仮想通貨の仕組み

No tags for this post.

BNBやIOSTが大暴騰!何故価格が上がっているのか徹底解説

年初以来、右肩上がりだったアルトコインや草コインですが、ここ数日は下がる傾向が見られています。

SNSでは、バブルが終わってしまったのではないかと囁かれている一方で、BNBやIOSTといった一部の通貨は依然価格を伸ばしている状況です。

そこで今回は、何故BNBやIOSTは他の通貨と違い、ずっと価格を上げているのかを解説していきたいと思います。

 

バブルが止まらないBNB

Binance Coin(BNB)は、仮想通貨取引所Binanceが発行しているトークンです。

元々はBinanceの手数料を割引するくらいの機能しかありませんでしたが、その時価総額は今や5兆円にも上り、BTCやETHに次いで3位まで上昇しています。

他の通貨とは違い、特別目立った機能がない仮想通貨取引所のトークンがなぜこれ程までに大きくなったのでしょうか。

その背景には、DeFi(分散型金融)での活用がありました。

パンケーキ効果で大暴騰

DeFiとは、簡単に説明すると自分の保有している通貨を貸出して、金利を得ることができるシステムです。

流動性を提供する見返りとして、その手数料を得ることができます。

特に、最近話題になっているパンケーキ(PancakeSwap)という分散型取引所は、素人でも比較的簡単に参入することができます。

そして、そのPancakeSwapで得られる金利は、通貨によって年利100%~500%という驚異的な数値となっているのです。

100万円分の通貨を預けていた場合、1年後には金利手数料だけで数百万円になっている可能性があると考えるとその凄さが実感できるかと思います。

もちろん、リスクはあるので必ずしも利益を得られるわけではありませんが、リスクに対するリターンがあまりにも大きいことから非常に人気を集めています。

そんなPancakeSwapですが、実はBNBを持っていないとまともに利用することができません。

PancakeSwapで通貨を預ける場合、必ず2種類の通貨をペアで預ける必要があるのですが、基本的にどちらか一方はBNBが必要となってきます。

つまり、PancakeSwapを利用する為には、まずBNBを用意しなければいけないのです。

BNBの高騰は需要によって成り立っていた

先ほども述べましたが、PancakeSwapでは年利100%~500%も夢ではありません。

恐らく、一般人が参加できるもので、ここまでリターンが大きいサービスは他にまずないでしょう。

そうなると、人々は次々とBNBを買い求めるようになります。

買えば買うほど、金利収入が増えるわけですから、先行投資として考えている方もそれなりにいるようです。

このように、BNBを中心としたDeFiが誕生したことが、価格暴騰の要因となっていたのです。

IOSTも好調に推移

1月の上旬から価格が暴騰しているIOSTですが、こちらは初心者に人気であることが、価格を伸ばしている大きな要因だと考えられています。

日本の取引所に上場しており、他の通貨よりも圧倒的に単価が安いことから、口座を開設した人が真っ先に目を付けやすい通貨と言えるでしょう。

しかし、BNBとは違って実需を伴わない暴騰なので、SNSではかなり危険なのではないかという声も挙がっています。

ただ、2017年の仮想通貨バブルでは、実需が伴っている通貨よりも、話題性や初心者に人気のある通貨の方が価格が上昇する傾向がありました。

特に、単価が安い通貨は初心者が集まりやすいので、新規投資家が増え続ける限りはそうそう価格が崩れることはありません。

今はどこの取引所も本人確認に時間が掛かっている程、新規投資家が増加しているウェーブですので、状況によってはIOSTの更なる続伸が見られるかもしれません。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

急成長市場で牽引力を獲得!大きな可能性を秘めるラップ仮想通貨

要点

・合成仮想通貨は、仮想通貨および従来の金融市場を揺るがす大きな可能性を秘めています。
・シンセティックス(Synthetix)は2020年12月中旬から225%以上増加し、注目されています。

シンセティックスはコインベース上場がきっかけで高騰か?




ラップされた仮想通貨(合成仮想通貨)は、仮想通貨および従来の金融市場を揺るがす大きな可能性を提供します。
成長を遂げようとしている今、合成仮想通貨の背後にあるものは何なのでしょうか。

2021年に入り、史上最大の強気市場の興奮のなか、一部の仮想通貨は現市場の流れさえも上回っています。
特に今注目されているのがシンセティックス(Synthetix/SNX)は市場全体の成長をリードしていると言えます。



※画像引用元:CoinMarketCap 


2020年12月、Coinbase上場のニュースは、SNXが市場をけん引するきっかけと言える出来事であり、12月中旬から225%以上増加しています。
CoinMarketCapのチャートを見てみると、1月17日23時の価格は1SNX=1,500円台後半を記録し、進行中ラリーで最高パフォーマンスを発揮する仮想通貨1つとして高い関心が寄せられています。

シンセティックス高騰は真の合成仮想通貨の需要から?




シンセティックスの高騰はCoinbaseへの上場以外にも高騰につながる要因があります。
その主な理由として考えられているのが、シンセティックスが提供しているもの、デジタルの合成資産に対する真の需要とみられています。

合成仮想通貨は既存金融セクターから到着したものです。
シンセティックスは、いくつかの重要な特性を変更しながら、特定の楽器をシミュレートする目的で使用されます。
投資家は必ずしも保有する必要はなく、無保有で原資産へのエクスポージャーを得ることができます。

仮想通貨市場におけるトークンは、株式や商品、法定通貨など、他資産のデジタル合成です。
合成仮想通貨は、仮想通貨とトークンへの露出を得るために使用することも可能です。
ラップドビットコイン(WBTC)はここ数カ月で成功した印象を市場に与え、この成功は、合成仮想通貨に対する欲求の証と言えます。

モネロ(Monero/XMR)の合成バージョン、ラップドモネロ(Wrapped Monero/WXMR)は、投資家になる可能性のある人がプライバシーコインの交換の取り締まりを回避するのに役立つ可能性を秘めています。

シンセティックスは真の有用性を提供




シンセティックスは、ユーザーが仮想通貨を担保として使用し、Synthsと呼ばれる合成資産を作成することができる分散型取引所を最初に市場に投入したことによるメリットを享受しています。
プラットフォームは、SNXをネイティブトークンとして操作し、保有者はSNXを担保にSynthを作成し、SynthetixDEXユーザーが支払う料金の一部を獲得できます。
これは、SNXトークンがプラットフォーム上でSynthを作成し、トークン自体にさらなる価値を生み出すようにユーザーを動機付けるため、真の有用性を提供します。



※画像引用元:DeFi Pulse 


DeFi Pulseのデータを見てみると、過去3カ月間に、シンセティックスは大幅な成長を遂げている事が分かります。
2020年10月下旬、ロックされた約5億ドルが、現時点では23億ドルを超える価値を有しています。

シンセティックスの明るい展望




シンセティックスの人気と、2021年にローンチ準備ができている他の新規市場参入者により、合成仮想通貨はDeFiランドスケープに固定され、市場は成長し続ける可能性があります。

しかしその一方で、既存金融市場が混乱する可能性があり、あらゆる実世界資産を反映したデジタル合成をめぐる競争がさらに激化することが予想されますが、DeF市場の一角であり、年が明けるにしたがって見る価値があると言えます。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

あなたの通貨は大丈夫?仮想通貨の証券性ランキング

去年、XRPが証券性をめぐる問題でSEC(米証券取引委員会)から訴訟提起されたことは皆さんもご存じかもしれません。

そして、訴訟をされた場合、その通貨は敗訴される懸念から大暴落を起こす可能性があります。

その為、自分の持っている通貨が証券に該当するかどうか気になる方は多いでしょう。

そこで今回は、Crypto Rating Councilが公開した仮想通貨の証券性スコアをご紹介させて頂きます。

 

問題視され始めた証券性

XRPの訴訟提起が問題視されている今、仮想通貨投資家が最も懸念しているのは、保有通貨の証券性ではないでしょうか。

もし、自分の持っている通貨が証券に該当する場合、問題解決に長期を要したり訴訟の可能性、そして運営資金の調達に影響を及ぼし価格の下落に繋がる可能性があります。

特に中央集権型の通貨は危険視されており、SNSではXRPの訴訟から連鎖的に他の銘柄にも飛び火するのではないかと噂されています。

XRPが今回の訴訟に勝利するか否かは依然分かりませんが、敗訴してしまったとなると、証券性の高い仮想通貨から順番に狙われていくことになるでしょう。

その為、自分が保有している仮想通貨の証券性を知っておくことが必要となってきます。

証券に該当する基準

そもそも、証券に該当する基準とは一体なんなのでしょうか?

