ブロックチェーン

No tags for this post.

シンガポールで急成長を遂げるブロックチェーン・エコシステム、参加する大手企業に見られる変化

シンガポール政府が支援するブロックチェーン計画「OpenNodes」は、同国のブロックチェーン・エコシステムが一覧できるランドスケープマップを、6日から5日間にわたりオンライン開催中のブロックチェーン・カンフェレンス「UNITIZE2020」で発表した。 No tags for this post.

仮想通貨取引所バイナンス、中国で中小企業向けブロックチェーンシステム開発へ | 中国企業と協力

bygoogle || []).push
No tags for this post.

ビットコインなしでもブロックチェーン技術は利用できる

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/01(水) 06:12:42.489 ID:ESrhxAMj0
不透明なビットコインを抱き合わせて普及させようとするから怪しいイメージがつきまとう。


相場操縦を監視取り締まるシステムもない
大量保有者のホウコク義務もない
不透明なのはビットコイン市場である


ブロックチェーン技術とビットコインは切り離して考えるべき

引用元:https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1593551562/

続きを読む No tags for this post.

ブロックチェーンで「ポストコロナ」の社会問題をどう解決するか──国際オンライン会議BG2C開催

新型コロナウイルス感染拡大にともない、浮き彫りになったさまざまな問題の解決にブロックチェーン技術がどう活かせるのか──。そうした議論をするオンラインパネル討論「ポストコロナ時代の金融・社会システムのリデザイン―ブロックチェーン技術による社会課題の解決策-」が6月26日、公開された。 No tags for this post.

ヒュンダイ、開発中のブロックチェーン・エコシステムに新たな一手

bygoogle || []).push

ブロックチェーンに株主の投票内容を書き込み、ビットフライヤーHDがバーチャル総会──なりすまし防止機能も実装

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、テレワークやオンライン会議が浸透しつつあり、株主総会のオンライン開催を求める声も高まっている。こうした中、暗号資産取引所大手のbitFlyer(ビットフライヤー)を子会社に持つbitFlyer Holdingsが6月26日、臨時株主総会を開催、株主はオンラインで参加して議決権をアプリで行使した。 No tags for this post.

フェイクニュース防ぐ ニューヨーク・タイムズのブロックチェーンプロジェクトの詳細が明らかに

bygoogle || []).push

人気ゲームマインクラフトでブロックチェーンが使えるEnjin Craftをリリース

要点

・人気ゲームのマインクラフト(Minecraft)がEnjin社のブロックチェーンが使用できる「Enjin Craft」をリリース。

マインクラフトがEnjin Craftをリリース


(※ 字幕を自動翻訳から日本語に設定すると、日本語訳が表示されます)

 

小学生からも大人気のマイクラことサンドボックスビデオゲームのMinecraft(マインクラフト)で、ブロックチェーンが使用できるプラグイン(※ ソフトウエアに新たな機能を追加する小さなアプリのこと)「Enjin Craft」がリリースされたことが、Enjin社の公式サイトで発表されました。

 

マインクラフト(Minecraft)は、NotchことMarkus Alexej Persson(マルクス・ペルソン)氏と、同氏の設立したMojang AB社の社員らで開発されたゲームです


マイクラは、1984年の6月に発売されて以降、売り上げ1位をキープし続けたテトリスを2019年5月に抜いて世界1の売り上げをキープしている大人気ゲームで、大人から子供まで気軽に遊べるゲームとして、現在も人気は健在です。

 

 

約5億人のゲーマー数にまで達したマイクラは、毎月1億2600万人のプレーヤーをホストしています。

Enjin社は、Minecraftとともに企業として発展してきたと公式サイトでもコメントしているように、Minecraftサーバーとコミュニティは、2,000万人のEnjin Networkユーザーの大部分を占めています。

また、マイクラ初のプラグイン「DonationCraft」は、510万回のダウンロード数を獲得したことでも大きな注目を集めています。

 

ブロックチェーンプラグインEnjin Craft

 

Enjin社は公式発表に際し、コアビジョンの1つとして、人々のデジタル作品に真の価値を与えることだとしており、このビジョンはMinecraftに触発されたビジョンであったことを明かしています。

Minecraftは、何時間にもわたって迷子になる世界であり、無限の創造性と驚くような創造性のゲームであり、想像するものは何でも構築できます。

(引用先 Enjin)

 

現在、EnjinCraftはマインクラフトのブロック状で独創的な領域をさらに改善したいとの考えから、

サーバーでブロックチェーンゲームアイテムを統合させ、使用できるようにしたほか、取引する機能を提供しています。

 

