仮想通貨まとめ:まとめの更新

No tags for this post.

遂にアメリカも仮想通貨取引所は登録制!? 規制強化が進んでいます!

2018年3月8日 米国証券取引委員会(SEC)が仮想通貨取引所は証券取引所と同様にSECに登録すべきだとする見解を発表しました! 日本と同様に取引所が登録制になる可能性があります。 どういった内容で登録制にするのか、またアメリカの仮想通貨に対する考え方等を説明します!No tags for this post.

大手仮想通貨取引所Binance(バイナンス)ハッキング|Bitcoin数時間で1,000ドル下落の要因か

一晩の数時間だけで仮想通貨ビットコインが急落した夜中、いったい何が起きたのかと幾つか報じられています。要因となることは幾つか重なっているようですが、今回のニュースで気になるのは、あの大手仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)のハッキング報道です。バイナンスのシステムで阻止され安全だったと伝えられていますが、たった2分間に何が起きたのでしょうか。あなたのアカウントは大丈夫でしょうか。

金融庁が仮想通貨取引所に一斉処分|登録業者2社処分、業者7社処分のうち2社停止命令

金融庁が、仮想通貨取引所に行政処分を下しました。登録業者のZaif運営のテックビューロとGMOコインに業務改善命令。登録申請中の「みなし業者」の2社には業務停止命令、合計5社には業務改善命令となりました。申請中のコインチェックにつきましては、2度目の処分が下され開始のメドが未だに確定ができない状況です。No tags for this post.

オーストラリア1200ヵ所以上のストアで仮想通貨購入開始|雑誌や飲み物と一緒に買える

仮想通貨の見えない購入に躊躇していた人の利用が増えるかもしれません。なんと、オーストラリア国内の1,200箇所以上のニューススタンドで仮想通貨BitcoinとEthereumを「店舗」で購入することができるようになりました。日本で言えばキ○○クのような店舗で雑誌や飲み物を購入するように買うことができるというもの。詳しい詳細をご紹介いたします。No tags for this post.

今月開かれるG20サミット! 今後の仮想通貨市場に大きな影響が出るその内容とは!?

G20サミットで議論に上がっているのが仮想通貨規制案です! 日本主導で議論していくようですが、どういった内容になるのか!? 今後の仮想通貨市場に大きく影響してくであろうサミットなのでどのような事が議題として上がっているかを説明します!No tags for this post.

Amazon(アマゾン)やスターバックスは仮想通貨を開発か|市場の期待は銀行より信頼が高い

Amazon(アマゾン)とスターバックスは、「仮想通貨やブロックチェーン」を事業に取り入れる姿勢を示していると報じています。金融関係者はアマゾンが独自仮想通貨アマゾンコインを出すなど乗り出してくるだろうと予測をしているといいます。また、世論のアンケートを集めたところ、驚くことに銀行口座よりもアマゾンの口座を信頼し使用したいという結果まででているのです。No tags for this post.

仮想通貨Zcashが初のソフトワークアップデートOverwinterを発表|6月のハードフォークに近づくのか

2018年はアルトコインもハードフォークが多いとも報じられていますが、仮想通貨の中でも匿名性が高いと言われているZcash(ジーキャッシュ/ZEC)がアップデートを発表しました。今回“初”のネットワークアップデートである「Zcash Overwinter(オーバーウィンター)」のリリースを予定しています。6月には“ハードフォークか”とも報じている様子ですが、今回の発表をご紹介します。No tags for this post.

ビットコインのドミナンス上昇中です! 要因はビットコインコアのアップデート!?

ビットコインコアのアップデートが2月26日に行われました✨ バージョン0.16.0になり、セグウィットが完全対応になりました! これで取引処理も早くなり手数料も下がっていますヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。 ドミナンスも上昇中のビットコインが今どうなっているのか説明します!

仮想通貨ランキング2018.3.4|マーシャル諸島とリベルランドが自国独自仮想通貨発行へ

仮想通貨ランキングですが、ようやくビットコインの占める割合が戻ってきました。今週はアルトコインIOTAのテクニカル予測を少しご紹介。メインは、各国が急ぐ自国仮想通貨発行に着手すると2カ国が発表しました。特徴的な背景をもつ「マーシャル諸島とミクロ国家リベルランド」が本日のメインとなります。独自仮想通貨のICO予定からコンセプトと利用目的、そして国が見出す独立への道。これからの注目にもなりそうです。

年間送金2兆円規模のケンブリッジ社が国際送金にリップルを採用!

世界的な商業支払いソリューションのプロバイダーであるケンブリッジ・グローバル・ペイメント社がリップルの「xRapid」を国際間の支払いに組み込むようです! 着々と利用する企業が増えていっているリップルですが、今回の採用によりどのような事が考えられるのか!? しっかりと説明します!No tags for this post.

日本と真逆「仮想通貨」利用に無税|ロシア暗号税廃止といドイツは決済使用に課税しない

日本の仮想通貨法案への着手はどこよりも早かったのは事実。しかし、税に関しては後手というしかなく、そんなことにも課税されるのと不満が爆発しています。それは、決済に使用したら利確として課税するというおそまつなもの。そんなところ、ロシアとドイツでは日本と真逆な「課税しない」案が流れてきました。内容とそのニュースの信ぴょう性は?No tags for this post.

日本の金融庁がICO規制を検討? 今後どうなるICO!? 昨年に起こった被害とは?

遂に日本の金融庁もICO規制を検討し始めました! ちゃんとしたルールを決めてもらえればそれに沿った内容の物が増えるので被害が出ることは少なくなると思いますが、今後はどうなっていくのか!? ICOでちゃんと資金調達を成功している物もあるので全てが悪い訳ではありません。 昨年の被害、各国の規制状況含め説明します!No tags for this post.

国の仮想通貨“発行計画”トルコ(Turkcoin)とイラン|ベネゼエラのペトロ発行に続く

ベネゼエラの国の仮想通貨ペトロの第一弾発行の様子を見、その状況に背をおされた国がありました。トルコとイランは、ベネゼエラに並び国仮想通貨発行を計画していると報じられました。トルコもイランも仮想通貨に対して否定的な意見を伝えていた国。しかし既に否定だけでは終わることができない状況が到来しているものと思われます。これから同じような決断を下す国も増えてくるのかもしれません。No tags for this post.