モナコイン(MONA)

ビットバンク(bitbank.cc)が取引手数料無料キャンペーンを6月まで延長!セキュリティも万全な取引所

ビットバンク キャンペーン延長

国内仮想通貨取引所のビットバンク(bitbank.cc)が、当初2018年3月31日までを予定していた取引手数料無料キャンペーンの延長を発表しました。

私は普段からリップル(XRP)の取引に利用していますから、キャンペーンの延長は非常に嬉しい発表です。

また、ログイン時の2段階認証も追加になり、セキュリティも万全な状態になりましたよ。

今回はビットバンク(bitbank.cc)の発表をまとめていきますね。

取引手数料無料キャンペーン延長

取引手数料ゼロキャンペーン

仮想通貨取引所 bitbank.cc において開催されておりました、「仮想通貨交換業登録記念!全ペア手数料無料キャンペーン」について、ご好評につき2018年6月30日まで延長致します。

キャンペーンは、bitbank.ccで取扱う全通貨ペアが対象となります。

ビットバンク公式サイトより引用

ログイン時の2段階認証を追加


ログイン時の2段階認証設定が出来ない事がビットバンクの唯一の欠点でしたが、ついに設定が出来るようになりました。

設定出来る事を知らなかった方は、すぐに2段階認証を追加で設定をしておきましょう。

ウォレットの管理方法も公開済みで安心出来る

顧客資産保護を最優先とし、内部監視を含めたセキュリテイ強化に力を入れるとの事です。

ビットバンクは以前からセキュリテイの強化に努めていますので、私も安心して資産を預けていますよ。

また、同じ国内取引所のビットフライヤー(bitFlyer)もセキュリティは世界一と評価されるほどの対策をしています。

アルトコインの取り扱いも増やしており、最近はリスク(LISK)の上場をしました。

詳しくは「ビットフライヤー(bitFlyer)にLISK(リスク)が上場して高騰!購入するメリットと通貨の特徴は?」で紹介していますよ。

資産を取引所に置いておきたい方はどちらかの取引所に置いておくと良いでしょう。

アルトコインの購入におすすめな取引所

ビットバンクは5種類のアルトコインとビットコインの取引をする事が出来ます。

私は主にリップル(XRP)の取引に利用する事が多いですが、ICO参加の為にイーサリアム(ETH)を購入するのに利用する場合もありますよ。

各アルトコインごとに購入におすすめな取引所は変わってきますが、ビットバンクにある通貨であれば基本的にビットバンクで購入することが最もおすすめの手順になります。

キャンペーン延長について:まとめ

以前からずっと応援してきたビットバンクも、最近は取引量が増えてきて嬉しい限りです。

手数料を多く取る取引所が多い中で、長い間キャンペーンを行なっているビットバンクは信頼出来る取引所と言えますね。

1時間あたりのリップル(XRP)の取引量も、以前に世界1位になりましたので、今後ますます取引量が増えていく事と思います。

これを機に皆さんもビットバンクを利用してみて下さいね。

初心者の方はまずこの記事を読もう

私が仮想通貨投資を始めてから経験した事や、実際にトレードをして得た手法などの記事をまとめました。

このまとめを読めば、初心者の方でもすぐに中級者になれるようになっています。

かなり長い記事にはなりますが、しっかりと読み込んで頂ければ今後の仮想通貨投資に生かせる物があると思いますよ。

The post ビットバンク(bitbank.cc)が取引手数料無料キャンペーンを6月まで延長!セキュリティも万全な取引所 appeared first on いますぐ始める仮想通貨投資.

モナコイン(MONA)を購入するのはどの取引所がNO.1?おすすめランキングを紹介

モナコイン(MONA)は日本発祥の仮想通貨です。

既に秋葉原ではモナコインを使って買い物が出来たり、メイドカフェで支払いが出来るなど、使える場所は限定的ですが、実際に使用する事が出来る数少ない通貨になります。

また、2017年は年始から最高で700倍になるなど、注目度の高い通貨ですよ。

昨年に続き今年も注目のモナコインですが、どの取引所で売買するのが良いのでしょうか?

