仮想通貨の仕組み

No tags for this post.

「ビットコインに強気のサイン」!40年以上の実績誇るトレーダーが見解示す!

トレード歴40年以上をほこり、Twitterのフォロワー数およそ30万人をほこるピーター・ブラント氏は8日、Twitterに最新の見解を発表。

それによると、仮想通貨市場(ビットコイン)は強気のサインがあらわれ、ビットコインは将来的に100万円へむかう可能性もあるとのことです。

要点

・ビットコインに強気シグナル
ブラント氏によれば、直近のビットコイン相場に強気のサインがあらわれ、買い増しも検討しているとのこと。基本的にアルトコインもビットコインに連動しており、仮想通貨市場全体のシグナルと解釈してもよいでしょう。

 ビットコインに強気のシグナル・買い増しを検討へ

すぐにこのリンクにアクセスしてください1。私の最新の要因#Bitcoinライブビデオ、私が思う道を説明する#BTC 100,000ドルかかる可能性があります。

ブラント氏は8日、Twitterに最新の分析を発表。

それによると、ビットコインは直近で数年間のトレンドラインに接近しており、およそ6カ月続いた弱気相場が終わる可能性があることを指摘しました。

 

また、同氏は超長期的にビットコインは1000万円(10万ドル)にむかって上昇している最中と強気の見解示しています。

同氏は今年4月にも「ビットコイン1000万円説」を唱えていましたが、その根拠はいよいよ強まっているよう。

ただ、中期的な動向としては、ビットコインは来年7月までに5300近辺まで下落するシナリオも残されているとのこと。

しかし、3200ドルを下回らない限りは、再び10万ドルへむけて上昇していくとの見解を示しました。

 

テクニカル的には底のサイン?

ブラント氏以外にも直近でビットコインに底のサインが出ているという指摘は多数でています。

先日、ブルームバーグは20年相場の展望の中で、直近の相場において、複数のテクニカルで底のシグナルが出ているため来年は上昇する可能性があると指摘。

ビットコインは20年に再び150万円へ!ブルームバーグが研究レポートを発表!

 

また、これらはビットコインのシグナルですが、基本的にアルトコインに関しても相関性が劇的に変わらなければ、ビットコインと連動して底堅い推移をしていくと考えてよいでしょう。

もちろん、これらの指摘は参考程度にとどめたいですが、指摘がある以上まずは直近の安値である70万円をわりこまないか引き続き注目していきたいです。

 

まとめ

トレード歴40年以上をほこり、Twitterのフォロワー数およそ30万人をほこるピーター・ブラント氏は8日、Twitterに最新の見解を発表。

それによると、ビットコインは直近で底をつけた可能性があり、長期的に1000万円の上昇の途中にあるとのことです。

先日はブルームバーグも複数のテクニカルから70万円でビットコインが底をつけた可能性を指摘しているため、今後の動向も要注目となるでしょう。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

音喜多議員がアプリで仮想通貨税制改革を提案!「日本を仮想通貨先進国へ」!

日本維新の会の音喜多駿議員9日、コミュニティアプリ「PoliPoli」で新しいプロジェクトを投稿。

それは、日本の仮想通貨税制改革によるもので、メディアの中で話題になっています。

要点

・PoliPoli
PoliPoliは次世代政治参加プラットフォームを目指すサービス。ユーザーが「ミッション」をこなすことで気軽に政策に参加できるサービス。

 音喜多議員が仮想通貨税制改革を提案

次世代政治プラットフォームを目指すPoliPoliに9日、新たなプロジェクトが投稿されました。

それは、日本維新の会の音喜多駿議員が投稿したもので、主に国内の仮想通貨取引にかかわる税制を改革しようというもの。

大きなテーマとしては、日本を「仮想通貨先進国へ」といったテーマが掲げられています。

具体的な内容としては、確定申告における分離非課税の導入や、仮想通貨の少額決済の実現、仮想通貨売買における非課税の導入などその他4点になります。

分離非課税・・・ある一定の取引だけ適用される税率を下げる制度。FX取引は分離非課税が導入されているが、仮想通貨取引は採用されtおらず、税率が高い。

今回、音喜多議員が提案したのは、以前仮想通貨の税制改革を訴えた藤巻議員が提案したものと同じで、国内の仮想通貨規制をめぐる戦いはまだまだ続きそうです。

 

引き続き各国の規制動向に注目

既報の通り、12月にはいって各国の規制にかんするニュースが目立ち始めており、引き続き規制にかんする報道には注目。

このブログで何度もお伝えしていますが、直近ではドイツ、フランス、米国に新しい動向が出てきており、いずれもポジティブなものであるため、他の国々の規制に関しても注目となります。

少し早いですが、今年はルール整備が実施される年といわれ、規制動向の進展が期待されていましたが、振り返ってみると具体的な規制は昨年とあまり変わらない状況に。

米国リブラやETFを例にみれば明らかですが、仮想通貨を実際に使うとなると、まだまだ規制面で様々な障壁があり、仮想通貨規制の難しさを改めて実感する年となりました。

しかし、中国のデジタル通貨発行など、中央銀行が発行するデジタル通貨に関しては多少の進展がみられるので、来年以降は国が発行するデジタル通貨が大きなテーマとなるかもしれません。

 

まとめ

日本維新の会の音喜多駿議員9日、コミュニティアプリ「PoliPoli」で新しいプロジェクトを投稿。

それは、確定申告における分離非課税の導入や、仮想通貨の少額決済の実現、仮想通貨売買における非課税の導入などで、国内メディアや関係者の中で注目されています。

世界的にみて仮想通貨規制は難航を示していますが、来年以降も各国の規制動向は市場の大きなテーマとなるので、中央銀行が発行するデジタル通貨を中心に動向をおっていきたいものではあります。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインが20年2月に95%の確率で100万越え!?分析会社レポートで

仮想通貨分析企業トークンインサイトによると、モンテカルロ法という分析方法からビットコインが来年2月に95%の確率で100万円をこえるとのこと。

仮想通貨アナリストやメディアから多くの分析方法が出てきています。

要点

・来年の予想続々と
トークンインサイト以外にもアナリストや専門家から多くの価格予想が。テクニカルやファンダメンタルズや多くの側面から分析しているので、来年の相場をチェックするうえではチェックしておきたいところです。

 20年2月に95%の確率で100万越え

分析企業トークンインサイトによると、ビットコインは来年2月に95%でおよそ100万円(1万ドル)に到達するとのこと。

今回、同社は「モンテカルロ法」という分析方法をつかっており、コンピューターで大量の乱数を生成・試行することで適正価格を求める方法とのこと。

 

それによると、今後3ヶ月のビットコインの95%信頼できる価格帯は9130・6ドルから1万342.73ドルとのことで、おおまかにいうと、2月に100万円に到達する可能性があるとのことです。

また、マイニング機器の価格から、ビットコインは5000ドルから6000ドルを下回るとマイナーの採算が合わなくなることを指摘。

6000ドルというのは、テクニカルでも非常に重要な価格帯であるため、来年以降も価格が下落した際は注目していきたい価格であります。

 

来年の予想続々と

トークンサイト以外にも、専門家やアナリストからは多くの価格予想が出ています。

直近ではブルームバーグが来年の予想を出しています。

ビットコインは20年に再び150万円へ!ブルームバーグが研究レポートを発表!

ブルームバーグも強気の予想をしており、1万ドルをこえるほか、今年の最高値である150万円に到達するとの指摘も。

ブルームバーグもトークンインサイトが指摘した6000ドルを重要な価格帯として挙げています。

また、ファンドストラッド社のトム・リー氏は直近で米株が好調なことを理由に来年のビットコインはポジティブと指摘。

「ビットコインは来年へ向けポジティブ」!リー氏の最新の見解とは

また、下落理由は世界的に不明確な仮想通貨規制を指摘しているので、その意味で来年以降仮想通貨規制がより明確化されるかにも注目していきたいところです。

 

まとめ

仮想通貨分析企業トークンインサイトによると、モンテカルロ法という分析方法からビットコインが来年2月に95%の確率で100万円をこえるとのこと。

また、マイング価格からは6000ドルが重要な価格帯として指摘しています。

トークンインサイト以外にも直近では様々な専門機関・アナリストが予想を発表しており、テクニカル・ファンダメンタルズなど多角的な側面で分析をおこなっているので、来年の動向を追う上でぜひチェックしておきたいところです。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインで公共交通機関の支払いができるときが来る?すでに実証例も

ビットコインをはじめ仮想通貨で店舗やネットショップなどでの代金決済ができることを知る人は多いでしょう。しかし、世界では日本も含め、バスやタクシー、電車など公共交通機関の運賃を仮想通貨で決済可能にする動きも見られ、これを知る人はまだ少ないと考えられます。

本記事では仮想通貨で公共交通機関の代金が決済できる例を2つ紹介します。Suicaのように誰もが知るものにも仮想通貨導入が検討されています。

該当例は段々増えているので、これを読んで仮想通貨を取り扱う公共交通機関を利用したときに備えましょう。

 

