コラム

現役ディーラーが語る!今週のビットコイン円「一気に回復!120万円超え!」

【執筆者】 国府勇太(Yuta Kokubu)
ワイジェイFX株式会社 ディーリング部
1984年生まれ。慶應義塾大学卒。大学院時代にFXを知り個人投資家に。
その後、その魅力に取りつかれ、より極めたいとの思いからヤフーグループのYJFXに入社。
現在ディーリング部にて主要通貨のディールを担当。
「マネーライフの課題解決」がモットーで、初心者にわかりやすい解説に定評がある。
現在ヤフー公式ブログ、FX攻略.comでもコラム連載中。

【免責事項】当サイトで提供しているビットコインの相場情報等のコンテンツは、執筆者の個人的見解に過ぎず、執筆者、ワイジェイFX株式会社及び当社がその内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、かかる情報は、参考となる情報の提供を目的としたものにすぎず、仮想通貨に関して、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、執筆者、ワイジェイFX株式会社及び当社は責任を負いません。

こんにちは。国府勇太です。

 

今週(2月19日の週)のビットコイン円の見通しを主にテクニカル面から分析していきます。 

では、さっそく先週までの日足チャートを見てみましょう。

 

btcjpy0219_01

 

先週を一言で表すと「一気に回復!120万円超え!」です。

 

2月12日(月)に887,302円でスタートしたビットコイン円。

先週は陽線が続き、しっかりと上昇しました。

 

14日(水)には100万円超え、16日(金)には110万円タッチ、そして18日(日)には高値1,255,555円と120万円を超えました。

 

やはり仮想通貨は値動きがすごいですね。

金融業界の常識が当てはまりません。

 

結局120万円近辺である1,118,220円で週末クローズしました。

 

今週の見通しは?

 

一目均衡表を表示してみましょう。

 

btcjpy0219_02

 

注目は下記2点です。

 

1.遅行スパンの位置

2.転換線と基準線のクロス

 

まず、1.については、遅行スパンの位置がとうとう日々線(チャートの足)をクロスして超えようとしています。

次に、2.については、転換線(青)が基準線(赤)をクロスし上回ってきています。

 

これらはいずれも「好転」といい、テクニカル的に「買い」のシグナルとなります。

 

スイングの戦略としては、転換線(青)をサポートの目安にロング推奨です。

目標は前回高値近辺である150万円です。

 

ただ、雲は上部にしっかり覆いかぶさっています。

この雲は抵抗(レジスタンス)の役割をしています。

上昇しようとしても跳ね返されるポイントなので、今後この雲をしっかり抜けることができるかがポイントとなります。

 

では、今週もリスク管理に気をつけてがんばりましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。

また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。

これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。

投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ビットコイン週間概況-2/9~2/15

【執筆者】グレン・ランバート(Glenn Lambert)。ニュージーランド出身。2002年に来日し、英国を本拠とするADVFNの日本法人でマネージャーとして従事。FX,株式などの分析ツールのほか、著名レポートも配信している。

【免責事項】当サイトで提供しているビットコインの相場情報等のコンテンツは、執筆者の個人的見解に過ぎず、執筆者及び当社がその内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、かかる情報は、参考となる情報の提供を目的としたものにすぎず、仮想通貨に関して、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、執筆者及び当社は責任を負いません。

日本円 米ドル
価格(2/15終値) 1,050,807円 9,879.26米ドル
時価総額 177,234億円 1,666億米ドル
2/9~2/15の4本値
始値 高値 安値 終値
919,604円 1,064,998円 857,340円 1,050,807円

週毎の取引・最近4週の調査結果

日付範囲 取引数量(日本円換算) %変化
2/9 ~ 2/15 1,663,805,652,995
2/2 ~ 2/8 2,104,773,213,346 -26.5%
1/26 ~ 2/1 1,017,539,250,387 51.7%
1/19 ~ 1/25 1,229,726,430,219 -20.9%

週間概況と最近の話題

bitflyer-btcjpy-2月19日-2018-15-2-37

 

BTCマーケットはもう暫く、荒れた相場が続きそうだ。

BTCは2月6日火曜日、640,000円台の安値を付けた。昨年12月の最高値から7割近く下落したことになる。

 

13週間の最安値を示現したのち、BTCは50%急騰した。来週早々には1,000,000円の心理的な壁を破るであろう。

価格急騰の背景には主に米上院銀行委員会でのCFTCとSECの委員長による最近の証言が投資家の信頼を取り戻す結果となった事がある。

 

この二つの組織は米国の金融システムに最も影響がある。彼らはblockchainに対して並々ならぬ理解を示し、仮想通貨市場の成長を阻害する意思は無いと表明した。この発言はマーケットにはサプライズであり、市場センチメントの好転を促した。

