ビットコイン谷

No tags for this post.

ナスダックCEO「仮想通貨がグローバル通貨になる可能性ある」!ダボス会議を前に発言!

22〜25日に開催される「ダボス会議・年次総会」と「ブロックチェーン経済フォーラム」を前に、ナスダックCEO、アデナ・フリードマン氏がブログを投稿しました。

同氏はそこで仮想通貨について前向きな見解を示しました。

要点

・仮想通貨がグローバル通貨に
フリードマン氏は仮想通貨がグローバル通貨になる可能性があるとコメント。それにはガバナンスと規制の透明性2つの課題があると指摘しました。

 ナスダックCEO「仮想通貨がグローバル通貨になる可能性ある」

イノベーションと混乱の新しい章は、2019に描かれます。

フリードマン氏は21日、米ビジネス系SNS「Linked In」にブログを投稿。

そこで、AIや宇宙、IPOなどのテーマと並び仮想通貨について言及しました。

同氏はまず仮想通貨が、ネットのように普及する可能性と商業利用できず終わってしまう可能性両方がまだあると発言。

しかし、世界の優れた投資家たちは仮想通貨への投資を行っており、注目に値すると述べました。

さらに仮想通貨が持続的な経済成長をもたらすチャンスを持っていると前向きな見解を示しました。

これらを踏まえた上で、仮想通貨は今後ガバナンスと規制の透明性が重要になると指摘しました。

2019年前半にはビットコイン先物を上場すると報道のあるナスダックですが、そのCEOの発言は留意しておきたいところですね。

 

2019年の引き続き「規制の明確化」が課題に

フリードマン氏が指摘している「規制の透明化」や「規制の明確化」は昨年から頻繁に議論されてきましたが、世界的にみても具体的な事例はまだ少ないです。

そして、ほとんど全ての専門家たちが指摘する、2019年最大のテーマといって過言ではありません。

規制の明確化(透明化)・・・簡単にいうと仮想通貨、あるいは仮想通貨取引の「ルール作り」のこと。規制が整うことにより、より多くの投資家が参加でき市場が発展するとの指摘が多い。ビットコインETFなども規制の明確化のひとつ。

FXCoinでアナリストを務めるアナリスト、松田氏も2019年は「ルール整備の年になる」と指摘。

2019年の仮想通貨市場はどうなる!?FXcoin松田氏「ルール整備の年」!

今年は国内においても、金融庁が新たに取引ルールを改正すると言われているので、引き続き規制に関するニュースには注目です。

 

まとめ

フリードマン氏は仮想通貨が持続的な経済成長をもたらすチャンスを持っていると前向きな見解を示しました。

しかし、仮想通貨は今後ガバナンスと規制の透明性が重要になると課題も指摘。

規制に関する動向は、市場の価格にも大きく影響するので、今年は整備されて価格が上昇していくのに期待したいところですね。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインが11億円になることは可能!米資産運用会社がレポート発表!

米資産運用会社のルシッド・インベストメンツ・ストラテジーは21日、ビットコインに関するレポート発表しました。

それによると、ビットコインが1000万ドル(日本円でおよそ11億円)になることは可能とのことです。

要点

・ビットコイン・マキシマリスト
ビットコイン・マキシマリストとは、全仮想通貨の中でもビットコインのみを支持する考え。言い換えると「ビットコイン過激派」。今回のルシッド・インベストメンツ・ストラテジーの報告はビットコイン・マキシマリストとしての意見であるので、その点は注意です。

ビットコインは11億円になることが可能

ネットワーク技術の次の層、信頼と関係の進化、現在の大きな流れ、私たちが来たるべき世界との対話方法を変えています。オープンブロックチェーンと この新しいについての学習を開始

ルシッド・インベストメンツは現在、世界の債務問題を解決するには、ビットコインが1000万ドルになる必要がありそれは可能だと言います。

IIFによると、世界の国々が抱える債務のは247兆ドル(日本円で約2京7000兆円)ですが、それを解決する上で、ビットコインがグローバル通貨になるということです。

また、一般的な解決策として挙げられるゴールド・スタンダードや経済成長、債務不履行などに比べ、「ビットコインスタンダート」は国や企業、個人が受けるダメージを最小限に留められる方法とレポート内で述べました。

 

ビットコイン11億円までのロードマップ

ルシッド・インベストメンツは、ビットコインが11億円になるのは非現実的に聞こえるかもしれませんが、実際には可能だとしロードマップも公開しました。

まず、500万から1000万円になるとき、ビットコインのドミナンス(市場の占有率)が90%を越えるとのこと。

その時は株式市場やヘッジファンドから資金の流入が加速するそうです。

1億円になるためには、スピード、透明性、コストの3点が約束されなければならないと主張。

その時、企業がビットコインを使いだ出すと述べます。

また、この段階までくれば年金ファンドや基金、金融機関、政府機関からも無視できない存在となり、ビットコインはすぐに11億円に到達するとのことです。

そして、ビットコインが11億円に到達したとき、世界の債務問題を解決する準備金として十分に機能すると述べています。

 

まとめ

ルシッド・インベストメンツによると、世界の債務問題を解決するにはビットコインが11億円になる必要があり、それは可能とのこと。

ただ、このレポートは「ビットコイン・マキシマリスト」としての意見に偏っているので、その点は注意が必要です。

しかし、ルシッド・インベストメンツが指摘するビットコインの持つ「価値保存の手段」や、仮想通貨市場における「株式市場からの資金流入」は多くの専門家が指摘する重要な要素です。

このことを頭に入れつつ、ビットコインの価格が上昇していくのに期待したいところですね。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【1/23チャート分析】ビットコインは38万円の底堅さを再確認することに!

先週から引き続き、仮想通貨市場は方向感のない展開が継続。

しかし、ビットコインの39万円には一定の底堅さを確認でき、一部ではマイナーの損益分岐点という指摘も出ています。

要点

・ビットコイン39万円のサポート
ビットコインは昨年12月17日以来、38万をサポートにして推移。このままサポートされれば、重要な価格帯としてさらに意識されそうです。

ビットコインは38万円のサポートを再確認

ビットコイン円 日足 2018年10月~

ビットコインは日曜日に大幅に下落、昨日に一時38万円を割り込みますが、その後買いがすぐに入り、反発しました。

これにより、ビットコインの38万円に一定の底堅さを確認したかたちになります。

まだ確実ではありませんが、仮に今後数日間でもこの38万円がサポートされれば、今度はレンジ上限である45万円へ上昇するターンも訪れるかもしれません。

その意味でも、局面を迎えるビットコインの動向は引き続き注目でしょう。

また、38万円というのは昨年12月17日からサポートされている価格帯であり、eToro社アナリスト、マイティ・グリーンスパン氏も38万円から45万円は足元の相場で「小さなレンジ」と分析しています。

現在の相場は新しいレンジの範囲内!?eToro社アナリストが分析!

 

米国の政府機関閉鎖が重要材料の不透明感に

年明けの仮想通貨市場は、本来であればイーサリアムのアップデートが実施される予定でしたが、脆弱性の発見により2月末に延期。

さらに、明日24日にはBakktのビットコイン先物がローンチされる予定でしたが、米国の政府機関閉鎖によりまだ確定した日程が発表されていません。

米国政府機関閉鎖がビットコインETFやBakktに影響!専門家が解説!

また、政府機関閉鎖は、2月末に迫るビットコインETF可否判断にも影響を及ぼすとの指摘もあります。

上記記事のシルヴィンスキー弁護士によれば、ETFに関しては法律で定められているため、可否判断日程の変更はないとのこと。

ただ、専門家の中で意見も分かれており、不透明感が増しているのは間違いないでしょう。

米国の材料としては、Fidelity、ナスダックのビットコイン先物など、この他にも多くの注目材料が1月から3月に控えていたので、政府機関がどのくらい継続するかはしばらく注視しておいた方がよさそうです。

 

まとめ

ビットコインは今週、昨年12月17日来のサポートを再確認する展開に。

今後も一定の買いが入れば、さらに底堅さを確認し今度はレンジの上限まで価格が上昇する可能性も浮上するので注目でしょう。

また、BakktやビットコインETFにも影響を及ぼすとされる米国政府機関閉鎖の動向は引き続きチェックしておいた方が良さそうです。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

米国政府機関閉鎖がビットコインETFやBakktに影響!専門家が解説!

