リップル

No tags for this post.

リップル(XRP)波が続く

 リップル(XRP) -銀行と金融機関に、瞬時価値移転の手段を提供し、国境を越えて安全であり、横断しても、リップルは新たな境界を壊しつつあります。altcoinは、cryptocurrency市場の落ち込みにもかかわらず、速く開催されています。確立された金融センターとの直接的な関...No tags for this post.

ビットコインに類似する仮想通貨3選ービットコインキャッシュ(BCH) ライトコイン(LTC) リップル(XRP)編

2009年にビットコインがSatoshi Nakamoto氏によって発表されて以降、史上最大となる盛り上がりを見せた2017年。その盛り上がりと同時に、ビットコインと性能や機能的にも類似する仮想通貨が多く誕生を遂げました。

今回は、ビットコインを『金』とするならば『銀』と例えられる通貨Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)がなぜ類似していると言われているのか、その性能や機能、将来性に関して見ていきたいと思います。

それに加え、ビットコインの類似通貨であると言われている(ビットコイン2.0)であるRipple(リップル)やLitecoin(バージ)についても同様に見ていきたいと思います。

Bitcoin(ビットコイン)とは

ビットコインはその起源を辿ると2009年まで遡ります。『Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System』というタイトルが付けられた論文はSatoshi Nakamoto氏によって作成されたと言われていますが、実際のところ誰がSatoshi Nakamoto氏なのかは未だに判明していません。

同論文では、初めてビットコインという名称が用いられ、またブロックチェーン技術の概念に関しても初めて世に広められることとなりました。

同論文は全ての内容をわずか9ページで構成されているなど、簡潔にビットコインがどの様に新しい金融システムを構築していくのかが述べられています。以下は同論文の日本語訳の抜粋です。

純粋なP2P電子マネーによって、金融機関を通さない甲乙間の直接的オンライン取引が可能になる。電子署名は問題の一部を解決するが、依然信用できる第三者機関による二重使用予防が求めらため、その恩恵は失われる。当システムはP2P電子マネーにおける二重使用問題の解決を提案する。このネットワークは取引に、ハッシュベースの継続的なプルーフ・オブ・ワークチェーンにハッシュ値として更新日時を記録し、プルーフ・オブ・ワークをやり直さない限り変更できない履歴を作成する。最長である一連のチェーンは、取引履歴を証明するだけでなく、それがCPUパワーの最大のプールから発せられたことを証明する。大多数のCPUパワーがネットワークを攻撃していないノード(ネットワーク接続ポイント)によってコントロールされている限り最長のチェーンが作成され、攻撃者を凌ぐ。ネットワーク自体は最小限の構成でよい。メッセージは最善努力原則で送信され、ノードは自由にネットワークから離脱、再接続することができ、離脱していた間のイベントの証明として最長のプルーフ・オブ・ワークチェーンを受信する。

Satoshi Nakamoto氏の正体

Satoshi Nakamoto氏がどの人物なのか、今まで様々な憶測が交わされてきました。日本人の我々からすると、日本人の名前であることがすぐわかりますが、同氏の国籍が日本人なのかについてすらも、未だ分かっていません。

ごく稀に『中本哲史』と記載されていることがありますが、これは誤りです。英語で書かれた論文が『ビットコイン』の発端であり、原文のどこを見ても漢字で『中本哲史』などと書かれていることはありません。何者かによって、完全なる当て字で勝手に作られたものなで、誤解が無いようにしましょう。

また、英語の原文を見る限り、言い回しや表現がネイティブに近いと言われています。英語を母国語としているか、長年英語圏の国で生活している人物というのは確かなようです。以下で、Satoshi Nakamoto氏の可能性が高いと言われてきた(一部、完全否定された人物も含む)人物を見ていきましょう。

