仮想通貨ニュース

No tags for this post.

機関投資家の参入は2019年1月から3月?相場に浮上した新しいテーマとは!?

仮想通貨投資ファンドを務めるブライアン・ケリー氏の発言が話題になっています。

それは、機関投資家の参入が2019年第一四半期(1月から3月)になるというもの。

ケリー氏以外にも注目している専門家がおり、重要な期間となりそうです。

要点

・Fidelityの参入
世界に2700万人の顧客を抱えるウォール街の老舗投資ファンドFidelity。そのサービスが始まるとされる2019年第一四半期に注目が集まっています。

 機関投資家の参入は2019年第一四半期になる

BKCM CEO は、「間違いなく」 デジタル資産は、実行可能な新しい資産クラスであると言う

15日、仮想通貨投資ファンドCEO、ブライアン・ケリー氏がメディアのインタビューに応えました。

ケリー氏によると、Fidelityの参入により、2019年第一四半期(2019年3月)までに機関投資家が参入したとしてもおかしくはないとのこと。

Fidelityのような大手投資ファンドが参入することにより、競合であるその他のファンドも参入してもおかしくないということです。

また、同氏は自身がコンタクトのある機関投資家が次第に参入しているとコメント。

Fidelity以外にも、イエール大学やマサチューセッツ工科大学などが仮想通貨投資ファンドに投資をおこなったことが強気材料との見解を示しました。

これらを踏まえ、以前からある仮想通貨に対する強気の姿勢は変えていないようです。

 

専門家の中では「2019年第一四半期」に注目が集まる

仮想通貨市場は例年、年後半に上昇しやすく、当ブログでも取り上げましたが、今年は少し事情が違うかもしれません。

ケリー氏以外にも、米著名投資家ノボグラッツ氏がFidelityについてコメント。

ノボグラッツ氏もFidelityの参入により、2019年第一四半期から機関投資家の参入が加速するとコメントしています。

ビットコインは2019年6月までに220万円を超える!マイクノボグラッツ氏がコメント!

ノボグラッツ氏の場合、「2019年第一四半期から第二四半期まで」と若干の時期の違いはありますが、いずれにせよ年が明けてからの3ヵ月間というのは、仮想通貨市場にとって勝負の期間となりそうですね。

また、年末もBakktのサービス開始、ビットコインETF可否判断と引き続き大きな材料がそろっているので、総じて「年末から来年頭」という期間は市場にとって注目の時期となりそうです。

 

まとめ

必ずしも専門家が言う通りに機関投資家が参入するとは限りませんが、Fidelityがサービスを開始するのは間違いない事実です。

また、繰り返しにはなりますが、ビットコインETF可否判断など、その他にも多くの重要な材料をこれから消化していきます。

そのことを考えれば、ひとまずは年末から2019年第一四半期というのは重要な時期となりそうなので、注目しておいて損はなさそうですね。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【10/22】今週の仮想通貨市場はどうなる?節目が変わりつつある環境に新しい材料にも期待か

仮想通貨市場は相変わらず大きな動きがない展開が続いていますが、先週は重要なニュースがいくつか出ました。

今週の市場の注目のニュースや価格帯をまとめました。

要点

・ひとつの節目ともいえる仮想通貨市場
規制が明確化し、ここからさらに資金が流入するか、現在の仮想通貨市場は重要な節目にいるとも言えます。FATFやFidelityのニュースについてもまとめました。

 ビットコインは引き続きレンジのブレイクアウトに注目か

ビットコイン円 日足

当ブログでも何度もお伝えしており、また専門家も多くが指摘していますが、ビットコインは9月5日以降、65万円から76万円のレンジ(6000ドルから6800ドル)を行き来する展開が続いています。

今週以降も引き続き、このレンジをどちらにブレイクアウトするのか注目でしょう。

直近ではテザー問題などが話題になりましたが、今のところブレイクアルトへ導くゆな材料が見当たらないのも確かです。

ビットコインがレンジをどちらにブレイクするかによって、アルトコインの値動きも大きく影響されます。

なので、アルトコインを取引きしている方も、少なくともビットコインのレンジには注目しておいたほうがよいでしょう。

仮想通貨市場がブレイクアウトするのは「時間の問題」!?有名アナリストの見解とは!?

 

仮想通貨市場の節目が変わりつつある?

先週、仮想通貨市場の節目が変わりつつあると思わせる重要なニュースが2つありました。

それが、Fidelityの参入とFATFの世界的な仮想通貨規制の発表です。

運用規模800兆円のFidelityが仮想通貨業界参入!ジョンソンCEO「仮想通貨は新しい資産クラスになる」!

いよいよか!来年6月をめどにFATFが世界基準の仮想通貨規制ルールを発表!

どちらも市場にとっては「初」となる事例のニュースで市場の外部環境が変化してきたのを感じるニュースでしょう。

今年最大のテーマでもある「規制の明確化」「機関投資家の参入」、どちらとも進展があれば市場に資金が流入し、価格が大幅に上昇するというものです。

しかし、仮想通貨という技術の難しさから、規制状況も遅れている現状があります。

上記2つのニュースは、これらの状況の進展を示すニュースです。

2019年以降は、規制が明確化し、さらに多くの資金が流入することが期待できそうなので、今週以降も例えば大手ヘッジファンドの参入など新しい材料に注目でしょう。

すでにあるビットコインETF可否判断、Bakkt、各国の仮想通貨規制に関しても引き続き注目です。

 

まとめ

ビットコインのレンジに関しては、引き続き注目です。

専門家の中には、直近数週間の値動きが大事と指摘するものもいるので、レンジを上抜けるのに期待したいところです。

そして、先週大きなニュースであったFidelityの参入のようなニュースにも期待したいですね。

特に、ゴールドマンサックスといった名の知れたヘッジファンドが参入するニュースがあれば、価格も上昇する可能性があるので注目でしょう。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

いよいよか!来年6月をめどにFATFが世界基準の仮想通貨規制ルールを発表!

金融活動作業部会(FATF)は19日、来年6月をめどに世界共通の仮想通貨規制のルールを発表することを明らかにしました。

未だに、世界的に仮想通貨規制は不明瞭な部分がありますが、一旦道しるべが示された結果となりました。

要点

・規制の明確化

規制が明確化することにより、取引の自由度は下がるものの、公的な機関からの資金流入が期待されています。仮想通貨市場が健全化する上で重要なプロセスです。

 来年6月をめどにFATFが世界基準の仮想通貨規制ルールを発表

6月までに最初のマネーロンダリングのための仮想通貨ルールを設定する

世界204の国と地域の代表が出席した金融活動作業部会(FATF)総会が開催され、そこで世界基準となる仮想通貨規制のルールの方向性が発表されました。

これは、7月におこなわれたG20でも言及されており、その声明では基本的にFATFで策定された仮想通貨規制のルールに各国は従うとされていました。

G20声明文「暗号資産の基礎となるものを含む技術革新は、金融システム及びより広く経済に重要な便益をもたらし得る」

これにより、世界で初めて世界基準の仮想通貨規制に関するガイドラインが策定されることとなります。

これは業界にとっても大きな一歩と言えるでしょう。

具体的な案はまだ発表されていませんが、来年6月までに主にマネーロンダリング、テロ対策などの具体案が提示され、各国はそのルールに基づき規制を実施していく予定です。

 

