インド

No tags for this post.

インドで仮想通貨禁止法が提出か

インド行政が再び仮想通貨を禁止する法案を用意していることが明らかになりました。

報道によると、インド政府が法案を議会に提出する前に法案に関する閣議がなされる予定であり、

その結果によってはインドで仮想通貨が禁止される可能性があるとのことです。

現段階では具体的な法案の詳細などは明らかにされていないものの、

仮想通貨取引の全面禁止の法案が成立すれば、

インドの170万人以上の仮想通貨ユーザーに影響があるとみられています。

 

二転三転するインドの仮想通貨への態度

インドでは仮想通貨に対しての態度がこれまでに二転三転しているようです。

というのも、今年3月にインドの中央銀行であるインド準備銀行(RBI)が、国内の銀行および金融機関に対して、

仮想通貨関連のサービス提供を禁止した命令が違憲であるとの判決が下されています。

この判決は当時のインド市場に大きな影響を与えており、

インドでは「プチ仮想通貨バブル」が発生するほどであったとのことです。

実際に、業界関係者によると未だに多くの銀行は仮想通貨関連の企業に対して、

銀行サービスを提供していないというのが現状のようです。

その一つの原因としてインド国内で仮想通貨を規制するしっかりとした法整備がなされていないことや、

取引所のセキュリティやマネーロンダリングなど犯罪への対策などが不十分であることが挙げられています。

インドは人口規模で中国に次ぐ規模を誇っているため仮想通貨の利用普及の可能性が期待されており、

今回の仮想通貨禁止の法案が可決されれば大きな影響が出るとみられています。

 

インドでの仮想通貨需要は?

インド政府は仮想通貨についてやや懐疑的な見方を示していますが、

インドの市場についてはこれとは反対の様相を呈しているようです。

というのも、インドの最高裁判所が3月に銀行規制を解除して以来、

インドにおける仮想通貨取引の量は増え続けているとのデータがあるようです。

仮想通貨データサイトであるコインダンス(Coin Dance)によると、

P2P(ピアツーピア)取引所のPaxfulとLocalBitcoinsのビットコインの取引量が7月に過去最高になったとのことです。

実際インドは、世界で最も急速に成長している5つのビットコインユーザーグループの1つであり、

Paxfulにおける仮想通貨の取引高は2019年5月の約57万6000ドルから2020年7月には897万ドルに成長しているようです。

また、インドではデルタ取引所などの小規模な取引所も成長しており、

デルタ取引所のパンカジ・バラニCEOによると新規顧客が前月比で倍増しているとのことです。

 

インドで仮想通貨需要が急増した原因は?

インドのビットコイン需要拡大の理由はいくつか考えられますが、

2016年の高額紙幣廃止が大きく関係しているとみられています。

2016年にインド政府は現行の500ルピー(約800円に相当)紙幣と1,000ルピー紙幣を廃止する旨を発表しました。

この二つの紙幣はインドで発行されている紙幣の約86%を占めているとのことです。

高額紙幣廃止後の18日間でビットコインの価格は757ドルから1020ドルに急騰しており、

インド人投資家にとって、金などと同様に価値を貯蔵する手段としてビットコインの需要が急増したことが考えられます。

もう一つの需要としてインドの国際送金需要が関係していると考えられています。

というのも、インドでは海外で働いているインド人が1700万人以上いるとみられており、

2018年には800億ドル(約8.6兆円)以上を海外から送金していてその手数料は約6100億円にも登るとされています。

そのためインドでは高額な支払い手数料を回避するために様々な国際送金手段を模索しているようです。

その選択肢の一つとしてビットコインが注目されているようで、

インドで仮想通貨需要が急増している原因になっているとのことです。

さらに国内の原因としてインドルピーの不安定な価格が挙げられています。

新型コロナウィルスのパンデミックが始まって以来、対米ドルで7%以上下落していることもあり、

価値を貯蔵する手段の一つとしても仮想通貨に注目が集まっているようです。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

インドで再び仮想通貨全面禁止の危機!すでに政府は規制法案の準備か

要点

・インド政府が仮想通貨禁止訪販の準備か!?

インドで仮想通貨全面禁止か!?

