仮想通貨動画ニュース

ビットコインの名著である「Mastering Bitcoin」著者:アンドレアス・M・アントノプロス氏が語る「お金のインターネット入門」

このページは、Andreas M. Antonopoulos(アンドレアス・M・アントノプロス)氏が、ビットコインとパブリックブロックチェーンが金融だけでなく、インターネット自体を変革しようとしていることを説明している動画の、一部抜粋記事になります。

アンドレアス・M・アントノプロス氏とは、ブロックチェーンに基づく暗号通貨「ビットコイン」の本格的な解説書である「Mastering Bitcoin(マスタリング・ビットコイン)」の著者としても有名な人物。

下記の動画は、2017年11月中に「Internetdagarna」にて行われた講演の様子です。
全文英語なので、動画を見たくても理解できなかった方の為に、一部を抜粋して和訳で文字に起こしてみました。

暗号通貨はインターネットのような変化をもたらす

1992年、インターネットが世界を変えつつあると話したが誰も信じなかった。しかし、インターネットは世界を変えた。暗号通貨は同じようなスケールで世界を変え、インターネット自体にも変化をもたらすだろう。

ビットコインは2009年1月3日に匿名の人物によって創られ、オープンソースのプロジェクトとして公開された。人々は今、暗号通貨が犯罪に利用される何か以上のものだということに気づき始めている。ビットコインはプロトコルだ。ビットコインについて考える前に、まずは「マネーとは何か」という非常に難しい問いに答える必要がある。

マネーとは何か?

基本的なレベルになるが、マネーには価値はない。実際、私たちは製品やサービスのような価値のためにマネーを使うが、マネー自体に価値があるわけではない。そして、マネーは権威でもない。なぜならマネーは何らかの権威によって創られるものだからだ。

マネーの正体は価値について表現するための言語だ。言語によって、親族や部族を越えた交流や商取引が可能になる。マネーはそれを管理する者に大きな権力を付与する支配のシステムでもある。その結果、王や政府はマネーを厳重に支配するようになった。

マネーの変化

今、マネーが変化している。2009年1月3日、ある人がピア・ツー・ピアのプロトコルを創ったことで世界が変わった。これは、中央サーバーが無く、全てのクライアントがコンテンツタイプとしてマネーを表現するフラットなネットワークだ。

マネーは純粋にデータで表現され、情報伝達が可能なあらゆる媒体を利用して転送される。マネーがネットワーク上の純粋な情報だということは、同時に検閲不能で誰に対しても開かれており、中立かつグローバルだということだ。クライアントアプリケーションをダウンロードするだけで、誰もが利用可能なグローバルエコノミーに参加することができる。

マネーとは、誰もがどこにでも転送することのできるコンテンツタイプとしての、総合的なインターネットプロトコルなのだ。

スマートコントラクト

今日まであらゆる形態のマネーは、人や企業が所有および管理するものだった。しかし、ビットコインには人が不要で、匿名のエージェント自体がマネーを所有および管理することができる。

スクリプトに記述されたコードが運営する企業を想像してみてほしい。自己改良するランサムウェアや、自然災害を自動的に検知して寄付を行うチャリティーが現れるかもしれない。

燃料や費用を管理し暗号通貨による支払いを受ける自己所有自動車や、インテリジェントアーティクルも可能だ。このような例は、完全にプログラム可能で、スクリプトによって微調整することが可能なマネーだ。この新しい分野は今「スマートコントラクト」と呼ばれている。

暗号通貨の誕生と応用

暗号通貨の誕生によって世界は変わった。
それ以来、同様の設計を利用した多くの暗号通貨が、ほとんどはオープンソースのプロジェクトとして作成されている。その方向も千差万別で、あらゆるニッチを探求し、さまざまな機能を備え、新しい市場を創造する。世界中で数千のスタートアップ企業が資金調達し、多くのエンジニアが技術を学んでいる。大企業はインターネットを利用してイントラネットを作ったように閉鎖的なネットワークを作るだろうが、それは間違っているし失敗に終わるだろう。

この技術の本当の原理、本当に面白いことはブロックチェーンではなく、このプロトコルから作成されるデータベースだ。互いに信頼していない参加者の中で、中央の管理者や権威、仲介者を必要とせずに分散型の合意形成を行う能力を備えている。

現代の課題と解決策

現在でも海外送金には、特に送金先が貧しい国の場合、時間と費用がかかる。中央集権的で閉鎖的かつ不道徳な巨大ネットワークはもっとも貧しい国から搾取しているのだ。

現在、銀行サービスへにアクセスできるのは約10億人。私たちは20ドルのアンドロイド携帯で利用可能なアプリによって、残りの60億に銀行サービスを届けようとしている。これによって世界中の人々が繋がり、資金の送受信や貸し借りが可能になる。これは10年以内に実現可能だ。

