ネム

コインチェック不正送金NEM「460億円補填」は本当に可能か検証の結果は?

f:id:herosclub:20180205193419j:plain

 

インチェック「460億円補填」は本当に可能か

 

1月26日、仮想通貨の大手取引所であるコインチェックは、日本円にして約580億円分の仮想通貨が不正に送金されたと発表した。過去最大規模となる今回の流出事件から、取引所のシステム不備や大金を生む取引所の収益構造など、熱狂する仮想通貨市場の盲点が浮き彫りになった。(「週刊ダイヤモンド」編集部 田上貴大)

 

 仮想通貨取引所のコインチェックで、売買も出金もできなくなった──。

 

 1月26日、インターネット上に溢れるこうした投稿を見て、30代の男性投資家は焦りを覚えた。自身がコインチェックに預けているのは、日本円にして約5000万円。居ても立ってもいられず、仕事が終わるとすぐに職場の埼玉県川口市からコインチェックの本社がある東京・渋谷に駆け付けた。

 

 だが、本社前に投資家や報道陣、やじ馬が何十人も集まって騒然とする様子を目の当たりにして、事態の深刻さを痛感。その瞬間、「お金は返ってこないかもしれない」と覚悟を決めたという。

 

 同日深夜、渦中のコインチェックは記者会見を開き、一連の騒動について説明。そこで明らかになったのは、日本円にして「約580億円に相当する仮想通貨が不正に送金された」(大塚雄介最高執行責任者)という流出被害だ。

 

 仮想通貨といえば、ブロックチェーン(分散型台帳)を使った暗号技術によって、通貨としての安全性は盤石と言われてきた。その一方で、2014年に破綻したマウントゴックスに続き、大手取引所での不正流出が発覚した。その背景には何があるのか。

 

 今回、不正送金の被害に遭ったのは、「NEM(ネム)」という仮想通貨。保有するネムの「ほぼ全額」(和田晃一良社長)が流出した。

 

 無論、コインチェックは不正送金の被害者だ。しかし、その被害の原因とされているのが、同社の不十分なセキュリティー対策だ。

 

 仮想通貨を購入すると、現金を財布に入れるのと同様に、専用の「ウォレット」と呼ばれるサーバーなどに保管する。これには、オンライン上で保管する「ホットウォレット」とインターネットから切断して保管する「コールドウォレット」の2種類がある。

 

 当然、コールドウォレットの方が安全性は高いのだが、コインチェックは「技術的に難しく、人材が不足していた」(和田社長)という理由から、ネムをホットウォレットに保管。さらに、マルチシグネチャという複数の暗号鍵を用いることでセキュリティーを高める仕組みも導入していなかったのだ。

 

 だが、ある取引所の社員は「仮想通貨をコールドウォレットに移す作業は難しくない」とその不手際を指摘する。また、取引所のビットポイントの小田玄紀社長は「ウォレットの種類以上に、サーバーのセキュリティーレベルを証券会社など金融機関と同等まで高めることが必要。クラウド型サーバーでは不十分。加えて24時間365日監視する態勢が最重要」と業界全体の底上げの必要性を説く。

 

 システムの不備が露呈したコインチェックだが、同月28日には流出したネム保有者26万人に、自己資金から日本円で約460億円を補填する方針を発表。30日深夜には、停止していた出金についても「数日中に見通しを知らせる」と再開の意思を示すなど、騒動の収拾に向けて前進し始めた。

 

取引高は4兆円も業界内で異論噴出
460億円の補填策

 

 一見、資本金が1億円に満たないベンチャー企業であるコインチェックが、460億円もの現金を捻出するのは難しそうに思える。だが、ある取引所の幹部は「あり得ない数字ではない」と言う。

 

 理由は大きく二つ。一つは、「国内ナンバーワン」をうたう取引高だ。1月に放映されたテレビ番組で、前出の大塚氏はその額を「月間で4兆円」と披露した。

 

 もう一つが、同社の収益構造だ。仮想通貨の取引所は、株取引と同様に「指し値」「成り行き」の注文方式を用いて投資家同士で売買するものと、「成り行き」のみで胴元から直接購入する「販売所」と呼ばれるものの二つに大別される。

