ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)

No tags for this post.

ビットコインキャッシュ、ハードフォーク以降価格好調で15%の上昇

要点

・ハードフォークによる分裂後のビットコインキャッシュ価格が順調に上昇しています。
・改めて振り返るビットコインキャッシュの歴史についても解説。

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)、価格が上昇


※画像引用元:BitcoinCash


今から1カ月前の11月15日、ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)はハードフォークによって2つに分裂され、ビットコインキャッシュはこれまでのハードフォーク後より、今回のハードフォーク後の状況の方がはるかに良い状況になっています。

周知の事実ですが、ビットコインキャッシュは、ビットコインのハードフォークによって誕生した仮想通貨です。
Binance(バイナンス)によってマイニングされたブロックナンバー「661647」が、最終ブロックとなって、分裂しました。
もともと、BCHのハッシュパワーが最も高いため、BCHタイトルを取得し、ビットコインキャッシュノード(Bitcoin Cash Node/BCHN)となって、新しいビットコインキャッシュABC(BitcoinCash ABC/BCHA)が誕生しました。

分裂を繰り返すビットコインキャッシュ




今から約2年前の2018年11月15日、ブロック容量(大きさ=対応可能トランザクション数)についてコア開発陣の中で意見が一致せず、ビットコインキャッシュブロックチェーンはビットコインキャッシュとビットコインSVに分裂しました。



※画像引用元: CoinMarketCapより


ビットコインSVはハッシュパワーの点で、より小さなチェーンとして浮上したものの、最初はBCHとのリスクの高い、勝者がすべてを占めるハッシュ戦争に従事し、マイニンググループは他のブロックチェーンから優先側にリソースを再割り当てを実施していました。

その後、ビットコインSVはビットコインキャッシュ側に対し、最終的に降伏。
ビットコインキャッシュの横で共存していくことに同意し、現在に至っています。
その結果、当時のBCH取引は不安定で、2018年11月5日、1BCH=627.70ドルの前後で推移していたものの、分割当日には293.19ドルにまで急落し、1カ月後は79.90ドルにまで暴落と言える下落を見せました。

最近の好調な価格は、最新のハードフォークがほんの一瞬だった可能性があることを示しています。
しかし、ビットコインとは異なり、BCHは、ビットコインから分離してわずか数カ月後の2017年12月19日にヒットした過去最高の3,719ドルからはほど遠いままの価格で推移して今に至っています。

過去3年半の間に3つのハードフォークが実行され、ビットコインキャッシュの開発者、マイナー、およびユーザーは、ビットコインキャッシュを正しい方向に突き進めるため、コア開発者らを中心に、妥協する練習の必要に迫られているのかもしれません。

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)の歴史




2009年に運用が開始されたビットコインに、急激な取引量の増加に伴い浮上したスケーラビリティ問題に端を発し、2017年8月1日にバードフォークして誕生したのがビットコインキャッシュです。

ハードフォークとは、仮想通貨の根幹技術であるブロックチェーンが分岐され、各チェーンが独立した道を歩んでいくことを言います。

ビットコインキャッシュについて改めておさらいをしていくと、ビットコインと同様、Proof of Workを採用しており、発行上限は 2,100 万枚と設定されています。
もともとはビットコインであったことから、多くのシステムがビットコインを同じ仕様になっており、半減期についても4 年に1度訪れるようにビットコインキャッシュプロトコルにて設定されています。

ただし、ビットコインと異なるのが、先にも説明したスケーラビリティ問題に揺れ、ハードフォークが実施された問題である、ブロックサイズです。
現時点のビットコインのブロックサイズは1MBのままであるのに対し、ビットコインキャッシュは 32 MB と32倍の許容量に設定されています。
ブロックサイズが大きいことで、一度により多くの取引処理を目指したのがビットコインキャッシュです。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインキャッシュがハードフォークを実施でグレードアップ予定

