メジャー通貨

2018年イーサリアムクラシック(ETC)のチャートからみる今後の将来性!お得に買える取引所は?

仮想通貨EthereumClassic(イーサリアムクラシック)ETCの今後やチャートからみる将来性について記載しています。イーサリアムクラシックの高騰理由や2018年最新ニュース、半減期やお得に購入できる国内外の取引所についても記載しています。

イーサリアムクラシック(ETC)とは

イーサリアムクラシック

EthereumClassic(イーサリアムクラシック)は、イーサリアムから分裂した通貨です。スマートコントラクトなどの大まかな性能はイーサリアムと同じです。

決済用の通貨よりもプラットフォームとしての役割に期待されている通貨で、THE DAO事件で誕生した仮想通貨なので、セキュリティや安全性を重視した通貨になります。

イーサリアムクラシック(ETC)の大きな特徴としては、仮想通貨の根本的な理念でもある非中央集権な思想を強く持った通貨です。

日本ではイーサリアムクラシックを略して「イークラ」と略称でも呼ぶこともあります。

ETCを購入できるおすすめ取引所一覧

EthereumClassic(イーサリアムクラシック)の概要

名称 EthereumClassic(イーサリアムクラシック)
通貨単位 ETC
リリース日 2016年7月20日
発行上限 ※2億1000万ETC
取引承認システム PoW(Ethash/Casper)
公式サイト Ethereum Classic公式サイト

EthereumClassic(イーサリアムクラシック)の通貨単位はETCで、発行上限はイーサと同じく現段階では決められていませんが、2億1000万ETCを上限予定としています。

イーサリアムクラシックは、THE DAO事件が起った2016年6月の翌月の7月にイーサリアムのハードフォークにより誕生しました。

イーサリアム(ETH)の詳細は下記の記事から確認できます。

仮想通貨時価総額第2位のイーサリアム(Ethereum)ETHについて記載しています。イーサリアムのチャートをもとにETHの今後や将来性(メトロポリス)についても分析しています。イーサリアムの相場や価格推移について、その他イーサリアムが購入できる取引所についても記載していますので是非参考にしてください。

THE DAO事件とは

THE DAO事件とは
THE DAO事件とはイーサリアムが「TEH DAO」というトークンを発行した時に、THE DAOのプログラムの惰弱性を突かれて、150億円分発行されたうちの約50億円分、約360万ETHが盗まれたハッキング事件のことです。

イーサリアム自体のバグではなかったものの、イーサリアムの価値を大きく落とすことになりました。

その結果イーサリアムはこの事件をなかったことにしようと、以前とは互換性がないブロックチェーンを新たに作る作業であるハードフォークを実施しました。

ハードフォークが実行されプログラムが大きく書き換えられ、THE DAOの不正送金は無効化されたものの、本来は管理者を持たない非中央集権のイーサリアムがソースコードを書き換えるのは、おかしいと反発がありました。

そして、以前の旧版イーサリアムのコードに一部の開発者に残り価値がついたものがイーサリアクラシック(ETC)です。

ケンケン
元々あったイーサリアムがイーサリアムクラシックになったんだね!
ミー
クラシックの意味は「古典」っていう意味なんだよ

イーサリアムクラシックとイーサリアムの違い

イーサリアムクラシックとイーサリアムは元々同じ通貨だったので、スマートコントラクトの搭載など基本的な性能はほぼ同じです。

イーサリアムと大きく異なるところは、イーサリアムクラシックは過去のTHE DAO事件を教訓に拡張性を犠牲にする代わりに、安全性とセキュリティを最も重視している点です。

改変できない部分があるため、新しく出たシステムやサービスに対応しにくいという問題がありますが、徐々に開発が進んでいるのでイーサリアムクラシックの価値も見直されるようになってきました。

