ビットコイン谷

No tags for this post.

【速報】スポーツベットアイオーがアーセナルFCとパートナーシップ契約を締結!

 

 

当サイトでも非常に人気のある

ブックメーカーサイトのスポーツベットアイオー(Sportbet.io)ですが、

スポーツベットアイオーアーセナル・フットボール・クラブ

3シーズンのオフィシャルベッティングパートナー契約を締結しました。

 

プレミアリーグにスポーツベットアイオーのロゴが掲出決定

スポーツベットアイオーのロゴが、

「ガナーズ(砲撃手)」の愛称で親しまれるアーセナルの本拠地であるエミレーツスタジアムに掲出されます。

また、スポーツベットアイオーはアーセナルと協同で、

グローバルキャンペーンやアーセナルの週間試合予想などのイベントを企画・実施する予定です。

 

今後のキャンペーン予定

アーセナルFCファンの方には最高のキャンペーンが予定されています。

  • スポーツベットアイオープレイヤーのための試合観戦旅行
  • ヨーロッパ開催のアウェー試合にアーセナルの選手と遠征
  • スポーツベットアイオーとアーセナルFCのファンのためのスペシャルコンテンツ
  • 練習場訪問とホームゲームのピッチサイドへのアクセスパス

今後もアーセナルFCに関するキャンペーンなどが継続的に行われる予定の為、

いつお得なキャンペーンが始まっても出遅れないように準備をしておく事をオススメします。

 

アーセナルFCと契約締結したSportbet.ioで遊ぶ!

 

「最大」所要時間「2分」で登録!Sportsbet.ioへの登録方法は?

Sportsbet.ioでは本人確認など煩わしい手続きは必要なく、

ログインID・パスワード・生年月日・Eメールアドレスのみで登録できます。

まず、こちらにアクセスを行い、右上の「アカウントの作成」をクリックします。

 

登録完了画面がでてきて会員登録完了です。

ブックメーカーに関して気になる点がある場合は、

下記記事をご覧ください。

3分で始める!ビットコインブックメーカー(sportsbet.io)のはじめ方

 

 

Sportbet.ioはこちらから!

 

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

クラーケン、銀行憲章承認を受けワイオミング州にクリプトバンク設立

要点

・アメリカで信頼度の高い老舗仮想通貨取引所のクラーケン(Kraken)がクリプトバンク(仮想通貨銀行)を設立することが分かりました。
・銀行を設立するのは、クラーケン・ファイナンシャルで、ワイオミング州が考案した新しい枠組みの下で規制されるとのことです。
・クラーケンによる銀行設立の動きは、仮想通貨取引所が非仮想通貨資産の取引を開始できることを意味しています。

クラーケン(Kraken)がクリプトバンクの設立へ


(※kraken-financialBlogより)


同社は水曜日の発表で、アメリカのワイオアミング州に拠点を構える仮想通貨取引所Kraken(クラーケン)が、同州の新しい規制の枠組みの下で銀行を立ち上げ、その製品を拡大すると発表しました。

ワイオミング州が世界初のSPDI(special purpose depository institution=特別目的預金金融機関)の設立を承認し、ワイオミング州に本社を置くクラーケン・ファイナンシャル(Kraken Financial)は、SPDIの下で、ワイオミング州銀行部門によって規制されるとのことです。
新しい構造は仮想通貨会社向けに設計されており、クラーケンは特定の銀行機能をクライアントに提供し、取引所の主要な銀行関係として効果的に機能できます。

クラーケン・ファイナンシャルのデイブ・キニツキー(Dave Kinitsky)CEO(最高経営責任者)は

私たちは、私たちの哲学と価値観に非常に一致した状態で働くことに興奮しています。ワイオミングは、思慮深い規制がFinTech企業のイノベーションを促進できる珍しい輝かしい例です。サードパーティプロバイダーへの依存度が低くなり、規制の観点からの確実性が高まることで、新しい顧客セグメント向けに新製品を発売できるようになり、クラーケンにとってより良い銀行インフラストラクチャーを表しています。

とメディアインタビューで答えています。

クリプトバンクが稼働するとどうなる?




実際にクリプトバンクが動き出した後もクライアントは既存の銀行と同じように、クラーケンファイナンシャルで直接バンキングでき、既存の為替サービスにシームレスに統合され、より良い資金調達インフラストラクチャー、より良い経験、および規制の明確化を提供するとのことです。
キニツキーCEOは、第1フェーズでは、お客様に最適な銀行になると期待し、フェーズ2または3では、新しいサービスと製品の提供を開始すると今後の展望も語っています。

今回の発表では、クライアントが請求書を支払ったり給与を仮想通貨で受け取れるだけでなく、デジタル資産を投資ポートフォリオに組み込めるなど、詳細に説明しています。
クライアントは、他の銀行と同様に、クラーケンファイナンシャルで直接銀行取引ができ、設立される新しい金融機関は、アメリカの他銀行と「ほぼ同じように」規制されます。
キニツキーCEOは、未来の仮想通貨経済と現在の既存金融エコシステムとの間の、“世界の信頼できるかけ橋”になるというビジョンを実現するために、SPDI憲章を申請したと述べています。

なお、クラーケンは今後完全に独立したクリプトバンクを運営し、第三者の金融機関への依存を減らすことができるようになるほか、仮想通貨デビットカード、イールド口座、口座管理サービス、仮想通貨ステーキングサービスなどの新製品の発売にもスムーズにできると述べています。

ただし、銀行としてのクラーケン・ファイナンシャルは、ワイオミング州の法律によって、常に法定通貨の預金の100%の準備金を維持することを要求されており、すべてのクライアントが同時に法定通貨の引き出しを要求した場合、クラーケンファイナンシャルは、ローンの残高に関係なく、各引き出しを即座に実行しなければならないとされています。

同社は当初の運用では、アメリカ居住者にのみアカウントを提供しますが、将来的にはサービスをアメリカ以外の国にも拡張する予定で、サービスの拡大に伴い、資産管理、財務サービス、さらには証券まで提供できる可能性があると述べています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

クリプトクジラがブロックチェーンゲームの仮想不動産を買収する理由

要点

・ブロックチェーンベースのゲームサンドボックスで、仮想の土地区画を販売しています。
・仮想通貨取引所のバイナンスとNFTコレクターのホエール・シャーク氏がこれまでのトップオーナーです。

注目のNFT主導ゲーム


※動画引用先:サンドボックスゲーム…「The Sandbox – Gaming Platform Teaser Trailer」  


バイナンス(Binance)とホエール・シャーク(WhaleShark)氏は、NFT(※1)主導のゲーム「サンドボックス(The Sandbox)」のトップランド男爵として登場し、デジタル小包を一斉に収集しています。
(※1)NFTとは、Non Fungible Token (ノン・ファンジブル・トークン)の頭文字から来ており、NFTERC721という名前の標準規格にもとづいてつくられるトークンを指しています。

現在、ブロックチェーンベースゲーム界では不動産ブームで、香港に拠点を構えるモバイルゲームを手掛けるAnimoca Brands社のサンドボックス(Sandbox)は、地平線上で最も有望なブロックチェーン主導のゲームの1つであり、ファイナルファンタジーの開発者であるスクウェア・エニックス(Square Enix)社やケア・ベア(Care Bears)などの多様なパートナーに加え、いくつかのトークンプリセールを通じてクリアされました。

プレセールのほとんどが、Minecraft風の共有ボクセル世界におけるゲームの仮想プロパティであるランド(LAND、The Sandboxメタバース上の土地を指します。)向けで、これはインタラクティブなゲームやエクスペリエンスに開発、収益化、レンタル、必要に応じた販売ができます。これまでのところ、サンドボックスはLANDトークンの販売を通じて150万ドル(約1億6,000万円)以上を調達していますが、サンドボックスはまだ正式には公開されていません。

しかし、サンドボックスでは、異なるLAND男爵のペアがすでに登場し、大きな注目を集めています。
Sandboxの共同創設者兼最高執行責任者であるセバスチャン・ボルジェ(SébastienBorget)氏は、

彼らのコミュニティを活用し、ユーザーを斬新な方法で引き付けることは非常に理にかなっています。プレイヤーによって多くの自由をもたらし、私たちの$ SANDトークンによってサポートされる経済的なインセンティブにより、彼らに報酬を与えることができるまったく新しいエンターテインメントフィールドを一緒に作成します。

とコメントしています。

BinanceとThe Sandboxは最近タッグを組んでおりBinanceはゲームの$ SANDトークンの$ 3ミリオンの売却をホストし、次に4,012の自社のLANDトークンを購入しています。
ボルジェ氏によると、Binanceの関与は、ゲームが一般大衆に公開される前に、ゲームとその独自の経済のプロファイルを押し上げているとのこと。

一方のホエール・シャーク氏は別の種類のLANDオーナーで、謎の人物が$ WHALEを作成しました。
これは、NFTの所有権を中心に構築された“social currency(社会的通貨)”と呼ばれ、デジタル資産の個人的なコレクションがVault(※金庫)に保管されています。彼のサンドボックスLANDトークンは、Gods UnchainedやCryptoVoxelsなどの他のブロックチェーン主導型ゲームのゲーム内アセット、およびSuper Rareのアートワークとともにあります。

NFT資産自体に価値を見いだす


(※SANDBOX Blogより引用)