要点

・仮想通貨でバス、タクシーなどの運賃が決済できる例がある
ビットコインなど仮想通貨を使ってバスやタクシーなど公共交通機関の代金を決済できる例が増えています。

 

実例1: ブラジルでバス乗車券に仮想通貨決済導入

ブラジルでは、同国の有名バス会社であるGBSグループが運行する「Brasil Sul」と「ViaçãoGarcia」でビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコインを使ったオンラインチケット決済を開始しています。

該当サービスは2018年6月6日からまずビットコインで先行スタートしており、7月からビットコインキャッシュ、ライトコインでの決済も開始しているとのことです。

また、ブラジルではセアラー州フォルタレザでも、2019年中にバス乗車運賃のビットコイン決済開始を目指しているようです報道はコインテレグラフ・ブラジルが7月25日に行っています。

地元の交通機関会社「Cootraps」の主導でプロジェクトが進められており、発券システム使用によるコスト削減が目的とのことです。

同国での仮想通貨の浸透が急速になっていることがうかがわれます。

 

実例2: 日本でも空港関連タクシーの運賃をビットコインで

日本でも東京都にある「LEXUS個人タクシー」に加入している「永田タクシー」が2018年4月からビットコイン決済を行っています。

永田タクシーは成田空港や羽田空港、ゴルフ場関係の送迎に加え、観光、貸切などに利用される個人タクシーです。このうち、成田空港の送迎に日本円で2万円以上かかる場合をビットコイン決済の対象としています。

24時間365日予約を受け付けているとのことで、海外帰りなどでも時間を問わず気軽に利用できるのがポイントでしょう。

2018年11月には、ビットポイントが日の丸リムジンと提携し、羽田・成田各空港と23区内を結ぶ送迎を対象に、仮想通貨決済の実証実験を2ヵ月間行っています。

日本でも仮想通貨と公共交通機関の結びつきが進んでいる証拠です。

 

Suicaにも仮想通貨をチャージできる?

JR東日本発行の電子マネーカード「Suica」にも仮想通貨チャージが始まる可能性があります。

同社は2019年3月25日に金融庁より仮想通貨交換業者認定を受けた「ディーカレット」立ち上げに出資した大手19社のうちの1社として話題となっています。

間もなく同月27日に、JR東日本の時田一広社長が記者会見でSuicaへの仮想通貨導入開始を検討していることを認めました。

この日にJR東日本はスマートフォンアプリを配信開始しており、これがSuicaの仮想通貨導入開始の布石と考える人も多いようです。

まだ正式に仮想通貨をSuicaにチャージできると決まったわけではありませんが、Suicaを持っている仮想通貨ユーザーは今後のJR東日本の今後の動向に注目しているでしょう。

 

まとめ

ビットコインをはじめ仮想通貨で公共交通機関の代金を決済する動きが高まっています。ブラジルでのバスチケット、日本での羽田・成田各空港が関係する送迎タクシーでのビットコイン決済が代表例です。加えて電車賃などを決済する電子マネーカード「Suica」にも仮想通貨が導入される可能性があります。

仮想通貨の浸透ぶりのすごさは、公共交通業界でも例外ではなさそうです。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仕事の給料を仮想通貨で払う?アイドルから国家全体まで実例3つ

ビットコインをはじめ仮想通貨は投資で利益を狙うだけでなく、保有分を日本円代わりに決済として使えるなど、用途が多様化しています。そのために多くの人が知らないと思われる使い方もあります。

仮想通貨で代金を決済できるなら、仕事の給料も仮想通貨で払えるのではと思った人はいるでしょうか?結論から言うと、仮想通貨は給料で払えます。

本記事では仮想通貨が仕事の給料として払える理由と、該当する実例3つを紹介します。実例はアイドルグループからある国全体までバラエティに富んでいます。これを読んで、仮想通貨の給料がありえることを知っておきましょう。

要点

・仮想通貨が給料で支払われるケースも
仕事の給料として仮想通貨が認められる理由と、3つの実際の例を紹介します。

 

仕事の給料に仮想通貨を払える条件は?

現代社会では仮想通貨が給料として成立するケースが見られます。

一般的に労働基準法では「通貨払いの原則」が定められ、事業者は法律にそったプロセスで、給料としてのお金を働いた人に支払われなければなりません。

ここでの「通貨」とは日本円や米ドルなど、その国で公式に使われている法定通貨を意味します。

しかし通貨払いの原則には例外があります。労働協約を結ぶ際、法定通貨以外のものによる給料の支払いに事業者と使用者、つまり働かせる人と働く人が同意した場合です。

ただしビットコインなどの仮想通貨は24時間365日値動きを続けており、支払い成立直前に価格急騰または暴落するケースも想定されます。

給与と支払われた後に価格が上がればラッキーですが、暴落すれば損失規模により生活に影響が出るなどの懸念材料もあります。

支払いの際は給料に対する仮想通貨の割合の決定、日本円の相当額の固定、支払いルートの確立など厳密な計画性が必要と考えられます。

 

仮想通貨が給料として成立した実例3つ

仕事の給料として仮想通貨が支払われたケースを3つ紹介します。

 

実例1: 仮想通貨がテーマのアイドルグループ「仮想通貨少女」

「仮想通貨少女」とは、世界初とされる仮想通貨アイドルグループと呼ばれており、2018年1月5日に活動開始しました。

楽曲も『月と仮想通貨と私』『俺の名はブロックチェーン』など仮想通貨をネタにしたものが揃っています。

元々は「シンデレラアカデミー」運営のもと、12星座をモチーフに結成された「星座百景」というアイドルグループのサイドプロジェクトとして展開されており、仮想通貨少女のメンバーも全て星座百景として活動している人ばかりです。

ライブ後の囲み取材で仮想通貨少女としての活動給与の一部がビットコインで支払われることをメンバーが認める場面がありました。

現在は星座百景としての活動がメインで、仮想通貨少女としての活動は見られませんが、またステージに帰ってくることがあるかもしれません。

 

実例2: アメリカ決済会社「アリアント・ペイメンツ」
2019年10月16日、アメリカの決済企業である「アリアント・ペイメンツ」(Aliant Payments)は、従業員の給料の一部を仮想通貨払いにすると発表しました。種類はビットコインとライトコインの2種類とのことです。

同社は2017年9月、仮想通貨による業者向け決済サービスを提供した元祖とされています。

2018年7月には仮想通貨で直接決済するだけでなく、そこから米ドルへ換金して翌日払いを成立させる送金ソリューション「CryptoBucks」をリリースするなど精力的な活動を展開しています。

仮想通貨による決済システムを提供している会社自体がお手本となるべく、従業員に仮想通貨をギャラとして支払うことに決めたと考えられます。

 

実例3: ニュージーランド全体

ニュージーランドでは2019年9月1日から、企業が仮想通貨を給料として支払うことを全面的に認めています。

アイドルグループや会社などの組織単体を超えて、国自体が仮想通貨による給与払いを認めるという驚きのケースです。

政府は仮想通貨がニュージーランド・ドルをはじめ法定通貨に換金できることなどを条件に挙げており、実際に仮想通貨で給料を払った企業は、所得税を差し引けるとのことです。

所得税差し引きは「PAYE(Pay As You Can)」というニュージーランド独自の制度に基づいて施行されるルールです。

ただしフリーランスは給料に仮想通貨を選ぶことができないなど一定の制約は見られます。

 

まとめ

仮想通貨の世界的な浸透は「給料」という概念にまで及んでいます。まだまだ議論の多い仮想通貨ですが、既存の投資分野を超えたその魅力はビジネス業界でも認知されているようです。皆さんにもいつか仮想通貨で給料を支払われる日が来るかもしれません。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

バミューダ諸島が新たに認定?世界中で生まれる仮想通貨都市とは

イギリス領バミューダ諸島が、仮想通貨都市の候補として業界で注目されています。同地域のデビット・バート首相が政府に対するお金の支払いに仮想通貨を対象とすることを表明しました。

バート首相の発表内容を詳細に解説し、これまで世界に生まれた仮想通貨都市の例を紹介します。

要点

・バミューダ諸島が仮想通貨都市になる?
バミューダ諸島のデビット・バート首相が仮想通貨を公的通貨として認め、同地域が「仮想通貨都市」になると注目されています。

 

バミューダ諸島が「仮想通貨都市」の仲間入り?

