コラム/ネタ

イーサリアムのブロックチェーンを実利用したAXA社の飛行機保険fizzy

こんにちは、くりぷと(@CryptoBloger)です。少し前のネタですが、イーサリアムを活用した、保険の自動支払いの取り組みをご紹介します。AXA社のfizzyです。飛行機の離陸が2時間以上遅れた場合、契約が自動で有効化され、保証金がユーザーに支払われる保険サービス。

 

fizzyプラットフォームでこの保険をユーザーが購入すると、AXA社がEthereumのブロックチェーン上に記録を書き込みます。この契約は航空交通データベースに接続しており、飛行機の遅延が検知されると、スマートコントラクトが執行されるそうです。

Youtubeの映像が有ったので、張っておきます。

 

ポイントを紹介すると、、、

従来問題だった、「保険申し込みに関する問い合わせ」「面倒なペーパーワーク」「支払いに伴う無駄な時間」を当サービスで削減出来る。

 

fizzyプラットフォームの申し込み画面で、保険を購入。

 


購入した契約内容が、支払いのフローや金額も含めて、ブロックチェーン(イーサリアム)上に記録される。

条件が整うと、速やかに保険金が支払われる(通常は、飛行機が到着した際に執行されるとのこと)

 

感想

これ、サービスローンチ予定の話ではなく、実際に活用されている事例です。ブロックチェーンなので改ざんが防止されますし、イーサリアムの特徴であるスマートコントラクトが得意とする領域なので、実際に社会の役に立っている好事例ですね。こういう話、とてもワクワクします。飛行機に頻繁に乗られる方は、fizzyをチェックしてみるのはいかがでしょうか。

 

ちなみに今回のサービスは、最近刊行された「ブロックチェーンアプリケーション開発の教科書」に掲載されていており、見つけた次第です。

技術者向けの本かなと思ったのですが、前半はそんな事はなく、イーサリアムやビットコインなどブロックチェーン関係の話を俯瞰的に学べる良書になっています。NEMの話やビットコインのLightning networkの紹介もありました。 元々はDEGさんの下記素敵記事でこの本が紹介されており、買ってみた次第です。こちらの記事も大変ワクワクするので、オススメです。

参考

最近のICOやブロックチェーン技術のトレンドからみる今後の動向について

 

人生を変えたいならブログやSNSに生きるのもアリかも

くりぷと@CryptoBloger)です。今日は仮想通貨とはちょっと別の話。

「なんかパッとしないし、人生変えたい!だけど、どうしたら良いか分からない!!!ウヴォーーーーー!!」って一人で叫び出したりする事ないですか?あ、ない?幸せな方ですね。私は若い頃、良くありましたよこの症状。無性に叫び出したくなって、気がついたら本当に道端で叫んでたって言うのが。

 

何者にもなれない、しかしどうしたら良いのか自分でも分からずに、ただただ謎の焦燥感に追われると言う、果てしない悪夢。

 

そう言う人は、「ブログ書いてみたら良いんじゃない?」と言う話です。

 

人生を変えたいならブログやSNSに生きるのもアリかも

大前研一氏が以前、こういうことを言ってました。

最近、ブログとSNSで、この3つ全部同時に出来るんじゃないか、ということに思い至りました。

 

特に2番の「住む場所」。

 

物理的な場所を変えるのは結構難しいですけど、「サイバー空間」になら直ぐに移れる。ブログ書いてSNSで活動していると、活動場所がどんどん広がっていく感があります。今までは巡り合わなかったような人や知識との出会いがあり、しかもサイバー空間は非常に広大。

 

リアル(フィジカルなという意味)な社会で息苦しくて嫌な思いをすることがあっても、サイバーで生き生きと活動してればトントンじゃないですかね。むしろ後者の方が、これからの時代は生き残る能力が高いかも。だってスペースが異常に広いですので。合わない人と、無理して付き合う必要もない。得られる知識も多い。ともすれば報酬を得て、自立出来る可能性も出てくる。

 

そして、夢中になっているうちに勝手に「時間配分」が変わり、「付き合う人」も変わリ、結果的に人生が変わるんじゃないかなと思ってます。

 

以前は、リアルな社会でうまくやらずにネットでイキってるのって、なんかダサいな。という価値観だったのですが、だんだん変わってきました。リアルでダメでもサイバーで生きていければ、別に良いじゃん、という。

 

だから「なんか変わりたい!」という人は、気楽にブログとSNSをやって、発信してみるのもありなんじゃないですかね。止めるのは簡単ですし。

 

大前研一って誰?(ご存じない方に)

ちなみに蛇足ですが、大前研一氏はビジネス界ではとてつもなく有名なレジェンドです。経営コンサルタント。今はどのような仕事をなさっているのか、私は良く知らないのですが、経営系の大学(BBT大学)を運営したりしています。戦略コンサルのマッキンゼー時代にブイブイ言わせ、在籍時に出版した「企業参謀」は累計50万部以上のベストセラー。

 