各国の規制がどう変化していくのかに注目か・ニュースの重要性

金融活動作業部会(FATF)の規制とは別に、世界各国は独自に仮想通貨規制を行っています。

日本でいえば自主規制団体の設立、米国でいえばSEC(米証券取引委員会)のビットコインETF可否判断など、各国でばらつきがあるのは確かです。

FATFのルールは、いわば「仮想通貨規制は最低限ここまでは守りましょうね」というイメージでいいでしょう。

しかし、繰り返しにはなりますが、世界共通のルールが策定されるのは今回が初であり、これは業界にとって大きな一歩になるのは間違いありません。

また、FATFのルールが策定されることによって、各国の規制がどのように変わっていくのかも今後注目となるでしょう。

以前このブログでもお伝えしていますが、規制が明確化される=仮想通貨市場の金融化につながり、市場の健全化、それにより多くの資金が流入することにもつながります。

なので今後は「規制がどうなるか」よりも「規制が整ったことにより外部環境がどう変化するか(機関投資家の参入など)」などが焦点となってくるでしょう。

 

まとめ

FATFのルール発表に関しては、早くて来年6月なのでもうしばらくの間時間はかかりそうです。

今週は米大手投資ファンドFidelityの参入が話題になりましたが、年末から来年頭にかけてその他にも大手機関が仮想通貨市場へ参入するかに注目です。

規制が明確化されることにより、よりそうした機関も参入しやすくなるからです。

そして、そうしたルールが変化することにより、市場が健全化され、より資金が流入することに期待したいところですね。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨市場がブレイクアウトするのは「時間の問題」!?有名アナリストの見解とは!?

長らくレンジ相場が続いている仮想通貨市場ですが、ブレイクアウトを期待する専門家も多いのも確か。

ファンドストラッド社、ロブ・スライマー氏は、いくつかの重要な指標がブレイクアウトを示唆していると述べています。

要点

・長いレンジ相場
ビットコインは9月5日の急落以降、1ヵ月以上新高値・安値更新のないレンジ相場となっています。

 ビットコインはブレイクアウトが近い!?

18日、ファンドストラッド社のアナリスト、ロブ・スライマー氏がおこなった分析によると多くの仮想通貨が重要な価格帯にトライしているとのこと。

それを踏まえた上で、仮想通貨市場がブレイクアウトするのは時間の問題との見解を示しました。

出典:https://www.marketwatch.com/story/its-only-a-matter-of-time-until-bitcoin-breaks-out-says-one-analyst-2018-10-18

スライマー氏によると、3つの重要な指標全てがブレイクアウトを示唆しているとのことです。

そして、ブレイクアウトの合図は9月の高値の突破、つまり以前から当ブログでもお伝えしている約76万円(6800ドル)の突破ということになります。

この価格帯を突破すると、上昇トレンドへ回帰する可能性が大いに高まります。

基本的に、長いレンジ相場はそのトレンドの終焉(現在でいえば下落トレンド)を示唆しており、レンジのブレイクによりトレンド転換が望めます。

 

多くのアナリストが重要な価格帯との指摘を示す

スライマー氏以外にも、多くのアナリストが「重要な時間帯」と指摘しており、近い将来仮想通貨市場が大きく動きだすと指摘しています。

仮想通貨市場が数日以内にブレイクアウトする!? 10/10チャート分析

強気相場到来は2019年初頭か!?最重要指標である200日移動平均線と下降トライアングルとは?

これらのアナリストの見解も、要するにチャート上では相場が煮詰まったとこまできているということです。

必ずしもチャート通りに動くとは限りませんが、大きく動く可能性は比較的高いと言えるでしょう。

もちろん、必ずしも価格が上昇するわけではなく、ここから価格が下落する可能性も完全に0とは言い切れませんが、6000ドルは今年何回もサポートされているので、上値を追うリスクのほうが高いと言えるでしょう。

引き続きビットコインの6000ドルのサポート、そしてレンジ上限である6800ドル、そのどちらかに価格がブレイクアウトするのかに注目したいところです。

 

まとめ

こちらも以前からお伝えしていますが、年末へ向けてはBakktのサービス開始、ビットコインETFの可否判断など、相場を大きく動かす材料が揃っています。

なので、その動向にも注目したいですね。

また、今週には2019年初頭にサービスを開始するウォール街大手投資ファンドFidelityという新しい材料も登場しました。

重要な価格帯とともに、これら相場が動く材料の動向もチェックしていきましょう。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ゴールドマンサックスがBakkt開始でビットコイン先物取引に参入!?The Blockが考察!

仮想通貨メディア「The Block」によると、12月から始まるICEの仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt」でゴールドマンサックスが先物取引に参入するかもしれないと述べました。

Bakktは市場の資金の呼び水になるとして注目を集めています。

要点

・Bakktの重要性
世界有数の大手証券取引所NYSE(ニューヨーク証券取引所)、その親会社ICEが立ち上げるのが仮想通貨プラットフォーム「Bakkt」です。マイクロソフト、スタバとの提携も発表されており多くの業界関係者から注目を浴びています。

 ゴールドマンサックスがBakktの先物取引を開始する可能性がある

ゴールドマン・サックスはカストデイサービスでBakkt に頼ることはないが、プラットフォーム上で取引する可能性はある

仮想通貨メディア「The Block」が報じたところによると、ゴールドマンサックスがBakktの先物取引を開始する可能性があるとのこと。

上記の記事は、先日報道された(The Abacus Journal)ゴールドマンサックスがBakktを使ってカストデイ(仮想通貨保管サービス)を展開するのは誤報だったというのが主な内容です。

The Blockは、情報筋の発言で、Bakktを使ってのカストデイサービスは誤りだが、先物を取引を開始する可能性はあると伝えています。

下記が記事の該当する部分の翻訳です。

Goldman Sachs could potentially trade futures on Bakkt. And conversations between the two firms on this matter will likely occur.

Goldman SachsはBakktの先物取引を将来的に行う可能性があると言われています。そして、この日の会議(The Abacus Journalが報じたもの)この問題について両社間の会話がなされた可能性が高い。

少しややこしいですが、簡単にいうとゴールドマンサックがBakktで先物取引を開始するかもしれない、ということです。

ニュアンス的には「可能性がある」ということと、あくまで情報筋の発言なのは注意しましょう。

 

Bakktは相場の上昇材料として大きな注目を浴びる

ゴールドマンサックスはさておき、12月から先物取引を開始するとされるBakktは業界から大きな注目を浴びていて、また相場の最大の上昇要因ともされています。

なぜなら、ICEが提供することで、完全に規制された先物取引、安全なカストデイ、また将来的にマイクソフト・スタバと提携した小売業も検討しているからです。

ファンドストラッド社のトム・リー氏を筆頭に、ビットコインETFよりもBakktのほうが相場の上昇要因になると指摘する専門家も多いです。

さらに、Bakktのビットコイン先物は、ビットコインの現物を実際にBakktが保有しなければならないため(VanEck/SoildX版ETFと同じ)、価格の影響度が高いのと、流動性の観点からも優れた金融商品であると指摘されています。

The Blockの関係者筋も、ゴールドマンサックスが参入してもおかしくはないほど、Bakktの存在は大きいと言いたいのでしょう。

Bakktに関しては、こちらのブログでも今後わかりやすく解説していきます。

 