明確な基準については公開されていませんが、発行体が分散されているかどうかが大きな基準ではないかと考えられています。

つまり、ビットコインのように世界各国の色々な人がマイニングをして市場に流しているような通貨はセーフ。

逆に、XRPのように最初から運営側が大量の通貨を保有しており、一方的に市場に流しているような通貨はアウトというわけです。

ただ、証券に該当すること自体が悪いわけではありません。

証券に該当していてもしっかりと対応をしていれば、仮想通貨の運営は問題なく続けることができます。

実際、証券問題で一度SECに罰金を支払ったEOSは、今も順調に運営を続けています。

 

CRCが証券スコアを公開

仮想通貨の評価をおこなっているCrypto Rating Councilが、仮想通貨の証券性をランク付けして公開しています。

こちらのサイトでは、証券性のランクを4段階評価でスコア付けしており、数値が低いほど証券性が低いことを意味しています。

このデータによると、最も証券性が低いスコア1と評価された仮想通貨は下記の7銘柄です。

・ビットコイン(BTC)
・ダッシュ(DASH)
・ダイ(DAI)
・ホライゼン(ZEN)
・ライトコイン(LTC)
・モネロ(XMR)
・USDコイン(USDC)

他にも、イーサリアム(ETH)やBasic Attention Token(BAT)はスコア2と、証券に該当する可能性は低いと判断されています。

一方で、EOSはステラ(XLM)は3.75、リップル(XRP)は4とかなり危険であると評価されているようです。

なお、評価されている30銘柄中、XRPが最も高いスコアを獲得しています。

このデータは、XRPの訴訟提起がされる以前に公開されていたものなので、最も高かったXRPが実際に訴訟されていることを考えると、かなり信憑性のあるデータであると言えるでしょう。

まとめ

今回は、各仮想通貨の証券性スコアを紹介させて頂きました。

Crypto Rating Councilから30銘柄のスコアを確認することができるので、保有している通貨の証券性を確認してみましょう。

なお、証券性が高いと価格が下落する可能性があると述べましたが、別に証券に該当すること自体が完全な悪であるというわけではありません。

証券に該当するのに、届け出を出さずに販売していたことが問題なのです。

その為、仮に証券に該当するとしても、証券として認めてもらいルールに則った運営をしていれば特に問題はないでしょう。

 

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインキャッシュ、ハードフォーク以降価格好調で15%の上昇

要点

・ハードフォークによる分裂後のビットコインキャッシュ価格が順調に上昇しています。
・改めて振り返るビットコインキャッシュの歴史についても解説。

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)、価格が上昇


※画像引用元:BitcoinCash


今から1カ月前の11月15日、ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)はハードフォークによって2つに分裂され、ビットコインキャッシュはこれまでのハードフォーク後より、今回のハードフォーク後の状況の方がはるかに良い状況になっています。

周知の事実ですが、ビットコインキャッシュは、ビットコインのハードフォークによって誕生した仮想通貨です。
Binance(バイナンス)によってマイニングされたブロックナンバー「661647」が、最終ブロックとなって、分裂しました。
もともと、BCHのハッシュパワーが最も高いため、BCHタイトルを取得し、ビットコインキャッシュノード(Bitcoin Cash Node/BCHN)となって、新しいビットコインキャッシュABC(BitcoinCash ABC/BCHA)が誕生しました。

分裂を繰り返すビットコインキャッシュ




今から約2年前の2018年11月15日、ブロック容量(大きさ=対応可能トランザクション数)についてコア開発陣の中で意見が一致せず、ビットコインキャッシュブロックチェーンはビットコインキャッシュとビットコインSVに分裂しました。



※画像引用元: CoinMarketCapより


ビットコインSVはハッシュパワーの点で、より小さなチェーンとして浮上したものの、最初はBCHとのリスクの高い、勝者がすべてを占めるハッシュ戦争に従事し、マイニンググループは他のブロックチェーンから優先側にリソースを再割り当てを実施していました。

その後、ビットコインSVはビットコインキャッシュ側に対し、最終的に降伏。
ビットコインキャッシュの横で共存していくことに同意し、現在に至っています。
その結果、当時のBCH取引は不安定で、2018年11月5日、1BCH=627.70ドルの前後で推移していたものの、分割当日には293.19ドルにまで急落し、1カ月後は79.90ドルにまで暴落と言える下落を見せました。

最近の好調な価格は、最新のハードフォークがほんの一瞬だった可能性があることを示しています。
しかし、ビットコインとは異なり、BCHは、ビットコインから分離してわずか数カ月後の2017年12月19日にヒットした過去最高の3,719ドルからはほど遠いままの価格で推移して今に至っています。

過去3年半の間に3つのハードフォークが実行され、ビットコインキャッシュの開発者、マイナー、およびユーザーは、ビットコインキャッシュを正しい方向に突き進めるため、コア開発者らを中心に、妥協する練習の必要に迫られているのかもしれません。

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)の歴史




2009年に運用が開始されたビットコインに、急激な取引量の増加に伴い浮上したスケーラビリティ問題に端を発し、2017年8月1日にバードフォークして誕生したのがビットコインキャッシュです。

ハードフォークとは、仮想通貨の根幹技術であるブロックチェーンが分岐され、各チェーンが独立した道を歩んでいくことを言います。

ビットコインキャッシュについて改めておさらいをしていくと、ビットコインと同様、Proof of Workを採用しており、発行上限は 2,100 万枚と設定されています。
もともとはビットコインであったことから、多くのシステムがビットコインを同じ仕様になっており、半減期についても4 年に1度訪れるようにビットコインキャッシュプロトコルにて設定されています。

ただし、ビットコインと異なるのが、先にも説明したスケーラビリティ問題に揺れ、ハードフォークが実施された問題である、ブロックサイズです。
現時点のビットコインのブロックサイズは1MBのままであるのに対し、ビットコインキャッシュは 32 MB と32倍の許容量に設定されています。
ブロックサイズが大きいことで、一度により多くの取引処理を目指したのがビットコインキャッシュです。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

マイクロストラテジー社、ビットコインの追加購入予定を公表

要点

・MicroStrategy社がビットコインの追加購入計画を発表すると同時に、4億ドルの資金調達計画を発表しました。
・同社は最近積極的にビットコインを買い足し続けており、今後さらに追加購入する予定です。
・また、同社の発表を受け、仮想通貨取引所Geminiのテイラー・ウィンクルボス(Tyler Winklevoss)共同創設者兼CEOが現金はゴミだとツイートしています。

MicroStrategy社追加購入計画までの流れ




12月7日(月曜)、ナスダック上場のビジネスインテリジェンス、モバイルソフトウエア、およびクラウドベースのサービスなどを手掛ける企業MicroStrategy Inc.(NASDAQ:MSTR/マイクロストラテジー)が、ビットコイン(Bitcoin/BTC)をさらに購入する計画を発表しました。

MicroStrategy社は、ビットコインの追加購入のため、コンバーチブルシニア債のプライベートオファリングを通じて4億ドル、約416億円を調達する計画を発表しました。

今年8月11日にMicroStrategyは、プレスリリース内で一次財務準備資産として使用するため、手数料などを含め、計2億5000万ドル、約260億円で21,454BTCの購入を報告しています。
MicroStrategyの共同創設者であり、会長兼最高経営責任者(CEO)であるマイケル・J・セーラー(Michael J. Saylor)氏は次のように述べています。

ビットコインに投資するという私たちの決定は、企業財務プログラムに長期的なリスクを生み出していると私たちは信じている。経済およびビジネス環境に影響を与えるマクロ要因(※)の合流によって部分的に推進された投資であり、リスクに対しては積極的に対処する必要がある。

(※)マクロ要因とは、国内外情勢、天候、景気、金利などによって影響がでることを言います。


 


その後セイラー氏は、1億7500万ドルで16,796BTCを追加購入したことを明らかにしたほか


 


12月4日(金曜)にも、MicroStrategy社が追加で2,574BTCを約5,000万ドル(日本円で約52億円)で購入した事を明かしています。

MicroStrategy(マイクロストラテジー)社が資金調達計画を発表




12月7日(月曜)、MicroStrategy(マイクロストラテジー)社は、1933年に施行された証券法144Aに基づいて、適格機関投資家への転換社債の私募を通じて4億ドルの調達計画を発表しました。

同社は、運転資金のニーズやその他の一般的な企業目的が特定されるまで、財務準備方針に従ってビットコインでのノートの販売からの純収入を投資する予定であると明かしています。



※「Michael Saylor CEO of MicroStrategy Talks Bitcoin as a Treasury Asset on CNBC – November 25th 2020」 
※字幕が必要な方は、画面右下に表示されている「字幕」アイコンをクリックした後、「設定」アイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「字幕」→「自動翻訳」→「日本語」の順に設定することで大まかな日本語字幕が表示されます。


セイラー氏は、CNBCのテレビインタビューの中で、ビットコインは現在、世界で最も安全な避難所の財務準備資産だということがあまり理解されていないと語っており、すべての面で金よりも優れているように設計されていると述べています。

現金はゴミとテイラー・ウィンクルボス(Tyler Winklevoss)氏



MicroStrategyのビットコインの追加発表からすぐに反応したのが仮想通貨取引所Geminiのテイラー・ウィンクルボス(Tyler Winklevoss)共同創設者兼CEOです。


 


テイラー氏はツイートで一言「現金はゴミ」だとつぶやいています。

11月30日にCNBCが報じた内容によると、ウィンクルボス兄弟は、ビットコイン価格が今後10年以内に50万ドル以上、現在の価格の25倍に達すると予想している理由を説明しました。

ウィンクルボス兄弟は、ビットコインが急激な価格上昇を見せている間、HODLingしていたとテイラー氏は語っています。

テイラー氏によると、ビットコインはゴールド2.0であり、ゴールドを破壊するというものです、その場合、時価総額は9兆ドルになると持論を述べました。
ビットコインは1日あたり50万ドルのビットコインで価格設定できると考えており、18,000ドルのビットコインが今後25倍になると考えられるため、今が購入の機会で、保有し続けると述べています。



※画像引用元:CoinMarketCap 


CoinMarketCapによると、12月9日付のビットコイン価格は1BTC=190万円前後で推移しており、前日同時刻から24時間で-4.76%値下がりしています。
ただし、11月以降は多少の値動きはあるものの、一貫して上昇ラインに転じていることから、市場関係者らは再び1BTC辺り200万円台を超えるのを待ち構えている状態が続いています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

XRPホルダーに朗報!Coinbase(コインベース)がエアドロップサポート

要点

・Coinbaseは、全XRPホルダーに対し、無料の仮想通貨を提供するエアドロップをサポートすることを明らかにしました。
・エアドロップはコインベース以外の複数の仮想通貨取引所でもサポートをしています。

Coinbase(コインベース)がエアドロップをサポート



Coinbase(コインベース)顧客はエアドロップを受け取れるという朗報が舞い込んできました。ただし、実際に受け取るためにはトークンをリストする必要があるとのこと。


 


先週、来週すべてのXRP保有者に同量のSparkトークンを発行するFlare Networkは、Coinbaseは顧客をエアドロップへ参加させるには「遅すぎる可能性が高い」と述べていました。
しかし、12月6日、Coinbaseは事態を好転させたと発表しました。


