仮想通貨の仕組み

No tags for this post.

ロシア政府、仮想通貨以外のデジタル金融資産を財産として認識か

翻訳

・ロシア政府が、デジタル金融資産を資産として分類することを計画しているとミハイル・ミシュスティン首相が述べました。
・このコメントはセキュリティトークンのような資産中心に計画されており、仮想通貨には関連していないと専門家は説明しています。

ロシア政府会議開催で法的解釈が固まる!?


※画像引用元:ロシア政府公式サイト 


ロシア中央銀行が主催となり、国内においてのデジタル金融資産の法的位置づけを「財産」として扱う計画を11月26日に開催されたロシア連邦予算法改正政府会議(※以下、政府会議と表記)の場で議題に上がっていたことが分かりました。

コロナウィルスパンデミックの影響による感染拡大との闘いにおいて、地域を支援することに関する多くの問題、産業事故や職業病に対する強制的な社会保険の問題などについて話し合いが行われたほか仮想通貨についても議題に上がっています。
その際、ロシアのミハイル・ミシュスティン(Mikhail Mishustin)首相は、ロシア国内においてデジタル金融資産を財産として扱うことを計画していると発言しています。

会議では、ロシア連邦中央銀行が同国の主要銀行と会合を開き、デジタル・ルーブルの導入見通しや、その長所と短所について話し合ったことが判明。
ロシア政府は、デジタル金融資産の所有者が権利と利益を保護できるよう、文明化された方法で仮想通貨市場の開発を主導することを計画している、とロシアのミハイル・ミシュスティン(Mikhail Mishustin)首相は本日開催された会議で述べました。

ミーティング参加者リストによると、26日に開催された政府会議には、各省庁の副大臣クラスが出席したほか、中央銀行代表としてオルガ・スコロボガトヴァ(Olga Skorobogatova)副総裁が出席。さらに、ロシア貯蓄銀行や郵便銀行、モスクワ信用銀行、ロシア標準銀行などの国内主要銀行代表者らが参加していたことがわかりました。

税法にいくつかの変更を加えます。デジタル金融資産は財産として認識され、所有者は違法行為が発生した場合に法的保護に頼ることができ、法廷で財産権を守ることができます

とミシュスティン首相が述べたほか、新たな修正は仮想通貨を含む可能性のあるシャドウスキームを大幅に妨げるはずだと述べています。

ミシュスティン首相の発言に対してブロックチェーンラボ創設者で元責任者であるアルティヨム・トルカチョフ氏は、今回報じられているコメントについて、最近議題に上げられた新しい問題ではなく、税法の改正については以前に採択されたDFA(On digital financial assets=デジタル金融資産関連法)ですでに言及されたものであるとコメントしています。

仮想通貨はデジタル金融資産ではない




今回開催された政府会議で明らかになり、注目されたのが、政府が法的位置づけとして検討している「デジタル金融資産」の中には仮想通貨が入っていないという点です。

DFAは性質上、セキュリティトークンとしての性質とにていることから、政府会議でデジタル金融資産と仮想通貨が同じ場で検討されたのは少し奇妙だと海外メディアは指摘しています。

仮想通貨の予備宣言があった場合の法的保護の可能性を示唆する条項がすでに含まれており、大きな変化を期待するべきではありません。以前、ロシア国内には仮想通貨の規制がなかったように、今でもまだなく、それが問題であると考える、ますます禁止的なイニシアチブが見られるものの、セキュリティトークンであるDFAの規制はまだ実際には必要ありません

とトルカチョフ氏は説明しています。

DFA法の解釈からトルケチェフ氏は、デジタル金融資産とデジタル通貨は異なる定義がされており、セキュリティトークンなどの「デジタル金融資産」を財産。ビットコインやイーサリアムなどの一般的な仮想通貨については財産として定義されていないと説明しています。

これらの話を総合すると、仮想通貨を法的位置づけではっきりと仮想通貨は財産には区別されないという線引きが明らかになったという方が正しいのではないでしょうか。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

米・諜報機関が世界をリードする中国・デジタル人民元に強い懸念

要点

・アメリカの諜報機関は、中国がデジタル通貨を推進し、発行を急いでいることを懸念しています。
・地元メディアでは、SECが諜報機関の懸念を詳述した通信を受け取ったと報じられています。
・中国のデジタル通貨開発は、2014年から始まっています。

米・諜報機関がデジタル人民元に懸念




アメリカの諜報機関は、中国のデジタル通貨の影響についてSECに懸念を表明しています。


アメリカの地元メディアが報じた内容によると、国家情報長官のジョン・ラトクリフ(John Ratcliffe)氏は、SECのジェイ・クレイトン(Jay Clayton)会長に、今月初め、中国のDCEP(Digital Currency/Electronic Payments=デジタル人民元)の影響について懸念を公に表明した。


中国は、当時中国人民銀行の総裁であった周小川(Zhou Xiaochuan)氏がデジタル通貨研究所を設立した(と言われている)2014年以降、デジタル通貨発行に関して世界でトップの道を歩んでいます。
一方のアメリカは、中国とは逆で、より慎重なアプローチを取る姿勢を保ったまま、あらゆる角度からCBDC(中央銀行発行デジタル通貨)を探っています。
先月、アメリカ連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル(Jerome Powell)議長は、最初になるよりも正しく理解することが重要だとアメリカ国内に向けてメッセージを送っています。

中国CBDCに透明性と支配感の懸念!日米欧主要7カ国が警戒露わに」でもお伝えしたように、現在、アメリカは中国がCDBCにおいて、先を急ぎ過ぎていることを懸念していることが徐々に明らかになりました。
アメリカの企業と中国企業が公平に競うことは悲観的に近いほど難しく、競うのであればアメリカ国内の証券法の見直しと規制緩和が必要だと考えている事をKomodoプラットフォームの事業開発ディレクターであるジェイソン・ブラウン(Jason Brown)はメディアに語っている。

ブラウン氏の発言から、アメリカは中国デジタル人民元に毛権を持っているものの、見方を変えると、アメリカ企業がデジタル通貨の競争の中で追いついたり勝つためには、法律で定められている規制そのものに大幅な激変がなければならない事を意味しています。
さらに、ブラウン氏によると、消費者保護を目的とした規制がアメリカ国内では設けられているが、これらの規則が他国で守られていないもしくは設けられていない場合、アメリカの競争力は一気に損なわれるとみられています。
ブラウン氏はこの様な状況に対して次のように述べています。

市民の日常生活を保護することを目的としたこれらの規制は、グローバル資本にアクセスするアメリカ人の能力を効果的に損なう米国企業に課せられた不必要な負担です。


中国の仮想通貨ホールド




アメリカ国内では、デジタル通貨の規制上の制限以外にも、中国のデジタル人民元の発行・保有についても懸念点を抱いているようです。

これらについてアメリカの地元メディアは、諜報機関の高官が、ワシントン・エグザミナー(Washington Examiner:保守系ニュースウエブサイト)に、中国のビットコイン(Bitcoin/BTC)とイーサリアム(Ethereum/ETH)の管理について、深刻な国家安全保障上の懸念があると語っています。

中国のDCEPはビットコインに挑戦できるのか


先ほども述べた様に、中国はCBDC会で世界を一歩リードしていますが、形態の異なる分散型のライバルと言えるビットコインにはどのような影響があるのでしょうか。


昨年、中国政府はCBDCシステムの計画を推進し、大手銀行で大規模なテストを開始しました。
その後、「中国CBDC(デジタル元)が300万件の試験的取引で11億元の移動に成功」、「中国が2回目のデジタル人民元トライアルを蘇州で開催する予定」でも報じた様に、初回は深セン市明に、2度目は蘇州市でトライアルを実施しています。

これは、これまでに国内で最も野心的な金融技術ソリューションとして請求されており、中国が米ドルを世界の準備通貨となるのを廃止するのに役立つ可能性があることを示唆するものもあります。
それらに対し、アメリカ上院議員らが立ち上がって注目する見通しであるとアメリカの地元メディアは報じています。

ビットコインのような仮想通貨支持者にとって、DCEPのようなデジタル通貨の台頭はさまざまな祝福を得る一方で、CBDCの集中型の性質は、ビットコインなどの仮想通貨の分散型の精神に完全に反していると言えます。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

DeFiへのフラッシュローン攻撃はさらに悪化すると専門家が警告

defi flash loan attack

要点

・多くのプロジェクトは、開発時間を節約するために価格データ範囲を無視しているとChainlinkの共同創設者であるセルゲイ・ナザロフ氏は述べています。
・これは深刻な脆弱性をもたらし、DeFiプラットフォームを攻撃にさらしている事を意味します。

DeFiフラッシュローン攻撃はさらに悪化




Chainlink(チェーンリンク)の共同創設者であるセルゲイ・ナザロフ(Sergey Nazarov)氏が、DeFi (Decentralized Finance=分散型金融)でフラッシュローン攻撃がどのように機能するかを説明しました。

ここ数カ月、イーサリアム系DeFiプラットフォームのいくつかがフラッシュローン攻撃の標的となり、悪意のある攻撃者によって数千万ドルの仮想通貨が奪われ、多額の被害を受けています。
しかし、これまでの攻撃は不正侵入の最も単純手口で実行されておりナザロフ氏は、多くのDeFiプロジェクトの最大のボトルネックは、価格発見メカニズムだと語っています。

スマートコントラクトが外部データと対話できるようにするアプリ(価格オラクル=価格情報を繋ぐシステム)は、多くがソースとして1つまたは2つのDEX(分散型取引所)を使用しており、ナザロフ氏は次のように説明しています。

問題は、単一の価格データプロバイダーが存在し、単一の取引所が存在することです。現在のDeFiは開発の容易さとスピードのために、オンチェーン分散型取引所とオンチェーン取引所インフラストラクチャーを使用し、引き金となる価格を取得している場合があります。

しかし、それでも攻撃者は1つの取引所でも価格を操作するためにかなりの資本を持っている必要があり、これがDeFiフラッシュローンの出番となります。
これらのメカニズムによって、資産が少しでもある人は誰でも、短期間で十分な資本を得ることができます。
このように、攻撃者は、プラットフォームのオラクルによって提供されるデータを歪曲することで、プロジェクトのボールト内のトークン価格を操作でき、DEXでは、このデータのソースを取得します。

その後、攻撃者は大幅に安くなったトークンを超短時間で購入し、すぐにフラッシュローンを返済します。

最大の問題点は、これらの攻撃をより簡単で危険なものにしているのは、技術的な知識すらも必要としていない点で、ナザロフ氏は以下のように警告しています。

2つまたは5つのオンチェーン取引所からデータを調達しても、フラッシュローン攻撃からDeFiプラットフォームを保護することはできず、実行はより複雑で費用がかかるものの、完全に実行可能である。


フラッシュローン攻撃に対抗するには?




