スマホアプリ

No tags for this post.

Money Tapリリース!マネータップで24時間365日手数料無料で即送金可能に!

SBIホールディングス株式会社の子会社で電子決済等代行業を営むSBI Ripple Asia株式会社が、スマートフォン用送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」のサービスを開始しました。

9月26日にはSBI Ripple Asia株式会社が、財務局で電子決済代行業者としての登録を完了したことを発表していました。

[kanren postid="4329"]
[btn class="lightning big"]口座開設のお申込みはこちら [/btn]

24時間365日手数料無料で送金が可能!

24時間365日送金手数料無料で銀行間の即時送金が可能なスマホアプリ「マネータップ」がサービスを開始しました。
10月4日にSBIホールディングスが公式サイト上で発表しました。

このサービスは国内銀行の住信SBIネット銀行株式会社、スルガ銀行株式会社、株式会社りそな銀行の3行が参加しており、ripple(SBI Ripple Asia)が提供する分散型台帳技術「xCurrent」を利用しています。

サービス内容

マネータップの画期的な点は下記の3点です。 [aside type="boader"]

  1. 24時間365日即時反映で送金可能
  2. 他行宛の振込手数料無料
  3. 電話番号やQRコードで送金可能
[/aside] 他行宛というのは3つの参加銀行間のことで、その他の銀行へのサービスには現在残念ながら対応していません。
しかし参加銀行は今後増える予定だとし、サービスの拡大が期待されます!

  • マネータップの銀行間振込手数料
[table id=4480-001 /]

また、送金に際して口座番号情報以外にも電話番号やQRコードを使用できる点も注目されています。
より手軽な決済手段としてのツールに活用されることも考えられ、すでに店舗のウリの一つとして採用されているケースも見られます。

サービスの利用には該当口座が必要

マネータップの利用には、参加銀行であるSBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行いずれかに口座を開設している必要があります。
まだの人はぜひこの機会に口座開設しておきましょう。

特にSBI銀行は手数料や証券口座の併用での利便性など、投資との相性が非常に良い銀行なのでおすすめです!

[btn class="lightning big"]口座開設のお申込みはこちら [/btn]

iOSとAndroidで無料ダウンロード可能

Money TapはApp StoreならびにGoogle Playにて10月4日より順次ダウンロード可能となっています。
ダウンロードは無料で、口座情報を登録すればすぐに使用することができます。

SBIネット銀行に登録してマネータップを利用しよう!

[bank-SBI_NET_BANK] [kanren postid="4329,4377,538"] No tags for this post.

Liskがウォレットアプリをリリース!ベルリンで行われたミートアップで発表

仮想通貨LSKの開発チームがが2018年10月5日、ドイツのベルリンにて行われたLiskのミートアップにて、iOSとAndroid向けにモバイルアプリ「Lisk Mobile」を公式リリースしたと発表しました。

[kanren postid="1278"]

Liskがウォレットアプリをリリース!

Liskから公式にウォレットアプリがリリースされ、App StoreとGoogle Play Storeで入手することが可能になっています。
アプリでは仮想通貨LSKアカウントの履歴や残高確認ができる機能などを搭載しており、今後のアップデートによりさらに洗練されていくことも併せて発表されました。

リスクモバイルアプリでできること

公式発表ブログによると、このアプリは品質とセキュリティを真剣に考えたうえで、リリース前に社内で3つのバージョンを公開したと述べています。 アプリには以下のような機能が搭載されています。 [aside type="boader"]

  • Liskアカウントの登録
  • LSKトークンの送金要請
  • LSKトークンの送金
  • パスフレーズでのサインイン
  • 取引履歴の確認
  • 残高確認
[/aside]

今後のアップデート予定について

今回リリースされたアプリLisk Mobile 0.3.0は今後実装されていく機能として、以下の4つのカテゴリに分けることができるとしています。 [aside type="boader"]

