ビットコイン(Bitcoin)

No tags for this post.

3,000万ドル、再び長期間動きをみせなかったビットコインが動いた!

要点

・2010年以降、長らく放置されていたビットコインが、別のアドレスへと移転していたことが分かりました。
・ビットコインは最後に移動されてから価値が急上昇し、現在は1,550万ドルの価値があります。
・このコインが移動した理由は定かではありませんが、所有者がビットコインの作成者と連絡を取っている可能性があります。

長期間放置されていたビットコインが再び動いた




最近まで長らく手つかずだった大量のビットコインが移動したばかりですが、再び休眠アドレスから大口のBTC移動が確認され、海外メディアが大きく取り上げています。


長期間アイドル状態でウォレットに放置(保管)されていた3,000万ドル以上のビットコインが、今週末に4回のトランザクションに分けられ移動したことが分かりました。

サトシ時代と呼ばれるビットコイン誕生からすぐに保有され、2010年以降ウォレットに保管されていたままのビットコインが6日(金曜)、初めて移動しました。
同様の動きは8日(日曜)にも、別の長期間保管されていたままであった50BTCが動かされ、わずか7時間後、20個のウォレットが計1,000BTC、約1,550万ドル相当、日本円で約16億円相当のビットコインが1つのアドレスに移動しました。

長期間放置BTCの移動は今回が初めてではなかった




長期間保管されたままであったビットコインはこれだけではなく、9日にまったく同じことが再び起こりました。
1,000ビットコインを保持する20のウォレットから単一のアドレスへ移動し、ビットコインの合計が3,260万ドル、約34億円相当の価値をつけ、息を吹き返すかのように移動しています。

これらのビットコインは、誰が移させたのか、なぜ別のウォレットへわざわざ転送する必要があったのかについては不明ですが、これらのビットコインは、サトシ時代のまだわずかピーナッツの価値程度であった2010年にマイニングされたものだったと海外メディアは報じています。

仮想通貨トレーダーのキリル・ペトロフ(Kirill Kretov)氏は、LinkedInでこの動きについてメディアに対し

ビットコインの現在の価格が持ち株の一部を売るのに十分良いため、ビットコインが動いた可能性があり、真の所有者の意図はわかりません。さまざまな(ウォレト)探知機があるため、彼らが移動するのは難しいと思います。

とコメントしています。

サトシ時代のビットコインとは?




「サトシ時代」のビットコインとは、ビットコインの作成者であり、匿名人物が名乗っていたサトシ・ナカモト氏が、まだ仮想通貨コミュニティ内で直接通信されていた時代にマイニングされたコインを指します。
このナカモト氏の身元は現時点でも誰なのか不明であり、2010年以来、誰もナカモト氏と連絡を取っている人物すら現れていません。

昨日、長い眠りから覚め、急にコインの所有者が今それらを売るとしたら、利益は天文学的なものになるとみられています。
2010年には、1ビットコインの価値はわずか0.10ドル未満で本日付のCoinMarketCapによると、今日、15,427.71ドル、日本円で約160万円前後で取引されています。

かつて1BTC=10円程度だったビットコインが突然大量に移動されたのは今回が初めてではなく、
2020年10月には1,140万ドル(約12億円)相当のビットコインが移動されこちらも2010年から長期間ウォレットに保管されていたビットコインだった事が分かっています。

ビットコインの初期にマイニングをしたのはほとんどサトシ・ナカモト氏だけだった事は多くの市場関係者も既知の事実であることから、50BTCの20トランザクションで1,000ビットコインが送信された今回、果たして所有者は本当にナカモト氏本人だったのか、また移動させた人物はどうするのか、誰にも分かりません。
海外メディアでは、移動させた人物が、ナカモト氏本人かどうかも定かではないものの、ナカモト氏を知る人物である可能性が高いと報じています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

イーサリアム価格下落はDeFiが原因か!?市場から15億ドルが消失!

要点

・DeFiに固定された総額は、過去5日間で15億ドルも減少した事が分かりました。
・これは、イーサリアムの価格が4%下落したことも要因の一つとなっています。
・現在DeFiにロックされているETHの量は9月中旬以降停滞しています。

DeFiによってイーサリアムが下落!?


※画像引用元:DeFi Pulse

DeFiフィーバーが落ち着き、ブームが去った今、トークンも9月以来50%以上減少していることが分かりました。


※画像引用元:DeFi Pulse

DeFi Pulseによると、過去5日間で、ロックされた合計値(DeFi契約に投入された暗号通貨の量を測定するメトリック)は、なんと15億ドル(約1,570億円)も減少しました。
これを経済的価値に直すと12%近くも下がった事を意味しており、これは先週約4%も下落したイーサリアム(Ethereum/ETH)の下落と関係があるといえます。


※画像引用元: CoinMarketCap 

ETH価格を見てみると、DeFiにロックされている量は9月16日以降ほぼ変化していませんが、過去5日間で、DeFiアプリにロックされているETHの量は3.5%も減少しています。
10月25日以降、ETHの価格が400ドルを超えられないまま下落しており、週末は下落の一途をたどり、厳しい週末を見送った後、2日(月曜)になって価格が盛り返しています。

半分以上価値を失ったDeFiトークン

現時点では、さまざまな分散型金融プロトコルに関連付けられたイーサリアムベースコインであるDeFiトークンの状況は良いとは言えません。
9月のDeFiから見た場合、これらトークンは50%以上の価値を失っていることが分かります。