現在もなお続いている米国政府機関一部閉鎖ですが、SEC(米証券取引委員会)動向に詳しいシルヴィンスキー弁護士が影響を解説しています。

同氏はBakktのビットコイン先物ローンチに影響が出ると解説しています。

要点

・米国政府機関閉鎖
メキシコの壁設立を巡って現在、与野党が対立。そのため米国の一部機関閉鎖が続いており、米国の行政が停止している状況が続いています。閉鎖が長引けば世界経済に影響が出るなど懸念されています。

 米国政府機関閉鎖はBakktに影響:シルヴィンスキー弁護士

SEC動向に詳しく、米国の証券法にも精通しているシルヴィンスキー弁護士は17日、ツイッター上で米国政府機関がビットコインETFやBakktに及ぼす影響について解説しました。

シャットダウンのため、SEC は昨日、保留中のすべての管理手続をさらに通知するまで凍結する命令を出しました。SEC のほぼすべてが現在保留中です。CFTC でも同じ話だ我々はすでに政府の弁護士とのいくつかの会議をキャンセルしなければならなかった。DC は静かです。

同氏の解説を簡単にまとめると、政府機関の影響を一番強く受けるのはBakktで、ビットコインETFに関しては日程等に変更はないとのことです。

Bakktのビットコイン先物ローンチは、CFTC(米証券取引委員会)が管轄していますが、CFTCの審査等は法律等で定められていないため、政府機関が復旧しない限り無期限に延期される可能性があるとのこと。

一方、ビットコインETFの可否判断は法律で定められているため、可否判断日程自体は変更できないとのことです。

ただ、ETFに関しては専門家の中でも意見が別れており、政府機関閉鎖が2月27日を過ぎた場合、自動承認されるとの意見も散見されます。

シルヴィンスキー弁護士は、これを踏まえ、SECは閉鎖期間中でも少数のスタッフで審査を進めており、いくつかのETFに関してはすでに審査結果を出しているのではないかと指摘しています。

ETFに関しては非常事態のゆえ、不明瞭感が漂っているようです。

 

米国政府機関閉鎖の動向

BakktやビットコインETFは市場の大きな材料とされ、それに大きな影響を及ぼす米国政府機関の動向はチェックしておいた方がよさそうです。

すでに歴代最長の閉鎖期間を更新しており、このまま閉鎖が長引けば、米国の経済だけではなく世界経済にも多大な影響を及ぼすと指摘する専門家もいます。

ただ本日になってつなぎ予算の採決へ一歩前進したようで、閉鎖解除へ向けても大きく前進したと報じられています。

とは言ったものの、閉鎖解除が確定したわけではなく、不明瞭感は継続しているのは確か。

BakktとビットコインETFに関しては、さらに混迷を極めているので、2月以降も大きなテーマとなりそうです。

 

まとめ

シルヴィンスキー弁護士によると、Bakktに関しては閉鎖が解除されるまで無期限に延期される可能性があり、ETFに関しては可否判断日程事態に変更はないとのこと。

それを踏まえた上で、SECはすでにETFの審査結果を下しているのではないかとシルヴィンスキー弁護士は指摘しています。

Bakkt、ビットコインETF、それに関連する米国政府機関閉鎖の動向については不明瞭感が漂っており、事態もどう進展していくかわからないので、しばらくの間は動向をチェックするしかなさそうです。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

弱気相場はしばらく続く?2018年相場を的中させた海外著名投資家ウィリー・ウー氏の予想!

少し前になりますが、ツイッターフォロワー数83,000人を誇る海外著名仮想通貨投資家ウィリー・ウー氏が2019年相場の予想をしています。

同氏はもうしばらくの間、弱気相場が継続するとみているようです。

要点

・弱気相場はしばらく続く?
先日、予想をおこなったGalaxy氏もそうですが、専門家の中には弱気相場がしばらく続くとみるものもいます。

 ウィリー・ウー氏:弱気相場はしばらく継続

その後、そのボリュームは沈静化しました。主な動きの周りの振動の高い側に NVT チャートを残して下方に移動します。ここでの重要なことは、私の解釈では、それはそのバンドの高い側にあるので、アップの動きが限られていることです、弱気相場はもうしばらくの間続くだろう。

ウー氏は「NVT」という独自で開発したインジゲーターをもとに最新の展望を発表。

それによると、足元の弱気相場はしばらくの間継続するとのことです。

この「NVT」とは、「Network Value to Transactions Ratio」の略で、ビットコインのネットワークとしての価値を算出することにより、現在の価格が高いか・低いかを判断することができます。

ビットコインは通貨としての側面もある一方、通貨がノードで接続されマイニングされるため、専門家の中にはこのように「ネットワークとしての価値」があると主張する者もいます。

ウー氏の見解が必ずしも正しいとは限りませんが、昨年見事な予想をした同氏の分析は頭に入れておきたいものです。

 

ターニングポイントは2019年中頃から後半?

ウー氏は2018年、多くの専門家が6000ドルを割り込むことはないと主張していた中、唯一6000ドルを割り込み価格が下落すると唱えていた優れた分析を披露しました。

ビットコインは50万円まで下落する?仮想通貨市場は一体どこまで下落するのか!?

加えてウー氏は、今年の中旬から後半まで弱気相場が継続するとの予想を昨年しています。

直近ではウー氏と同じくSNSで定評のある著名投資家Galaxy氏も2019年半ばまで弱気相場が継続し、その後長期的な強気相場が訪れるとの見解を示しています。

本格的な強気トレンドは6月から7月に!?海外著名アナリストが複数のインジゲーターで分析!

これらの専門家の分析をまとめると、ひとつのターニングポイントとして今年の6月からの半年間は重要な時期になる可能性があるので、頭の片隅にでも入れておきたいところです。

 

まとめ

ウー氏の最新の分析によると、足元の弱気増場はもうしばらくの間続くとのこと。

必ずしもウー氏の分析が正しいとは限りませんが、海外著名投資家Galaxy氏も同じような見解を示しているので、頭の片隅にはおいておきたいところです。

ただ、両氏とも、今年の中旬から後半からは再び長期的な上昇トレンドに突入すると分析しているので、再び相場が上昇していくのに期待したいところです。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【1/21】今週の仮想通貨市場はどうなる?2018年最安値も視野に入る相場動向に注目か!

仮想通貨市場は小動きの展開が続いていましたが、週末に下落しました。

今週の仮想通貨市場の注目価格・ポイントについてまとめました。

要点

・昨年最安値も視野に入るビットコイン
ビットコインは底値から十分反発したと言えず、週末の下落で昨年安値も視野に入ってきました。今週はあまり大きな材料はありませんが、価格動向には注意でしょう。

 ビットコインは週末に大きく下落

ビットコイン円 日足 2018年11月12日~

上記のチャートは暴落をした昨年11月中旬から現在までのビットコイン日足チャートです。

先週は横横の動きでしたが、日曜日に比較的大幅な下落。

それにより、再び昨年12月15日につけた35万5000円の安値も視野に入る展開となっています。

また、上記チャートの赤い点線は、eToro社アナリスト、マイティ・グリーンスパン氏が指摘する38万円から45万円のレンジです。

ビットコインは12月17日以降、値幅7万円の小さなレンジを上下しているだけとも捉えることができ、その下限に差し迫っているため今週下抜けるのかにも注目でしょう。

ただ、このまま下落するのかと言えば、まだわからない状態で現時点では小さなレンジを上下しているだけとしか言えません。

再び12月17日以来の38万円をサポートに上昇する可能性があるので、相場動向を注視したいところです。

 

米政府機関閉鎖の動向にも注目か

年明け一発目の材料として注目されていたイーサリアムのアップデートは、先週に延期が発表、結果的に2月末に実施されることになりました。

イーサリアムのアップデートが延期!実施は来週へ?