まとめ

The Blockの報道に関しては、あくまで考察にとどまるので参考程度にしておきましょう。

しかし、Bakktのサービスはそれだけ優れており、実際にゴールドマンサックスが参入できるだけのポテンシャルを兼ね備えているのも事実。

当初11月と予定されていた先物取引ですが、現在は12月に先延ばしになったようなので、時期が近付いたらBakktがらみの報道も増えるかもしれませんね。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨市場は結局レンジの展開に!米中貿易摩擦が再び重しに!? 10/19チャート分析

11日の急落から回復していた仮想通貨市場ですが、18日は再び価格が下落しました。

しかし、9月からみたら依然レンジの展開が続いているといえます。

要点

・米中貿易摩擦が再燃!?
18日のダウは米中貿易摩擦の懸念で下落。最近は仮想通貨市場ともリンクしているとの指摘もあるので、引き続き注目でしょう。

仮想通貨市場は長いレンジの展開が続く

ビットコイン円 日足

仮想通貨市場は、9月5日の急落以降、1ヵ月以上68万円~76万円のレンジ相場が継続しています。

アルトコインに関しても、ビットコインよりボラティリティーは高いですが新高値・新安値を更新するようなトレンドの相場ではありません。

また、ビットコインの重要な価格帯は、直近で突破できない76万円(6800ドル)と指摘されています。

76万円を突破すれば、チャート上では上昇トレンド回帰の可能性が出てくるので、引き続き注目でしょう。

また、レンジ相場ではありますが、今年に入って鉄板のサポートである6000ドル(65万円近辺)にも注目したいところ。

アルトコインも含め、ビットコインがレンジの上下どちらかにブレイクしない限りは大きな動きは期待できなさそうです。

強気相場到来は2019年初頭か!?最重要指標である200日移動平均線と下降トライアングルとは?

 

米中貿易摩擦への懸念が再燃

18日の米国株式市場は再び大幅の下落、ダウは327ドル安で引けました。

ダウ 日足

下落の要因は、当ブログでもお伝えしている米中貿易摩擦への懸念と長期金利の上昇。

特に、18日のダウの下落は、米中貿易摩擦への懸念が再燃したとのことです。

米国株式市場に何が起こっている?仮想通貨にも影響する「長期金利」と「米中貿易摩擦」を解説!

また、米中貿易摩擦により、中国のマイニング企業が打撃を受けるという新しいテーマも浮上しています。

米国株式市場と仮想通貨市場の相関関係は専門家の中でも意見が別れています。

ただ、米国株式市場が大きく動けば(例えば暴落など)、仮想通貨市場も影響されて動く可能性は否定できないので、落ち着かないうちは注目しておいたほうがいいかもしれませんね。

また、もうひとつの急落要因とされていたビットフィネックス・テザー問題ですが、こちらはビットフィネックスが入金を開始しておりひと段落したようです。

ただ、こちらもテザー疑惑が完全に解決したわけではないので、引き続きその動向に注目でしょう。

 

まとめ

まとめると、既存の金融市場、仮想通貨市場ともに不安定な状態が続いているようです。

なので、引き続き上記にあげた材料。要因に関してはチェックしておきたいところですね。

仮想通貨市場にかんしてはレンジの展開が継続。

下値も十分にサポートされたわけではないので、不安定な状態が続くうちは6000ドルのサポートにも注目でしょう。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

「クジラ」がビットコイン6000ドルを押し目買いしている?調査機関のデータが示す驚きの事実!

今年に入って低迷を続けている仮想通貨市場ですが、ビットコインの「6000ドル」は不思議なくらいサポートされています。

10日、大手仮想通貨調査会社Chainalysisは「クジラ」が価格低迷の場面でビットコインを買っているというデータを発表しています。

要点

・クジラとは
もとは株式市場の用語で、億~兆の規模で投資をする人・機関のことを指します。例えば、ヘッジファンド、年金機構です。市場を海に例えてその中を泳ぐ「巨大な資本=クジラ」と呼ばれています。

クジラが市場を支えている?

今年の仮想通貨市場は低迷を続けていますが、ビットコインの6000ドル(65万円付近)は今年幾度もサポートされてきました。

ビットコイン円 日足

上記のチャートの通り、先週の急落を含めればざっくり6回もサポートされています。

ビットコインが6000ドルに近づくと、あるいは6000ドルを下回ったとき不思議な買いが入るのです。

そして、買いを入れている犯人の正体が「クジラ」と呼ばれる大口投資家かもしれません。

出典:https://blog.chainalysis.com/reports/bitcoin-whales-oct

大手仮想通貨調査会社Chainalysisが発表したデータによると、仮想通貨市場が落ち込んだ5月から7月の時期にクジラの投資額は増えていることが判明しました。

上記の表の黄色い線がクジラ、青い線が相場の動きです。

Chainalysisのデータが、市場参加者の全てをカバーしているわけではないですが、わかる範囲で上記のようなデータに表れているのも確かです。

 

別のデータでも機関投資家の買い増しが明らかになっている

以前、仮想通貨投資ファンド、グレイ・スケール社もChainalysis社と同じようなデータを公表しています。

それは、仮想通貨市場が低迷した1月から6月に機関投資家の投資額は増えているというデータです。

グレイ・スケール社のデータも全ての機関投資家をカバーしているわけではありませんが、一部でも確実なデータがあるのは確かです。

また、Chainalysisのデータも加味すると「クジラは価格が下落したときに買い増しをしている」と言えそうです。

反対に、あまりに堅い6000ドルは、クジラのような大口投資家の買っている以外に説明がつかないのも確か。

今後も必ず買いが入る保証はありませんが、今後も6000ドルは重要な価格帯として注目でしょう。

 

まとめ

直近の相場をいうと、ひとまずは先週の急落で底をつけたと言えますが、まだ十分に安心できる相場は反発していません。

なので、今後もビットコイン6000ドルのサポートに注目でしょう。

当ブログでも何回もお伝えしていますが、6000以上を維持できれば仮想通貨市場全体が再び強気トレンドに復帰する可能性もあるので、知らなかった方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

強気相場到来は2019年初頭か!?最重要指標である200日移動平均線と下降トライアングルとは?

昨日、コインデスクがポストしたチャート分析が非常に興味深いので紹介します。

それは、いくつかの重要な指標が2019年初頭に強気相場が到来することを示唆しているというものです。

要点

・200日移動平均線
株や為替などでも中長期的なトレンドを計るのに使われるのが200日移動平均線です。プロのトレーダーの間でも最もポピュラーな指標といって間違いないでしょう。

 強気相場到来は2019年初頭?

ビットコインは、しばしばその頭の上に技術的な分析を回すと、再びそれを行うかもしれない。

今回、コインデスクがおこなったチャート分析は200日移動平均線をつかったもの。

200日移動平均線は株や為替などでも使われ、数カ月~数年の中長期的なトレンドを知ることができます。

実際に、200日移動平均線を表示させたチャートが下記になります。

ビットコイン円 日足

200日移動平均線は単純に線より上で価格が推移しているか・下で推移しているかでトレンドをはかることができます。

2017年は200日移動平均線の上で価格が推移しており、上昇トレンドと判断することができます。

そして、本格的に弱気相場入りしたのは、2018年3月8日、ここで価格が200日移動平均線より下で推移します。

さらに今年は、チャートフォーメンションである下降トライアングルも形成。

下降トライアングルは、高値が徐々に切り下がる弱気相場の典型的なチャートフォーメンションです。

しかし、コインデスクは、過去にビットコインは同じような動きを繰り返しており、それが再現されるなら2019年頭にも上昇トレンドが再び始まるとの見解を示しています。

出典:https://www.coindesk.com/do-these-indicators-suggest-a-bitcoin-price-rally-early-in-2019/

上記のチャートをみればわかりますが、過去にビットコインは今年と同じく「下降トライアングルの形成+200日移動平均線の突破」を契機に上昇トレンドが始まっているのがわかります。

また、これらのチャート分析から、6800ドル(76万円)と7400ドル(82万円)の突破が上昇トレンド回帰には必要ということがわかります。

 

チャートだけではなくファンダメンタルズも揃う

昨日、発表されたFedelityのサービス開始は、Bakkt以来の大きな相場の強気材料といっても良いでしょう。

著名投資家ノボグラッツ氏も、これを機に2019年頭から機関投資家の参入が加速するとコメントしています。

ビットコインは2019年6月までに220万円を超える!マイクノボグラッツ氏がコメント!