攻撃に対抗するためにDeFiプラットフォームは、収集する価格データの範囲を大幅に拡大する必要があると同氏は説明しています。

実際にそのグローバル価格を歪めることによってのみ、価格を操作することができ、DeFiプロトコルは少なくともこの場合の現実を反映します。

ナザロフ氏は、フラッシュローン攻撃はChainlinkが2018年の時点ですでに懸念していたことであり、われわれが予測した方法でほぼ正確に段階的に起こっていると述べています。

11月24付け記事「【速報】DeFiの悪夢再び!Pickle Finance、約2,000万ドルのDAI流出」でも報じた様に、DeFi市場では最近立て続けに被害に遭っています。
これらを例えは悪くとも教訓にして、よりセキュリティ性の高いDeFiを開発してくれる事を願うばかりです。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

中国が2回目のデジタル人民元トライアルを蘇州で開催する予定

要点

・中国のデジタル人民元の2度目となる無料配布試験を蘇州市で開催することが地元メディアの報道によって分かりました。
・初回無料配布試験の場となった深セン市におけるDCEPトライアルは成功しました。
・デジタル通貨は商業銀行にとって有益で、現金預金の増加だけがデジタル人民元のメリットではなく、メリットは国内にとどまらず、国外においてもメリットを享受できます。

デジタル人民元2度目の無料配布試験開催




中国の都市は来月、2度目となるDCEP(Digital Currency Electronic Payment=デジタル人民元)無料配布実験を実施すると複数の地元メディアが報じています。


報じられたDCEP無料配布実験は、前回深セン市で実施されたものと同様のもので、200元を1,000万件、約1,500万円相当分を配布すると報じています。
試験への参加は前回同様、所定の場所へ申し込みを行い、抽選で1,000万件が選ばれ、付与されます。

なお、今回の蘇州市における試験では、ユーザーがスマートデバイスに触れて転送できるデジタル人民元のオフライン機能など、深セン市での試験ではアクティブ化されていなかったNFC(近距離無線通信)のPOS技術とQRコード機能の追加も試みるとのことです。
これらの新テクノロジーを搭載した理由について地元メディアでは、プロセスを容易にするために蘇州市相城区にすでに搭載され、試験が実施されると報じています。

深セン市にデジタル人民元テストの様子




10月上旬、深セン市では、“赤封筒”と呼ばれるいわば“宝くじ”を通じてデジタル人民元無料配布テストの提供を決定しましたが、5万人の当選者に対して200万人近い応募があった事が分かっています。

デジタル人民元を受け取るには、当選者はデジタル人民元アプリをダウンロードする必要があり、これによって中国南部のテクノロジーハブ周辺点在する3,000店舗を超える加盟店でデジタル人民元が使用できるようになっていました。
このデジタル人民元無料配布試験の残念なポイントは、ユーザーは資金を通常の銀行口座へ移動もしくは送金できない点であったとメディアは報じています。

深セン政府の発表によると、地元のスーパーマーケットや薬局、チェーン展開する大手小売りスーパーで、1週間の試験開催中、市民らは、購入商品の支払いを行うために、深センの店舗が投稿したQRコードをスキャンする必要があったとの事でした。

DCEPトライアルは成功しました




中国のデジタル通貨は、分散型とは異なる中央集権型で発行されているため、中央銀行によって所有または管理されていないビットコインとは異なります。
デジタル人民元は、銀行が不良資産をより適切に追跡および分析するのに役立ち、それによって銀行が財務効率と透明性を高めることを可能にします。

中国のデジタル人民元計画は過去数年単位で計画は進行中ですが、深センのパイロットがこれまでで最大であり、中国内で実施された試験はほんの一握りです。
過去12カ月間で実施された一連のテストプログラムでは、10億元以上の新しい通貨がさまざまな取引で使用されています。
中国は、仮想通貨の現実世界最大の試験が実施されており、キャッシュレス社会の構築を推進しています。

デジタル人民元は仮想通貨と誤解されるべきではなく、中央銀行によって発行される“お金”であり、WeChat PayやAlipayなどのサードパーティの決済アプリを置き換えるのではなく、補足することを目的とした中国の物理通貨デジタルバージョンを発行しているにすぎません。
一部の業界ウォッチャーによると、中国人民銀行は、デジタル人民元を使用してAlipayとWeChatPayの成長を抑制しようとしている可能性があると述べています。

デジタル通貨は商業銀行にとって有益




中国の商業銀行にとって、オンライン取引の行動を分析できる大規模なユーザーベースが提供されているため、現金預金の増加だけがデジタル人民元のメリットではありません。

ブロックチェーンインフラストラクチャー企業のPlatOn (プラトン)のチーフエコノミスト、フアン・ウェイゾウ(Huanwei Zou)氏によると、外国人は商品を購入したり、仮想通貨で国境を越えて資金を送金したりできるようになる。
デジタル人民元は、ラストワンマイルの採用という観点から、デジタル決済の市場構造を確実に変えると述べています。

中国主要商業銀行4行が、モバイルアプリにデジタル人民元のアカウントを組み込んでいますが、中央銀行はまだAlipayとWeChatPayがデジタル人民元を支払いオプションに統合することを許可していません。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

BTCとETHの真の影響力を持つ者が誰か分かるアルゴリズムが登場

要点

・コミュニティ追跡ツールHive.oneによって、BTCとTHEの真の影響力者を知ることができるようになりました。

BTCとETH アルゴリズムで取引が有利になる!?


※画像引用元:hive.one newsletter 


経験の浅い仮想通貨トレーダーにとって、仮想通貨市場に絶大な影響力を持っている人物のツイートや発言は取引時に参考になる材料も多く、参考にしていると言うトレーダーも多く居ます。
仮想通貨市場に数多く居る有名・著名人の中で、実際、誰が仮想通貨市場にビットコインとイーサリアムに対して真の影響力を持っているのでしょうか。
そんな疑問に答えてくれるアルゴリズムが登場し、大きな注目を集めています。


コミュニティ追跡ツールHive.oneは、最大のビットコインと、Twitterのインフルエンサーであるイーサリアムを、より適切に反映するようにアルゴリズムを更新したと11月20日付けのツイッターと、同じく20日付のブログ投稿で述べました。

Twitterで「#bitcoin」または「#ethereum」を検索していると、無限にも感じられるSNSの中に存在している“自称、エキスパート”が存在しており、頭を悩ませた方も多いのではないでしょうか。
しかし、Hive.oneは、ソーシャルの「クラスター」を構築し、人気ユーザーに信頼メトリックを割り当て、新規参入者とベテランがソーシャルスペースをより適切にナビゲートし、誰が本当に信頼できるのかが分かる仕組みを発表しました。

Hive.oneは、Twitterアカウントの「フォロー」の合計を使用して影響スコアを計算します。
その理由として、これは巨大検索エンジンのGoogle社が独自の単語クラスターを構築し、ユーザーに高速で正確な検索結果を提供する方法と似ていると言う。Hive.oneは投稿の中で以下のように解説しています。

新しいフォロワーの影響力が大きく、フォローしている他のアカウントが少ないほど、スコアが大幅に向上します。

以前のHive.oneシステムはいくつもの問題を抱えており、クラスター分割が取得でず、手作業修正が必要であった点や、アカウントがキックアウトされたこと、または新しいアカウントがクラスターに参加したことを確認するのに時間を要していたと説明しています。

Hive.one新システムの改善点




Hive.one新システムでは、以前のバーションで課題となっていた問題点を改善し、よりユーザーが快適に利用できる環境を構築させています。


新システムでは、従来のシステムとは異なり、人間の監視なしにクラスターをマップし、クラスターの分割とマージを取得できます。これで、アルゴリズムをアカウントの小さなグループに向けることができ、そこから、それらが属するクラスターを見つけることができます。
クラスター内の変更を識別する場合は、より高速です。
また、アルゴリズムは、クラスターの基礎となる構造の変更を識別できるようになり、自動的に調整されます。

精度の低下や手動介入の使用など、従来バージョンのさまざまな欠点に基づいて改善されており、ソーシャルクラスターを以前よりもはるかに高速で更新できるとのこと。

新しいバージョンのHive.oneは、ビットコインについて話す著名な個人をすばやく追加し、信頼スコアを割り当てることもできるとブログで開設されています。
たとえば、以前のバージョンでエンタープライズソフトウエア会社のMicroStrategyCEOであるマイケル・セイラー(Michael Saylor)を追加するのに数週間かかっていたことを明かしています。

最も信頼される影響力者なのか?




では、どのアカウントが最も信頼され、フォローされ、正確なのでしょうか。

ビットコイで見てみると、ビットコインテクノロジー企業のBlockstream創設者アダム・バック(Adam Back)氏、エンジニアのピーター・ウィル(Pieter Wuille)氏トップ3に含まれています。
また、イーサリアムの影響力者には、プロトコル作成者のヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏や、コンテンツ作成者のエヴァン・ヴァン・ネス(Evan Van Ness)氏などがトップ3に含まれています。


便利なツールは一般の仮想通貨トレーダーに大きなヒントを与えてくれるものの、Hive.oneは、ランキングを最後の言葉として受け取らないことを提案しています。

誰に耳を傾け、何を信頼するかは教えてくれません。代わりに、さまざまなグループをマッピングし、メンバーが誰であるか、誰に注意を払っているのか、どの情報が信頼できると考えているのかを示します

とHive.oneは警告しています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

米・財務省、仮想通貨取扱い業者に対する不当差別を終わらせたい意向

要点

・アメリカの通貨監督庁は、国立銀行がリスク以外の要因で事業を差別することを禁止する規則を提案しました。
・これは、銀行サービスへのアクセスに問題がある仮想通貨会社やマネーサービスビジネスに影響を及ぼします。
・アメリカ財務省は現在、Coinbaseの元最高法務責任者であるブライアン・ブックス氏が率いています。

米・財務省は不当差別と決別できるか?