 

 後者の販売所は、海外取引所から安く買った仮想通貨を投資家に高く売るため、その差額であるスプレッドが大きい。「(スマートフォンの)アプリ利用者数ナンバーワン」を自負するコインチェックは、アプリ内では販売所のみを展開しており、そこで大きく稼いでいると推測されるのだ。

 

 その収益力を知ってのことか、買収の気配も漂いつつある。ある金融機関関係者は、コインチェックに近しい人物から「すでに証券会社やIT企業からアプローチを受けたと聞いた」と明かす。

 

 一方で、業界内では稼ぐ力に異論も出ている。「そんなに補填に資金を回せるとは意外だ」。別の取引所の幹部も、460億円という金額に疑問を抱く。というのも、「コインチェックの利益は月に10億円ほどと聞いていた」からだ。

 

 しかも補填の方針は出したが、時期は不透明。揚げ句には、「顧客対応も含め全ての説明が不十分」と金融庁が業務改善命令を出す始末だ。まずは、突き付けられた“不十分”を改善することが急務だろう。
http://diamond.jp/articles/-/158391

 

麻生金融担当大臣、コインチェックの資産検証「終わってない」

 

麻生太郎金融担当相は5日の衆院予算委員会で、金融庁が立ち入り検査を実施した仮想通貨取引所インチェックの顧客資産の保管状態について「まずはその状況を検証していくことになる。(検証は)終わっているわけではない」と述べた。

 

 金融庁は2日、コインチェックへの立ち入り検査を始めた。同社へは資金決済法に基づく業務改善命令も出しており、原因究明や管理体制の強化などを取りまとめ、13日までに報告するよう求めている。

 

 一方、コインチェックは3日、顧客の日本円は金融機関の専用口座に保全していると発表。ビットコインなどの仮想通貨も、安全性を高めるために、インターネットから切り離して保管していると説明した。
http://www.sankei.com/economy/news/180205/ecn1802050008-n1.html

 

仮想通貨取引所Coincheck」を運営するコインチェックは2月3日、日本円の出金再開について「準備を進めている」と改めて発表した。具体的な再開時期については明らかにしていない。顧客がアカウントに保有している日本円は「金融機関の顧客専用口座に保全されている」と、安全性をアピールしている。

 

Coincheckは1月26日、不正アクセスを受け仮想通貨「NEM」約580億円相当を流出。同日から日本円と全仮想通貨の出金を停止した。1月30日、「出金機能の再開見通しを数日中に公表する」と発表していた。

 

 2月3日の発表では、「日本円出金に伴う技術的な安全性等について、確認・検証中であり、再開に向けた準備を進めている」「確認・検証を踏まえ、日本円出金の再開時期を知らせる」と告知したが、具体的な再開時期は明らかにしなかった。

 

 顧客がアカウントに保有している日本円は「金融機関の顧客専用口座に保全されている」と安全性をアピール。顧客の仮想通貨(BTC/ETH/ETC/LSK/FCT/XMR/REP/XRP/ZEC/LTC/DASH/BCH)も「ホットウォレットから退避し、コールドウォレット等に保管している」という。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1802/05/news062.html

 

出川哲朗さん、CM出ちゃってヤバイよ!ヤバイよ!コインチェックで風評被害

 

インチェックの仮想通貨の一種「NEM(ネム)」が約580億円分も盗まれた事件で、テレビCMに出演していた出川哲朗(53)が風評被害に見舞われている。嫌われ芸人から一転、好感度が上がっていたのに思わぬ逆風が吹いた。(夕刊フジ

 

 好感度アップを受け、ピザチェーンや通信会社などのCM出演が相次ぐ出川。コインチェックのCMには昨年12月から出演。一人二役のCMはインパクトが強く、新規参入しやすい環境を生んでいた。しかし28日、同社の公式サイトから出川の画像と動画削除された。

 

 「CMはある意味、看板と同じ。タレントの信用度や好感度が高いからCMに起用される。タレントが不祥事を起こせば、企業のイメージが損なわれるのと同じで、企業の不祥事はタレントのイメージを悪化させる」と広告代理店関係者。