またこの他に11月にはBakktのサービス開始、12月にはビットコインETF可否判断と相場を動かす大きな材料が控えています。

これらも加味すれば、チャート分析と同じく年末から2019年初頭の価格上昇には期待できそうですね。

 

まとめ

下降トライアングルは、弱気相場のパターンなので、ここからさらに価格が下落する可能性もあるのでその点は注意でしょう。

それを見極める上では、引き続きビットコイン6000ドルのサポートは重要な節目となります。

アルトコイン全般に関しても、ビットコインが上昇トレンドに復帰すれば仮想通貨市場全体が浮上する可能性があるので注目でしょう。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト


;

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインは2019年6月までに220万円を超える!マイクノボグラッツ氏がコメント!

米著名投資家のマイク・ノボグラッツ氏は15日、ブルームバーグのインタビューに応じました。

同氏は、2019年6月までにビットコインが過去最高値を更新すると予測しました。

要点

・Fedelity
昨日発表されたウォール街老舗ファンドFedelityの仮想通貨サービス。これにより、機関投資家の参入がより期待できるとのことです。

ビットコインは2019年6月までに過去最高値を更新

ノボグラッツ氏は仮想通貨が安全だと述べ、ビットコインのラリーに期待している

ノボグラッツ氏は、昨日発表されたFedelityのサービスを受け、ブルームバーグのインタビューに応えました。

同氏によると、Fedelityの参入により2019年第一四半期から第2四半期から機関投資家の参入が加速、その時にビットコインは過去最高値(220万円)を超えるとコメントしています。

また、Fedelityのサービスの中でも特に重要なのがカストデイサービス(仮想通貨保管サービス)ともコメント。

大手の投資会社がカストデイを開始することで、機関投資家がより安全に仮想通貨市場へ参入することができると述べています。

 

Fedelityの仮想通貨業界参入

本日の記事でもお伝えしましたが、昨日70年以上の実績と顧客2700万人をかかえるウォール街老舗投資ファンド「Fedelity Investments」が仮想通貨サービスを開始することを発表しました。

運用規模800兆円のFidelityが仮想通貨業界参入!ジョンソンCEO「仮想通貨は新しい資産クラスになる」!

このようなウォール街の大手投資ファンドが仮想通貨業界に参入するのは初であり、大きな注目を浴びています。

これから仮想通貨市場は、11月にBakktのビットコイン先物開始、年末にはビットコインETF可否判断が控えていますが、年末へ向けての価格上昇に大きく期待できるニュースといって良いでしょう。

Fedelityのサービス開始は2019年初頭といわれていますが、来年に向けこの他にも大手投資ファンドが参入する可能性も高まりました。

直近ではテザー社の問題などでボラティリティーが高まっている仮想通貨市場ですが、それがひと段落すれば再び年末から来年頭の好材料を消化し上昇トレンドに復帰する可能性もあります。

 

まとめ

Fedelityの仮想通貨市場参入は、ノボグラッツ氏のいうように市場の大きなポジティブ材料となるので今後の展開に期待したいですね。

ただ、ノボグラッツ氏はトランプ大統領の中間選挙を懸念しており、米国株式市場が荒れれば仮想通貨市場に何らかの影響が出るかもしれないとコメントしています。

長らくレンジ相場が続いている仮想通貨市場ですが、どちらにせよ年末に向け動意づくムードはあるので、取引をする方には要チェックでしょう。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

運用規模800兆円のFidelityが仮想通貨業界参入!ジョンソンCEO「仮想通貨は新しい資産クラスになる」!

ウォール街の大手ファンド、Fidelityが15日、仮想通貨業界に参入することを発表しました。

CNBCやForbsなど複数のメディアで報じられています。

要点

・機関投資家の参入
今年は「機関投資家の参入」が大きなテーマでもありますが、規制の不明瞭感などにより遅れている印象です。Fidelityのような大手投資会社が参入することで、その期待が高まります。

Fidelityが仮想通貨業界に参入することを発表

顧客の資産を7兆2000億ドル以上保管するFidelityは、ヘッジファンドやその他のプロたちが仮想通貨に投資することを可能にする

ウォール街でも老舗大手の投資ファンドFidelityが仮想通貨業界に参入することを発表しました。

Fidelityは70年以上の運営実績をもち、これまでに2700万人の顧客800兆円の資産を運用してきた超大手の投資ファンドです。

ちなみに、Fidelityのような大手が正式に参入するのは、初の事例となります。

現在はブラックロックやゴールドマンサックスの参入が報じられていますが、まだサービスを開始したわけではなく、あくまで検討段階のものだからです。

Fidelityは2019年初頭をめどに取引プラットフォーム、カストデイ(仮想通貨保管)サービス、顧客のサポートといったサービスを展開していくとのこと。

特に注目されているのは、カストデイサービスです。

Fidelityのような信頼の高いファンドがカストデイサービスを開始することで、より多くの機関投資家や大口の顧客の資金流入が期待されています。

あた、FidelityのCEO,アビゲイル・ジョンソン氏は「仮想通貨は新しい資産クラスになる」とコメント。

このような大手のファンドがこのように発言しているのは非常に心強いですね。

 

2018年の大きなテーマである機関投資家の参入

今年は、春ごろから「機関投資家の参入」および「仮想通貨市場の金融化」といったテーマが浮上し、大きな期待がありました。

現在あるビットコインETFやBakkt設立もそのひとつです。

しかし、ビットコインETF可否判断でもわかるように、期待されていた反面、仮想通貨に関する規制は遅れていて不明瞭な部分があるのも確かでしょう。

ただ、今回のFidelityの仮想通貨業界参入は、今後他の大手ファンドが仮想通貨業界に参入する後押しになる可能性があります。

繰り返しにはなりますが、Fidelityのようなウォール街大手ファンドが実際に仮想通貨サービスを開始するのは初の事例だからです。

これらの理由から、今回のニュースは非常に重要な意味を持っており、2019年以降も仮想通貨市場の金融化が進むのかが注目でしょう。

仮想通貨の「金融化」と「実用化」!2019年以降の2大テーマをおさえておこう!

 

まとめ

直近ではテザー問題などで荒れている仮想通貨市場ですが、その中でもかなり大きなポジティブ材料と言えるでしょう。

Fidelityが2019年初頭にサービスを開始するのを考えれると、年末へ向けてゴールドマンサックス、モルガンスタンレー、シティバンク、ブラックロックのような大手ファンドが参入する期待も高まります。

またこのようなニュースが続けば仮想通貨市場が再び上昇するのに期待できるので、今後の動向は注視したいところです。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨市場急騰!原因となったUSDT(テザー)売却について解説!