 
※日本語訳) Sparkエアドロップ。12月12日のスナップショット日にアカウントにXRPを保持している承認管轄区域の顧客は、Sparkトークンを受け取る資格があります。FlareNetworkの立ち上げ後にエアドロップを配布する予定です。


また、本日付のブログには、「2020年12月12日午前00:00UTCのスナップショット日時にCoinbaseまたはCoinbaseProでXRP残高を保持している適格な顧客である場合、FlareNetwork立ち上げ後の日付でCoinbaseからSparkトークンを受け取れると発表しています。
なお、受け取るSparkの量については、スナップショット時にアカウントにあったXRP保有量によって異なるとのこと。

アメリカ・サンフランシスコに拠点を構える仮想通貨取引所のCoinbaseは、Coinbaseが取扱い可能な仮想通貨と取扱いのできないコインを決定する規制当局に注目されています。
そのため、Coinbaseがエアドロップをサポートしている場合でも、特定の顧客はコインを受け取る資格がない場合があり、次のように述べています。

資産をサポートするという私たちの決定には、重要な技術的およびコンプライアンスのレビューが必要であり、一部の法域では規制当局の承認が必要になる場合があります。したがって、現時点で特定の管轄区域でSparkがいつ配布可能になるのか、利用可能になるかどうかは保証できません。

現時点でCoinbase側は、“管轄区域”についての詳細は明かしておらず、その地域がエアドロップをサポートしているのか、明らかにしていません。

Sparkトークンのエアドロップをサポートする複数の仮想通貨取引所には、Kraken(クラーケン)、Binance(バイナンス)、Bitfinex(ビットフィネックス)、Bithumb(ビッサム)、Bittrex(ビットトレックス)、eToro(イートロ)、Huobi(フォビ)、OKEx(オーケーイーエックス)、Poloniex(ポロニエックス)でサポートをしていることが分かっています。

FlareNetwork とSpark について




Sparkは、XRP元帳にイーサリアムのような機能をもたらすことを目的としたシステムを構築したFlareNetworkのネイティブトークンです。

FlareNetworkであるSparkは、これまでにないユーティリティフォークで作成されます。これにより、オリジンネットワークは、ユーティリティの増加によってメリットを得ることができます。

と、スマートコントラクトプロジェクトチームは8月10日付のブログにて記載しています。

Flareは、2つの重要な問題を解決するために存在していると明言しています。
仮想通貨業界を構築する上で重要になるのが、パブリックブロックチェーンに存在する価値の75%が、現在、スマートコントラクトで信頼できない方法で使用できないことだとFlareNetworkは述べています。

そしてもうひとつの重要な問題であるのが、短期的および長期的な結果の両方で、今日のスマートコントラクトネットワークにスケーリングがどのように実装されているかについて問題がある点です。
新しいネットワークの大部分は、プルーフオブステークまたはそのバリアントを使用しており、これらのプロトコルは、ネイティブトークンからネットワークの安全性を引き出すとしています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

米・ステーブル(STABLE)法案の提出後、ビットコイン価格が急騰

要点

・11月3日(木曜)、ビットコインの価格が急騰しました。
・急騰の背景には、アメリカ規制当局がステーブルコインを規制する法案、通称STABLE法を提案した直後からで、ビットコイン価格がこの出来事に反応したものと考えられています。

STABLE法案提出でビットコイン急騰


※画像引用元:CoinMarketCap


アメリカ議会がステーブルコインを規制するために動き始め、それに対してビットコインの価格が反応を見せました。

12月2日(水曜)、下院議員のラシダ・トライブ(Rashida Tlaib)議員によって、「Stablecoin Tethering and Bank Licensing Enforcement(STABLE)Act(ステーブルコインテザリングおよび銀行免許執行法)」を発表しました。
これは、ステーブルコインを発行しようとする人は誰でも、連邦準備制度によって承認された銀行憲章を必要とするという法案です。

ビットコイン谷『アメリカ、STABLE法案提出で激しく反発!反対票が多数投じられる』でもお伝えしたように、この法案を提案したニュースが報じられると、SNSを中心に仮想通貨ユーザーらが反発。
多くの市場関係者らもこの法案内容に満足しておらず、法案が法制化される可能性は非常に低いと報じる地元メディアも。

しかし、法案が提案されると、CoinMarketCapによると、1日午後8時頃の1BTC=205万円台をピークに、2日には急落。価格を押し上げる動きと下落のせめぎ合いが続いたものの、200万円台を切る値動きも見せていました。
しかし、3日に入ると一転して上場ラインへと転じ、ゆっくりと回復しています。

ビットコインの値上りは別の要因あり!?




ただし、この値動きは法案に関連していないのではないかという指摘もあります。

3日には仮想通貨ユーザーにとって前向きなニュースが飛び込んでおりVisaやPayPalなどからの仮想通貨の将来に関する強気な言動が要因となっているとみる専門家の声も聞こえています。

ファンドの参入ラッシュが止まらない!本格的な価格上昇はこれからか』で紹介したように、大手資産運用会社が仮想通貨市場に次々と参入を表明しており、SECに対してビットコイン購入申請をするなど、活発な動きを見せています。

オンライン決済最大手のPayPal(ペイパル)も3日、個人間送金アプリVenmo(ベンモ)とともに、プラットフォームユーザーに向けた仮想通貨サービスをグローバル展開していく計画を立てていること公表しており、これらがビットコインの価格を押し上げているのではないかとの見方もあります。

ビットコイン上昇は長期的で持続性なもの




ビットコインの現在の上昇は、2017年と比べると長期的で持続性のあるものになるだろうとアナリストが語った事をアメリカCoindeskが報じています。

強気市場との違いの一つとして、現市場が新たに参入を果たした北米を拠点とする機関投資家に支えられていることを指摘。
上昇のタイミングを見ると、一般的なアメリカ市場の取引開始時刻と一致している事を仮想通貨分析企業、TradeBlock(トレードブロック)のジョン・トダロ(John Todaro)氏が指摘しています。

また、Coindeskで面白いニュースも報じられています。
これまで、機関投資家とは、仮想通貨投資を手掛ける企業や、マイニング企業、初期投資家のことを指していましたが、現在これらに変化が生じており、既存金融業界で機関投資家と呼ばれる新たなグループを含むようになったと、デジタル資産プライムブローカーのデニス・ビノコウロフ(Denis Vinokourov)氏が指摘している点を報じています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

アメリカ、STABLE法案提出で激しく反発!反対票が多数投じられる

要点

・3人の国会議員が安定したコインを規制する法案を提案しました。
・STABLE法は、ステーブルコイン発行者を銀行と同じ基準のいくつかに拘束する内容になっています。
・一部の仮想通貨ユーザーは、STABLE法がイノベーションを抑制し、銀行不足のコミュニティをさらに疎外すると考えています。

アメリカでSTABLE法案が提出される




仮想通貨業界は、ステーブルコインの発行者に対して厳しく規制する議会法案が提出された件について強く反発しました。


本日、民主党下院議員である民主党代表のラシダ・トライブ(Rashida Tlaib)氏と、同党のヘスス・“チュイ”・ガルシア(Jesús “Chuy” García)議員、スティーブン・リンチ(Stephen Lynch)議員ヘスス・ガルシア下院議員の3名により、ステーブルコインテザリングおよび銀行ライセンス施行(STABLE)法を発表しました。

この法案は、テザーやフェイスブックなど、独自にステーブルコインを発行する企業を直接狙う法案とみられており、ステーブルコインを発行する企業は銀行の許可を取得し、連邦準備制度とFDIC (Federal Deposit Insurance Corporation=連邦預金保険公社)の承認を受ける必要があるためとみられています。

今法案は、従来の銀行セクターから締め出されている低所得および中所得の消費者を保護するためにと表面上アピールされているものの、トライブ議員は、仮想通貨企業が大手銀行の悪習を採用することを防ぎ、規制をすると主張しています。

市場からSTABLE法案反対の声が続々と集まる






仮想通貨投資に特化するCoinShares(コインシェアーズ)の最高戦略責任者であるメルテン・デミラース(Meltem Demirors)氏は、この法案は意図したものとは逆になると述べています。


 

仮想通貨は、歴史的に銀行部門から除外されてきた人々にサービスを提供するコストを削減します。コストとコンプライアンス義務の引き上げにより、企業は不採算顧客へのアクセスを削減せざるを得なくなりました。



また、USDCステーブルコイン(USD Coin/USDC)を発行するCircle(サークル)社のジェレミー・アレール(Jeremy Allaire)最高経営責任者は

STABLE法案は、アメリカのデジタル通貨の革新にとって大きな後退を意味し、ブロックチェーン業界とフィンテック業界の両方の加速する進歩を制限する。議会行動はすべて、ステーブルコインとブロックチェーンインフラストラクチャーで起こっているオープンイノベーションを受け入れ、投資し、サポートすることに焦点を当てる必要がある。仮想通貨、フィンテック、ブロックチェーン企業に連邦準備制度とFDIC規制と監督の莫大な規制負担を強いることは、ステーブルコインから来る支払いの公正で包括的な提供におけるイノベーションをサポートするという目標と矛盾します。

と述べ、ステーブルコインの技術基準とガバナンス基準に焦点を当てる必要があると指摘しています。

STABLE法案に意見を述べたウィラメット大学法学部助教授のローハン・グレイ(Rohan Grey)教授は、規制の目的は、業界のプレーヤーに彼らが望むものを何でも与えることですか?銀行の歴史を知らないことが原則的な立場であるかのように行動したい人もいると反論しています。

現在のアメリカ国内では大統領選挙結果による混乱が続いており、議会で議題に触れられる時間はごくわずかとみられています。

なおSTABLE法は、2021年1月3日に終了する第116議会までに法案成立に至らなかった場合、棄却されるとのことで、今後議会でどこまで話し合いがもたれるのか、市場関係者らが静観するしかなさそうです。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【速報】LibraがDiemへブランド名変更!規制当局へのイメージ払拭か