クレイグ・ライト

『クレイグ・ライト』は、一時は最も『サトシナカモト』の可能性が高いと言われた人物です。

彼はオーストラリアの実業家であり、本人も『自分がサトシナカモトだ』と海外の有名雑誌に名乗り出ることもありました。自分でも覚えきれないほど『コンピュータサイエンス』に関するいくつもの学位をとっていたり、『サトシナカモト』本人しか知らないはずの情報を知っていたり、ビットコインの論文が発表される前に似たような内容の文章を自分で書いていたり、その発言を裏付ける証拠が当時はいくつも出てきました。

しかし、その後にメディア記者や有識者がこれらの証拠となる情報を入念に調査した結果、そのほとんど全てが『嘘』だと判明し、彼のサイトやブログは炎上しました。

まず、彼が学位をいくつもとったという事実はなく、博士号すらもっていないうえ、肝心の学位も修士号2つのみということが明らかになりました。

そして、ビットコインの論文前に似た内容の文章を書いていたことも、サイトの記事投稿の日付を操作し、そのように見せていただけということが判明。

その他にも様々な嘘が徐々に明らかとなり、ついには自身の発言を削除し、ブログ内で謝罪するまでに至りました。

現在は『周りに、自身をサトシナカモトと認めるよう圧力をかけられたため、このような行動をした。』と、被害者を装う意図の発言をしてるようです。

ハル・フィニー

『ハル・フィニー』はビットコインの最初の利用者として知られており、2014年に58歳という若さで死去されました。

彼は、暗号化ソリューション「PGP(Pretty Good Privacy)」の立ち上げメンバーとして名を連ねており、コンピュータサイエンスの『暗号研究』においても有名な人物でした。

本人曰く、『サトシナカモト』とメールでやり取りしたことがあるそうです。その際に、表現や言い回しが個人同士のやり取りと言えるような内容でなく、背景に『組織、団体、法人』などの存在を感じる文面だったと述べています。

『サトシナカモト』について、明確な情報を出しているのは彼のみであり、この発言内容も『自作自演』と噂され、彼こそが『サトシナカモトだ』とする声もあります。というのも、彼は2009年にALS(筋萎縮性側索硬化症)に罹病し、徐々に身体の自由が効かなくなっていたようで、『サトシナカモト』が徐々に連絡を取らなくなってきた時期と一致します。

また、『サトシナカモト』が徐々に連絡をしなくなった理由を考えた時、彼がおかれた状況を考えれば説明がつきます。

そのため、『サトシナカモト』の一番の有力候補と考えられていますが、既に亡くなられているため、真相は謎のままです。

ニック・サボ

『ニック・サボ』は『bitgold(ビットゴールド)』と呼ばれるビットコインの前身を開発したことで知られており、現存する『サトシナカモト』候補者のなかでは最有力と言われています。

彼は『デジタル契約とデジタル通貨』に関する研究で有名でもあり、いくつかの論文も、業界では非常に高い評価を得ています。そして、それらの論文に使われていた表現や言い回しが、専門の機関・組織のテキスト分析にかけられた結果、『サトシナカモトの論文』と非常に似ているという結論が出ました。この結果を受け、多くの人が『ニック・サボこそ、サトシナカモトだ』と考えるようになりますが、彼は一切そのことについてコメントをしていません。

世間は彼を『サトシナカモト』と考えているようですが、本人はコメントを避けているため、実際のところは誰にもわからない状況となっています。

望月新一

望月新一氏は京都大数理解析研究所の教授であり、『ABC予想』という数学界の難問を証明したとされる人物です。

2012年8月、『ABC予想』を証明したとされる論文が、望月新一氏のホームページ上で公開されました。しかし、発表された論文は独自の形式で書かれており、「異世界からきた」と称されるほどに難解で、誰にも理解することができませんでした。

しかし、2017年12月16日、『ABC予想』を証明したとするこの論文が、国際的に影響力のある数学の専門誌に掲載される見通しとなりました。これにより、望月新一氏の論文が正式に認められることになります。

『ABC予想』の証明は数学の未解決問題のうち最も重要とされる問題とされており、『フェルマーの最終定理』や『ポアンカレ予想』の証明などと並ぶ、もしくはそれを超え得る『偉業』となります。