Binanceとホエール・シャーク氏はどちらも、NFT資産自体に価値を見いだしており、他のNFTと一緒にVaultに保存するためにLANDの重要区画を買い取り、長期的に価値を認めることを期待して長いゲームをしています。
The Sandboxと協力してゲームの宣伝と普及を支援しているBinanceにも、長期的なメリットがあり、短期的には、仮想不動産はさまざまな要素を開発するための強力なユーティリティを提供するだけでなく、他のゲーマーやコミュニティ全体と交流する機会も提供すると考えている。また、長期的にこれらは希少性と実用性を考えると、貴重な資産であると考えられます。

そのような背景からBinanceはサンドボックスと協力している他のIPと一緒に、サンドボックスは仮想不動産をますます価値のあるものにする大きなコミュニティを作成していくとみているようです。

BinanceとWhaleSharkはどちらも、ゲーム内で仮想LAND自体を実際に利用する予定です。ボルジェ氏によると、ホエールシャークは$ WHALEコミュニティのアーティストやクリエイターの豊富な供給を利用し、LANDを自由に貸したり、それらの過程で付加価値を構築できるようにする計画を立てていると述べています。
先週のLAND購入の発表で、BinanceはゲームのNFT作成コンテストを開催し、LANDをクリエイターに配布すると発表しています。

なお、サンドボックスは、12月に予定されているパブリックベータテストの立ち上げによって、より多くのユーザーに開放されます。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨投資家激増!?コインチェックの大規模アンケートの結果に驚愕

日本最大級の仮想通貨取引所であるコインチェックが、コロナショック以降の仮想通貨投資家の動向について集計したアンケート結果を公開しました。

このアンケート結果によると、コロナショック以降に仮想通貨を購入したユーザーは約48%と、半分近いユーザーが厳しい状況の中でも仮想通貨への投資を続けていることが判明しています。

また、2020年以降に仮想通貨へ参入したユーザーも20%ほど存在しており、市場の活性化が期待できる結果となりました。

コインチェックがユーザーの心理を調査

コロナショック以降、仮想通貨投資家は一体どのような心理状況にあるのでしょうか。

そんな疑問を解決するべく、仮想通貨取引所のコインチェックは、5,987名のユーザーに対してWEBアンケート調査を行いました。

今回のアンケートでは、主にコロナショック以降に仮想通貨を購入したか、またどのようなものへ投資したかについて重点的に調査されており、仮想通貨ユーザーの動向が非常に分かりやすく伺える結果となっています。

コロナショック以降も投資を続ける傾向が高い

アンケート結果によると、コロナショック以降に仮想通貨を購入したユーザーは47.8%にものぼることが分かりました。

世界経済が深刻なダメージを受けている中、これだけ多くのユーザーが仮想通貨を購入していることに、驚きの声が多数挙がっています。

これだけ仮想通貨が購入されているのは、投資商品が軒並み暴落したことも大きな要因のひとつではあるかと思いますが、金融緩和や現金配布によるインフレリスクが意識され始めたことや、コロナ禍でも止まらない仮想通貨技術の進歩が背景にあることが大きいでしょう。

特に世界的なインフレリスクについては、仮想通貨界隈のみならず一般人にも浸透しているほどであり、少なからず現金で保有しておくことに対しての警戒が強まっているものと見られています。

実際にコロナショック以降、証券口座開設数が激増する現象が起こっており、今まで投資に興味を示さなかったユーザー層が現金を手放す傾向が高まっています。

仮想通貨への参入も、例外ではありません。

こちらのアンケート結果を見ると、2020年以降に仮想通貨へ参入してきた人は全体の1/5も占めていることが分かります。

仮想通貨の全盛期である2017年と比べると数値は低いものの、仮想通貨市場が今後活性化していく上で十分な数値であることは間違いありません。

今後もコロナによる経済ダメージが深刻化し、政府による現金ばら撒きが継続するのであれば、インフレに対する意識が高まり、その過程で仮想通貨への参入を検討していくユーザー層が増えていくことでしょう。

 

人気通貨は安定のビットコイン

コインチェックのアンケートでは、コロナショック以降に購入した通貨についても言及されています。

特に人気が高いのはビットコインとなっており、3人に1人が購入していることが分かります。

コロナによって経済が不安定になっている今、ハイリスクハイリターンなアルトコインよりも、安定性重視のビットコインが選ばれやすくなっているのかもしれません。

また、アルトコインの中でもリップルやイーサリアムは、他のアルトコインを圧倒する数値を誇っており、人気通貨としての勢いは未だ衰えてはいないようですね。

アンケート結果から伺えるユーザーの心境変化

今回のアンケート結果をまとめると、コロナショックにより仮想通貨は衰えるどころか、むしろ勢いづいていることが伺えます。

これは、コロナショック以降に仮想通貨を始めた新規層の影響が大きいでしょう。

その背景には、今まで絶対に価値が揺るがないと思われていた法定通貨のインフレリスクが見えてきたことや、不安定な状況の中、投資をすることで資産の蓄えをしようとする意識が高まっていることが主な要因であると考えられています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ハッキングプロットで米国が、中国とマレーシアのハッカーを起訴

要点

・アメリカ政府によって7人の国際ハッカーを逮捕しました。
・逮捕されたハッカーらは、リモートコンピューターをハイジャックし、仮想通貨マイニングさせていたことが分かっています。
・逮捕されたうち5名は中国人ハッカーで、残る2名がマレーシア人とのことです。

アメリカ政府が国際ハッカー7人を逮捕

DOJ( United States Department of Justice=アメリカ合衆国司法省)は本日(2020年9月17日)、7人に、企業や組織のハッキング、ランサムウエアの植え込み、リモートでのコンピューターの使用による仮想通貨のマイニングなど、サイバー犯罪を実行したとして起訴したことを発表しました。

2019年8月と2020年8月に発行された大陪審の起訴状には、マレーシア当局がアメリカによって起訴された2人の国民を逮捕したというニュースを受け、9月16日にニュースの公表に至っています。
アメリカ側は犯罪者らの引き渡しを要求しているとのことです。
逮捕されたのはマレーシア人2名と、中国人5人とのこと。

DOJが発表した容疑者らの詳細

DOJの発表によると、2019年8月の起訴により、中国国民の張浩然(Zhang haoran)容疑者とTan Dailin(譚戴林)容疑者は、陰謀してマネーロンダリング(資金洗浄)、電信詐欺、および個人情報の盗難の悪化を含む25件の罪に問われています。
両容疑者のハッキングの疑いは、IT系企業を標的としていたほか、ビデオゲームサイトを舞台にした計画では、ゲームパブリッシャーをハッキングし、デジタルアイテムや通貨を盗んだり生成したりした後、再販していたことが分かっている。
また、両容疑者はライバル犯罪グループを標的にして競争を打ち負かしたとメディアでは報じています。

一方、中国国民の蒋立志(Jiang Lizhi)、銭川(Qian Chuan)、付強(Fu Qiang)の3容疑者に対する2020年8月の起訴では、悪意のある陰謀、個人情報の盗難、マネーロンダリングなど、9件が含まれていました。
成都404ネットワークテクノロジーと呼ばれる企業を通じ、3人はアメリカに拠点を置く企業を含む100社以上の国際企業に対して攻撃を仕掛けた容疑で起訴されています。

さらに、逮捕されたマレーシア人のウォン・オン・ファ(Wong Ong Hua)リン・ヤン・チン(Ling Yang Ching)容疑者らは、陰謀、故人確認情報の盗難、アクセスデバイス詐欺を含む23件の容疑で起訴されています。
マレーシア企業のシーゲーマーモール(Sea Gamer Mall)を通じて、両容疑者はアメリカおよびその他の国のビデオゲーム会社を標的にしたとして非難され、逮捕された他のハッカーと協力してゲーム開発者を攻撃したとされています。

海外メディアが報じた内容によると、逮捕された5人の中国人ハッカーのうちの1人は中国国務省へのパイプを誇っていたと報じられています。
逮捕された容疑者らはDOJの発表によると最大で20年の刑事罰を受ける可能性があると述べています。

司法省は、これらサイバー犯罪者による違法なコンピューター侵入とサイバー攻撃を妨害するため、利用可能なすべてのツールを使用しましたが、残念ながら中国共産党はサイバー犯罪者が中国国外のコンピューターを攻撃し、中国に役立つ知的財産を盗む限り、サイバー犯罪者にとって中国を安全にする別の道を選択しました。

とジェフリーA.ローゼン(Jeffrey A. Rosen)副司法長官は述べています。

なお、マイクロソフト社では、ハッキング事件の調査中に発見されたリスクを軽減するため、さまざまなアメリカの政府関係機関と協力したほか、DOJはGoogleやFacebook、Verizonの企業からの支援にも感謝の意を表明しています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

香港のBTCコミュニティ、路面電車や看板でBTCの宣伝活動を展開中

香港のBTCコミュニティによる促進キャンペーン



  


※日本語訳:車庫から今何が出てきているのか見てください! 街中でビットコイントラムを見かけたら、タグを付けしてください!