全ての仮想通貨の基盤になっているビットコインは非中央集権の考えが強く、一部では中央集権な思想が嫌われる側面があります。

最も大切なのは管理者がいない非中央集権な考えと『コードが法(Code is Law)』という理念が強い通貨です。

  • イーサリアムは「communtiy is law」(コミュニティが法律)
  • イーサリアムクラシックは「Code is Law」(コードが法律)

スマートコントラクトとは


スマートコントラクトはイーサリアムにも搭載されている機能で、ブロックチェーン上に契約内容を上乗せできる機能です。

執行される条件と契約内容を事前に決めておくことで、その条件を満たした場合に自動的に契約が行われるシステムです。

簡単に説明すると、改ざんができないブロックチェーン上にメモ帳(契約内容)を乗せることが可能な仕組みのこと。

スマートコントラクトは「契約の自動化」とも呼ばれており、ICOでの資金調達などで活用されています。

様々な企業からもスマートコントラクトは注目されているので、今後大きな企業との連携や提携、イーサリアムクラシックを使ったサービスなども出てくる可能性があります。

イーサリアムクラシックのチャート

下記はイーサリアムクラシック(ETC/USDT)のBITTREXでのリアルタイムチャートです。時間軸は日足がデフォルトになっています。

イーサリアムクラシック(ETC)の時価総額ランキング

下記はイーサリアムクラシックのリアルタイムの時価総額ランキングと現在の価格です。

イーサリアム価格との相関関係

イーサリアムクラシックとイーサリアムの価格変動には相関関係が見られます。

元は同じ通貨だったため、イーサリアムに良いニュースが入り価格が上昇するイーサリアムクラシックも連動して価格上昇するという同じような動きが見られました。

イーサリアムクラシックチャート

しかし、2018年2月頃にイーサリアムクラシック価格が独自に上昇しています。これは3月にETCのハードフォークの(正確にはエアドロップ)で誕生するCallis(カリスト)の影響が大きいとされています。

今後もイーサリアムクラシック独自の開発や動きがあるので、イーサリアム(ETH)から独立して動く可能性は十分にあります。

ETCを購入できるおすすめ取引所一覧

2018年イーサリアムクラシック最新ニュース

ここではイーサリアムクラシックの最新ニュースを更新していきます。イーサリアムクラシックの新しいニュースや価格の大きな動きがあれば、随時更新していきます。

2018年度イーサリアムクラシックの動向予定

  • 2018年3月5日頃にハードフォーク(エアドロップ)でCallisto(カリスト)が配布
  • 2018年3月31日までにETCウォレットをリリース
  • 2018年4月30日までにETCモバイルウォレットをリリース
  • 2018年5月31日までにETHとオペコードの互換性を持つ
  • 2018年6月31日までにEmerald Project & Emerald SDKをリリース

直近で大きなニュースは、2018年3月5日頃にイーサリアムクラシックのハードフォーク(正確にはエアドロップ)でカリストが付与されるニュースです。

カリスト(CLO)はイーサリアムクラシックの保有率に対して、1:1の割合で付与が予定されています。1ETCにつき1CLOが貰えると言うことですね。

エアドロップとは
エアドロップとは、通貨の知名度の向上や流動性を高めるために運営側が無料で通貨を配布する仕組みのこと。

2017年イーサリアムクラシックのニュース

2017年12月12日(半減期)

2017年12月12日にイーサリアムクラシックではハードフォークが行われて、今まで上限枚数が無かったETCの最大発行枚数を2億1,000万~最大2億3,000万に設定しました。※ブロック報酬変動率によって上限が変動