今回は私が普段から使用している取引所でおすすめのランキングを作りましたので紹介しますね。

1位:Zaif(ザイフ)

 総合評価  (5/5)
 初心者へのおすすめ度  (5/5)
取引所の使いやすさ  (4/5)
手数料の安さ  (5/5)
通貨の取引量  (5/5)
仮想通貨積立の方法記事 Zaifで積立投資を始めるには
Zaifの登録・使い方記事 Zaifの登録方法と使い方とは

モナコイン の売買で最もおすすめの取引所はZaif(ザイフ)です。

次に紹介するビットバンク(bitbank.cc)は手数料が無料ですので、取引だけで言えばビットバンクの方がおすすめなのですが、Zaif(ザイフ)では仮想通貨の積立投資が出来るのです。

自分で決めた金額分を毎月自動で購入してくれるシムテムですから、モナコインの様にまだ単価が低い通貨での利用は非常におすすめです。

モナコインの将来性に期待してZaifで積立投資をする事にしました」という記事でも紹介した通り、私もモナコインの積立投資をしていますよ。

2位:ビットバンク (bitbank.cc)

 総合評価  (4/5)
 初心者へのおすすめ度  (5/5)
取引所の使いやすさ  (4/5)
手数料の安さ  (5/5)
通貨の取引量  (4/5)
 ビットバンクの登録方法記事 ビットバンクの登録・口座開設方法

2位はビットバンク(bitbank.cc)です。

現在は取引手数料が無料になるキャンペーン(2017年10月16日~2018年6月31日)を開催中なので、この機会に利用する事をおすすめします。

元々は2018年3月31日までのキャンペーンでしたが、非常に好評で延長となりました。

ビットバンク(bitbank.cc)はオフラインのウォレットを採用していますので、ハッキング対策もしっかりされています。

私はメインの取引所として利用しており、モナコインに限定しなければ国内で最もおすすめする取引所ですよ。

また、リップルも日本円で購入可能ですので、リップルを買いたい場合はこの取引所を利用する事をおすすめします。

リップル(XRP)を最も安く購入出来る取引所とは?おすすめランキングを紹介」の記事を参考にして下さいね。

3位:BITTREX(ビットレックス)

 総合評価  (3/5)
 初心者へのおすすめ度  (3/5)
取引所の使いやすさ  (4/5)
手数料の安さ  (3/5)
通貨の取引量  (5/5)
BITTREXの登録・使い方記事 BITTREXの登録・使い方とは

BITTREXは海外取引所ですので、日本語対応していません。

しかし、取引量は非常に多いのでモナコインを大量に仕入れたい方は利用しても良いと思いますよ。

日本円でモナコインを買いたい場合ビットバンク(bitbank.cc)Zaif(ザイフ)を利用しましょう。

4位:ビットフライヤー(bitFlyer)

 総合評価  (3/5)
 初心者へのおすすめ度  (3/5)
取引所の使いやすさ  (4/5)
手数料の安さ  (2/5)
通貨の取引量  (3/5)
   ビットフライヤーの登録方法記事  ビットフライヤー(bitFlyer)の登録方法

成海璃子さんのCMで有名なビットフライヤー(bitFlyer)は4位になります。

他の3つの取引所とは違い販売所形式になっているため、手数料が非常に高くなってしまいます。

その代わり売買の手続きは一瞬で終わりますから、今すぐにモナコインを買いたい場合は利用すると良いでしょう。

また、私が最近注目しているリスク(LISK)という通貨が日本円で買えるのは、コインチェックとビットフライヤー(bitFlyer)のみですから、購入する際にはどちらかを利用すると良いでしょう。

リスク(LISK)に関しては「ビットフライヤー(bitFlyer)にLISK(リスク)が上場して高騰!購入するメリットと通貨の特徴は?」を参考にして下さいね。

海外取引所も積極的に利用しよう

取引に慣れて来たら海外取引所でビットコインを使って購入する事も可能です。3位でご紹介したビットレックス(BITTREX)も海外取引所ですね。

ビットコインの送金は非常に時間がかかりますから、手っ取り早く送金したい場合はイーサリアムを国内取引所で購入して送金するようにしましょう。

イーサリアムの購入は「イーサリアム(ETH)を一番お得に購入出来る取引所とは?おすすめランキングを紹介」で紹介していますよ。

海外取引所でおすすめなのはバイナンスです。

この取引所は日本語対応していますから、初心者の方でも安心して利用可能ですよ。

通貨別ランキングと国内取引所一覧

初心者の方はまずこの記事を読もう

私が仮想通貨投資を始めてから経験した事や、実際にトレードをして得た手法などの記事をまとめました。

このまとめを読めば、初心者の方でもすぐに中級者になれるようになっています。

かなり長い記事にはなりますが、しっかりと読み込んで頂ければ今後の仮想通貨投資に生かせる物があると思いますよ。

The post モナコイン(MONA)を購入するのはどの取引所がNO.1?おすすめランキングを紹介 appeared first on いますぐ始める仮想通貨投資.

