要点

・国内大手仮想通貨取引所のコインチェック(Coincheck)がBATの取扱いを開始させたことを正式に発表しました。
・コインチェックではBAT取扱いを記念して、「Basic Attention Token取扱い記念キャンペーン」を開催しました。

コインチェックがBATの取扱いを開始


(画像引用先:Basic Attention Token)


ビットコイン谷にて、7月16日付特集記事「コインチェックがベーシックアテンショントークンの取扱いを開始」でもご紹介したように、国内大手の仮想通貨取引所コインチェック (Coincheck:関東財務局長第00014号 平成31年1月11日登録済み)が21日からベーシック・アテンション・トークン(BasicAttention Token/BAT)の取扱いを開始させました。

コインチェックでは、BATの取扱いを開始したことで、国内最多の13銘柄取扱い数となりました。

また、預けるだけで最大年率5%の暗号資産がたまる「Coincheck貸仮想通貨サービス」と、自動で日本円の入金から仮想通貨購入まで手数料無料でできる「Coincheckつみたて」でも取扱いを開始しています。

BAT取扱い開始キャンペーンを開催




コインチェックでは、21日からBTAを取扱いさせた事を記念して、『Basic Attention Token取扱い記念キャンペーン』が開催されています。

キャンペーン期間中に3,000BAT以上をコインチェックへ送金したユーザーを対象に、抽選で5名に10,000円相当のBATが当たります。
なお、キャンペーン賞品のBATは、付与される当日12:00時点のコインチェックレートで10,000円相当になるとのこと。

■期間:2020年7月22日17:00〜8月4日23:59まで
■当選発表:発表については、BATの付与をもって当選とし、公式サイトなどでの発表は行われません。
当選した5名には、8月中旬にBATが付与される予定で、当選者の取引アカウントへ直接付与されるとのこと。
当選者はコインチェック公式サイトおよびコインチェックアプリのアカウント内の「取引履歴」から確認できるとのこと。
■注意事項
BAT送金は、キャンペーン期間内にCoincheckの取引アカウントに反映されていることがキャンペーンエントリーの条件です。
また、キャンペーン参加は20歳以上75歳未満のユーザーのみ応募が可能。

一定条件に該当する場合、当選しても無効となる場合があるとのこと。
賞品の付与時の際、ユーザーの口座が退会などで解約している場合や、口座取引の全てまたは一部が制限されているユーザー、取引時確認作業が完了していないユーザーは当選無効になるとのことです。

Coincheck貸仮想通貨サービスとは




「Coincheck貸仮想通貨(レンディング)サービス」とは、消費貸借契約を締結し、ユーザーが保有する仮想通貨を一定期間コインチェックへ預け、契約期間満了後に預けた仮想通貨と同量・同等の仮想通貨が帰って来ると同時に、利用料を仮想通貨で支払われるコインチェック独自のサービスです。

このサービスでは21日より取扱い開始されたBATをはじめとする全銘柄の仮想通貨に対応しています。
また、ユーザーがコインチェックへ貸し出す期間も14日間・30日間・90日間・180日間・365日間の5つの期間を選択できるようになっており、すでにアカウントを持っているユーザーは簡単な申し込み手続きのみで利用できます。

主な貸出期間の年率は、14日間年1.0、30日間年2.0%、90日間年3.0%、180日間年4.0%、365日間年5.0%となっており、たとえば、10BTCを年利 3.0%の90日間貸出しの場合、(10BTC×3.0%)÷ 365×90日間= 0.0739726 BTCが利用料として支払われる。

Coincheckつみたてとは




「Coincheckつみたて」とは、毎月一定額を自動で積み立てるだけで、安定した仮想通貨投資ができるコインチェック独自のサービスです。

Coincheckつみたてのメリットは大きく分けて3つ。
月々1万円から積立可能で、いつでも気軽に積み立てを開始できる。
購入単価を引き下げてくれるので、長期に渡って安定した投資ができる。
購入タイミングがわからないという仮想通貨取引ビギナーユーザーでも、入金から購入まで全て自動で行ってくれるから、安心して取引ができる。


また、Coincheckつみたてには2つの積み立てプランがあり、毎日コツコツと積み立てていく「毎日つみたてプラン」と、損益の幅が増える可能性のある「月イチつみたてプラン」のプランがあります。

積み立て可能銘柄は
BTC, ETH, ETC, LSK, XRP, LTC, BCH, XLM, XEM, QTUM, BATで、そのほかの銘柄については順次取扱いをしていくとのことです。


今回、BAT取扱いと同時に開催されるキャンペーン開催を機に、コインチェック独自のサービスが充実ているコインチェックで新規の口座を開設してみませんか。


国内最多の13種類の仮想通貨が取引可能なcoincheck(コインチェック)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットコインを始め、13種類の仮想通貨が取引できるcoincheck(コインチェック)は誰でも簡単・安心に購入することができる仮想通貨取引所です。
スマートフォンのアプリにも対応しており、誰でもひと目見てわかりやすい取引ができるのが特徴です。

また、最短10分で購入でき、入金手数料も無料で利用することができます。
そのため、初めてビットコインや仮想通貨を購入する人には一番オススメできる仮想通貨取引所です。



Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.