また、今週24日は本来であれば、Bakktのビットコイン先物ローンチが予定されていましたが、米国の政府機関閉鎖でさらに延期されると言われています。

なお、米国政府機関閉鎖は現在も続いており、歴代最長記録を更新。

上記に挙げたBakkt以外に、現在SEC(米証券取引委員会)が審査中であるビットコインETFにも不明瞭感が漂っているので、その動向に注目でしょう。

SEC動向に詳しい米シルヴィンスキー弁護士いわく、ETFに関しては法律で定められているため、閉鎖に関わらず可否判断に変更はないとのこと。

ただしBakktのローンチに関しては、法律は関係ないため、CFTC(米先物取引委員会)が復旧しない限り、無期限の延期もあり得ると見解を示しています。

どのみち、政府機関の閉鎖が長引けば、仮想通貨市場および金融市場にも良い影響はないので、今週以降もチェックしておいた方が良さそうです。

 

まとめ

ビットコインは日曜日に大幅に下落、それにより直近のサポートである38万円で反発できるか注目でしょう。

仮にそこを割り込むと、昨年最安値である35万5000円も視野に入ってくるので、相場動向を注視したいところです。

材料として今週特段大きなものはないですが、米国政府機関の閉鎖はBakktやビットコインETFにも関わってきます。

閉鎖期間が長引けば、仮想通貨市場にも徐々に影響が出る可能性があるので、その動向に今週は注目です。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

国内特大材料浮上!クリプトガレージが政府「サンドボックス制度」のもと実証実験開始!

株式会社クリプトガレージは21日、ビットコイントークンと円建てトークンの同時決済に関する実証実験を開始すると発表しました。

これにより、健全な取引や市場の健全化が実現し、国内における特大材料となりそうです。

今回は、少しややこしい仕組みなので簡単な解説も加えます。

要点

・株式会社クリプトガレージ
クリプトガレージは、デジタルガレージの子会社でブロックチェン金融サービスを手掛ける企業。先日、政府公認で3社目となる「サンドボックス制度」の対象となりました。

クリプトガレージが仮想通貨決済における実証実験を開始!

今回、クリプトガレージが実証実験を行うのは、ブロックチェーン開発企業のブロックストリームが提供するサイドチェーンの決済ネットワーク「Liquid Network」上での取引です。

まず、ビットコインとペッグしたトークン「L-BTC」と、円建てのトークン「JPY-Token」をLiquid Networkで発行、「アトミックスワップ」という技術を用いることにより、この2つのトークンがリアルタイムで同時決済可能になるとのこと。

複雑ですがとても簡単に言うと、ビットコイン取引がより安全に行えるようになり実用化できるようになるということです。

Liquid NetWork・・・ブロックストリーム社が昨年9月に立ち上げたビットコインのサイドチェーン。昨年時点で仮想通貨交換業者23社が参加、国内ではBitbank、BTCBOX、Zaifが参加している。

アトミックスワップ・・・異なる種類の暗号資産を信用の無い二者間で、第三者を介さずに、且つ、カウンターパーティリスク無く交換可能とする技術(クリプトガレージプレスリリースより引用:https://www.garage.co.jp/ja/pr/2019/01/20190121-1.html)

 

ビットコイン実用化が目前に!?実証実験の重要性


(参照:https://www.garage.co.jp/ja/pr/2019/01/20190121-1.html)

クリプトガレージはプレスリリースにて、仮想通貨交換業者等の事業者間の取引市場には下記の問題点があると指摘しています。

・一般大衆向けの仮想通貨市場が拡大する中、交換業者のカバーマーケットが確立しておらず、流動性・価格面等において不安定な状況が発生しやすい。

・共通の決済基盤ならびに共通の取引基盤がないため、仮に仮想通貨交換業者が他の業者から流動性を獲得する場合、①多大なる信用リスクを取引相手に対して取らざるを得ない(法定通貨と暗号資産を同時決済できない)、②参加者間で取引を秘匿しにくい、③当局が業者間大口取引を捕捉しづらい。

・一般投資家を対象とした仮想通貨交換所(仮想通貨交換業)では、取引の迅速性、利用者のITリテラシーの観点から、秘密鍵を交換業者が預かる形式をとる例も多いが、同様の形態をとると、セキュリティ上のリスクが高くなる。

参照元:https://www.garage.co.jp/ja/pr/2019/01/20190121-1.html

今回の実証実験が仮に成功すれば、以上の問題全てが解決し「仮想通貨市場の健全な発展に貢献すると期待されます」とのこと。

また、クリプトガレージは自社で開発するプロダクト「SETTLENET」も活用し、「資金洗浄に代表される不正取引の捕捉等、規制当局が取引内容を必要に応じて検証できる仕組みも提供」するとのことです。

言ってしまえば、現在の仮想通貨市場における問題点(流動性やセキュリティーなど)を全て解決する夢のようなシステムと言っても過言ではないでしょう。

実証期間は19年1月21日から20年1月20日までの1年間とのこと。

もちろん、実験後すぐに実用化ということは考えずらいでしょうが、2020年にオリンピックも控えているため、この1年間大注目となる特大材料になりそうです。

 

クリプトガレージは政府「サンドボックス制度」対象に

日経新聞によると、クリプトガレージは先日、政府公認の「サンドボックス制度」の対象に選ばれました。

この制度は簡単に述べると、新しい技術や事業促進のため、今ある規制を特例で対象外にする制度のこと。

これにより、クリプトガレージは一時的に規制を無視して実証実験が可能、それが上記に挙げたものになります。

また、サンドボックス制度はこれまでパナソニックとデジタルヘルスベンチャーのMICIN社が認定、クリプトガレージは3社目でフィンテック分野では初の事例となり注目を浴びています。

 

まとめ

クリプトガレージが今回、発表した実証実験はビットコインのサイドチェーン「Liquid Network」で、「L-BTC」と「JPY-Token」という2つのトークンをリアルタイムで同時決済する実験です。

簡単にいうと、ビットコインをより安全に取引する実験で、主に仮想通貨交換業者間での取引のための実験のようです。

ただ、クリプトガレージによるとこの実験により「仮想通貨市場の健全な発展に貢献すると期待され」るとのこと。

期間は20年1月までとのことなので、今年1年間大注目の特大材料となりそうです。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ついにSWIFTからリップルへ!?MercuryFXがXRP(xRapid)を使った送金に成功!

英国の国際送金サービス企業MercuryFXは18日、xRapidを通じて国際送金が成功したと発表しました。

それと同時にコストと送金時間の削減にも成功したとコメントしています。

要点

・SWIFTからリップルネットワークへの移行が始まる!?
MercuryFXのCEO、コンスタンス氏は、コストも送金時間も早いxRapidの使用が、銀行間の中で広がっていくとコメントしています。

MercuryFXがxRapidを使用した国際送金に成功

1/1 #XRP英国からメキシコへの86、633.00 ペソ (£3、521.67) を使用して、RippleNet 全体で最大の支払いを数秒で行いました。

英国の送金企業でリップル社と提携をしているMercuryFXは18日、xRapidを通じて送金が成功したと発表しました。

驚きなのは、従来のSWIFTを利用するよりも手数料が79.17ポンド(約1万1200円)、送金時間は31時間削減できたことです。

以前からxRapidを通じての送金はコストがかからず、時間も早いとされていましたが、実際に送金が成功したケースとして、今回の発表はかなりポジティブなニュースとなりそうです。

また、現在銀行間ではxCurrentというプロダクトは利用されていますが、xRapidに関しての実例は少ないため、その意味でもリップル社とXRPにとってグッドニュースとなったでしょう。

xRapid・・・リップル社が提供するプロダクトのひとつ。その他のプロダクトとは違い、送金する際にXRPが使用される。XRPの価格にも影響を及ぼすとの指摘も一部である。

 

今後の動向が注目になるか

海外のSNSでは、このニュースはもちろん、今後のxRapidの採用に期待が挙げられているようです。

現在、リップル社の提携銀行は200を超えていますが、まだ世界的な大手銀行との提携は少ないのも事実。

今回発表したMercuryFXも、決して世界的大手の送金企業ではありませんが、このような中小の企業がxRapidの実用性を証明すれば、自然と大手銀行もリップルネットワークを利用するとの声もあります。

今回のMercuryFXの発表でもあったように、従来のSWIFTシステムと比較してコストも送金時間も短いのは目に見えています。

今後もリップル社と銀行の提携、今年に限ってはxRapidのユースケースや採用が引き続き注目となりそうです。

 

まとめ

今回、MercuryFXはxRaidをつかった国際送金に成功したと発表。

従来のSWIFTの送金と比較して、手数料が79.17ポンド(約1万1200円)、送金時間は31時間削減できたと報告しています。

今年もxRapidの採用、そしてXRPの価格が上昇するのにも期待したいところですね。

 

信託保全を完備したBITPoint(ビットポイント)でリップル投資を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

ビットピントの最大の特徴は、万が一の事態があっても顧客の資産が保証される信託保全を完備しているところ

なので、安心して仮想通貨投資を行えます。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上記の記事のように、リップルは今年も飛躍が期待でき、XRPの価格上昇にも期待できます。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【1/18チャート分析】ビットコインは三角保ちあいを形成!数日間に大きく動く?