またマイニング報酬も5,000,000ブロック毎に20%のカットされることにより、インフレ防止と希少性のUPをはかっています。

一般的なマイニングの半減期とは少し異なりますが、マイニングの半減期は市場に出る通貨の枚数が減少するため希少性が上がり価格が上昇する傾向があります。

2017年11月28日

イーサリアムクラシックの価格が11月28日に高騰しました。前日比が30%UPと大きく価格を上げています。

この高騰の要因は12月12日に行われるハードフォークによる「半減期」があるためとされています。

2017年11月7日

11月5日~6日にかけてイーサリアムクラシック(ETC)の価格が大幅に高騰しました。

この高騰の要因とされたのは、11月13日、14日の2日間にわたり香港で開催されるイーサリアムクラシックが主催するカンファレス「ETHEREUM CLASSIC SUMMIT」(イーサリアムクラシックサミット)にて重要な発表があるのではないかという期待感から高騰と予測されました。

イーサリアムクラシック(ETC)が購入できる取引所

イーサリアムクラシックを購入できる国内の取引所は下記になります。

ETCを購入できる国内取引所一覧

国内ではETCを購入しようとするとどこも販売所形式になるので、取引手数料が3%~と高くなる傾向があります。

お得にETCを買うなら海外取引所がおすすめ

取引手数料を安くするのであれば積極的に海外取引所を活用するのをおすすめします。

ETCを購入できる海外取引所一覧

海外取引所では特に、取引手数料が安くて多くの日本人も利用しているバイナンスがおすすめです。

私もアルトコインを購入する際はほとんど、バイナンスを利用しています!

日本語対応している海外取引所バイナンスのアカウント登録方法や使い方を解説しています。Binanceの取扱い通貨一覧・手数料一覧やバイナンスへの送金や入金・出金方法、アプリの使い方、通貨の買い方なども徹底解説しています。バイナンスに関する閉鎖や規制のBinance最新ニュースも記載しています。

イーサリアムクラシックのまとめ

イーサリアムクラシック(ETC)の特徴

  • イーサリアムからハードフォークで誕生した
  • イーサリアムと特徴が似ている
  • スマートコントラクト機能を備えている
  • 非中央集権の考えを重視している

イーサリアムクラシックの今後はどうなる

イーサリアムクラシックはイーサリアムと、もとは同じ通貨ということもあり、価格帯もイーサリアムと相関関係にありました。

当初は開発者のほとんどがイーサリアムに移ってしまったため、イーサリアムクラシックはイーサリアムの下位互換の通貨として見られていました。

しかし、今では開発も順調に進んでいることから安全性やセキュリティを重視するイーサリアムクラシックを利用したプロジェクトやICOを計画している企業も存在します。

またEmeraldプロジェクトと呼ばれるイーサリアムクラシックの開発者によるプロジェクトも着実に進行し、今後のさらなる発展が期待されています!

国内で取扱いのある仮想通貨アルトコイン(オルトコイン)についてまとめています。アルトコインの種類や特徴を一覧表にしています。アルトコインを取扱っている取引所や販売所も買い方なども紹介しています。
日本では取り扱いがない人気のある海外銘柄の仮想通貨「アルトコイン」を紹介しています。アルトコインにもたくさんの種類が存在し、買い方や購入できる取引所/販売所は異なります。

NEM流出事件の捜査本部を100人規模で設置!ミーの仮想通貨最新ニュース【2月24日】

2月24日仮想通貨最新ニュース

2/24の仮想通貨ニュースは警視庁がNEM流出の捜査本部を設置!!ロシアで1億円分のビットコイン強奪事件!?ジョージア州でBTCでの納税の法案を提案!等々、またコインチェック以外でも購入できる取引所等を一覧で確認できるようにまとめた国内アルトコインの一覧記事もピックアップしています。

2月24日の仮想通貨情報(ニュース)

どうもママコイナーのミー(@me_memechan)です!今日は全体的に大きな変化はありません。

仮想通貨価格-前日比-2月24日

ケンケン
今日はニュースが少ないね
ミー
特に目立った大きなニュースもないね!
ミー
本日2月24日のニュースはこちら!
2月24日仮想通貨News概要
  • 警視庁がNEM流出の捜査本部を設置!
  • ロシアで1億円分のビットコイン強奪事件!?
  • ジョージア州でBTCでの納税の法案を提案
  • 国内アルトコインの一覧について

警視庁がNEM流出の捜査本部を設置!