 

 このCMがきっかけでコインチェックに関心を持った購入者も少なくはない。実際出川のCMが放送されて以降、同社のユーザー数は10倍に増えたとされる。そのためかネット上では出川への恨み言も上がっている。

 

 一方、「出川が悪いわけではない」「かわいそうだ」という擁護の声もある。そんな中、ある占いの結果が、ネットをざわつかせている。

 

日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』では、今月7日の放送回でレギュラー陣の運勢を占ったのですが、出川の運勢はレギュラー9人中、8番目とあまりありませんでした。しかも『今年とても大切にしていた何かを失います』と指摘されていたんです」とテレビ誌編集者。

 

 このため、ネット上では「占いが当たったのでは」との書き込みが相次いでいる。不幸が連鎖しなければいいのだが…。
http://www.sankei.com/entertainments/news/180205/ent1802050006-n1.html

 

コインチェックNEMハッキングを徹底追跡するハッカー・エンジニアたち!

f:id:herosclub:20180126183615p:plain

f:id:herosclub:20180204213832j:plain


 

インチェック分析:ハッカーが取引所で換金? 拡散続く盗難ネムを追跡

 

仮想通貨取引所インチェックから約580億円相当の仮想通貨NEMネム)が流出した問題で、流出したネムの拡散が進んでいる。

 

ハッカーと関連があるとみられる口座から、仮想通貨取引所2カ所とみられる口座への送金も確認されている。ハッカーが不正に入手したネムを、法定通貨や匿名性の高い別の仮想通貨への交換を試みたとみられている。

 

匿名のホワイトハッカーが、NEMを送受信するなどハッカーとの関連が疑われる口座をマークするなど追跡作業を続けている。対象の口座には、次のような文言が付されている。

 

みずなし。コインチェックの盗難された資金で、取り引きを受け入れるな。この口座の所有者はハッカーだ」(mizunashi.coincheck_stolen_funds_do_not_accept_trades:owner_of_this_account_is_hacker)

 

みずなし」は、追跡作業をしているホワイトハッカーの名のようだ。

 

エンジニアの清水勇介さん(28)は、盗難されたネムの動きを可視化するプログラムを組んだ。清水さんは「ブロックチェーンは、すべての取り引きが公開されているとは言うが、自分を含め直感的には理解しづらいものがある。これらを可視化することで、さまざまな議論の土台になればいい」と考えた。

 

以下の図は、清水さんのプログラムを基に、関連する資金の動きを簡略化したものだ。

 

中央のNC4は、2018年1月26日に、5億XEMXEMネムの通貨単位)を超えるネムが不正に送金された口座で、今回のハッキングの中心に位置付けられる口座だ。

大きい青は、「ハッカーだ」とマークされた口座を示し、小さい青はハッカーの口座から送金を受けるなどの関連が疑われる口座だ。オレンジは、その他の口座を示す。

 

匿名のホワイトハッカーが作成したとされる追跡システムで、「所有者はハッカーだ」とマークされる口座は、ネムの送受金などハッカーの口座と何らかのつながりのある、すべての口座にマークが付されるわけではない。清水さんは「口座にある程度まとまった金額が送られるなどの条件がありそうだ」と分析する。

 

2月1日には、アメリカとニュージーランドを拠点とする取引所2カ所とみられる口座にも送金が記録されている。この送金は、ハッカー法定通貨や匿名性の高い別の仮想通貨への交換を試みた動きとみられている。

 

不正流出したネムの動きを分析しているエンジニア小副川健さん(36)は「取引所に何らかの痕跡が残るかもしれない。少なくとも、最初よりずっと手掛かりが増えた」と話す。

 

解析は、清水さん、ブロックチェーン・ベースの電子政府システムCOMMONS OSの開発を進めているエンジニア河崎純真さん(26)と小副川さんの協力を得た。
https://www.businessinsider.jp/post-161536

 

No tags for this post.