2020年9月11日(金曜)に、「ビットコインとそのテクノロジーの香港での育成と促進(原題:fostering and promoting Bitcoin and its technology in Hong Kong)」を目的とし、5,000以上のメンバーからの寄付によって資金を提供されている香港ビットコイン協会(Bitcoin Association of Hong Kong:香港比特幣協會)が、興味深い促進活動を始め、同促進キャンペーンは10月8日まで実施されるとのことです。

香港ビットコイン協会のブログの中で、このキャンペーンは9月11日から10月8日までの間に実施される予定と記載されています。
9月11日から10月8日まで市の2階建てトラムでのビットコイン広告と、9月11日から10月1日までの掲示板のビットコイン広告の2種類の促進キャンペーンが展開されます。

ビットコインと他の仮想通貨のための中国市場のOTCトレーディング会社であるジェネシスブロック(Genesis Block)は


 
※日本語訳:自分の銀行になる


Gemini Trust Company、LLC(Geminiデジタル資産取引所の所有者および運営者)の共同創設者兼CEOであるテイラー・ウィンクルボス(Tyler Winklevoss)氏からのツイートには


 
※日本語訳:ビットコインを香港が引き継ぐ時


テイラー・ウィンクルボス氏のツイートに掲載された画像には看板が写っており、看板には、「検証可能、改ざん防止。ビットコインは金よりも金である方が優れています。」と記載されています。

9月12日(土曜)に、テキサスウエストキャピタル(Texas West Capital)のクリプトトレーダーであるスコット・メルカー(Scott Melker)氏は、このキャンペーンは好きだが、「自分の銀行になる」というスローガンにそれほど興奮はしていないとコメントしています。
著名なビットコインアナリスト、ウィリー・ウー(Willy Woo)氏がメルカー氏へ返信し、香港の文脈でこのスローガンが理にかなっている理由を説明するよう働きかけました。


 
※日本語訳:ビットコイン広告は香港のHSBC本社の真正面にあります。これは挑戦であるか、それとも金融の包括性のための別の前進ですか?


OKExのジェイ・ハオ(Jay Hao) CEOが指摘したとおり、「be your own bank(自分の銀行になる)」のスローガンを掲げた看板の1つで最も面白く刺激的な場所は、香港上海銀行(HSBC)の本社ビルであるHSBCメインビルディングのすぐ外でした。

香港ビットコイントラムに込められた意味とは




香港の街中を行き交うトラム(#33、#110、#138)をみた人は仮想通貨もここまできたのか、と少し感慨深くなるのかもしれません。

香港ビットコイン協会がビットコインと®ムに込めた意味には、ビットコインのリスクとメリットについて、特に進行中の金融と経済の変化のコンテキストにおいて、事実について議論することだと、ブログにも記載されています。


ビットコインキャンペーンは先日、ロンドンの街中にあるバス停にビットコイン広告が登場し、大きな話題となりました。
ビットコイン谷でも『ロンドンのバス停にビットコイン広告が登場!広告主はBinance.UK』の特集記事を公開していますので、合わせてこちらもご覧ください。


今キャンペーンで、ビットコインが急速にデジタル化する世界経済にどのように適合するか、劇的な技術進歩の機会と危険性、およびデジタルで検証可能な希少性の影響について議論する機会を与えてくれることを願ってビットコイントラムを実施したと述べています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

盗まれたBTCの資金洗浄を容易にしたとして訴えられたBinance

要点

・Binanceがマネーロンダリングを容易にしたとして、日本の仮想通貨取引所フィスコが北カルフォルニア地方裁判所に苦情を申し立てました。
・Zaifの従業員は当時、Binanceにハッカーが資金を多数のアドレスに分割してロンダリングをしていたと連絡を取ったと語っています。

Binanceがマネロンほう助で苦情を申し立てられる

金融庁に登録済みの国内仮想通貨取引所であるFisco(株式会社フィスコ仮想通貨取引所/近畿財務局長第00001号平成29年9月29日登録済)が、ビットコインの900万ドル(約9億5,000万円)相当のマネーロンダリング(資金洗浄)を容易にしたとして、仮想通貨取引所Binanceを訴えました。

2020年9月14日に北カリフォルニア地方裁判所に提出された33ページに渡る苦情の申し立てによると、日本の仮想通貨取引所は、泥棒(※ここではハッカー)似関連下アドレスに資金を供給したと訴えています。

苦情の詳細は、奪われた資金は、ハッカーがウォレットから約6,000BTCを盗んだ2018年に、仮想通貨取引所Zaifが被った6,000万ドル(約63億円)のハッキング被害から得られたものだと主張しています。Fiscoは後にザイフを購入し、傘下に収めて運営を開始しましたが、現在、Binanceが顧客基準(KYC)と「マネーロンダリング(AML)のプロトコルが業界標準に準拠していないため、その資金が不正使用されたと主張しています。

Binance はマネロンの警告を受けていた

直接の苦情によは、ハッカーはBinanceのKYCポリシーを利用した事によって、新規ユーザーは、意味のある識別情報を交換することなく最大2 BTCで取引できます。
また、窃盗犯は盗んだビットコインを数千の別々のトランザクションとアカウントに分割し、すべて2ビットコインのしきい値を下回っています。このようにして、泥棒は盗んだビットコインを他の仮想通貨取引所に変換し、Binanceプラットフォームから価値を送信したと申し立てています。

Zaifの従業員は当時、Binanceに連絡を取り、ハッカーが資金を多数のアドレスに分割してロンダリングをしていたと交換所に警告をしています。

Fiscoにとって、Binanceは“マネーロンダリングのプロセスを故意または過失で中断することに失敗した”取引所になっています。
そのため、FiscoはBinanceに900万ドルの利息を支払うように要求しており、物件の追跡に費やされた時間とお金に対する公正な補償を要求しているのが裁判所に提出された苦情申立書で分かります。
なお、ZaifをFiscoが買収した後、Fiscoはセキュリティ侵害で資金を失ったユーザーを補償しています。
裁判所の申告によれば、ハッキングによる4100万ドル(約43億円)相当の仮想通貨資産はZaifユーザーの所有していたものであった事が分かっています。

なぜカルフォルニアの裁判所だったのか?

注目すべき点は、Fiscoによるとこの事件は、カリフォルニア州の裁判所で裁判にかけられており、日本を舞台にしていなかった理由については、被害者の一部がこの地域を拠点としており、Binanceのビジネスの「重要なコンポーネント」がそこにあるからだと海外メディアなどでも報じられています。
同取引所はサーバーをホストするためにアマゾンウェブサービス(AWS)を使用していると伝えられており、Fiscoは「BinanceのすべてのAWSサーバーがカリフォルニア州にあるわけではないが、重要な部分はある」と述べています。

同社はまた、Binanceの仮想通貨の予備はサンフランシスコのベイエリアにあるオフラインのハードウエア施設に保存されており、カストディアンによって制御および管理されることも付け加えています。
さらにFiscoは苦情申立書の中で、Binanceが今年初めにクリプトデビットカードの発行会社を買収しており、SwipeがコインベースとBitGoをカストディアンとして使用していることについても追加しています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

大企業がビットコイン投資を始める|投資ブームの流れが来るか?

ナスダックの上場企業であるMicroStrategyが、新たにビットコインを買い増ししたことが明らかになりました。

今回購入したビットコインは計16,796BTC(約190億円相当)と、かなり大規模な投資であることが伺えます。

MicroStrategyはインフレのリスクを考慮した投資であると宣言している為、長期ホルダーとして他の企業の指針になってくれる期待が高まっているようです。

ナスダック上場企業がビットコインを購入

時価総額15億ドルを誇る大企業のMicroStrategyが、投資戦略としてビットコインを購入したことが判明しました。

MicroStrategyのCEOであるMichael Saylor氏は、今回16,796BTC(約190億円相当)を購入したと明かし、以前にも購入したビットコインを合わせると計38,250BTC(約430億円相当)にものぼると話しています。

このビットコインの購入については、投機ではなく世界のインフレリスクに対する備えとして投資をしているとのことで、ビットコインが次第に世間に浸透しつつあることが伺えます。

流れを変えるきっかけになるか

事業の一環として株式投資をしている企業は日本でも多く見受けられますが、ビットコインを購入した企業は世界でもかなり珍しいでしょう。

と言うのも、上場企業ともなると株主に対する責任が重くのしかかり、大きな損失を出してしまうと株価が大きく値下がったり、企業の信頼性を損ない兼ねません。

その為、ほとんどの企業はリターンを見込めたとしても、リスクを恐れて手出しができないことでしょう。

また、一般的に見ると仮想通貨投資に理解がある人自体かなり少数派である故、仮想通貨投資をすると宣言しただけで反感を買う可能性だってあります。

このような理由から、他の企業がどう出るか様子見をしている企業も多いのではないかと考えられています。

そんな中で、そこそこの大企業であるMicroStrategyがビットコイン投資を始めたことにより、今の流れを変えることができるかもしれません。

実際に、MicroStrategyのビットコインの購入は、仮想通貨界隈だけでなく株式投資をしている人たちからも注目されており、ビットコイン購入以降に大きく株価を上昇させています。

もし今後、ビットコインの運用によって大きな利益を出すことができれば、他の企業も追従し始め、事業の一環としてビットコインへの投資が選択肢に入る時代が来ることでしょう。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