2011年の福島第一原発事故の際は、東京大学大学院時代の専門性(原子核工学科で修士号)を活かし、事故原因やこれから起こりうる事象について動画で丁寧に解説(なんと事故2日目)。これがめっちゃ分かりやすかった。当時混乱していた日本の報道の中では、最も明確な解説でした。

書き起こしはこちら

https://www.kakiokosi.com/share/society/302

 

言わずもがなですが、ビジネスマンは必携の本「企業参謀」

む、難しくて半分も分かりませんでした(笑)ただ、物事を考える上での思考手順やフレームワークなんかが整理されていて、たまに見返したくなる本です。


スポンサードリンク

ブロックチェーンが貧困解決の手段に

ぶらっくプリン(@Black___Pudding)です。こんにちは。相場が大荒れとなりましたが、今回は価格の話ではなく、ブロックチェーンが貧困解決に活かせる可能性を示唆したWall street journalの記事を紹介します。

 

ブロックチェーンで貧困解決

 

ブロックチェーンを利用し、世界の貧困を解決する一つの手法が紹介されています。

 

2018/01/26

How Blockchain Can End Poverty

Two-thirds of the world’s population lacks access to a formal system of property rights.

https://www.wsj.com/articles/how-blockchain-can-end-poverty-1516925459?mod=searchresults&page=1&pos=18

 

具体的には『個人資産をブロックチェーン上に登記し、見える化する』ことです。

 

この背景には、世界中の全人口の2/3が、個人資産を明示するためのオフィシャルなシステムでカバーされていないという事情があります。

 

こういうシステムが存在しないと

  1. 個人所有資産の価値が低下するリスクがある
  2. それらの資産を活用する労働者の賃金が低下する
  3. 国としても国内に所有する資産価値を最大化できず、社会をよくするための恩恵を享受しきれない

といったデメリットがあります。

 

このデメリットを金額で表すと、170兆ドル(1京8000兆円)に達しているとのことです。

 

日本で生活しているとピンときませんが、発展途上国では政府の基盤がしっかりしておらず、国民一人ひとりの財産(例えば土地、資産としての家畜、作物etc)の所有権を証明するシステムが不十分なのでしょう。

 

ちなみに、2016年の全世界のGDP合計が約76兆ドルなので*、全世界で産み出された付加価値の総額2年以上分が機会損失しているというとてつもない数字になります。

*引用 https://data.worldbank.org/indicator/NY.GDP.MKTP.CD

 

こういったマイナス面を、ブロックチェーン技術を利用することで解消できると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

具体例① 国家にとってのメリット

ペルーの通信会社の株式を海外投資家に解禁しようとしたとき

→会社が所有する資産算出方法が国際ガイドラインに沿っていないという理由で却下

→ガイドラインに沿う形で資産所有権を明確にした後、解禁

→国内の株式取引所でついていた株価で計算した総資産の38倍の資産価値になった

 

具体例② 個人にとってのメリット

2010年にチュニジアで起きた「アラブの春」革命の引き金となった、市民の焼身自殺の理由が、個人資産の所有権を定める法整備の不足にあった。

→すなわち、自分の財産を証明できず、何かしらの理由で資産を奪われたor失ったため、失意の中、現状への抵抗を示すために焼身自殺を図った。

→個人財産の所有権が担保されていれば、このような悲劇も起きない。

 

ブロックチェーンが持つ大きな強みである、『データ改竄への抵抗性』という特性が、財産の所有権を明確にし、その結果、社会的弱者/貧困者でも個人資産を証明し、力で不条理に奪われることもなくすことができるのではないか。

 

こういう構想を具現化するに当たっては、既得権益層の激しい抵抗を打ち破らねばなりませんが、理不尽に搾取される人間を減らすことができる社会というのは本来あるべき姿であり、夢のある話だなと感じます。

 

たまにはお金の話から離れて、仮想通貨/ブロックチェーンの未来を考えるのも楽しいですよね。

ではまた!

ビットコインの暴落時は片対数グラフを眺めよう

くりぷと(@CryptoBloger)です。こんにちは。

 

またもビットコインが下げ調子に入りました。アルトコインも引っ張られて、仮想通貨市場全体が落ち込んでいます。

出典:https://coinmarketcap.com/charts/

 

ビットコインの暴落時は片対数グラフを眺めよう

ちなみに下記はビットコイン価格(BTC/JPY)の片対数グラフです。少し下げ方の印象が違いますね。全体的には一直線な右上がり直線に近い形なので、なんだか落ち着きますw

出典:bitFlyer

 

赤丸部分は昨年2017年1月の暴落です。今回の暴落よりも下げ方が激しく見えます(根拠はありませんw)。なので今回の下げは、まだまだだなあ、と緩〜く判断しています。ここから劇下げするかもですが。

 