【最新】仮想通貨のおすすめ銘柄(コイン)ランキング!【2018年版】

ペンタごん
2018年おすすめの仮想通貨銘柄が知りたい!
亮平
僕がランキングで紹介するね!

元銀行員ブロガーの亮平です。

今回は 2018年おすすめの仮想通貨銘柄 を、ランキングで紹介しますね。

仮想通貨銘柄はすでに数え切れないほどのコインがあり「どれを買えば良いんだろう…」と悩んでしまいますよね。

そんな方へ、僕が自分で調べておすすめできる銘柄を紹介しますので、ぜひ参考にして下さい!

ペンタごん
投資するかの判断は、自己責任でお願いします!

 

0.仮想通貨おすすめ銘柄のランキング基準

仮想通貨おすすめ銘柄のランキング基準
  • 銘柄の紹介(時価総額ランキング)
  • 特徴と将来性
  • おすすめの取引所

まず前提として、 おすすめ銘柄のランキング基準 についてお話しますね。

各銘柄の紹介には、coinmarketcap.comから時価総額ランキングなどを引用してきます。

 

上記の画像の通り、時価総額や出来高などが一度に見れて便利ですよ。

ひとまずは、一番左の青枠で囲んだ時価総額ランキング(RANK)だけでもチェックするようにしましょう。

 

また、その銘柄の特徴と将来性、そして購入する際におすすめの取引所をあわせて紹介しますね。

もっと詳しく知りたいという方は、各銘柄の紹介記事リンクへ飛んでみて下さい。

 

1.イーサリアム(Ethereum:ETH)

亮平
まずは大本命のイーサリアムだね
ペンタごん
アルトコインの王様だね!

第1位はイーサリアムです。

時価総額ランキングは第2位で、『アルトコインの王様』とまで言われている銘柄です。

 

時価総額3位のリップルからも大きく引き離しており、ビットコインに代わる大本命として期待されています。

将来有望とされるプラス材料も多いので、一緒に見ていきましょう。

 

①イーサリアムの特徴と将来性

亮平
イーサリアムの最大の特徴は、『スマートコントラクト』だね!

イーサリアムは、ビットコインをさらに進化させた次世代の仮想通貨と言われています。

それが 『スマートコントラクト』 と言われる技術で、『契約の自動化』なんですね。

 

簡単に言ってしまえば、ビットコインは単なる取引(決済)目的で使用されますが、イーサリアムは取引と同時に契約まで行う事ができるというわけです。

取引ごとにメモ機能が加わっているというイメージが分かりやすいでしょう。

なので、『ビットコインの弱点を補った通貨』とも言われているんですね。

(『ビットコイン投資やってみました!』P.39より)

そしてこのイーサリアムの技術と相性が良いのが、何かと契約が必要な企業なんですね。

イーサリアムのスマートコントラクト技術の活用を目指す企業の集まりとして、 『EEA(イーサリアム企業連合)』 が発足しました。

マイクロソフト・インテルなどの世界的有名企業だけでなく、日本では僕が勤務していた三菱UFJフィナンシャル・グループや、さらにはトヨタ自動車も参加するまでに。

イーサリアムの特徴は、そのまま将来性にも繋がってきます。

多くの大企業での実用化にともない価値の上昇が期待できる、まさしく最注目の銘柄といえるでしょう!

>>関連記事:イーサリアム(Ethereum)とは? 特徴や買い方、おすすめの取引所!

 

②イーサリアムでおすすめの取引所は?

イーサリアムはビットフライヤーZaifといった国内の主要取引所で購入する事が出来ます。

しかし安く買いたいなら、迷わずZaifをおすすめします

亮平
Zaifはアルトコインでも『取引所』があるからなんだね
ペンタごん
『早く買うなら販売所』と『安く買うなら取引所』のやつだね!

ビットフライヤーは 『販売所』 形式で、販売元から直接買うようになっています。

販売所だとすぐに買えるんですが、どうしても手数料が高くなってしまうんですよね。

一方で、 『取引所』 形式にて参加者同士で売買すると、販売所より手数料を安くできます。

この『取引所』が、 Zaifはアルトコインでもある のでおすすめですよ。

>>関連記事:【販売所と取引所の違いは?】ビットコインで必須の知識!【仮想通貨】

 

2.リップル(Ripple:XRP)

亮平
第2位はリップルだよ!
ペンタごん
最近よく聞くコインだね!