しかし、銀行はそのような世界を望んでいない。では、どうすればよいのか。
今まで、PayPalやその他の金融サービスのアプローチは、慎重かつ礼儀正しく(銀行や政府に対して)認可を求めることだった。しかし、ビットコイン(BTC)は誰の認可も必要とせず、世界全体に銀行サービスを届ける。

もし今広がっているプロトコルが失敗しても、私の本を読んだ若い世代が週末を使って新しく再構築してくれるだろう。何度でも、成功するまで。金融は今やアプリケーションで、マネーはコンテンツなのだ。

3月5日配信 仮想通貨ニュースエクスプレス

ビールさん(yoriko09)が、Youtubeの「ビットコイナー反省会」チャンネルで配信してる仮想通貨ニュースエクスプレス(3月5日配信)をご紹介します。

ビットコインの価格はじわじわ上昇

まずはビットコイン(BTC)の価格がじわりじわりと上昇中…というニュースからです。
この動画配信時点で1BTCあたり120万円くらいです。通貨のドミナンスを見てみると、仮想通貨市場でビットコイン(BTC)が占める割合が30%~40%と少し上がっていて、新しいお金が入ってきているというよりかは、あるとコインのお金がビットコイン(BTC)に入ってきているという内容です。

価格的にはそんなにエキサイティングでもないですし、コインチェックの問題がまだ解決していなかったりと、若干界隈が静かなのかな?という印象を受けています。

米証券取引委員会が80社に召喚状

SEC(米証券取引委員会)が仮想通貨に関する召喚状を発行したようで、だいたい80社くらいの仮想通貨関連企業がこの召喚状を受け取ったと言われています。今回の件で調査が行われて、もしかしたらいくつかのトークンは登録されていない証券っていうような括りになってしまうのではと言われています。

もしこの「登録されていない証券」というようにトークンが当てはまってしまうと、それを上場させている取引所とかも調査が入る可能性が高いと言われています。

新しい業界団体発足

新しい業界団体が発足されるというニュースです。国内の登録されている取引所が集まって新しい業界団体を作りますとのことでした。こちらは、スムーズにいけば何ヶ月後には仮想通貨の認定された自主規制団体ができて、オペレーションの仕方とかルールづくりも進むはずです。

本来であれば、金融庁が監督をしていてこのレイヤーでルールがあるのですが、自主規制団体は1から100まで金融庁に監督でしてもらうのではなくて、ある程度自分たちでルールをつくって、それにのっとってオペレーションをして事故とかを防いでいこうというようなルールと規制の枠組みがあるはずなので、早く進めばいいなと思っています。

バークレー市がICO

カリフォルニアのバークレー市がコミュニティトークンを発表というニュースです。
バークレー市は国からもらえる予算が削られていて予算が厳しいため、地元のスタートアップ企業と連携してトークンを発行するとのことで、5月にICOを行なうようです。集めたお金については住宅の供給が追いついていないからそれに充てるとのことです。都市開発のような感じで使っていくのかなと思います。

オーストラリアのキオスクでもBTC

最後のニュースは、オーストラリアのニューススタンドで、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)が買えるようになるといった内容です。オーストラリア国内の中で1200ヵ所以上のニューススタンド(新聞とか雑誌とかお菓子が売っているようなキオスクのようなショップ)でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)が最低50ドルから買えるようで、メールアドレスと電話番号を入れたらOKなのだそうです。

本人確認的には若干心配な部分はありますが、コンビニのような感覚でサクッと仮想通貨が購入できるとインパクトがあるなと思います。

※この記事は、動画の一部を抜粋して文字に起こしています。全文は動画をご覧になり、ビールさん(yoriko09)の解説をお聞き下さい。

また、この仮想通貨ニュースエクスプレスを配信している「ビットコイナー反省会」の登録者数1万人まであと少し!コインチョイスも応援しています^^みなさんもぜひチャンネル登録してみてください~

2月28日配信 仮想通貨ニュースエクスプレス

ビールさん(yoriko09)が配信してる仮想通貨ニュースエクスプレス(2月28日配信)をご紹介します。今回は5分33秒でまとめられています!動画が見れないよーという方の為に、下記に一部抜粋した文章がありますので、そちらをご覧いただければと思います!

