仮想通貨で歴史を学ぶ

【仮想通貨で歴史を学ぶ】大航海時代と植民地争奪戦。そして・・

現在我々は、旅客機やインターネットで世界中に飛び回れる時代に生まれましたが、その昔の人類は自分たちの居住区を離れることや、ましては国境を越えることは困難であり、更には海を越えて世界とつながることは未知の世界でした。

 目次

 

 

1.大航海時代への序章

13世紀、大モンゴル帝国ユーラシア大陸の大半を征服するとアジアとヨーロッパの国境がなくなり一つに繋がります。

 その時代のイタリア・ヴェニチアの商人マルコポーロは、ヨーロッパから東アジアまで20年間旅行した体験をルスティケロ・ダ・ピサに伝え聞かせた内容が書物となりました。
 「東方見聞録」と名付けられたこの書物に記載された「極東の黄金の島国ジパングが人々の好奇心を掻き立てて、大航海時代が始まったのです!

f:id:Zbaron:20180305224151j:plain


2009年5月、「ナカモトサトシ」と名乗る人物が発表した一つの論文が話題になりました。
ビットコインプロトコルとその実装のためのリファランスが書かれた内容は、
その後「デジタルゴールド」と呼ばれ通貨の価値観を激変させることになるのです。
 ある人がネット上で、「10000BTCを支払うからPIZZAと交換しようぜ」と言ったジョークを一人のプログラマが、実際にPIZZAを2枚注文して 10000BTCとPIZZAを交換したことがビットコインの最初の取引だと言われています。(取引日:2010/5/22)
※当時の1BTCの価値は1セント以下・・・

f:id:Zbaron:20180304224839j:plain

 

もう何が言いたいか 分かりましたね・・・

 

ルスティケロ・ダ・ピサ ≒ PIZAA

東方見聞録 ≒ ナカモトサトシの論文

黄金の島国ジパング ≒ デジタルゴールド


2.大航海時代の始まりと悲劇

モンゴル帝国が衰退すると、今度はオスマン朝トルコ帝国が地中海を制圧し、ヨーロッパ諸国を圧迫します。
 当時の欧州2大王国であるスペインポルトガルは、地中海を利用しない新たな海洋交易ルートの開拓に乗り出します。

 

2007年のサブプライムローン破綻、2008年のリーマンショックなどアメリカから発した世界金融恐慌により不安の絶頂にいた一部の投資家は新たな投資先を模索し始めていました。
そのようなタイミングでビットコインの最初のブロックが2009年に導入されたのです。

 

海洋には巨大モンスターと海の果ては奈落の滝になっていると言われていた時代です。
海洋ルートを開拓した人々はいつ自分に死が訪れるか不安だったことでしょう・・・。

f:id:Zbaron:20180306230026j:plain

そんな不安を振り切った先行者たちだけが巨額の資産と栄光を勝ち取ることが出来たのです。

代表的な冒険者たち

ヴァスコ・ダ・ガマ
 海洋ルートを開拓しインドに到着します。香辛料などを本国に持ち帰り非常に高価なものとして取引され莫大な資産を産んだとも言われています)

・フランシスコ・デ・アルメイダ
イスラム勢力との海域の覇権を駆けて大遠征を行い(ディーブの海戦)。インドの交易権を勝ち取った。その後、マレー半島マカオなど極東に拠点を築くに至ります。

クリストファー・コロンブス
欧州から西回りの海洋ルートを目指し、アメリカ大陸に到達しました。

 その後スペインがコロンブルのルートを採用しアメリカ大陸へ進出していきます。

 

 

仮想通貨は詐欺だ、ハッキングなど危険だなどと言われていた時代です。
ビットコインなどに投資をしてみた人たちは、いつそれらが無価値の電子屑になってしまうか不安だったに違いありません。

f:id:Zbaron:20180306234302j:plain

現に、2018年現在、いくつもの仮想通貨が価値を失くし消え去っています。
しかし、そんな不安を振り切り、未来を信じてコツコツと貯めていたビットコイナー達が2018年現在、巨額の仮想通貨長者になっているのです。

 
アメリカ大陸に上陸した白人達は、純粋な先住民族の武力が自分達より弱いと知ると、その欲望はエスカレートします。
コルテスは、400人でアステカ帝国を制圧ピサロ180人でインカ帝国を制圧。皇帝を民衆の前で処刑、帝国を滅ぼし、黄金や財宝と領地などを手に入れます。
そんな残虐非道な行為をヨーロッパ国内に内部告発した白人がいました。ラス・カサスです。
しかし、その声は届かず、アジア、アフリカなどに白人達の欲望の牙が向いていくのでした。

f:id:Zbaron:20180305233555j:plain

 

2013年にビットコインの価値が11万円まで高騰します。
ビットコインの成長を純粋に期待していた個人投資家達に悲劇が訪れました!

