ブロックチェーン

No tags for this post.

ロシア、ブロックチェーン選挙の実用化を急ピッチ

ロシア国内の2つの地域で、ブロックチェーンを活用した投票システムの試験運用が始まる。1つは国営通信会社のロステレコム(Rostelecom)で、もう1つはすでにブロックチェーン投票システムを利用した経験を持つモスクワ市の情報技術局(DIT)だ。 ロステレコムのシステムは9月13日にロシアの2つの地域、クールスカヤ(Kurskaya)とヤロスラヴスカヤ(Yaroslavskaya)でのロシア下院補欠選挙に使用される。 No tags for this post.

中国人民銀行、デジタル通貨の小口取引テスト実施

中国デジタル通貨の小口取引実験が進行中 中国の中央銀行が地震のデジタル通貨(CBDC)で大口取引の実験を行っているとの報道がありましたが、最近は小規模な小口取引の試験が進行中であることを確認しました。 さらに、中国南部の ... No tags for this post.

マイニング機器に19億円──ビットコインの高値継続でも厳しい事業環境

ライオット・ブロックチェーン(Riot Blockchain)は日々難易度が増すビットコインマイニング業界で生き残るため、8000台の機材「S19 Pro Antminer」を購入した。その費用は1770万ドル(約18億8000万円)にのぼる。 マイナーはビットコインの価格上昇を好機と捉えようとする一方で、大規模な設備投資に迫られている。 No tags for this post.

ブロックチェーン企業スペースチェーン、宇宙でビットコインのマルチシグトランザクション署名に成功

ブロックチェーン企業のスペースチェーン(SpaceChain)は、国際宇宙ステーション(ISS)に設置したブロックチェーンハードウェアを使い、宇宙で最初のマルチシグトランザクション署名に成功した。これはスペースチェーンのプロジェクトが、欧州宇宙機関(ESA)のサポートを受けたことによって可能となった。 No tags for this post.

ブロックチェーンがリサイクル業界に透明性をもたらす|リサイクル率100%へ

bygoogle || []).push
No tags for this post.

ブロックチェーン使った韓国のデジタル運転免許証、登録者が100万人を突破

韓国で大手通信事業者が提供するブロックチェーンを使った本人確認アプリ「PASS」で、8月9日までに100万人が運転免許証の認証サービスを利用していることがわかった。韓国メディア、デイリー経済が報じた。韓国で物理的な運転免許証を持たずに、デジタルの免許証を使うユーザーが増加している。 No tags for this post.

中国の国家ブロックチェーン、また一歩前進──英語サイトを公開

中国の国家ブロックチェーンインフラプロジェクト「BSN:Blockchain-Based Service Network」は8月10日、世界中のDapp(分散型アプリケーション)開発者向けの英語版サイトを公開した。 開発者はBSNのグローバルバージョンを通して、許可型ブロックチェーンあるいは主要パブリックチェーンのいずれかでDappを構築し、ノードを実行することが可能になる。 No tags for this post.

ブロックチェーン業界でNFTの存在感高まる=ポリエント・ゲームズ

bygoogle || []).push

仮想通貨取引の危険トランザクションが簡単に凍結できる時代に

要点

・暗号追跡を手掛けるCipherTrace社が、追跡ソフトウエアに新たな予測機能を導入しました。これによって、仮想通貨取引が安全で、犯罪者に結びついている可能性のある資金を解読できるようになるとのこと。
・新たに導入された新予測機能は、仮想通貨取引所や類似ビジネスで、ブロックチェーン取引を確認する前に、犯罪者に結びついている可能性のある取引を凍結させることを目的としています
・今回の新機能導入により、CipherTrace社は、仮想通貨ビジネスに犯罪活動から得た資金を回避する手助けをしたいと考えています。

追跡ソフトに新予測機能を導入


(画像引用先:CipherTrace )

DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency=アメリカ国防高等研究計画局)が支援するブロックチェーン分析会社CipherTraceが、仮想通貨の予測機能を発表しました

同社によると、リアルタイム分析と予測リスクスコアリングを含む新しいツールが既存の顧客へ利用可能になり、7月末には新規クライアントに提供される予定です。

先週、仮想通貨市場では、ツイッターアカウント乗っ取り事件により、ビットコイン詐欺を拡散させるために130ほどのアカウントを乗っ取る大規模なハッキング事件で衝撃を受けました。
その影響を受け、Coinbaseなどの仮想通貨取引所が詐欺師の保有するウォレットアドレスへのトランザクションを凍結する前に、無防備な状態であったTwitterフォロワーから120,000ドルを超えるビットコインをだまし取っています。

既存技術を迅速化

CipherTraceの最新の技術は、業界では目新しいものではなく、ライバル企業のChainalysis社とElliptic社は、すでに同様のツールを販売していますが、CipherTraceの最新技術は、さらに迅速化することを目的としています。

海外メディアのインタビューでCipherTrace社チーフファイナンシャルアナリストのジョン・ジェフリーズ(John Jefferies)氏は、ビットコイン取引は、ブロックチェーンにコミットする前に、会社の資金監視システムとアルゴリズムを使用してスコアリングされます。
仮想通貨取引所や仮想通貨ATMのほか、仮想通貨取扱い店頭デスク、ヘッジファンドなどの仮想通貨取扱いサービスプロバイダーは、プラットフォームに流入するトランザクションをスコアリングするために当社のソフトウエアを使用しています。

ブロックチェーンからデータを取り込むことで、AI(人工知能)は資金が汚染されているかどうかに基づいてマネロンリスクを低~高にトランザクションをスコア付けすると説明しています。

ブロックチェーンで確認される前に、ビットコイントランザクションはmempoolと呼ばれるものに保存され、検証を待たなければなりません。

トランザクションがブロックチェーンで確認・確定されるまで、10分から数時間かかることがあり、今回の新技術は、取引所や他のビジネスが最終的なものになる前に危険なトランザクションを特定できるようにすることを目的としているとのこと。

トランザクションに関与する住所が認可された領域またはエンティティに起因する可能性があることを示唆するデータを発見した場合、トランザクションを潜在的に高いリスクとしてラベル付けします。

リスク・スコアリングは資金源に基づいているとジェフリーズ氏は説明しており、トランザクションがmempoolに入ると、危険なトランザクションを確認し、ブロックチェーンに書き込まれる前にそれらがどこから来たかを知ることができ、ユーザーは資金を停止することができます。

なお同氏によると、CipherTraceは世界の取引量の約87%を可視化し、何億もの属性データポイントを誇っており、これが暗号追跡会社がクリーンな資金と犯罪者に関連している可能性のある資金を解読することを可能にする、と述べています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

中国・北京政府が2年間の「ブロックチェーン都市構想」発表、中華銘柄ドラゴン指数に思惑も

bygoogle || []).push