要点

・ビットコインキャッシュがハードフォークの実行へ
・ハードフォークによる影響について

 

ビットコインキャッシュがハードフォークを予定


※字幕アイコンをクリック⇒設定アイコンをクリック⇒字幕⇒自動翻訳⇒日本語に設定で日本語訳が表示されます。

 

仮想通貨のビットコインキャッシュ(BitcoinCash)がロードマップ実現のため、ハードフォークによってアップグレードする予定であることが、ビットコインキャッシュの開発を行っているBitcoinABCによって発表されました。

 

なお、ハードフォークは今月15日日本時間の21時頃を予定しています。
また、今回はビットコインキャッシュの機能面におけるハードフォークを予定していることから、通貨が分裂する可能性は低く、新規通貨の発行予定はありません。

 

 

ハードフォークで変わること

ビットコインキャッシュは世界中の誰もが利用できる健全なお金になることを目指しています

 

5月15日と11月15日の年に2回、プロトコルのアップグレードが実施されており、今回のアップグレードを通じて4点のグレードアップが行われる予定です。

 

トランザクションチェーンの制限が25から50に増加。
スクリプトでのOP_REVERSEBYTESオペコードのサポート。
新しい「SigChecks」メソッドを使用した署名操作のカウントの改善。
マイナーが活性化するインフラ資金計画のサポート。

 

ビットコインキャッシュでは、プロトコルの最適化とアップグレードにより、ピア・ツー・ピア(P2P)のデジタルキャッシュが制限を超えて何桁もスケーリングできるようになります。

 

グレードアップについてBitcoinABC側は

この競争の激しい業界で競争するためには、ビットコインキャッシュを継続的に改善する必要があります。私たちはビットコインABCで、ビットコインキャッシュが世界でこれまでにない最高の資金になるために必要なインフラストラクチャの構築に取り組んでいます。

としています。

 

 

ハードフォークによる各社の対応

 

2017年にブットコインから分裂し、新たな仮想通貨として誕生したビットコインキャッシュは、今月12日に半減期を迎えたビットコインより一足早い、日本時間の先月8日21時20分に初めての半減期を迎えたばかりです。

 

半減期を迎えたことで、これまでのマイニング報酬12.5BCHから6.25BCHに半減した事により、多くのマイナーの粗利益はほぼゼロになったといわれています。

一部マイナーがビットコインキャッシュのマイニングから撤退したほか、ハッシュレートの低下がみられたことが要因となり、ブロック生成が遅延しました。

 

 

今回予定されているハードフォークによる各社の対応

birFlyer
5月15日(金)午後4時頃から、ビットコインキャッシュ預入/送付を停止する予定。

Coincheck
5月15日17時頃を目安にビットコインキャッシュの入出金を一時停止予定で、安定した稼働を確認次第、再開の予定

Zaif
ビットコインキャッシュの入出金を5月15日(金)15時頃から一時停止する予定で、安全性が確認でき次第再開する予定。

楽天ウォレット
入出庫の安全性を考慮し、2020年 5月15日(金)18時より一時的にビットコインキャッシュの出庫および楽天ウォレットへの入出庫状況の反映を停止する予定。
この間、「楽天ウォレット(現物取引)」アプリ上にてビットコインキャッシュの出庫手続きおよび入出庫状況の確認ができません。

 

 

ハードフォークによる価格への影響はある?

 

ビットコインキャッシュは14日4時の時点で236.780 USD(前日同時刻比+1.09%)前後を推移しています。

チャートを見てみると、先月の半減期のタイミングで一時的に価格が上昇したものの、すぐに値下がりしています。
その後、現在まで微弱な上昇を続けていますが、まだまだ価格は低迷中と言えそうです。

 

 

今後、ビットコインの値上りにつられてビットコインキャッシュも値上りが期待されていることから、しばらくはビットコインとビットコインキャッシュの価格に注目したいところです。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.