取引所コインチェックでNEMが流出した件で、警視庁は26日付で捜査本部を設置するようです。

捜査本部では仮想通貨技術に詳しい捜査員らを約100人集めたとのこと。

既に流出の経緯を調べており、NEMが不正送金される数日前に海外のサーバーから不審な接続が複数回あったことも確認されているようです。

捜査本部が設置されたことで、より一層監視が強化されることを願います。

ロシアで1億円分のビットコイン強奪事件!?

ロシアで、仮想通貨投資家が襲われ約1億円分のビットコインを奪われる事件が起きました。

以前から、仮想通貨投資家が襲われる事件は何度か取り上げていましたが、今回はとても恐ろしいのは顔面をナイフでめった切りにされた…という事です…。顔面めった切り…(||゜Д゜)

現状では海外での事件が多いですが、日本でも今後はこういった事件が起きる可能性も大いにあります。

安易に仮想通貨で儲かったと公開していると、狙われるという認識を持ち、むやみやたらと人前で話すのは自粛したほうが良さそうですね。

ジョージア州でBTCでの納税の法案を提案

先日、アリゾナ州で仮想通貨で納税の法案が上院で可決されたニュースを取り上げましたが、ジョージア州でも、ビットコインで納税を行うことを可能にする法案を2名の州議会議員が提案したようです。

アリゾナ州での可決が議員の支持を引き寄せているようですね!

今後も仮想通貨の納税を提案する州も増えるかもしれませんね。

果たして、日本では仮想通貨で納税が可能になる日が来るのでしょうか…

国内アルトコインの一覧について

ニュースではないですが、、、国内銘柄のアルトコイン一覧表を更新しました!

コインチェックで現在はアルトコインの売買ができないので、どこの取引所を利用したらいいのか迷う方も多いようです。

コインチェックに取扱いのあるアルトコインは、他の国内取引所で購入できるものや、コインチェック以外では国内では売買できず海外取引所でしか取扱いのない通貨もあります。

通貨によってメリットとなる取引所が異なるので、一覧でまとめています。

初心者の方はぜひ参考にしてくださいね(*´﹀`*)

国内で取扱いのある仮想通貨アルトコイン(オルトコイン)についてまとめています。アルトコインの種類や特徴を一覧表にしています。アルトコインを取扱っている取引所や販売所も買い方なども紹介しています。

保有している仮想通貨一覧

今日は大きなニュースもなかったので、通貨も大きな価格の変化等はありませんね(*OчO*)

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-2月21日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。また下記の表には日本円のJPYは含めていません。

仮想通貨前日比

通貨名 通貨単位 現在価格 前日比
リップル XRP 100.8 +2.0%
ビットコインキャッシュ BCC 13.5万 +3.21%
イーサリアム ETH 9.08万 -0.5%
アリス ALIS 42.26 +0.7%
ネム XEM 45.8 +0.9%
リスク LSK 2397 -0.29%
ネオ NEO 1.28万 +2.0%
モナコイン MONA 611 +3.2%
仮想通貨総資産平均合計 +1.8%

今日もどの通貨も元気がないですね。そろそろ良いビックニュースがきて、ドカ~ンっと盛り上がってほしいです(´・ω・`)

Binance(バイナンス)ポートフォリオ【サブ】

バイナンスポートフォリオ2月21日

別途投資しているBinance(バイナンス)のポートフォリオです☆
こちらでは国内には上場していないアルトコインに投資しています。バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資しています!
Binanceでお宝コイン探し~(*´罒`*)

バイナンスの通貨も、本日は大きな変化はありません。

私は保有していないですが、バイナンスではLUNという通貨が前日比が約80%もアップしているようですね!NANOも前日比が約40%アップ!