コインベースCEOアームストロング氏がApple Storeを批判

大手仮想通貨取引所コインベース のCEOであるアームストロング氏が、

App StoreをTwitter上で批判していることが明らかになりました。

事の発端はApp Storeの制約により、仮想通貨アプリの一部の機能が制約されていることにあるようです。

というのも、コインベース は仮想通貨アプリをiOSストアからリリースしていますが、

このアプリには本来搭載される予定であったユーザーが仮想通貨でお金を稼いだり、

分散型金融(DeFi)アプリにアクセスしたりするための機能が禁止されているとのことです。

これについてコインベース のCEOであるアームストロング氏はTwitter上で、

Appleはユーザーの選択に対して過度の制御を行使していると批判しています。

これらの機能が制限されることで、ユーザーがWebとアプリのプラットフォーム間を行き来する必要があるため、

ユーザーエクスペリエンスが低下することになるという懸念があるとのことです。

 

Appleの仮想通貨への態度

Appleは以前から仮想通貨に対して敵対的な態度を取っていると見られており、

これに関しても仮想通貨業界からは非難の声が多く挙がっています。

実際に、アップルのCEOであるティムクック氏は仮想通貨に対して、

「通貨発行権は政府にあり、民間企業が競合するような分野ではない」との意見を明らかにしています。

また、2019年にAppleが独自に発行を決めたクレジットカードである「アップルカード(Apple Card)」については、

ビットコインや仮想通貨の購入を規約で禁止しているという背景もあります。

その一方で、Apple Payのバイスプレジデント、ジェニファー・ベイリー氏はCNNに対して、

「仮想通貨は面白いと我々は考えています。興味深い長期的な可能性を秘めていると思います」と述べています。

実際にAppleは仮想通貨に対してどのような立場をとっているかは明らかにされていませんが、

現状ではApp Storeでは仮想通貨アプリに厳しい対応がとられているようです。

 

続くApp Storeの制約問題

これらのApp Storeの制約に異論を唱えているのはアームストロング氏だけではなく、

最近、人気のオンラインゲームであるFortniteの開発元であるEpic Gamesもこの問題を批判しています

というのも、Epic GamesはAppleの支払いシステムを迂回するゲーム内購入オプションを有効にし、

アプリ内課金に課される30%の手数料を回避しようとしたところ、

アプリがストアから削除されるという事件が起こりました。

これを不服としたEpic GamesはAppleを提訴するまでに発展しており、

現在も多くの企業を巻き込んだ戦いに発展しています。

今回Epic Gamesが禁止されたゲームエンジンである「Unreal Engine」は、

その他多くのゲームにも採用されているため、

ゲームクリエイターやゲーマーに大きな影響が出ると見られています。

これについては、MicrosoftもUnreal EngineがiOSやmacOS向けゲームをサポートできなくなれば、

新たなプラットフォーム構築を検討せざるを得ないと意見を述べています。

 

App store問題の争点は?

この問題の争点となっているのは、

ハードウェアとソフトウェアのエコシステムを完全にコントロールしているAppleが、

独占企業に該当するかどうかという見方があるようです

現在の独占禁止法ではAppleのこれらの行為は独占行為とはみなされていないようで、

Epic Games側が敗訴に終わる可能性が高いと見られています。

また、今回の件に関してはEpic GamesがAppleの規約違反を認めているため、

数千万ドル(数十億円)規模の損害賠償が請求されることになるとの予想もあるようです。

Epic Gamesが敗訴に終わったとしてもAppleに対する独占の問題は、

今後も長く争点となっていきそうです。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Apple、コインベースのアプリ通貨とDeFi機能を追加しないよう検閲か

要点

・Coinbaseのブライアン・アームストロング氏は、Appleはユーザーがアプリを通じて直接仮想通貨を獲得したり、アプリを通じて分散型金融アプリケーションにアクセスしたりできる機能をCoinbaseに追加することを阻止したと指摘しています。

Apple がアプリ通貨とDezfi機能を阻止!?




Apple Incは、サンフランシスコに拠点を構える仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)がiOSアプリに特定の仮想通貨とDeFi(分散型金融)関連の機能を追加しないように検閲したと海外メディアが報じています。

https://platform.twitter.com/widgets.js


コインベースのブライアン・アームストロング(Brian Armstrong)CEO(最高経営責任者)によって公開されたツイートストームによると、Appleはユーザーがアプリを通じて直接仮想通貨を獲得したり、アプリを通じて分散型金融アプリケーションにアクセスしたりできる機能をCoinbaseに追加することを阻止したと指摘されています。

アームストロング氏のツイートには

AppleのApp Storeの制限に苦しんでいる他の企業をきっかけに、ここでCoinbase自身の苦闘について少しお話ししたい。多くの企業が報復を恐れてこれらのトピックについて発言することをためらっているが、私たちはオープンなところで対話を続ける必要があると感じています。この件についてAppleと定期的に話し合ったが、直接リーダーシップに連絡してダイアログをリクエストしたが、行き止まりになっているようだ。Appleは、iOSアプリに次の機能を追加できないことを教えてくれた。(1)仮想通貨を使用してお金を稼ぐ機能、および(2)分散型金融アプリ(DeFiアプリまたはDappsと呼ばれることもある)にアクセスする機能。

と述べています。



(※ イメージ図)


アームストロング氏は、Coinbaseは通常のチャネルを通じてAppleとその問題についてリーダーと話し合ったが、その議論については「死んでいるようです」終わり。とコメントしています。
さらに同氏は、Coinbaseは多くの場合、Appleのガイドラインに準拠するため、報酬を請求できるよう、モバイルでWebページに送信されるタスクを実行するなど、ユーザーが難関を飛び越えなければならないことを指摘し、不況の間に人々がお金を稼ぐことを妨げたとしてAppleを批判している。

同氏はツイートの中で、DeFiスペース上の分散型アプリケーションは本質的にWebサイトであると指摘しており、Coinbaseは、“アプリ内に組み込まれていないソフトウエアで仮想通貨トランザクションを提供する”ため、iOSユーザーがそれらを使用することをより困難にしていると述べています。

Appleのポリシーは当初、ユーザーを保護するように設計されていましたが、アームストロング氏は、「Appleを競争からも保護している」ように見えるようになったと述べています。
同氏はAppleを企業として賞賛していると述べているものの、仮想通貨に関する彼らの制限は「私の見解では擁護できないとの見解を公にしています。

さらに同氏は、Appleの顧客は「チームがそれらに慣れていないので、iOSで使用する仮想通貨アプリに必要な機能が欠けているわけではなく、それらの機能はAppleによって検閲されている」ことを知っておく必要があると付け加えています。



(※Epic Games FORTNITEより引用)


今年初め、超人気ビデオゲーム「Fortnite(フォートナイト)」の開発者であるEpic Games(エピックゲームズ)は、アプリ内決済市場を独占し、ビットコイン決済のような「イノベーション」を事実上禁止したとして、Appleに対して訴訟を起こしました。

仮想通貨トロン(TRON/TRX)の創設者であるアームストロング氏のTwitterスレッドに反応し、同じくトロンの創設者であるジャスティン・サン(Justin Sun)氏は、スマートフォンの分野でAppleのライバルであるサムスンは仮想通貨に非常に友好的であり、ビットコイン(Bitcoin/BTC)、イーサリアム(Ethereum/ETH)などのいくつかの仮想通貨をサポートする仮想通貨ウォレットを開発したと指摘しました。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインでカジノが遊べるbitcasinoの評判は?合法なのか?

皆さんはビットコインでカジノが遊べることをご存知でしょうか?

実はビットコインを使ってカジノが遊べるbitcasinoというサイトが存在しています!

bitcasinoはオンラインカジノなので誰でも気軽に遊ぶことができ、

カジノでお馴染みのルーレットやバカラ、スロットなどを遊ぶことができます。

もちろん普通のカジノと同じなので利益が出れば現金として引き出すこともできます!

今回はビットコインでカジノが遊べるbitcasinoについて詳しくみていきたいと思います!

 

bitcasinoで遊んでみよう!

 

ビットコインでカジノが遊べるbitcasinoとは?

bitcasinoはLuckbox Ent Ltdという会社が運営しているカジノであり、

世界初のビットコインを使ってカジノができるサイトとして2014年にオープンしました。

もちろんしっかりとライセンスを取得している企業なので安心して利用できます。

ビットコインで遊べるbitcasinoカジノですが、

現在はイーサリアム やライトコインにも対応しており、もちろん日本円でも遊ぶことができます

 

ビットコインでカジノが遊べるbitcasinoは合法?

オンラインカジノと聞いて気になるのは本当に合法なのかということですよね?

カジノは日本にないこともあり、日本人にとってはあまり馴染みがないため不安ですよね。

結論から言いますと、bitcasinoを含むオンラインカジノは合法で遊べるカジノなんです!

なぜかというと、これらのオンラインカジノは海外に拠点を持っていることがほとんどであり、

海外のオンラインカジノが禁止されていない地域でライセンスを取得しています。

特にbitcasinoは世界の中でもライセンスの取得が厳しいとされている、

キュラソー政府のライセンスを取得しています。

そのため、日本から遊んでいるとしても企業の拠点はライセンスのある合法の国にあるので、

合法で遊べるということなんです!

また、日本にはオンラインカジノに関する法律がないため、

プレイヤーが裁かれることはまずないということのようです。

少し難しい話になってしまいましたが、現時点ではオンラインカジノで遊ぶことは何の問題もないということです!