Circleがポロニエックスを買収

Poloniex(ポロニエックス)がサークル(Circle)に買収されるといったニュースが入ってきました。
サークル(Circle)はモバイル決済の企業を行っていて、Poloniex(ポロニエックス)はビットコイン(BTC)を基軸としてアルトコインのトレードが豊富にできる有名な仮想通貨取引所です。一時期、「みんなPoloniex(ポロニエックス)使ってるよね」みたいになったくらい大きな業者です。

一方サークル(Circle)は、ゴールドマン・サックスから出資を受けていたりとか、送金のライセンスをアメリカの各州でとっていて、しっかりと進めている企業です。サークル(Circle)は、一般ユーザー向けの送金アプリの他にもビットコインのOTC取引をするといった事業も行っているので、そういったところがPoloniex(ポロニエックス)を買収するということは、これからまた新しい動きがでてくるのではと思っています。

リベルランドが仮想通貨発行

ミクロ国家リベルランドが法定仮想通貨発行へ、といったニュースとなります。
ミクロネーションのとても小さな国「リベルランド」がヨーロッパの方にあり、個人と経済の自由を最大限に考えるというコンセプトで、経済学者の方々が建国を進めていたらしいのですが、4月13日に仮想通貨(法定通貨)の「Merit(メリット)」を発行するといった発表がありました。

リベルランドを調べたら、7km²といった小さな国なので、この「Merit(メリット)」を使ってどのくらいの経済活動ができるのかが、若干謎な部分があります。

Bitcoin Core 0.16.0リリース

こちらはビットコインの開発のニュースになります。「Bitcoin Core 0.16.0」がリリースとなりました。例えば、ウォレットのSegwitのサポートで、「Bitcoin Core」のウォレット機能がデフォルトでSegwitのサポートができるようになったりします。

他にも、Segwitのアドレスは通常「3」から始まるものであったり、「bc1」から始まるものがありますが、「bc1」から始まるアドレスの生成をサポートしているようです。

HDウォレットがデフォルトになるということです。毎回新しいアドレスが生成されるみたいなのって、モバイルウォレットだと皆さんも使っている方が多いかと思いと思うのですが、その機能がデフォルトで入るようになったとのことです。

楽天コイン!

楽天の三木谷浩史会長が、ブロックチェーンを使って、楽天のサービスで手がけているポイントとかを管理するような「楽天コイン」の構想があると発表されました。楽天サービスを使って得たポイントは海外で使えないということで、今後海外事業でも使えるようにという狙いがあってブロックチェーンを活用するようです。どんな感じのものができるのか楽しみですね。

ベネズエラ、仮想通貨教育センター

ベネズエラ政府が国民に対して仮想通貨スクールを開設というニュースがありました。
ベネズエラは最近「ペトロ」という仮想通貨を出してきたと思うんですけど、それに続き仮想通貨について国民に教育する為のトレーニングセンターを設立したようで、仮想通貨の売買の方法やマイニングを教えるための学校をカラカス諸島に開設したということです。
仮想通貨経済についても教えてもらえるようで、どれくらいの規模なのか等、色々と不明な部分はまだ多くあります。

※この記事は、動画の一部を抜粋して文字に起こしています。全文は動画をご覧になり、ビールさん(yoriko09)の解説をお聞き下さい。

2月22日配信 仮想通貨ニュースエクスプレス

ビールさん(yoriko09)が配信してる仮想通貨ニュースエクスプレス(2月22日配信)をご紹介します。今週も、新しくマイニングに参入する企業があったり、韓国が仮想通貨への姿勢を変えたりと、色々ありましたね。今回は5分35秒でまとめられています!

熊本電力、マイニングに参入

熊本電力でマイニング事業をするというプレスリリースがでていました。
「オズマイニング」という子会社でマイニング事業をスタートするそうなのですが、業界で最も電力が安いという強みを活かして、クラウドマイニングやコンテナなどのマイニングファームなどの提供を行なうようです。

しかし、いつからサービスがスタートするのかという記載がなかったのでまだわからないのですが、余剰電力がある企業はこういうこと(マイニング事業など)をやったほうが良いんじゃないかなと思います。似たような動きが今後も続くのではと予想されます。

コインベースとbitfinexもSegwit導入

コインベースとbitfinexがついにSegwitを導入するようで、コインベースはすでにほぼ準備が完了しており、来週半ばには、ほぼ100%いけるであろうとされています。ユーザーからも結構リクエストがあったようで、署名が12,000件集まっていたようでした。

bitfinexのほうは、BTCユーザー向けにはもう導入済みとのことです。去年からSegwitは色々ありましたけど、なかなか導入が進んでいなかったのと、取引所だと結構エンジニアさんのコスト等もかかるので滞っていたのですが、これでさらに広がっていくものと思います。