  1. セキュリティ
  2. 生体認証によるアクセス 継続的なサインイン アカウントのパスフレーズのバックアップ テストカバレッジの向上
  3. オンボード(ユーザに動作を理解させるためのチュートリアルなど)
  4. さらに精巧な開始画面 動的オンボード アプリケーション内のどこからでもサポートにアクセスできる
  5. デザイン
  6. シークレットモード(保有LSKの価格やIDの非表示) ナイトモード
  7. 利便性
  8. 確認されたトランザクションの通知 着信トランザクションの通知 ブックマークされたアカウント
[/aside] Liskはこれらの実装が完了したのち、2019年後半に予定している完全なLisk Mobileのリリースに集中できるとしています。 具体的な実装予定の機能としては多言語対応、市場情報やデザインのオーバーホール(点検、修正)です。 また、2週間後にはアプリのフィードバックフォームの配布を予定しているとのことです。

[ex-ovse-Binance] No tags for this post.

BitTradeの取引アプリ「BitTrader」なら取引から資産管理が全て完結!

世界最大級の仮想通貨取引所Huobiが買収したことで話題となったBitTradeですが、今回は同社がリリースしているアプリ「BitTrader」についてご紹介します。
bittrade
[btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn]

BitTradeはXRPもMONAも扱う国内の優良取引所

簡単に取引所としてのBitTradeについてご紹介します。
取り扱っている通貨は下記の6種類、8通貨ペアです。 [aside type="boader"]

  • 取扱通貨
  • BTC、ETH、XRP、MONA、LTC、BCC
[/aside] [aside type="boader"]
  • 取扱通貨ペア
  • BTC/JPY、XRP/JPY、LTC/BTC、ETH/BTC、MONA/JPY、MONA/BTC、BCC/JPY、BCC/BTC
[/aside] 2018年9月12日、シンガポールを中心に世界中に拠点を置く世界最大級の仮想通貨取引所Huobi(フォビ)がBitTradeを買収したと発表し、注目を集めました。
BitTradeについて詳しくは下記の記事をご覧ください。

[kanren postid="3377,4098"]

BitTraderはアプリひとつで取引から資産管理まで完結できる!

BitTradeが提供しているBitTraderの特徴としておさえておきたいのが、「アプリだけで市場分析から取引、さらには資産管理まで完結できる」という点です。
取引したあとは、もちろん出金して日本円の口座へ移すことも可能です。

それではアプリ画面を参照しながら詳しく見ていきましょう。

仮想通貨のリアルタイム価格がわかるホーム画面

アプリを立ち上げるとすぐに現在の売買レートが表示されます。
これは一番気になる上にこまめにチェックしたい情報なので、アプリを立ち上げてすぐに確認できるのは助かります。

さらに右上部の「ニュース」をタップすると、仮想通貨情報を中心にした金融総合情報サイト「MoneyToday」のニュースをチェックすることができます。

[aside]補足
MoneyTodayとは、ビットトレード株式会社が運営するニュースサイトです。
「金融をもっと身近に。」をコンセプトに、わかりやすく丁寧に今日知るべきお金の情報を発信しています。 [/aside]

カスタマイズ可能なチャートが見やすくて使える!

下タブの「チャート」を選択してチャート画面を表示します。
各表示箇所の情報は上の画像を参照してください。 画像引用:BitTrade

トレンド系・オシレーター系共に必要なインジケーター設定が可能

上の画像6番にあるように、BitTraderにはトレンド系とオシレーター系それぞれ投資家に合わせたインジケーターの設定が可能です。
設定できるインジケーターは下記の通り。
[aside type="boader"]トレンド系:移動平均線、指数平滑移動平均線、ボリンジャーバンド オシレーター系:MACD、RSI、ストキャスティクス、DMI[/aside]

初期設定では上の図のようにトレンドの移動平均のみ表示するように選択されています。
オシレーターも表示させたい場合は、上記の画面で希望のインジケーターを選択してください。 [aside]補足
インジケーターとは?
データを様々な計算で加工して、買い時・売り時の判断をするための指標で、視覚的にわかりやすく、取引をするうえで大きな助けとなります。 [/aside]

取引板が見られる取引画面では成行・指値での注文が可能

BitTraderでは、取引所「BitTrade」での取り扱い通貨と同じ6通貨、8通貨ペアの成行注文と指値注文に対応しています。
また、買い板/売り板が確認できるので、「今」の気配をリアルタイムで見ることができ、スムーズな取引をサポートしてくれます。