 

上院でのヒアリング後のセンチメントの変化はBTCに上げ相場をもたらし、悪材料への反応は薄くなってきた。

 

タイの中央銀行は国内の金融機関に仮想通貨取引へ関係する事を禁止した。通常、弱気の市場では、この手のニュースには市場は下落方向に反応するであろう。

 

しかし、これは市場に芽生え始めた強気の芽を妨げること無く、仮想通貨市場はゆっくり上昇トレンドを描き出している。

 

市場が回復モードにある今、参加者は先ず、なぜ価格調整が終わり市場が上昇傾向に戻ったかを分析をしている。

 

ごく最近まで、BTCは安全な資産クラスと見做されていた。


つまり、世の中が不確実な状況(例えば、戦争、価格調整、または政治的なBREXITのようなイベント)に落ち入った場合、株式のようにアセットクラスは価格が落ちる一方、彼らが資産を避難させるに「安全な場所」と考えるGoldまたは日本円の価値が上昇する傾向にある。

2016年及び2017年の大半の期間に於いて、BTCは安全なアセットクラスと考えらていたが、2017年の後半になると仮想通貨市場に新たに口座開設をした何百万もの新規参入者そして、20億ドル以上を投資しているヘッジファンドが世界的なイベントに対する仮想通貨市場の反応の仕方を変えた。

今や株式市場に投資していた投資家達が仮想通貨への投資をしているようだ。

モルガン・スタンレーは、BTCが最高値に達したと同時に、米国の最も注目されているスタンダード・アンド・プアーズ500の株価収益率もピークに達したと述べた。

このレポートによると、BTCが価格調整をすると、米国株式市場に於いても同様な調整が起るとの警告のシグナルになっていると述べている。付け加えると、スタンダード・アンド・プアーズ500指数が200日移動平均を破って上昇を始めたのはBTCが底打ちをする3日前でした。これも注目すべき面白い発展と考えられる。

 

過去の価格との比較

日付 価格 価格差 変化率
2018/2/15(基準日) 1,050,807円
2018/2/14(1日前) 987,017円 63,790円 6.46%
2018/2/8(1週間前) 919,604円 131,203円 14.27%
2018/1/15(1ヶ月前) 1,710,000円 -659,193円 -38.55%
2017/11/15(3ヶ月前) 810,900円 239,907円 29.59%
2017/8/15(6ヶ月前) 448,000円 602,807 134.56%
2017/2/15(12ヶ月前) 117,498円 933,309円 794.32%

Prices provided by bitFlyer

【随時更新】Ethereumから誕生したゲーム特集!

Ethereum(イーサリアム)の特徴の一つに「DApps」(Decentralized Applications)、「分散型アプリケーション」があります。

本コラムではイーサリアムのDAppsを用いた話題のゲームをご紹介します。

[coin-explan-ETH]

Ethereum × ゲーム特集

イーサエモン: 分散型イーサーモンスターワールド

イーサリアムでモンスターを集めて戦わせる「ポケ◯ン」ならぬ「イーサエモン」。

  • フェーズ 1: [リリース済み]
    基本のゲーム機能を実装しイーサリアムのメインネットにリリースします。MonSeekersはイーサエモンを捕まえ、卵を生むようにトレーニングしたり、新しい種に進化したり、他のイーサエモンを倒してEMONTを獲得することができるようになります。マーケットプレイスがMonSeekersに公開されイーサエモンの購入、販売、レンタルを開始する。

    城とジムの二つのバトルモードをMonSeekersに公開します。イーサエモンが 2018年の人気ゲームになるべく数週間で何千というバトルが繰り広げられることでしょう!
  • フェーズ 2: [開発中]
    このフェーズでは次の4つのゲームモードの開発に焦点を当てます:
    1. P2Pプレイモード:MonSeekersは挑戦状を送った相手と一対一の対戦ができる。
    2. グループプレイモード:MonSeekersはチームを編成して他のチームと対戦できる。
    3. リーグとトーナメント :多数のMonSeekersが価値ある賞品を賭けて共に戦うことができる。
    4. アドベンチャーモード:新種のイーサエモンハンティング。
  • フェーズ 3: [計画中]
    フェーズ3ではサードパーティーと協力し、ゲーム体験の向上に努めます:
    1. SDKを他のゲーム開発者に提供し新しいバトルモードを実装する。
    2. 分散化&VR技術を使って、プレーヤーにユニークな体験を提供する。
公式サイトで公開されているロードマップでは既にフェーズ1まで完了しているので、もうイーサエモン達を捕まえたり進化させたりすることが可能です!