本日14時頃より仮想通貨市場が急騰しています。

その原因は話題になっている「テザー」疑惑であり、USDTの価格は暴落しました。

今回は急騰の背景も解説します。

要点

・USDT(テザー)とは
米ドルと価格が1:1になるテザー社が発行する仮想通貨。テザー社はUSDT発行量と同量の米ドルを保有することで価値を担保(ペッグ)しています。

 ビットコイン急騰!USDTは暴落!

ビットコインドル 5分足

ビットコインドルは14時頃から急騰。

一時7800ドルの高値をつけており、短時間で値幅1000ドルの上昇となりました。

本稿執筆時点(18時過ぎ)で価格の上昇は一旦収まっています。

ただ、このあとNY時間(21時頃)に入って海外勢がどのように動くかわからず、ボラテリティーは高まっているので取引する方は注意が必要でしょう。

USDTドル 5分足

ビットコインが急騰した同時刻に、価格が暴落したのがUSDTです。

今回の急騰の背景は、先日から話題になっている「ビットフィネックス・テザー疑惑」があるとされています。

急騰の流れを説明すると下記のようになります。

テザー社の不信感が投資家で高まる→売ったUSDTを一時的にビットコインや主要なアルトコインに換金する

これにより、結果的にUSDT以外の仮想通貨の価格が急騰することとなりました。

なお、主要なアルトコインもUSDTを除いて全面高の展開となっています。

 

不安感が高まる「ビットフィネックス・テザー疑惑」

先日から不安感が高まっているのが「ビットフィネックス・テザー疑惑」です。

今回の急落の背景はビットフィネックスとテザー問題再燃か!?専門家が分析!

こちらも少しややこしいですが、簡単にまとめると下記のような流れになります。

①10月頭、ビットフィネックス提携銀行が債務超過に陥っているとブルームバーグ報道
②ビットフィネックスにも債務超過疑惑が上がるが公式に否定
③さらにビットフィネックスと関係の深いテザー社に飛び火。以前から指摘されていた「テザー疑惑再燃」。

一言で簡単にまとめてしまうと「投資家のビットフィネックスとテザー社への不信感が最高潮に高まっている」ということです。

テザー疑惑とは、USDTと同量の米ドルをテザー社が本当は保有していないというもの。

未だにテザー社は十分な米ドルを保有しているというデータを公表できていません。

これら一連の流れはあくまで憶測のものではありますが、騒動が収まるまでは市場のボラティリティーも高まるので、取引している方はチェックしておいたほうが良いでしょう。

 

まとめ

繰り返しにはなりますが、ビットフィネックスとテザー社は一連の報道を否定しています。

これらはいわゆるFUD(不安、恐怖、疑念)の可能性があり、メディアが過剰に不安感だけを煽っている可能性もあります。

公式の発表に従えば、何も問題はないはずですが、投資家の不安感がおさまらない限りはしばらくの間急騰・急落が繰り返される可能性があるので、その点は注意したいところです。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト


;

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【10/15】今週の仮想通貨市場はどうなる?引き続きビットコインのサポートを意識した展開か

先週、急落した仮想通貨市場ですが、一旦下げ止まり。

ただ大きな反発はなく、引き続きビットコインのサポートを意識した展開が続いています。

今週の仮想通貨市場のポイントをまとめました。

要点

・市場が動く材料はあるのか?
11月に入れば、ビットコインETF、Bakktなど重要イベントが控えていますが、直近で大きな材料はないので新しいニュースにも期待したいところです。

 ビットコインの価格動向

ビットコイン円 日足

11日に急落した仮想通貨

市場でしたが、週末は下げ止まり。

取引量も減少しており、値動きが小さい展開が続いています。

仮に、今回も68万円付近でのサポートが有効だった場合、急落はしたものの結局はレンジ内の推移だったということに。

ビットコインは9月5日からこの動きが続いているので、すでに40日程度レンジ相場が続いていることになります。

レンジ推移は価格が安定しているという意味では悪いことではないですが、取引量が少なくなり値動きが細くなるのはネガティブです。

XRPやビットコインキャッシュなどは9月下旬に大きな上昇をしましたが、ビットコインのレンジ相場が続いているのでアルトコインも各通貨のレンジで推移しているのがほとんどです。

今週以降は、ビットコインの重要な価格がサポートされ、再び価格が上昇していくのかに注目でしょう。

 

今週の注目材料

相場の材料とししては、引き続きビットコインETFの動向、Bakktの動向、各国の仮想通貨規制などに注目でしょう。

11月中に決定!?SECが9つのETF一般意見書を11月5日に変更!混乱するビットコインETF復習!

しかし、10月に限っての話でいえば、あまり材料がなく相場が動きづらい状況でもあります。

以前、デジタル資産顧問エレメント・デジタル・アセット・マネジメント社が発表したレポートにも規制の不明瞭感がボラテリティー(変動率)を下げているとの分析がされていました。

なので、今週以降も規制動向(ETFを含む)やその他の新しい材料のニュースにも期待したいところです。

また、下落材料としては、先週の急落を招いたと指摘される「ビットフィネックス・テザー問題」「世界の株式市場の動向」にも注目です。

特に、ビットフィネックスとテザー社の問題は進展があればさらに価格が下落してしまう可能性があるので注意でしょう。

今回の急落の背景はビットフィネックスとテザー問題再燃か!?専門家が分析!

 

まとめ

ビットフィネックスとテザー社の問題が意識されるうちは、相場の下値リスクはまだ高いとも言えそうです。

なので、今週はビットコイン65万円~68万円がサポートされるかが最重要ポイントとなりそうです。

しかし、今回もサポートされれば、結局はレンジ相場で再び価格が上昇していく可能性も考えられます。

11月に入ればビットコインETF、Bakktの先物リリースなど大きなイベントが控えているので、上記の材料に注目しながら再び相場が浮上していけるかに注目したいところです。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

今回の急落の背景はビットフィネックスとテザー問題再燃か!?専門家が分析!

デジタル資産顧問をおこなうエレメントグループは、11日、今回の急落に関してのレポートを発表しました。

同社によると、急落の背景にあったのは、海外取引所ビットフィネックスとテザー問題の再燃にあると分析しています。

要点

・テザー疑惑
ステーブルコイン「テザー」は米ドルと価格同じになる仮想通貨です。しかし、発行元のテザー社は発行量と同量の米ドルを保有していないと指摘されており、昨年から市場の根本的な議論となっています。

 急落の背景は海外取引所ビットフィネックスとテザー?