要点

・Facebook社が計画しているLibra(リブラ)が、各国の批判を浴び、当初の計画から変更を余儀なくされています。
・また、批判にさらされている-イメージを払拭するためか、ブランド名をLibraからDiemへの変更をしました。

Libra(リブラ)がDiem(ディエム)へブランド名を変更


※画像引用元:Diem 


Facebookが計画するLibra(リブラ)が、Diem(ディエム)へブランド名を変更しました。
DiemAssociationのCEOであるスチュアート・リービー(Stuart Levey)氏はプロジェクト名変更に伴い、次のようにコメントしています。

プロジェクトの成熟度と独立性の高まりを示す新しい名前であるDiemを紹介できることをうれしく思う。Diemプロジェクトは、フィンテックイノベーションを成功させるためのシンプルなプラットフォームを提供し、消費者と企業が瞬時に、低コストで、安全性の高いトランザクションを実行できるようにします。



大手メディアのFinancialTimeはドルに裏打ちされた単一のコインとして登場する可能性を指摘したほか、Bloombergは、Diemプロジェクトによって発行される通貨がDiemDollar(ディエムドル)と呼ばれると報じています。

運営チームにも新メンバーが加入


※画像引用元:Diem 


名前の変更に加え、Diem Associationは、「立ち上げの規制当局の承認に向けて進展する際の組織の独立性」を強調するため、新しい幹部を任命しました。

新たに任命されたのは、ディエムCTO(最高技術責任者)としてダリア・マルキ(Dahlia Malkhi)氏、同じくCTOのクリスティー・クラーク(Christy Clark)氏、CLO(チーフ・リーガル・オフィサー=最高法務責任者)としてスティーブ・バネル(Steve Bunnell)氏、成長とイノベーションのエグゼクティブバイスプレジデント(※日本の会社組織の専務に相当)としてキラン・ラジ(Kiran Raj)氏らが任命されました。


世界最大のソーシャルメディアとして知られるFacebookの傘下でプロジェクトとして最初に計画されたLibraは、2019年の6月に開始された際、世界各国の国や地域、中央銀行、規制当局からの批判を一気に浴びました。
1年以上もの間、さまざまな批判を浴び続けてきたLibraは、否定的なイメージが付きまとい、プロジェクトそのものが進行する気配を見せませんでした。


Diem Associationの最高責任者であるスチュアート・リービー氏はロイター社の取材に対し、

Libraは、規制当局からの受け入れが困難だったプロジェクト初期の反復に関連付けられていましたが、私たちはその提案を劇的に変えました。

と語っています。

プロジェクトは幾度も戦略を変更




Libraは当初、ドルのようにオン・オフ両ラインで使用できる仮想通貨として登場し、徐々にプロジェクト内容が明らかになると、安定性保持のために複数の通貨に固定された単一のコインとして、その場で取引することができる計画が判明しました。


その後、それぞれが異なる通貨で裏付けられる複数のコインも提供するように変更され、これらの硬貨は「国内通貨の代わりではなく、補完するものになる」と述べていました。

デジタル送金を現在よりも迅速かつ簡単にすることを目的とし、Facebookなど関連企業で金融サービスを提供できるようにするCalibra(カリブラ)と呼ばれるデジタルウォレットの計画も発表しました。
Calibraは、プロジェクトへの投資を潜在的な金儲けに変える手段として位置付け、その後、Novi(ノヴィ)にウォレット名を変更しています。

このように、Libraが発表されて以降、大幅にプロジェクトは縮小しており、パートナー企業は、直面する規制上のハードルのため、すぐサポートチームから離脱しています。
昨年開かれた公聴会で、下院議員によってプロジェクト目標についてマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)CEOに質問した事などを受け、Facebook社に対してさらに大きな不信感が広がっていきました。


Libraの登場によって、中国やEUヨーロッパ連合などの中央銀行や各国政府に対し、間違いなくCBDC(中央銀行発行デジタル通貨)プロジェクトに拍車をかけました。
Diemのウエブサイトに投稿された改訂版ホワイトペーパーは、中央銀行のデジタル通貨の面でのそのような野心を指摘しています。

中央銀行がCBDCを開発する際、Libraネットワークと直接統合し、関連準備金を管理するLibraネットワークの必要性を排除し、信用と保管のリスクを軽減できることを願っています。たとえば、中央銀行が米ドル、ユーロ、または英国ポンドのデジタル表現を開発した場合、協会は該当する単一通貨の安定コインをCBDCに置き換えることができます。

DiemAssociationの新チームは立ち上げ準備を優先することが計画されており、FINMA承認の決済システムライセンスを含む規制当局の承認を得た場合にのみ続行すると述べられています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Ethereum2.0へ祝福が続々!ビーコンチェーン発売でついに稼働開始!

要点

・昨日、待望のイーサリアムネットワークへのアップグレード、イーサリアム2.0が発売されました。
・ビーコンチェーンと呼ばれるフェーズ0は、今回のローンチの最初のステージで、イーサリアムネットワークにプルーフオブステークを導入します。

Ethereum2.0がついに稼働開始


※動画引用元:EthHub「Ethereum 2.0 Launch Livestream (EthHub + Bankless + Yield TV)」 


イーサリアムのネットワークアップグレードがついに開始されました。

イーサリアム2.0への最初のステップで、イーサリアムネットワークに革命をもたらす大規模アップグレードは、12月1日日本時間の21:00に公開されました。

イーサリアム2.0のアップグレードは、イーサリアムが長年抱えていた最大の問題点であったスケーラビリティ問題のいくつかを解決するために重要だと言われていました。
問題解決のため、プルーフオブステークメカニズムの導入をはじめとするイーサリアムネットワークにいくつかの改善を加えます。


 


イーサリアムの共同創設者のひとりであるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏はツイッターで、イーサリアムコミュニティが素晴らしい証拠だとツイートした後、ローンチおめでとうとメッセージを送っています。

イーサリアム財団のコア研究者のダニー・ライアン(Danny Ryan)氏は、イーサリアム2.0ライブストリームで、次のように述べています。

すべての指標を取得し、非常に興奮しています。打ち上げには非常に自信がありますが、何か問題が発生した場合は、エンジニアがそれを修正できることに非常に自信があります。

ライアン氏は、昨年12月にローンチするつもりだったため、長い旅だったとコメントしています。

ブロックの署名に証しを刻む




バリデータ(※検証、実証、認可、妥当性を行うコンピュータープログラム)によって作成された最初の適格なブロックはスロット1で、検証者は、「Fさんはここにいました」と署名しました。
談笑形式で進められたライブストリーム参加者らは、これが何を意味するのかについて推測しました。
ちなみに、4番目のブロックには「WelcometotheNewBeginning(新しい始まりにようこそ)」と署名されていました。





ハドソン・ジェイムソン(Hudson Jameson)氏は後に、2つの意味があることを明らかにしており、記録のために:F氏は彼らへの女王とヴィタリックのサインへの言及であるとツイートしています。

ビーコンチェーンの立ち上げが確認され、ネットワーク上には21,000を超えるアクティブバリデータがあり、各エポックでは8割を超える成功率が見られていますが、バリデータはブロックを定期的に見逃していると海外メディアは報じています。

そもそもイーサリアム2.0とは?




Ethereum2.0のローンチは、ETH2.0アップグレードのフェーズ0で、ビーコンチェーンを導入することが最大の目的でした。

イーサリアム公式サイトによると、ビーコンチェーンはイーサリアムを安全に保つため、イーサリアムにプルーフオブステークを導入すると記載されています。
導入理由として、スケーラブルで、より安全、より持続可能なイーサリアムの新しい基礎を築くとライブストリームでライアン氏は語っています。

プルーフオブステーク(Proof of Stake)とは、特定量のイーサリアムを保持または賭けている場合、イーサリアムネットワーク上のトランザクションをマイニングまたは検証できるという概念を指します。
ユーザーは、トランザクションを検証するため、少なくとも32イーサリアム約195万円を賭ける必要があります。


 


Glassnode社によると、これまでにほぼ90万ETHが賭けられ、フェーズ0に必要な最小量よりも約355,000多いとツイートしています。

イーサリアムでは、新しいプルーフオブステークネットワークに参加する人が増えるほど、ネットワークの安全性が高まることが期待されています。
ユーザーがステークされているネットワークを攻撃する意欲が失われるという事実とは別に、ビーコンチェーンが最終的にシャードチェーンを検証するためにスタッカーをランダムに割り当てるためです。

このシャードチェーンとは、ネットワークを軽減するだけでなく、1秒あたりのトランザクション数を増やす手段といわれています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ラガルド総裁、ステーブルコインは金融セキュリティへリスクと指摘

要点

・ヨーロッパ中央銀行総裁であるラガルド氏がステーブルコインが広く採用されると金融の安全を脅かす可能性があると語っていたことが雑誌に掲載されました。
・掲載された記事の中でラガルド氏は、Facebook社が計画しているLibraプロジェクトにも言及しており、ヨーロッパの競争力と技術的自律性にリスクをもたらす可能性があると指摘しています。

欧州中央銀行総裁の発言が雑誌に掲載される




欧州中央銀行のクリスティーヌ・ラガルド(Christine Lagarde)総裁は11月30日(月曜)、雑誌L’ENA hors les mursのインタビューの中で、ステーブルコインが広く採用されることになれば「金融の安全を脅かす」可能性があると述べた記事が掲載されました。


デジタル時代へと突入し、お金の性質だけでなく、商品やサービスの性質も急速に変化している今、デジタル化と技術の進歩は、社会のすべての分野を変革し、非物質化のプロセスを加速させている。そのような中で、現金以外の支払いが増え続けており、ユーロ圏では、昨年8.1%増加し、980億ユーロが現金以外で支払われていると述べています。

これらの取引のほぼ半分はカードで行われ、続いてクレジット送金などによるものではあるものの、コロナウイルスパンデミックは、オンライン決済の急増と非接触型決済への移行に拍車をかけ、デジタル化傾向を加速させました。