バミューダ諸島は、アメリカ・フロリダ東沖に位置しており、北大西洋上のカリブ海にあるいくつもの小さな島をまとめてひとつの地域としています。

同地域のデビット・バート首相は、政府に対する公的な支払いに仮想通貨を含めることを宣言しました

仮想通貨という新しいテクノロジーから生まれた資産概念が、バミューダの経済成長を助けるというのがバート首相の考えのようです。

バート首相の決定の背景には、ブロックチェーンを使った金融サービス企業「サークル」のバミューダ進出、ブロックチェーン技術開発企業「ビットフューリー」がバミューダにある島の土地登記制度に対するブロックチェーン技術採用など、複数の金融・テクノロジー関連グループがバミューダに注目していることが考えられます。

バミューダが地域全体に仮想通貨・ブロックチェーンを浸透させることで、同類のビジネスモデルとして世界に認知される可能性もあります。

 

これまで誕生した仮想通貨都市

仮想通貨都市は、これまでも世界の複数の都市で誕生しています。代表例を3つ挙げます。

 

スイス・ツーク

スイス連邦の州であるツークは、金融都市として有名なチューリヒの南側にあります。仮想通貨関連の政策を積極的に採用した結果、「クリプトバレー」として世界的に認知されています。

スイスでは仮想通貨ビジネスの参入に特別な資格を要さず、イーサリアムの開発も同国で行われた背景があり、ヨーロッパのなかでも仮想通貨に対する理解度が高いとされます。

特にツークはイーサリアム財団の設立拠点にもなっています。ほかにもテゾス、リスクといった仮想通貨運営グループがツークを拠点としており、仮想通貨ビジネスに理想的な場所と知られています。

「uPort」と呼ばれるブロックチェーンを使ったデジタルIDサービスが2017年11月に市民向けに提供されるなど、仮想通貨・ブロックチェーンを使った画期的な試みが多数行われているのもポイントです。

以上のことからスイス・ツークは仮想通貨先進地域として世界中から注目されています。

 

マルタ共和国

マルタ共和国は南ヨーロッパの共和制国家となる島国です。面積は東京都23区程度の半分程度ですが、神秘的なリゾート地として毎年世界中から多数の観光客が訪れています。

近年多くの仮想通貨に関連するグループがマルタ島に注目しています。有名なのは世界最大手の仮想通貨取引所であるバイナンスの香港からの移転です。後を追うように同じく香港のOKExもマルタ島へ移転しました。

これは還付金などマルタ島独自の法人制度を利用することで節税効果が高く、仮想通貨に関わる法整備もハイレベルであることが背景として考えられています。

マルタ島自体が低所得率であり、相続税、贈与税もなく、純利益に税金がかからないなどタックスヘイブン的要素も仮想通貨ビジネスのやりやすさに拍車をかけているようです。

以上のことから、マルタ島も仮想通貨都市として多くの関係者から高評価されているようです。

 

マレーシア・マラッカ

マラッカはシンガポールと隣接するマレーシアの歴史都市です。2019年4月30日にザ・サン紙は、マレーシア政府がマラッカ市内の多数の地域で法定通貨のリンギットを廃し、DMIコインと呼ばれる仮想通貨での決済を義務化する計画を明らかにしています。

DMIはビジネス、モバイルなどの情報やサイバーセキュリティを提供するテクノロジー企業です。同グループが発行したコインは、外部地域から到着するなり法定通貨と両替する形で支給されるとのことです。

DMIの関連アプリもPCと携帯電話両方から利用できるなど、高い利便性が期待されます。

以上のことから、マラッカ全体が仮想通貨都市に変わり、観光面での盛り上げを狙うマレーシア政府の思いがうかがわれます。

 

まとめ

バミューダ諸島のデビット・バート首相が、同地域の公的支払いに仮想通貨を認めました。バミューダが仮想通貨大国になるとして、世界中から注目を浴びています。

これ以前にも、イーサリアムの拠点として知られるスイス・ツーク、仮想通貨取引所バイナンスの拠点になったマルタ島、観光客向けに仮想通貨を専用通貨と認める計画のマレーシア・マラッカなど、複数の地域で仮想通貨文化の浸透が進んでいます。

以上の動きは、ビットコインをはじめ仮想通貨の将来性を高める要因となるでしょう。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【速報】ビットコイン暴落!レンジブレイクで下落トレンド継続?

23日、22時ごろからビットコインがおよそ7%の下落を果たしており、直近の安値を更新しました。

それと同時に、長いレンジをブレイクしたことから、下落トレンドが継続する可能性も出てきました。

要点

・ビットコイン暴落
直近で話題になっていたビットコインのレンジですが、本日の暴落で下抜ける形に。通常、長いレンジのブレイクはその方向にトレンドが開始することを示唆するので、今後一段安になることが懸念されます。

 ビットコイン暴落・長いレンジは下抜けへ

23日の22時ごろからビットコインはおよそ7%近い暴落をしています。

先週は堅調な動きをみせていたアルトコインですが、ビットコインの暴落に伴い連れ安の展開に。

アルトコイン市場全体が全面安の展開となっています。

ビットコイン円 日足

そして、何より注目したいのが、本日の暴落でビットコインは1ヵ月近く続いたレンジを下方向にブレイクしたことです。

教科書的にいえば、通常長いレンジのブレイクはその方向にトレンドが始まることを示唆します。

つまり、今回の場合でいえば下落トレンドが始まった可能性があり、今後ビットコインは次の安値まで下落するかもしれません。

ただ、これが「ダマシ」となってすぐ値を戻し、反対に価格が急上昇する可能性も残されているので、日足が確定するまでは値動きを注視したい場面です。

 

下落トレンドは始まってしまうのか

ビットコインの「レンジ」に関しては、直近で多くの専門家が指摘、ブルームバーグも報道しており、メディアでも話題になっていたトピックでした。

ビットコイン大変動間近!?専門家らの中であるインジゲーターが話題に

しかし、残念ながら今回は上方向にブレイクすることなく、このまま値を戻すことがなければ「下落トレンド継続」となりそうです。

既報の通り、以前ビットメックスで1位を獲得したトレーダーは辛抱強く65万円までの下落を待っているとコメントしています。

「辛抱強く耐える」ビットメックス元No.1トレーダーが現在の相場についてコメント!

今回の流れからすると、実際に65万円まで下落する可能性も高まってきました。

次のサポートや安値の目安は明日お伝えしますが、一度大きな動きが出るとボラティリティー(変動率)も高まるので、急騰・急落といった激しい動きには気をつけた場面です。

 

まとめ

23日、22時頃ビットコインが暴落し、始値からみるとおよそ7万円の下落に。

また、これにより1ヵ月近く続いていたビットコインのレンジは下方向にブレイクすることとなりました。

日足が確定しないと分からない部分もありますが、通常このようなレンジブレイクはトレンドの開始を示唆するので、今後さらなる価格下落に気をつけたい場面であります。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

リップル(XRP)が単独上昇でイーサリアム逆転なるか?SWELL動向に引き続き注目

15日、ビットコイン相場が横ばいの動きを続ける中、リップルが単独で急伸しメディアの話題になっています。

本日は時価総額がイーサリアムに接近する場面もあり、明日以降の相場も注目でしょう。

要点

・SWELL2019に注目集まる
リップル社が主催する大型カンファレンス「SWELL」が来月に控えています。昨年は前後で価格が上昇したこともあり、メディアでもリップル動向が注目されそうです。

 リップルが急伸し時価総額でイーサリアムに接近

ビットコインは相変わらず横ばいの動きを続けていますが、リップルが単独で上昇。

リップル円 10月15日

チャート出典:https://cc.minkabu.jp/pair/XRP_JPY

値幅にして最大で1.5円ほど上昇しており、心理的節目であった32円を一時的に超えました。

夜になって価格は反落していますが、下値がサポートされるようであれば、再び32円トライの可能性もおおいにあり得ます。

そして、もうひとつ本日に話題になったのが、リップルの出来高。

本日は時価総額ランキング2位のイーサリアムの出来高が同等になり話題になっています。

また、時価総額といえば、昨年の今頃はSWELLによる思惑買いにより、リップルの時価総額が一時的にイーサリアムを追い抜いたのが記憶に新しいところ。

コインマーケットキャップ 15日

本日時点ではまだ開きがありますが、今後SWELLへ向けて単独上昇した際は注目のトピックとなりそうです。

 

SWELL2019へ向けて注目

リップルは直近でカナダの大手取引所が巨大なプロジェクトを進めていることが明らかに。

カナダ大手取引所がXRP台帳に基づく大型プロジェクト始動!SWELLへ期待高まる?

上記のプロジェクトはSWELLとは直接関係ないようですが、今後開催が近づくにつれ、こういった報道も増えてくる可能性があるので注目でしょう。

また、報道はなくとも本日のように「思惑買い」で価格が急変動することもおおいにありそうです。

ただ、そのような相場においては価格の急騰もありえますが、売買が激しくなって反対に急落することも考えられるので、取引をする場合は時間軸を固定することや長期的な目線で相場をふかんすることを忘れないようにしたいところです。

 

まとめ

ビットコインは引き続き軟調な展開が続いていますが、XRPは本日価格が急騰し、出来高ではイーサリアムに並ぶ場面も。

XRP動向に関しては、大型カンファレンス「SWELL」が控えていることもあり、今後も価格が高騰する場面があるかもしれません。

ただ、気をつけたいのは売買が激しくなり、急騰・急落が起こりやすい相場にあること。

取引をする方は時間軸をしっかり考え、長期的なチャートで俯瞰して冷静な立ち回りをこころがけたいです。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

「最終的に強気」?暴落後の相場を専門家はどうみているのか?