今週の仮想通貨市場はパっとしない値動きが続きました。

直近のビットコインチャートの分析とニュースをまとめました。

要点

・短期的には三角保ちあいを形成
三角保ちあいとは、値動きが徐々に小さくなっている相場のこと。エネルギーを溜めている状態で、一般的にはトレンドラインのブレイクをきっかけに上下どちらかに動くとされています。

 ビットコインは短期的に三角保ちあいを形成

ビットコインドル 1時間足 12月14日~

上記のチャートはビットコインドルの12月14日からの1時間足チャートです。

トレンドライン(緑の線)を上下に結ぶと、三角形のかたちになり、値動きが補足なっているのがわかります。

通常、このようなチャートパターンは「三角保ちあい」と呼ばれ、トレンドラインのブレイクをきっかけに価格が上下どちらかに動くと言われています。

注意点として、上記チャートは1時間足なので、あくまで短期的なものだということ。

週末までに価格がどちらかに動く可能性があるので、注目でしょう。

なお、対円チャートでは、すでに三角保ちあいをブレイクしているのですが、対ドルの方が流動性があるため、ドルベースでの動向を追った方が良いでしょう。

 

グリーンスパン氏が指摘する小さなレンジにも注目か

価格が上下どちらかに動いた場合、先日こちらのブログでお伝えしたeToro社アナリスト、マイティ・グリーンスパン氏の見解も頭に入れておきたいところです。

現在の相場は新しいレンジの範囲内!?eToro社アナリストが分析!

同氏は、12月17日以来、ビットコインは3550ドルから4200ドルの小さなレンジで推移していると指摘。

いわゆる「ボックスレンジ」と言われる相場ですが、来週以降もこのレンジをどちらにブレイクするかが注目されます。

ビットコイン円 4時間足 12月17日~

こちらも対円だと価格がずれてしまい汚いチャートになりますが、おおよそ38万円から45万円の値幅7万円のレンジだと考えてよいでしょう。

つまり、今後はこの37万円・45万円どちらに価格がブレイクするかが焦点となります。

また、このような相場では乱高下する可能性が高く、価格の推移も予想しずらいので、上記で紹介した三角保ちあい、そしてグリーンスパン氏が指摘するボックスレンジをブレイクするまでは上下どちらのシナリオも考えられそうです。

 

まとめ

短期的にビットコインは三角保ちあいを形成しており、本日から週末にかけて価格が上下どちらかに動く可能性が高まります。

また、動いた後は、グリーンスパン氏が指摘する昨年12月17日以降のボックスレンジも焦点に。

対円では、37万円・45万円どちらにブレイクするかがしばらくの注目価格となりそうです。

アルトコインに関しても、ビットコインが動意づけば同じ方向に価格が動く可能性が高いので、しばらくはビットコインのレンジが市場の焦点となりそうです。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ロシア首相が仮想通貨を支持する発言!「ビットコイン購入計画」には触れず!

ロシアの国営通信社、タス通信は15日、ロシア首相メドヴェーゼフ首相の発言を伝えました。

同氏は仮想通貨を支持する発言をし、ビットコイン購入計画には触れませんでした。

要点

・ロシア政府のビットコイン購入計画の噂
先週、ロシアが1兆円分のビットコインを購入する計画があると報道。まだ憶測ではありますが、業界では期待が高まり注目を集めています。

 メドヴェーゼフ首相「仮想通貨の価格下落は仮想通貨がなくなることを意味しない」

(フォーラム公式サイト 参照:http://en.gaidarforum.ru/)

ロシアの国営通信社、タス通信は現在ロシアで開催されている経済フォーラムの様子を報道。

そこでメドヴェーゼフ首相の発言を伝えました。

メドヴェーゼフ首相はフォーラム内で、仮想通貨を支持する発言を行いました。

同氏は、現在の仮想通貨の価格下落が必ずしも仮想通貨がなくなることを意味しないと主張。

社会現象や経済の動きには、明るい面と暗い面両方があるため、何が起こっているか注意深く監視すべきとの見解を示した。

年が明けてからも価格が上昇しない仮想通貨市場ですが、メドヴェーゼフ首相の主張は冷静で正しい判断と言えるでしょう。

 

ロシア政府がビットコインを1兆円購入する噂は!?

先週、メディアやSNS上で話題になったのが「ロシア政府ビットコイン1兆円購入計画」です。

ロシア政府がビットコイン1兆円分を購入!?2019年最初の特大材料が浮上!

これは、ロシア政府が米国の経済制裁を逃れるために、保有するドル資産の一部をビットコインに換金するというもの。

仮に本当のニュースだった場合、市場に多大な影響を与えるので、期待と注目を集めています。

なお、メドヴェーゼフ首相は、この報道には触れていないようで、否定も肯定もせずに終わりました。

ただ、SNS上ではすでにこの報道がフェイクだったという指摘も散見され、現段階ではあくまで観測記事のひとつとして捉えておいた方が賢明かもしれません。

とは言ったものの、米国は2月にロシアへ対し、新たな経済制裁を発動する予定なので、念のためロシア政府がどのような動きを取るか注目しておいた方がよいでしょう。

また観測記事とはいえ、業界ではかなり話題になっているトピックなので、関連する報道はチェックしておいた方がよさそうです。

 

まとめ

ロシア、メドヴェーゼフ首相は現在同国で開催されているフォーラムで仮想通貨を支持する旨を発言。

仮想通貨の価格下落は、必ずしも仮想通貨そのものがなくなることを意味しないと主張しました。

現在噂されている「ビットコイン購入計画」については直接言及しませんでしたが、ロシア首相がこのような発言を行うのはポジティブな出来事なので、引き続きロシアと仮想通貨関連の報道は注視したいところですね。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

イーサリアムクラシックの51%攻撃が終幕か!攻撃者はホワイトハッカーが濃厚に!

中国のセキュリティ企業SlowMist(スローミスト)は16日、51%攻撃の被害にあったETCが全て返金されたと報告しました。

攻撃者はホワイトハッカーだった可能性が高まっています。

要点

・攻撃者はホワイトハッカーだった?
ホワイトハッカーとは、通常の「ハッカー」とは反対に、善意をもってその技術を改良するのを目的に攻撃をするもの。今回は、blocチェーン上のセキュリティーや脆弱性を伝えるために攻撃を仕掛けたと言われています。

 イーサリアムクラシックの51%攻撃は終息か

SlowMist の BTI システムによると、51% の攻撃者が交換から奪ったすべての ETC が、2019で11:00 に戻ってきたことがわかった。

スローミストは、イーサリアムクラシックへの51%攻撃で被害を受けたロシアの取引所Yobit.Netに12万2735ETC(約5700万円)、中国のGate.ioに10万ドル分のETC(約2万3000ETC)が、攻撃者から返還されたと発表しました。

Gate.io側も公式から直接ETCが返還されたと発表。

先週から続いていたイーサリアムクラシックの51%攻撃騒動は終息したようです。

また、Gate.ioは今回の攻撃者が善意のある「ホワイトハッカー」だった可能性があるとコメントしています。

攻撃者側からの声明は今のところないようですが、ETCが返金されたのを考えると、システムの脆弱性を伝えるのが目的だったというのが妥当でしょう。

51%攻撃を受けたイーサリアム・クラシック(ETC)が10万ドル分返還される

 