海外銘柄ならではの上昇率ですね(*´∇`)ノ

それではまた明日☆

Monero(モネロ)の今後や将来性について!チャート価格とXMRが購入できる取引所

仮想通貨Monero(モネロ/XMR)の詳細について記載しています。モネロのリアルタイムチャートに時価総額に現在の価格、XMRが買える取引所やウォレットも紹介しています。匿名性通貨Moneroの持つ可能性についてぜひ参考にしてください。

Monero(モネロ)とは

Monero(モネロ)XMR
Monero(モネロ)はエスペラント語で「コイン」という意味を持つ匿名性に優れた仮想通貨です。

モネロはビットコインのソースコードを基にせず、Bytecoinという仮想通貨のCryptoNoteと呼ばれる匿名性特化のプロトコルを利用しています。

またMoneroはCryptoNightというアルゴリズムを採用しワンタイムリング署名という独自の技術により匿名性に長けたアルトコインとなっています。

ブロック取引認証システムはビットコインと同じPoW(プルーフオブワーク)を採用し、他のマイニングと比べると比較的簡単にマイニングが行えるので、モネロ(XMR)のマイニングも人気です。

モネロ(XRM)はコインチェックで上場しておりMonero、DASHZcashと共に匿名三兄弟と呼ばれている人気の仮想通貨です。

XMR(モネロ)を購入できる取引所

Monero(モネロ)の概要

名称 Monero(モネロ)
通貨単位 XMR
リリース日 2014年4月18日
発行上限 なし (1,840万 XMR)
アルゴリズム Crypto Night
取引承認システム PoW
公式サイト https://getmonero.org/

Monero(モネロ)の通貨単位はXRMで発行上限は無制限です。1840万枚のXRM発行後は、マイニングによって少しづつ枚数が増えていきます。

モネロのブロック生成間隔は約2分と早く、ブロックサイズの容量も大きく上げることができるため、ビットコインで起こっているようなスケーラビリティ問題には直面しにくくなっています。

Monero(モネロ)の特徴

Moneroモネロの特徴

Monero(モネロ)の最大の特徴は匿名性の高さです。

Monero(XMR)では、「リング署名」「ワンタイムアドレス」という技術を組み合わせた「ワンタイムリング署名」という独自の技術によりXMRの匿名性を維持しています。

ワンタイムリング署名では、複数の公開鍵を重ねて署名するミキシングと、ワンタイムアドレスを組み合わせることによって、取引履歴の追跡が閲覧がほぼ不可能になっています。

リング署名とは

通常取引の署名は秘密鍵と公開鍵で行うために、誰が行った署名(送金元)なのかを特定することができます。

リング署名は複数の公開鍵を重ねて署名します。そのためリング署名は誰が行った署名かを特定できないような工夫が凝らされています。モネロではこのリング署名を使うことによって、送信元を特定しづらくしています。

リング署名-モネロ
リング署名参考画像 引用元:CryptoNote official site

ワンタイムアドレスとは

Monero(モネロ)XMR-ワンタイムアドレス

ビットコインのアドレスは27〜34文字に対してMonero(モネロ)のアドレスは95文字と非常に長いのが特徴です。

またモネロの送金用アドレスは一度使うと自動で新しいアドレスが生成されるようになっています。使い捨てのワンタイムパスワードと同じ仕組みですね。

またMoneroでは閲覧用のプライベートキーと送金用のプライベートキーの異なる二つの秘密鍵が生成されるので、閲覧用のキーを公開することよって、外部に情報開示することも可能です。

匿名三兄弟との比較

通貨名 匿名技術 承認時間 発行上限
XMR ワンタイムリング署名 約2分 なし
DASH プライベートセンド 約1.4秒 1890万
ZCH ゼロ知識証明 約2.5分 2100万

モネロとともに匿名通貨として、よく比較されるDASH(ダッシュ)Zcash(ジーキャッシュ)は同じ匿名通貨ですが、使用している匿名技術が異なり、取引スピードや発行枚数なども異なっています。