このような背景から、デジタル決済手段の需要を満たすため、ユーロ圏では、ユーロシステムの監督メカニズムにより、商業銀行と決済サービスプロバイダーが効果的かつ安全になっており、私的資金として挙げられているCBDC(中央銀行発行デジタル通貨)への自信を覗かせています。

CBDCに対して強気の姿勢を強調するラガルド氏




掲載された記事の中でもラガルド氏は、仮想通貨やステーブルコインなどのライバルに陰を投げかけながら、デジタル資産の価値は法定通貨に固定されていることもあり、デジタルユーロに対して強気な主張をしています。

同氏は、仮想通貨の主なリスクとして、仮想通貨ユーザーがプラスと見なす機能であると述べ、仮想通貨は純粋にテクノロジーに依存しており、識別可能な発行者や主張はありません。
その結果、仮想通貨は流動性、安定性、信頼性の欠如に苦しんでおり、お金のすべての機能を果たしていないと述べています。

ステーブルコインはこれらの問題を解決しようとしており、支払いにさらなる革新をもたらす可能性があることに留意しつつ、“深刻なリスク”をもたらすとラガルド氏は述べています。

ラガルド氏の発言に関してECBの責任者は次のように語っています。

ステーブルコインを価値のあるストアとして使用すると、銀行預金がステーブルコインに大幅にシフトする可能性があり、銀行の業務や金融政策の伝達に影響を与える可能性があります。

 


さらにラガルド氏は、ステーブルコイン発行者が固定値を保証できない場合、もしくは損失を吸収できないと見なされた場合、実行をトリガーする可能性もあると述べました。

Facebook社が2019年6月に発表したLibra(リブラ)プロジェクトの様に実現の可能性が高いと思われるものの中で、ラガルド氏はステーブルコインについて以下のように述べています。

特にグローバルテクノロジー企業に支援されたものは…、ヨーロッパの競争力と技術的自律性にリスクをもたらす可能性がある。彼らの支配的な立場は、競争と消費者の選択を害し、データのプライバシーと個人情報の悪用に対する懸念を引き起こす可能性があります。

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Ethereum2.0ビーコンチェーンがついに発売!今後何が期待できるのか

要点

・イーサリアム2.0のビーコンチェーンは12月1日に稼働する予定です。
・イーサリアムホルダーは仮想通貨で何もする必要はないとされており、Eth2ネットワークは、さらなるアップグレードが開始されるまで完全には機能しないことが分かっています。

Ethereum2.0がついに発売!


※画像引用元:Ethereum 


イーサリアムホルダーや投資家にとって、2020年12月1日が到来することを首を長くして待っていたのではないでしょうか。
本日12月1日、ついに待望のイーサリアム2.0のビーコンチェーンのジェネシスブロック(プルーフオブステークチェーン)が本格的に開始されます。


イーサリアム2.0のビーコンチェーンは、イーサリアム(Ethereum/ETH)ホルダーが、チェーンを開始するのに十分なETH(現時点で867,000 ETHを超え、必要最低限の524,288を超えています)を提供した後、12月1日(火曜/UTC正午=日本時間21時)に稼働されます。

ここで気になるのが、ーサリアム2.0のビーコンチェーンが本格稼働へ向けた準備のために何をする必要があるのでしょうか。
この答えについてはイーサリアム財団のサービス発表の場にて記載されています。

すでに保有しているETHについては、何もする必要はありません。



その理由として、少なくとも次のアップグレードが実行されるまで、Ethereum2.0はユーザー観点からはあまり機能しません。
財団はイーサリアムのメインネットのようにはならず、アカウントやスマートコントラクトを処理できないと述べており、代わりに、フェーズ0は、ETHホルダーがブロック報酬の一部を獲得するチャンスのために仮想通貨をロックする、プルーフオブステークを導入すると公表されています。

次のステップについては、2021年にシャードチェーンを作成することを目標に掲げており、スケーラビリティ問題で苦しむことが多いプルーフオブワークイーサリアムよりも多くのトランザクションを1秒あたりに処理できるようになります。
さらに2021年または2022年には、フェーズ1.5がヒットし、その時点でETH1とETH2が収束することで、新しいブロックチェーンが広く使用できるようになるとの事です。

ここまででも年単位での大掛かりなプロジェクトであることが垣間見られますが、この間にETHへ貢献したいコミュニティメンバーは、ETHを初期のネットワークに賭けるほか、クライアントを実行し、アップグレードが公開される前に各アップグレードテストすることでバグバウンティを獲得できます。

取引によってETHを保有した場合




一般ETHホルダーが何もすることがないというのは、なんとなくお分かりいただけたと思いますが、では、仮想通貨取引によってETHを保有した場合はどうなるのでしょうか。


仮想通貨取引所は、最近、Ethereum2.0のサポートを相次いで発表しています。


 


Coinbase(コインベース)では、公式Twitterにて「12月1日に、イーサリアムビーコンチェーンが開始され、イーサリアム2.0(ETH2)への複数年アップグレードが開始されます。Coinbaseは、ステーキングと取引を通じてETH2を完全にサポートする予定です。」と11月30日付でツイートを発信しています。


しかし一方で、ETH2開発者とイーサリアムコミュニティとの間の議論を促進したイーサリアムマジシャンのフェローシップのメンバーであるジェイミー・ピッツ(Jamie Pitts)氏は次のように述べています。

これは取引所によって生成されたIOU製品(※)であり、ネイティブに取引可能な資産ではありません。
(※) IOU製品とは、「I owe you(私はあなたに借りができた)」つまり、ネットワーク間における貸し借りの付け替えシステムを言います。

イーサリアム2.0ブロックチェーンで実行されているETHはまだいくつかのアップグレードが行われているため、Coinbaseはそれ自体よりも進んでいる可能性があるとピッツ氏は考えており、実装の詳細はまだ議論されている途中とのこと。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

サウジアラビアとアラブ首長国連邦、デジタル通貨トライアル結果発表

要点

・サウジアラビア中央銀行とアラブ首長国連邦により実施されていた、CBDC合同テストの結果が発表されました。
・テストは成功を納め、今後の展開拡大への道が開かれたものの、いくつかの懸念も議論されました。

中東2カ国で実施されたCBDC共同テスト終了




SAMA(Saudi Arabian Monetary Agency=サウジアラビア中央銀行)とCBUAE(Central Bank of the United Arab Emirates =アラブ首長国連邦中央銀行)は、日曜日の公式発表によると、CBDC(Central Bank Digital Currency=中央銀行デジタル通貨)共同プロジェクトテストに成功したと述べました。

今回実施されていた「ProjectAber(プロジェクト・アーベル)」と呼ばれる3段階に分かれていたCBDC共同テストは、国境を越えた支払いシステムを構築しながら、世界中のデジタル通貨に対応するように設計され、開始から終了まで1年をかけて実施されていたとのことです。

共同テストで得られたメリット




サウジアラビア、クウェート、オマーン、アラブ首長国連邦などの中東諸国は、長い間石油資源に依存していました。
しかしここへきて、埋蔵量の減少やアメリカの新油田発見などにより、これらの国々は自国経済保護を目的にテクノロジーと観光セクターへ多くの投資を行うよう、依存脱却に向けて歩み始めています。

テストは、CBUAEとSAMA間の国際決済、サウジアラビアとUAEの銀行間の国内決済、および両国の商業銀行間の国際決済を対象としていたとのこと。

参加型銀行は、決済の速度・時間・正確さの点で好結果を報告し、さらにセキュリティやシステムのサードパーティの決済プロバイダーとの相互作用により重点を置く手段として、「リアルマネー」を使用していました。
各銀行はブロックチェーンデータが保存・更新される独自ノードを実行。
これらは最新ネットワークデータと継続的に同期されており、これによってネットワークに単一障害点がないことが保証され、1つまたは少数ノードがオフラインの場合でも、ネットワークは機能し続けることが分かりました。

さらに、テストはプライベートサーバーで実行され、CBUAEとSAMAは、スケーラビリティとセキュリティを向上させるため、最終ネットワークをクラウドベースのサーバーに展開する可能性が高いと述べています。

テストはデメリットも浮き彫りに




プロジェクト・アーベル共同テストは好評だったものの、いくつかの欠点も明らかになりました。


CBDCは法定通貨であるサウジアラビアリヤル(通貨コード:SAR)とUAEディルハム(通貨コード:AED)によって平等に支援されていたため、為替レートは絶えず異なっていることが大きな懸念事項でした。

テストでは固定レートのステーブルコインを使用しましたものの、通貨の価値が変化すると、実際の設定でも50:50の比率を継続的に変更する必要が生まれました(CBDC自体が固定値のままであることを確認するため)。

もう一つの懸念点は、異なる都市や管轄区域が異なる税金を適用したり、異なる金利を課したりする点だった事を明かしています。
これにより、アビトラージ(※裁定取引)の機会が開かれ、広く受け入れられましたが、使用されている単一通貨システムには存在してはならないもので、資金の蓄積やさまざまな金利の不当な利用につながる可能性があるとの懸念点が浮上しました。

さらにもう一つの懸念事項として、発行された資金のトレーサビリティ(※生産から最終消費まで追跡が可能な状態)が潜在的な問題として指摘されました。
中央銀行は理論的に、多くのお金を印刷し、他の法域でより高い価値と引き換えることができると銀行は述べ、これに対して提案された解決策は、CBDCに結び付けられた資金の額に制限を設けることだったと明かしています。

両中央銀行は、国境を越えた二重発行通貨は技術的に実行可能であり、集中型決済システムよりも大幅に改善された分散型決済システムを設計することが可能であるとの結論でまとまりました。
そのため、次のステップとして、サウジアラビアとアラブ首長国連邦両政府は、ブロックチェーン技術の開発と金融セクターへのさまざまな応用に貢献することが期待されています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