私たちは、この動きのための直接的な触媒はビットフィネックスと関係があり、銀行問題がもう一歩前進したと考えています。私たちは次の洞察の中でもう少しこれ触れようと思います。

デジタル資産の顧問を務めるエレメントグループは、今回の急落の背景を考察しています。

この問題は少しややこしいですが、簡単にいうと海外取引所ビットフィネックスから顧客が資金を引き上げているというものです。

なぜ引き上げているのかというと、今月になってビットフィネックスと提携した銀行「ノーブルバンク」がビットフィネックスとテザー社との提携を解消し、あらたに買収先を探していると報道され、顧客の不安感が高まっているからです。

昨日はビットフィネックスが法定通貨の入金を突如停止。

現時点でなぜ停止したのか公式の発表はありません。

 

ビットフィネックスと深い関係にあるテザー疑惑も再燃

さらにこの騒動に追い打ちをかけたのが、かねてからビットフィネックスと深い関係にある「テザー疑惑」です。

テザー社とビットフィネックスは、昨年12月、テザー社が発行した「TUSD」を使って、相場を意図的に吊り上げたとする「価格操縦」の疑いにかけられています。

もちろん、ビットフィネックスとテザー社はこれを否定していますが、完全に疑惑を晴らすデータを開示できておらず、未だに議論が続いている状態です。

仮に価格操縦が本当に行われていたとしたら「昨年12月の高騰は全て嘘」ということになり、仮想通貨市場を根本的に覆す重大な問題となりかねません。

エレメントグループは、ビットフィネックスの騒動からテザー疑惑が再燃したことで、投資家の間で不安感が高まり、今回の急落につながったと分析しています。

 

まとめ

注意点としては、エレメントグループの分析もあくまで憶測であって、完全な急落要因とはいえないことです。

この他には、世界同時株安、本日になって韓国取引所ビッサムの株式売却などが下落要因として報道されています。

また、現状ビットフィネックス騒動とテザー問題にかんしては情報が錯乱しており、不明瞭な部分も多くあります。

なので、相場動向に気をつけながらも、数日間はビットフィネックスとテザー社の動向に注目でしょう。

 

下落相場でも儲けられるビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、最大25倍のレバレッジ取引が可能であり、このように価格が下落した際に大きく稼げます

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

急落した仮想通貨市場の価格は今後どうなるか?ビットコイン・リップル(XRP)は? 10/12チャート分析

 

11日に急落した仮想通貨市場ですが、ビットコインに関してはサポートを維持しています。

週末もこのサポートを維持できるかが注目となりそうです。

要点

・一旦はサポートされた展開に
ビットコインは一旦下値でサポートを受けた形となるので、再び価格が上昇するのかに注目でしょう。

 ビットコイン・XRPチャート分析

ビットコイン円 4時間足

ビットコインは9月6日以来のサポートで一旦下げ止まる展開に。

ここから再び価格が上昇していけるかに注目でしょう。

急落はしたものの楽観的にみれば、上記のチャート赤線のように68万円から76万円でのレンジ推移と考えることができます。

まだ、完全に安心できるわけではないですが、このままサポート維持すれば再び価格が上昇していく可能性があるので、週末も65万円~68万円のサポートに注目です。

 

XRPUSD 4時間足

XRPはかなり重要な局面にいるといえるでしょう。

なぜなら、9月21日以来サポートしてきた0.4350のサポートを昨日の急落で割ってしまったからです。

しかし、12日夕方の段階で再び戻ってきています。

なので、このまま再びサポートよりも上の価格に復帰できるかが、最重要ポイントとなりそうです。

XRPは9月からの急騰のおかげで、価格は下落したものの、一か月前の値段よりかはまだ高い水準にいます。

 

ニューヨークダウは続落も価格の影響度はなし

11日のニューヨーク株式市場は続落、ダウは545ドル安で引けています。

10日は一部でダウの下落が仮想通貨にも影響を与えたとの報道がありましたが、11日はあまり影響がありませんでした。

米国株式市場に何が起こっている?仮想通貨にも影響する「長期金利」と「米中貿易摩擦」を解説!

ただ、株式市場は、仮想通貨市場と違い土日に市場が開いていないたいめ、金曜日に大きく動く可能性があります。

一旦、世界の株式市場が落ち着かないと、仮想通貨市場も完全に落ち着いたとはいえないので、引き続き注目でしょう。

 

海外取引所ビットフィネックスが原因とする見方も

急落の原因として、新しく海外取引所ビットフィネックスが本日になって報道されています。

これは、海外の取引所ビットフィネックスが、債務超過になっているのではないかという疑惑。

さらにビットフィネックスと関係の深いテザー社の問題もくすぶり返してきており、「テザー社が発行量と同量の米ドルを保有していない」疑惑が再燃しているようです。

テザー社の問題は、本当に充分な米ドルを保有していなければ、仮想通貨経済が崩壊するとも言われている重大なものです。

なので、しばらくの間はビットフィネックス、テザー社の動向に注目したほうが良いかもしれませんね。

 

まとめ

まだ予断は許さない状況ですが、仮想通貨市場は短期的に底をつけたかたちとなっています。

引き続き、ビットコインのサポートに注目しつつ、アルトコインの動向に注目でしょう。

また、下落要因として上がっているビットフィネックス、テザー社の動向にも注目です。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

米国株式市場に何が起こっている?仮想通貨にも影響する「長期金利」と「米中貿易摩擦」を解説!

仮想通貨市場は全面安の展開となっていますが、それに影響しているかもしれないのが、米国の株式市場です。

本日は、初心者の方でも簡単にチェックできる2つのポイントを紹介します。

要点

・長期金利と貿易摩擦
長期金利の上昇、米中貿易摩擦はいずれも米国の経済の重しとなるため、株式が下落します。

 米国株式市場をチェックする2つのキーワード

まず、本日の仮想通貨市場で指摘されているのは下記になります。

米国株式市場の暴落→世界的なリスクオフ→仮想通貨も売られる

なお、100%米国株式市場が原因で仮想通貨市場も下落しているとは断言できません。

しかし、今年2月にダウが暴落した際も、仮想通貨市場はつられて下落、年初来安値を記録しました。

なので、一時的にせよ、相関関係にある可能性は非常に高いでしょう。

ダウ 日足

 

なぜ米国の株式が暴落するのか

10日に米国の株式市場が暴落した原因は、2つあるとされています。

ひとつが、長期金利の上昇、もうひとつが米中貿易摩擦です。

長期金利とは、債券といった満期までの返還期間が長い金融資産の金利のことです。

とても簡単にいうと、長期金利が上昇すると、投資家らは債権などを買ったほうが金利で確実に儲けられるため、株式は下落します。

詳しく説明するとこの他にもロジックがありますが、基本的に長期金利と株式市場は逆相関の関係にあるのです。

もうひとつの原因とされるのが、米中貿易摩擦。

10日には、米中貿易摩擦が長期する懸念が出ており、こちらは単純に米国と中国の貿易摩擦が長期化すれば双方の経済に悪影響となるため、株式が売られたということです。

米国株式暴落は、上記の大きな下落材料がダブルパンチで発生したため、起こったと言えるでしょう。

 

仮想通貨市場の動向

繰り返しにはなりますが、今後米国株式市場と仮想通貨市場の相関関係が続いていくのかは不明です。

例えば、このまま米国株式が下落しても、仮想通貨は逆に上昇するという可能性も考えられます。

ビットコインに関しては、引き続き年初来サポートされてきた5800ドルから6000ドルを維持できるかが注目ポイントです。

アルトコインに関しても、ビットコインが年初来サポートを維持できるかで価格動向に影響するので、まずは仮想通貨市場をけん引するビットコインの動向に注目したいところです。

仮想通貨市場が下落!数日間は米国株式の動向にも注目か!? 10/11チャート分析

 

まとめ

ここ数日間は、米国株式市場の動向に注目でしょう。

また、米国が株式市場が下落したら、仮想通貨市場も同じく下落するのか、相関関係についても注目です。

慣れない方もいるかもしれませんが、長期金利と米中貿易摩擦をキーワードに市場をチェックすれば、現在の米国株式市場の動向が簡単にわかります。

知らなかった方はぜひ参考にしてください。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨市場が下落!数日間は米国株式の動向にも注目か!? 10/11チャート分析