アメリカ規制当局は11月20日(金曜)、仮想通貨業界にとって“不利”な排除を終わらせ、仮想通関連業が銀行サービスにアクセスしやすくなるような規制の変更を提案しました。

元coinbase(コインベース)顧問のブライアン・ブックス(Brian Books)氏率いる国立銀行規制当局であるOCC(Office of the Comptroller of the Currency=アメリカ通貨監査局)は、銀行が法務業界をブラックリストに載せることを禁止する規則を提案しました。
おそらくこの“ブラックリスト”の中には仮想通貨取引所も含まれていると複数の海外メディアが報じています。


提案された規則の変更は、特定基準を満たさない限り、仮想通貨会社などのマネーサービスビジネスまたは他のカテゴリーのビジネスへの金融サービスサービスを拒否する国立銀行の能力を制限したい構えです。
これまでの規則の下で銀行は、政治的圧力に応じることなく、事前に確立された基準に基づいてのみ顧客への金融サービスを拒否することができました。

銀行は、事業カテゴリーではなく、個々の事業にリスク評価を適用する必要があるものの、OCCは、一部の銀行は顧客が金融サービスにアクセスすることを拒否するために、カテゴリーベースのリスク評価を引き続き採用していると述べています。


11月20(金曜)に連邦官報に発表された提案は、仮想通貨についてこそ言及していませんが、アメリカで銀行口座の取得や維持に長い間苦労してきたこのジャンルの企業にとって、歓迎すべきニュースとなる可能性があり、好意的に受け止められています。

一方、世界最大の経済圏の銀行が合法的なビジネスを差別することを禁じられている場合、他のすべてが同等であるとすると、理論的には、ビットコイン(Bitcoin/BTC)など、許可のない検閲に強い決済システムの魅力を損なう可能性があると指摘する声も聞こえています。

OCCの提案内容とは




今回の提案の中で、規制当局は、家族計画組織やショットガンやライフルのメーカーへの金融サービスの提供をやめるように政治的ボイコットによって圧力をかけられている銀行の例を挙げています。

今週、ドナルド・J・トランプ大統領は、5年間の任期でOCCの常任理事長に代行会計監査役ブルックスを指名したものの、議会はまだ投票しておらず、ブルックス氏が1月20日までに承認されない場合、ジョー・バイデン次期大統領がポストを埋めることになる可能性があります。





仮想通貨取引所Kraken(クラーケン)の最高法務責任者であるマルコ・サントリ(Marco Santori)氏は、今回の提案には事実上、仮想通貨取引所が含まれているとツイートしており、以下の主張を述べています。

仮想通貨OGは、普及の最大の障害は銀行サービスへのアクセスの欠如であり、これからも続くことを知っています。初期の頃、ビットコインは“オペレーションチョークポイント”に巻き込まれていましたが、今日で仮想通貨はより広く巻き込まれています。



提案で言及された“オペレーションチョークポイント”は、オバマ時代の司法省の圧力キャンペーンの一環であり、2017年に終了したものの、OCCには、政府圧力なしにそのような差別が依然として発生していると現在も信じる理由があるようです。
その理由とは、アメリカ大手銀行が北極掘削に従事する石油・ガス会社への融資を停止したと主張するアラスカ議会の代表者からの報告を指摘しており、論争の的となる政治問題ですが、おそらく財政的または法的に危険な問題ではないとみられています。

ブルックス氏によって署名された新しい規則は、OCCの対象となる銀行は、地理的市場のすべての人が提供する各金融サービスを利用できるようにすると述べています。
さらに、マネーサービスビジネスなどの競合他社を防ぐために金融サービスを否定することはできません。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

CipherTrace、モネロ(Monero)トランザクション追跡技術の特許を申請

要点

・CipherTrace社は、プライバシーコインであるMoneroを解読するための特許を申請しました。
・同社は、の反モネロ技術をアメリカ政府に販売しています。アメリカ政府は、モネロでの違法取引の量に悩まされており、秘匿性の高いモネロのトランザクション追跡を望んでいます。
・Moneroは、CoinMarketCapによると15番目に大きい仮想通貨ですが、いくつかの仮想通貨取引所は未上場または上場廃止を決定し、取扱い取引所が減少しています。

モネロ(Monero)トランザクション追跡が可能に




ブロックチェーン追跡・分析などを手掛けるCipherTrace(サイファートレース)が、モネロ(Monero/XMR)トランザクションを追跡するソフトウエアの特許を提出した事を発表しました。


CipherTraceとプライバシーコインMoneroのいたちごっこは終止符が打たれようとしています。
11月20日(金曜)にCipherTrace社がMoneroトランザクションを追跡する方法について2つの特許出願を提出したと発表しました。

最初の特許である「Moneroを追跡するための手法と確率的手法」は、Moneroトランザクションに番号を割り当て、有望な所有者をクラスター化する確率的手法を開発し、マネーロンダリング(資金洗浄)制御に確率的アプローチを採用するための基礎を築いていくとのこと。
これらの確率論的アプローチと方法は、15%の降水確率を示す天気予報のように、確率の観点から不確実性を処理する一連の数学的ツールと概念だと公表されています。

2つ目の特許は、「Moneroを調査するためのシステムと方法」の特許を申請しています。
これは、Moneroのトランザクションを追跡するためのフォレンジックツール(解析手段)の一部を形成し、CipherTrace社はこのためのツールキットを8月にリリースしました。

Moneroは、ネットワークがトランザクションを混同し、誰が誰に何を送信したかを不明瞭にするため、追跡できないように設計されています。
しかし、CipherTraceの特許は、トランザクションが完全に追跡可能であると主張していますが、現時点で特許は承認されていません。

GovTribeのデータによると、CipherTraceは、これらの反モネロ技術を500万ドルの契約の一部としてアメリカ国土安全保障省に販売しており、この金額はすべての連邦政府契約賞の69%を占め、合計740万ドル、約7億6,000万円に相当するという。

IRS(nternal Revenue Service=アメリカ合衆国内国歳入庁)はまた、Moneroを打破するため、競合他社のChainalysis(チェイナリシス)社と62万5,000ドル、約6,500万円の契約を交わしています。

モネロに対する評価とは




CipherTrace社では、Moneroを「ビットコイン(Bitcoin/BTC)に次ぐ、犯罪者の間で2番目に人気のある仮想通貨」と説明しており、Moneroはダークネットマーケット取引の45%をサポートしていると説明しています。

この解説からも分かるように、秘匿性の高いモネロは、犯罪を企てている者の間ではビットコインより使いやすいと評判の仮想通貨です。
ワンタイムリング署名とワンタイムパスと呼ばれる2つの技術により、仮想通貨の持つ“ユーザー同士間の監視”とは真逆の使命の元に誕生しています。
トランザクションや金額を暗号化させ、プライバシーが強化されていることから、匿名性が高く、不正取引などの犯罪絡みの資金を送受金する際に使用する仮想通貨として注目されています。

CoinMarketCapによると、Moneroは11月23日11時半の時点で16番目に大きい仮想通貨で、時価総額は約2,275億円です。

Coinbase(コインベース)など、一部の仮想通貨取引所は、規制当局がモネロを好まない傾向にあるため、モネロの上場をはしていないほか、2020年11月初めには、スイスの本拠を構える仮想通貨取引所のShapeShift(シェイプシフト)でモネロの上場を廃止しています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインキャッシュ(BCH)とリップル(XRP)が急騰!背景には何が?

要点

・ビットコインキャッシュの価格が300ドルを超え、過去24時間で16%上昇しました。
・先週末、ビットコインキャッシュは、ハードフォークによって沈没したかのように価格も255ドルから240ドルに下がり、5%下落しました。
・ビットコインキャッシュの時価総額は現在約5,524億円です。

ビットコインキャッシュ高騰


※画像引用元:CoinMarketCap 


ビットコインキャッシュの価格が300ドルに達し、ハードフォーク後の先週末の落ち込みから26%も上昇しました。


仮想通貨時価総額ランキングサービスを手掛けるCoinMarketCapによると、ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)の価格は11月22日午前8時に300ドルを超え、過去24時間で16.39%も上昇した事が分かりました。
今回の値上りは、一時的に価格を押し下げた要因である先週末のハードフォークから、1週間で回復の頂点を示しました。

ビットコインの価格は、ブロックチェーンが2つに分割されたハードフォーク後、先週末、下落しました。
この際のビットコインキャッシュ価格は1BCH=255ドルから240ドルにまで15ドルも下がり、5%下落しました。

フォークは、ビットコインキャッシュを開発しているチームの1つの提案であった8%のマイニング税が要因となっており、この提案は内外からも不満が噴出していました。
この提案に不満を持った多数のビットコインキャッシュサポーターがこの提案を望まなかったため、ビットコインキャッシュは最終的にハードフォークという形に落ち着きました。

ビットコインキャッシュの回復




不確実性はビットコインキャッシュの価格を傷つけており、ハードフォーク発生の際、一部の仮想通貨取引所は、ネットワークの将来がバランスを崩したため、一時的に預金と引き出しを一時停止する措置を取った取引所もありました。

しかし、今日の価格は先週末の落ち込みから26%も上昇し、将来のバランスも取り戻し、ネットワークも、発生した損失から大きな回復を見せました。
ビットコインキャッシュの時価総額は現在約5,524億円で、仮想通貨時価総額ランキングで7位をキープ。
時価総額が約5,633億円のライトコインを下回っています。

リップルが爆上り




1XRP=44.02円で、24時間で19.54%、1週間で54.87%の値上りを見せています。XRPの時価総額は2兆円に届く勢いを見せ、爆騰に多くのユーザーが固唾をのんで見守っています。





全体として、世界の仮想通貨時価総額は3%増加し、5,295億ドル、55兆円にまで伸びています。

XRPの値上りは、今週の市場ラリーの一部で、過去24時間で、ビットコインの価格は1.19%上昇し、イーサリアムの価格は0.74%上昇しました。ビットコインの価格は109万円、イーサリアムの価格は55,600円前後にまで高騰しています。