ベネズエラのICO、初日に790億円

ベネズエラペトロのICOについてです。
20日にプレセールがスタートしたんですけれども、その時に大統領が発表したのは、売りだし初日で約790億円に到達したとのことでした。

ただ、シンクタンクのベネズエラ専門家によると、ベネズエラの原油で通貨を担保すると言っているものの、政府の説明を聞いた感じだと、通貨と石油の交換の補償はしておらず、交換できるのはベネズエラ通貨のボリバルだけで、ボリバルにはほぼ価値がないというコメントもしていたようです。

韓国が仮想通貨への姿勢を変える

韓国が仮想通貨に対してフレンドリーになるのか?というトピックスです。
韓国の金融監督院の委員長が、「政府は規制に沿った仮想通貨の取引が行われるように支援する」と発言されました。これまでは「閉鎖させるぞ」のような発言をしていた人が、急に態度をかえてきたということで、進展があったのでは?というニュースがありました。

またそれと同じようなタイミングのニュースで、韓国の仮想通貨規制法案の取りまとめをしていた幹部が心臓発作で死亡したというニュースが入ってきました。ストレスが原因か?というような報道もあったりしましたが、もしかしたら他の原因もあるのかもしれませんね。。

関連記事:韓国の仮想通貨規制幹部が自宅で死亡、原因は過度のストレス?それとも…

仮想通貨でクラウドファンディング

話題の落合陽一氏がクラウドファンディングをやっているのですけど、「READYFOR」というクラウドファンディングのプラットフォームと、bitFlyerさんがコラボをしていて、ビットコインでの寄付も可能になっているとのことです。
目標が1,500万円で現在(動画配信時点)では200~300万円手前くらい集まっています。

寄付の受領証明書ももらえますし、寄付の金額に応じて特典もあるようです。大学の研究のためにこういったことを行なうのは恐らく初と言われていました。仮想通貨でこういうことができるのって良いですね。

以上、ニュースはここまでです!この記事は、動画の一部を抜粋して文字に起こしています。全文は動画をご覧になり、ビールさん(yoriko09)の解説をお聞き下さい。

また、「ビットコイナー反省会」では登録者数1万人を目指しているようです。ぜひみなさんご登録をしてみてください~!

2月19日配信 仮想通貨ニュースエクスプレス

ビールさん(yoriko09)が配信してる仮想通貨ニュースエクスプレス(2月19日配信)をご紹介します。いつものようにピックアップした5つのニュース、今回は5分30秒でまとめられています!

マイクロソフトとブロックチェーンID

マイクロソフトがブロックチェーンの研究をしていて発表が1つありました。
今後ファブリックブロックチェーンを使ったセカンドレイヤーの活用を目指していくといっているようです。ビットコインとかイーサリアムといったオープンなブロックチェーンを使ったデジタルIDのアプリケーションが必要といっているみたいです。

イーサリアム、賛否両論の改善案

イーサリアムの資産復元EIPについてです。イーサリアムのネットワーク上で、例えばバグとかハッキングとか予期しない状態で資産が盗まれた時に、復元できる(取り戻せる)ようにするルールを作りませんか?という提案がありました。

しかしこれが結構な賛否両論ありまして、イーサリアムの開発によく関わっている平井さんという日本人の方がいらっしゃるんですけど、この提案は不当に誰かの資産を没収することにつながる可能性があるし、一部の人で決めるのはよくないということをおっしゃってるそうで、「これのせいでEIPの編集のポジションが大変なんでやめます」みたいなことをおっしゃっていました。

ネットで最新情報を追ってみたのですが、反対意見が多かった印象でした。もしかしたらなくなるかもしれませんが、気になる人は最新情報を追ってみてください。

盗まれたNEMのゆくえ

コインチェックから盗まれたNEM(XEM)のゆくえの件です。
盗まれたNEM(XEM)90億円分が、匿名性の高いダークウェブのサイトを通じて他の通貨に交換された疑いがあるとのことです。

NEM(XEM)はマーキングしてくれていて、盗まれた分どこにいったかなどのトラッキングは出来ていたのですが、すでに400以上の場所の分散されており、ゆくえが不明になってきている分もあるとのことです。犯人はおそらく個人もしくは数人のグループによる犯行なのではないか、といった予測もあるとのことでした。

盗まれたNEM(XEM)を間接的に買ってしまった邦人男性が事情聴取をされたり、ということも行われているようです。

業界団体、4月に向けて統合するのか?