ビットコインが暴落したことにより、メディアでは悲観論が流れたり、専門家からも様々な指摘がされています。

今回は仮想通貨投資アドバイス企業BlockRoots社の創始者のツイートを紹介します。

要点

・最終的に上昇する?
専門家の多くは最終的には再び上昇するという見解を示しています。それには200日移動平均線を含め、直近のレジサポに注目したいところです。

 暴落後の展開は

暴落から1週間が経とうとしていますが、専門家・メディアからは様々な指摘、議論がされています。

中には暴落は買いのチャンスと指摘する専門家も。

ビットコイン暴落は買いのサイン?米大手ファンドCEOの発言が話題

また。メディアでは昨年と同じく暴落するという悲観論も出ていますが、昨年とチャート形状や状況が違うのは頭に入れておきたいところです。

ビットコインは「上がるのか」・「下がるのか」?今後の展望を独自考察!

 

最終的には強気:仮想通貨投資アドバイス企業BlockRoots

そんな中、仮想通貨投資アドバイス企業BlockRootsの創始者、ジョシュ・ロジャー氏は、下記のようにコメントしています。

https://twitter.com/Josh_Rager/status/1177965569066315781

ビットコイン2013年の市場と2019年2013年との比較:ビットコインの強気市場は89日で75%後退し、2019年後半には1600%が新たな最高値に達しました:

ビットコインは現在91日で42%に後退しました

最終的には強気に転じるでしょう

同氏が指摘するように、2013年は89日間で75%価格が下落、最終的には1600%の価格上昇。

そして、今年は高値から91日間で42%価格が下落しています。

ロジャー氏によると、これらを踏まえ、今回も2013年のように最終的に強気に転じるとの見解を示しています。

同氏が指摘するように、ある意味で今回の暴落は、これまでに何度も起きたことでもあり「普通」であるとも言えます。

ただ、ロジャー氏はさらに下落する可能性があると指摘しているのは頭に入れておきたいところ。

これらはいずれにしても年単位の長期的な視点になるので、そこは注意してトレードの参考にしたいものです。

 

まとめ

ビットコインおよび仮想通貨市場暴落により、専門家やメディアの中で様々な指摘・議論が続いています。

そんな中、仮想通貨投資アドバイス企業の創始者は、最終的に強気になるとコメント。

同氏が指摘するように、今回のような暴落はこれまで何度も経験してきたある意味で「普通」のことともいえるので、冷静な視点で相場動向を追っていきたいものです。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【9/30】ビットコイン再び83万円へ・・・リップルは高騰!30日の仮想通貨市場

週明けのビットコインは上値の重い展開も、リップルなどアルトコインが単独で上昇する場面がみられました。

直近の相場動向をまとめました。

要点

・ビットコイン再び83万円へ
週明けのビットコインは直近の安値である83万円へ。安値更新となるとセンチメントも悪化するため、引き続き緊張する相場が続いています。

 30日のビットコイン

週明けのビットコインは上値の重い展開が続きました。

今週の展望については下記の記事でまとめてあります。

【9/30】今週の仮想通貨市場はどうなる?200日移動平均線の突破が最優先事項か

直近の安値は83万円となっており、本日はそのサポートでやや反発する形に。

ビットコイン円 1分足 30日

本稿執筆時点ではやや上昇傾向にあります。

今週の展望でもお伝えした通り、80万円から83万円というのは5月のサポートであるので、ここから反発できるか注目でしょう。

 

リップルが高騰

本日はリップル関連のニュースがいくつか出ており、金融商品の開発に着手したことや、アイスランドのトレーディング企業を買収したニュースも出ています。

リップル社がアイスランドの仮想通貨事業買収、新拠点設置へ。順調に事業拡大中

それにより、リップルは本稿執筆時点で前日比7%の上昇。

イーサリアムといった主要なアルトコインもビットコインより上昇しています。

ビットコインドミナンスを確認してみると、本稿執筆時点で67%で推移。

先週よりもややアルトコインに資金が流入しているのが確認できます。

ビットコインは暴落により、アルトコインの価格も連れ安となりましたが、ビットコインドミナンス自体は暴落前と変化があまりありません。

アルトコインに関しては、9月に入り上昇する場面がみられたので、引き続きドミナンスの推移は注目となるかもしれません。

仮にこのままドミナンスが低下していけば、一度安値圏に沈んだアルトコインですが、本日のように上昇する場面がみられるなど、下値の堅い地合いが続く可能性も考えられます。

 

まとめ

週明けのビットコインは上値の重い展開が続いてましたが、夜に入りやや上昇基調にあります。

30日はリップルが高騰した他、主要なアルトコインもビットコインより強い推移が続きました。

アルトコインはビットコイン暴落により安値圏に沈みましたが、ドミナンスだけみるとさほど変化はないので、今後アルトコインの下値が堅い相場が続く可能性も考えられます。

それにはビットコインが大きく崩れないことが前提となるので、ドミナンスに注視しつつ、ビットコインは直近の安値である83万円、5月の重要なサポートである80万円をサポートに反発できるか注目でしょう。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【8/12】今週の仮想通貨市場はどうなる?引き続き世界情勢とにらみ合いか!

先週、130万円の高値を記録したビットコインですが、その後は反落し短期的な調整相場となっています。

今週の注目価格・ポイントをまとめました。

要点

・引き続き世界情勢のにらみ合いか
ビットコインに関しては、引き続き世界情勢とにらみ合いが続きそうです。米中貿易摩擦に加え、ブレグジットも新材料として浮上。デジタル・ゴールドとしての側面が引き続き注目されています。

 短期的な調整相場のビットコイン

先週、130万円近辺まで上昇したビットコインですが、その後は反落し短期的な調整相場となっています。

ビットコイン円 日足

そのため、今週も引き続き130万円を超えられるか注目でしょう。

センチメントとしては世界の経済不安を下地にして、上昇の余地はまだ残されていそうです。

ただ、チャート的には130万円が強固なレジスタンスとなっており、前回の一目均衡表の雲上抜けも騙しとなっているため、130万円をこえられなければ下攻めのターンに入ってしまうかもしれません。

アルトコインに関しては、先週の安値からは反発。

ドミナンスに注目しながら引き続き価格動向をおいたい場面です。

 

引き続き世界情勢とにらみ合いか

米中貿易摩擦、米国利下げからビットコインの「安全資産」としての側面がメディアでも急速に報道され、専門家からも指摘が相次いでいます。

ビットコインは金と同じく過去最高値更新?専門家から指摘続々と

そのため、今週もダウや各国の為替を中心に既存の金融市場の動向も注目したいところです。

仮にダウなどが軟調な状態が継続すれば、ビットコインにとっては上昇のチャンスとなりそうです。

反対に、金融市場の動向が落ち着きをみせれば、ビットコインは調整が続き、リスクの高いアルトコインに資金がかえってくるかもしれません。

こちらは本日別の記事でお伝えしますが、直近ではブレグジットによるビットコイン高騰の記事が話題に。

現在は米中貿易摩擦以外にもブレグジット、新興国の金利政策など、地政学リスクが相次いで指摘されている状況なので、今週この他にも世界情勢不安が報道されれば、ビットコインにとってはポジティブな材料となるかもしれません。

 

まとめ

先週、130万円の高値をつけて反落したビットコインは、週明けも短期的な調整相場が続いています。

そのため、価格でいえば今週は130万円の突破がひきつづき注目ポイントとなりそうです。

また、もっとも注目したいのが米中貿易摩擦、新興国の利下げといった世界情勢の動向。

直近ではブレグジットが新たに注目されていることもあり、今週世界情勢の動向でこの他にも懸念材料が出てくるか、ビットコインの価格にも影響を与えそうです。

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインは最終的にいくらになる?著名人たちの予想とその理由。

「ビットコインって将来いくらになるのだろう?」
ビットコイン保有者またはこれからビットコインの購入を考えている方はビットコインの将来価格を考えたことがあるのではないでしょうか。
実はビットコインの将来価格について数億円や数千万などと予測している方多いです。
この記事ではビットコインが上がるといわれている根拠と著名人の予測。そしてビットコインと金のチャートについて紹介していきます。

 

1, ビットコインが上がるとされている根拠。

どうしてビットコインの価格が数千万円や数億円にもなるという予測をしているのでしょうか。その理由は3つあります。

1-1,発行枚数が少ない上に決まっている。

ビットコインの発行枚数2100万枚と決まっていること。他の暗号通貨と比べてもかなり少ないという特徴があります。
発行枚数が少ないということは、ビットコインの知名度が高くなればなるほどビットコインの価値は上昇し、価格も上がっていくからです。

ビットコインはすでに1680万枚が発行済みとなっていて、2140年に全てのビットコインが発掘されることになっています。
ですが実際は2033年には全体の99%は発行されることが決定済みです。