Zaif取引所でモナコインの買い方を画像付きで簡単解説!

Zaif取引所でモナコインの買い方と売り方を初心者向けに詳しく解説しています。モナコインは国産通貨ですがアトミックスワップが成功したなどの好材料が入り世界中から注目されている仮想通貨です。Zaifでの注文の仕方や買い方が分からないという方はぜひ参考にしてください。

zaifでのモナコインの購入方法について

Zaifモナコイン買い方

こちらの記事ではZaif取引所でのモナコインの購入方法について説明しています。

取引所を1度でも利用した事がある方は、どこの取引所でも同じような手順なので説明など必要ないかもしれませんが、最近仮想通貨投資を始めたばかりの方や、取引所の使い方が不安な方に向けて画像付きで一から順を追って説明しています。

またここではZaifでのMONAコインの購入方法を記載していますが、どの通貨の購入方法も同じなので、Zaif銘柄の通貨購入方法として参考にしていただけます。

モナコイン(MONA)については下記の記事で詳しく解説しています。

国産仮想通貨で高騰した話題のモナコイン(monacoin)の詳細を記載しています。モナコインの高騰チャート・レート・相場やモナコインのマイニング(採掘)さらにモナコインの半減期についても詳しくまとめています。モナコインの買い方やMonacoinを取り扱っている取引所についても掲載しています。

まずはzaifでアカウント作成をしよう

zaifでモナコインを購入する為には、まずはzaif取引所に口座を開設する必要があります。口座開設がまだの方は、まずはzaif取引所でアカウントを作成しましょう。

仮想通貨取引所のzaif(ザイフ)のアカウント作成方法(登録方法)の詳細を記載しています。またzaifの特徴や各種手数料の比較や免許証などでの本人確認の詳細や、zaifで取扱いしている仮想通貨の一覧も掲載しています。zaifの一番の特徴はネムXEMとモナコインMONAが買える取引所ということです。

日本円を入金する

モナコインに限らずですが、アカウントを作成後、仮想通貨を購入するために取引所に日本円を入金します。

入金方法は非常に簡単です。普段お使いの銀行や、コンビニからの入金でも取引所に日本円を入金することは可能ですが、手数料にも注意しましょう。

私は初めての取引所へ入金した際は、普段から使用している地方銀行から入金しましたが、現在は住信SBIネット銀行を使用しています。

住信SBIネット銀行では取引所への入金手数料が無料で15時~の入金や土日などを挟む場合等にも、年中無休で反映されるので住信SBIネット銀行はおすすめです。

国内のほぼ全ての仮想通貨取引所と提携していて評判の良い住信SBIネット銀行についてのメリットを記載しています。仮想通貨(ビットコイン)を買うなら入金手数料が無料で即時反映さらに24時間365日対応している住信SBIネット銀行は口座開設がおすすめです。

日本円の入金手順

モナコイン買い方

Zaifモナコイン買い方

  1. ログインした後、画面上部の「入出金」をクリック
  2. 日本円の入出金と履歴を選択
  3. 入金、出金、履歴とあるので「入金」をクリック
  4. 「銀行振込による入金」を選択
  5. 入金金額を入力する
  6. 「入金開始」をクリックする

※こちらの記事では、「銀行振込による入金」でご説明してきます。その他「コンビニ決済入金」「ペイジー入金」についてはzaif公式ページよりご確認ください。

⇒ ペイジー入金の方法
⇒ コンビニ決済入金の方法

銀行から入金する
「入金開始」をクリックすると画面に振込先の銀行名や口座番号等が表示されるので、銀行からその振込先に入金します。ただし、「振込依頼人名義」については注意が必要です。

Zaifモナコイン買い方Zaif公式ページから画像引用

注意する事
・自分の名前の後ろに指定された識別コードを入力する
・苗字と名前、名前と識別コードの間にスペースを入れる

日本円でモナコインを購入する

入金が確認できたら早速モナコインを購入してみましょう。zaifでは信用売り等などの買い方もできますが、ここでは取引所での現物買いの方法を説明していきます。

「簡単売買」は取引所ではなく、販売所になります。手数料が多く取られるので、よっぽどの急ぎでない限り「取引所」での購入をおすすめします。

Zaif取引所

「簡単売買」ボタン横の「取引」ボタンをクリックすると取引所取引で通貨を売買することができます。

Zaifモナコイン買い方

現物買いとは
現物買いとは、自分が預けた資金を使って現物(通貨)を買う取引のこと

信用売りとは
信用売りとは、取引所にお金を借りて、先に売って、安くなったところで買い戻す取引のこと

また現物買いの中でも「成行注文」「指値注文」ができます。

成行注文での買い方

成行注文とは、値段を指定せずに注文を出す注文方法です。

注文を出せば現物通貨がすぐに買えるというメリットがある反面、注文数に対して取引量が少ない場合などは、想定外の高い金額で買い注文が成立してしまうこともあるということも頭に入れておきましょう。

