ライトニングネットワーク

またもや、この男!ピザをビットコインで購入!!

ビットコインを使って初めての決済を行った人物として、有名になった『Laszlo Hanyecz』氏がビットコインのライトニングネットワークを使ってピザを購入しました。ライトニングネットワークを使った決済が世界で初めてなのではないかとネット上で話題になっています。

ライトニングネットワークとは

ライトニングネットワークは、ビットコインの問題となっている取引時間の短縮を行うために考えられた新しい仕組みです。この仕組みは、ブロックチェーンの外部に新しいネットワークを築きそこに決済機能を任せます。そうすることで、ブロックチェーンの処理を軽減させることができる仕組みです。この方法を使うことで手数料の軽減やスケーラビリティ問題が解決されるのではないかという点で注目されています。

ライトニングネットワークを詳しく知りたい方はこちらを参照して見てください。
https://innovation.mufg.jp/detail/id=111

またもやこの男が初決済か!?

『Laszlo Hanyecz』氏は、ビットコインを使って初めて物理的な取引をした人物です。その取引に利用されたのはピザ2枚で金額は、1万BTCでした。そして、彼は今回新たに上記で説明したビットコインのライトニングネットワークを使ってピザを購入し世界で初めてライトニングネットワークが使われて取引が行われたのではないかと話題になりました。しかし、実際は、2018年1月22日にアメリカでVPNルーターをライトニングネットワークを使って決済されており、残念ながらLaszlo Hanyecz氏が一番最初の決済を行った人物とはなりませんでした。

Laszlo Hanyecz氏が行ったピザの取引に関してはこちらの記事を参照ください。
https://coinnews.jp/articles/283

最後に

ライトニングネットワークを使った取引が現在行われ始めています。

今後、この技術が使われるのかというところにも注目する必要がありそうです。

投稿 またもや、この男!ピザをビットコインで購入!!COINNEWS に最初に表示されました。

事業者がSegwitを次々と導入 ビットコインは次なるステージへ

米大手仮想通貨取引所coinbase(コインベース)や香港大手仮想通貨取引所Bitfinex(ビットフィネックス)がSegwitを導入準備が完了しました。Segwitが次々と導入されビットコインは次なるステージに進もうとしています。この事についてや、ビットコインの今後について初心者の方にも分かりやすく解説をしていきます。 大手取引所がSegwitを導入 Segwitとは coinbaseとBitfinex 現在のSegwitとビットコインの今後 大手取引所がSegwitを導入 2018年2月に入り米大手仮想通貨取引所coinbase(コインベース)や香港大手仮想通貨取引所Bitfinex(ビッ…