 

ビットコインでカジノが遊べるbitcasinoの特徴は?

ではビットコインでカジノが遊べるbitcasinoの特徴を見ていきましょう!

これを読んだらあなたもきっとbitcasinoで遊んで見たくなるはずです。

 

本人確認なしですぐに遊ぶことができる

bitcasinoはメールアドレスなどを登録するだけで遊ぶことができ、

本人確認や個人情報を入力せずに遊ぶことができます

個人情報が悪用される心配などから、

あまり個人情報を入力したくないという方も多いのではないでしょうか?

bitcasinoでは個人情報のことも気にせずに遊ぶことができます!

 

お得な初回入金ボーナスが用意されている

bitcasinoではお得な初回入金ボーナスが用意されており、

入金した金額の100%のボーナスを受け取ることができます

つまり、1万円を入金したとすると2万円受け取ることができるということです!

ボーナスの引き出し条件

ボーナスには引き出し条件が設定されており、ボーナス額の20倍をかける必要があります。

 

24時間日本語対応のサポート

bitcasinoでは24時間日本語でのサポートを受けることができます

オンラインカジノ初心者の方は戸惑ってしまうこともあるかと思いますので、

気軽にサポートがいつでも受けられるのはありがたいですよね。

サイト内にチャットマークがあるので、

そこからいつでもサポートにアクセスできるようになっています!

 

ビットコインでカジノが遊べるbitcasinoの評判は?

では最後にbitcasinoの評判について見ていきましょう

twitterや掲示板などから評判を集めてみましたので参考にして見てください!

・出金すごく早い。ビットコインの価値さえ下がらなければ最高

・本人確認しなくていいのは楽

・オンカジは日本円送金はクレカ必要でめんどいから仮想通貨送金一択

様々な評判がありましたが、かなり良い評判が多かった印象です!

ぜひ気になる方はbitcasinoで遊んで見てください!

 

bitcasinoで遊んでみよう!

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインエンジニア、巨大なブロックチェーンの脆弱性を再発見

要点

・2018年に開発者がビットコインブロックチェーンのバグを発見しました。
・発見されたバグにより、ハッカーがネットワーク全体をシャットダウンさせる可能性がありました。
・開発者は2020年、他の多くのブロックチェーンでバグを再発見しており、その発見に関する論文を発表しました。

ビットコインエンジニアがバグを再発見




ビットコインネットワークの脆弱性(既に修正済み)によって、ノードのシステム全体がシャットダウンする可能性があった事が分かりました。
しかし、幸いにもハッカーがこのバグを利用したことはなかったことも分かっています。

最初に開発者がビットコインブロックチェーンのバグが発見されたのは2018年でしたが、2年後の2020年の今年に入り、2人のビットコインエンジニアがブロックチェーンをシャットダウンする可能性のあるいくつかの脆弱性を再発見しました。

ビットコインのエンジニアであるブレイドン・フラー(Braydon Fuller)氏とジェービッド・カーン(Javed Khan)氏は、2018年にビットコインブロックチェーンの「INVDoS」という名前の脆弱性を修正しましたが、今週、「Btcd」や「Decred」など、他の多くのブロックチェーン反復でどのようにそれを見つけたのかを詳しく説明した調査報告書を公開しました。

発見された脆弱性とは




1つの敵対的なトランザクションを検証するブロックチェーンネットワークのメンバー(ブロックチェーンノード)が、存在しないトランザクションの呼び出しにてスパムを送信することで、別のノードをあふれさせることができます。

その結果、ノードは圧倒され、記憶は“際限なく成長する”として

これによりプロセスがクラッシュし、プロセスが終了するまでプロセスとコンピューターがフリーズする可能性があります。

と研究者たちは記載しています。

エンジニアは調査報告書の中で、「サービス拒否」攻撃として知られているこの脆弱性は、ハッカーによって“簡単に悪用可能”で、ビットコインノードのネットワーク全体をクラッシュさせるために使用される可能性もあると述べています。
これにより、トランザクションの処理が遅れ、資金や収益の損失も発生する可能性があると報告書は述べています。

2020年6月、カーン氏は古い攻撃がBtcdを適用して実行されていることに気づきました。
Btcdは、ユーザーが支払いを送受信できない代替ビットコインブロックチェーンノードで、1カ月後、同氏は別のブロックチェーンネットワークであるDecredにも脆弱性を発見しました。

カーン氏は他のブロックチェーンエンジニアと協力し、8月下旬に脆弱性の修正を公開し、「幸いにも、この脆弱性が悪用されたことは、これまありません」とフラー氏とカーン氏は報告書に書いています。

シャットダウンは何年も前から発生していない




両氏が述べているように実際に、これらのようなネットワークのシャットダウンは何年も前から起こっていません。
ビットコインネットワークの場合、このようなダウンタイムイベントにつながった脆弱性は2つしかなく、2013年以来は1つもありませんとレポートは述べています。

しかし、今回発見されたこれらの脆弱性はかなり大きなものであり、2018年には、「インバウンドトラフィックがあり、マイナーとエクスチェンジの大部分がおそらく公に宣伝されているビットコインノード」の50%以上に脆弱性があり、攻撃のリスクがあったと報告書は述べています。

ライトコインとネームコインのブロックチェーンもリスクにさらされているとレポートは付け加えています。レポートではこの脆弱性がハッカーによるビットコインの盗難に役立つ可能性は低いと付け加えていましたが、ライトニングネットワークからの資金(ビットコイントランザクションをより迅速に処理するためのプロトコル)が危険にさらされている可能性があると指摘しています。

古いバージョンのビットコインソフトウエアを実行しているマイナーや取引所は依然として危険にさらされている可能性があり、すでにノードを実行しているほとんどの人々は最新のソフトウエアを持っていると開発者は付け加えています。
おそらく、多くの人がすでに保護されていますが、それ以外の(古いビットコインソフトウエアを実行している)場合は、必ずアップグレードしてくださいとレポートでは締めくくられています

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

イーサリアム(Ethereum)料金、70%の上昇で記録の更新を持続中

要点

・イーサリアムの平均取引手数料が、9月10日に4.55ドルに上昇し、2日前から70%上昇しました。平均料金が1カ月以上連続して2ドルを超えており、画期的です。
・DeFiアクティビティは、ネットワークアクティビティの増加とそれに伴う料金を促進しています。

イーサリアム(Ethereum)料金が70%上昇

イーサリアム(Ethereum/ETH)の料金が一時的な下落を見せた後、再び上昇しています。
DeFi活動の活発化によって、これらの料金が下がることはないとみられています。

2020年9月上旬に見られた大規模クラッシュの後、一旦は価格が落ち着いた様にみえるものの、イーサリアムの料金は過去最高の伸びを続けており、現在市場全体が上昇イーサリアムの動きに注目しています。

イーサリアムネットワークでETH転送をブロードキャスト(※同じメッセージを複数受信者に同時転送する)したり、スマートコントラクトとやり取りしたりするために支払われたイーサリアムの取引手数料は、BitInfoChartsのデータによると、8月10日から1カ月間、平均で2ドルを上回り、これまでより長く上昇し続けています。

この間、平均取引手数料は9月2日には14.58ドルにまで上昇し、その後9月9日には2.67ドルにまで落ち込みました。
しかしその後手数料は再び上昇し、DeFiの活発な動きにつられ、ネットワーク上の活動が再び持ち直していると海外メディアでも報じています。

イーサリアムおよびビットコインやその他の仮想通貨の価格は、ネットワークアクティビティによって決まります。
ブロックチェーントランザクションは、限られた能力を持つマイナーによって処理され、取引が実行されている場合、マイナーは快適に管理でき、取引手数料が上昇して行くのが仮想通貨市場男流れです。

これは、マイナーがより高い手数料報酬の形でより多くの処理能力を追加するインセンティブを与えると同時に、理論的にはより高い手数料費用を支払うことを望まないユーザーからブロードキャストされるトランザクションの数を減らします。

イーサリアムの取引手数料は、9月8日から9月10日までの間に平均70%上昇し、4.55ドルを記録しました。
また、イーサリアムの価格もこの期間中に上昇しましたが、約4%しか上昇しておらず、363.36ドルにとどまっています。

イーサリアムの平均取引手数料は、BitInfoChartsによると、以前は2ドルを2倍以上しか維持していませんでした。
初めて、2018年の初めに、イーサリアムの料金は1月5日から1月15日までのわずか10日間、このしきい値を超えています。
現在、取引量は、8月10日以降、平均日次料金が2ドルを下回る機会がなかったほど好調な水を見せており、9月8日より前に下落していた料金からの最近の反転により、上昇は持続し続けるするように見えます。

現在の継続的な値動きの活動は、ローンの作成や分散型取引所でのトークンスワップの流動性の提供に使用される数十億ドルを引き出すDeFiアプリケーションによって支えられています。
イーサリアにおける最近のDeFiアクティビティは非常に強力であり、ネットワーク全体で移動されるトークンの価値によって測定される経済活動は、数年ぶりにビットコインを上回ったほど協力で、投資家らは軽視できないほどにまで力を増しています。

なお、イーサリアムの価格は最近のピークから下がっている可能性がありますが、ネットワーク上の料金活動はDeFiプロジェクトに流入する興奮とお金がまだ終わっていない可能性を示唆していることに、今後も注目しておきたい点です。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