今回の仮想通貨価格ラリーと一致を見せたのは、Covid-19ジャブとアメリカ時期大統領選挙によるバイデンの勝利の見通しでした。

XRPは、リアルタイムの決済や低コストで銀行間での送金に使用する決済機関が好む仮想通貨で、誕生時には大きく注目されたものの、ビットコインボラティリティと比較すると派手さにかけ、投機家にとっては利益が小さいという点から、今一歩というところでとどまり続け、今年に入ると、不振な状態が続いていると言われ続けていました。

サンフランシスコを拠点とする非営利企業であるリップルによって開発されたものの、規制の取り締まりにより、リップルがアメリカ国内で事業を行うことは困難になりつつあり、今年3月には20万件以上の詐欺被害も発覚しています。(※詳しくは特集記事「リップルで20万件以上が詐欺被害に!詐欺の見抜き方をリップル社が公式発表!」をご覧ください。)
</br.
長く続いたクリプトの冬を乗越え、DeFiバブルも落ち着いた今、ようやく仮想通貨市場が再び活気づき始めた気配を漂わせています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

日本の大手銀行など、来年プライベートデジタル通貨をテストする予定

要点

・銀行や政府機関を含む30以上の日本企業によって構成されるメンバーらが、支払いを改善するため、2021年に共通のプライベートデジタル通貨をテストする計画を立てています。
・構成メンバーには国内大手の三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行3銀行のほか、金融庁、財務省、日本銀行、経済相、経済産業省などがオブサーバーとして名を連ねています。

複数の日本企業がデジタル通貨テストを計画




銀行を含む30以上の日本企業によって構成されるメンバーらが、支払いを改善するため、2021年に共通のプライベートデジタル通貨をテストする計画を立てていることが分かりました。

主要グループのメンバーの1社である仮想通貨取引所ディーカレット(DeCurret)は、2020年6月~9月の約4カ月間、国内の銀行や、小売、運輸、情報通信など広範な分野にわたる主要企業、有識者、さらにオブザーバーとして関係省庁も参加する、国内デジタル通貨の決済インフラを検討するデジタル通貨勉強会を開催していた事を明かしました。
その上で、11月19日(木曜)に発表されたデジタル通貨勉強会最終報告書のまとめによると、全9回開催された勉強会は、勉強会の構成として

座長 フューチャー株式会社
金融担当 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行
流通 セブン銀行
通信 NTTグループ、KDDI、(株)インターネットイニシアティブ
運輸 JR東日本
有識者 森・濱田松本法律事務所
オブサーバー 金融庁、財務省、日本銀行、経済相、経済産業省



以上のように、そうそうたるメンバーが名を連ねているほか、他のメンバーに大和証券グループ、野村ホールディングスなどが含まれているとのこと。

デジタル通貨検討の背景とは




情報技術革新、デジタルエコノミーの発展、新興国や途上国も含めたスマートフォンの爆発的普及などを背景に、キャッシュレス決済は全世界で急速に拡大とともに、銀行だけでなく、”BigTech”と呼ばれる巨大企業やフィンテック企業、スタートアップ企業など幅広いプレイヤーが、デジタル決済の分野に次々と参入している今、コロナパンデミックによってこれらは加速しています。


構成企業らはすべて、共通の領域、ブロックチェーンベースのデジタル通貨のコア機能、およびビジネスロジックとスマートコントラクトを実装する追加の領域を備えた「2層デジタル通貨」モデルをテストし、プログラマビリティを最大化することを計画しています。

同グループによると、このモデルは日本経済の発展に貢献すると確信しており、この「2層」デジタル通貨は、既存のデジタル決済手段(電子マネー、クレジットカード、デビットカードなど)、集中型決済インフラストラクチャー(Zenginシステムなど)、CBDC(中央銀行発行デジタル通貨)と競合しないと述べています。
むしろ、2層のデジタル通貨は、これらの決済プラットフォームの橋渡し役となることで、これらの決済プラットフォームの相互運用性を強化できるようになるとレポートで述べられています。


データの活用とデジタルエコノミーの発展により、現金が価値以外の情報を運ばないのに対し、デジタル決済手段を活用することで、支払決済に伴うさまざまな情報やデータ(例:誰が、いつ、どこで、何を買ったか)を集められるほか、これら情報を処理することが可能となるデジタル決済手段は、広範なサービスを、アプリなどを通じて連携させるツールにもなっている。

ビットコイン誕生で流れが変わった決済分野




2009 年には、史上初の仮想通貨であるビットコイン(Bitcoin/BTC)が登場すると同時に、ブロックチェーンテクノロジーが登場しました。
ビットコインを含めた既存仮想通貨はボラティリティ(価値の変動)が激しく、決済手段として広く使われるには現段階でも至っていません。



※画像引用元:デジタル通貨勉強会最終報告書より


しかし同時に登場したブロックチェーン技術自体は、大きく注目され、すでに商業分野・物流分野・小売分野などとリンクした金融取引への応用や、証券と資金の同時受け渡しの実現など、さまざまな概念実証(Proof of Concept, PoC)や実証実験が日本以外でも行われています。

また、セキュリティトークンのように、さまざまな資産や権利の管理や移転にブロックチェーンや DLT を活用する取り組みも進んでおり、取引される資産や権利へのブロックチェーンの応用が進むにつれ、その対価となる資金の決済についても、これらの新しい技術を応用するニーズが高まっています。



※画像引用元:デジタル通貨勉強会最終報告書より


各国の中央銀行がCBDCの研究および実証実験に進むケースも日ごとに増し、2020年10月に欧州中央銀行および日本銀行が、「一般利用型」の中央銀行デジタル通貨について実証実験などを行っていく方針を明らかにしています。新しい情報技術を活用し、自らCBDCを発行してはどうかとの議論が高まっている中、今回の日本企業によるプライベートデジタル通貨をテスト計画の発表は自然な流れだといえそうです。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ブロックチェーン投票は失敗しやすいと主張の研究者を間違いと指摘

要点

・最新論文の草案で、MIT科学者のチームは、ブロックチェーン投票は失敗しやすいと主張しました。
・投票という意味の社名を持つ、ブロックチェーンベースのモバイル投票会社VotemのCEOであるPeteMartinはいくつかの考えを論文の草案で明らかにしました。
・論文の懸念は現実世界ではなく理想的な状況に焦点を当てていると彼は指摘しています。

ブロックチェーン投票は失敗なのか




Votem(ボーテム)のCEOであるの最高経営責任者であるピート・マーティン(Pete Martin) CEOは、ブロックチェーン投票の危険性について警告したMITの科学者は間違っていると述べました。

研究者がブロックチェーン投票の危険性について警告している限り、実際にはブロックチェーン投票は安全であると同社は反論してきました。
2020年2月、MIT(Massachusetts Institute of Technology=マサチューセッツ工科大学)研究者は、ブロックチェーン投票アプリVoatzが、さまざまな種類の敵対者がユーザーの投票を変更、停止、または公開することを不注意に許可したと主張する論文を発表しました。
マーティンCEOは、この論文に対し、“穴だらけだ”と答えています。

MITの科学者たちは、ブロックチェーン投票技術は、全国規模で失敗に陥りやすいと主張し、さらに広い範囲の最新論文の草案を発表しました。
これに対し、ブロックチェーン技術を介してモバイル投票を提供しているVotemのマーティンCEOは、この論文は支持されないと述べています。

なぜ、ブロックチェーン投票が失敗なのか




マーティンCEOは、ホストのマシュー・アーロン(Matthew Aaron)氏に、ドラフトを共同執筆したMITの科学者は“理想的な投票の世界”に焦点を合わせすぎていると語りました。

学者として、あらゆる種類のシステム、あらゆる種類のプロセスに関するすべての潜在的な問題について話すことができます。しかし、そこには現実の世界があります。

 

自分自身を“ブロックチェーンとモバイル投票の革命家”と表現しているマーティンCEOは

・投票の秘密
・ソフトウエアの独立性
・投票者が投票を検証する能力
・競争力

以上の4点についての懸念に要約した主張を論文の中で展開しています。

投票の秘密に関してマーティンCEOは

公平を期すため、私たちも他のブロックチェーン投票ベンダーも、国民国家の攻撃を防ぐための唯一のセキュリティ技術としてブロックチェーンを使用していません。しかし、ブロックチェーンを他のセキュリティ対策と組み合わせて導入すると、安全な投票システムを提供できます。

と述べています。

ブロックチェーン投票システム提供側の指摘




検証に関して、マーティンCEOは、研究者は、手書きの紙の投票用紙が最も有権者が検証できる種類の投票用紙であると信じていますが、問題は、CoCと呼ばれる投票の概念があることです。
しかし、郵便物に票を落とした瞬間、投票箱に票を落とした瞬間、あなたは管理過程を失っていると説明しています。

2020年にシステムを通過した投票の大多数は、真のエンドツーエンドの投票者の検証可能性を持っていませんでしたが、ブロックチェーンはそれらの機能を提供します。
2018年の中間選挙で一部の有権者にVoatzを使用していたウェストバージニア州政府は、MITの2月の報告を受け、アプリを廃止しています。

Voatzは後に、MITの研究者が行ったタイプの無許可のセキュリティ研究はコンピューター詐欺として分類されるべきであると主張し、米国最高裁判所にアミカスブリーフ (※1)を提出しました。
(※1)アミカスブリーフとは、裁判所に対して,当事者および参加人以外の第三者が事件の処理に有用な意見や資料を提出する制度を言います。

Voatzとは異なり、Votemはまだ政治の世界に触れておらず、アプリのウエブサイトには、潜在的ユースケースの中から個人選挙とオンラインファン投票がリストされており、Votemを小規模に売り込んでいます。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ValueDeFiでハッキング!フラッシュローン攻撃でDAI約600万ドル被害

要点

・分散型の金融利回り集計プロトコルであるValueDeFi(バリューデフィ)で、2020年11月14日(土曜日)早朝、DAIで740万ドルが悪用されました。
・攻撃者はフラッシュローン攻撃を実行したとみられており、Aaveプロトコルから80,000ETHが借用されました。

ValueDeFi(バリューデフィ)でハッキングの被害




14日(土曜日)、DeFi(分散型金融)プロトコルValue DeFiのMultiStablesボールトに対するフラッシュローンの脆弱性を悪用されたことが分かりました。


Etherscanデータによると、攻撃者は無担保ローンを利用して、Value DeFiのMultiStablesボールトに資金を預け入れた後、stablecoins dai(DAI、+ 0.07%)とUSDC(USDC、+ 0.02%)の間で資金を裁定しました。
攻撃者はDeFi貸付プラットフォームAaveから80,000のイーサリアム(Ethereum/ETH)を借りた後約600万ドルが悪用
されたことが分かりました。

急成長するDeFiへフラッシュローン攻撃が急増




これは、急成長しているDeFiセクターでよく見られるスキーム攻撃の「フラッシュローン攻撃」が原因である可能性が指摘されています。


フラッシュローンでは、貸し手は資金が即座に返済されることを期待しているため、ユーザーは無担保で資金を借りることができます。

1つのトランザクションブロック内で返済される限り、ユーザーは即座に資金を借りることができ、ユーザーは無担保ローンを利用できます。
利用可能なネットワークデータによると、エクスプロイトの一環として、攻撃者はValue DeFiに200万ドルを返し、自分たちのために540万ドルを借用していました。

さらに、攻撃者はValue DeFiチームに

フラッシュローンを本当に知っていますか?