2014年の日本の取引所で115億円相当のビットコインが消失したMt.GOX事件です。
当初ハッキングとされていたビットコインの消失が実は、Mt.GOXのCEOによる着服だったことが発覚し、仮想通貨の闇として語り継がれている事件です。
 
そんな事件があっても、なお、仮想通貨によるデジタルゴールドという人々の欲望は消えることはありませんでした。

 

3.植民地の奴隷制度による利益の摂取


植民地を獲得した白人たちは、労働を自分より下等民族と見なした有色人種にさせて自らが神にでもなったかの如く三角貿易という悪名高い利益の獲得ルーチンを
思いつきました。
・アフリカ大陸の黒人を奴隷としてアメリカ大陸に輸出。
・アメリカ大陸で奴隷を酷使して農作物を生産し、ヨーロッパに輸出。
・ヨーロッパで生産された商品や武器を植民地などの輸出。

いつまで経っても白人たち優位の体制です。

f:id:Zbaron:20180305235912j:plain

 

2017年は仮想通貨元年!! というキャッチフレーズが日本の取引所BitFryerから流れました。
2016年以前からビットコインなど仮想通貨を扱っていた人々は古参コイナー達は初心者向けに有益な情報を発信し続けていましたが、中には一攫千金の臭いを嗅ぎつけたMLM、ネットビジネス経験者が仕掛けるHYIPと呼ばれる日利30%の高配当の金利を謳ってビットコインを集めた詐欺サイトや一部の悪質なインフルエンサーと呼ばれる人たちによる特定銘柄を煽ってイナゴ相場を作ったり取引所のアフェリエイトによる収入などで、巨万の富を築くルーチンを確立してしまいます。
 情報弱者たちはそれらの情報をありがたく拝聴し言われるがままに投資をしているのですが、仕掛けた人間達からは、「都会で満員電車に乗って働くなんてバカだ」「おは養分」「ごちそうさまでした」などと言われていたのです。
まさに仮想通貨における奴隷制度です

f:id:Zbaron:20180306000525j:plain

4.植民地争奪戦

 

スペイン、ポルトガルに変わって力を付けて来た新興国:オランダ、イギリス、フランスなども植民地獲得に乗り出してきました。
 アフリカ大陸は、早い者勝ちの様相を呈していました。
 アフリカの国境がなぜ、直線になっているのか?不思議に思いませんでしたか?
それは白人達が、地図に線を引いて、勝手に国境を作り分割してしまったからです。

f:id:Zbaron:20180306001300j:plain

イギリスとフランスは、アフリカにもアジアにも広大な植民地を所有するに至ります。
出遅れたドイツ、イタリアなどはかろうじて土地を所有できた程度です。

f:id:Zbaron:20180306002548j:plain

 

仮想通貨の中で2017年前半頃には、すでに有力銘柄として知名度があったのが

f:id:Zbaron:20180223001809p:plainXRPf:id:Zbaron:20180306002817j:plainXEMでした。
2017年1月には1円未満であった両銘柄は、2017年5月に急激に成長をします。
 リップラーとかネムラーと呼ばれる人が「買え買え」とか「やるで、買い増しや」「年内100円」などまるで宗教活動のような異様な盛り上がりを見せていたものです。
2017年末には、200円以上の価格まで跳ね上がり、いわゆる2017年5月組以前は、タイミングがあっていれば億り人になっている人が続出していたのではないでしょうか?

f:id:Zbaron:20180306002911j:plain

 

 2017年後半参入組は、目指せ億り人とばかりに、草コインに目を付けて
煽りとポジトークで一攫千金を目指します。
年末に勢いを増していたと感じていた銘柄は以下ですが、他にもあったでしょうか?

f:id:Zbaron:20180306003410j:plainf:id:Zbaron:20180306003429j:plainf:id:Zbaron:20180306003418j:plainf:id:Zbaron:20171229120850j:plain

煽ったり、ばら撒きをやったりと盛り上げて急激に価格が高騰をしました。

 

5、第一次世界大戦の勃発

 