マイニング税反対BCH反乱軍、51%攻撃を仕掛けてハードフォークを破壊

要点

・「old-guard miners and whales(オールドガードマイナーとクジラ)」と名乗る匿名グループ「Voluntarism.dev」が、ビットコインキャッシュABCに対し、51%攻撃を開始した事が分かりました。
・同攻撃を正当化するため、NAP(National Action Plan=非侵略原則)を呼び出し、グループは8%のマイニング税論争に続き、ビットコインキャッシュの論争の的となっているハードフォークに抗議しています。
・攻撃によってネットワーク内コードが変更されたほか、マイナーに8%ではなく100%の課税が行われるようになり、マイニングが無駄になっている状況です。

マイニング税反対の反乱軍が攻撃開始




ビットコインキャッシュABCへ8%のマイニング税に抗議し、匿名グループがネットワークに対し、51%攻撃を開始した事が分かりました。


自称“オールドガードマイナーとクジラ”を名乗る匿名グループであるVoluntarism.devは11月29日(日曜)、11月15日にビットコインキャッシュの論争の的となったハードフォークに抗議し、ビットコインキャッシュABC(Bitcoin Cash ABC/BCHA)に対し、51%攻撃を開始しました。

匿名グループは「コインベースルール」を変更し、ビットコインキャッシュのマイニングが、物議をかもし、ハードフォークにつながった8%IFP税の代わりに、IFP(Infrastructure Funding Plan=インフラストラクチャー資金計画)に関連付けられたアドレスにブロック報酬の100%を送信するようにしました。
これは、BCHAマイニングをマイナーにとって無価値にしている事を意味します。

51%攻撃を受けたイーサリアム・クラシック(ETC)が10万ドル分返還される」でも少し触れたように、51%攻撃とは、総ハッシュレートの51%以上を確保し、ブロックチェーンへの取引記録の書き込みを改ざん。
間違った取引記録を正しいものとしてしまう攻撃のことを51%攻撃と言います。


ビットコインキャッシュ開発者クリス・トラウトナー(Chris Troutner)氏は、100%ブロック報酬は脅威からはほど遠い“ジョーク”だと海外メディアに向けてコメントを発しています。

同氏によると、今回の攻撃は、ビットコインABCが独占的に制御し、マイナーがマイニングに使用するフルノードソフトウエアへの単なるPR(code Pull Reques=コードプルリクエスト)とのこと。
その為、同氏は

マイナーはソフトウエアを自由にフォークして変更できるものの、他のマイナーにそのソフトウエアを実行させることはできない。


攻撃は2つ




攻撃者は空ブロックをマイニングし、トランザクションの確認を遅らせることを試みます。
これは多くのハッシュパワーを必要としません。
そして次に、ネットワークをトランザクションで溢れさせ、ハッシュパワーを必要としないものの、BCHAのコストがかかるように仕向けています。


BCHプロトコルはこれらを自然に修正するため、どちらもそれほど深刻な問題ではないと言われています。
その理由として、これらを組み合わせると、「BitMEXで過去最大級の19万BTCロスカット、DDoS攻撃による停止も」の記事の中でも解説したように、攻撃対象のサーバーに対し、大量のデータを送ることでサーバーをダウンさせるように仕向ける攻撃により、決済ネットワークとして機能しなくなります。


攻撃者は多大な費用をかけてこれを行っているため、長期的にはこの攻撃に耐えられないとトラウトナー氏はコメントをしています。

ロジャー・バー(Roger Ver)リリース教育ビデオと類似点が浮上


※動画引用元:Bitcoin.com – Official Channel「George Ought to Help – Animated short on Tax and Non-aggression Principle | Bitcoin.com Features」 
※動画は全編英語で放映されています。字幕が必要な方は、画面右下に表示されている「字幕」アイコンをクリックした後、「設定」アイコンをクリックし、表示されている中から、「字幕」→「自動翻訳」→「日本語」の順に設定することで大まかな日本語訳が表示されます。


今年11月初旬、ビットコインキャッシュブロックチェーンはビットコインキャッシュノード(BCHN)とビットコインキャッシュABC(BCHA)の2つに別れました。
これらはいわゆる「ハードフォーク」と呼ばれるものですが、物議を醸しているコインベースルールに従い、開発者チームに行くことを提案されたすべてのマイナー利益に対し、8%の税金を提案し、ビットコインキャッシュユーザーから不評を買っていました。


51%攻撃は仮想通貨市場において、特別珍しい攻撃(被害)ではありません。
今夏、イーサリアムブロックチェーンのフォークであるイーサリアムクラシックは、3回も51%攻撃を受けています。
攻撃者はレンタルハッシュパワーで3,800ドルのコストがかかる可能性があると言われており、ビットコインキャッシュに対する1時間の51%攻撃にかかるコストは約7,300ドル約76万円で、当時、1BTCに相当していました。

イーサリアム共同創設者のヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏は、その意図はネットワークを片手で破壊することであるとの見方を明らかにしています。

今回の51%攻撃は、ABCが利益に8%の課税を行うコインベースルールを導入することにより、マイナーに対して力を行使したと主張しています。


NAPを理由とするこの反税感情は、長い間仮想通貨運動の一部であると考えられており、2019年に、Bitcoin.comは税とNAPに関する教育ビデオをリリースしています。
その2019年のビデオと今回のvoluntarist.devによる犯行声明には類似点があるものの、ロジャー・バー(Roger Ver)氏が今日の攻撃の黒幕という公的兆候は見辺りません。

トラウトナー氏は、バー氏が黒幕とは考えておらず、スケープゴートにされているのではないかとみているようです。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ロシア政府、仮想通貨以外のデジタル金融資産を財産として認識か

翻訳

・ロシア政府が、デジタル金融資産を資産として分類することを計画しているとミハイル・ミシュスティン首相が述べました。
・このコメントはセキュリティトークンのような資産中心に計画されており、仮想通貨には関連していないと専門家は説明しています。

ロシア政府会議開催で法的解釈が固まる!?


※画像引用元:ロシア政府公式サイト 


ロシア中央銀行が主催となり、国内においてのデジタル金融資産の法的位置づけを「財産」として扱う計画を11月26日に開催されたロシア連邦予算法改正政府会議(※以下、政府会議と表記)の場で議題に上がっていたことが分かりました。

コロナウィルスパンデミックの影響による感染拡大との闘いにおいて、地域を支援することに関する多くの問題、産業事故や職業病に対する強制的な社会保険の問題などについて話し合いが行われたほか仮想通貨についても議題に上がっています。
その際、ロシアのミハイル・ミシュスティン(Mikhail Mishustin)首相は、ロシア国内においてデジタル金融資産を財産として扱うことを計画していると発言しています。

会議では、ロシア連邦中央銀行が同国の主要銀行と会合を開き、デジタル・ルーブルの導入見通しや、その長所と短所について話し合ったことが判明。
ロシア政府は、デジタル金融資産の所有者が権利と利益を保護できるよう、文明化された方法で仮想通貨市場の開発を主導することを計画している、とロシアのミハイル・ミシュスティン(Mikhail Mishustin)首相は本日開催された会議で述べました。

ミーティング参加者リストによると、26日に開催された政府会議には、各省庁の副大臣クラスが出席したほか、中央銀行代表としてオルガ・スコロボガトヴァ(Olga Skorobogatova)副総裁が出席。さらに、ロシア貯蓄銀行や郵便銀行、モスクワ信用銀行、ロシア標準銀行などの国内主要銀行代表者らが参加していたことがわかりました。

税法にいくつかの変更を加えます。デジタル金融資産は財産として認識され、所有者は違法行為が発生した場合に法的保護に頼ることができ、法廷で財産権を守ることができます

とミシュスティン首相が述べたほか、新たな修正は仮想通貨を含む可能性のあるシャドウスキームを大幅に妨げるはずだと述べています。

ミシュスティン首相の発言に対してブロックチェーンラボ創設者で元責任者であるアルティヨム・トルカチョフ氏は、今回報じられているコメントについて、最近議題に上げられた新しい問題ではなく、税法の改正については以前に採択されたDFA(On digital financial assets=デジタル金融資産関連法)ですでに言及されたものであるとコメントしています。

仮想通貨はデジタル金融資産ではない




今回開催された政府会議で明らかになり、注目されたのが、政府が法的位置づけとして検討している「デジタル金融資産」の中には仮想通貨が入っていないという点です。

DFAは性質上、セキュリティトークンとしての性質とにていることから、政府会議でデジタル金融資産と仮想通貨が同じ場で検討されたのは少し奇妙だと海外メディアは指摘しています。

仮想通貨の予備宣言があった場合の法的保護の可能性を示唆する条項がすでに含まれており、大きな変化を期待するべきではありません。以前、ロシア国内には仮想通貨の規制がなかったように、今でもまだなく、それが問題であると考える、ますます禁止的なイニシアチブが見られるものの、セキュリティトークンであるDFAの規制はまだ実際には必要ありません

とトルカチョフ氏は説明しています。

DFA法の解釈からトルケチェフ氏は、デジタル金融資産とデジタル通貨は異なる定義がされており、セキュリティトークンなどの「デジタル金融資産」を財産。ビットコインやイーサリアムなどの一般的な仮想通貨については財産として定義されていないと説明しています。

これらの話を総合すると、仮想通貨を法的位置づけではっきりと仮想通貨は財産には区別されないという線引きが明らかになったという方が正しいのではないでしょうか。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

米・諜報機関が世界をリードする中国・デジタル人民元に強い懸念

要点

・アメリカの諜報機関は、中国がデジタル通貨を推進し、発行を急いでいることを懸念しています。
・地元メディアでは、SECが諜報機関の懸念を詳述した通信を受け取ったと報じられています。
・中国のデジタル通貨開発は、2014年から始まっています。