2013年5月、情報技術のパイオニアでもあるテッド・ネルソン氏が、望月新一氏が『Satoshi Nakamoto(サトシ ナカモト)』の正体であると発言しました。

テッド・ネルソン氏はビットコインに対して、「どのような権威にも拘束されることなく、誰もが使用する権利がある、素晴らしくよく考えられているバーチャル通貨」と述べており、その上で「こうしたことは望月にしかできないだろう」と語っています。

『Satoshi Nakamoto(サトシ ナカモト)』の正体を明かさず名誉に対して欲のないところに、望月氏と通じる部分がある、論文や理論などが望月氏の仕事ぶりに似ている、とも述べています。

『ABC予想』を証明した天才が『ビットコインの考案者』かもしれないということで話題になりましたが、望月新一氏本人はこれを否定しており、依然真実は謎のままとなっています。

ビットコインの特徴

時価総額

ビットコインの時価総額は昨年(2017年)12月には過去最大となる2400億ドル(約27兆円)を超え、トヨタ自動車が誇る時価総額23兆円を上回っていました。しかし、2018年に入り度重なる市場価値の下落により、現在は1600億ドル(17兆円)にまで落ち込み、10兆円規模での時価総額下落という結果となっています。

 

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、「取引情報」の入った無数の「ブロック」が連なったチェーンのような構造をしているデータベースです。

ビットコインで行われる取引情報は全てこの「ブロックチェーン」の「ブロック」の中に保管され、その情報によってビットコインの「送金」や「残高管理」が行われます。

この「ブロックチェーン」とは、「発行母体」や「中央管理機関」を持たない「ビットコイン」において、『要となる仕組み』になります。

「ブロックチェーン」は多くの人に共有されており、全ての人が「同じブロックチェーン」をそれぞれ別の場所で管理しています。

「ブロックチェーン」を分散して管理することにより、どこかの「ブロックチェーン」に問題が発生したとしても、それとは別の場所にある「ブロックチェーン」を使って補完、修復するといったことが可能になります。

この『分散管理』の仕組みから、「ブロックチェーン」は別名『分散型台帳』とも呼ばれています。

マイニング(採掘)

「マイニング(採掘)」とは、「ビットコイン」のシステムに外部からコンピュータリソースを提供し、通貨の新規発行や送金処理を行う作業のことを指します。

「ビットコイン」は「中央管理機関」を持たないため、単体では通貨の新規発行や送金処理を行うことができません。

「ビットコイン」はその部分を「マイニング」によって提供されるコンピュータリソースで補っています。

また、「マイニング」は「コンピュータ」と「インターネット環境」さえ持っていれば、誰にでも行うことができます。

発行上限

ビットコインにはあらかじめ「約2100万BTC」と決められた「発行上限」が存在します。

「発行上限」を決めることにより「希少性」を持たせ、過剰発行によるデフレーションを防いでいるわけです。

一方で、「法定通貨」では「金融政策」などが行われるため、「発行上限」は定められていません。

そのため、この「発行上限」の決まりも「ビットコイン」独自の仕組みということができるでしょう。

ビットコインはこのような多くの仕組みに支えられ、「発行母体」や「中央管理機関」を持たない中でも、成立することができています。

ビットコイン類似仮想通貨①Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)

ビットコインキャッシュは2017年8月1日にビットコインから分裂することによって誕生しました。そのため仮想通貨の中でもビットコインに限り無く類似する通貨であるといえます。

ビットコインキャッシュ誕生には複雑な経緯があります。簡単にまとめると、ビットコインの仕様変更をめぐって対立していた2つの意見が長い間まとまらず、ビットコインの分裂をもってその対立に終止符が打たれたという形になります。