11日午前から仮想通貨市場は大幅に下落しています。

しばらくレンジ相場が続いていた市場の今後の展開に注目です。

要点

・再びサポートを意識する展開
仮想通貨市場はしばらくの間レンジ相場が続いていたため、下落の動きが継続するのか注目です。

 ビットコインチャート分析

ビットコイン円 4時間足 9月6日~

ビットコインは11日9時頃から急落、午後を過ぎたあたりでおよそ70万円で取引されています。

ビットコインは9月6日から68万円~76万円(対ドルで6000ドル~6800ドル)のレンジ相場となっていました。

そのレンジの箇所が上記チャートの赤枠です。

仮にこのレンジを下抜けしてしまうと、チャート上では一段安も考えられるので、数日間は注意したほうが良いでしょう。

ビットコインに関しては、65万円~68万円付近をサポートにできるか注目で、アルトコインもビットコインの値動きにあわせ、直近の安値を維持できるか注目です。

 

ブレイクアウトが予測されていた仮想通貨市場

昨日、お伝えした通り「仮想通貨市場は近々大きな動きがあるのではないか」とあらかじめアナリストらから予測されていました。

仮想通貨市場が数日以内にブレイクアウトする!? 10/10チャート分析

なぜなら、上記のチャートのように、仮想通貨市場は長らくレンジが続いており、通常そのような動きが続くと相場が動くとされているからです。

仮に、本日の下落がトレンドの初動だった場合、価格は今後さらに下落する可能性もあります。

上記したサポートに注目しつつ数日間は相場の動向に注視したほうがよさそうです。

ただ、もちろんまだレンジの範囲内を保っており、ここから価格が反発して再び上昇する可能性も大いに考えられます。

 

米国株式市場にも注目?

今のところ主要メディアでは指摘されていませんが、10日の米国株式市場は831ドル安と歴史上3番目の暴落をしました。

ダウ 日足

仮想通貨市場は、今年2月にも米国株式が暴落するタイミングで価格が下落しています。

なので、数日間は米国株式市場の動向にも注意したほうが良いでしょう。

なお、ダウ暴落の要因は米中貿易摩擦への懸念と米国の金利上昇といわれています。

基本的に、米ドルの金利と株式は逆相関の関係になっており、米国の金利が上昇すると株式は下落します。

ちなみに、仮想通貨市場の主な下落要因は明らかになっていません。

 

まとめ

ひとまずは、ビットコインが5800ドルから6000ドルをサポートできるかに注目です。

久しぶりに価格は下落したものの、まだレンジの範囲内なので、ここから価格が反発する可能性はあります。

また、米国株式市場が大幅に動くと、仮想通貨市場にも影響を与える可能性があるので、しばらくはそちらの動きでも注目でしょう。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨市場が数日以内にブレイクアウトする!? 10/10チャート分析

仮想通貨市場は長らくレンジの展開が続いていますが、重要な局面にさしかかっていると指摘する専門家もいます。

シニアアナリストの分析を紹介します。

要点

・レンジ相場からのブレイクアウト
株や為替などの相場でも、長らくレンジ相場が続いた後に、価格が大きく動き出すのは一般的な動きとして知られています。

ビットコインは重要な局面に

ブレイクアウトが差し迫っている!

仮想通貨プラットフォームを提供するeToro社シニア・アナリスト、マイティ・グリーンスパン氏は上記のようにツイートしました。

グリーンスパン氏は、チャート分析をおこない、現在のビットコインが重要な局面にさしかかっていると分析しています。

現在の「順トライアングル(三角保ちあい)」は、実は今年で3回目だ。前の2つは紫色の箱でチャート上で示している。最初は上向きの休憩だったし、2番目のよりフラットだったが、最終的にブレイクアウトした。

グリーンスパン氏は日足のトレンドラインを用いており、現在の相場はトライアングル・フォーメンション(三角保ちあい)を描いていると分析。

トライアングルフォーメーションは、そのトレンドの終盤に現れるチャート形状で、徐々に値動きが細くなり、上下どちらかに価格がブレイクアウトする相場の一般的な動きのひとつです。

グリーンスパン氏が分析しているのは、あくまでビットコインだけですが、仮にビットコインが大きく動き出すなら、仮想通貨市場全体が動くとみてよいでしょう。

 

ブレイクアウトを期待する専門家も

チャート形状では、近々価格が大きく動きだす可能性があり、またそのためか期待の声をあげる専門家も直近で多くいます。

先日は、CNBCホストでチャート分析をおこなうラン・ノイアー氏がツイート。

同氏は「ビットコインは暴騰寸前」とレンジを上方にブレイクする可能性について述べました。

「ビットコインは暴騰寸前」!?CNBC司会・仮想通貨アナリストがツイッター上で発言!

また、昨日は別のアナリストも「ビットコインは底をつけた」とツイート。

同氏はイーサリアムの価格推移が相場に影響を与えていたという分析をおこなっています。

強気論者が止まらない!仮想通貨アナリストがビットコインは底をつけたと分析!

これらの専門家の発言の発端は、著名投資家ノボグラッツ氏が「仮想通貨市場は底をつけた」と9月中旬にツイートしたのが始まりでしたが、上記以外でも多くの専門家、アナリスト、投資家らが仮想通貨市場に対し強気の見解を述べています。

専門家は現在の仮想通貨市場をどうみている?3人の専門家の強気な見解まとめ!

 

まとめ

ただ、グリーンスパン氏のチャート分析は、大きく動き出す可能性があるだけで、必ずしも数日以内に動くわけではないので注意しましょう。

もちろん、このまましばらくレンジ相場が継続する場合もあります。

また、動き出すといっても、再び価格が下落する可能性もあるので、その点は注意したいですね。

数日間は相場に動きがあるのか注目となりそうです。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト


;

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

強気論者が止まらない!仮想通貨アナリストがビットコインは底をつけたと分析!

9日、フォロワーおよそ1万8千人をほこる仮想通貨アナリストが、ビットコインは底をつけたとツイートしました。

直近では専門家の多くがすでに市場が底をつけたと分析しています。

要点

・価格下落の要因はイーサリアムだった?
アナリストは2018年の価格低迷の要因はイーサリアムが原因だったと主張しています。

 仮想通貨の価格低迷はイーサリアムが原因だった?

理論:ビットコインは、2017の終わりに実行された大規模な ICO (ERC20) バブルによって急騰したため、間接的に経由して煽ったイーサリアムといえる。

9 月初めにイーサリアム は底をつけ、それは弱気市場を終了するために有意であったことを意味します。

私たちは皆、それを期待して、間違った場所でビットコインを見ていた。

仮想通貨アナリスト、エリック・ティース氏は、昨年12月の価格上昇は、イーサリアムによって引き起こされたICOバブルが原因だったと推測しています。

そして、イーサリアムは9月に一旦底をつけた形となっているので、ビットコインも底をつけたのではないかと分析しました。

イーサリアムは、2018年の価格低迷で、これまでETHをつかって資金調達していたプロジェクトが換金売りを行っているという憶測もありましたが、ティース氏のいうように、チャート上では一旦底をつけた形状をしています。

イーサリアムドル 日足

 

「底をつけた」説が続々と

先日も当ブログでお伝えしましたが、9月中旬に米国著名投資家ノボグラッツ氏が「底をつけた」と発言して以降、多くの専門家が共鳴するように同じ見解を示しています。

専門家は現在の仮想通貨市場をどうみている?3人の専門家の強気な見解まとめ!