また今後の計画もフェーズ3まで公開されており、この先も楽しみなプロジェクトとなっています。

ポ◯モン世代な人にはクリティカルヒットなプロジェクトなのではないでしょうか。

イーサエモン: 分散型イーサーモンスターワールド – etheremon – Medium

Aethia(Ethergotchi、イーサゴッチ)

こちらは昔懐かしの「たま◯っち」ならぬAethiaのイーサゴッチです。

2018年2月9日まで無料配布が行われ満を辞してスタートしたイーサゴッチですが、初回販売分がなんと1分で完売という大盛況のようです。

た◯ごっち好きの方はぜひチェックしてみてください!

Aethia - Join a Phantasmal World as Trainer

CryptoKitties(クリプトキティーズ)

イーサリアムで遊べるゲームといえばまずこのクリプトキティーを連想する方も多いのではないでしょうか?

2017年に開始された猫を育成、売買するゲームでレアな猫を育てると高値で取引もされるこのゲームは、人気が出過ぎて一時イーサリアムのネットワークへ負荷をかけたともいわれています。

独自のタッチで描かれた猫が可愛く大勢のユーザーがいる人気のゲームです。

CryptoKitties | Collect and breed digital cats!

[coin-explan-ETH] [ex-ja-ETH]

ビットコイン週間概況-2/2~2/8

【執筆者】グレン・ランバート(Glenn Lambert)。ニュージーランド出身。2002年に来日し、英国を本拠とするADVFNの日本法人でマネージャーとして従事。FX,株式などの分析ツールのほか、著名レポートも配信している。

【免責事項】当サイトで提供しているビットコインの相場情報等のコンテンツは、執筆者の個人的見解に過ぎず、執筆者及び当社がその内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、かかる情報は、参考となる情報の提供を目的としたものにすぎず、仮想通貨に関して、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、執筆者及び当社は責任を負いません。

日本円 米ドル
価格(2/8終値) 919,604円 8,402.43米ドル
時価総額 154,983億円 1,416億米ドル
2/2~2/8の4本値
始値 高値 安値 終値
1,004,286円 1,022,570円 645,650円 919,604円

週毎の取引・最近4週の調査結果

日付範囲 取引数量(日本円換算) %変化
2/2 ~ 2/8 2,104,773,213,346
1/26 ~ 2/1 1,017,539,250,387 51.7%
1/19 ~ 1/25 1,229,726,430,219 -20.9%
1/12 ~ 1/18 1,516,077,164,632 -23.3%

週間概況と最近の話題

bitflyer-btcjpy-2月13日-2018-17-4-35

先週は仮想通貨投資家にとって引き続き厳しい週となった。中国当局は国内の仮想通貨取引所をブロックし 、JPモルガンやシティバンクなどの米国の銀行は、BTCや他の仮想通貨をクレジットカードで購入する行為を禁止している。 一方、インドのアルン・ジャイトレー蔵相は、国家財政予算の中で、インドはBTCを法定通貨と認めず、仮想通貨による支払いにペナルティを講ずることを検討していると述べた。 同蔵相の声明の直後、BTCの価格は2ヶ月ぶりに低下した。 しかし、今週はより多くのネガティブなニュースが流れ出したため、BTCの価格は13週間の安値(645,650円)まで下落した。

ジム・ヨン・キム世界銀行総裁は、仮想通貨をポンジスキームに例えたこと、国際決済銀行のジェネラルマネージャーである、Agustin Carstensは、BTCをバブル、ボンジスキーム、中央銀行への脅威であると述べた。 彼はまた、BTCのマイニングは大量のエネルギー消費を伴うため、環境破壊でもあると語った。

 

しかし、多くのニュースの中で1つだけ強気の材料が有った。 これはテザーを除く、トップ100のすべての仮想通貨が対米ドルに対して上昇したことである。 BTC自体は水曜日に26%上昇し、8,000ドルを上回った。

 

市場のセンチメント変化の主な理由は、米国証券取引委員会(SEC)米国先物取引委員会(CFTC)の2つの重要な投資規制当局の上院公聴会ためであった。 多くのオブザーバーは、特に過去30日間に過去最大の一日でのクラッシュが発生した仮想通貨市場の事象を考えると、否定的な結果を期待していた。

 

公聴会の議題は、Blockchain技術、ICO、取引プラットフォーム、投資家保護、価格変動、不正行為、盗難などの幅広い話題をカバーした。 全体として、SECとCFTCの双方が、この市場への堅牢な規制の枠組みに対して尽力していることを肯定的なシグナルと参加者はとらえた。 彼らは、ICOが最も規制・監督を必要としており、仮想通貨、Blockchain技術は最小限の規制を必要としていると述べた。

 