米・諜報機関がデジタル人民元に懸念




アメリカの諜報機関は、中国のデジタル通貨の影響についてSECに懸念を表明しています。


アメリカの地元メディアが報じた内容によると、国家情報長官のジョン・ラトクリフ(John Ratcliffe)氏は、SECのジェイ・クレイトン(Jay Clayton)会長に、今月初め、中国のDCEP(Digital Currency/Electronic Payments=デジタル人民元)の影響について懸念を公に表明した。


中国は、当時中国人民銀行の総裁であった周小川(Zhou Xiaochuan)氏がデジタル通貨研究所を設立した(と言われている)2014年以降、デジタル通貨発行に関して世界でトップの道を歩んでいます。
一方のアメリカは、中国とは逆で、より慎重なアプローチを取る姿勢を保ったまま、あらゆる角度からCBDC(中央銀行発行デジタル通貨)を探っています。
先月、アメリカ連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル(Jerome Powell)議長は、最初になるよりも正しく理解することが重要だとアメリカ国内に向けてメッセージを送っています。

中国CBDCに透明性と支配感の懸念!日米欧主要7カ国が警戒露わに」でもお伝えしたように、現在、アメリカは中国がCDBCにおいて、先を急ぎ過ぎていることを懸念していることが徐々に明らかになりました。
アメリカの企業と中国企業が公平に競うことは悲観的に近いほど難しく、競うのであればアメリカ国内の証券法の見直しと規制緩和が必要だと考えている事をKomodoプラットフォームの事業開発ディレクターであるジェイソン・ブラウン(Jason Brown)はメディアに語っている。

ブラウン氏の発言から、アメリカは中国デジタル人民元に毛権を持っているものの、見方を変えると、アメリカ企業がデジタル通貨の競争の中で追いついたり勝つためには、法律で定められている規制そのものに大幅な激変がなければならない事を意味しています。
さらに、ブラウン氏によると、消費者保護を目的とした規制がアメリカ国内では設けられているが、これらの規則が他国で守られていないもしくは設けられていない場合、アメリカの競争力は一気に損なわれるとみられています。
ブラウン氏はこの様な状況に対して次のように述べています。

市民の日常生活を保護することを目的としたこれらの規制は、グローバル資本にアクセスするアメリカ人の能力を効果的に損なう米国企業に課せられた不必要な負担です。


中国の仮想通貨ホールド




アメリカ国内では、デジタル通貨の規制上の制限以外にも、中国のデジタル人民元の発行・保有についても懸念点を抱いているようです。

これらについてアメリカの地元メディアは、諜報機関の高官が、ワシントン・エグザミナー(Washington Examiner:保守系ニュースウエブサイト)に、中国のビットコイン(Bitcoin/BTC)とイーサリアム(Ethereum/ETH)の管理について、深刻な国家安全保障上の懸念があると語っています。

中国のDCEPはビットコインに挑戦できるのか


先ほども述べた様に、中国はCBDC会で世界を一歩リードしていますが、形態の異なる分散型のライバルと言えるビットコインにはどのような影響があるのでしょうか。


昨年、中国政府はCBDCシステムの計画を推進し、大手銀行で大規模なテストを開始しました。
その後、「中国CBDC(デジタル元)が300万件の試験的取引で11億元の移動に成功」、「中国が2回目のデジタル人民元トライアルを蘇州で開催する予定」でも報じた様に、初回は深セン市明に、2度目は蘇州市でトライアルを実施しています。

これは、これまでに国内で最も野心的な金融技術ソリューションとして請求されており、中国が米ドルを世界の準備通貨となるのを廃止するのに役立つ可能性があることを示唆するものもあります。
それらに対し、アメリカ上院議員らが立ち上がって注目する見通しであるとアメリカの地元メディアは報じています。

ビットコインのような仮想通貨支持者にとって、DCEPのようなデジタル通貨の台頭はさまざまな祝福を得る一方で、CBDCの集中型の性質は、ビットコインなどの仮想通貨の分散型の精神に完全に反していると言えます。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

DeFiへのフラッシュローン攻撃はさらに悪化すると専門家が警告

defi flash loan attack

要点

・多くのプロジェクトは、開発時間を節約するために価格データ範囲を無視しているとChainlinkの共同創設者であるセルゲイ・ナザロフ氏は述べています。
・これは深刻な脆弱性をもたらし、DeFiプラットフォームを攻撃にさらしている事を意味します。

DeFiフラッシュローン攻撃はさらに悪化




Chainlink(チェーンリンク)の共同創設者であるセルゲイ・ナザロフ(Sergey Nazarov)氏が、DeFi (Decentralized Finance=分散型金融)でフラッシュローン攻撃がどのように機能するかを説明しました。

ここ数カ月、イーサリアム系DeFiプラットフォームのいくつかがフラッシュローン攻撃の標的となり、悪意のある攻撃者によって数千万ドルの仮想通貨が奪われ、多額の被害を受けています。
しかし、これまでの攻撃は不正侵入の最も単純手口で実行されておりナザロフ氏は、多くのDeFiプロジェクトの最大のボトルネックは、価格発見メカニズムだと語っています。

スマートコントラクトが外部データと対話できるようにするアプリ(価格オラクル=価格情報を繋ぐシステム)は、多くがソースとして1つまたは2つのDEX(分散型取引所)を使用しており、ナザロフ氏は次のように説明しています。

問題は、単一の価格データプロバイダーが存在し、単一の取引所が存在することです。現在のDeFiは開発の容易さとスピードのために、オンチェーン分散型取引所とオンチェーン取引所インフラストラクチャーを使用し、引き金となる価格を取得している場合があります。

しかし、それでも攻撃者は1つの取引所でも価格を操作するためにかなりの資本を持っている必要があり、これがDeFiフラッシュローンの出番となります。
これらのメカニズムによって、資産が少しでもある人は誰でも、短期間で十分な資本を得ることができます。
このように、攻撃者は、プラットフォームのオラクルによって提供されるデータを歪曲することで、プロジェクトのボールト内のトークン価格を操作でき、DEXでは、このデータのソースを取得します。

その後、攻撃者は大幅に安くなったトークンを超短時間で購入し、すぐにフラッシュローンを返済します。

最大の問題点は、これらの攻撃をより簡単で危険なものにしているのは、技術的な知識すらも必要としていない点で、ナザロフ氏は以下のように警告しています。

2つまたは5つのオンチェーン取引所からデータを調達しても、フラッシュローン攻撃からDeFiプラットフォームを保護することはできず、実行はより複雑で費用がかかるものの、完全に実行可能である。


フラッシュローン攻撃に対抗するには?




攻撃に対抗するためにDeFiプラットフォームは、収集する価格データの範囲を大幅に拡大する必要があると同氏は説明しています。

実際にそのグローバル価格を歪めることによってのみ、価格を操作することができ、DeFiプロトコルは少なくともこの場合の現実を反映します。

ナザロフ氏は、フラッシュローン攻撃はChainlinkが2018年の時点ですでに懸念していたことであり、われわれが予測した方法でほぼ正確に段階的に起こっていると述べています。

11月24付け記事「【速報】DeFiの悪夢再び!Pickle Finance、約2,000万ドルのDAI流出」でも報じた様に、DeFi市場では最近立て続けに被害に遭っています。
これらを例えは悪くとも教訓にして、よりセキュリティ性の高いDeFiを開発してくれる事を願うばかりです。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

中国が2回目のデジタル人民元トライアルを蘇州で開催する予定

要点

・中国のデジタル人民元の2度目となる無料配布試験を蘇州市で開催することが地元メディアの報道によって分かりました。
・初回無料配布試験の場となった深セン市におけるDCEPトライアルは成功しました。
・デジタル通貨は商業銀行にとって有益で、現金預金の増加だけがデジタル人民元のメリットではなく、メリットは国内にとどまらず、国外においてもメリットを享受できます。

デジタル人民元2度目の無料配布試験開催




中国の都市は来月、2度目となるDCEP(Digital Currency Electronic Payment=デジタル人民元)無料配布実験を実施すると複数の地元メディアが報じています。


報じられたDCEP無料配布実験は、前回深セン市で実施されたものと同様のもので、200元を1,000万件、約1,500万円相当分を配布すると報じています。
試験への参加は前回同様、所定の場所へ申し込みを行い、抽選で1,000万件が選ばれ、付与されます。

なお、今回の蘇州市における試験では、ユーザーがスマートデバイスに触れて転送できるデジタル人民元のオフライン機能など、深セン市での試験ではアクティブ化されていなかったNFC(近距離無線通信)のPOS技術とQRコード機能の追加も試みるとのことです。
これらの新テクノロジーを搭載した理由について地元メディアでは、プロセスを容易にするために蘇州市相城区にすでに搭載され、試験が実施されると報じています。

深セン市にデジタル人民元テストの様子




10月上旬、深セン市では、“赤封筒”と呼ばれるいわば“宝くじ”を通じてデジタル人民元無料配布テストの提供を決定しましたが、5万人の当選者に対して200万人近い応募があった事が分かっています。

デジタル人民元を受け取るには、当選者はデジタル人民元アプリをダウンロードする必要があり、これによって中国南部のテクノロジーハブ周辺点在する3,000店舗を超える加盟店でデジタル人民元が使用できるようになっていました。
このデジタル人民元無料配布試験の残念なポイントは、ユーザーは資金を通常の銀行口座へ移動もしくは送金できない点であったとメディアは報じています。

深セン政府の発表によると、地元のスーパーマーケットや薬局、チェーン展開する大手小売りスーパーで、1週間の試験開催中、市民らは、購入商品の支払いを行うために、深センの店舗が投稿したQRコードをスキャンする必要があったとの事でした。

DCEPトライアルは成功しました




中国のデジタル通貨は、分散型とは異なる中央集権型で発行されているため、中央銀行によって所有または管理されていないビットコインとは異なります。
デジタル人民元は、銀行が不良資産をより適切に追跡および分析するのに役立ち、それによって銀行が財務効率と透明性を高めることを可能にします。