植民地獲得競争に出遅れたドイツでしたが、フランスとの戦争(普仏戦争)に勝利し、
イギリスに対抗するヨーロッパの強国になっていました。
 さらにドイツはヨーロッパで勢力図を塗り替えるべくドイツ・オーストリア・イタリアの三国同盟を締結。 それに対抗するようにイギリス・フランス・ロシアの三国協商が出来あがります。
その後、ヨーロッパは 
ドイツ・オーストリアブルガリア・トルコの中央同盟
イギリス・フランス・ロシアなどの連合国の陣営に分かれ一触即発の状況になります。
(※イタリアはイギリスとの密約により連合国陣営に)

f:id:Zbaron:20180307001549j:plain VS f:id:Zbaron:20180307002229j:plain
中央同盟国         連合国


バルカン半島で発生したサラエボ事件がきっかけで、
第一次世界大戦が勃発します

近代兵器や毒ガスなど総力戦による史上類を見ない戦死者と被害が欧州全体に降りかかりました。

 

 

2017年末には、草コインのポジトークなツイートが流れまくっていました。
それに伴い価格も急上昇。
 古参コイナー達からは、草コインが本当に価値のあるプロジェクトなのか疑問視する声もあがったり、一方草コイナー達は、自分達が仕込めなかったからdisっているのだなどと反論・・・・。
新旧の銘柄信者同士によるポジトーク合戦が勃発します。※ 勃発していなかったかもしれないが、そういうことにしておいてください(w)

 

f:id:Zbaron:20180306003410j:plainf:id:Zbaron:20180306003418j:plainf:id:Zbaron:20180306003429j:plainf:id:Zbaron:20171229120850j:plain VS   f:id:Zbaron:20180306002817j:plainf:id:Zbaron:20180223001809p:plain

 

2017年末から2018年初めにかけて、それぞれの銘柄の価格は暴騰!!

 

ビットコインは一時期200万円を超える相場に!!

 

暴騰の後には、壮絶な下落で今や見るも無残なチャートになっております。

f:id:Zbaron:20180306004500j:plain

 

 

5.世界恐慌 と その果てに・・・・

 

第一次世界大戦は連合国側の勝利に終わりました。
しかしヨーロッパの被害は甚大で、戦勝国は、敗戦国ドイツに対し多額の賠償金を要求します。

絶望の果てにいたドイツ国民を救うべく経済の立て直しを成功させ、国民の福利厚生を充実させ、宣伝方法を駆使して民衆の絶大な支持を受けた独裁者が登場しました。

アドルフ・ヒトラーです。

ヒトラーはクーデターを画策して失敗したミュンヘン一揆で、一度は失脚したのですが、前述のようにナチス党で政権を取ってから数々の国策を成功させ、一躍ドイツの救世主とされたのでした。
f:id:Zbaron:20180307004304j:plain

 

高騰したビットコインや仮想通貨で大儲けをして億り人が続出した人がいる一方で
、その時期から新規参入組やFXでリバレッジを賭けた人々は、急激な下落により含み損やFXのロスカットを喰らった人々が続出しました。
 更には、日本の取引所コインチェックのXEM盗難事件などによる出金停止などで
仮想通貨界に暗雲が立ち込めています。

 

そんな中、かつてf:id:Zbaron:20180213233550j:plainADACOINf:id:Zbaron:20180307005638j:plainノアコインの広告塔になり
仮想通貨の神様と崇められた人物がいました。

ノアコインが実はフィリピン国家プロジェクトではないということが発覚し、信用が下がっていたのですが、ADACOINのBITTREX上場が実現し、ADAによる億り人を続出させたことで一転、救世主と呼ばれているそうです。

そして、2018年初旬になり、新たな奇跡の仮想通貨の販売を模索しているような情報が出てきております。

 

f:id:Zbaron:20180306005552j:plain

 

2016年~2017年初旬には、HYIP案件が猛威を振いポンジスキームがはびこりました。

2017年には、仕手行為や煽りによるイナゴ相場やICO詐欺という話も出ていました。

2018年、さらに甚大な被害をもたらすような案件が登場してくるのでしょうか?