SECとCFTCは、Blockchian技術と仮想通貨の両方の可能性について概して肯定的で、公聴会はポジティブな材料となった。 BTCの価格は、その価値がマイニングに依存している為、ゼロにはならないと述べられた。 これは、インターネットが90年代から2000年代初頭にかけて成長したように、米国において仮想通貨も同様に成長するというイメージを投資家にもたらした。

過去の価格との比較

日付 価格 価格差 変化率
2018/2/8(基準日) 919,604円
2018/2/7(1日前) 900,428円 19,176円 2.13%
2018/2/1(1週間前) 1,004,287円 -84,683円 -8.43%
2018/1/8(1ヶ月前) 1,822,662円 -903,058円 -49.55%
2017/11/8(3ヶ月前) 848,878円 70,726円 8.33%
2017/8/8(6ヶ月前) 380,988円 538,616 141.37%
2017/2/8(12ヶ月前) 120,800円 798,804円 661.26%

Prices provided by bitFlyer

現役ディーラーが語る!今週のビットコイン円「とうとう60万円台へ」

【執筆者】 国府勇太(Yuta Kokubu)
ワイジェイFX株式会社 ディーリング部
1984年生まれ。慶應義塾大学卒。大学院時代にFXを知り個人投資家に。
その後、その魅力に取りつかれ、より極めたいとの思いからヤフーグループのYJFXに入社。
現在ディーリング部にて主要通貨のディールを担当。
「マネーライフの課題解決」がモットーで、初心者にわかりやすい解説に定評がある。
現在ヤフー公式ブログ、FX攻略.comでもコラム連載中。

【免責事項】当サイトで提供しているビットコインの相場情報等のコンテンツは、執筆者の個人的見解に過ぎず、執筆者、ワイジェイFX株式会社及び当社がその内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、かかる情報は、参考となる情報の提供を目的としたものにすぎず、仮想通貨に関して、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、執筆者、ワイジェイFX株式会社及び当社は責任を負いません。

こんにちは。国府勇太です。

 

今週(2月12日の週)のビットコイン円の見通しを主にテクニカル面から分析していきます。 

では、さっそく先週までの日足チャートを見てみましょう。

 

btcjpy0212_01

 

先週を一言で表すと「安値更新!」です。

 

2月5日(月)に890,463円でスタートしたビットコイン円。

週明けから大きく下落し、80万円を割る展開となりました。

 

続く6日(火)には下げが加速し645,650円と安値を更新しました。しかしその後は小反発。

 

週末10日(土)には992,600円と100万円まであと一步まで上昇しましたが結局887,384円でクローズしました。

 

週を通して軟調ムードは変わらずでした。

 

 

アメリカの長期金利が上昇していることを受け、世界の株式市場が軒並み下落。

ドル円も108円台に下落する展開となっています。

 

今週の見通しは?

 

一目均衡表を表示してみましょう。

 

btcjpy0212_02

 

先週の記事ではテクニカルのサインはすべて「売り」でした。

しかし今週は少し違います。

 

注目するのは転換線です。

この転換線を現値線(足)が上回ってきました。

これは、売りのサインが少し弱まった状況です。

 

この場合、「第2のレジスタンス」として機能するのが基準線です。

このラインを戻り売りの目安としてショートをするのがテクニカル的には王道です。

 

この基準線まで上回ってしまうとさらに売りサインはなくなります。

その場合はしっかり損切りも行いましょう。

 

最後に。

 

ビットコインキャッシュの台頭もあり、長期的にもビットコインの見通しは不透明になってきています。

 

多くの方は「どれだけ儲けられるか?」という期待でしかマーケットに参入しません。その代償として大きなお金を失うことがあるのがマーケットです。

「まさか」ということが常々起こるのがマーケットです(僕自身も何度もそういった場面に遭遇してきました)。

 

投資をする場合はくれぐれも気をつけて下さい。

 

では、今週もリスク管理に気をつけてがんばりましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。

また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。

これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。

投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ネム払いのお店が見つかる「NEMap」(ネマップ)が話題!NEMをもって街へ出かけよう!

まだまだ寒い日が続きますが、寒いからって家にこもってばかりいても健康に良くない!

そこで今日は、仮想通貨メディアらしく仮想通貨の「NEM」(ネム)で支払いができるお店をご紹介!

みんな大好きNEMを握りしめて、お散歩しながらお店へ行こう!

写真素材 : フクロウ・セグレゲイテッドウィットネス

NEMには「NEMap」(ネマップ)がある!

なんと、ご紹介するまでもなくすでにNEMが使えるお店がまとめてある「NEMap」が存在しています!

これさえ見れれば、「今NEMしかなかったんだ〜!」といういざという時にもばっちり大丈夫ですね! NEMap

NEMapではNEMが使えるお店を随時募集中!