中国のデジタル人民元計画は過去数年単位で計画は進行中ですが、深センのパイロットがこれまでで最大であり、中国内で実施された試験はほんの一握りです。
過去12カ月間で実施された一連のテストプログラムでは、10億元以上の新しい通貨がさまざまな取引で使用されています。
中国は、仮想通貨の現実世界最大の試験が実施されており、キャッシュレス社会の構築を推進しています。

デジタル人民元は仮想通貨と誤解されるべきではなく、中央銀行によって発行される“お金”であり、WeChat PayやAlipayなどのサードパーティの決済アプリを置き換えるのではなく、補足することを目的とした中国の物理通貨デジタルバージョンを発行しているにすぎません。
一部の業界ウォッチャーによると、中国人民銀行は、デジタル人民元を使用してAlipayとWeChatPayの成長を抑制しようとしている可能性があると述べています。

デジタル通貨は商業銀行にとって有益




中国の商業銀行にとって、オンライン取引の行動を分析できる大規模なユーザーベースが提供されているため、現金預金の増加だけがデジタル人民元のメリットではありません。

ブロックチェーンインフラストラクチャー企業のPlatOn (プラトン)のチーフエコノミスト、フアン・ウェイゾウ(Huanwei Zou)氏によると、外国人は商品を購入したり、仮想通貨で国境を越えて資金を送金したりできるようになる。
デジタル人民元は、ラストワンマイルの採用という観点から、デジタル決済の市場構造を確実に変えると述べています。

中国主要商業銀行4行が、モバイルアプリにデジタル人民元のアカウントを組み込んでいますが、中央銀行はまだAlipayとWeChatPayがデジタル人民元を支払いオプションに統合することを許可していません。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

BTCとETHの真の影響力を持つ者が誰か分かるアルゴリズムが登場

要点

・コミュニティ追跡ツールHive.oneによって、BTCとTHEの真の影響力者を知ることができるようになりました。

BTCとETH アルゴリズムで取引が有利になる!?


※画像引用元:hive.one newsletter 


経験の浅い仮想通貨トレーダーにとって、仮想通貨市場に絶大な影響力を持っている人物のツイートや発言は取引時に参考になる材料も多く、参考にしていると言うトレーダーも多く居ます。
仮想通貨市場に数多く居る有名・著名人の中で、実際、誰が仮想通貨市場にビットコインとイーサリアムに対して真の影響力を持っているのでしょうか。
そんな疑問に答えてくれるアルゴリズムが登場し、大きな注目を集めています。


コミュニティ追跡ツールHive.oneは、最大のビットコインと、Twitterのインフルエンサーであるイーサリアムを、より適切に反映するようにアルゴリズムを更新したと11月20日付けのツイッターと、同じく20日付のブログ投稿で述べました。

Twitterで「#bitcoin」または「#ethereum」を検索していると、無限にも感じられるSNSの中に存在している“自称、エキスパート”が存在しており、頭を悩ませた方も多いのではないでしょうか。
しかし、Hive.oneは、ソーシャルの「クラスター」を構築し、人気ユーザーに信頼メトリックを割り当て、新規参入者とベテランがソーシャルスペースをより適切にナビゲートし、誰が本当に信頼できるのかが分かる仕組みを発表しました。

Hive.oneは、Twitterアカウントの「フォロー」の合計を使用して影響スコアを計算します。
その理由として、これは巨大検索エンジンのGoogle社が独自の単語クラスターを構築し、ユーザーに高速で正確な検索結果を提供する方法と似ていると言う。Hive.oneは投稿の中で以下のように解説しています。

新しいフォロワーの影響力が大きく、フォローしている他のアカウントが少ないほど、スコアが大幅に向上します。

以前のHive.oneシステムはいくつもの問題を抱えており、クラスター分割が取得でず、手作業修正が必要であった点や、アカウントがキックアウトされたこと、または新しいアカウントがクラスターに参加したことを確認するのに時間を要していたと説明しています。

Hive.one新システムの改善点




Hive.one新システムでは、以前のバーションで課題となっていた問題点を改善し、よりユーザーが快適に利用できる環境を構築させています。


新システムでは、従来のシステムとは異なり、人間の監視なしにクラスターをマップし、クラスターの分割とマージを取得できます。これで、アルゴリズムをアカウントの小さなグループに向けることができ、そこから、それらが属するクラスターを見つけることができます。
クラスター内の変更を識別する場合は、より高速です。
また、アルゴリズムは、クラスターの基礎となる構造の変更を識別できるようになり、自動的に調整されます。

精度の低下や手動介入の使用など、従来バージョンのさまざまな欠点に基づいて改善されており、ソーシャルクラスターを以前よりもはるかに高速で更新できるとのこと。

新しいバージョンのHive.oneは、ビットコインについて話す著名な個人をすばやく追加し、信頼スコアを割り当てることもできるとブログで開設されています。
たとえば、以前のバージョンでエンタープライズソフトウエア会社のMicroStrategyCEOであるマイケル・セイラー(Michael Saylor)を追加するのに数週間かかっていたことを明かしています。

最も信頼される影響力者なのか?




では、どのアカウントが最も信頼され、フォローされ、正確なのでしょうか。

ビットコイで見てみると、ビットコインテクノロジー企業のBlockstream創設者アダム・バック(Adam Back)氏、エンジニアのピーター・ウィル(Pieter Wuille)氏トップ3に含まれています。
また、イーサリアムの影響力者には、プロトコル作成者のヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏や、コンテンツ作成者のエヴァン・ヴァン・ネス(Evan Van Ness)氏などがトップ3に含まれています。


便利なツールは一般の仮想通貨トレーダーに大きなヒントを与えてくれるものの、Hive.oneは、ランキングを最後の言葉として受け取らないことを提案しています。

誰に耳を傾け、何を信頼するかは教えてくれません。代わりに、さまざまなグループをマッピングし、メンバーが誰であるか、誰に注意を払っているのか、どの情報が信頼できると考えているのかを示します

とHive.oneは警告しています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

米・財務省、仮想通貨取扱い業者に対する不当差別を終わらせたい意向

要点

・アメリカの通貨監督庁は、国立銀行がリスク以外の要因で事業を差別することを禁止する規則を提案しました。
・これは、銀行サービスへのアクセスに問題がある仮想通貨会社やマネーサービスビジネスに影響を及ぼします。
・アメリカ財務省は現在、Coinbaseの元最高法務責任者であるブライアン・ブックス氏が率いています。

米・財務省は不当差別と決別できるか?




アメリカ規制当局は11月20日(金曜)、仮想通貨業界にとって“不利”な排除を終わらせ、仮想通関連業が銀行サービスにアクセスしやすくなるような規制の変更を提案しました。

元coinbase(コインベース)顧問のブライアン・ブックス(Brian Books)氏率いる国立銀行規制当局であるOCC(Office of the Comptroller of the Currency=アメリカ通貨監査局)は、銀行が法務業界をブラックリストに載せることを禁止する規則を提案しました。
おそらくこの“ブラックリスト”の中には仮想通貨取引所も含まれていると複数の海外メディアが報じています。


提案された規則の変更は、特定基準を満たさない限り、仮想通貨会社などのマネーサービスビジネスまたは他のカテゴリーのビジネスへの金融サービスサービスを拒否する国立銀行の能力を制限したい構えです。
これまでの規則の下で銀行は、政治的圧力に応じることなく、事前に確立された基準に基づいてのみ顧客への金融サービスを拒否することができました。

銀行は、事業カテゴリーではなく、個々の事業にリスク評価を適用する必要があるものの、OCCは、一部の銀行は顧客が金融サービスにアクセスすることを拒否するために、カテゴリーベースのリスク評価を引き続き採用していると述べています。


11月20(金曜)に連邦官報に発表された提案は、仮想通貨についてこそ言及していませんが、アメリカで銀行口座の取得や維持に長い間苦労してきたこのジャンルの企業にとって、歓迎すべきニュースとなる可能性があり、好意的に受け止められています。

一方、世界最大の経済圏の銀行が合法的なビジネスを差別することを禁じられている場合、他のすべてが同等であるとすると、理論的には、ビットコイン(Bitcoin/BTC)など、許可のない検閲に強い決済システムの魅力を損なう可能性があると指摘する声も聞こえています。

OCCの提案内容とは




今回の提案の中で、規制当局は、家族計画組織やショットガンやライフルのメーカーへの金融サービスの提供をやめるように政治的ボイコットによって圧力をかけられている銀行の例を挙げています。

今週、ドナルド・J・トランプ大統領は、5年間の任期でOCCの常任理事長に代行会計監査役ブルックスを指名したものの、議会はまだ投票しておらず、ブルックス氏が1月20日までに承認されない場合、ジョー・バイデン次期大統領がポストを埋めることになる可能性があります。





仮想通貨取引所Kraken(クラーケン)の最高法務責任者であるマルコ・サントリ(Marco Santori)氏は、今回の提案には事実上、仮想通貨取引所が含まれているとツイートしており、以下の主張を述べています。

仮想通貨OGは、普及の最大の障害は銀行サービスへのアクセスの欠如であり、これからも続くことを知っています。初期の頃、ビットコインは“オペレーションチョークポイント”に巻き込まれていましたが、今日で仮想通貨はより広く巻き込まれています。



提案で言及された“オペレーションチョークポイント”は、オバマ時代の司法省の圧力キャンペーンの一環であり、2017年に終了したものの、OCCには、政府圧力なしにそのような差別が依然として発生していると現在も信じる理由があるようです。
その理由とは、アメリカ大手銀行が北極掘削に従事する石油・ガス会社への融資を停止したと主張するアラスカ議会の代表者からの報告を指摘しており、論争の的となる政治問題ですが、おそらく財政的または法的に危険な問題ではないとみられています。

ブルックス氏によって署名された新しい規則は、OCCの対象となる銀行は、地理的市場のすべての人が提供する各金融サービスを利用できるようにすると述べています。
さらに、マネーサービスビジネスなどの競合他社を防ぐために金融サービスを否定することはできません。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.