 

インドの地元メディアTHE ECONOMIC TIMESが、仮想通貨を禁止する法律の導入に踏み切るか、検討している事を報じました。

 

インド政府は法的枠組みがRBI(インド準備銀行)の通達よりも効果的であると考えており、財務省によって省庁間協議のため、仮想通貨全面禁止の提案がされた事を政府高官が語っていることを紹介。

今回の提案が通過し、内閣省で議会に提案され、審議に入るものとみられており、審議可決となった場合、インドでは仮想通貨の全面禁止になるとしています。

 

仮想通貨法的位置づけが二転三転するインド

 

インドでは仮想通貨への関心の高まりとほぼ同じころより、あらゆるデジタル資産(仮想通貨を含む)を全面禁止にするというニュースが幾度となくメディアを通じて報じられていました。

 


(引用先 Scribd)

 

仮想通貨のマイニングや生成および保持のほか、発行や販売取引、仮想通貨の移動に加え、使用できないとされた2018年4月の通達に対して今年3月4日、最高裁判所はRBIがインド準備銀行の仮想通貨禁止命令は法律違反だとの判断を下しています。
今回のニュースは、これを受けての決定であり、銀行は仮想通貨のサポートサービスを提供できなくなった事に反発しての規制準備とみられています。

 

今回の提案の中には、法律に反した場合、人によって引き起こされた損失または被害額の3倍、に加え、最長懲役10年の刑、再犯の場合についての刑に関する規定も含まれているという。

 

インドでの根強い取引の現状

仮想通貨全面禁止のニュースがインド国内を駆け巡った当時、活発な活動を開始させていた国内仮想通貨取引所はこの判決に対し、猛反発していました。

その後、大きな進展がなく、ビットコインなどの証券取引の事実上の禁止解除を受け、スタートアップ企業にインドへの投資と事業拡大の計画を復活させると発表していました。

 

ここ最近、インドの仮想通貨市場では、スタートアップ企業が新たに仮想通貨取引所を開設に向け、明るい兆しもみていたほか、世界最大クラスの仮想通貨取引所であるBinanceもインドに活動拠点を設け、今後インド市場への事業展開に意欲を見せていた矢先でした。

現在のインド国内の市場は決して楽観しできる状況ではなく、銀行側も仮想通貨取引きに関する支払いを拒否していますが、仮想通貨取引は止むことなく、拒否している銀行以外や他のチャネルを利用して取引は活発に行われていたと言われています。

 

禁止や容認のニュースが流れるたびに舵取りを迫られているインドの仮想通貨市場ですが、それでも根強く取引が行われている背景の一つに、2019年7月に提出された法律草案が厳しすぎるとインド仮想通貨市場に詳しい専門家は述べています。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

ここに、「メモ」に関連するニュースについての簡単な考えがあります。

 

インドの仮想通貨取引所WazirXのNischal(ニシャール)氏は取引所の公式ブログで、国内および国際機関と協力して、仮想通貨犯罪を調査してきた。
アメリカ・イギリス・EU・日本・マレーシアなど、他の国々も同様の方法で仮想通貨に対する取り組みを実施するとともに、イノベーションを促進し、犯罪と闘ってきた。

 

現時点では仮想通貨全面禁止の提案について、心配することは何もなく、インドでの暗号化エコシステムで働いた経験を踏まえ、政府が適切な暗号化規制を策定できるよう支援できることを楽しみにしているとのべています。

 

仮に今回明らかになった仮想通貨全面禁止の法律が施行された場合、海外資本の活動も全面撤退を余儀なくされるだけに、500万人のユーザーが居るインドの全面禁止は、仮想通貨市場への打撃も大きいとみられています。

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

「インドで暗号通貨が完全禁止」とメディアが誤報

インドで暗号通貨が禁止されると誤って報道されたことが話題となっています。

インドの財務相Arun Jaitley氏が2月1日の議会の予算演説で下記のように発言しました。

「政府は暗号侵害を合法入札または硬貨と認識せず、これらの暗号セットの使用を排除するためのすべての措置を講じる予定である。
引用 : India: Bitcoin Prices Drop As Media Misinterprets Govt... | News | Cointelegraph
これを地元メディアが暗号通貨(ビットコイン)が禁止になると誤った解釈をして報道しました。

ビットコイン価格が1月31日に $10,300(約 1,124,657.03円、約112万円)から2月1日には $9,512(約 1,038,615.30円、約103万円)に下がったことから、影響についての関連性も指摘されています。

[ex_list_ovse] [ex_list_ja]