ただビットコインの総枚数は2100万枚ですが、ウォレットを無くしたりして取り出せなくなったビットコインの枚数は500万枚くらいあるのではないかという予測もあります。
ですので、貴重性ということを鑑みれば、ビットコインの価格はかなり高くなることが予想できます。

1-2,ETFによる期待。

ETFとは上場投資信託(Exchange Traded Fund)の略で、証券取引所に上場している金融商品のことです。

仮にETFとして上場することで、ビットコインだけではなく暗号通貨の信頼性の向上、機関投資家の参入や日本においては税金面での優遇も予想できます。

しかしビットコインETFが中々承認されないのは投資家の保護、価格操作の懸念などが問題が山積みとなっているのが実情だからです。

1-3,資産の逃げ道になっている。

ビットコイン一躍有名になったのは、2013年のキプロスショックです。
財政赤字をごまかした結果多くの不良債権が発生し、銀行が閉鎖されたこと、資金の一時避難先としてビットコインが大量に買われました。
そして最近では昨年起こったトルコリラの大暴落の際もトルコ国内のビットコイン価格が暴騰したことが知られています。

 

2, 著名人が予測しているビットコイン価格。

次に著名人が予測をしているビットコインの将来価格を紹介します。
あまり真に受けずに話半分程度で読んでください。

2-1,モルガン・クリークキャピタルCEO Mark Yusko。

Mark Yusko氏はテレビのインタビューでビットコイン価格は将来的に約4000万円になると答えました。
4000万円の根拠は、ビットコインの市場規模が金の時価総額を追いつくという仮定に基づいての予想でとなっています。
約811兆円に相当する金の時価総額をビットコインの最大枚数である2100万枚で分割をすると約3860万円となるからだそうです。

2-2,Tim Draper。

You tubeの動画の中でビットコイン価格は約4.4億円になると断言しています。
具体的な理由はありませんが法定通貨が悪いとしたうえで、「将来的にはビットコインが法定通貨よりも価値があるものになる」と述べています。

 

3,ビットコインは最終的にいくらになる? のまとめ。

さすがに4000万円や4億円はいかないだろう、とは思っていますが、最近の短期間での価格の暴騰をみてしまうと、「もしかしたら……」なんて思ってしまうかもしれませんね。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインの上昇下降がまるわかり!?エリオット波動の基本の『き』から解説! 

 

「ビットコインFXのために勉強しているんだけどエリオット波動ってなんか難しくてよくわからない」

そう思っている方は多いのではないでしょうか。

エリオット波動は基本だけ知っているだけでも、トレードにおいて非常に有利になる場合が多いです。
この記事ではエリオット波動の難しい理論や応用の部分を省き、トレードにおいて役に立つ基本部分を分かり易く説明していきます。

 

1.相場サイクルを読むのがエリオット波動の目的

エリオット波動は市場予測をする際に用いることが目的となっています。
理由は相場にはリズムがあり上昇する時期と下降する時期があるからです。
下の画像はエリオット波動をチャート上で用いる際に使用する基本パターンとなっています。

エリオット波動は上昇5波と下降3波で形成されているのが分かるでしょう。
エリオット波動の上昇5波は1,3,5が上昇、2,4が修正波といわれています。下降3波は1,3が下降、2が修正波と逆になっているのが特徴です。

この形をしっかりと頭に入れておくだけでも、トレードをする際の考え方は変わってくるでしょう。

チャートからエリオット波動を見るとき守らないといけない3つの原則

エリオット波動をみる際に必ず守らないといけないことが3つあります。この3つを成立していないと、エリオット波動は成立しているとはいえないので、しっかりと覚えておきましょう。

  1. 波動3は波動1,3,5の中で一番短くなることはない。
  2. 波動2は波動1のスタート地点を下回ることはない。
  3. 波動4は波動1の高値を下回ることはない。

エリオット波動の上昇第1波から第5波の特徴

次に上昇第1波から第5の特徴を書いていきます。特徴を知っておけば、今現在どの波動なのか分かり易くなるでしょう。

  1. 第1波 大きな変化はないが、少しずつ上昇トレンドへ移行。
  2. 第2波 第1波を消してしまうくらいの下降。
  3. 第3波 一般的に最も値動きが激しい波の部分で本格的な上昇。
  4. 第4波 第3波の上昇を少し覚ますような下降。押し目の部分ともいえる。
  5. 第5波 上昇の勢いが強いという反面、高値による不安から上昇スピードが少しずつ落ちていく。

エリオット波動の下降第1波から第3波の特徴

上昇波と同じく、下降波も特徴があります。下降波を知っておくことで、チャート分析をする際に非常に役に立つでしょう。

  1. 第1波 上昇第5波の利確に伴い大きく下落。
  2. 第2波 第1波の下降に対しての一時的な上昇。
  3. 第3波 本格的な下降トレンドへ突入。

 

エリオット波動が使われていた実例

この項ではエリオット波動がビットコインチャートにどのように影響を与えていたのかを検証していきます。
下の画像はビットコインの日足チャートです。ビットコイン価格も150万を超える直前まで一気に上昇したことを報じたマスコミもありました。

簡単にビットコインの価格をエリオット波動を使って予測をすると、下降第1波がまだ終わっていない確率が高いので、エリオット波動理論ベースで考えるとまだ購入は控えるべきでしょう。

また下降第2波は上昇が期待できますが、ビットコインが150万を超える確率は高くないことが予想できます。

これから下降第3波がまだ始まっていないことから、長期の保有でビットコインの購入を考えている方はもう少しからビットコインの購入を待っても良いかと思います。

 

エリオット波動についてのまとめ

エリオット波動はテクニカル的なもの、というよりは市場心理読むための理論です。
ですので、他のテクニカル手法などと一緒に使うとエリオット波動の効果が高まるでしょう。
従ってトレードをする際は、移動平均線など他のテクニカル手法とも併用してみてください。

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

国内動向加速!金融庁が楽天などを認可!ヤフーとマネーパートナーズも参戦へ!

国内の仮想通貨動向が加速しています。

25日、金融庁は楽天などを新たに交換業者として認可した他、同日にはヤフーやマネーパートナーズも業界参入することが報じられました。

要点

・規制の整備と業界参入
今年はFATFが6月に世界的ガイドラインを策定する他、同月には大阪でG20も開催されます。開催国の日本としては、規制の整備とそれに伴い大手企業が参入することが期待されます。

金融庁が楽天などを交換業者として認可!

金融庁は25日、楽天ウォレットと「ディーカレット」との2社を仮想通貨交換業者として登録したことを発表。

登録は1月のコインチェック以降のことであり、新規業者としては今年初の事例となります。

注目すべきは「IIJ計企業(インターネットイニシアティブ)」と呼ばれる「ディーカレット」で、この企業はインターネットイニシアティブ(IIJ) 、伊藤忠商事、野村ホールディングス、大和証券グループなど名だたる企業によって設立されています。

また、ディーカレットの事業内容はキャッシュレス決済といったフィンテック技術を研究する企業とのこと。

このことからも、キャッシュレス決済を推し進めたい政府の狙いや、金融庁の積極的なスタンスも見て取れるでしょう。

下記記事は、今年1月に当ブログで紹介した記事ですが、まさに「ルール整備」が現在進行形で進んでいる状況です。

2019年の仮想通貨市場はどうなる!?FXcoin松田氏「ルール整備の年」!

 

ヤフーとマネーパートナーズも仮想通貨業界参戦へ!

金融庁が発表した同日、ヤフーとマネーパートナーズが仮想通貨業界に参入することが報じられました。

(参照元:https://taotao-ex.com/campaign/preregister190325-190417/)

Tao Taoに関しては、正式にはYahoo子会社が株式の40%を出資する取引所で、間接的なYahoo傘下の取引所ということになります。

すでに事前登録が可能となっており、サービスは5月中旬をメドにスタートとのこと。

また、TAOTAOはすでに金融庁の認可も受けていることから、今後国内取引所動向が盛り上がるのに期待できるでしょう。

 

マネーパートナーズも仮想通貨交換業参入を発表

(参照元:http://tyn-imarket.com/pdf/2019/3/25/140120190325494619.pdf)

国内FX大手企業マネーパートナーズも5月中旬をメドに仮想通貨交換業における子会社を設立することを発表。

また、ブロックチェーン業務にかんしては大和証券と提携することも発表されました。

こちらはTAOTAOと違い、あくまで子会社の設立なので具体的なサービス開始はもう少し先になるでしょう。

マネーパートナーズで注目すべき点は、業界に参入することを決定した理由です。

2018年10月に認定資金決済事業者協会として一般社団法人日本仮想通貨交換業協会が認定され、仮想通貨交換業に対する規制やルール整備が加速しつつあること、また、国際的な仮想通貨の規制に関する基準についても、G20での議論を受けてFATF(金融活動作業部会)が策定に動いており、仮想通貨交換業を取り巻く法令面での不透明さは急速に払拭されつつあります。また、ビットコインをはじめとする各仮想通貨の取引については、現物こそ価格の低迷等により足元の取引は鈍っておりますが、差金決済取引や先物取引を含めた総合的な流動性は引き続き堅調であり、仮想通貨交換業を営む上での市場リスクを低減するために必要なBtoBマーケットが充実していく兆候も見えることから、当社グループとして、もう一段仮想通貨交換業に対しての関与を強めていく段階に至ったものと判断しております。