約150万BTCが既に消失済み?供給量が減り更に価値が高まるビットコイン

ビットコインの最大供給量が2,100万BTCであるということをご存じの方は多いかと思います。

しかし、現在発行済みのビットコインのうち、既に消失してしまった”持ち主の居ないビットコイン”がいくつあるかを知っている人は少ないでしょう。

今回は、そんな持ち主の居ないビットコインについてお話していきたいと思います。

 

失われたビットコインは戻らない

仮想通貨ユーザーの中には、送金アドレスを間違えて仮想通貨を闇に葬ってしまった方も少なからずいるでしょう。

いわゆるゴックスと呼ばれている行為ですね。

このゴックスによって失ってしまった仮想通貨は、取引所の対応できる範囲を超えてしまうと2度と人の手に渡ることはありません。

特にビットコインに関しては、どんな凄腕のハッカーでも復元することが不可能でしょう。

理論上では、量子コンピューターが進化することによって復元できるのではないかとも言われていますが、少なくとも数十年以上の長い月日が掛かります。

既に1.65兆円ものビットコインが消失

では一体、現時点でどれほどのビットコインが復元できない状態にあるのでしょうか。

仮想通貨分析をしている Coin Metricsがその答えを調べてみたところ、およそ150万BTC(1.65兆円相当)であることが判明しました。

この150万BTCは、2010年7月以降に動いていないビットコインであり、恐らく既に所有者が居なくなったもしくはアドレスにアクセスできなくなったビットコインだと推測されたことから、既に消失しているビットコインと判断されたようです。

もちろん、2010年7月以前からひたすらホールドをしている可能性もある為、この150万BTC全てが完全に失われているとは言い切れません。

とは言え、2010年頃のビットコインはほぼ価値が付いていない状態だったので、大半のユーザーは適当にビットコインを保管していたことでしょうから、既にアドレスにアクセスできない可能性の方が高いでしょう。

また、2010年7月~現時点までの間に、送金ミスで闇の彼方に送られてしまったビットコインはカウントされていない為、もしかしたら150万BTCを遥かに上回る量のビットコインが失われている可能性だって十分あります。

 

失われるほど価値は上がる

ビットコインは、発行量の上限が設けられていることが特徴です。

日本円やドルのように、不足したから増やそう・多すぎるから焼却しようなんてことは出来ません。

一応、技術的にはハードフォークによってビットコインの発行上限を増やすことはできるのですが、コミュニティの大半の同意が得られないと実行ができない為、実現することはあり得ないでしょう。

万が一あり得るとするのであれば、世界中に人間がビットコインを当たり前に使うようになり、現状の発行数では補い切れないと大半のユーザーが判断した時でしょうから、ビットコインの価値自体は大幅に上昇しているはずです。

XRPやXEMのように中央集権的な通貨は、限りなく可能性は低いものの、発行上限が解放されて価値が減少する恐れがありますが、ビットコインはその心配がないのです。

その為、ビットコインが失われれば失われるほど、世界中に出回っているビットコインの総数は減少するわけですから、それに比例してビットコインの価値は上昇していきます。

ただ、現状ではどのビットコインが闇に葬られたかは送った本人やアドレスを忘れた本人にしか分からない為、正確な数値を出すことはできません。

つまり、消失したビットコインは市場には織り込まれていないのです。

これからビットコインの供給量が半減期などで減っていく一方で、ビットコインを集める層は増加していくでしょうから、必然的にビットコインの希少価値について人々は意識していくようになると考えられています。

その際に、失われていると判断されたビットコインも市場に織り込まれて、価格を上昇させる要因になるかもしれません。

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

日本でも人気のビットコインブックメーカーサイト「Sportsbet.io」とは?

皆さんはビットコインでブックメーカーが楽しめるSportsbet.ioというサイトをご存知でしょうか?

ブックメーカーは日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、

スポーツの試合結果や得点などを賭け事の対象とするものになります!

そんなブックメーカーがビットコインで遊べるのがSportsbet.ioになります。

ブックメーカーに興味がある方は是非こちらのサイトを利用してみてください!

 

今すぐSportsbet.ioで遊んでみよう!

 

ビットコインブックメーカーサイトSportsbet.ioとは?

Sportsbet.ioは人気ブックメーカーサイトであるPinnacle(ピナクル)や10bet(テンベット)と同じ、

オランダ領キュラソー政府の営業許可ライセンスに基づいて運営されているブックメーカーサイトになります。

2014年に世界で初めてビットコインを賭けられるカジノサイトとして登場した、

ビットカジノ(BitCasino.io)の運営元が立ち上げたサイトになります!

元々ビットカジノでのセキュリティや運営ノウハウがあるので、

安心して利用できるブックメーカーサイトだと思います!

ビットコインや仮想通貨をかけられることで注目を集めたサイトですが、

現在は日本円などの法定通貨も利用できるようになっています。

 

ビットコインブックメーカーサイトSportsbet.ioの特徴は?

ではビットコインブックメーカーサイトSportsbet.ioの特徴についてみていきたいと思います。

ブックメーカをやったことがない方は是非参考にしてみてください!

 

仮想通貨をそのままベットすることができる

Sportsbet.ioでは入金した仮想通貨をそのままベットすることができます

このような多くのカジノサイトはクレジットカードや銀行口座が必要ですが、

仮想通貨送金で利用できるのはかなり便利だと思います。

また、サイト内でクレジットカードを使って仮想通貨を購入することもできます。

仮想通貨をすでに持っている方には是非お勧めしたいサイトになります!

 

スポーツのライブストリーミング配信が見られる

Sportsbet.ioではサイト内でライブストリーミング配信が行われており、

ベットしたスポーツの結果をリアルタイムに楽しむことができます。

また、月額費用なども一切かからず、

会員登録してアカウントに最低金額(約1000円程度)を入金しておくことで利用することができます。

サッカーや野球、バスケットボールなど海外スポーツなどは中継を見るのも大変なのでかなり便利な機能だと思います!

 

個人情報の登録なしで遊べる

Sportsbet.ioは個人情報などの登録を一切なしで遊ぶことができます

アカウント作成に必要なのはメールアドレス、パスワード、生年月日のみになります。

カジノサイトやブックメーカーサイトでは本人確認のために、

パスポートや免許証の提出が必要なサイトも結構あります。

個人情報を提出するのは少し抵抗があるという方も、

Sportsbet.ioであればその心配もなく楽しむことができます。

24時間日本語サポート対応

Sportsbet.ioでは24時間いつでも日本語でのサポートを行っているので、初心者の方でも安心です。

ビットコインブックメーカーサイトSportsbet.ioの評判は?

では最後にビットコインブックメーカーサイトSportsbet.ioの評判を見ていきましょう

掲示板やSNSでSportsbet.ioに関する評判を集めて見ました!

・Sportsbet.ioではほぼ全ての試合でライブベットを提供しているのがすごい

・入出金の早さは業界随一!何より全世界のスポーツ配信が見放題なのが魅力的

・BTC,ETHで世界中のスポーツに24時間365日、試合の途中からでもbetできるのが良い

などなど良い評判が多く見受けられました!

是非気になる方はビットコインブックメーカーサイトSportsbet.ioで遊んで見てください!

 

今すぐSportsbet.ioで遊んでみよう!

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Netwalkerランサムウエアグループ、電力会社に770万ドルのBTCを要求

要点

・ネットウォーカー・ランサムウエア・グループが、ランサムウェア攻撃を実行しました。
・犯行グループは、カラチ市唯一の電力会社を襲撃し、770万ドル相当のビットコインでの身代金の支払いを要求しています。

Netwalker (ネットウォーカー)ランサムウエアグループが身代金を要求




ネットウォーカー・ランサムウエア・グループ(Netwalker ransomware group)が、ランサムウェア攻撃で、パキスタン西部の都市であるカラチ市に設置されている唯一の電力会社であるK-Electricに襲撃を実行し、身代金として770万ドル相当のビットコインを要求しています。

ブリーピングコンピューター(BleepingComputer)の報道によると、K-Electricはパキスタン最大の電力会社であり、250万人の顧客にサービスを提供し、従業員数は10,000人以上に上る同国内でも規模の大きな企業です。

襲撃グループの要求とは




サイバーセキュリティを提供するRewterzによると、サイバー攻撃は9月7日の朝に発生し、電力の供給ではなく、K-Electricのオンライン請求サービスを妨害していると報じています。
K-Electricでは、襲撃が実行された昨日以降、顧客は自分のアカウントのオンラインサービスにアクセスできなかったと報じています。

報告書によると、K-ElectricにはTor支払いページが送信されました。
このページでは、ランサムウエアのオペレーターは、企業データの暗号化を解除し、サービスの中断を防ぐために、身代金として380万ドル(約4億円)のビットコインを要求しています。
身代金が7日以内に支払われない場合、金額は770万ドル(8億2,000万円)に増加すると警告も受けていることが分かっています。

なお、身代金を要求するページには

9月15日までにお支払いがない場合、価格は2倍になり、770万ドル(765.6358 BTC)になります。

と記載されています。

支払いページには、Newalkerランサムウエアグループがファイルを暗号化する前に、K-Electricから盗むことができたと報告されているデータに関する情報も含まれています。
盗まれたデータの量は明らかにされてはいませんが、万が一、K-Electric社が身代金を支払わなかった場合、プライベートなドキュメントが公開されてしまう可能性があるとメディアは報じており、場合によっては、攻撃者がダークウエブで顧客情報を販売する可能性も指摘されています。