第2位はリップル。

イーサリアムに次いで時価総額は第3位であり、国内でもリップルを強く推す人達も多く、 『リップラー』 と呼ばれています。

ちなみに リップルの通貨単位は『XRP』 ですが、よく オーガーの『REP』 と間違えられるので注意しましょう。

(『ビットコイン投資やってみました!』P.89より)

 

①リップルの特徴と将来性

亮平
リップルの大きな特徴として、送金スピードがとても速いんだ

リップルの一番の特徴は、なんといっても送金スピードの速さです。

イーサリアムやビットコインよりもはるかに速く、国内取引所から海外取引所に送る時も、たった数分で入金されてしまうほどです。

この送金スピードの速さと低コストが注目され、すでに世界中の金融機関が、このリップルを使った送金サービスの導入を検討中。

日本でもSBIホールディングスはリップルとの関わりが強いですし、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行といったメガバンクも提携しています。

特に三菱UFJ銀行は、リップルの技術を活用した新しい海外送金を2018年から始めると公表しています。

僕も銀行に勤めていた人間なのでよく分かるのですが、既存のシステムを使いがちな金融機関が新たなサービス導入に動くという事は、やはりそれだけ画期的なシステムなんですね。

金融機関を中心に大きく普及するであろうリップル、将来性も期待できますね。

 

②リップルでおすすめの取引所は?

リップルは、国内の仮想通貨取引所だとビットバンクで間違いないでしょう。

Zaifにはリップルの取り扱いが無いので、 『取引所』 形式で安く買えるのはビットバンクだけなんですね

試しにリップルを買う際の、 コインチェックの『販売所』  ビットバンクの『取引所』 の価格の差を見てみましょう。

  •  コインチェックの『販売所』 :1XRP=247.80円
  •  ビットバンクの『取引所』 :1XRP=243.286円

たしかにビットバンクの方が安いですね。

なのでリップルを買う時は、 ビットバンクの『取引所』 を使いましょう。

>>関連記事:【リップルの買い方・購入方法】取引所はコインチェックよりビットバンクがおすすめ!

 

3.ビットコイン(Bitcoin:BTC)

亮平
仮想通貨の代表ビットコインにも注目だね!
ペンタごん
今年はどうなるか!

第3位はビットコインですね。

イーサリアムに追い上げられていますが、今も仮想通貨の代表として時価総額1位を守っています。

まだまだ世間の多くの人にとって、『仮想通貨=ビットコイン』のイメージは強いので、やはり認知度は大事ですね。

 

①ビットコインの特徴と将来性

ビットコインの特徴といえば、なんといっても広く普及している事ですね。

すでにビックカメラをはじめ、ビットコインで支払えるお店はずいぶん増えてきています。

 

この認知度の高さ、普及率がビットコインの先駆者としての強みでしょう。

ただし、イーサリアムのように技術面でビットコインを上回る銘柄があるのも事実であり、将来性という面ではやや不安が残りますね…。

2018年のビットコインにも、目が離せません。

>>関連記事:ビットコインとは?特徴やチャート、購入方法を分かりやすく解説!

 

②ビットコインでおすすめの取引所は?

ビットコインはどこの仮想通貨取引所でも、基本的に購入ができます。

ただし、 『販売所』 形式は避けて、かならず 『取引所』 形式にて購入するようにしましょう。

安く買うには取引手数料がなんとマイナスのZaifがおすすめですよ。

>>関連記事:【総まとめ】Zaif(ザイフ)取引所のメリット・デメリット・評判!

 

4.ネム(NEM:XEM)

亮平
第4位はネムだね!
ペンタごん
コミュニティが強い銘柄だね!