ICO詐欺の不安が増えているため、ICOを精査する機関により厳選された銘柄を紹介するTGE案件というキーワードが出没し始めています。
これは、果たしてICO詐欺不安を解消する救世主になるのか? それとも・・・・。

 

 

【仮想通貨を人物に例えて歴史を学ぼう】幕末・戊辰戦争編

2017年は仮想通貨元年 と呼ばれておりこの一年で目まぐるしい動きがありましたが
日本の夜明けと言われた幕末維新の動乱に時代にも似ていると感じています。
前回は 幕末・黒船来航編として「仮想通貨歴史シリーズ」を書きましたが・・・。

幕末の尊王攘夷公武合体の思想の対立を
JBA(日本ブロックチェーン協会)BCCC(ブロックチェーン推進協会)の対立構図に例えてみましたが、まだ仮想通貨自体がそこまで成熟していないため、そのような対立は激化しておらず消化不良なネタになってしまったと反省しています。

↓前回の記事

www.zbaron-newworld.com

 

仮想通貨界隈の思想の対立といえば、SCAMコイン論争がしっくりくるということを忘れておりました!

仮想通貨を人物に例えて歴史を学ぼうシリーズ・幕末編は、一部を焼き直しして構成変更しました。

 

幕末の日本に黒船来航という西洋諸国の先進的な技術や武力に衝撃を受けた先鋭的な志士たちの一部が、将来の危機を感じて西洋諸国に対抗するため手段を択ばずに武力で撃退しようという過激な思想攘夷論が猛威を振るっていました。

ところで、2016年末頃は私が仮想通貨の存在を知り、いろいろと情報収集をしていた時機でした。
この頃はMLM(いわゆるねずみ講商法)で成功してきたグループが仮想通貨という新たな金の成る木を見つけてビットコインを利用した新たな案件を見つけては、自分が儲かるなら多少のリスクは目をつむってMLM生態系の下位にいるメンバーに甘い罠を誘っていました。
HYPEと呼ばれるビットコインを預けることで、日利30%などの高い配当を回収できると謳って案件の紹介コードが、Twitter上を飛び交っていました。

HYPEで代表的な案件はHYPEではビットリージョン、X-Binary、AABT、D9、RightRise・・・・など。 すべて先行者だけ利益を得ては一抜けして、後から情報を知った人は、ババを引いて大損をしています。挙句にHYPEのサイトが無くなってしまうという繰り返し・・・・。

 

攘夷論とは異なり、中央集権的な江戸幕府による統治ではなく天皇を拠り所とした政治体制を論じる尊皇論も存在しました。

 HYPEとは一線を画して違う手段で利益追求のグループも存在しました。
どこの取引所にも上場していない仮想通貨のプレセール期間に安く仕入れ「絶対に儲かる仮想通貨」であると謳ってセミナーを開催し、自身が販売代理店となるようなグループです。
 プレセール期間が終わってもいつまで経っても仮想通貨取引所に上場せずに、いるといういわゆる詐欺コインとして批判の対象にもなっていたものです。

 ※プレセール系コインとしてはADAcoin、c0ban、FusionCoin、Eternal Coin、TAOCOIN 、XID Coin、True Life Coin、Ocean Coin、NAGEZENIなど。

 

朝廷の許可を得ずに外国との不平等条約を結んだ老中:井伊直弼の独裁政治への不満と外国嫌いで知られる孝明天皇の存在も「攘夷論」「尊皇論」の盛り上がりに拍車をかけていた。
危機感を持った井伊直弼は、危険思想の持ち主を安政の大獄により弾圧を実施した。
 猛威を振るったHYPEが、次々にボロを出して潰れていき「ビットコインを使った高配当な商材」の相談が消費者センターに相次ぎ問題になったことと重なります。

 

プレセール系コインも、HYPEと同様に怪しい存在として毛嫌いされる対象になってきます。
特に仮想通貨界隈の古参の人々からもSCAMコインの注意喚起を促すメッセージが相次ぎました。


とりわけNoahCoinは、エース級に怪しいと噂のあった仮想通貨でした。

www.zbaron-newworld.com

 

 攘夷論尊皇論が合体し尊皇攘夷論という思想が誕生します。
とりわけ、「安政の大獄」で処刑された吉田松陰を輩出した長州藩の志士たちが、過激な運動を始めます。

 江戸幕府に雇われた元々ならず者集団新選組が、京都で倒幕の計画をしていた長州藩士を襲撃した池田屋事件に端を発し、八月十八日の政変禁門の変
長州藩は、江戸幕府会津藩薩摩藩の連合軍に敗北し、絶体絶命の危機に瀕します。

 

f:id:Zbaron:20171204001521j:plainNoahCoinは、フィリピン政府公認のNoahプロジェクトという計画が背景にあるため、必ず値上がりをするということで某グループがセミナーを開催しては、プレセールと称して販売をしてきた仮想通貨でした。
 しかしフィリピン大使館がNoahプロジェクトを全否定!!