資産状況が一目でわかる口座管理画面

最上部に総資産額が日本円で表示され、資産内容を円グラフで視覚的にわかりやすく表示してくれます。
買い足しや売却にぜひ活用したいですね。

BitTraderについてまとめ

BitTraderについてのポイントは以下の通りです。
[aside type="boader"]チャート分析から取引、資産管理にいたるまで全てに対応した優秀アプリ![/aside] Huobiによる世界的な資本が参入したことにより、今後のサービス展開も広がっていく可能性が期待されています。
公式発表を待ってからでは登録が混み合うことも考えられますので、口座開設は早めに済ませておくことをおすすめします!

[ex-jp-BitTrade]No tags for this post.

使いやすいと話題!Liquid by Quoine(リキッド)ライト版アプリをインストール!

セキュリティが高く取引手数料が無料で人気の国内取引所Liquid by Quoine(元QUOINEX)が、初心者向けの取引アプリ「Liquid by Quoineライト版」をリリースしたことをご存知ですか?
ダウンロード無料で、非常に使いやすいと話題です!
どんな特徴があるのか、また、使い方についても解説していきます!

iosはこちらから! Androidはこちらから!

Liquid by Quoineとはどんな取引所?

Liquid by Quoine(リキッド)は、世界で初めて2017年9月に金融庁より仮想通貨交換業者として登録を受けた国内取引所です。
QUOINE株式会社が運営し、日本、シンガポール、ベトナムを拠点にサービスを展開しています。

また、およそ70億円と言われる資金を1日で集めることに成功した独自トークンLIQUID(リキッド,QASH)が話題になり、その名前から、新仮想通貨取引所サービス 「Liquid」を提供開始しました。
詳しくはこちらから!

[kanren postid="3982"] [rank-101-quoinex]

既存のQUOINEXアプリから完全移行!

実は、Liquid by Quoineには旧取引所であるQUOINEXによる「QUOINEXアプリ」も存在していました。
しかし今回のLiquid by Quoineへのアップデートに伴いすでにAppstoreではダウンロードできなくなっています。

QUOINEXアプリについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

[kanren postid="3169"]

QUOINEアプリとLiquid by Quoineライト版アプリにはどのような違いがあるのでしょうか?
下記の表を参考にして下さい。

[table id=3997-01 /]

いかがですか?
ライト版アプリでは、レバレッジ取引といったやや高度な取引はできないものの、対応可能通貨がQUOINEXアプリの2種類から全種類の5種類になっています。
仮想通貨初心者の人や、現物取引を中心に行いたい人にはぴったりのアプリと言えます。

また、Liquid by Quoineは、セキュリティの高さに定評があり、「ユーザーの仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所」と自負しているほど。
※2018/2/13現在 QUOINEX社調べ


その高いセキュリティ対策はアプリでも引き継がれており、安心して取引ができます!
また、手数料無料(取引手数料・ロスカット手数料・口座開設手数料・口座維持手数料)の点も初心者にはうれしいポイントです。

利用にはLiquid by Quoineのアカウントが必要です。口座開設がまだの方は下のボタンからどうぞ!

iosはこちらから! Androidはこちらから!

アプリ画面を紹介!

では、実際のアプリ画面はどんな風になっているのでしょうか?

ダウンロード後とホーム画面

ダウンロードすると左上の画面が立ち上がり、イメージキャラクターのコインコがチュートリアルをご紹介。
かわいいキャラクターとすっきりしたアプリデザインで、誰でも始めやすいアプリ画面になっています。

初回以降は、アプリを立ち上げると右上のようなホーム画面が表示されます。
ホーム画面の内容については、下記のようなものがあります。 [aside type="boader"]

  1. ビットコインリアルタイムレート
  2. チャートの推移
  3. 取り扱いアルトコイン一覧
[/aside] 整理された内容なので、初めてみる人でも直感的に操作しやすくなっています!

iosはこちらから! Androidはこちらから!