『ビットコイン』で起こっていた問題

ビットコインは、10分に一度生成されるブロックと呼ばれるストレージに取引データが格納されることによって取引が成立するという仕組みになっています。

そしてそのブロックには容量上限があり、ビットコインに使われているブロックの容量上限は『1MB』と決められています。

これは、ビットコインでは10分に1MB以上の取引を処理することができないということを意味します。

しかし、近年ビットコインに多くの注目が集まり利用者が増加しました。それにより、10分に1M』という容量制限を『大幅』に超える量の取引が行われるようになりました。

これが原因で、ビットコインでは『送金詰まり』や『手数料の高騰化』、いわゆる『スケーラビリティー問題』が深刻化していったのです。


解決策の二分化

『スケーラビリティー問題』の解決策として2つが提案されました。一つは、『ブロックの容量上限はそのままに、取引情報を圧縮して格納する』という方法。2つは、『ブロックの容量自体を大きくする』という方法です。

採用できる解決策は2つに1つであり、意見はまとまらないままビットコインのコミュニティーは2つに分裂しました。

コミュニティーの分裂は、1つに戻ることなく、ビットコインの分裂という形をもって終止符が打たれることになりました。

『ブロックの容量上限はそのままに、取引情報を圧縮して格納する』という解決策はビットコインで採用されました。そして、『ブロックの容量自体を大きくする』という解決策が採用されたのが、ビットコインキャッシュです。

ビットコインキャッシュの特徴

発行上限

ビットコインキャッシュの発行上限は、ビットコインと同じ21000万枚とされています。また、ビットコインからの分裂が行われた際は、ビットコイン所有者に対して同数のビットコインキャッシュが配布されました。

ブロックの大きさ

ビットコインキャッシュ(BCH)は、取引情報を格納するブロックの容量上限がビットコインの8倍にあたる『8MB』となっている点です。

ビットコインよりも短時間でより多くの取引を処理することができます。

ビットコインにはないものとして、『ビットコインキャッシュ(BCH)』では他にも『リプレイアタック』への対策として『リプレイプロテクション』などの機能が導入されていたりといった違いがあります。

リプレイアタックとリプレイプロテクションとは

上記に出てきた、リプレイアタックとは分裂する前のビットコインと分裂後にできた『ビットコインキャッシュ』において、誰かが意図的に同額の量の仮想通貨を生む事でその量仮想通貨を混乱させる攻撃の事を言います。

また、リプレイプロテクションとは、このリプレイアタックを保護したもののことを言います

価格推移

ビットコインキャッシュ誕生時、その価格は30000円代から始まりました。最高値では1BCHで40万円代を記録しますが、現在では10万円前後を動く形となっています。

ビットコイン類似仮想通貨②Litecoin(ライトコイン)

ライトコイン(LTC)とは、ビットコインに機能的に類似する『仮想通貨』の一種です。

『ライトコイン(LTC)』のリリースは2011年に行われており、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)の中では比較的長い歴史を持つ仮想通貨となります。

また、ビットコインをもとにして作られているため、基本的な仕組みはビットコインと『同じもの』となっています。

ライトコイン創設者であるチャーリー・リー氏はビットコインを『金』とするならばライトコインは『銀』であるとの表現を行っています。

時価総額も仮想通貨全体で4番目(約8800億円)と大きく、多くの人から支持されているコインです。

ライトコインの特徴

取引の承認速度

『ライトコイン(LTC)』は、取引の承認時間がビットコインの1/4である2.5分になっているということも大きな特徴です。

これは、『ライトコイン』が一定時間にビットコインの4倍の量の取引を処理することができるということを意味します。

その分送金手数料が安くなっているというのも『ライトコイン』を利用する大きな利点です。

発行上限

ライトコイン(LTC)の発行上限は『約8400万枚』と決められています。

これはビットコインの発行上限2100万枚の4倍にあたる量です。

発行上限はその通貨の希少性を示したり、発行上限が少ないほど1コインあたりの価格が高くなる傾向にあります。

『円』などの法定通貨の場合、金融政策などによって流通量がコントロールされるため、発行上限は決められていません。

価格推移

長い間あまり注目されていなかった『ライトコイン』ですが、2017年に入ると他のアルトコインが注目されるようになり、それに伴い『ライトコイン』にも一気に注目が集まりました。