UniswapのUNIトークンは、9月19日の6.60ドル、日本円で691.18円から現在2.392ドル、日本円で250.53円にまで70%以上の損失で、Link Marinesは、9月以降、Chainlink分散型オラクルネットワークのネイティブトークンであるLINKの価格を50%引き下げて、傷をなめている状況が続いています。
他にも下落率の高い順から、Sushiswapで-94%、Yearn.Financeで-75%、UMAで-74%、Compoundは-61%と、9月の最高値時から大幅な損失をたたき出しています。

ここまでの状況に陥ってしまうと、もうDeFiになんのメリットもないと思われがちですが、今のところDeFiにとってすべてが悪いわけではありません。

今週初めにイーサリアムでトークン化されたBTCの量が20億ドルを突破したことで表されるように、ますます多くのビットコイン投資家がDeFiアクションに参加しようとしており、これはビットコイン独自のライトニングネットワークの容量を約10倍にまで上回っていることが分かっています。

トレーダーはビットコインに回帰するのか


画像引用元:CoinMarketCap

DeFi市場では次々と新しいプラットフォームが登場し、トレーダーの間では今後も急成長が見込めると思われていたが、多くのトレーダーの良そうに反して9月の成長は鈍化に転じ、10月には急落どころか爆死という声まで聞こえ、DeFiトークンの売却につながってしまいました。

Bitwise Asset Management(ビットワイズ・アセット・マネジメント)のマシュー・ホーガン(Matthew Hougan)氏は

LINKトークンは下落前の1年で10倍に上昇しており、第3四半期だけでも、ビットコインやイーサリアムを大きく上回った。背景や環境は根本的になにも変わっておらず、DeFi市場は先走り感が強く出ており、現在はリセットされる最中です。

と述べています。
DeFi基盤と言えるETHは価格変動に一服感が見られる一方、仮想通貨の代名詞でるビットコイン(Bitcoin/BTC)は29日に1,401,505円で終えたあと、30日午後に140万円を切るまで値を下げましたがそれ以降はじっくり回復しており、11月2日(月曜)の午前6時には144万9112円、執筆時点で少し値が下がっているものの、143万円台をキープしています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【速報!】米・トランプ大統領、コロナ陽性反応で仮想通貨市場も下落

要点

・アメリカのトランプ大統領がTwitterで2日、コロナウイルス検査で陽性反応が出たことを報告しました。
・トランプ大統領のコロナ陽性報告は、差し迫るアメリカ大統領選に大きな影を落としています。
・トランプ大統領の報告を受け、為替市場、株式市場、仮想通貨市場が軒並み下落、消費者らはリスク回避の動きに転じているとみられています。

アメリカ大統領、夫人ともにコロナ陽性

 
(※日本語訳:
私はCOVID-19の検査で陽性でした。検疫と復旧のプロセスをすぐに開始します。私たちはこれを一緒に乗り越えます!)

アメリカのトランプ大統領(74)は2日、新型コロナウイルス検査で陽性だったことを明らかにしました。
11月3日の大統領選最終盤での感染は、集会開催などの選挙運動が難しく、再選を目指すトランプ大統領の戦略に大きな打撃となることは必至です。
また、高齢者は重症化の恐れがあることから、健康状態も懸念されています。
さらに、大統領夫人のメラニア夫人の感染も確認されており、今後の動向が注目されています。

トランプ大統領は、最側近のホープ・ヒックス元広報部長であり大統領顧問が1日、新型コロナ感染が判明したばかりでした。
これを受け、メラニア夫人とともに隔離のプロセスに入ることをトランプ大統領がTwitterで報告していました。
トランプ氏は先月29日、テレビ討論会のため、ホワイトハウスからオハイオ州クリーブランドまでの間を往復しており、その際ヒックス氏も大統領専用機のエアフォース・ワンに同乗していたことが報じられています。
さらにヒックス氏は、討論会翌日の30日にもミネソタ州で開かれた選挙集会へ、トランプ氏に同行しており、トランプ氏を含めた関係者の多くが討論会場にて主催団体が提供したマスクを着用していませんでした。

ソニーフィナンシャルホールディングスのシニアエコノミストである渡辺浩志氏はこのニュースに、金融市場に動揺が走っているとかたっており、NYダウ先物は前日比500ドルを超える下落、ドル安も進み、ドル円レートは50銭ほど円高に振れていると解説。

現在、米大統領選の重大局面に突入しており、今後の選挙活動に大きく影響するほか、現在協議が難航中の追加経済対策の遅れや、大統領選の勝敗確定の遅れなど、政治および政策の空白などが懸念されており、景気悪化のリスクが一気に高まった感があると語っています。

トランプ大統領のコロナ陽性反応を受けて

トランプ大統領は自身のTwitterでコロナ陽性反応を一般にも報告しましたが、この一報を受ける形で株式市場、為替市場だけでなく、仮想通貨市場にも大きく影を落としました。

CoinMarketCapによるビットコインチャートを見てみると、トランプ大統領がコロナ陽性反応を報告した直後からビットコイン価格が急落。
値動きを見てみると、日本時間の2日1時50分頃、1,100,485円にまで急落した後、早朝4時20分頃には1,117,701円にまで回復するも、執筆時点で再び110万円を切る値動きを見せています。

ビットコイン市場はネガティブなニュースが続いており、CFTC(U.S. Commodity Futures Trading Commission=米商品先物取引委員会)とDOJ(United States Department of Justice=アメリカ合衆国司法省)によって、仮想通貨デリバティブ取引所大手のBitMEXが民事訴訟及び刑事訴訟で起訴されています。
これを受け、一気にドル幅が急落するなど、為替市場は一気にダウンし、これに反応するかのように仮想通貨市場でもリスク回避の動きに転じています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.