リップル

No tags for this post.

リップル(XRP)が暗号市場を生き延びる最大のチャンスを持つ理由

 リップル(XRP) -これまでに、長期的にどの暗号化方式が最良の賭けになるのかについてのすべての理論を聞いたことがあります。Bitcoin愛好者は、Bitcoinを信じる理由として、小売り市場での支配的な市場ポジションと幅広い受け入れを指摘しています。スマートな契約とVita...No tags for this post.

なぜGoogle Payがリップルを必要とするのか(XRP)

 [写真:Google Payロゴ。出典:9to5google.com]Android Payは今週初めにGoogle Payにブランド変更されました。ロケット科学者は、検索エンジンの巨人が携帯電話の支払いに関して熱を感じていることを理解しておらず、消費者はそのような形の商取引を受け入れている。また、...No tags for this post.

2018年にリップル(XRP)を購入するのに適切な時間

 リップル(XRP) - 大盛り上がりと落ちる?cryptocurrency市場は、過去数週間で上昇と下降のシェアを見てきました。1ヶ月前に急上昇から大規模なクラッシュに至り、cryptocurrenciesが全面的に2,000億ドルを失った。この墜落は、韓国がアルトコイン取引を禁止する恐れがあ...No tags for this post.

リップル(XRP)の悩ましい部分!

 Ripple(XRP) - MoneyGramやWestern Unionのような大規模なパートナーシップ、斬新な利用事例、数多くの新しい為替斡旋業者がRippleの価格を上昇させることはほとんどないのはなぜですか?ウェスタンユニオンが、国境を越えて取引するためにBitcoinを採用するパイロット...No tags for this post.

リップル、2枚の新しいホワイトペーパーをリリース

Ripple(リップル)社は21日、ピアレビュー用に新たなホワイトペーパー2枚をリリースしました。

1枚目はリップル(XRP)のコンセンサスアルゴリズムを説明し、もう1枚は各ノードの接続多様性を改良する方法を説明しています。各ノードとはネットワーク上での取引を中継・確認するためのソフトウェアを指します。

リップルは仮想通貨としては需要のある通貨として認められつつも、ビットコインやイーサリアムの発展に比べれば遅れを取っていると言われています。金融機関などとの提携は多いですが、バージョンアップに関しては他のメジャーな仮想通貨に比べれば、若干乏しいと指摘する声もあります。

リップル社のCTO(最高技術責任者)である、ステファン・トーマス氏は、2枚のホワイトペーパーによって企業の学術調査機関と学術研究機関の関係がより強くなると考えており、スタートアップ企業の研究員がリップルの技術によって簡単に使用できることを望んでいるとしています。

リップルは海外の金融機関が主な提携先として利用する機会が多くなっているため、マーケット戦略について先頭を突き進んでいる状況ですが、学術に対しての使用を望んでいる事に言及するのは、金融機関だけのものでなく、今後のリップルの展開や可能性にも自信があると見られます。

学術分野においてはスマートコントラクト技術で先行しているイーサリアムに対抗する形となるでしょうか。トーマス氏はさらに今回の2つのホワイトペーパーにより、セキュリティが重要なテーマと見ています。

しかしながら、最高のセキュリティを実現させるために思いがけないことがあるとも言及しています。それは他の仮想通貨にも同じことが言えるでしょう。

例えば、量子コンピュータ対策を搭載している通貨である、NEOやIOTA、この他にも最近日本においてもNECが世界最高レベルのブロックチェーンを開発するなど、仮想通貨・ブロックチェーン技術は日進月歩です。これに追いつけなければ、通貨としての優位性を譲ってしまうことにもなるかもしれません。

今回のリップルのホワイトペーパーにより技術革新も期待される一方、どれほど市場に影響をきたすか、今後のリップルの動向に注目が寄せられています。

参考:Ripple

リップルがビットコインよりも非中央集権を目指すとはどういう事か XRPと仮想通貨の今後 Cobalt(コバルト)とは

国際送金プロトコル「リップルネットワーク」や仮想通貨「XRP」を開発するリップル社は2018年2月21日にXRPをより分散型へ近づける為の論文を発表しました。この事について初心者の方にも分かりやすく解説をしていきます。 リップルとXRP XRPを分散型(非中央集権型)へ XRPの合意形成システム Cobaltとは なぜ分散化か リップルとXRP リップルはアメリカのリップル社が開発する送金ネットワークプロジェクトです。国内・国際間の決済をより安価に、よりスピーディに行えるような開発が進められています。 そのリップルではネットワーク上で「XRP」という通貨が利用されておりビジネスでの利用だけでは…

リップル、5つのパートナーとパートナーを拡大

 多くの他のブロックチェーン企業は、毎週新しいパートナーを誇ることができます。リップルは、サンフランシスコを拠点とするグローバルなペイメントプロバイダーが、今週5人で100を超えるリストに追加した、それを愛することができます。ブラジルとインドの銀行に加えて、...No tags for this post.

コインチェックのレートが他社より安すぎるのはなぜ?ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)の価格差まとめ

 コインチェック社からのNEM不正流出事件以降、コインチェックにある仮想通貨の売買、入出金が停止中。2月13日(火)に日本円の出金が再開され、1日だけで401億円ほど出金されたようです。コインチェックで出来る事・出来ない事コインチェックは日本最大級の仮想通貨取引所な...

【仮想通貨】朗報!!リップルは4つの異なる国の5つの銀行、送金機関との新たな提携を発表

リップルは本日、4つの異なる国の5つの銀行、送金機関との新たな提携を発表した。ブラジルのItaúUnibanco、インドのIndusInd、シンガポールのInstaReM、ブラジルのBeetech、カナダのZip Remitは、リアルタイムインターナショナル決済を容易に可能にするため、リップルプラ...No tags for this post.

リップル、4か国5つの機関と提携~RippleNetさらなる拡大

Ripple(リップル)社は21日、ブラジル、インド、シンガポール、カナダの4か国にある、5つの銀行、および送金事業者と提携したことを発表しました。

今後、ブラジルのItaúUnibanco(イタウ・ウニバンコ銀行)とインドのIndusInd(インダスインド銀行)という2つの銀行と、シンガポールのInstaReMはリアルタイムでのクロスボーダー決済を容易にするために、リップルが提供するソリューションである、xCurrentを使用する予定です。これによって、透明性があり、より早く摩擦のない安全な送金が実現されます。

また、ブラジルのBeetech、カナダのZip RemitはともにxViaを使用することで、世界中の顧客へのアクセスが可能になります。Beetech、Zip Remitの2社は中国とのアクセスも考えており、先日RippleNetに中国の送金業者LianLianが参加したことで、これの実現性も高まっています。

InstaReMの共同設立者兼CEOである、Prajit Nanu氏は、同社がRippleNetに加わり、他のRippleNetメンバーのための広範な東南アジアへの橋渡しの役割を果たすことに興奮していると言います。

「弊社はリップルとパートナーシップを結びました。現在、RippleNetのメンバーは、InstaReMの安全なレールを通じて、東南アジア諸国で多数の支払いを処理することができます。」

リップルの事業開発責任者であるPatrick Griffin氏は、新興市場の顧客にとっては、クロスボーダー取引をより低コストで提供することが特に重要だと考えています。

「アメリカの教師でブラジルの家族やインドの中小企業のオーナーに送金しようとしているのであれば、世界の金融機関をペイメントシステムに接続することが不可欠です。」

着実に拡大を続けるRippleNet。今回4か国、5つの機関との提携によって、IoV(Interanet of Value:価値のインターネット)の実現に、また一歩近づきました。

参考:Ripple

No tags for this post.