と挑発的なメッセージを送りつけていたことも分かっています。

現在は閲覧できなくなっていますが、海外メディアの報道によると、Value DeFiチームは、後にツイートで「複雑な攻撃に遭遇し、600万ドルの純損失をもたらした」ことを確認しており、


 


私たちは現在、事後分析に取り組んでおり、ユーザーへの影響を軽減する方法を模索しています
とツイートでコメントを発信しています。

攻撃者はフラッシュローンを利用してカーブファイナンスボールト内に保持されているトークンの価格に影響を与え、次にそれらを低価格で購入してローンを返済し、利益を上げました。
MultiStables Vaultには、

1) フラッシュローン攻撃の防止
2) 偽トークン攻撃の防止
3) 再入可能攻撃の防止

というこれらのメリットがあるはずでしたが、今回のハッキングによって、これらのどれも持ち合わせていないことが判明しました。

混乱中のValueDeFiコミュニティで、チャットのメンバーであるジャスティン・ベビス(Justin Bebis)氏は

コミュニティのアートワークを宣伝し、毎週素晴らしい進歩を遂げました。この後、彼らが諦めるとは思えませんが、コミュニティが崩壊するのを見るのは悲しいことです。

と語っているほか、同じくValue DeFiのコミュニティマネージャーであるProd氏は

私たちはあきらめず、計画を立てて前進し続ける

とメディアに語りました。



※画像引用元:CoinMarketCap 


CoinMarketCapのデータによると、15日18時の時点で、1VALUR=211.32円(前日同時刻比-25.53%)と大幅な下落を見せています。

ValueDeFiの損失は、別のDeFiプラットフォームアクロポリス(Akropolis/AKRO)が同様のハッキング被害に見舞われており、被害額は約200万ドル(約1億円)を失ったわずか2日後に発生しています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

CNBCビットコインの呪いとは何か?トレーダーの意見から今を知る

要点

・一部の仮想通貨トレーダーは、ビットコインの価格がすでにピークに達していることを心配しています。
・トレーダーはビットコイン周辺のメディア報道が急激に増加している点を指摘しています。

“ビットコインの呪い”が意味するものとは




自称“ビットコイン伝道師”であるブライアン・ケリー(Brian Kelly)氏はビットコインに悪いニュースしかもたらさないと、非常に緊張したトレーダーは言います。

Crypto Twitterは、ビットコインの価格上昇が好調な時に大手メディアのCNBCが呼びかけるビットコインの伝道師こと、ブライアン・ケリー氏のファンではないと海外メディアが報じています。
その理由についてマディアは、ケリー氏がビットコインについてネガティブな発言をする頃には遅すぎるので、彼らはそれを「CNBCの呪い」と呼んでいます。
なぜそのような呼び名にされてしまっているのかについてメディアでは、ビットコインの人気が高くなりすぎると、一般ユーザーや新規ユーザーが取引をするために動き出すことから、価格が押し上げられますが、その間にクジラはビットコインを投棄し始めるため、暴落につながるからだと説いています。


 


別の見方をすれば、ケリー氏やCNBCニューズがビットコインを暴落させたわけではないものの、CNBCでのケリー氏の存在は、ビットコインが再び大ヒットしていることを示しています。

2017年の終わりには、ビットコインがいたるところで保有されている状況にあり、24時間のニュースサイクルとその年の投資の当たり年であると言え状況でした。
その後、2018年の年が明けるとすぐにビットコイン価格は暴落。
この急騰と暴落のスパンが短く、一般の見込みユーザーらがビットコイン購入するには至らない間に騒動が鎮静化してしまいました。

メディアは仮想通貨コミュニティや仮想通貨についてあまり理解していない。そのため、根底には“何かに気付く頃にはすでに手遅れ”という感覚がある。多くの仮想通貨ツイッターユーザーは、メディアが仮想通貨で何が起こっているのかを知っているかのように報道する時、面白いと感じているようです。

 

と、ミリオンフィアットホームページ(Million Fiat Homepage)の匿名オペレーター「Mathew (マシュー)」氏がメディアに語っています。





“CNBCの呪い”は日本でもジョーク交じりによく使われる言葉ですが、仮想通貨に関する今回の件についても、どちらかと言うと、“取引合図”よりはジョークの一環だとみられていますが、仮想通貨に関与していない一般の人々は“呪い”という単語を聞き、文字通りに受け止めています。
仮想通貨トレーダーのウィルコ・ヴァン・ボクステル(Wilco van Boxtel)氏は、

“呪い”は“トレーダーの下でよく知られている事実”です。ビットコインと市場の以前の市場トップとニュースで伝えられたものを見てください。そして、同じ効果を見てください。

 

と語っています。

仮想通貨関連トピックに関する研究が不足していることを考えると、理論を反証するのは難しく、理論について尋ねられたとき、トレーディングサイトeToroの市場アナリストであるサイモン・ピーターズ(Simon Peters)氏は

一部の知識豊富な投資家は売りたいと思う。他の人が貪欲であるときは恐れ、他の人が恐れているときは貪欲です。

 

と述べています。





CNBCの呪いは神秘的で異世界のように見えるor感じるのかもしれませんが、これらの誤った方向に進んだ見解結びつけるのは、ビットコインに対する不朽の信念です。

ビットコイン価格について推測するのは本当にばかげています。誰もができるだけ多くの経験を積み重ね、他の世界がビットコインとは何かに目覚めるのを待つべきです。

 

とマシュー氏は述べており、“ビットコインバブル”と呼ばれ、億り人なる言葉まで誕生した2017年末から2018年初頭にかけての価格に近づこうとしている今、“CNBCの呪い”は単なるジョークでありつつも、ユーザーに対して今一度冷静になるべきという教訓を暗に知らしめてくれているのかもしれません。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

やはり出現!ハッカーがトランプ大統領のサイト攻撃でモネロ要求

要点

・トランプ現大統領の選挙キャンペーンウエブサイトに30分間アクセスできなくなる事態が発生しました。
・不正アクセス⇓実行犯は、仮想通貨モネロを口座へ送る様指示していた事も分かっています。

トランプ大統領選挙サイトが乗っ取られる

コロナパンデミックの影響を大きく受け、アメリカの2020年7月の完全失業率は10.2%、8月の失業率は8.4%となっています。
4カ月連続で前の月より改善したものの、4~6月期の経済成長率は前期と比べて-31%にまで落ち込むなど、冷え込んだ経済の立て直し、人種差別問題など、あらゆる場面にまで影響が及び、2020年のアメリカ大統領選挙は史上最も緊迫したものになるだろうとの見方が大半でした。

また、強硬かつ破天荒な言動により、世界的なニュースが報じられるトランプ現大統領はこれまで度も金融市場や仮想通貨市場をかき乱してきました。
今年開催される大統領選では、投票アプリ「Voatz」を利用し、ユタ州ではブロックチェーン技術の特性を生かした投票が可能になった事が報じられるなど、大統領選が仮想通貨の価格にも影響を及ぼす気配が見え隠れし、ユーザーや市場関係者も固唾を飲んで見守っています。

そんな状況の最中で、トランプ現大統領の選挙キャンペーンウエブサイトに30分間アクセスできなくなる事態が発生し、緊張が走りました。

トランプ大統領陣営のウエブサイトの一つであるdonaldjtrump.com27日に何者かによって30分間アクセスできなくなったほか、改ざんされるというショッキングなニュースが飛び込んできました。

サイトにはこの間、法執行機関に差し押さえられたように見せかける文章が掲載されていたほか、アメリカ司法省とFBI(Federal Bureau of Investigation=アメリカ連邦捜査局)の公式紋章が掲載されていました。
さらに、サイトへ訪問した閲覧者に対し、仮想通貨モネロ(Monero/XMR)を口座に送るよう促す表示もされるなど、インターネットと仮想通貨を利用したよく見られる手口でサイトが乗っ取られていたことが海外メディアによって報じられました。

トランプ大統領側の被害について

今回の大統領選挙はここ10年で最も緊迫した選挙になるだろうと予想されている今、突然ハッカーによって今選挙期間中、最も挑発された偽情報キャンペーンが送り込まれ、関係者らが対応に追われています。
ハッカーは「このサイトは押収された。ドナルド・トランプ大統領によって毎日広められた偽のニュースが世界に十分にある」という通知を投稿していたことが分かっています。

ハッカーは、侵害されたデバイスにアクセスしたことを宣言したうえで
「厳密に分類された情報…トランプ政府がコロナウイルスの起源に関与していることを証明しました。トランプは、明らかに2020年の選挙を操作する外国の俳優との犯罪的関与および協力をしている(原文直訳)」。
とウエブサイト上に記載していたことが分かりました。

また、悪意ある書き込みを行っただけではなく、ハッカーはウエブサイト訪問者に対し、ハッカーがよく使用するプライバシーコインの一つであるMoneroを「はい」または「いいえ」のアドレスに送信して、そのデータを共有するかどうかについて投票するよう付け加えています。
ハッカーはモネロを要求した理由についても言及しており、締め切り後、資金を比較して世界の意志を実行し、(結果が)どちらの場合であっても通知します。と声明を出しています。