これまで「JBA」と「JCBA」という2つの業界団体があって、どちらかが認定される団体になるということだったんですけど、この2つの業界が合体できないのかなみたいな話もあって、統合は望まれてたものの方向性の違いとかもあったのか、できないような状況が続いていました。

業界団体も「まだ決まっていません」という一部の発表のみで、本当か嘘かわからなかったのですが、最近のニュースで、今年の4月をめどに2つの業界団体が統合に向けて調整を進めているという情報がありました。

オリンピックでもビットコイン♪

カナダ代表オリンピック選手のスポンサー報酬の支払いにビットコインが使われたということです。
スピードスケーターのTed-Jan Bloemen選手がスポンサー報酬の一部にビットコインが支払われたとのことで、オリンピック選手では初の事例になるとのことでした。

(報酬の)一部だけということではありましたが、こういったニュースは面白いですね。話題にもなるし、こんなことあったらしいよ~と友だちに話すのもいいかもしれませんね^^

※一部を抜粋して文字に起こしています。全文は動画をご覧になり、ビールさん(yoriko09)の解説をお聞き下さい。

ビットコイン開発者で起業家のJimmy Song氏 2月9日の動画配信:プルーフ・オブ・ステークについて

ビットコインの開発者で起業家のJimmy Song氏による動画配信。YouTube「Off Chain」の2月9日に配信された動画で語った内容(要点をまとめたもの)をお届けします。

ビットコインのコンセンサスにはプルーフ・オブ・ワーク(PoW)というマイニング用のマシンや電気代などのコストをかける方法が採用されています。これはネットワークの安全性を担保するために必要である一方、電気の無駄遣いなのではと言われており、PoWよりもPoSのほうが良いのではないかという質問を受ける事が増えたようです。

この動画では彼がPoSの問題点だと思う部分を指摘しつつも、最後にはどのような場面でPoSの可能性があるのかについて語っています。

プルーフ・オブ・ステークのコストについて

人々は、プルーフ・オブ・ワークは電力を無駄にしているので、そのような費用のかからないプルーフ・オブ・ステークの方がはるかに良いと考えているようだ。しかしプルーフ・オブ・ステークにもどこかで何らかのワークは必要でそれには費用が掛かる。プルーフ・オブ・ステークについてもそういった費用を考える必要がある。

プルーフ・オブ・ステークの仕組み

プルーフ・オブ・ステークにもいくつかタイプがある。まず、純粋なプルーフ・オブ・ステークでは全てのコインが初めに作成され、配布される。ある程度の期間コインを使わずにおいておくことでステークを獲得してブロックを作成し、取引手数料を得ることができる。例えば、100万コインが発行されていて、あなたは1万コインを保有しているとする。そうすると1%の確率でブロックを作成し取引手数料を手に入れることができる。

プルーフ・オブ・ステークのセキュリティに関する問題

プルーフ・オブ・ステークはコストなしでプルーフ・オブ・ワークの利点をすべて得られるという考えがあるがそれは間違いだ。セキュリティの観点から多くの懸念がある。

例えば、Stake Grindingのような攻撃があり、ランダムに取引手数料を得るチャンスが回ってくるはずの「ランダムさ」を攻撃者によってコントロールされてしまう可能性があり、安全ではない。

プルーフ・オブ・ワークにはコンピューターによる膨大な計算が必要とされ、攻撃方法は知られているがそのコストは高く実行に値しない。しかし、プルーフ・オブ・ステークに対する攻撃はコストが低いためやるだけの価値がある。対策も考えられているが、プルーフ・オブ・ワークのようなコスト、または中央集権的なシステムが必要になる。

プルーフ・オブ・ステークの経済的な問題

多くの人はプルーフ・オブ・ステークは無料だと考えているがそれは間違っている。例えばビットコインでは12.5BTCの報酬が与えられるが、それは12.5BTCまでなら費用をかけてでもブロックを作成しようという経済が働くということだ。プルーフ・オブ・ステークではコインをロックしなければならないため、それによって失う流動性や機会損失が費用となる。

電気自動車がガソリン車より環境に良いかどうかは、製造や発電も含めて総合的に考えなければならないように、プルーフ・オブ・ステークでも全体を考慮する必要がある。実際、プルーフ・オブ・ステークは目立たない形のプルーフ・オブ・ワークのようなものだ。

透明性という意味ではプルーフ・オブ・ワークが優れている。しかし、まったく別の用途、例えば投票においてはプルーフ・オブ・ステークには未来があるだろう。

※動画の一部を抜粋し、まとめています。全文は動画をご覧ください。(字幕も対応しています)