国内の取引所の対応も注目に

国内ではコインチェックとビットフライヤーがイーサリアムクラシックの取り扱いをしています。

事件が発覚した時点で、両取引所はETCの入出金を停止していました。

17日夕方の時点では両社のアナウンスは確認できませんが、報道の通り51%攻撃が終息したのであれば、近日中には取引が再開される可能性があるので、その動向に注目です。

また、今回の51%攻撃騒動は、投資家の不安感を呼び市場の売り材料につながったとの指摘も一部であるので、本日以降の相場動向も念のためチェックしておいた方がよいでしょう。

 

まとめ

イーサリアムクラシックへの51%攻撃で被害を受けたロシアの取引所Yobit.Netは12万2735ETC(約5700万円)、中国のGate.ioは10万ドル分のETC(約2万3000ETC)が、攻撃者から返還されたと発表しました。

また、今回の攻撃者は善意のあるホワイトハッカーだった可能性が指摘されています。

このまま何も問題なければ、国内取引所も取引を再開すると思われるので、その動向に注目です。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

本格的な強気トレンドは6月から7月に!?海外著名アナリストが複数のインジゲーターで分析!

フォロワーおよそ47,000人を誇る海外の著名投資家Galaxy氏の分析が話題になっています。

同氏によると、トレンド転換は近いとのことです。

要点

・複数のインジゲーターが示唆するトレンド転換
Galaxy氏は複数のインジゲーターから、トレンド転換が6月から7月に起こると分析しています。

トレンド転換は6月から7月!?Galaxy氏の分析

「未来は過去の研究にある」

我々は2015ベア市場を終了した420日のマークに近づいているし、歴史がそれを繰り返す場合,数ヶ月の横ばいが続くと、新しい強気のサイクルは2019の半ばか後半に始まる。

海外で定評のある投資家Galaxy氏は15日、以上のようにツイート。

複数のインジゲーターから、新たな強気トレンドが今年の6月から7月に始まるかもしれないと分析しました。

この「強気トレンド」とは、数週間や数カ月で終わる短期的なものではなく、2016年から2017年に見られたような長期的な強気トレンドのことです。

同氏は2015年の弱気相場の時も「420間」継続、その後数カ月横ばいが続いた後、2017年末までに長期的な強気トレンドに突入したと分析。

また、相場の「売られすぎ・買われすぎ」を示すRSIというインジゲーターも、2015年の動きに酷似していると述べています。

仮想通貨に限らず、相場には上昇と下落に一定のサイクルがあり、株・為替相場でも「サイクル分析」は一般的にある分析手法です。

それを踏まえれば、Galaxy氏の分析は頭の片隅に置いておいても損はないでしょう。

 

年明け相場を専門家はどうみるか?

年が明けてから本日まで、相場は上がったり下がったりのパっとしない値動きになっています。

直近ではイーサリアムのアップデートが再延期されましたが、来週にも実施されると開発者側は発表しています。

イーサリアムのアップデートが延期!実施は来週へ?

その他に、eToro社アナリストは3000ドルから4200ドルのレンジ相場に移行したと分析。

デジタルID企業シビックCEO、ヴィニー・リンガム氏は、3000ドルを下回る可能性についても言及しています。

年明け相場を専門家はどう見る?これまでに出た5名の専門家による見解まとめ!

専門家によって意見が別れる現在の相場ですが、今回紹介したGalaxy氏の分析では、今後しばらくレンジ相場になるとのことなので、材料とともに相場を見守るしか現在はないでしょう。

 

まとめ

Galaxy氏の見解では、2015年の弱気相場の際も、底をつけた後、横ばいの動きが半年間続いたと分析。

それと同じになるのであれば、今年の6月から7月はトレンド転換の好機になるとのことなので、相場動向に注目です。

足元の相場に関しては、延期されたイーサリアムのアップデートが実施された後に、市場のセンチメントが回復するかがひとつの注目ポイントとなりそうです。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

イーサリアムのアップデートが延期!実施は来週へ?

17日前後に実施を予定していたイーサリアムの「コンスタンティノープル」ですが、本日になって延期が発表されました。

開発者側からは遅くとも来週までに実施するとのことです。

要点

・イーサリアムのアップデート「コンスタンティノープル」
イーサリアムの時期アップデート「コンスタンティノープル」。2018年に低迷していたイーサリアムや市場全体のテーマとしても注目されています。

 コンスタンティノープルが延期!実施は来週へ?

https://twitter.com/DomainAddress4u/status/1085284366144679942

コンスタンチノープルのハードフォークは延期されます。

15日、イーサリアムのコア開発者は予定されていた時期アップデート「コンスタンティノープル」の延期を発表。

理由は、今回のアップデートで「リエントランシ攻撃」というスマートコントラクト特有の脆弱性が発覚したからとのことです。

スマートコントラクト・・・イーサリアム特有の機能。契約内容をあらかじめ記述しておき、それを自動的に執行できるようにするプログラム。わかりやすい例えは、自動販売機の仕組みをブロックチェーン上で応用したもの。

リエントランシ攻撃とは、イーサリアムのブロックチェーンから仮想通貨を盗めるようになる不正取引のようです。

この報告を受け、コンスタンチノープルのコーディネーターであるアフリ・スコエドン氏は遅くとも来週までに実施するとSNS「reddit」で発言しています。

イーサリアムが16日のアップデートでASIC対策を実装、売り圧の減少に繋がるか

 

延期が要因?イーサリアムの価格は下落

この発表が要因になっているか定かではありませんが、イーサリアムの価格は下落しています。

イーサリアムドル 15分足 1月15日~

イーサリアムは日本時間15日に入ってから、アップデートの思惑で買いが先行していたとの報道もありましたが、16日の未明に大幅に下落。

発表があった時間と重なる部分もあるので、今後も注視したいところです。

また、先に述べたようにスコエドン氏は来週までにアップデートを実施するとしているので、今後もイーサリアムの価格は乱高下する可能性が高まります。

またイーサリアムだけではなく、年明けからの相場は他の通貨もイーサリアムの値動きが先導している部分もあるので、時期アップデート「コンスタンティノープル」は市場全体の大きなテーマにもなっています。

具体的な日程はまだ明かされていないので、引き続き関連する報道に注目でしょう。

【1/14】イーサリアム、16日の大型アップデートを前に大きく下落。要因は?

 

まとめ

今回延期が発表されたイーサリアムの時期アップデート「コンスタンティノープル」。

コーディネーターであるアフリ・スコエドン氏によると、遅くとも来週までに実施するとのことなので、引き続きコンスタンティノープルに関連する報道には注目です。

また、再延期が発表されるなど、報道内容によっては相場が荒れる可能性があるので、通貨に関わらずしばらくの間はコンスタンティノープルのアナウンスに注目しておいた方がよさそうですね。

 

イーサリアムも購入できるビットポイントでイーサリアム投資を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

高値から90%価格が下落したイーサリアムは現在買うチャンスとも言えます。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

年明け相場を専門家はどう見る?これまでに出た5名の専門家による見解まとめ!

年が明け相場は比較的堅調な推移から始まり、先週は大きく下落するなど相場が大きく動いています。

年明けから出た専門家の見解をまとめました。

要点

・ 名の専門家の見解
年明けは金融庁の報道や、イーサリアムのアップデートなど短い期間で重要なトピックも多く。 名の専門家の見解をまとめました。

 年明け相場の専門家の見解まとめ

これまでに出た見解によると、依然長期的には明るい展望が多くあります。

しかし、足元の相場に関しては、専門家の中でも意見が別れているようです。

 

FXCoinアナリスト松田康生氏:2019年は法整備の年

2019年の仮想通貨市場はどうなる!?FXcoin松田氏「ルール整備の年」!