(参照元:http://tyn-imarket.com/pdf/2019/3/25/140120190325494619.pdf)

マネーパートナーズは規制の準備が整いつつあることと、仮想通貨市場の流動性が一定に保たれていることを参入理由に指摘。

このことは、今後同じような理由で他の大手企業も参入する可能性があることを示唆しています。

 

まとめ

金融庁は25日、楽天ウォレットと「IIJ企業」と言われるディーカレットを仮想通貨交換業者として認可。

同じ日には、ヤフー出資のTAOTAOがサービスの開始を発表、マネーパートナーズも仮想通貨交換業を目指す子会社を設立することを発表しました。

今年は6月にFATFが世界基準のガイドラインを策定すること、国内においては大阪でG20が開催されることもあり、今後金融庁の動向は加速していく可能性があります。

また、国内大手企業の参入も、これで終わりどころではなく、むしろ競争は激化していくでしょう。

これらのことは、仮想通貨業界にとってはポジティブな要因となるので、今年は国内の業界動向が注目となるかもしれませんね。

 

【好評につき期間延期!】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引もできます。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

再びテザー急落!アルトコインを中心に価格上昇! 11/6リップル・イーサリアム・ビットコインキャッシュチャート分析

t

4日から5日にかけて、テザーが急落しました。

同じ期間にアルトコインを中心に価格が上昇しており、先月起きた資金回避の動きがあると一部で指摘されています。

要点

・テザーの資金回避?
テザー社の不信感が高まっていることにより、投資家がUSDTを売却し、他の仮想通貨へ両替しているという指摘があります。先月は、不信感の高まりにより、USDT急落・他の仮想通貨急騰という減少が起きました。

銀行と提携を発表するもテザーが急落

USDTドル

米ドルと1:1の価格を保つUSDTは4日から5日にかけ急落。

原因はわかっていませんが、先月はテザー社への不信感が高まり、投資家がUSDTを大量に売却しているとの報道もありました。

その流れでいくと、今回も比較的まとまった量の売り注目が出たとみるのが妥当な考察でしょう。

ただ、急落後価格は持ち直しており、現在再び1ドルに近い水準まで回復しています。

テザーは先日、70年以上の実績がある銀行と提携を発表、十分な米ドルを保有している証明書も公開されましたが、コミュニティーの間では依然として不信感が残っているようです。

テザー社が70年以上の実績をもつ銀行と提携!資金保有を裏付ける文書も公開!弱気材料なくなる?

 

アルトコインを中心に価格が高騰

そして、売却したUSDTを主要な仮想通貨に換金したという指摘があります。

先月は、その動きがチャートで顕著に現れました。

しかし、今回はビットコインを除く時価総額上位のアルトコインの上昇が目立ちます。

ETHUSD

XRPUSD

BCHUSD

この中でも、特に上昇率が高いのがビットコインキャッシュです。

ビットコインキャッシュは15日にハードフォークを控えており、テザー以外の独自要因で価格が高騰しているとの指摘があります。

ただ、ビットコインと同じく、9月以来のレンジ上限である600ドルは突破していない形に。

今後はこのままの勢いで600ドルを突破できるかが注目の価格帯となりそうです。

XRPも同じく、10月15日高値0.52ドルの突破が直近の注目の価格帯に。

両者とも、レンジ上限を突破できれば、もう一段上の上昇が見込めるチャート形状になっています。

 

まとめ

テザー社とUSDTの動向に関しては、10月から続いているので、今後も価格が急落するか注目しておいたほうがよさそうです。

今回のアルトコインの急騰との関係は定かではありませんが、今後もUSDTが急落するようなことがあれば、相場が動く可能性があります。

そして、10月は低いボラティリティーでしたが、直近でアルトコインを中心に動きが出始めているので、今後ボラティリティーが回復していくのかにも注目でしょう。

このまま出来高を伴って価格が上昇していければ、今月後半から年末にかけて再び価格の上昇も期待できます。

本日は米国の中間選挙も控えており、結果次第では仮想通貨市場が動く可能性も指摘されているので、そちらも引き続き注目となります。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨市場が上昇している理由を解説!これから価格が上昇する理由とは

4月に入ってから、相場の雰囲気が明らかに変化してきています。

12日には昨年12月以来の取引高を記録、時価総額も上昇し、仮想通貨市場全体の価格が上昇しています。

ここでは、相場上昇の理由をいくつかまとめて紹介します。

ビットコイン円 日足


出典:https://jp.tradingview.com/chart/6BCi3tjx/

アメリカの確定申告が価格下落を招いていた?

投資ファンド「パンテラ」のCEOダン・モアヘッド氏(以下モアヘッド氏)の発言が先週話題になりました。

それは、年内にビットコインの価格が約200万円になるというものです。

モアヘッド氏は3月の価格下落の要因は、アメリカの確定申告が原因だったと解説しています。

また、アメリカの投資会社Fundstrat社のトム・リー氏も同じ理由を挙げています。

 

なぜ確定申告で価格が下落するのか

確定申告で価格が下がるのは、簡単な仕組みです。税をおさめるために、もっている仮想通貨を売却する必要があるからです。

リー氏によると、アメリカでは仮想通貨の所有以外にも、取引所にも所得税があり、このふたつが売り圧力になっているとのこと。

さらに、取引所の利益は法定通貨ではなく、ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨で所持しているため、仮想通貨の売り圧力は大きいとのことです。

アメリカ確定申告ポイントまとめ
①日本と同じく個人が納税のために仮想通貨を売らなければいけない
②取引所も所得税があるために、仮想通貨を売る

ちなみに、アメリカの確定申告の期間は1月27日~4月17日までです。

期間が終わるころに価格が上昇しているのを考えると、確かに、無関係ではなさそうですね

 

仮想通貨市場のキャッシュフローが変わり始めた?

仮想通貨市場の価格が上昇し始めた12日からですが、同じ週にはいくつかビッグニュースがありました。

それは、機関投資家が仮想通貨市場に参入することです。

特に、世界3大投資家ジョージ・ソロスとロックフェラー財閥に関連するファンドの参入は大きな話題となりました。

また、このような説もネットで話題になっています。

まとめると、仮想通貨市場のキャッシュフローが変わり始めているということです。

例えば、機関投資家がビットコインを買ったり、以前は仮想通貨に投資していない人たちが投資をする動きがみられます。

 

ブラジル最大の投資会社が店頭取引を開始

17日にはブラジル最大の投資会社XPインベストメントスが仮想通貨の店頭取引を開始するのを地元ニュース機関が伝えました。

ブラジルは政府はビットコインに対して否定的な態度を示しています。

そのため、XPインベストメントスの今後の動きには注目が集まっています。

先週はイスラム法がビットコインを容認するニュースも話題となりましたね。

このように、機関投資家の参入、規制がある国の仮想通貨容認は、仮想通貨市場に資金が流入することにつながります。

しかも、その額は今までと比べものにならない額です。

 

まとめ~着々と普及するブロックチェーン~

これらの動きをまとめると、要するにブロックチェーン(仮想通貨)は着々と普及しているということです。

実際に、サンタンデール銀行はリップルの技術を使った送金を先週始めましたね。

だからこそ、機関投資家が価値を見出して投資を始めるなど、仮想通貨市場に資金が流入しているわけです。

また、NEMのハッキングやG20の規制など悪いニュースが年初から続きましたが、振り返ってみると「悪いニュースが続いたのにも関わらず仮想通貨は価値を保ち続けている」とも言えます。

仮想通貨は「バブル」、「詐欺」などの批判も多いですが、これから仮想通貨が消えてなくなる可能性は考えずらいです。

むしろ、世界を牽引するCEOらの発言のように、これからさらに仮想通貨が発展する可能性のほうが高いでしょう。

専門家の多くは年内にビットコインが200万円になるという意見が多いですが、これらのことを考えると再び価格は上昇にも期待できそうですね

 

これから仮想通貨取引を始めるなら

GMOコインこれから仮想通貨取引を始める人におすすめする取引所です

理由は、手数料の安さです

GMOコイン手数料

日本円入出金手数料 取引手数料 レバレッジ手数料 仮想通貨出金手数料
無料 無料 0.04% 無料

手数料の安さでは、大手取引所の中で最安値といっていいでしょう。

 

また、仮想通貨初心者でも簡単に注文できるので安心です。

 

セキュリティー面ではコールドウォレット、マルチシグ、資産の分割管理、2段階認証と万全の対策。

上の記事のように、仮想通貨市場はこれから価格の上昇が期待できます。

まだ、価格が安いうちに、ぜひGMOコインで少額から購入するのをおすすめします。

 

GMOコイン公式サイトはこちら

 

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

イスラム法がビットコイン容認!?最大18億人が仮想通貨市場へ!過去最大の強気相場が到来?