改ざんを行った犯人について現時点では特定されておらず、ハッキングされていたのかなどの詳細についても現段階では不明とのことです。
トランプ陣営の選挙キャンペーンのスポークスパーソンティム・マートー氏は、機密データがウエブサイトから取得されたことを否定しており、現在はすでに通常の状態に戻っているとコメントしました。

ウエブサイトを一定期間乗っ取り、仮想通貨を要求する手口は以前より度々発生しているものの、今回の仮想通貨身代金要求詐欺は大統領選挙がわずか1週間後に開催される直近であり、国家情報機関が外国のハッカーによる偽情報キャンペーンに非常に警戒していることを考えると、今日のハッキングは軽視できないと海外メディアは報じています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

イーサリアム取引手数料、9月中旬以降、DeFi金利低下とともに92%急落

要点

・大きく注目され、デビューを飾ったSushiSwapのSUSHIトークンは、ブームが去ると直近30日間でおよそ8割も下落しています。
・イーサリアムネットワーク上の取引で支払われる平均取引手数料も、DeFi(分散型金融)エコシステムへの関心が停滞した影響を受け、現在平均取引手数料が1ドルを下回るまで急落しています。
・このような背景には、DeFiプラットフォームで大規模取引が実行された際、即座に注文を出し、価格変動を利用したスパム取引に使用され、急落を招いたと指摘されています。

イーサリアム手数料が急落


※画像引用元:BitInfoCharts 


今年最も過熱した仮想通貨市場の出来事と言えばやはり、DeFi(分散型金融)の登場といえるでしょう。
なかでもひときわ大きく注目されてデビューしたトークンなのがSushiSwapのSUSHIトークンです。

しかし、ブームが過ぎ去ると一転してトークン価格は急落し続けており、SUSHIトークンについても直近30日で8割弱の77%も下落しています。
DeFiレンディング(貸付)コンパウンド(Compound)のCOMPトークンはSUSHIトークンよりも下落率が低いものの、それでも4割近い37%も値を下げています。

イーサリアムネットワーク上の取引で支払われる平均取引手数料は、DeFi(分散型金融)エコシステムへの関心が停滞しているため、9月中旬以降急落し続けており、現在もまだ下降線の途中に
居ることが仮想通貨分析を手掛ける企業BitInfoChartsのデータによって分かりました。

同データによると、イーサリアムの平均取引手数料は、DeFiプロトコルへの関心が高まり、スペースに閉じ込められた総額が100億ドル近くにまで跳ね上がった今年9月初頭、15ドル近くで史上最高値を記録していました。

しかし、15ドルを記録した直後に急落し、9月中旬に11.6ドルにまで下落した後、イーサリアムで支払われる平均取引手数料は急落速度が増し、現在は平均取引手数料が1ドルを下回るまで急落しています。

マイナーが見つけるブロック内のトランザクションスペースは限られているため、イーサリアムのトランザクション料金は上昇します。需要が利用可能なスペースを超えると、ユーザーはガス料金に高い入札を開始して、次のブロックに含まれるトランザクションを確認しています。

DeFiにロックされた合計値は、それ以来ゆっくりとしたペースで成長し始め、DeFiプロトコルのHarvest Financeが2,400万ドル相当の仮想通貨から悪用された後の急落する前、今月初めに史上最高の120億ドルに達しています。



※画像引用元:DeFi Pulse  


DeFi Pulse  https://defipulse.com/ によると、ETHに固定された合計値は、9月中旬に940万ETHに達し、10月19日に900万ETHでその数値を上回っただけです。それ以来、それは888万ETHにまで低下しています。
その一方で、DeFiプロトコルでロックされているBTCの合計量は着実に増加しており、9月中旬の100,000BTCからプレス時の161,000BTCにまで急増しています。

合計値がロックされた上位プロトコルの一部が利回りマイナーのガバナンストークンの報酬を減らし始め、集中型取引プラットフォームが提供される利回りに関して分散型プロトコルと競合するため、分散型スペースへの関心は鈍化している可能性があります。

主要仮想通貨の価格が13,000ドルに達した後、ビットコインネットワークでの取引に支払われる平均取引手数料が今週急上昇したことも注目に値します。

DeFi市場で横行しているスパム取引




最大級分散型取引所と言われるUniswapでは、1日の取引高が9月1日に過去最高の9億5,400万ドル(約1,000億円)を記録した後、半分以下の2億2,400万ドル(約240億円)にまで大幅に取引高も減少しました。

仮想通貨市場全体のボラティリティの低さが取引高の減少につながっている。

と、仮想通貨アナリスト、コナー・アベンドシャイン(Connor Abendschein)氏は指摘しています。

アベンドシャイン氏の発言を裏付けるかのように、2020年8月中旬には、イーサリアムネットワークが渋滞し、手数料が上がった理由について、DeFi市場における“スパム取引”が原因との指摘もありました。

ブロックチェーン技術企業Certus Oneの共同創設者であるヘンドリック・ホフシュタット(Hendrik Hofstadt)氏は、過去半年間のイーサリアムの人気クライアントソフトGeth(go-ethereum)のシステム上の“癖”を利用したトレード収益を上げる行為が盛んに行われた事を指摘しています。

ボットが利用され、UniswapなどDeFiプラットフォームで大規模取引が実行された際、即座に注文を出し、価格変動を利用しているとのこと。
イーサリアムの開発者であるフィリップ・カストングアイ(Philippe Castonguay)氏によると、2018年4月以降、約600万ドル(約6奧3,000万円)相当のガス料金がこの様なスパム取引に使用されていたと指摘されています。

これまでにもさまざまな著名人やアナリストたちがDeFiについて“誇大広告”キャンペーンが終わったと皮肉るなど、何かとやり玉に挙がってきたDeFi。
今後もさまざまなところでブームの陰で露呈した弊害が露呈しそうです。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

順調なイーサリアムのDEXボリュームはなぜ10月にクラッシュしたのか

要点

・FTXのSam Bankman-Fried CEOは、イーサリアムベースのDEXの取引量急増は長続きしないと予測していました。
・実際、10月に入ると、DEX全体でボリュームが急激に減少しました。

DEXは長く続かないと当初から予測されていた!?

ビットフライヤー(bitFlyer)やGMOコインザイフ(ZAIF)ビットバンク(bitbank)など、仮想通貨取引所を管理する特定の企業が運営し、顧客サービスやセキュリティなどを万全に整えている仮想通貨取引所を中央集権型仮想通過取引所と言います。

これらの様な一般的な中央集権型仮想通貨取引所に対し、DEX(Decentralized Exchange=分散型取引所)は、中央管理者が存在せず、秘密鍵をユーザー自身で管理し、個人同士による仮想通貨売買を行います。

2017年にはすでにDEXは存在していたものの、ユーザーにとってはあまり使い勝手が良いとは言えず、なかなかDEXが注目される事はありませんでしたが、Uniswapが登場した事で状況は一変しました。

Uniswap V0が2018年11月にUniswap V0が公開されると、TVL(Total Value Locked=預け入れ資産総額)は総額20億円を一気に超え、2020年にはさらに4倍以上の90億円にまで伸び続け、今ではDeFi(decentralized finance=分散型金融)にとって欠かすことのできない存在にまで成長しました。

10月に入るとDEXは急げ来なトーンダウン


※画像引用先:DuneAnalytics

しかし、10月に突入すると、Uniswapの登場によって順調だと思われていたイーサリアムのDEX(Decentralized Exchange=分散型取引所)ボリュームが一気に鈍化しました。
分散型暗号通貨取引所Serumを運営するFTXのサム・バンクマン・フライド(Sam Bankman-Fried) CEO(最高経営責任者)は、DEXの取引量が急増するのは短命だと予測していました。

10月上旬に開催されたLAブロックチェーンサミット(LA Blockchain Summit)で、仮想通貨取引所CEOであるフライド氏は、イーサリアムベースのDEXの夏の急増は“でたらめ”であり、数カ月も強気な伸びは保証されないと述べています。

仮想通貨分析データを手掛けるDuneAnalytics社によると、イーサリアムベースのDEX取引量は10月を通して急激に減少しています。
直近の過去30日間だけを見ても、ボリュームは45%も減少しています。

DEXの取引量は今夏に爆発しており、巨額の利益をもたらす可能性のある新しいインセンティブを提供する分散型金融プロトコルのおかげだといわれています。

DEXで意味あるボリュームはほとんどなかった!?

DEXで起こっていたことは、「トランスマイニング」またはトランザクションマイニングとほぼ同じで、一元化された取引所はプラットフォームを使用したことに対し、ネイティブトークン(Binance Coin、Huobi Tokenなど)でトレーダーに報酬を与えることがあります。

「トランスマイナー」は、利益のために売ることができるこれらのトークンを獲得するためだけに、自分自身と取引しようとしますが、これらの取引所では、意味のあるボリュームはほとんど発生しなかったとフライド氏は語っています。

取引所のボリュームを尋ねる理由は、次のような質問に答えるためで、それはどれほど重要なのか。どのくらいの流動性があるのか?価格設定にとってそれはどれほど重要なのかか?誰かがどこで取引するようにアドバイスされるべきなのか?その未来はどれほど素晴らしいものなのか?どれくらいのお金を稼いでいるのか?
フライド氏によると、これらの質問のいずれも、トランスマイニングから生じた一種の“偽(いつわり)”のボリューム数によって回答されておらず、これらの新しいインセンティブのおかげで、今年の夏にDEXで起こったこととほぼ類似していると主張しています。

最も人気のある分散型取引所Uniswapでさえ、数字はこれを裏付けており、現時点での1日の取引量は1億ドル強で、9月の10億ドル近くから1/10も減少しています。

DEXが偽のボリュームへの支払いをやめるとすべてのボリュームがなくなったとフライド氏は語っています。

すべてのDEXに当てはまるわけではないと同氏は語っているものの、ほとんどの場合に当てはまるとコメントしています。

ビットコインの取引量が日本一の取引所として知られているbitFlyerですが、初心者でも簡単に取引をはじめられる事でも知られています。
これまで期にはなっていたものの、取引が難しそうでなかかな取引をはじめられなかった方も、すぐに取引を始めることができるのがbitFlyerです。