 日本経済新聞でも、このような記事が掲載されました。

f:id:Zbaron:20171204224425j:plain

 

f:id:Zbaron:20171204001521j:plainNoahCoinを販売していた某グループは、HYPE案件のD9クラブの運営や仮想通貨f:id:Zbaron:20171204225104j:plainADACoin のプレセールも手掛けていたため、SCAMと噂が一気に高まりました。
まさに存亡の危機!!

 

仮想通貨界隈の古参メンバーも、ここぞとばかりに攻め立てます!!
ADACoinの開発者天才数学者:チャールズ・ホスキソン博士が詐欺師であると主張!!
XIDcoinを販売した某団体が、団体自体を解散したことで詐欺師であると主張!!
・・・などなど

仮想通貨黎明期からの古参コイナー VS 儲けがすべての投機家 のSCAM合戦の始まりです。
そこに、プロのアフェ業者初心者を装ったネカマブロガー疑惑の論争も介在して、
仮想通貨界隈が動乱の時代を迎えます。

 

それらの仮想通貨を紹介していた人々は自分の資産が崩れることを恐れて、ADACoinは詐欺ではないとの声援で反論します!

 

禁門の変 で会津藩と同盟して長州藩を崩壊に追い込んだ薩摩藩でしたが、徳川家による江戸幕府の体制には実は反対でした。
 薩摩藩士 西郷隆盛は、過去の因縁を捨てて 長州藩と手を組み 倒幕のための同盟を結びたいと考えます。
 実現は難航をしましたが、土佐藩士・坂本龍馬の仲介により 薩摩・長州の2大雄藩が秘密裏に同盟薩長同盟を結び、倒幕の機運が高まります。
危機に瀕していた長州藩でしたが、西郷隆盛の調整によって、幕府軍による第一次長州征伐は一旦停止し、その間に、長州藩高杉晋作などによる奇兵隊の育成、軍備強化などを成し遂げます。

改革派貴族の岩倉具視による徳川家を政権から外す王政復古の大号令などのクーデターを敢行。政局が変わるかに思われましたが、そのクーデターは徳川慶喜による大政奉還で未然に防がれました。

 

それではと、薩摩藩西郷隆盛が江戸の町を乱暴狼藉を行うテロ行為による江戸幕府への挑発行為・・・・。

 挑発に乗ってしまった幕府軍は、薩摩討つべしとの機運が高まり、京都に進軍。
鳥羽伏見の戦いが勃発します。

 

そこで、幕府軍が信じられない光景を目のあたりにします!!
薩摩・長州軍の旗印の中に錦の御旗 が掲げられたのです。 f:id:Zbaron:20171203235234j:plain
天皇家の旗が掲げられたことで 薩摩・長州は官軍。。。
徳川家の江戸幕府は、天皇に逆らう賊軍 ということになってしまうのです。
これで、形勢は逆転!!

将軍・徳川慶喜は戦場から離脱し江戸に帰ってしまい、戦意を喪失した江戸幕府軍が撤退するという事態になりました・・・・。
これにより、戊辰戦争という 会津藩を中心として東北の雄藩の悲劇が始まるのです・・・・。

 

SCAMコインへの攻勢を高めていた仮想通貨界隈の住人達は、ADACoinは、いつまでも上場しないとバカにしていた矢先に、寝耳に水の情報を入手します。

ADAコイン・・2017/9/29 BITTREXに上場・・・。


日本円にして 10円代まで価値が上昇・・・。2017/11

 

まるで錦の御旗のように・・・・・

f:id:Zbaron:20171204210236j:plain

セミナーで先生方に説明を受けて、ADAコインをプレセール期間中に大量に購入していた人は、先生の予言通りに、儲かったのです!!


やはり、ADACoinはSCAMじゃなかったんだ!?

 

2016年末に 仮想通貨界隈の先人たちのブログを元に情報収集していた私は、
SCAMコインの存在もそれらから手に入れていました。
その中にADAコインも燦然と輝くSCAMコインとして刻印されていました。

しかし・・・・。あの錦の御旗 が掲げられらた時に、何かが弾け飛んでしまったかもしれません・・・・。
 たしかに技術的に裏付けを説明されていないにも関わらず、販売方法が怪しいというだけでADACoinをSCAMと断定する根拠はないのかもしれない・・・・・。

この情勢に、

SCAMコインハンターとして名のある人々が、投げやりなコメントを残していました。

 

 ひらめきビットダービーなるテレビ番組が2017年放映されていたそうです。
(※2017/12/5時点で 第4回目の放送)
なんと、この第4回目に ADAcoinやNoahCoinをプレセール販売していたあの先生が登壇されるそうです!!
 まさに、勝てば官軍!!