これらの専門家の意見が必ずしも正しいとは限りませんが、6000ドルが年初来の重要なサポートとなっており、それより下の価格には下がらないというのが大方の意見のようです。

 

これから市場はどうなるのか

今のところはティース氏のいうように、イーサリアムが市場の重要な指標になっている可能性があるので、イーサリアムの価格にもしばらくの間重要でしょう。

こちらも先日からお伝えしていますが、現在の仮想通貨市場は上がりもせず下がりもしないレンジ相場が1ヵ月近く継続しています。

多くの専門家がいうように、仮想通貨市場が底をつけたのなら、ここから価格が上昇していく可能性があるので、相場動向には引き続き注目です。

【10/8】今週の仮想通貨市場はどうなる?新しい材料がなければレンジ推移となる?

 

まとめ

直近では多くの専門家が底をつけたとの見解を示していますが、もちろんここからさらに価格が下落する可能性も完全に0ではありません。

しかし、直近でビットコインの6000ドル付近は非常に強いサポートになっていること、またチャート形状をみても「一旦は底をつけた」と言えるでしょう。

ティース氏の分析が正しければ、イーサリアムの価格動向がビットコインの動向にも影響してくるので、しばらくの間は相関性など両者の値動きに注目したいところですね。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

11月中に決定!?SECが9つのETF一般意見書を11月5日に変更!混乱するビットコインETF復習!

今月下旬に期限が設定されていた3社9つのビットコインETFへの意見書ですが、それが11月5日に変更になったと公式で発表されました。

今回はややこしいビットコインETFの復習もあわせて紹介します。

要点

・VanEck/SoildX版ETFとは区別を
今回、意見書の期限が変更されたのは、もっとも注目されている「VanEck/SoildX版ETF」ではありません。ややこしいですが、この点は注意です。

3社9つのETFへの一般意見書(パブリックコメント)の提出期限が11月5日に変更

現在、ビットコインETFは合計で10個申請されており、それぞれ再審査・延期の決定が下されています。

まず、現在のETFの審査状況は下記になります。

①GraniteShares・ProShares・Direxion社9つのETF→再審査
②VanEck・SoildX社の申請しているひとつのETF(上場期待大)→可否判断は12月末

今回、SEC(米証券取引委員会)が発表したのは、①の9つのETFへの一般意見書(パブリックコメント)提出期限です。

なので、可否判断や結果がでる日程ではないのに注意しましょう。

一般意見書は、簡単にいうと、投資家たちの「賛成か・反対か」という意見ということです。

ただし、SECは意見書を確認次第、再審査に入る可能性も考えられ、11月中に可否判断の結果が出る可能性も完全には否定できません。

 

今後考えられるシナリオ

SECの動向に関しては、専門家の中でも意見が別れており、SEC自身の表明が曖昧なため、動向が読みずらい点があります。

今後、いくつかシナリオは考えられます。

①11月中に9つのETFいずれかが承認される→相場が上昇する可能性大
②11月中に全て否認、または一部否認
③12月以降に可否判断が持ち越される

仮に、11月中に、申請されている9つのETFのうち、どれかひとつでも承認されれば、相場が急激に上昇する可能性があります。

なぜなら、承認されれば、12月末に延期されているVanEck/SoildX版ETFの承認可能性が大幅に高まるからです。

先日もCNBCホスト、ラン・ノイナー氏が「ビットコインは暴騰寸前」と発言し話題になっています。

「ビットコインは暴騰寸前」!?CNBC司会・仮想通貨アナリストがツイッター上で発言!

ただ、3社9つのETFに関しては、一度8月末に全て否決され再審査になっているので、承認される可能性は低いというのが大方の見解です。

異例!SECが否決した9つのビットコインETFを再審査へ!今後の日程や注目ポイントは何か

 

まとめ

いずれにせよ、SECの動向は不明瞭な部分があるので、声明が発表されたらチェックしましょう。

今回の発表は、3社9つのETFの可否判断日程ではなく、一般意見書の提出期限です。

再審査の日程は引き続き不明なので、注意しましょう。

そして、上場期待度が大きいVanEck/SoildX社のETFの可否判断は12月末となっています。

11月以降は、再びSECとビットコインETFに関しての動きがでる可能性があるので、引き続き注目でしょう。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

「ビットコインは暴騰寸前」!?CNBC司会・仮想通貨アナリストがツイッター上で発言!

7日、CNBCのホストを務め、自らも仮想通貨トレードをおこなうラン・ノイナー氏がツイッター上で発言しました。

同氏によると、ビットコインは暴騰寸前とのことです。

要点

・仮想通貨市場が動き出す?
通常、株や為替の市場でも、長いレンジが続くと価格がどちらかに急激に動きだすのが一般的な動きとなっています。長いレンジ相場が続いている市場が動き出すことが注目されています。

 ビットコインは暴騰寸前

私は両親にビットコインを買いました。明らかに暴騰寸前だ・・・。

ノイナー氏は、ツイッター上で上記のように発言。

「両親のためにビットコインを買った」と自らのツイートに自信をみせています。

昨年の今頃、BTC は5週間で 6691ドルから 2万 ドル(12 月17日) に到達しました。これは、期待と現金決済 BTC 先物契約の立ち上げが背景にあります。ETF はそれらの方法より大きい取引であり、BTC の実際の購入を要求する2つの可否判断締め切りが迫っています。

ノイナー氏は、その根拠としてビットコインETFの可否判断が迫っていることを挙げています。

昨年は11月から5週間のうちに価格が暴騰しましたが、その理由は2017年12月に開始されたCBOEとCMEの先物取引の期待感からでした。

ビットコインETFは先物よりも影響の高い取引方法とされているので、今年もいくつかのETFが認可されれば、価格が暴騰するとの見解を示しています。

 

年後半に消化していくビッグイベント

ノイナー氏がいうように、ビットコインETFは先物よりも影響は高いですが、VanEck/SoildX版ETF以外は価格自体への影響度は低いとされています。

しかし、申請されているETFのうち、どれかひとつでも承認されれば、期待感が高まり価格が上昇する可能性があるのも確かでしょう。

現在、もっとも期待の高いVanEck/SoildX版ETFの可否判断締め切りは12月末。

その他の9つのETFは10月末に意見書の期限が設けられています。

ビットコインETF可否判断は12月末か?SECの公式声明と事情に詳しい弁護士の見解!

SECに新たな動き!GraniteShares版ETFに関する意見書期限を設定!相場には影響なし?

ノイナー氏以外でも、直近で多くの専門家が強気の見解を示しており、価格が上昇しやすいといわれている年後半の相場が注目されています。

専門家は現在の仮想通貨市場をどうみている?3人の専門家の強気な見解まとめ!

 

まとめ

ノイナー氏は、ビットコインETFを暴騰の要因として挙げていますが、11月にはBakktのビットコイン先物取引が始まる予定です。

ファンドストラッド社のトム・リー氏は、ETFよりもBakktの先物のほうが影響が強いと発言しています。

必ずしもノイナー氏のいうように、価格が暴騰するとはいえませんが、材料は十分にあるといえるでしょう。

仮想通貨市場は長いレンジが続いていますが、これから価格が暴騰するのに期待したいところです。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇する可能性が大いにあり、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.