ビットコインが暴落した際などには同時期から存在している仮想通貨として資金の避難先となることもありました。

2018年1月現在は、仮想通貨市場全体の暴落により『ライトコイン(LTC)』も値を下げています。

ビットコイン類似仮想通貨③Ripple(リップル)

仮想通貨『XRP』とは、ビットコインに類似する仮想通貨の代表格の一種です。
『Ripple』社により開発、運営が行われています。

『XRP』は『Ripple Network(リップルネットワーク)』と呼ばれる独自のネットワーク上で機能します。

『Ripple Network』とは、『XRP』をブリッジ通貨として用いることにより異なる法定通貨間の両替、送金を短時間で安価に行うことを可能とするシステムです。

主に銀行などのシステムに導入しての利用などが検討されています。すでに世界でも複数の銀行が『Ripple Network』の利用に参画しており、日本のメガバンクでも試験運用が行われています。

リップルの特徴

発行上限

総発行量は1000億XRPと決められています。最小単位は『0.000001drop=1XRP』です。

リップルは元々総発行枚数が『1000億XRP』と定められていました。しかし、その多くをリップル社が所持している状態が続いていたため、リップル社によってXRP自体の価格を操作できるのではないかという懸念が多く募っていました。

そんな中、12月8日にリップル社は現在保有している『630億XRPの内550億XRP』をロックアップ(市場に出さないようにすること)し、更なるXRP市場の安定化を図っていく計画を発表するなど、計画的にXRP価格の安定を図っています。

取引スピード

仮想通貨XRPの特徴として、『決済速度が非常に速いこと』が挙げられます。

ビットコインと比較すると、1回のトランザクション(取引)にビットコインは『1時間以上』かかる場合があるのに対し、リップルはおよそ『4秒』で取引が完了します。

また、リップルの発行上限はあらかじめ決まっており、『1000億XRP』となっています。

リップル社はそのうちの『646億XRP』を保有しており、これらを市場に出さないようにすることで、通貨価値の大幅な変動を防いでいます。

そして、そのうちの『550億XRP』はリップル社ではない第三者の立ち位置にいる会社が保有しているため、リップル社による『XRPの乱用は不可能』なことも、価格安定に大きく貢献しているとされています。

そのため、リップル社への世間の信頼は大きく、2018年1月時点で『90億ドル以上の資金調達』を達成しています。

リップルが目指している『異なる決済手段に限定されない、あらゆるお金のやり取りが可能な世界』という理想の下、世界中の金融機関がリップルネットワークを利用することで、極めて利便性の高い国際送金が実現されることでしょう。

価格推移

XRPの価値は12月に急上昇しました。

12月1日には0.25ドルでしたが、12月31日にはBitfinexで2.50ドルを記録しました。

これにより、Rippleは時価総額で世界で二番目の仮想通貨となり、1000億ドルの時価総額を超えた最初のアルトコインとなりました。

12月13日、当時の史上最高値であった0.40ドルを超え、12月8日と比べて『2倍』となっていました。

その後も価格は上昇し続け、三週間が経たない間に『約5倍』に跳ね上がりました。

しかし、1月の2週目あたりから仮想通貨市場全体で大規模な暴落が起こりました。

『XRP』の価格も暴落し、一時400円近くの価格となっていたところから一気に100円近くの価格まで割り込んでいます。

ビットコインを始めとする類似仮想通貨の今後

コインチェックのネム(XEM) 流出事件以降、仮想通貨業界全体が少し冷え込んでいます。しかし、各仮想通貨にはそれぞれのプロジェクトがあり、その実現に向けて日々開発が行われています。

その事実を理解し、一つ一つの通貨がどの様な目標を目指しているのかを理解することが、今後の仮想通貨市場を理解するうえで大事になってくるのではないでしょうか。

ビットコイン以外にも、それに類似する通貨を探し出し、なぜ類似するといわれているのか、ビットコインとの違いはどの様な点にあるのかをしっかりと理解することが重要です。

投稿 ビットコインに類似する仮想通貨3選ービットコインキャッシュ(BCH) ライトコイン(LTC) リップル(XRP)編COINNEWS に最初に表示されました。

リップルが唸る!韓国最大の銀行で!ついに!