取引画面

実際の取引画面はこのような形になっています。
まずは左側の画像ですが、ホーム画面から取引したい仮想通貨を選択、最下部の「◯◯◯の取引画面を開く」ボタンをタップします。

すると右のような取引画面に変わりますので、買いたい場合は赤、売りたい場合は緑のボタンをタップしてください。
こちらで取引完了!
初心者にも中級者以上の方にも、ストレスなく取引が可能なアプリになっています。

iosはこちらから! Androidはこちらから!

Liquid by Quoineライト版アプリの評判は?

twitterでは、このLiquid by Quoineライト版アプリはどのような評価をされているのでしょうか? 早速確認していきましょう!








このように、アプリ自体だけではなく、使い方の資料についても高評価となっています!
仮想通貨投資初心者はもちろん、上級者でも使い勝手の良いアプリであることを伺わせますね。

おわりに

iosはこちらから! Androidはこちらから!

Liquid by QuoineがリリースしたLiquid by Quoineライト版アプリについてご紹介してきました。
直感的に操作ができる、非常にすっきりした使い勝手の良いアプリです。
初心者から上級者まで満足できるアプリですので、ぜひダウンロードしてみてください。

No tags for this post.

米ヤフーファイナンスアプリで仮想通貨4種の取引が可能に

世界最大級のファイナンスプラットフォームであるアメリカのヤフーファイナンスが、iOSアプリ上で仮想通貨取引に対応したとして注目を集めています。
8月30日に同社のブログ上で発表されました。

取引可能通貨は4種類

海外取引所であるCoinbaseやRobinhoodのアカウントをリンクさせることで、ヤフーファイナンス上で仮想通貨の取引ができます。
2018年9月現在、対応通貨は下記の4つです。 [aside type="boader"]

  1. ビットコイン
  2. ビットコインキャッシュ
  3. イーサリアム
  4. ライトコイン
[/aside] 年間7,500万人のユーザーを持つヤフーファイナンスから、個人投資家のさらなる流入が予想されます。

Web版でもトップページにリアルタイムのチャート画面を追加

Web版ではまだ取引には未対応ですが、トップ画面に仮想通貨のチャートが追加されています。
ETFやトレンド株情報などと並んで仮想通貨のチャートがリアルタイムで確認できるようになっており、今後の仮想通貨サービスの広がりが期待されます。

仮想通貨・ブロックチェーン関連の最新ニュースもキャッチできます。
CoindeskやFX Empireなどの大手ニュースサイトからのホットな記事に加え、Yahoo VIDEOという動画ニュースも配信されています。

他端末への今後の対応とヤフージャパンの動き

米ヤフーファイナンスで現在取引ができるのはiOSアプリのみですが、今後Android版、PCデスクトップやモバイルのWebでも対応していくとしています。

気になるヤフージャパンの動きについてですが、2018年4月には100%子会社であるZコーポレーションが仮想通貨交換業者であるビットアルゴ東京取引所に資本参加を表明しています。
報道時には、2018年秋に取引所の開始を予定しているとのことでしたので、近いうちに嬉しいニュースが入るかもしれません。

[recommend-ex] No tags for this post.

bitbank.ccがスマホアプリのリリースを公式に発表!

bitbankがスマートフォンアプリをリリースしたことを発表しました。

・「ビットバンク iPhoneアプリ」の特徴
  • ビットコインやリップルを含む6種類の仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、モナーコイン、ビットコインキャッシュ)をiPhoneアプリから取引可能
  • 100種以上のテクニカル分析で本格的な相場分析が可能
  • チャートも取引も24時間365日リアルタイムで更新
  • オフラインのコールドウォレット採用。マルチシグでハッキング対策も万全
  • 仮想通貨交換業登録済(第00004号)の事業者による運営
引用 : iPhoneアプリ提供開始のお知らせ

bitbank(ビットバンク)が以前から要望の高かったスマートフォンアプリをリリースしました。

先行してiOS版がリリースされ、続いてAndroid版のリリースも予定されています。

[kanren postid="2078"] [kanren postid="244"] [ex-jp-bitbank.cc] No tags for this post.