12日から15日にかけての仮想通貨市場は昨年12月以来の上昇をみせ、仮想通貨市場への期待が再燃しています。

12日には1時間で10万円の高騰をする場面もありましたが、その原因とネットで噂されているイスラム法のニュースを本日はお届けします。それに伴い、投資家やヘッジファンドの予想もあわせて紹介します。

イスラム法がビットコインを容認!?

12日の上昇と関係していると噂されているのは、同日に提出されたレポートです。

内容は、ビットコインがイスラム法に反しないという内容です。

イスラム法は長年ビットコインに関する議論を続けており、世界中に教徒がいることから、IMF(国際通貨基金)とも議論を交わしています。

それだけ世界的に注目されているということですね。

 

世界人口の23%・約18億人の資産が仮想通貨市場へ?

イスラム教徒は現在、世界人口の23%を占め、その数約16~18億人いるとされています。

もし、その人たちが仮想通貨の取引を開始したら、相場が上昇するのは間違いありませんね。

また、サウジアラビアやカタールにはヘッジファンドが存在し、多額な資金が仮想通貨市場に流入することにもなります。

噂レベルではありますが、このレポートと12日のビットコイン上昇は無関係ではなさそうです。

ただ、今回は正式に容認されたわけではなく、あくまで「問題はない」というレポートです。

今後の展開がどうなるかはまだ不明ですが、仮想通貨を取引するのであれば注目しておきたいトピックです。

参照元:https://www.ccn.com/bitcoin-declared-compliant-with-sharia-law-price-surges/

 

ビットコインは年内に200万円・2022年までに2500万円になる

先週の上昇にあわせて、ヘッジファンドや著名投資家から強気の予想も飛び出しました。

中にはビットコインが2022年までに2500万円になるという強烈な予想もあります。

 

ビットコインは年内に2万ドルへ

仮想通貨投資のヘッジファンド、パンテラ・キャピタル・マネジメントは13日、ビットコインが年内2万ドル(日本円で約200万円)に行く可能性が高いとウォールストリートジャーナルが伝えました。

CEOであるダン・モアヘッド(以下ダン氏)は昨年12月の時点で2万ドル到達の前に、価格が50%下落するかもしれないと予測しています。

実際に、この予測は現実となり、今年2月の安値は高値から50%以上、下落した価格でしたね。

このまま予測がうまくいけば、年末に向けて価格が上昇する計算です。

また、ダン氏は3月の価格下落をアメリカの確定申告の売りとコメントしています。

 

ビットコインが2022年までに25万ドルへ

さらに驚くべきは、アメリカの著名投資家ティム・ドレイパー氏(以下トレイパー氏)が2022年までにビットコインが25万ドル(日本円で約2500万円)に到達すると発言したことです。

ただし、明確な理由は不明で「クレイジーだと思うが信じよう」とコメントをしているとのこと。

トレイパー氏がすごいのは、2014年ビットコインが320ドル以下の時に、17年には1万ドルを超すと予測し、それを的中させたことです

そう考えると、今回の一風的外れの予測も的中させるのかもしれません。

参照元:https://jp.cointelegraph.com/news/crypto-hedge-fund-pantera-capital-btc-will-highly-likely-break-20000-this-year

:https://jp.cointelegraph.com/news/im-thinking-250000-by-2022-tim-draper-reveals-new-bitcoin-price-target

 

まとめ~今年は「まだ入ってきてないお金」がキーワード?~

イスラム法の容認からヘッジファンドの予測まで、共通していえるのは「まだ入ってきていないお金」です。

特に、最近ではロックフェラー系ファンドや、ジョージ・ソロスなどヘッジファンドが投資を計画する報道が目立ちます。

上のイスラムのニュースにもある通り、仮想通貨市場にはまだ資金が入ってない状態なのです。

これから、多額の資金が流れ込むのを考えると、価格が上昇するのは当たり前ですね。

一見、強気で的外れに思える投資家たちの発言ですが、このことを考えればうなずけるでしょう。

 

これからビットコインを取引するなら

GMOコインこれからビットコインを取引する人におすすめしたい取引所です

理由は、スプレッド(買いと売りの価格の差)です

 

また、初心者の方でも使いやすい注文方法も大きな魅力です。

セキュリティー面ではコールドウォレット、マルチシグ、資産の分割管理、2段階認証と万全の対策。

他社と比べて、これから仮想通貨を取引する人にもっとも適した使いやすい取引所となっています

そして、仮想通貨市場はこれから価格が上昇するのがおおいに期待できます

価格が上昇し始めて間もない今から、少額からでも仕込んでおくのを強く、おすすめします

 

GMOコイン公式サイトはこちら

 

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Bitfinexにイーサリアムベースの通貨12種類が上場!その他好材料まとめ

Bitfinexにイーサリアムベースの通貨12種類が上場

7日、香港の仮想通貨取引所Bitfinexでイーサリアムベースの仮想通貨12種類が追加されると発表されました。

追加される仮想通貨は第3世代と呼ばれる AION(エイオン)やLRC(ループリング)、RDN(ライデンネットワーク)など日本では認知度が低いアルトコインです。

イーサリアムベースの通貨というのは、主にイーサリアムのスマートコントラクトを基盤に開発された仮想通貨という認識でいいでしょう。

 

ビットコインよりもイーサリアム?

このニュースの注目ポイントは、上場されたのが、Bitfinexだったところです。香港を拠点にする取引所ですが、ビットコインのドル建て取引では世界1位の取引量も記録したことがありました。つまり、ビットコイン取引を主軸に置いた取引所ということですね。

しかし、今回の追加は、顧客にイーサリアムの良さをアピールする機会にもなるでしょう。

参照元:https://btcmanager.com/bitfinex-announces-trading-of-12-new-ethereum-based-tokens/

 

インドではビットコインを抜いてイーサリアムが仮想通貨の新トップに?

 

7日、おもしろいレポートが発表されました。それは、インドで、ビットコインを抜いてイーサリアムが仮想通貨のトップになったことです。しかし、これは価格や時価総額ではなく、グーグルの検索数とのことです。

 

イーサリアムがビットコインの検索数を抜く

レポートによると、仮想通貨の検索中、ビットコインが約30%だったのに対し、イーサリアムは約35%でした。これだけ聞くとあまりすごさはありませんが、2月末の時点でイーサリアムの検索数は2倍近くになったとのことです。

それに対し、ビットコインは昨年9月の調査に比べさらに下がっています。

もちろん、検索数が価格にむずびつくわけではありませんが、人々が興味をもっているのは大きな事実です。さらに、経済成長が見込まれIT先進国のインドの人たちがイーサリアムに関心を向けているのは、イーサリアムの将来性が期待できます。

参照元:https://btcmanager.com/in-india-ethereums-the-new-king-of-cryptocurrency-not-bitcoin/

 

ヴィタリック・ブリテン氏 イーサリアム対応ASICへの対抗案を否定

9日、イーサリアム開発者ヴィタリック・ブリテン氏(ブリテン氏)はイーサリアム対応ASICへの対抗する案に対し、否定する見解を発表しました。

 

イーサリアムがハードウォーク?

このニュースは非常にわかりにくいですが、まず、この前にイーサリアムがASICというマイニングマシンに対応する案に対して投資家たちが反対の表を投じていました。

ASICはビットコインのマイニングに使われていますが、これに対応するとビットコインと同じように、マイニング報酬が中央集権に陥ってしまうからです。ASICというマイニングマシンは高価なため、お金のある企業しかマイニングを行えません。

分散型プラットフォームをうたうイーサリアムからしたら致命的です

 

非中央集権を貫けるのか?

これに対し、ブリテン氏は、反対の声明を出したのが今回のニュースです。理由は簡単にまとめると下記2点です。

①将来的にPoSに移行するイーサリアムには向いていない

②現時点ではASICに対応するような大きな変化は好ましくない

技術的な話で難しいですが、イーサリアムは将来的にPoSというコンセンサスアルゴリズム(マイニングの方法)に変わる予定なので、ASICは向いていないという主張です。ASICはビットコインがもつPoWに主に対応しています。

また、現時点でASICに対応するような大きな変化は何が起きるかわからないとし、好ましくないという主張も発表しています。

参照元:https://www.ccn.com/vitalik-advises-against-declaring-war-on-ethash-asic-miners/

 

たんたんと開発されるイーサリアム

今年に入って価格に下落が続くイーサリアムですが、このように開発は進められています。それは、インドのニュースのように、人気は低いどころかむしろ高まっているように思えます

ビットコイン、リップル、イーサリアムは時価総額の点で仮想通貨御三家ともいえますが、その中でもブロックチェーンを実用化できるスマートコントラクトをもつイーサリアムはオンリーワンの存在といえるかもしれません

 

イーサリアムを取引するなら

GMOコインスプレッド(買いの値段と売りの値段の差)が狭い取引所です。

つまり、イーサリアムを他の取引所よりもお得に購入できます

 

 

スプレッドは実質手数料と言われており、広いところで実質10%かかる取引所もあります。

その点、GMOコインはスプレッドが狭い取引所なので、安心して取引していただけるでしょう。

イーサリアムは、仮想通貨の中でもオンリーワンの価値を保っており、価格が再度上昇する可能性は高いです

価格が下落している今、少額からでも仕込み始めるのを強くおすすめします

 

GMOコイン公式サイトはこちら

 

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

DMM Bitcoinが他の取引所に比べても最高だと言えるポイントをまとめました。

 

DMM Bitcoinがついにサービスを開始しました。

個人的には今後の主となる取引所になるのではないかと考えています。

 

DMM Bitcoinは他の取引所と何が違うの?