それならやってみようかな?と興味を持たれた方はますは、こちらをご覧ください。

日本最大手仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引量日本一bitflyer(ビットフライヤー)は初心者から投資家まで、万人におすすめできる取引所です。
ビットコイン以外にもイーサリアムやモナコインなど5種類の仮想通貨の取引も可能です。

また、セキュリティ対策にも力を入れており、ビットコインのリスクを保証する損害保険などもついています。
また、ビットコインのレバレッジ取引なども可能なので、投資を目的にしている方にもオススメです

bitflyer

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

IT企業4社が業務提携!NTF相互利用のためのOct-Pass策定を発表

要点

・IT4社が業務提携し、NFT相互利用のための共通仕様であるOct-Passを策定することが発表されました。
・Oct-Passの登場により、これまでNTFの課題と言われてきた問題を最小化させていくことが同時に発表されました。

4社提携でOct-Passがついに発表される




「NFTをもっと自由に!」をコンセプトに、ブロックチェーンコンテンツ関連企業4社が共同で、異なるアプリケーションやブロックチェーン間でNFT(Non-Fungible Token=非代替性トークン)を相互利用するための共通仕様Oct-Passを策定することを共同発表しました。


ブロックチェーンゲーム開発のdouble jump.tokyo株式会社(東京都新宿区、上野広伸代表取締役)は、2020年10月23日(金曜)
CryptoGames株式会社(東京渋谷区、小澤孝太代表取締役)
株式会社フィナンシェ(東京渋谷区、田中隆一代表取締役)
株式会社スマートアプリ(東京港区、高長徳代表取締役)
の計3社と業務提携しました。

今回発表された業務提携には、異なるアプリケーションやブロックチェーン間でNFTを相互利用するためのオープン・コンテンツ・トークン(Open Contents Token)共通仕様「Oct-Pass」を4社が共同で策定することを目的として提携されています。

NFTとは?


※画像引用先:Oct-Pass 公式ブログ 


NFT(Non-Fungible Token)はERC-721に準拠して発行された非代替性トークンで、ERC-721は『所有、譲渡、譲渡の委任』を定義する規格である事でも知られています。

そのNFTとは、文字通り代替が不可能なトークンであり、“Fungible” は代替できる=代替可能という意味です。
価値が一定で交換できるもののことを指しており、私たちが毎日使用するお金(法定通貨:JPY)がこれにあたります。

NFTは、ERC-721規格でのみ扱うことが可能で、この“ERC”はすでにご存じの方も多いですが、Ethereum Request for Commentsの頭文字を取って作られた造語で、ほかにもERC-20規格トークンも発行されています。
ちなみに、ERC-21はNFT専用規格として設計されたものです。

NFTはゲーム分野で活発に採用されており、ゲームユーザーからの認知度はすでにかなり高く、ゲーム内で使われているアイテムをNFTを介して希少性を確保したり、市場でアイテムを適正な価格で売買できメリットももたらしています。


これまでは、NFTごとにメタデータ(※テータのためのデータ)フォーマットが異なる仕様でした。
その為、統一しづらいだけではなく、取り扱いも難しく、NFT作成者やアプリケーションごとの個別対応のためのシステム開発や調整がその都度要求されており、NFTにとって最も大きな課題が共通仕様の開発でした。

そこで今回発表されたOct-Pass が登場しており、NFTメタデータの共通仕様「Oct-Pass metadata format」を定めることで、これら困難な状況を改善するだけでなく、NFT作成者やアプリケーションでNFTの取り扱いを簡便にすることを目指していくと述べられています。

このOct-Passは、誰でも無償で自由に利用できるオープンなNFT共通仕様で、同仕様に準拠してNFTメタデータを作成することで、アプリケーション間におけるNFTの相互利用が容易にできるようになるとのこと。
その結果、ゲームやSNS、マーケット、ウォレットなど異なるアプリケーションや、異なるブロックチェーンを跨いで、NFTで世界と繋がる「NFTメタバース」を実現する一歩となることを目指しているとプレスリリースで発表されています。

NFTメタデータの共通仕様「Oct-Pass metadata format」は
ベーシック(basic)
NFTの基本的情報である名前や種類、サムネイル画像、発行数
コンテンツ(contents)
NFTのコンテンツ情報と利用や改変に対するライセンス情報
プロパティー(property)
コンテンツの性質などの付随情報
以上の3つのカテゴリー別にメタデータの共通仕様を定義し、ブロックチェーンコンテンツ利用に適したフォーマットを目指して行くと述べています。

API仕様Oct-Pass API specの特徴




イーサリアムのスケーラビリティや送付手数料高騰などが起因となるNFT流動性不全を解決するために、特定ブロックチェーンに依存せず、複数ブロックチェーン上でNFTを取り扱うためのAPI仕様「Oct-Pass API spec」についても提案しています。

Oct-Pass API specは、異なるブロックチェーン間でNFTを流通したり利用するためのAPIの共通仕様を定義していくとのことです。

これまでNFTは、イーサリアムなどの特定のブロックチェーンの中だけに存在していました。
その為異なるブロックチェーン同士は対応できなかったことが2つ目の課題と言われていました。

Oct-Pass API specに準拠して複数のブロックチェーンに対応したゲートウェイを実装することによって異なるブロックチェーン上のアプリケーションやサービスでNFTが取り扱いやすくなるとのことです。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

アメリカは仮想通貨に関する明確なルールを切実に必要としている

要点

・10月7日(水曜)、ロサンゼルスで開催された「LAブロックチェーンサミット」にて、通貨監督庁代理のブライアン・ブルックス氏が講演しました。
・ブルックス氏は、仮想通貨に関する規制の明確化を支援したいと述べました。
・同氏は銀行が仮想通貨を管理できることを明らかにしました。

アメリカにおける仮想通貨の明確化

アメリカ・通貨監督庁代理のブライアン・ブルックス(Brian Brooks)氏は、銀行が仮想通貨資産をどのように扱うかについての未解決で曖昧な法的位置づけに対して解決させたい考えである事を明かしています。

アメリカ国内の銀行を監督する規制機関の責任者であるブルックス氏は、仮想通貨を落ち着かせようと日々悩んでいると明かしました。

仮想通貨にマイナス活動がある場合、それを取り除く必要があります。クレジットをより利用しやすくし、古いシステムに含まれていなかった人々を支援するこれらの根本的な新しいテクノロジーの恩恵を受けるつもりなら、それを理解する必要があります。

と、OCC(Office of the Comptroller of the Currency=アメリカ通貨監督庁)の局長は述べています。

以前、アメリカを拠点とする仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)のトップ弁護士であったブルックス氏は、今年4月に同氏が引き受けた役割である通貨監督庁に就任して以降、仮想通貨について明確にすることを提唱しています。

7月、OCCでは、通常の銀行が仮想通貨を保管できることを明らかにし、先月には銀行によってステーブルコインを発行する企業の準備金を保有できたことが明らかになっています。

米ドルのステーブルコインは米ドルに固定されており、テザーやUSDCなどの一部は実際の米ドルの準備金に裏打ちされていると主張しています。
テザーはコインを保持する銀行を見つけるのに苦労し、姉妹会社であるビットフィネックスは、このギャップを埋めるのを助けた会社の1つであるクリプトキャピタルが10億ドル近くから彼らを詐欺したと主張しています。

時間の経過とともに、これらのブロックチェーンは実際には単なる“支払いシステム”になる可能性があります。もしそうなら、銀行がそれらのブロックチェーンをサポートでき、いつかそれを将来使用できる状況について、銀行にいくらかの明確さを提供し始める必要があります。私たちは他の機関と協力して、明確で一貫性のあるメッセージが確実に届くように働きかけています。

とブルックス氏は述べています。

ブルックス氏はコインベースに在籍していた際、業界組織であるCrypto Ratings Councilの設立を支援しており、この業界組織のメンバーは、主に取引所がメインで構成されており、どの資産がアメリカ証券を構成し、安全に上場できるかを把握するために協力していました。

金融機関は仮想通貨に対してどちらかというと“敵対関係”にありますが、それは規制当局がリスクを最小限に抑えるためのフレームワークを提案していないためであるとみられており、ブルックス氏は、

私たちがやろうとしているのは、明確さを提供することだけです。市場は明確である場合にのみ有機的に発展することができます。

と語っています。

政府はルール作りに固執すべき

ブルックス氏は、ドルの公的で分散型の支払いプラットフォームバージョンであるFedNowのFRB(連邦制度準備理事会)のタイムラインを拒否しました。

連邦準備制度理事会のラエル・ブレイナード(Lael Brainard)氏は、プロジェクトは3年から4年以内に終了する可能性があると述べています。

政府は規則を確立するのは得意ですが、何かを新たに生み出すことは得意ではありません。
ブルックス氏の主な焦点は、アメリカがグローバルファイナンスのリーダーとしての地位を維持することを確実にすることであると述べており、政府の役割は技術を生み出すことではないと断言しています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

インドで仮想通貨禁止法が提出か

インド行政が再び仮想通貨を禁止する法案を用意していることが明らかになりました。

報道によると、インド政府が法案を議会に提出する前に法案に関する閣議がなされる予定であり、

その結果によってはインドで仮想通貨が禁止される可能性があるとのことです。

現段階では具体的な法案の詳細などは明らかにされていないものの、

仮想通貨取引の全面禁止の法案が成立すれば、

インドの170万人以上の仮想通貨ユーザーに影響があるとみられています。

 

二転三転するインドの仮想通貨への態度

インドでは仮想通貨に対しての態度がこれまでに二転三転しているようです。

というのも、今年3月にインドの中央銀行であるインド準備銀行(RBI)が、国内の銀行および金融機関に対して、

仮想通貨関連のサービス提供を禁止した命令が違憲であるとの判決が下されています。

この判決は当時のインド市場に大きな影響を与えており、

インドでは「プチ仮想通貨バブル」が発生するほどであったとのことです。

実際に、業界関係者によると未だに多くの銀行は仮想通貨関連の企業に対して、

銀行サービスを提供していないというのが現状のようです。

その一つの原因としてインド国内で仮想通貨を規制するしっかりとした法整備がなされていないことや、

取引所のセキュリティやマネーロンダリングなど犯罪への対策などが不十分であることが挙げられています。

インドは人口規模で中国に次ぐ規模を誇っているため仮想通貨の利用普及の可能性が期待されており、

今回の仮想通貨禁止の法案が可決されれば大きな影響が出るとみられています。

 

インドでの仮想通貨需要は?