NEMapさんは、NEMapに追加する「NEM払いできるお店」を募集しているので、あなたが知っているけどまだNEMapに載っていない、もしくは自分のお店でNEM払い対応したから載せてほしい!という人もぜひ下のURLのフォームから応募してみましょう!
NEMap 情報提供

仮想通貨の世界長者番付!ランキング1位はリップルの創業者!

仮想通貨長者ランキング
アメリカの経済誌「フォーブス」が仮想通貨における世界の個人資産番付(ランキング)を発表しました。やはりトップにランクインしたのは各通貨の創業者、またはバイナンス等の取引所CEOが名前を連ねています。

仮想通貨長者ランキングベスト10位

早速、仮想通貨の世界長茶番付のランキングベスト10を見ていきましょう。

ランク 氏名 肩書 資産
1位 クリス・ラーセン リップル共同創業者 75~80億ドル
2位 ジョセフ・ルービン イーサリアム共同創始者 10~50億ドル
3位 (CZ)趙長鵬 バイナンスCEO 11~20億ドル
4位 ウィンクルボス兄弟 WinklevossCapital共同創業者 9~11億ドル
5位 マシュー・メロン 個人投資家 9~10億ドル
6位 ブライアン・アームストロング コインベースCEO 9~10億ドル
7位 マシュー・ロスザック Bloq共同創業者 9~10億ドル
8位 アンソニー・ディ・イオリオ イーサリアム共同創業者 7.5~10億ドル
9位 ブロック・ピアス Bitcoin Foundation会長 7~10億ドル
10位 マイケル・ノボグラッツ ギャラクシーデジタルCEO 7~10億ドル
※資産に大きな幅があるのは、通貨の値動きと正確な通貨の保有量を把握できないためとされています。また見逃しているトップランカーや、ランキングが的外れになっている場合もあるという前提での番付になっているようです。

それにしても、そうそうたるメンツです。

1位はリップルの共同創業者のクリス・ラーセン氏で、総資産は約75~80億ドル(日本円にすると8250億~8800億円)になります。

2位はイーサリアムの共同創業者でジョセフ・ルービン氏10~50億ドル(日本円換算で1100億~5500億円)になります。

3位には取引所バイナンスのCEOさらに6位にはコインベースのCEOがランクインしています。取引所のCEO…通貨の創業者がやはりトップランカーのようです。

またイーサリアム創業者のヴィタリック・ブテリン氏はランク外で4~5億ドル(日本円で440億円~550億円)になります。

ふ~ん。。ランク外ってヴィタリック氏はそんなに資産ないんだ…って感覚狂ってます(°m°;)500億円って相当すごい。ちょっと想像できないですからね!!

伝説のナカモトサトシは!?

ほぼ都市伝説みたいになっていますが、ビットコインの論文を書いたとされるナカモトサトシは、100万枚のBTCを保有しているとされています。(ホントかどうかは分からないよ)

ビットコインの発行上限は2,100万枚なので、ビットコインの総枚数の5%を保有している計算です。

さらに、1BTCが100万円だと換算すると100万BTCで1兆円です。ハイ。

よく分からない数字ですが、世界最高の超高級スポーツカーのフェラーリを80年間毎日乗りかえられるぐらいの数字らしいです。(余計に訳が分からんw)

仮想通貨長者ランキングまとめ

仮想通貨の長者ランキングもあまりにも現実とかけ離れているので、パッと想像できませんが夢がたくさん詰まっているということですね!

仮想通貨をあまり知らない人によく「仮想の通貨」と比喩されていますが、決して仮想ではありませんデータの中に実際の価値が存在し、決済や様々な用途で仮想通貨やブロックチェーン技術が活用されようとしています。

まだまだ仮想通貨は発展途上の黎明期です。価格に関してはどうなるかは分かりませんが、これからまだまだ価値が上がるとすれば、今から投資していても億り人(億万長者)になれるチャンスが大いに残っているかもしれませんね(*´罒`*)

現役ディーラーが語る!今週のビットコイン円「とうとう100万円割れ!一体どこまで下がるの?」

【執筆者】 国府勇太(Yuta Kokubu)
ワイジェイFX株式会社 ディーリング部
1984年生まれ。慶應義塾大学卒。大学院時代にFXを知り個人投資家に。
その後、その魅力に取りつかれ、より極めたいとの思いからヤフーグループのYJFXに入社。
現在ディーリング部にて主要通貨のディールを担当。
「マネーライフの課題解決」がモットーで、初心者にわかりやすい解説に定評がある。
現在ヤフー公式ブログ、FX攻略.comでもコラム連載中。

【免責事項】当サイトで提供しているビットコインの相場情報等のコンテンツは、執筆者の個人的見解に過ぎず、執筆者、ワイジェイFX株式会社及び当社がその内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、かかる情報は、参考となる情報の提供を目的としたものにすぎず、仮想通貨に関して、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、執筆者、ワイジェイFX株式会社及び当社は責任を負いません。