国内仮想通貨メディアFXCoinでアナリストを務める松田康生氏。

同氏は、2019年は、金融庁が法整備をおこなう年だと見通しを発表しています。

年明けからはコインチェックの認可や、審査プロセスの公表、自主規制団体JVCEAの会員増加など、松田氏が指摘するように規制面での進展が加速しているので、今後も注目となりそうです。

金融庁は早くて今年の7月までに新たに7社を認可する予定だと発表しています。

 

米大手格付け機関Weiss Rating:2019年にビットコインは過去最高値更新

2019年ビットコインは過去最高値更新!米格付け機関Weiss Ratingが分析!

米大手格付け機関Weiss Ratingは、2019年の相場展望を発表。

それによると、ビットコインは今年過去最高値を更新するとのことです。

Weiss Raitingは、ビットコインの持つ「価値保存の手段」を高く評価しているので、今年も注目したいところです。

 

ウィンクルボス兄弟:ビットコインの時価総額は100倍に

ビットコインの時価総額が100倍に!?ウィンクルボス兄弟が展望を語る!

米ジェミニを運営するウィンクルボス兄弟はSNSサイト「reddit」でユーザーの質問に回答。

そこで、ビットコインの時価総額は将来的に100倍(現在の金の時価総額を超える)になってもおかしくはないと展望を述べました。

直近の相場のことではありませんが、年明け話題になった発言です。

 

シビックCEOヴィニー・リンガム氏:ビットコインは3000ドルトライの可能性も

ビットコインは3000ドルを下回る!?デジタルID企業シビックCEOが発言!

デジタルID企業シビックCEO、ヴィニー・リンガム氏は海外メディア「チェダー」で足元の相場について発言。

同氏は、短期的にビットコインが3000ドルを下回ってもおかしくはないとの見解を示しました。

また、3000ドルに到達した場合、さらに価格が下落しトレンドが継続する可能性についても言及。

年明け相場に関して慎重的な見解を述べました。

 

eToro社アナリストマイティ・グリーンスパン氏:ビットコインはレンジ相場

現在の相場は新しいレンジの範囲内!?eToro社アナリストが分析!

一番、最新の見解になるのが、仮想通貨プラットフォームeToro社アナリスト、マイティ・グリーンスパン氏の見解。

同氏は、現在のビットコイン相場がレンジ相場であると分析、下落トレンドではないと分析しています。

今後価格がどちらかに動くかまでは分析しませんでしたが、レンジをどちらにブレイクするかが焦点となります。

 

まとめ

まず、FXCoin松田氏が指摘するように、年明けから国内の仮想通貨規制の報道が目立っているので、2019年にどこまで規制が整うのかは市場を巡る根本的なテーマとなりそうです。

1年の展望としては、Weiss Rating、ウィンクルボス兄弟が強気の見解を示しています。

足元の相場に関しては、シビックCEOはやや弱気な見解、eToro社グリーンスパン氏もレンジ内での推移と慎重的な分析を行っています。

年明けから現在の相場は、グリーンスパン氏が指摘するように価格が上下するレンジ内での推移で、今後の動向が読みずらい部分もあるのかもしれませんね。

まずは、3000ドルから4000ドルのどちらに価格がブレイクするのかが重要になりそうなので、引き続き相場動向を注視したいところです。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

現在の相場は新しいレンジの範囲内!?eToro社アナリストが分析!

チャート分析でお馴染みのeToro社アナリスト、マイティ・グリーンスパン氏が直近の相場を分析しました。

同氏は先週からの下落は単なるレンジ内での推移と分析しています。

要点

・ビットコインは単なるレンジでの推移?
先週、ビットコインは大幅に下落を果たしましたが、同氏は単なるレンジの推移で気にするべきではないと述べています。

 新たなるミニレンジが登場?

「11月半ばから議論されているように、現在の範囲は3000ドルから5000ドル(点線の青い線) です。今のように、ベーコンは3550ドルから約 4200ドル(黄色の線) に、その内の新しいミニレンジをオープンしました。

マイティ・グリーンスパン氏は現在の相場についての最新の分析を発表。

先週半ばに大きく下落したビットコインですが、11月中旬から続いている3000ドルから5000ドルのレンジの範囲内で推移しているに過ぎないとの見解を示しています。

また、より詳細には3550ドルから4200ドルの小さなレンジを形成していると分析。

必ずしもグリーンスパン氏の分析が正しいとは言えませんが、今後このレンジをどちらにブレイクしていくか注目となりそうです。

グリーンスパン氏の分析では、現在の相場は下落トレンドが継続しているわけではなく、あくまで「小さなレンジ内での推移」ということになり、上記の価格帯をどちらにブレイクしていくかが重要になってきます。

 

グリーンスパン氏の分析だと今後の展開は

より詳細にチャートを確認してみましょう。

ビットコインドル 4時間足 12月17日~

グリーンスパン氏が指摘しているのは、12月17日から本日までの価格の推移です。

上記のチャートの四角の枠がそのレンジですが、確かに下落はしたものの、まだ範囲内で収まっています。

通常、このような相場は「ボックスレンジ」と呼ばれ、先にも述べましたが、この四角い枠をどちらにブレイクしていくが次の値動きの一手として重要になってきます。

実は対円だと価格が少しずれてしまうのですが、1月15日時点ではまだレンジを保っているので、ここから価格が反発していけるかに注目です。

また、現在はレンジの重要な価格帯にさしかかっていることもあり、今後相場が大きく動く局面にいるということも意識しておきましょう。

 

まとめ

グリーンスパン氏の見解によると、現在の相場は3550ドルから4200ドルのレンジ相場に。

今後、この小さなレンジをどちらにブレイクしていくかがひとつのポイントになろそうです。

今週は、イーサリアムのアップデートも控えており、相場が大きく動く可能性があります。

その際は、上記に挙げた価格をどちらにブレイクするか注目したいところです。

 

下落相場でも大きく稼げるBITPoint(ビットポイント)でビットコイントレーディングを!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上記の記事のように、ビットコインは下落する可能性がまだありますが、ビットポイントであれば最大レバレッジ25倍で下落相場でも大きく稼ぐことができます。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインは3000ドルを下回る!?デジタルID企業シビックCEOが発言!

米注目のスタートアップであり、デジタルIDを手掛ける「シビック」CEOが短期的な相場の見解を示しました。

同氏によると、ビットコインは3000ドルを下回る可能性もあるとのことです。

要点

・ビットコイン3000ドルが再び焦点に
ビットコイン3000ドルは、2017年からのサポートであり、チャート上では非常に重要な節目です。シビックCEOはこの水準を割り込み、価格がさらに下落する可能性にも言及しています。

 ビットコインが3000ドルを下回る!?

暗号化市場は短期的には回復しません。自由市場における心理的要因の力を過小評価しないでください。生活は最も大切なものです。

シビックCEOヴィニー・リンガム氏は海外メディア「cheddar」で短期的な相場の見通しを発表。

直近でビットコインが3000ドルに到達する可能性が高いと述べました。

さらに、3000ドルの安値をつけた際、さらに相場は下落する可能性があるともコメント。

しばらくの間下落トレンドが継続するかしれないと述べました。

14日現在で、ビットコインは再び3000ドルの安値(対円で32万円~33万円付近)にトライしていようとしているので、リンガム氏の見通し通りになるか注目となりそうです。

同氏は、昨年11月の暴落の際、今後半年間は相場が300ドルから5000ドルのレンジになると慎重的な予想を発表していました。

今のところその予想は的を得ているものとなっているので、なお注目となるでしょう。

ビットコインは今後半年間30万円から50万円を上下!?デジタルID企業シビックが指摘!