Zaifモナコイン買い方

  • 成行注文をクリック
  • 買いたい量(MONA)に数量を入力※必須
  • 数字を入力してエンターを押すと、概算約定代金(JPY)に日本円の必要金額が表示される
  • 「買い注文」をクリックするまでは何度でも再入力可能なので、数量の微調整可
  • 最後に「買い注文」をクリックすると注文ができます。
「買いたい量」(MONA)に数量を入力せずに「使用残高」をクリックすると資金のパーセンテージで買える数量が自動入力されます。
成行注文のメリット
成行注文のメリットは現在の価格ですぐに購入できるのでクリックした瞬間に購入できます。
成行注文のデメリット
成行注文のデメリットは、金額を指定しないので想定外の金額で約定する可能性があります。

指値注文での買い方

指値注文は、値段を指定して注文を出す注文方法です。

成行注文とは異なり、自身が指定した金額でのみ注文が約定します。指定した金額より下がらないと注文が入らないので、購入チャンスを逃してしまうという可能性もあります。

指定の金額で買いたいと思う場合は指値注文はおすすめですが、今すぐどうしても買いたいという場合は成行注文の方がいいかもしれませんね。

Zaifモナコイン買い方

  • 指値注文をクリック
  • 1MONAあたりの買いたい金額を入力※必須
  • 買いたい量(MONA)に数量を入力※必須
  • 数字を入力してエンターを押すと、概算約定代金(JPY)に日本円の必要金額が表示される
  • 「買い注文」をクリックすると注文完了

※1MONAあたりの金額を入力する際は、板上に表示されている数字をクリックすると、その数字が自動で入力されます。

成行注文のメリット
指値注文のメリットは自身の買いたい金額で通貨を購入することができます。
成行注文のデメリット
指値注文のデメリットは、指定した金額にならないと注文が約定しません。

Zaifの管理画面から取引履歴の見方

自身が出した注文の確認は、現在注文を出している最中の約定していない「注文一覧」と、取引が完了した「取引履歴」から確認でする事ができます。

画面左上の「取引履歴」で、取引が完了した今までの履歴が確認できます。

Zaif取引履歴

  1. 1MONAにかかった日本円価格
  2. どれだけの通貨を買ったかの数量
  3. 実際に約定した日付
ポイント
「MONA/JPY」が選択されているか確認します。他の通貨になっている場合は、クリックで選択し変更します。

モナコインの取引履歴に、表示されていれば無事にモナコインが購入できています。

取引履歴からは、モナコインに関する全ての売買の履歴が確認できる他、検索やcsvのダウンロードも可能なので、確定申告などにも役立ちます。

購入するタイミングに悩んだ場合は積立投資!

zaifではコイン積立という投資方法もあります。いわゆる銀行積立のようなイメージで、仮想通貨に毎月指定した金額を積立していきます。

この仮想通貨積立は、1,000円から可能でドルコスト平均法により、毎日一定金額を買いつけてくれるので暴落時のリスクを最低限に抑えることができます。

積立投資については下記の記事で詳細を書いています。

Zaif仮想通貨積立の詳細について記載しています。Zaif積立とはなにか?仮想通貨の積立がおすすめの理由も詳しく記載しています。またzaifコイン積立にかかる手数料の一覧や、積立がいつからはじまるのか等の細かなルールやスケジュールも書いているので参考にしてください。

Zaifでのモナコインの買い方まとめ

今回はモナコインの買い方としてご紹介しましたが、zaifでの他の通貨の取引も同じ手順で購入できます。

また今回は「買い方」を紹介しましたが、Zaifでの通貨の「売り方」も全く同じ手順で売却することが可能です。

取引画面から売りたい通貨を指定して「現物売り」をクリック。そして、成行注文か指値注文かを選択して同じように売りの注文を出すと通貨を売却することができます。

以上の流れで仮想通貨の売買ができます。

取引所で注文を出すのが不安だった方も、一度注文を出してみると思っていたよりも簡単に、通貨の売買ができると感じられた方も多いのではないでしょうか(Ü)