テレビ番組「ひらめきビットダービー」公式サイト

f:id:Zbaron:20171204231715j:plain

 

 

 

明治新政府で貢献した人物は、昭和になって日本円のお札にもなっています。
岩倉具視卿は、「錦の御旗」を制作した人物だという噂があります。
 実は「錦の御旗」なるものは存在しないにも関わらず、幕府軍の戦意を喪失させるための芝居を打ったというのです・・・・。(あくまで噂です)

f:id:Zbaron:20171205000853j:plain

ADACoin・・・・SCAMコインだとの疑いを晴らすために、大型取引所BITTREXに上場させて、本物にしたのではないか?とも推測されています。(あくまで噂です)

 

そういえば、リップルもその昔SCAMだと言われていたそうです。
イーサリアムビットコインも同様です・・・・。

仮想通貨界隈に古くからいる方は、当然、ビットコインイーサリアムなどを安く仕入れているので、せっかく含み益があるそれらの推しコインの価値が無くなることを良しとしないでしょう。
結局、仮想通貨界隈の住人は、推しコインを褒め称えるので、同じことなのかもしれません・・・。


もう誰の言う事を信じることは出来ないですね・・・・。だってみんな自分がカワイイですから(笑)

投資は自己責任・・・・・と 逃げの文言をブログにみんな掲載しています。
(私だってそう(w))

 

 

仮想通貨界隈は、儲かればなんでもOK的な風潮がこれからも続くことでしょう・・・・。


私もやはり儲かりたいのが本心です・・・(あっ 言っちゃった。。)

今後は疑惑のコインでも儲かるトレンドであるのであれば買ってしまうかもしれません・・・。

ただあの人がこう言っているから 大丈夫だと妄信的に信用しては危険です。
ちょっとこの記事を読んでください。詐欺に騙されないように知識を付けることも重要です。

www.zbaron-newworld.com

 

戊辰戦争で、薩摩長州中心の新政府軍により蹂躙された会津藩は、最後まで武士としての誇りを胸に秘め、徹底抗戦をしました。
その不器用で崇高な生き様は、日本人として感動を覚えます。

 

会津藩の 什の掟 という 少年藩士たちへの教えがあります。

1.年長者の言う事に背いてはなりませぬ。
2.年長者にお辞儀をしなければなりませぬ。
3.虚言を言う事はなりませぬ。
4.卑怯な振舞いをしてはなりませぬ。
5.弱いものをいじめてはなりませぬ。
6.戸外で物を食べてはなりませぬ。
7.戸外で婦人と言葉を交えてはなりませぬ。

ならぬことはならぬものです!!

 

これは、今の日本人に当てはめるのは酷(とりわけ7項は・・・)ですが、
例え儲けることが全てでも、ならぬことはならぬものがあるのです! 

 

繰り返しになりますが、ADACoinの一件で、本当のSCAMコインも、大手を振って
絶対儲かると言って販売されるケースが増えてくると思います。
 

もうSCAMコインだと注意喚起してくれる人は仮想通貨界隈にはいません。
自己防衛力を高めないと、せっかくの楽しい仮想通貨トレードが魑魅魍魎の養分にされるだけに参加することになってしまいます。

最後に、これから仮想通貨に入ろうと思っている人達に伝えたいことがあります。

 

仮想通貨 什の掟 というものを 残して 締めたいと思います。

1.セミナーで有名人を出演させているような仮想通貨を買ってはなりませぬ。
2.MLMやバイナリーというキーワードの案件で仮想通貨を買ってはなりませぬ。
3.怪しいと思われるかもしれませんが全く怪しくないと謳う仮想通貨を買ってはなりませぬ。
4.インサイダー情報なので今買えば絶対儲かるという仮想通貨を買ってはなりませぬ。
5.販売代理店制度で販売している仮想通貨を買ってはなりませぬ。

6.コアメンバーでも技術に詳しくもないのにこのコインはscamだと言ってはなりませぬ。
7.男子たるものミートアップやオフ会で(エッチ目的で)仮想通貨女子と言葉を交わしてはなりませぬ。

ならぬことはならぬものです!!!