 

ビットコイン3000ドルの重要性

ビットコイン3000ドルは、リンガム氏個人だけではなく、チャート上で中長期的に重要な節目であり多くの投資家が注目しているラインでもあります。

ビットコインドル 日足 2017年8月~

上記のチャート通り、3000ドルは2017年8月から1年6ヵ月以上続いている長期的なサポートになっています(チャート赤い線)。

仮にこのサポートを割った場合、チャート的には下落トレンドが継続と判断でき市場のセンチメントは悪化するのは間違いありません。

ただ反対に重要なサポートな以上、一定の買いが入り反発する価格でもあります。

先週半ばから、ビットコインは再び下落しており、まだ十分に回復できたとは言えないので、しばらくの間は3000ドルという節目の価格帯が意識される展開が続きそうです。

 

まとめ

先週半ばからビットコインを筆頭に、仮想通貨市場全体が再び軟調な展開となっています。

シビックCEOが指摘するように、しばらくの間は3000ドルをトライするのか、その価格で反発できるかが重要なポイントとなるでしょう。

アルトコインに関しても、ビットコイン3000ドルが決壊すれば全面安になる可能性が高いので、市場のバロメーターとして注目しておいた方がよさそうです。

 

下落相場でも大きく稼げるBITPoint(ビットポイント)でビットコイントレーディングを!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上記の記事のように、ビットコインは下落する可能性がまだありますが、ビットポイントであれば最大レバレッジ25倍で下落相場でも大きく稼ぐことができます。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【1/14】イーサリアム、16日の大型アップデートを前に大きく下落。要因は?

1月16日に、全4段階予定されている大型アップデートのうち、第3段階目にあたる「コンスタンティノープル」と呼ばれる大型アップデートを控えているイーサリアムですが、このアップデートを目前に、大きく価格を下げてしまっています。

今後の値動きはどうなるのか、上昇と下落の要因を分析してみましょう。

 

イーサリアムの今後の値動きはどうなる?

 

イーサリアム/円 Bitfinex 日足

 

画像は、イーサリアム/円の、Bitfinexの日足のチャートです。

青い水平線はフィボナッチ・リトレースメントで引いたものです。

まず全体を見てみますと、12月15日を起点に、綺麗な上昇トレンドを描いており、1月5日にピークを迎えています。

このときの価格差は、12月15日の安値が約9,500円、1月5日の高値が約18,100円ですので、3週間で実に8,600円もの上昇が起きたことになります。

割合で言うとなんと90%もの上昇です。

ビットコインの価格が12月15日に底を打って上昇に転じたという背景はありますが、ビットコインのこの期間の値動きを見てみますと、12月15日の安値が約347,000円、1月5日の高値が約419,000円です。

価格差で言うと72,000円、割合で言うと21%の上昇でしかありません。

つまり、イーサリアムの価格上昇の大部分は、ビットコインの値上がりとは別の要因で起きていると言えます。

この値上がりの要因として考えられるものは後ほど説明するとして、ピークを迎えた後の価格の下落についても見てみましょう。

イーサリアムの価格がピークを迎えた後、1月7日以降は下落の一本調子で、1月5日に約18,100円の高値をつけてから、1月13日には約12,600円の安値をつけています。

この裏にも、ビットコインの価格の下落が背景としてあるのですが、ビットコインの暴落が始まったのは1月10日からなので、イーサリアムが先んじて下落を始めていることになります。

イーサリアムの上昇と下落の理由として考えられる要因は?

イーサリアムの価格上昇として考えられるのは、なんといっても1月16日に控えた大型アップデートの「コンスタンティノープル」の存在でしょう。

全4段階のうちの第3段階目という重要なアップデートですから、投資家の期待が集まって価格が上昇したのは自然なことと言えます。

また、コンスタンティノープル以降、マイニング報酬が1ブロックあたり3ETHから2ETHに減少することも、イーサリアムの希少性の高まりに繋がり、買いが強まったと考えられます。

 

では、そのコンスタンティノープルを目前にして、大きく下落してしまった理由は何なのでしょうか?

一つは、上昇が始まる前にイーサリアムを購入、あるいはロングポジションを持っていた投資家たちが、利確のための売りを行ったことが考えられます。

仮想通貨の市場では、「噂で買って事実で売る」と言われるように、イベントの前に大きく価格が上昇し、イベント当日か直前から価格が急落するということがよく起こります。

今回の下落の要因として、利確のための売りというのは大きいのではないでしょうか。

もう一つは、コンスタンティノープルと同時に、イーサリアムがASICによるマイニングに耐性を持つことが決定されたことが要因になったと考えられます。

この決定がされたのは1月5日ですから、下落が始まったタイミングとも一致します。

コンスタンティノープルのアップデートを完了したノードは、1月14日時点で全体のわずか16%です。

ASIC耐性を嫌ったマイナーたちがコンスタンティノープルのアップデートを拒めば、ビットコインとビットコインキャッシュのように、マイナーたちの主導でイーサリアムから新しい仮想通貨が生まれる可能性があり、もしそうなればイーサリアムのハッシュレートが分散し、今までのようなブロックチェーンを維持できなくなるかもしれません。

そのようなリスクを恐れた投資家たちがイーサリアムを手放す売りを行ったことが、今回の下落に繋がった可能性もあります。

イーサリアムの上昇と下落の要因について、まとめ

イーサリアムの上昇と下落の要因として考えられるものについて解説しました。

今後のイーサリアムの値動きは、コンスタンティノープルへのアップデートが無事完了するか否かによって大きく左右すると考えられます。

アップデートは今月16日と目前に迫っていますので、動向に注目していきましょう。

 

1月16日のアップデートに備えてイーサリアムを買うならBITPointで!

イーサリアムの大型アップデート「コンスタンティノープル」が予定されているのは今月16日です。

無事アップデートが完了すれば、イーサリアムの価格が大きく上昇することが期待されます。

イーサリアムの購入には、金融庁登録取引所BITPointがおすすめです。

BITPointは、bitFlyerやZaifなどかつては日本を代表していた取引所が新規登録受付を中断している中、金融庁に正式に認可を受けて運営している取引所です。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

金融庁の厳しい審査を通過したことで、セキュリティも万全で、安心して利用できます。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

口座開設は無料ですので、ぜひ今のうちにBITPointでイーサリアムを購入しましょう!

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Liquid by QuoineがQASHの保有者にリップル(XRP)を配布するキャンペーンを開始

国内の仮想通貨取引所であるLiquid byQuoine(Liquid)が、同取引所が発行するトークンであるQASH(QSH)のHODL(長期保有)キャンペーンの第一弾として、QASHを長く・多く保有している人に対して、最大5万円相当のリップル(XRP)を配布するキャンペーンを発表しました。

 

昨年のQASH配布キャンペーンによるQASHの売り圧軽減が目的か

Liquidは、昨年10月~11月に、新規登録者に対するキャンペーンとして、「QASHキャッシュバックキャンペーン」というものを行っていました。

内容としては、期間中にLiquidに新規登録を行い、一定金額以上の入金と、一定金額以上の取引を行ったユーザーに対して、最大23,000円相当のQASH(QSH)を付与するというものです。

QASHは、同取引所が発行するERC20トークンで、Liquidの他、香港の大手取引所であるBitfinexや、韓国の大手取引所であるHuobiなどでも取り扱いがある仮想通貨です。

将来的には、中国の大手取引所Binanceが発行するBinanceコインのように、Liquid内での手数料の支払いに使用できるようになる他、ICOプラットフォームとしてのサービス展開も予定されているようですが、2019年1月現在までのところ、Liquidでレバレッジ取引を行う際に証拠金として使用できる以外は特に用途がありません

そのQASHを無料配布するキャンペーンを行ったことで、QASHの売り圧力が強まり、価格が下がることを懸念したQASHのホルダーたちから批判が集まり、その対応策として、今回のQASHのHODLキャンペーンを開催したと考えられます。

「HODL」とは、主に海外の仮想通貨投資家の間で流行っているネットスラングで、「HOLD(長期保有)」のタイプミスが由来となっており、意味は「HOLD」と同じく「長期保有」のことです。

配布されたQASHを保有する動機づけを行うことで、QASHの売り圧力を弱めて、QASHのホルダーの批判を鎮めようとしているのでしょう。

 

QASHのHODLキャンペーン第1弾はリップル(XRP)の配布

そんなQASHのHODLキャンペーンですが、第1弾は、最大5万円相当のリップル(XRP)の配布キャンペーンです。

2月1日時点で、QASHを多く、長く保有していたユーザーに対して、リップルが配布されるキャンペーンとなっています。

QASHの保有量・期間の条件と、配布されるリップルの対応表は以下の通りです。

(引用元:QASH HODLキャンペーン公式ページ

2月1日時点でのQASHの保有量と保有期間を元にリップルの配布量が決定されるため、今から多くのリップルを獲得することはできなくなっていますが、1月末にQASHを大量に購入し、2月1日にリップルの配布量が決定された時点でQASHを売り払うことで、ローリスクでリップルを手に入れることができます。

第2弾以降のキャンペーンに備えてQASHを保有しておくという手も

また、「第1弾」と銘打っていることから、第2弾以降のキャンペーンも実施されることが予想され、Liquidが取り扱っている他の仮想通貨から考えると、第2弾以降のキャンペーンは、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュのいずれかが配布される可能性が高いと考えられます。

もしこれらの仮想通貨が欲しければ、第2弾以降のキャンペーンで多くの仮想通貨をもらえるように、2月1日以降もQASHを保有しておくべきです。

保有しているQASHはLiquid内でレバレッジ取引を行う際に証拠金として利用することもできるので、キャンペーンに参加しながらレバレッジ取引で資産を増やすことも可能です。

ぜひこの機会に、LiquidでQASHを購入しましょう。

イーサリアムやリップルのレバレッジ取引ならLiquid by Quoineで!