 韓国最大の事業主流のメディア・アウトレットである朝鮮は、国内最大手の銀行である当社が送金のリップル支払いを試行したと報じた。リップルトライアルウリのデジタル戦略部門はRippleブロックチェーンネットワーク上の支払いを成功裏に処理しており、当社によれば、2018...No tags for this post.

ケンブリッジ、リップルのソリューションxRapidをパイロット

国際的な決済プロバイダーであるCambridge Global Payments(ケンブリッジ・グローバル・ペイメント)が、Ripple(リップル)社の提供するソリューション、xRapidをパイロットしていることが1日、リップル社の発表により明らかになりました。

ケンブリッジ・グローバル・ペイメントは石油関連企業にプロダクト・サービスを提供する世界最大手のFleetCor Technologies(フリートコ・テクノロジーズ)の子会社であり、世界に13,000以上からの顧客を持ち、年間200億ドル(約2兆1,100億円)の国際取引を処理しています。

この送金にxRapidを使い、デジタルアセットXRPを組み込むことで、より低コストかつ摩擦のない安全でリアルタイムな送金を実現させることができます。

ケンブリッジ・グローバル・ペイメントのCOO(最高執行責任者)であるMark Frey氏は、xRapidを活用することに対し以下のように述べています。

「このパイロットプログラムが提供する見通しには非常に感銘を受けています。その情報を使用して、ケンブリッジとフリートコは、国際収支におけるブロックチェーンのユースケースを開発するのに役立ちます。」

リップル社の事業開発担当ディレクターである、Danny Aranda氏は、ケンブリッジのようなパートナーは、金融機関向けにXRPを使用する革新的な可能性を認識していると考えています。

「ケンブリッジのようなパートナーと協力してデジタルアセットの利点を理解し、XRPを使用してグローバル決済システムの非効率性を克服することに重点を置いています。私たちは、このパイロット期間中にケンブリッジと協力して、顧客の国境を越えた支払いのスピードと透明性を高めることを楽しみにしています。」

xRapidをパイロットしている企業は増えており、例えば最近では「ウェスタンユニオン」、「マネーグラム」、「IDT Corporation」、「Mercury FX」、「Cuallix」と、この数ヶ月だけでも5社の金融機関が参加しています。

今後、さらなる新しい提携やRippleNetの拡大、XRPの実用化に期待されるリップル社の動向からますます目が離せません。

参考:Ripple

No tags for this post.

継続的地方分権とXRP元帳コンセンサス議定書

 2017年5月、Rippleは地方分権化を促進するための予備的な戦略を発表し、XRP元帳の運用管理を単一の事業体が保有しないようにしました。10月の最後のアップデートでは、2つのフェーズ計画の詳細を説明しました。第1段階は順調に進んでいます.Rippleはバリデーターマニフェス...No tags for this post.

ウリィ銀行、海外送金実験が成功~SBI Ripple Asia率いる連合と

韓国のウリィ銀行がリップルのブロックチェーン技術/DLT(分散型台帳技術)を活用した海外送金実験が正常に終了したことが分かりました。ChosunBizによって伝えられています。

送金テストを担当したウリィ銀行の実務部署であるデジタル戦略部は、技術を実務に導入する肯定的な見解を示しており、実務導入業務は外国為替関連部門とIT関連部門で推進する予定であるとし、早ければ2018年内にリップルソリューションを活用した海外送金が商用化されると見られています。

ウリィ銀行のほか、日本の都市銀行2~3行と日本のネット銀行などが当該技術を実務に導入する案を積極的に検討しているとし、金融圏の関係者は、以下のように述べています。