 

こんにちは。国府勇太です。

 

今週(2月5日の週)のビットコイン円の見通しを主にテクニカル面から分析していきます。 

では、さっそく先週までの日足チャートを見てみましょう。

 

btcjpy0205_01

 

先週を一言で表すと「止まらない下落」です。

 

1月29日(月)に1,266,005円でスタートしたビットコイン円。特に2月2日(金)には安値779,001円までつけました。

さすがにここを買い場と感じた参加者が多く、一気に反発し2月3日(土)には100万円を超える場面も見られましたがその後はやはり軟調で結局890,468円でクローズしました。

 

先週のフィアット(ドル円)も見ておきましょう。

 

btcjpy0205_02

 

先週のドル円は反発しました。

 

理由は2つです。

まずは、31日(水)にイエレン氏が最後のFOMC(次の議長はパウエル氏)がタカ派発言(追加利上げどんどんしよう)をしたこと。

そして、2日(金)の重要経済指標である雇用統計の結果がよかった(NFP 予想180K 結果200K)ことです。

この2つを受け、ドル買いが進みました。

 

 

今週の見通しは?

 

一目均衡表を表示してみましょう。

 

btcjpy0205_03

 

見ると、テクニカル上のサインはすべて「売り」です。

 

スイングなどの比較的短い時間軸のトレードでは、トレンドにのって「売り」が功を奏しやすいです。

ただ、2月2日のローソク足を見てわかるように80万円割ったところでしっかりと買い支える層もいます。

こういった急反発でやられないよう十分注意して下さい。

 

では、今週もリスク管理に気をつけてがんばりましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。

また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。

これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。

投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



      

ビットコイン週間概況-1/26~2/1

【執筆者】グレン・ランバート(Glenn Lambert)。ニュージーランド出身。2002年に来日し、英国を本拠とするADVFNの日本法人でマネージャーとして従事。FX,株式などの分析ツールのほか、著名レポートも配信している。

【免責事項】当サイトで提供しているビットコインの相場情報等のコンテンツは、執筆者の個人的見解に過ぎず、執筆者及び当社がその内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、かかる情報は、参考となる情報の提供を目的としたものにすぎず、仮想通貨に関して、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、執筆者及び当社は責任を負いません。

日本円 米ドル
価格(2/1終値) 1,004,287円 9,174.50米ドル
時価総額 169,111億円 1,545億米ドル
1/26~2/1の4本値
始値 高値 安値 終値
1,242,900円 1,289,899円 975,000円 1,004,287円

週毎の取引・最近4週の調査結果

日付範囲 取引数量(日本円換算) %変化
1/26 ~ 2/1 1,017,539,250,387
1/19 ~ 1/25 1,229,726,430,219 -20.9%
1/12 ~ 1/18 1,516,077,164,632 -23.3%
1/5 ~ 1/11 1,549,714,241,925 -2.2%

週間概況と最近の話題

bitflyer-btcjpy-2月13日-2018-16-22-2

 

今年の仮想通貨市場は悪いスタートを切った。BTCは1月1日に1,673,600円でオープンし、1月31日に約35%の価格下落である1,097,554円で取引を終えた。月間の騰落率で4年ぶりに最悪の下落であった。

 

興味深いことに、BTCがこのような下落をしたのは、2014年2月以来である。

しかし世の中の環境は4年前から大きく変わり、現在では多くの取引所が存在し、また自分の仮想通貨をスマートフォンに保管できるホットウォレットやオフラインのコールドウォレットが出回っている。 さらにはBTC先物のような金融商品も市場で販売されている。 しかし、BTCの発展に影響を与える乗り越えるべき新しい壁は、当局からの規制である。

 

中国投資家の分析を先週の記事で述べた。中国の投資家の動向は季節的な影響を受け、言い換えれば2月中旬になるとBTCは上昇基調を取り戻すということである。 しかし、市場での一番の懸念事項は当局からの行き過ぎた規制強化であろう。 第一のトピックスは韓国取引所への規制に対する一カ月に及ぶ議論である。 これは、韓国の個人投資家がアルトコインの大口のトレーダーであることが理由である。 しかし、直近において韓国の政府高官からの仮想通貨取引を禁止しないとの発言がこの緊張を緩和している。

 

一方、中国政府がBTCマイニングを規制しようとする懸念もある。 中国のBTCマイニングプールがハッシュレートの70%以上を占めていることを考えると、この件はネットワークの完全性を損なう可能性がある。 しかし、多くのマイニングプールは現在、その拠点を他国へ分散しようと目論んでいる。 更に米国の監督当局は仮想通貨業者への監査を強化しようとしている。 規制強化が2018年の主要テーマとなるであろう。