Liquid by Quoineの強みは、ビットコインだけでなく、イーサリアムとリップルのレバレッジ取引も行える点です。

証拠金としては、日本円の他、USドルやビットコイン、QASHなどが利用でき、最大25倍という高レバレッジで取引が行えます。

さらに、取引手数料はゼロで、スプレッドも小さめです。

ぜひ今のうちにLiquid by Quoineの口座を開設して、QASH HODLキャンペーンに参加し、リップルを手に入れましょう!

Liquid by Quoineの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

51%攻撃を受けたイーサリアム・クラシック(ETC)が10万ドル分返還される

51%攻撃を受けて奪われたイーサリアム・クラシック(ETC)のうち、1,080万円相当が、51%攻撃を行った本人から返還されたことが明らかになりました。

 

今月8日に起きたイーサリアム・クラシックの51%攻撃

総ハッシュレートの51%以上を確保することでブロックチェーンへの取引記録の書き込みを改ざんし、間違った取引記録を正しいものとしてしまう攻撃のことを51%攻撃と言います。

今月8日に、アメリカの大手仮想通貨取引所であるコインベースが、イーサリアム・クラシックの51%攻撃によって、約1億2,000万円相当の被害を受けたと発表しました。

さらに、今月10日にも、海外の仮想通貨取引所であるGate.ioが、イーサリアム・クラシックの51%攻撃を受け、54,200ETC(約3,000万円分)が不正に送金されたと発表しました。

 

イーサリアム・クラシックの51%攻撃はホワイトハッカーによるもの?

そんな中で、今月12日に、Gate.ioが、今回のイーサリアム・クラシックの51%攻撃を行った張本人から、1,080万円相当のイーサリアム・クラシックの返還を受けたことが明らかになりました。

Gate.ioは、その攻撃者に連絡を取ろうと試みたものの返信は得られず、なぜ一度奪ったイーサリアム・クラシックをわざわざ返還したのか、その理由は不明です。

Gate.ioの公表によると、「今回の51%攻撃は、攻撃者が利益を得ることを目的にしたものではなく、ブロックチェーンの脆弱性を市場に示すためのもので、攻撃者はホワイトハッカー(善意のためにハッキングを行う人)かもしれない」としています。

 

奪われたイーサリアム・クラシックが返還されるも、下がった価格は回復せず

奪われたイーサリアム・クラシックの一部が返還されたことで、今回の51%攻撃が悪意あるものではないという可能性が浮上してきたものの、51%攻撃によって下がった価格は回復していません。

以下は、イーサリアム・クラシックの過去7日間のチャートです。

8日に51%攻撃を受けてから大きく値下がりし、10日にもビットコインの暴落の煽りを受けてさらに価格を下げています。

12日に奪われたイーサリアム・クラシックが返還されてからは、一時的に価格が回復する傾向を見せたものの、その後やはり価格を下げてしまっています。

51%攻撃がホワイトハッカーによるものだったとしても、イーサリアム・クラシックが51%攻撃を受けたという事実は変わらず、51%攻撃が可能であるということは、イーサリアム・クラシックの安全性の低さを示してしまっていることに他なりません。

つまり、今回の51%攻撃で、イーサリアム・クラシックの市場からの信用は大きく低下してしまっていることから、価格を元の水準にまで戻すのは非常に難しいと考えられます。

10日に起きたビットコインの暴落も、今回の51%攻撃が一因となった可能性があり、仮想通貨市場に及ぼされた悪影響は大きいです。

今後のイーサリアム・クラシックの値動きは、開発チームが失った信用を取り戻せるかどうかにかかっていると言えるでしょう。

 

2019年は仮想通貨市場が強気になる年!ビットコインを買うならBITPointで!

2019年は仮想通貨市場が盛り上がると予想されています。

ビットコインの価格は30万円台にまで暴落してしまいましたが、将来性を考えれば、今の安い価格でビットコインを購入できるのは大きなチャンスです。

ビットコインの購入には、金融庁登録取引所BITPointがおすすめです。

BITPointは、bitFlyerやZaifなどかつては日本を代表していた取引所が新規登録受付を中断している中、金融庁に正式に認可を受けて運営している取引所です。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

金融庁の厳しい審査を通過したことで、セキュリティも万全で、安心して利用できます。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

口座開設は無料ですので、ぜひ今のうちにBITPointでビットコインを購入しましょう!

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【1/14】今週の仮想通貨市場はどうなる?再下落を始めた価格動向が最大の焦点か!

年明け堅調だった相場は先週半ばから再び下落の展開となっています。

今週の注目価格・市場の材料をまとめました。

要点

・ビットコインは節目の価格帯を割り込む
14日入り、ビットコインはサポートの価格帯を割り込んでいます。再び昨年安値も視野に入ってきており、価格動向が注目されます。

 ビットコインは節目の価格を割り込む

ビットコイン円 4時間足

以前からお伝えしていましたが、ビットコインは昨年12月17日以降、39万円から40万円の価格帯をサポートにして推移していました。

しかし、14日の未明にそのサポートを割り込んできています。

そのため次の下値の目安は、37万円や2018年最安値である35万円です。

なので、今週はどこで価格が下げ止まるかといった相場動向が最大の注目ポイントになりそうです。

さらに、昨年の最安値(35万円近辺)は中長期的なチャートでも重要な価格帯と指摘されています。

対ドルでビットコインが3000ドルを割り込むようなことがあれば、市場がさらに暴落する可能性があるので、局面を迎えている相場動向に注目です。

アルトコインに関しても、ビットコインが下落基調にあるうちは売り圧力が強まりそうです。

 

イーサリアムのアップデートが今週の目玉

今週、最大のイベントはイーサリアムの時期アップデート「コンスタンティノープル」です。

ブロックの進行具合にもよりますが、予定では16日頃と言われています。

イーサリアムが16日のアップデートでASIC対策を実装、売り圧の減少に繋がるか

年明けからはイーサリアムの価格上昇が、市場全体のセンチメントを改善していた部分もあるので、ETHの値動きも注目になりそうです。

また、アップデートの前後では価格が乱高下する可能性もあるので、取引をしている方は注意が必要でしょう。

仮に、イーサリアムのアップデート後に再びETHの価格が上昇するようなことがあれば、先週から続いている下落の流れも止まる可能性も考えられます。

その他の注目材料としては、Bakktのビットコイン先物ローンチです。

本来であれば、24日にローンチされる予定でしたが、米国政府機関の閉鎖の影響などで延期されることがすでに発表されています。

また、正式なローンチ日程は公式から年明けにも発表されるとのことなので、今週は関連する報道が大注目となるでしょう。

 

まとめ

ビットコインに関しては、短期的に節目であった価格を割り込んできているので、37万円や35万円といった次のターゲットで下げ止まるか注目です。

仮に、昨年最安値35万円を割り込んだ場合、対ドルで3000ドルというのは中長期的に重要な価格に。

また、16日にはイーサリアムのアップデートが実施予定で、その前後で相場が動く可能性もおおいに考えられます。

今週は相場が大きく動く週となりそうなので、その動向を注視したいところです。

 

信託保全を完備したBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.