Adastra Marketingのマーケティング・ディレクターAmelie Arras氏は近々開催される「Money20/20 Asia Payments Race」のタイトル防衛への準備があると発表しました。

Arras氏は、他の四人の参加者との勝負を制し、ビットコインを用いてタイトルを獲得した昨年2017年の「Money20/20 Asia Payments Race」と同様の活躍を意気込んでいます。

以下で、詳細をわかりやすく解説していきます。


ビットコインを用いて「Payment Race」タイトル防衛へ

Arras氏はビットコインのみを用いてアジア横断を目指すことで、以前獲得した「Money20/20 Asia Payments Race」のタイトル防衛を目指しています。

彼女がシンガポールでの「Money 20/20 Asia Conference」に参加する前にもっぱらビットコインで取引をしている期間の2018年3月10日より、5日間に渡って香港にてレースは開始される予定です。

「以前のレースから、商人レベルでの受諾では勝利を収めるのに充分ではないことを学びました。代わりに、元来P2P(ピア・ツー・ピア)通貨であるビットコインを使います。暗号通貨コミュニティにおける力・熱意を用いれば、私がレースに再び勝利を納めることは決まったも同然です。」

と、Arras氏は述べました。

レースはMoney 20/20とFintech Financeの協賛

今回のレースでは、金・現金・クレジットカード・モバイル決済をそれぞれ用いる参加者とArras氏との大接戦が見られることでしょう。

参加者は途中で様々な課題に取り組むことでポイントを取得し、制限時間内にゴールを通過した者のなかで、最もポイントを所持している者が勝者となります。

飛行機の直行便を利用する事は許可されておらず、様々な交通手段を用いることが参加者には求められています。

「Money20/20 Europe & Asia」のコンテンツ・ディレクターPat Patel氏は、

「『The Money20/20 Asia Payments Race』は間違いなく今までで一番過酷なもの隣、挑戦者らを極限にまで追い込むことになるでしょう。私たちは複数のアジア市場にまたがる決済方法の実際の利点、問題点を真に理解することができます。そしてこのレースは、異常なほどまでにエンターテイニングで、結論が待ち遠しく、楽しいものになること間違いないでしょう。」

と語っています。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

【Bitcoin.com】Amelie Arras Prepares to Defend Bitcoin’s Title at Money 20/20 Asia Race

投稿 Amelie Arras氏、ビットコインを用いて獲得した「Money 20/20 Asia Race」のタイトル防衛を準備COINNEWS に最初に表示されました。