交流の機会が増えてくると、暗号通貨全般もより盛り上がってくるにではないかと思います。