「テストの結果が良かったので、日本の方でも商用化する銀行が多いと予想されます。」

「メガバンク2~3行とインターネット専業銀行など複数の銀行が実務導入を推進しています。」

リップルソリューションを活用して、韓国国内の銀行が日本の銀行に送金すると、リアルタイムでの送金が実行できます。例えば韓国のA銀行が日本にあるB銀行の顧客に1万円を送金する場合、B銀行は、その顧客がB銀行の顧客であることを確認するとすぐに送金が行われます。既存のSWIFTを使用する場合、送金銀行と受取銀行の間に仲介銀行があり、送金に平均2~3日程度がかかります。

しかしながら、リップルソリューションを活用した海外送金技術が導入されてもすぐに現在使用されているSWIFTNetを完全にRippleNetへ置き換えることはハードルが高く、全世界に広がっているSWIFTNetに比べてRippleNetが敷かれた地域は限定的であるため、様々な送金方式が並行になると考えられています。

金融圏の関係者は、これについて以下のような見解を述べています。

「海外送金手数料など、協議しなければならない問題が既存の海外送金よりもはるかに速く、手数料も安価な送金方法が生じるでしょう。」

「SWIFTとリップルソリューションのほか、マネーグラムや銀聯など、さまざまな送金方法が生じているので、今後、利用者自身に最も有利な海外送金方法を選択することができるでしょう。」

今回の送金実験はSBI Ripple Asiaが事務局を行う、内外為替一元化コンソーシアム(日本のメガバンク3行、ゆうちょ銀行含む61行からの企業連合)のうち37行とともに12月から取り組んできた日韓送金実験第2段階のフェーズにあたるものです。この実験には日本の銀行以外では、ウリィ銀行と新韓銀行、タイ国のサイアム商業銀行(Siam Commercial Bank)などが参加しています。

参考:ChosunBiz

No tags for this post.

スターバックスが2018年にリップル(XRP)を受け入れる3つの理由

リップル(XRP) - 昨年、Amazonはリップルを他の暗号化通信よりも先に採用すると主張しました。純粋な効用に関しては、他の通貨はXRPと同程度と同じ規模では実行されません。採用の拡大と金融業界の混乱を招く可能性があるため、Rippleがどのようにしてより普及した支払い...No tags for this post.

リップル(XRP):ビッグ・ブルが来る

 リップル(XRP) - ここで私はリップルに関する私の新しい記事をもう一度読み返しています。時間はお金ですので、チャートにまっすぐ進みましょう。市場でリップル(XRP)が起こっていることを今すぐに教えてくれるでしょう。トレーディングビュー・プラットフォームに関す...No tags for this post.

リップル(Ripple)の強気行動(XRP)

 リップル(XRP)は、XRP元帳が完全な能力に達することを実際に保証する新しい計画を発表しました。そのとおり。サンフランシスコに拠点を置くスタートアップリップルはその基盤技術をアップグレードする過程にあり、真っ先に有望な未来を創り出しています。もちろん、世界...No tags for this post.

新興市場アクセスを強化するRippleNet

 世界銀行によると、世界の送金支払いは、2018年に3.4%(およそ4,660億ドル)の成長が見込まれ、インドと中国は2017年に最も高い入金額を記録しています。この大規模な資本流入とともに、新興市場は世界人口の85%を占め、世界のGDPの約60%を占めています。新興市場に出入...No tags for this post.

リップル(XRP)が暗号市場を生き延びる最大のチャンスを持つ理由

 リップル(XRP) -これまでに、長期的にどの暗号化方式が最良の賭けになるのかについてのすべての理論を聞いたことがあります。Bitcoin愛好者は、Bitcoinを信じる理由として、小売り市場での支配的な市場ポジションと幅広い受け入れを指摘しています。スマートな契約とVita...No tags for this post.

なぜGoogle Payがリップルを必要とするのか(XRP)

 [写真:Google Payロゴ。出典:9to5google.com]Android Payは今週初めにGoogle Payにブランド変更されました。ロケット科学者は、検索エンジンの巨人が携帯電話の支払いに関して熱を感じていることを理解しておらず、消費者はそのような形の商取引を受け入れている。また、...No tags for this post.