Netwalker (ネットウォーカー)について




Netwalkerは昨年から活動を続けており、さまざまな被害者に感染し続けています。

トレンドマイクロ社によると、Netwalker (ネットウォーカー)は、ランサムウエアコードをコンパイルしておらずPowerShellで作成され、ランサムウェア本体のバイナリをディスク上に保存することなく、直接メモリー内で実行されます。
反射型DLLインジェクションにより高度なファイルレス活動を実行するNetwalkerは、感染コンピューター内の既存ツールを悪用することによって攻撃を展開し、検出を回避して活動を持続化させるものであると解説しています。

Bleeping Computerは、今年の3月に巧妙なハッカーの採用を開始し、エンタープライズネットワークに焦点を当てた際、その脅威は改善されたと述べています。
また、コンピューターセキュリティ関連のソフトウエア・ハードウエアを製作・販売しているアメリカの企業、マカフィー(McAfee)社の報告によると、戦術の変更により、ランサムウエアギャングは被害者への攻撃を通じて2,795BTC(2,870万ドル=約30億円)以上を稼いでいます。
なお、不正に奪われた資金については、ギャングなどの犯罪組織が持っているコールドウォレットアドレスに保存されているとみられています。

2019年の夏以降Netwalkerは、被害者に対して積極的な感染を続けています。
ハッカーには熟練者を採用し、2020年3月以降は特に被害が急増しています。
なお、Netwalkerは114万ドル(約1億2,000万円)の身代金を支払ったアルゼンチンの移民局のほか、アメリカ政府機関、およびカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)に対する最近の攻撃の後に発生したと伝えられています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

GMOコインで毎日現金1000円が当たるキャンペーンが実施中!

仮想通貨取引所GMOコインで毎日現金1000円が当たるキャンペーンが実施されているようです

毎日当選者がいるのは当選の機会もかなり多くなり、

毎日取引所の画面を開くのが楽しみになりますよね。

仮想通貨取引所をまだ利用していない方や、

どこの仮想通貨取引所を利用しようか迷っている方は参考にして見てください。

 

仮想通貨取引所GMOコインとは?

ではまず、仮想通貨取引所GMOコインがどのような取引所なのかということから説明していきます。

GMOコインは東証一部上場のGMOインターネット株式会社のグループ会社、

GMOコイン株式会社が運営している仮想通貨取引所です。

GMOグループは証券取引所などの取引所運営の経験があり、

セキュリティなどに関してもノウハウを持っているので安心の取引所になります。

 

仮想通貨取引所GMOコインの特徴は?

では仮想通貨取引所GMOコインがどのような特徴を持っているのか見ていきましょう。

多くのユーザーから利用されているだけあり、

魅力的な特徴がたくさんあるので取引所開設の参考にして見てください!

 

セキュリティに非常に定評がある

GMOコインは数多ある仮想通貨取引所の中でも、

セキュリティに特に定評がある取引所として知られています

コインのセキュリティ一覧

・本人確認の徹底

・三井住友海上火災保険と提携

・秘密鍵のオフライン管理

・顧客資産の分別管理

・内部不正対策

これらの対策がGMOコインでは徹底して行われています。

仮想通貨取引所を選ぶ上でセキュリティはかなり重要な項目になってきます。

取引所を選ぶ際は安心して資産を預けられる取引所を選ぶようにしましょう!

 

基本手数料がすべて無料

GMOコインはなんと基本手数料がすべて無料の取引所になります。

入出金の手数料はもちろんのこと、

仮想通貨の入出金手数料や販売所での取引手数料まで無料になっています。

仮想通貨取引に関しては何回もポジションを変えることで、

余計な取引手数料がかかってしまうことが多いのが現実です。

 

そのため、手数料が無料であれば自分が意図とした注文ができなかったとしても、

すぐに取引を取り消すことができるので安心して取引できますよね。

また、取引所やレバレッジ取引の手数料に関しても、

多くの取引所の中で最安値の価格となっているのでオススメです!

 

取引所専用のアプリ「ビットレ君」

GMOコインには取引専用のアプリであるビットレ君が用意されており、

GMOコインの口座開設しているユーザーは誰でも無料で利用することができます。

このビットレ君はかなり使いやすいように設計されていて、

外出先でも通常のサイトで取引しているのと同じように仮想通貨取引を行うことができます。

 

また、アプリはiPhone用がApp Store 、Android 用が Google Play storeに、

どちらも用意されているのでどちらをお使いの方でも利用できるようになっています。

仮想通貨は相場の変化、いわゆるボラティリティが大きいことで有名なので、

ちょっとした時間でも価格が大きく変化しがちです。

ですが、このアプリがあれば気にせずに外出中も仮想通貨取引を行うことができます!

 

仮想通貨取引所GMOコインで毎日1000円が当たるキャンペーンが実施中!

ではいよいよ気になるキャンペーンの内容について詳しく見ていきましょう!

GMOコインでは現在、仮想通貨を一回以上取引した人の中から、

毎日抽選で10名の方に1000円が当たるキャンペーンを実施中です。

GMOコインで取引されているすべての通貨がキャンペーンの対象になっており、

毎日当選者が発表される仕組みになっています。

 

当選の確認はマイページから行うことができるので、

毎日仮想通貨取引所のページを開くのが楽しみになるキャンペーンですよね!

さらに、GMOコインでは暗号資産FXで取引を行ったユーザーを対象に、

毎日一人に1万円が当たるキャンペーンも同時に実施中です。

 

こちらは暗号資産FXにおいて、1日に600万円以上の新規取引を行ったユーザーが対象になります。

600万円なんて無理だと思うかもしれませんが、

レバレッジ取引での金額なので実際には600万円ほどの資金は必要ありません!

GMOコインでは定期的にお得なキャンペーンが実施されているので、

ぜひ確認して見てください!

 

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

 

 

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

DeFiプロトコルのバグを悪用したトレーダーが200ドルを29万ドルに

要点

・あるDeFiトレーダーが先週、1回の取引で747 ETHを掴んでいたことが分かりました。
・このDeFiトレーダーは、DeFiスマート契約を悪用していたことを後に認めています。

DeFiトレーダーがバグを悪用で大金ゲット!

あるDeFiトレーダーが、200ドル(約2万円)を、ボタンをクリックして290,000ドル(約3,000万円)に変えていたことが分かり、大きな注目を集めています。

https://platform.twitter.com/widgets.js

現在注目されているDeFiユーザーはTwitterネーム「Amplify」と名乗る人物で

私はリベースと同時にuniswapで$ SYFIを販売した人で、$ SYFIのリベースバグを悪用した人物です。無実のチャドで敷物を引っ張った悪意のある俳優です。

というツイートを投稿後、6回に分けて関連ツイートを投稿しています。

Amplifyは、2020年7月18日にローンチされたまだ新しいyearn.finance DeFiプロトコルを強化するガバナンストークンYFIのバグを見つけ、これを悪用することでわずか2万円程の資金を約3千万円に変えられたと告白しています。

しかし、Amplify氏がTwitter上で「私が存在すると知らなかったバグを悪用し、何千人もの人々に偶然に敷物を引っ張ってしまった」と告白しているように、バグを悪用した事を認め、“悪意はあったが偶然だった”と語っています。

Amplifyが略奪したと主張するプロジェクトはSoft Yearn Finance(SYFI)と呼ばれるもので、その唯一の目的はYFIの価格を追跡することです。
SYFIには「リベース」メカニズムがあり、プロトコルは、YFIから逸脱するたびに価格をリセットされ、保有者の残高からトークンを破壊または鋳造することでこれを実現します。

9月3日、SYFIのリベース機能が失敗し、Amplifyはツイートで実況を報告しました。

リベース2分前が、それぞれ100ドルで購入した2つのSYFIで、前述した混乱の鍵を待っています。

次に、SYFI取引をサポートする分散型取引所であるUniswapを調べたところ、「2SYFIは15,551になり、その後これらのトークンの価格見積りは740ETHを超えてる」と述べています。
740 ETHは、Amplifyのトランザクションの時点で約250,000ドルでしたが、その後はさらに高くなっています。

Amplifyの最初の考えとして、これはUIのバグで、出力量が不十分なために失敗することがわかっているトランザクションを送信するように仕向けます。」
次に、それが機能しない場合は20ドル~50ドルの手数料を失うだけだと述べています。
ちなみに…、このトランザクションはAmplifyに大金をもたらした後、プロジェクトは崩壊しています。

Amplify氏は、このバグを悪用した当時、最低賃金での仕事をしていたと述べ、大金をつかんだ後、仕事を辞めたと明かしているほか、バグをさらに悪用するつもりはないことを明らかにしていますが、海外メディアなどではすでに多くで報じられており、Amplify氏が悪用しなかった場合、他のユーザーが悪用するだろうと警告しています。

バグの存在は知らなかった!?