第4位はネムです。

時価総額は10位と他の銘柄に比べ劣りますが、ネムならではの大きな特徴に期待して第4位にランキングしました。

 

①ネムの特徴と将来性

亮平
ユーザーにとっての一番の魅力は、活発なコミュニティだね

ネムのユーザーは『NEMber』と呼ばれており、コミュニティを盛り上げるべく日々楽しそうなやり取りが見られています。

リアルなイベントも多く見られ、一番注目されたのは、渋谷にある『nem bar(ネムバー)』ですね。

また、各地でミートアップと称されたイベントも日々見られています。

コミュニティの強さがよくわかりますね。

 

 

またネムの価格が上がる好材料の大本命と言われているのが、 『カタパルト』 です。

『カタパルト』とは、ざっくり言うとネムをパワーアップするプロジェクトの事です。

 

ネムの処理スピードが向上が期待され、大きな注目の的となっています。

カタパルトがネムへ実装される時期は2018年と言われているので、注目しておきましょう。

 

②ネムでおすすめの取引所は?

 『Zaifコイン積立』 というサービスを使えば、ネムを毎日、積立する事ができます。

月1,000円からで、一度設定すればあとはほったらかしでOK

忙しい人にもピッタリのサービスです。

 

Zaifコイン積立はネムの他に、イーサリアム・ビットコイン・モナコインに対応しているのでぜひどうぞ。

僕も月1万円ずつ積立していますよ。

>>関連記事:ネム(NEM/XEM)とは?特徴や買い方、今後の予想!

 

5.CMSトークン(COMSA:CMS)

亮平
第5位はCOMSAのCMSトークン!
ペンタごん
ICOサービスで注目されているやつだね!

最後に、意外とあまり知られていないCOMSAのCMSトークンを紹介。

COMSAはざっくり言うと、仮想通貨のICO(新規売り出し)を手伝ってくれるサービスです。

 

ICOを行うには、ブロックチェーン技術などいろいろな準備が必要ですが、COMSAがサポートする事により、ICOがスムーズに行えると話題になりました。

そこで、COMSAを開発したテックビューロ社が、まず自社でICOとして売り出したのが、『CMSトークン』なんですね。

 

①CMSトークンの特徴と将来性

COMSA上の今後のICOにともない、CMSトークンでICO銘柄を購入する事でボーナスが付与されるなどのメリットが予定されています。

そしてCMSトークンの将来性ですが、個人的には大きく期待できると思っています。

 

理由はシンプルで、COMSA経由で他のICOが話題になれば、CMSトークン自体も注目されるからですね。

COMSAについては、前向きな予想をしている人は多いですね。

 

②CMSトークンでおすすめの取引所は?

CMSトークンは、Zaifのみで購入可能です。

イーサリアムベースとネムベースの2種類がありますよ。

(僕はネムベースで保有しています)

 

COMSAとCMSトークンの詳細については、こちらをどうぞ。

>>関連記事:【COMSAまとめ】CMSトークンのチャート、今後の価格予想

 

6.【最新】仮想通貨のおすすめ銘柄(コイン)ランキング!【2018年版】まとめ

ペンタごん
うーん、どれもすごく欲しくなったよ…
亮平
少額でいいから、持っておくといいね!

いかがだったでしょう。

今回ご紹介したのは、すべて僕も購入している、おすすめの銘柄(コイン)です。

 

どれも優れた特徴があり、将来性に期待できる銘柄ばかりですね。

少額でもいいので、少しずつ持っておくのがおすすめですよ。

ワクワクに胸をふくらましながら、さっそく購入しておきましょう!

今回紹介した銘柄(コイン)ランキング
  • 第1位⇒イーサリアム:時価総額2位、スマートコントラクトに注目。Zaifがおすすめ
  • 第2位⇒リップル:時価総額3位、送金の速さで金融機関を中心に普及か。ビットバンクがおすすめ
  • 第3位⇒ビットコイン:仮想通貨の代表。ダントツの知名度だが2018年はどうなるか
  • 第4位⇒ネム:コミュニティが特徴で、持ってるだけでも楽しい。Zaifで積立がおすすめ
  • 第5位⇒CMSトークン:COMSA上でのICOにより大きく伸びる可能性あり。Zaifでのみ購入可

 

