スマートコントラクト

No tags for this post.

NEM(ネム)の買い方・購入方法は?将来性や特徴も徹底解説!

ネムを買ってみたいけど、どうやったら購入できるの? ネムって国内の取引所でも購入できるの? 仮想通貨ネム(NEM)は2016年から2017年に価格が200倍にも高騰しており、数あるアルトコインの中で将来性が期待されている ... No tags for this post.

米大手銀行JPモルガン・チェースがイーサリアムベースのブロックチェーンQuorumで金の延べ棒をトークン化

アメリカの銀行大手JPMorgan Chase&Co.(JPモルガン・チェース)が、自社のブロックチェーン「Quorum(クォーラム)」を使って金の延べ棒をトークン化します。

金融資産をトークン化して中間マージンの発生を省く

CCNの伝えるところによると、JPモルガン・チェースのQuorum(クォーラム)はイーサリアムベースのブロックチェーンで、事前にプログラムされたルールに従ったスマートコントラクト機能を備えています。
今回の金塊のトークン化は、Ethereum Enterprise Alliance(イーサリアムエンタープライズアライアンス)とのパートナーシップにより開発されました。

JPモルガン・チェースのブロックチェーンイニシアチブの責任者であるUmar Farooq(ユマール ファラク)氏は次のように述べています。

我々は、アプリケーションからプロトコルまで、スタック全体を所有する唯一の金融プレイヤーです。

We are the only financial player that owns the entire stack, from the application to the protocol

Quorumによりトークン化された資産は、効率的にデジタル化して分散型台帳に移動することができます。
この開発によって取引所や中間業者の必要性を無くし、コスト削減に繋がれば私たちユーザーにも金銭的なメリットが生まれます。

JPモルガン・チェースについて

JPモルガン・チェースの総資産は2.534兆ドルで、時価総額では世界でもっとも価値のある銀行です。
このような世界的な金融機関が最新技術であるブロックチェーンを開発・活用していくことは業界の発展にも大きく貢献することに繋がります。

また、JPモルガン・チェースは仮想通貨の機関投資家に向けた保管サービスの提供を検討している主要銀行の一つでもあり、今後も仮想通貨関連のニュースで注目が集まりそうです。

[recommend-ex]No tags for this post.

イーサリアムクラシック(ETC)とは?特徴・将来性を徹底解説

昨年仮想通貨元年を迎え本格的に仮想通貨取引が活発になると、今では世界規模で仮想通貨の取引や決済が行われるくらい普及してきました。 2008年に初めての仮想通貨であるビットコインが誕生してから、たくさんの仮想通貨が作られる ... No tags for this post.

イーサリアムの特徴や将来性は?入手方法を徹底解説

2018年に入り全体的に価格が暴落するなど苦境に立たされている仮想通貨市場。 価格が高騰した2017年に比べると、価格が下がり気味のため、今後価格は上がるのか、将来性はあるのかが気になる人も多いのではないでしょうか。 今 ... No tags for this post.