インド政府は仮想通貨についてやや懐疑的な見方を示していますが、

インドの市場についてはこれとは反対の様相を呈しているようです。

というのも、インドの最高裁判所が3月に銀行規制を解除して以来、

インドにおける仮想通貨取引の量は増え続けているとのデータがあるようです。

仮想通貨データサイトであるコインダンス(Coin Dance)によると、

P2P(ピアツーピア)取引所のPaxfulとLocalBitcoinsのビットコインの取引量が7月に過去最高になったとのことです。

実際インドは、世界で最も急速に成長している5つのビットコインユーザーグループの1つであり、

Paxfulにおける仮想通貨の取引高は2019年5月の約57万6000ドルから2020年7月には897万ドルに成長しているようです。

また、インドではデルタ取引所などの小規模な取引所も成長しており、

デルタ取引所のパンカジ・バラニCEOによると新規顧客が前月比で倍増しているとのことです。

 

インドで仮想通貨需要が急増した原因は?

インドのビットコイン需要拡大の理由はいくつか考えられますが、

2016年の高額紙幣廃止が大きく関係しているとみられています。

2016年にインド政府は現行の500ルピー(約800円に相当)紙幣と1,000ルピー紙幣を廃止する旨を発表しました。

この二つの紙幣はインドで発行されている紙幣の約86%を占めているとのことです。

高額紙幣廃止後の18日間でビットコインの価格は757ドルから1020ドルに急騰しており、

インド人投資家にとって、金などと同様に価値を貯蔵する手段としてビットコインの需要が急増したことが考えられます。

もう一つの需要としてインドの国際送金需要が関係していると考えられています。

というのも、インドでは海外で働いているインド人が1700万人以上いるとみられており、

2018年には800億ドル(約8.6兆円)以上を海外から送金していてその手数料は約6100億円にも登るとされています。

そのためインドでは高額な支払い手数料を回避するために様々な国際送金手段を模索しているようです。

その選択肢の一つとしてビットコインが注目されているようで、

インドで仮想通貨需要が急増している原因になっているとのことです。

さらに国内の原因としてインドルピーの不安定な価格が挙げられています。

新型コロナウィルスのパンデミックが始まって以来、対米ドルで7%以上下落していることもあり、

価値を貯蔵する手段の一つとしても仮想通貨に注目が集まっているようです。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインエンジニア、巨大なブロックチェーンの脆弱性を再発見

要点

・2018年に開発者がビットコインブロックチェーンのバグを発見しました。
・発見されたバグにより、ハッカーがネットワーク全体をシャットダウンさせる可能性がありました。
・開発者は2020年、他の多くのブロックチェーンでバグを再発見しており、その発見に関する論文を発表しました。

ビットコインエンジニアがバグを再発見




ビットコインネットワークの脆弱性(既に修正済み)によって、ノードのシステム全体がシャットダウンする可能性があった事が分かりました。
しかし、幸いにもハッカーがこのバグを利用したことはなかったことも分かっています。

最初に開発者がビットコインブロックチェーンのバグが発見されたのは2018年でしたが、2年後の2020年の今年に入り、2人のビットコインエンジニアがブロックチェーンをシャットダウンする可能性のあるいくつかの脆弱性を再発見しました。

ビットコインのエンジニアであるブレイドン・フラー(Braydon Fuller)氏とジェービッド・カーン(Javed Khan)氏は、2018年にビットコインブロックチェーンの「INVDoS」という名前の脆弱性を修正しましたが、今週、「Btcd」や「Decred」など、他の多くのブロックチェーン反復でどのようにそれを見つけたのかを詳しく説明した調査報告書を公開しました。

発見された脆弱性とは




1つの敵対的なトランザクションを検証するブロックチェーンネットワークのメンバー(ブロックチェーンノード)が、存在しないトランザクションの呼び出しにてスパムを送信することで、別のノードをあふれさせることができます。

その結果、ノードは圧倒され、記憶は“際限なく成長する”として

これによりプロセスがクラッシュし、プロセスが終了するまでプロセスとコンピューターがフリーズする可能性があります。

と研究者たちは記載しています。

エンジニアは調査報告書の中で、「サービス拒否」攻撃として知られているこの脆弱性は、ハッカーによって“簡単に悪用可能”で、ビットコインノードのネットワーク全体をクラッシュさせるために使用される可能性もあると述べています。
これにより、トランザクションの処理が遅れ、資金や収益の損失も発生する可能性があると報告書は述べています。

2020年6月、カーン氏は古い攻撃がBtcdを適用して実行されていることに気づきました。
Btcdは、ユーザーが支払いを送受信できない代替ビットコインブロックチェーンノードで、1カ月後、同氏は別のブロックチェーンネットワークであるDecredにも脆弱性を発見しました。

カーン氏は他のブロックチェーンエンジニアと協力し、8月下旬に脆弱性の修正を公開し、「幸いにも、この脆弱性が悪用されたことは、これまありません」とフラー氏とカーン氏は報告書に書いています。

シャットダウンは何年も前から発生していない




両氏が述べているように実際に、これらのようなネットワークのシャットダウンは何年も前から起こっていません。
ビットコインネットワークの場合、このようなダウンタイムイベントにつながった脆弱性は2つしかなく、2013年以来は1つもありませんとレポートは述べています。

しかし、今回発見されたこれらの脆弱性はかなり大きなものであり、2018年には、「インバウンドトラフィックがあり、マイナーとエクスチェンジの大部分がおそらく公に宣伝されているビットコインノード」の50%以上に脆弱性があり、攻撃のリスクがあったと報告書は述べています。

ライトコインとネームコインのブロックチェーンもリスクにさらされているとレポートは付け加えています。レポートではこの脆弱性がハッカーによるビットコインの盗難に役立つ可能性は低いと付け加えていましたが、ライトニングネットワークからの資金(ビットコイントランザクションをより迅速に処理するためのプロトコル)が危険にさらされている可能性があると指摘しています。

古いバージョンのビットコインソフトウエアを実行しているマイナーや取引所は依然として危険にさらされている可能性があり、すでにノードを実行しているほとんどの人々は最新のソフトウエアを持っていると開発者は付け加えています。
おそらく、多くの人がすでに保護されていますが、それ以外の(古いビットコインソフトウエアを実行している)場合は、必ずアップグレードしてくださいとレポートでは締めくくられています

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

約150万BTCが既に消失済み?供給量が減り更に価値が高まるビットコイン

ビットコインの最大供給量が2,100万BTCであるということをご存じの方は多いかと思います。

しかし、現在発行済みのビットコインのうち、既に消失してしまった”持ち主の居ないビットコイン”がいくつあるかを知っている人は少ないでしょう。

今回は、そんな持ち主の居ないビットコインについてお話していきたいと思います。

 

失われたビットコインは戻らない

仮想通貨ユーザーの中には、送金アドレスを間違えて仮想通貨を闇に葬ってしまった方も少なからずいるでしょう。

いわゆるゴックスと呼ばれている行為ですね。

このゴックスによって失ってしまった仮想通貨は、取引所の対応できる範囲を超えてしまうと2度と人の手に渡ることはありません。

特にビットコインに関しては、どんな凄腕のハッカーでも復元することが不可能でしょう。

理論上では、量子コンピューターが進化することによって復元できるのではないかとも言われていますが、少なくとも数十年以上の長い月日が掛かります。

既に1.65兆円ものビットコインが消失

では一体、現時点でどれほどのビットコインが復元できない状態にあるのでしょうか。

仮想通貨分析をしている Coin Metricsがその答えを調べてみたところ、およそ150万BTC(1.65兆円相当)であることが判明しました。

この150万BTCは、2010年7月以降に動いていないビットコインであり、恐らく既に所有者が居なくなったもしくはアドレスにアクセスできなくなったビットコインだと推測されたことから、既に消失しているビットコインと判断されたようです。

もちろん、2010年7月以前からひたすらホールドをしている可能性もある為、この150万BTC全てが完全に失われているとは言い切れません。

とは言え、2010年頃のビットコインはほぼ価値が付いていない状態だったので、大半のユーザーは適当にビットコインを保管していたことでしょうから、既にアドレスにアクセスできない可能性の方が高いでしょう。

また、2010年7月~現時点までの間に、送金ミスで闇の彼方に送られてしまったビットコインはカウントされていない為、もしかしたら150万BTCを遥かに上回る量のビットコインが失われている可能性だって十分あります。

 

失われるほど価値は上がる

ビットコインは、発行量の上限が設けられていることが特徴です。

日本円やドルのように、不足したから増やそう・多すぎるから焼却しようなんてことは出来ません。

一応、技術的にはハードフォークによってビットコインの発行上限を増やすことはできるのですが、コミュニティの大半の同意が得られないと実行ができない為、実現することはあり得ないでしょう。

万が一あり得るとするのであれば、世界中に人間がビットコインを当たり前に使うようになり、現状の発行数では補い切れないと大半のユーザーが判断した時でしょうから、ビットコインの価値自体は大幅に上昇しているはずです。

XRPやXEMのように中央集権的な通貨は、限りなく可能性は低いものの、発行上限が解放されて価値が減少する恐れがありますが、ビットコインはその心配がないのです。

その為、ビットコインが失われれば失われるほど、世界中に出回っているビットコインの総数は減少するわけですから、それに比例してビットコインの価値は上昇していきます。

ただ、現状ではどのビットコインが闇に葬られたかは送った本人やアドレスを忘れた本人にしか分からない為、正確な数値を出すことはできません。

つまり、消失したビットコインは市場には織り込まれていないのです。

これからビットコインの供給量が半減期などで減っていく一方で、ビットコインを集める層は増加していくでしょうから、必然的にビットコインの希少価値について人々は意識していくようになると考えられています。

その際に、失われていると判断されたビットコインも市場に織り込まれて、価格を上昇させる要因になるかもしれません。

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.