▼おすすめの取引所ランキングもどうぞ!▼

あわせて読みたい

コインチェック流出した仮想通貨「NEM」、他コインに交換か

インチェック流出した仮想通貨「NEM」、他コインに交換か

ICO応募の形跡

 

仮想通貨交換業者コインチェックから580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した問題で、流出先の口座の持ち主がネムを他のコインに交換した可能性があることが2日分かった。奪ったネムから少額をフィリピンのIT(情報技術)企業の資金調達に応募した形跡が見つかったほか、チェコの仮想通貨両替サービスにも送金されたようだ。ネムを他の通貨に換える方法を模索しているとみられる。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26503380T00C18A2EA4000

changelly(チェンジリー)とは、チェコ共和国のMinerGateという会社が2013年から運営している仮想通貨の両替サービスのことです。 チェンジリーは「低い手数料での両替」「取り扱いコインの豊富さ」「登録の簡単さ」と3拍子揃った特徴を持っています。 他にも似たような両替サービスはありますが、ここまでの完成度と利便性をかね備えたサービスは他にはありません。
https://business-infinity.jp/changelly-howto-use/

ホリエモン、仮想通貨流出問題で「返金はされる。コインチェックはものすごく儲かっていたと思いますから」

 

実業家・堀江貴文氏(45)が2日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に出演。仮想通貨取引所「コインチェック」(東京都渋谷区)から顧客資産の仮想通貨NEM(ネム)580億円分が不正に流出した問題について持論を展開した。

 

 今回の事件について「仮想通貨が盗まれたということでコインチェックは一応、被害者なんだけどね。金庫から盗まれた。金庫の鍵が甘かったということで」と解説した堀江氏。

 

 「今後、刑事事件になっていく可能性もあって、内部の情報も完全に分かってない。不用心に全てをさらけ出すみたいな感じにできないので、金融庁も立ち入り検査したわけだし。世論も圧力みたいなのもあったと思うけどね」と私見を披露した上で肝心の返金については「返金はされると思います。コインチェックはものすごく儲かっていたと思いますから」と分析。

 

 「今回の件で一言、言えるとしたら、ネムがむちゃくちゃ有名になったということ。それは確かです」と話した。
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180202-OHT1T50106.html

 

 

No tags for this post.

DMM Bitcoinの特徴を解説!DMM BitcoinならXRPやXEMなど人気のアルトコインでレバレッジ取引ができる!

本記事では 「DMM Bitcoin」 の特徴とおすすめポイントについて解説します。

レバレッジ取引に特化した DMM Bitcoin で、ぜひ各種アルトコインのレバレッッジ取引にチャレンジしてみましょう!

[btn class="rich_yellow"] DMM Bitcoin 公式サイトはこちら [/btn]

DMM Bitcoinの特徴!

取引可能な仮想通貨は全7種、通貨ペアは合計14種類!

DMM Bitcoinでは仮想通貨7種類のうちBitcoinとEthereumの2種類が現物取引可能で、その2種を含め全てでレバレッジ取引が可能です。

[box class="green_box" title="おすすめポイント!"]

アルトコインのレバレッジ取引ができるので、相場が停滞気味の時や、価格が下がる一方の時でも利益を出すことができる!

[/box] DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

取引手数料、入出金(送金)手数料などが無料!

DMM Bitcoinは手数料が無料で取引することができます。
※ レバレッジ手数料を除き、手数料が無料。

さらに利益として得た日本円や現物の出入金も手数料無料です。

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

PCブラウザはもちろん、スマホアプリにも対応!

PCでの取引も可能で、さらに見やすい画面のスマホアプリもあるのでトレードの幅が広がります。

[box class="green_box" title="おすすめポイント"]

スマホアプリなら外出中のもしもの時にでもすぐに取引をすることができます。

また自宅で取引をする時でも、PCに向かって座りながらだけでなく、スマホアプリなら楽な姿勢で取引できることもうれしいメリットです。

[/box] DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

サポートが365日24時間対応!さらにLINEでも連絡可能!

仮想通貨取引所の対応としては例のない、24時間365日対応可能なサポートなのですぐに連絡することができます。

[box class="green_box" title="おすすめポイント!"]