片対数グラフとは

片対数グラフは、一方の軸(この場合は縦のY軸)を対数にして表示します。「指数関数的」な変化を見せるチャートの描画に適しているとされています。

bitFlyerのチャートで簡単に表示できるので、やってみたい方は下記ブログをご参考くださいませ。

Y軸を対数表示に変えてみましょう。下図赤枠にマウスポインタを合わせると、下にチャートスタイルの設定項目が表示されます。黄緑枠の対数にチェックを入れて切り替え完了です。

bitFlyer Lightning チャートスタイル

出典:http://hajihaji-lemon.com/bitcoin/logarithmic-scale/

 

同ブログでは片対数グラフの特性について、下記のように表現されています。

Y軸の対数表示はパーセンテージの増減の観点からグラフを眺めるのに適しています。

 

ビットコイン価格は倍々ゲームで上昇して来ましたから、そのトレンドを見極めるには片対数グラフを見るのも良いですね。

 

指数関数的な変化

最近、「指数関数的な変化」という言葉を良く耳にします。人工知能(AI)の分野で大変有名なレイ・カーツワイル氏が、好んで使います。人類の知能の総和をAIが超える「シンギュラリティ(特異点)」の到達が2045年になると予測しています(最近の研究ではもっと早まりそうです)。

 

下記の本「シンギュラリティは近い[エッセンス版] 人類が生命を超越するとき」でも「指数関数的な変化」が山ほど出て来ます。生命の進化や人間が生み出したテクノロジーが、まさに、(線形ではなく)指数関数的に伸びて来たことを、多くのデータを使って示しています。コンピュータの処理能力が向上して来たことも、一例として上げられています。インターネットの広がりも。

ビットコインの事は全く書いて無いですが、何かこう引っかかるんですよね。親和性がある気がします。気がするだけで、気のせいかもしれませんがw

 

ビットコインの値動きだけ見ていると気が狂うので、気晴らしに未来を少しだけ覗いて見たい方は是非手にお取りくださいませ。脳をスキャンしてクラウドにアップするとか、主要臓器が不要になり、代替技術で身体の大部分を「非生物」的なパーツに置き換えて人間がアップデートされるようになるとか、かなりぶっ飛んだことが書いてあります。

例えば、酸素結合能が100倍〜1,000倍もある人工赤血球(人工血液)が実用化され、一般人はそれを使うけれども、アスリートはドーピング扱いで禁止されるため、長距離走では一般人の方が成績が良くなるかもしれない、とか、今の常識では理解の範疇を超える世界が描かれています。

関連記事はコチラ>>>もしも暴落時にビットコインを買ってたら

緩募:仮想通貨のSF小説

こんにちは。くりぷと(@CryptoBloger)です。

 

仮想通貨(暗号通貨)界隈は、素晴らしいテクノロジーで未来を創っている筈なのに、金の話ばかりで『物語』が足りません。偉そうにすみません。

というわけで、幣ブログで「仮想通貨×サイエンスフィクション」のweb小説を連載してくださる方を、募集させて頂きたいと思います。我こそはと思う方は、是非お力添えを頂けるとありがたいです。

 

物語を、読みたい!です(笑)

 

募集要項

・20回程度、幣ブログ(月間PV約22万)で連載。著者署名有り

・計 5万字程度(字数が足りない方は、制限ありません。あくまで目安とお考え下さい)

・原稿料 20万円(支払いはBTC、XEM、BCH、MONAなどの暗号通貨)

・上記原稿料に加えて、連載途中からXEMやLightning network、note活用などを利用し(読みたい読者の方に課金していただく)、販売額の50%を著者の方へお支払いする予定です。

・ご応募される方は過去作品か、テスト作品をメールアドレス(CryptoBloger@gmail.com)、またはtwitter(@CryptoBloger)のDMまでお送り頂けると幸いです。その他ご不明点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

・お仕事をお願いさせていただく際は、当方より連絡致します。

・ストーリーはご相談出来ればと思いますが、基本的にはお任せしたいと思います。まずは全話分のプロットを相談し、ある程度固まった段階で、書いていただく形を考えています。暗号通貨のテクニカルな部分は一緒に勉強し、間違いの無い形になるよう編集します。

・募集期限:2018年2月28日

・納期:2018年3月31日目処(進捗によりご相談)→こちらは柔軟に調整可能です。プロットや作品の質次第でございます。納期がネックになって質が落ちるのは避けたく、作家さんによっては質を優先して納期を後ろに倒させていただきます。

 

下記記事にビビッと来た方は、奮ってご応募いただけるとありがたいです。

未来から来たビットコイナー:和訳記事

 

また未来の技術に関して、すでに実現されているもの、そしてこれから実現するものについて、下記書籍等で予習頂けると助かります。仮想通貨の最低限のリテラシーはあった上で、下記知見を付加頂けると有り難いです。

 

必読: 信用の新世紀  ブロックチェーン後の未来 (NextPublishing) 【書評】『〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則』その1〜8

出来れば読んで頂きたい本:
シンギュラリティは近い [エッセンス版] 人類が生命を超越するとき
人工知能は人間を超えるか (角川EPUB選書)
魔法の世紀 Kindle版

 

それでは、よろしくお願い申し上げます。