 

振り返ってみると、1月は挑戦的な1ヶ月であった。BTC価格だけが下落したわけではなく、他の主要なコインやトークンもBTCと同様に大きく値を下げた。しかしながら、トンネルの終わりには光が見えたようだ。時価総額トップ10の仮想通貨のうちの4つがこの流れに追随せず月足が陽線で終わっている。ここでは、現在のような市場が弱気である場合は損失を軽減するためにポートフォリオを分散するのが得策であるとの教訓が生きる。

過去の価格との比較

日付 価格 価格差 変化率
2018/2/1(基準日) 1,004,287円
2018/1/31(1日前) 1,081,102円 -76,815円 -7.11%
2018/1/25(1週間前) 1,242,800円 -238,513円 -19.19%
2018/1/1(1ヶ月前) 1,613,123円 -608,836円 -37.74%
2017/11/1(3ヶ月前) 743,310円 260,977円 35.11%
2017/8/1(6ヶ月前) 292,158円 712,129 243.75%
2017/2/1(12ヶ月前) 111,317円 892,970円 802.19%

Prices provided by bitFlyer

主婦ミーの仮想通貨ブログ!箸休め【月間100万PV達成】

仮想通貨ブログPV100万

昨日、AbemaTVで宇宙の特集を見て頭がぐりぐりになっているママコイナーのミーです。

量子力学と相対性理論恐るべし、弱い私の頭が壊れましたw

2018年1月ももうすぐ終わります。1ヵ月がホントにビックリするぐらい早かったです。

仮想通貨市場の1月は各国で規制、規制、規制、の月で最後にコインチェックのNEM不正送金でてんやわんやでした。

私のこのブログも立ち上げてから半年が経ちました。

そして、1月は遂に大台の月間100万PVを達成することができました!!

仮想通貨ブログPV100万

ホントに嬉しいですが、見えてきた課題や改善点も山積みです!1月は何度かサーバーエラーを起こしてしまって、ブログを見れない時間が多くありました。お叱りの声も頂きました…せっかく見に来てくださっている読者の方をがっかりさせてしまって申し訳ございません。

そして、その前にまずは感謝の気持ちです。本当にありがとうございます!!100万PVなんて正直、夢のまた夢だと思っていました。でもこれって私一人の力ではないんですよね。

沢山の方からサポートやアドバイスを頂いたので、多くの学びをブログに反映することができました。

ミー
いつも当ブログを読んで頂いている読者様、そして当ブログを掲載していただいているニュースアプリの「仮想通貨ニュース」様、並びにアドバイスを頂いた皆々様、本当にありがとうございます!

私の力が数字で表すと「1.2」ぐらいだったら、その他のご助力頂いている方々やメディアの力が「85倍」ぐらいあります。

1.2(自分が持ってる力) × 85倍(ご助力頂いている力)=102となります。(謎な計算式)

要は他力本願ですw私の力は1/100程度です!しかし掛け算なので、当然、私の力が0であれば、どれだけご助力頂いてもイコールは0にしかなりません。

私の力を1.2から1.5にそして2、3と伸ばすことができれば、さらに大きく力を付けることができます。

今後は自分磨きにも力を入れていこうと思っています(๑•̀ㅂ•́)و

仮想通貨ニュースのアプリは下記からダウンロードできます!今の所はios版だけですが、Android版のリリースも楽しみに待っています♪

App Store

また今月から、仮想通貨メディアのCoin Magazine(コインマガジン)さんで寄稿記事の連載をさせて頂いています。

第1弾は、「仮想通貨投資と株式投資の違いについて」という超ド真面目な記事を書かせていただいたので、今後はもう少し崩した記事を書きたいと思っています!第2弾もそろそろ公開されるかな…

はじめまして。 ママコイナーの ミー と申します。 最近では投資とまったく無縁だった方や、私のような普通の主婦や学生さんでも仮想通貨を購入したり勉強したりする方が非常に多くなったと感じています。 本日は普通の主婦だった私が仮想通貨にハマったきっかけと、仮想通貨投資と株式投資の違いについてお話したいと思います。 「仮想通...

さらにBITDAYS(ビットデイズ)さんでも連載が決定し、「ママコイナー直伝!夫婦で始める仮想通貨投資」という連載テーマで、寄稿させていただいています。

自己紹介 はじめまして。ママコイナーのミーと申します。 「主婦が仮想通貨で生活する投資ブログ」というブログを運営していますが、タイトル通りなんとか仮想通貨投資で生活できる水準まで到達でしましたので、今回は私の簡単な自己紹介、投資スタイル、仮想通貨における情報収集方法をお伝えしたいと思います。 私は3人の子供と夫の5人家...