DASHは決済用、Zcashは完全な匿名性を活かした企業向けのプラットフォームなどそれぞれ用途が違う匿名通貨になっています。

Monero(モネロ)のチャート

下記はXMR/USDのBITTREXでのリアルタイムチャートです。デフォルトで日足になっていますが設定で変更できます

過去のXMRのチャートを確認して見ると、2017年8月頃から一気に価格が急騰しています。

これは、韓国最大の取引所Bithumbでモネロ(XMR)の取扱がスタートしたための期待上げと実際の韓国マネーの流入がXMRの価格に影響したとされています。

そこから2017年、年末のBTC高騰と共に、XMRも価格を伸ばし、2018年2月の市場全体の大暴落とともに大きな調整が入っています。現在は順調に価格を上げています。

Monero(モネロ)の時価総額

下記はリアルタイムのMoneroの時価総額ランキングです。

2017年は全体の時価総額でもXMRは10位圏内でしたが、2018年の初頭は10位~15位を推移しています。

Monero(モネロ)が買える取引所

Monero(モネロ)XMRが購入できる取引所は、日本ではcoincheck(コインチェック)のみです。※コインチェックはNEMの不正送金事件で現在アルトコインの取引を一時停止しています。

海外取引所では、Binance、Bittrex、Poloniex、Hitbtcなど多くの大手海外取引所で、Moneroを取扱っています。

中でもBinance(バイナンス)が取引手数料が最も安く、多くの日本人ユーザーも使っているのでおすすめです。

XMR(モネロ)を購入できる取引所

日本語対応している海外取引所バイナンスのアカウント登録方法や使い方を解説しています。Binanceの取扱い通貨一覧・手数料一覧やバイナンスへの送金や入金・出金方法、アプリの使い方、通貨の買い方なども徹底解説しています。バイナンスは中国の仮想通貨取引所なので、気になる閉鎖や規制のBinance最新ニュースも記載しています。

Monero(XMR)のウォレット

Monero(XMR)のウォレットは公式からアプリがリリースしています。オンラインウォレットではMyMoneroという簡単に作成できるウォレットが存在します。多くのXMRを保管するのには公式のアプリを推奨します。

⇒ Monero公式ウォレットアプリ

⇒ MyMonero(オンラインウォレット)

XMRは今のところハードウェアウォレットには対応していませんが、Ledger社がサポートに力を入れているということなので、Ledger NanoSでも近々サポートされる可能性が大です。

Monero(モネロ)の今後と将来性まとめ

Monero(モネロ)の懸念点

Monero(モネロ)は非常に人気のある通貨です。しかし匿名性という性質上、マネーロンダリングに使われたりダークマーケットやダークウェブ上での取引も盛んに行われています。

プライバシー保護の観点から考えるととても優秀な通貨ですが、匿名性を逆手に取って悪用される懸念点も持ち合わせています。

Monero(モネロ)はテロの資金や北朝鮮が好んでマイニングやハッキングをしているという噂もあるとので、各国の政府からは警戒されている通貨でもあります。

どれだけ需要があっても政府が禁止してしまえば、違法な通貨にもなりえるということも念頭においておく必要があるかもしれません。

Monero(モネロ)の将来性

仮想通貨決済でプライバシーの保護は最重要課題です。ビットコインで決済をするとアドレスを辿っていくと個人を特定することが可能です。(※店頭などで決済をしてアドレスと個人が結び付いた時の話。アドレスだけでは個人は特定できません。)

見知らぬ人に自分の口座残高を確認されたり履歴を見られたりされるのはいい気分ではないですよね。そういった意味でも匿名性は必要不可欠なものだと感じています。

健全な規制の下、政府や中央銀行などと共に共存できる道が開ければ、モネロを含む匿名性通貨はまだまだ伸びる仮想通貨だと信じています。