10周年を迎えたことを機に、マインクラフトとブロックチェーンの統合に初めて取り組み、コミュニティが調査しているプロトタイプのEnjin Craftデモサーバーを起動させ、フィードバックなどを提供していたとのこと。

Enjin Craftがリリースされたことで、ブロックチェーンの力をマインクラフトでも使用できるようになっています。
ゲーム内アイテムのトークン化とサーバーへの統合を容易にしており、新しくリリースされたEnjin SDK for Javaの上に構築されているとのこと。

 

機能性について

 

Enjin Craftプラグインを使用すると

・ブロックチェーンベースのMinecraftアセットの統合
・コンソールコマンドを使用して、既存のブロックチェーンアセットIDをゲーム内アイテムに添付できる
・プレーヤーがブロックチェーンウォレットをサーバーにリンクできる
・リアルタイムのEnjin CoinとEthereumの残高をプレーヤーに表示
・所有するブロックチェーンアセットに基づいた特別なアイテムと権限をプレーヤーに提供
・コンソールコマンドを介してブロックチェーンアセットをプレーヤーに送信できるEthereumトランザクションを開始
・プレーヤーがブロックチェーンアセットをサーバー内でピアツーピアで安全に取引できる

以上の機能が新たにEnjin Craftによって使用できるようになると発表されています。

 

詳細と要件について

 

Enjin Craft を利用するためには、Java 8以降を実行している必要があるほか、サーバーがインターネットに接続されていなければ使用できません。

プラグインはSpigot 1.13以降用に設計されており、古いバージョンでは正しく機能しない可能性があるほか、オフラインモードはサポートされていないため、バージョン1.7.x以前ははサポートされていません。

Enjin Craftを使用して統合されたトークンについては、代替可能でなければならないとのこと。

 

なお、Enjin Craftは日本語のほかにも英語やデンマーク語、フィリピン語、ドイツ語、韓国語、ポルトガル語、ルーマニア語、セルビア語、スペイン語の言語をサポートしているとのこと。

 

参考先サイト Enjin

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

テンセントがブロックチェーンに数兆円の投資!?本格的に大企業が注目し始めたか

世界の時価総額ランキングTOP10にランクインしているインターネット関連企業テンセントが、ブロックチェーンやAIなどの分野に700億ドル(約7.5兆円)もの投資をすることがロイターの報道により分かりました。

テンセントはこの10年の間、常に最先端の技術をどこよりも早く活用してきたこともあり、物凄く成長をしてきている企業です。

そのような企業がブロックチェーンに目を付けたとなれば、他の企業も追従するようにブロックチェーンに参入してくるものと見られています。

 

テンセントがブロックチェーンに投資

中国でアリババグループの次に規模が大きいテンセントグループが、ブロックチェーンの分野に投資をすることを明かしました。

具体的な投資内容は不明ですが、ブロックチェーンやAI、クラウド系などの分野で700億ドル(約7.5兆円)もの投資額を出すとのことなので、ブロックチェーンでも兆を超える投資が期待できます。

テンセントは世界のトップ企業の中でも、ここ数年の成長率が特に著しい企業です。

つまり、時代の先取りが出来ている企業と考えられるでしょう。

そのような企業がブロックチェーンに着目していることから、ブロックチェーンが最先端の技術であることが明白になりました。

また、世界有数の大企業がブロックチェーンに参入してくることによって、他の企業も遅れを取るまいと追従してくる可能性があります。

ビットコインの価格に影響してくるか

仮想通貨ユーザーにとっては、ビットコインとブロックチェーンが切り離せない存在であることはご存じかと思いますが、世界の人々はまだそこまでの関心がありません。

しかし、ブロックチェーンを利用する企業が増えてくると、必然的に人々はブロックチェーンに興味を示すようになり、次第にビットコインへ関心を持つようになるでしょう。

その為、ブロックチェーンに深い関係があるビットコインにとっては、テンセントがブロックチェーンに投資をするという情報は、非常に好材料になると考えられます。

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

アリババ、中国最大の港湾管理会社とブロックチェーン協定に署名 「デジタル港湾」構築目指す

中国最大の港湾管理会社である招商局港口控股が5月28日、巨大Eコマース企業のアリババ・グループ及びその傘下にある螞蟻金服(アント・フィナンシャル)と協定を締結した。この協定はブロックチェーンに基づくプラットフォームの開発を可能にするもので、多くの異なるユースケースがターゲットとなる。 No tags for this post.

Lisk公式寄稿:ブロックチェーンの相互運用性までの研究を全て完了

bygoogle || []).push
No tags for this post.