こういった仮想通貨メディアでの寄稿は、普段こちらのブログであまり書かないような、投資方法だったり私自身の話を含めて記事を書こうと考えています。

このブログとはまた違った一面もあるので、ご興味を持っていただけましたらぜひご覧ください(*´˘`*)


そして話はガラリと変わりますが、今回のコインチェック事件で感情的にならざるを得なかった事がありましたので、この場を借りてエントリーさせていただきます。

私が感情的になったこと

感情的

先日のコインチェックショックの事件で、たくさんの方が被害に遭われたと思います。コインチェックに数千万~を預けている方もたくさんおられます。心中お察しします。

セキュリティ体制や対応方法に賛否両論があるのは分かります。

私のブログでは基本的には中立的な意見や立場から物事を判断しようと心がけてはいます。

あまり過激な発言をすると、嫌な想いをする人もいるというのを念頭に置いているからです。

しかし、コインチェックの和田CEOが27歳というところに焦点を当てている報道や、若いからと言って攻撃している方にかなり違和感を覚えました。

それは私が、同じように若いからではなく年長組の立場として非常に感じたことです。

この世界に年齢は関係ない

年齢は関係ない

投資家としてではなく、ブロガーとしてでもなく、イチ個人の人間として言わせてください。

コインチェックの代表取締役の和田晃一良氏が27歳だということで、若いからどうとか報道している方や、年齢について騒いでいる方は完全に無知な発言です。

過激な発言になりそうなことは意識して避けていましたが、今回これだけはハッキリと言わせてもらいます。

和田CEOがどうとか言いたいわけではなくて、この世界では年齢は本当に100%関係ありません。

私も30歳代なので、そういった年配者からの「若い人だから~…」という偏見は少なからず分かるつもりです。でもこの世界で活躍している方は若い方、特に20代の方々は非常に多いです。

私もたくさんの方に支えられてアドバイスをもらって色々と勉強させて頂いていますが、周りの方々は私より若い20代の方がほとんどです。というか私は年齢は気にしていませんでしたが、未だに年齢が若いとかそういった偏見で物事を判断する愚かな大人がいることに悲しいです。

超大手の報道機関のタイトルにも27歳という文字が躍っていました。。その方はイーサリアム創業者のヴィタリック氏を目の前にしても同じことを言えるのですか?それともお若いのに凄いですね。。そして何かに失敗したら、やっぱり若いからダメだったって一瞬で手のひら返しですか?

10代でも20代でも優秀な方や経営者はたくさんおられます。また逆に年配者で経験をたくさん積んでいても無能な方もいっぱいます。(とんでもない当たり前なことを言ってる気がする…)

コインチェックや和田氏をかばっているのではなくて、この世界では年齢は関係ないということを言いたいだけです。

優秀な20代、10代の力は絶大です。そういった若い力をガンガン伸ばせる場所や位置を確保してあげるのが、年長組や大人の役割ではないでしょうか。

ハイ。起承転結ができなかったので、いきなりですが昔やっていたコーナー「本日のパンチライン」のコーナーを久しぶりに復活させます!

本日のパンチライン【Pride /AK-69】

Hey Back in da day 堪えた悔し涙の分だけじゃまだ足りねぇ!OKただじゃ起き上がれんて俺らをまだ見とけ 運命があるなら神様上等くそったれ OK!飲んだ悔し涙の分だけ成り上がれ

Pride /AK-69 × ヤス一番 より

パンチラインというかもう1ヴァースそのままのリリックですが、響くものがあったのでそのまま使わせてもらいました。

仮想通貨界で活躍している方や成功をしている方を見ると、楽しそうで羨ましいなぁと思うこともあるかもしれませんが、色々な苦い経験をされている方も多くおられます。外には決してそういった部分は見せていませんが、悔しい思いや、もう無理って思うような経験を糧にして乗り越えた方が、成功を掴み取れるチャンスが訪れるのではないでしょうか。

私も、知識がない、日本語すらよく間違っていたり、英語ができな時点で劣っているとよくけなされますが、何も気にしていないです。毎日勉強あるのみです。

今は少しでも誰かの役に立ちたいと強く思って記事を書いています。清貧でいいです。人の道を外れず筋を一本通してるつもりです。迷いなんて一切ないです。アフィカスと呼ばれようと自分のやっていることに恥じらいはありません。誇りを持ってます。誇り高きカス野郎です。

以上です。

常に感謝の気持ちを忘れずに月に一回は、またこういったどうでもいい箸休めの記事を書いていきたいと思います(*˘︶˘*)

今後は、より見やすいブログを目指して、見えてきた山積みの改善点等を直していこうと考えています。相変わらずな私ですが、今後ともよろしくお願い致します!

それではまた☆