今回の出来事について、それほど罪悪感はありません。SYFIのコミュニティは単にお金を稼ぐためだけに存在していたことは当初から明らかでした。
人々は依然として、開発者がコードの監査に失敗し、バグのある製品を生み出したと信じています。

と語っています。

なお、Amplify氏の生活はこれまでとは変わり、仕事を辞めたほか、Gitcoin助成金に約10,000ドルを寄付したことを明かしています。

私の人生は、そのほとんどを最低賃金の仕事で過ごしてきました。この富をインテリジェントに適切に適用できれば、家族が苦労しなくてすみます。

最後に、Amplify氏は、

SYFIにこのバグが存在することは知りませんでした。反対側で信じられないような何かを見たので、私は単にボタンを押しただけです。

とつぶやいています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ETCへの51%攻撃はProof of Workの「普遍的な問題」とCEOが語る!

要点

・イーサリアムクラシックは、2020年8月に3度の51%攻撃を受けました。
・作業証明ブロックチェーンに対する51%攻撃の脅威は「普遍的な問題」であるとETC LabsのTerry Culver CEOは述べています。
・ETC Labsは、法律事務所Kobre&Kimの支援を得て、51%攻撃の責任者を追跡しています。

ETCへの51%攻撃についてETCラボCEOが語る




2020年8月に3回も51%攻撃を受け、大きな被害を受けたイーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)に対し、「セキュリティはイーサリアムクラシックの問題だ」と、イーサリアムクラシックラボ(Ethereum Classic Labs、以下ETCラボと表記)のCEOであるテリー・カルバー(Terry Culver)CEO(最高経営責任者)が述べました。

ETCラボのカルバーCEOによると、イーサリアムクラシックネットワークへ繰り返される51%攻撃は、「フラストレーションの増大」の原因となっています。

1か月に3回の攻撃があると、イーサリアムクラシックのセキュリティが問題になることがわかります。フラストレーションを増やすことは間違いなくそれを説明する最良の方法です。

と、カルバーCEOはForkast.Newsにインタビューで語りました。

作業証明ブロックチェーンに対する51%攻撃の脅威は「普遍的な問題」であるとカルバーCEOは述べており、他のブロックチェーンがより頻繁に攻撃され、おそらく可視性が低下するだろうと語っています。

作業ブロックチェーンの証明はどの程度安全ですか?




カルバーCEOは、51%攻撃の脅威は、PoW(Proof of Work=プルーフオブワーク)ブロックチェーンの世界で働いているすべての人にとって「共通の問題」であると付け加えました。

ビットコインやイーサリアムを含め、すべてのPoWブロックチェーンに存在する脆弱性です。これらのネットワークを攻撃するコストのために安全だと私たちは考えていますが、実際のところ、そのコストは主観的なものです。国家ぐるみの攻撃者がこれらのネットワークの1つを攻撃するコスト、または非国家主体は取るに足らないものです。実際、これらの攻撃は来ると思います。

とカルバーCEOは語っています。

8月の最初の実行された51%攻撃は、マイニングハッシュパワーをレンタルしたために可能になり、ハッカーは推定560万ドルのETCを「2倍に費やす」ことができました。
二重支出には、ブロックチェーン台帳のエントリーの上書き、トランザクションの宛先の変更またはトランザクションの逆転が含まれます。
2番目の攻撃では、ハッカーは前の攻撃と同じ方法を採用した後、約170万ドルを獲得しました。Bitqueryの分析によると、Nicehashプロバイダーdaggerhashimotoからハッシュパワーを借りています。
これらの攻撃の前は、イーサリアムクラシックは、2019年1月に同様の51%攻撃を受けています。

ETC ラボは51%攻撃にどのように取り組んでいるのか?




8月の最初の2つのハッキングに続いて、ETC ラボはETCネットワークのセキュリティ計画に取り組んでいることを発表しました。

カルバーCEOは、計画には一連の「差し迫った攻撃について自分自身に警告し、ハッシュパワーを導入して防御するための防御的鉱山対策」が含まれていると説明し、イーサリアムクラシックラボは仮想通貨取引所と協力して、確認時間を増やすよう指示しています。

ETCラボは、攻撃の責任者を追跡するため、ニューヨークに拠点を置く国際法律事務所Kobre&Kimの協力を得ています。
法律事務所のパートナーであるベンジャミン・J.・A・ソーター(Benjamin J. A. Sauter)氏によると、攻撃はイーサリアムクラシックの技術的な問題が原因で発生したのではなく、グループが不正に不正を行った結果でした。

私たちがしたいのは、彼らにメッセージを送ることで、あなたはこれで逃れられることはありません、私たちはそれを座って取るつもりもありません、そして私たちはあなたが誰であるかを理解しようとします

とソータ氏はメディアに語りました。

カルバーCEOによると、ETCが作業証明を放棄したことは間違いなく、代わりにETC ラボと他の開発者は、ブロックチェーンをより安全にする方法を見つけ続けます。

悪意のある活動を防止し、私たちが成長させようとしている生態系の種類を成長させることができるよう、革新していくことが問題です

と彼は最後にコメントしています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨取引所bitFlyerでビットコインが当たるキャンペーン中!

現在、仮想通貨取引所bitFlyerでビットコインが当たるキャンペーンが実施中のようです

仮想通貨取引所を利用するだけでビットコインがもらえるなんて魅力的なキャンペーンですよね!

仮想通貨取引所bitFlyerといえば最近テレビCMも再開しており、

乃木坂46の齋藤飛鳥さんが出演したことで注目を集めています。

ここでは仮想通貨取引所bitFlyerの特徴や詳しいキャンペーン内容を見て行きたいと思います。

 

仮想通貨取引所bitFlyerとは?

仮想通貨取引所bitFlyerは国内で最大級の仮想通貨取引所ということもあり、

ユーザー数も日本で一位の仮想通貨取引所になります。

2014年1月に設立されており、仮想通貨取引所として長い歴史を持っています。

そのため、三井住友銀行グループのSMBCベンチャーキャピタルや、

みずほキャピタル、第一生命などから出資を受けています

これだけの大手企業から出資を受けていることもあり、安心して利用できる仮想通貨取引所と言えるでしょう!

 

仮想通貨取引所bitFlyerの特徴は?

では仮想通貨取引所bitFlyerがどのような特徴を持った取引所なのか見て行きたいと思います。

日本で一番利用されている取引所ということもあり、

魅力的な特徴がたくさんあるのでぜひ口座開設の参考にして見てください!

 

ビットコイン取引量が日本一

仮想通貨取引所bitFlyerはビットコインの取引量が日本一の取引所として知られています。

国内の仮想通貨取引所の数は年々増え続けていますが、

その中で仮想通貨の代表であるビットコインの取引量日本一を保持しています。

取引量が多いということは通貨の流動性が高いということなので、

自分が意図した価格で通貨を取引しやすくなるというメリットがあります。

ビットコインを取引して見たいという方はまずこちらの仮想通貨取引所bitFlyerがオススメです!

 

初心者でも使いやすい取引所

仮想通貨取引所bitFlyerは日本で一番利用されている取引所ということもあり、

仮想通貨取引初心者の方でも簡単に取引できるように作られています。

取引所のアカウントの開設はメールアドレスを登録するだけなので、

これまで仮想通貨取引所を利用したことがない方でもすぐに取引開始できます!

また、仮想通貨取引所bitFlyerでは専用のアプリも用意されており、

リアルタイムでチャートの確認ができるので急な相場の動きにも対応することができます。

さらに、配信されている「bitFlyer ウォレット」では実店舗での決済や、

ECサイトでのビットコイン決済などの機能もついているので、仮想通貨をこれ一つで最大限活用することができます。

 

bitWireで瞬時にビットコイン送金が可能

仮想通貨取引所bitFlyerではメールアドレスだけでビットコインの送金が行えるサービス、

「bitWire」を利用することができます。

通常の取引所ではビットコインを送金するためにはビットコインアドレスを入力する必要があり、

相手のビットコインアドレスを把握する必要があります。

しかし、bitWireではメールアドレスのみでビットコインの送金ができるので、

友人や家族などに簡単にビットコインを送金することができます。

また、ビットコイン決済ができる法人向けサービスの「bitWire SHOP」が用意されており、

ビットコインを使っての決済ができるようになっています!

 

仮想通貨取引所bitFlyerのキャンペーンをご紹介!

では最後に仮想通貨取引所bitFlyerで現在行われているキャンペーンについて紹介して行きたいと思います!

現在、仮想通貨取引所bitFlyerではスマホアプリ「bitFlyerウォレット」にログインすることで、

ビットコインが当たるキャンペーンを実施中です。

キャンペーン内容

・A賞.最大10名に1,000円相当のビットコイン

・B賞.最大3,000円名に5円相当のビットコイン

毎日抽選を行っているので、ほかのキャンペーンと比べて当たる確率がかなり高いです。

キャンペーンは7月1日〜未定となっており、

現在も開催中ですのでぜひbitFlyerの仮想通貨ウォレットを利用してみてください!

 

日本最大手仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引量日本一bitflyer(ビットフライヤー)は初心者から投資家まで、万人におすすめできる取引所です。
ビットコイン以外にもイーサリアムやモナコインなど5種類の仮想通貨の取引も可能です。

また、セキュリティ対策にも力を入れており、ビットコインのリスクを保証する損害保険などもついています。
また、ビットコインのレバレッジ取引なども可能なので、投資を目的にしている方にもオススメです

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.