仮想通貨の取引は、いつでも送金可能という特性から休日や祝日、深夜から早朝などと時間を選ばずに行えます。

ただ通常の取引所だとサポートの対応時間が10:00〜18:00までなどとなっているので、自分が頻繁に取引する時間にアクシデントが起こると途方に暮れることもあります。

さらに返信も一ヶ月返ってこないなどという取引所もある中、DMM Bitcoinの24時間365日対応可能、さらにはLINEでも問い合わせ可能というのは非常にうれしいポイントです。

[/box] DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

初心者コンテンツも充実!

DMM BitcoinのDMM.comグループ会社らしいポイントですが、上の画像のように「仮想通貨の取引について」や「取引の流れ」、リスクなどについて解説しているコンテンツが充実しています。

[box class="green_box" title="おすすめポイント!"]

これから仮想通貨取引をはじめるという人はぜひ読んでおきましょう!

すでに取引を経験している人でも、取引所ごとに「板取引」や「販売所形式」などといった違いもあるので、復習の意味で一読してみることをおすすめします。

[/box] DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

DMM Bitcoinに関するTwitterまとめ

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

DMMグループ創設者の亀山会長もコメント!

DMMの亀山会長もDMM Bitcoinスタートを機に仮想通貨投資を始めるとのコメントをしています。

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録方法

口座簡単は簡単3STEP

口座解説は3つのステップで簡単に登録することができます。

必要なものも「メールアドレス」だけで、あとは自分の情報を入力して「本人確認書類」を撮影してアップロードすれば完了です。

数日後にDMM Bitcoinから確認の葉書が届いたら取引を開始することができます。

[btn class="rich_yellow"] DMM Bitcoin 公式サイトはこちら [/btn]

さいごに

とうとう仮想通貨業界へ参入を果たしたDMM Bitcoin。

種類の豊富なアルトコインでレバレッジ取引ができて手数料無料など魅力が満載です。

確認の葉書が到着するまで数日かかるので、興味のある方は登録が混み合う前に早めの登録をおすすめします!

[box class="blue_box" title="関連記事"] 「DMM Bitcoin」が正式発表!DMMビットコインは2018年1月開設予定の7銘柄を取り扱う国内取引所! [/box] [aside type="boader"]

DMM Bitcoinで開催中のお得なキャンペーンの詳細はこちら!

[kanren postid="5259"][/aside] No tags for this post.

コインチェックから不正送金されたNEMが米と新の取引所への送金を確認

NEM.io財団朝山理事が、コインチェックから不正送金されたNEMがアメリカとニュージーランドの仮想通貨取引所への送金を確認したと発言していることをロイターが報じています。

[box class="green_box" title="関連記事"] 関連記事 : コインチェックに対し金融庁が立ち入り検査を実施 [/box]

報道によると2018年2月1日に行われた会見でNEM.io財団朝山理事(兼 Zaifを運営するテックビューロ社代表取締役所長)が発言したもので、コインチェックから不正送金されたNEMが同財団の特命チームにより新たに アメリカの仮想通貨取引所「Poloniex」(ポロニエックス) と、 ニュージーランドの仮想通貨取引所「Cryptopia」(クリプトピア)へ送金されたことが確認されました。

すでに取引所とは連携しており、犯人が換金できないように働きかけているとのことです。

また近年では大口の換金が難しくなっていることから、犯人の今後の動きとしては小口に分けて分散させ追跡を撹乱させるなどの可能性があり、すでに複数の国の捜査当局への協力を要請していることも明らかにしました。

[box class="green_box" title="仮想通貨投資では「複数の取引所に登録」してリスクマネジメント!"]

仮想通貨取引所は過去のマウントゴックス事件もあるように、「一つの企業が運営する = 集権的」なものが多数を占めています。

一つの取引所のみに仮想通貨を預けて取り引きを行うと、その会社が経営破綻したりハッキング被害などを受けた場合に全ての資産を失う可能性があるので、仮想通貨投資をするなら複数の取引所に登録しておくことをおすすめします。

[/box] [ex_list_ja]No tags for this post.