色々な手数料が無料

他の取引所でも取引手数料が無料と謳っている取引所はありますが、DMM Bitcoinでは

  • 取引手数料
  • 口座開設手数料
  • 口座維持手数料
  • 出金手数料
  • ロスカット手数料

と、他の手数料に関しても無料です。

 

NEMやRippleなどアルトコインのレバレッジ取引ができる!

今までのレバレッジ取引ができる取引所は基本的にビットコインのみが対象でした。

しかし、DMM Bitcoinだとビットコイン+6種類のアルトコインでレバレッジ取引が可能です。

 

DMM Bitcoinでレバレッジ取引が可能な銘柄

銘柄/円のペア

  • ビットコイン/円(BTC/JPY)
  • イーサリアム/円(ETH/JPY)
  • ネム/円(XEM/JPY)
  • リップル/円(XRP/JPY)
  • ライトコイン/円(LTC/JPY)
  • イーサクラシック/円(ETC/JPY)
  • ビットコインキャッシュ/円(BCH/JPY)

銘柄/ビットコインのペア

  • イーサリアム/ビットコイン(ETH/BTC)
  • イーサクラシック/イーサリアム(ETC/ETH)
  • ネム/ビットコイン(XEM/BTC)
  • リップル/ビットコイン(XRP/BTC)
  • ライトコイン/ビットコイン(LTC/BTC)
  • イーサクラシック/ビットコイン(ETC/BTC)
  • ビットコインキャッシュ/ビットコイン(BCH/BTC)

通過ペアとしては合計14種類となっています。

今まで銀行の取り扱い開始や大手サービスとの提携といった好材料や業界状況を情報収集していた方には待ち望んでいた仕様なのではないでしょうか。

ビットコインだけではどうしても好材料を拾うことが難しいため、幅の広がったトレードができるようになります。

 

DMM Bitcoin口座開設までの流れ

大きな流れとしては4ステップです。

特にすごい手間のかかる面倒な手続きはありません。

 

メールアドレスの登録

まずはメールアドレスを登録します。すぐ終わります。

 

基本情報の入力&本人確認書類の提出

登録したメールアドレスに認証メールがすぐに届くので、住所や名前など基本情報を入力して本人確認書類を写真で送ります。

だいたい時間は5分程度あれば終わりました。慣れていない方でも10分程度かと思います。

 

口座開設審査

上記が終わったら審査待ちです。何か大きな問題がない限り審査に通過するケースがほとんどのようです。

 

口座開設完了 お取引スタート

問題なく審査通過して、登録した住所に送られてきたはがきに書いてある認証番号を入力すれば、全ての手続き完了です。

 

 

DMM Bitcoinの本人確認について

Zaifの本人確認が遅れているというニュースをはじめ、仮想通貨取引所の口座開設は、相場が上がったり人気が高まるにつれて、

本人確認に1ヶ月~2ヶ月かかることもあるようです。

Zaifの本人確認遅れについてアナウンスがありました。登録はお早めに!?

DMM bitcoinは他の取引所に比べて手数料も安く、他の日本の取引所じゃできないRippleやNEMなどのレバレッジ取引ができるため、今後人気が加速するのが想定できます。

最近は足の早い仮想通貨業界ですので、チャンスを逃さないためにも早めに登録しておくのがオススメです。

 

DMM Bitcoin公式

 

 

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

アブラCEO「機関投資家がまだ参入していない」仮想通貨市場はこれから価格が上昇する!?

 

仮想通貨投資アプリを提供するアブラ(Abra)のCEOビル・バーハイト氏は、仮想通貨市場にとって今年は「大変なことになる」とBUSINESS INSIDERのインタビューで発言しました。

本日はこのニュースの要点をお伝えします。また、機関投資家についても解説するので参考にしてください。

 

アブラとは?ビル・バーハイト氏の主張

アブラはアメリカのスタートアップ企業です。仮想通貨アプリがすでにリリースされており、注目を浴びている仮想通貨企業でもあります。

アプリは仮想通貨の購入、保管、送金が全て可能です。

アブラがすごいのは設立が2014年であり、アプリのテスト版のリリースが2016年に行われているということです。ビル・バーハイト氏はかなり先見の明がある人物といえるかもしれません。

今回はメディアで「欧米の機関投資家が仮想通貨市場に参入していない」と発言しました。

 

ビル・バーハイト氏の発言まとめ

ビル・バーハイト氏は仮想通貨市場に、欧米の機関投資家が参入していないとしながら、同時に「魅了的だ」とも発言しています。まとめは以下になります。

①今年は仮想通貨市場に欧米機関投資家が参入する

②いったん、機関投資家のマネーが入れば、どんどん仮想通貨市場は盛り上がる

③理由は仮想通貨市場のボラティリティーとブロックチェーンの将来性

 

機関投資家とは?ビル・バーハイト氏の根拠

機関投資家は銀行、生保、証券会社、投信運用会社、ヘッジファンドといったいわば投資のプロです。これらに共通しているのは、個人ではなく、法人で顧客の資産を預かって莫大な金額を運用しているところです。

その中でも、ヘッジファンドは運用する額がケタ外れです。世界最大級のブリッジウォーター・アソシエイツの2017年の運用額は約13兆円でした。

 

ビル・バーハイト氏の根拠

ビル・バーハイト氏の主張の根拠はわかりやすく言うと「まだ多くのお金が仮想通貨市場に入ってきていない」ということです。莫大な額を運用する機関投資がまだ仮想通貨に参入していないからですね。

インタビューでは、ビル・バーハイト氏は本人周辺のヘッジファンド、資産家などと「大きなチャンス」と話しているとのことです。また、今年は機関投資が参入することにより「大変な年になる」と強気の姿勢をみせています。

 

本当にビル・バーハイト氏の主張は当たるのか?今後の課題

仮に、ビル・バーハイト氏の主張がその通りになれば、間違いなく仮想通貨市場は盛り上がります。しかし、機関投資が参入できないのは理由もあるのです。

一番の原因は投資環境の問題です。上でも述べた通り、機関投資は顧客のお金を預かって運用している以上、仮想通貨のような法整備が完全でない商品には投資ができないのです。

万が一問題が起こったときに、会社の信用が失われてしまうからですね。

昨年12月にはアメリカの大手証券取引所にビットコインの先物が上場され話題となりましたが、今後もそうした動きが世界的に広まるかがひとつのキーポイントになりそうです。

なぜなら、日本でいう「東証」のような公式の取引所に仮想通貨の商品が上場されれば、機関投資家が「安全」と判断し投資を行えるからです。そうすれば、ビル・ハーバード氏のいうように、どんどん莫大な金額が仮想通貨市場に流れ込んでくるでしょう

参照元:http://www.businessinsider.com/abra-ceo-bill-barhydt-institutional-investors-crypto-price-2018-3

 

多くの世界的企業CEOはブロックチェーンに対しポジティブな姿勢をみせている

今回はビル・バーハイト氏のインタビューでしたが、先月はTwitterのCEOがビットコインに対し「世界共通通貨になる」と発言し、話題となりました。またオンライン決済PayPal創業者もビットコインを支持しているので有名です。

このように、世界のリーダーたちはブロックチェーンの将来性を高く評価しています。そのことを考えると、仮想通貨市場に機関投資家が参入するのも、時間の問題かもしれませんね

 

現段階で仮想通貨を取引するなら

コインチェックがない今、現段階で仮想通貨を取引するなら、間違いなくGMOコインで買うべきです。

理由は、スプレッド(買いと売りの金額差)が小さいというところです。

coincheckなど通常の取引所でも買えますが、買うときで売るときで多いときには10%の差がついていて、買った瞬間から大きく損してしまう場合があります。
しかし、GMOコインだと、提示された価格で買えるため、スプレッドが狭くオトクに購入することができます。

今年は、SBIも参入が決まっており、仮想通貨業界は衰えるどころか、2017年以上に盛り上がりをみせています。

ビットコインの価格が再度上がる前、安いうちに買えるのは今だけかもしれません。

 

GMOコイン公式サイトはこちら

 

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.