仮想通貨決済

No tags for this post.

ゲーム配信プラットフォームTwitchがBitPay採用でビットコイン決済開始

要点

・ゲームに特化下ライブストリーミング阪神プラットフォームTwitchがBitPayを採用し、仮想通貨決済を開始させます。
・仮想通貨決済をするユーザーには10%の割引が適用されます。

TwitchがBitPayを採用

Amazon.com が提供する、ゲーム配信に特化したライブストリーミング配信プラットフォームのツイッチ(Twitch)が、ビットコイン決済をサポートするため、アトランタに本社を構えるビットコイン決済プロバイダーのBitPayのデジタル通貨処理ネットワークを使用しています。

ゲーマー向けの主要なライブストリーミングプラットフォームTwitchが、仮想通貨で支払うプレットフォームユーザーには、10%の割引を適用すると発表しました。


(画像引用 Twitch)

Twitchは、ゲーマーから最重要視されているライブストリーミングプラットフォームで、Amazon.com Incの子会社として2011年に導入されました。
その電子サービスにより、ゲーマーはライブゲームをストリーミングできますが、これとは別に、電子スポーツ大会のストリーミング、音楽コミュニケーション、クリエイティブテキスト、最近追加されたリアルライフストリーミングなどが利用できます。
1,500万人を超える定期的視聴者、27,000件にのぼるパートナーチャンネルや毎月ライブゲーム放送する200万人以上のユーザーがTwitchを盛り上げています。

Twitchは暗号通貨の操作にBitPayを使用します


(画像引用 BitPay)

Twitchプラットフォームは2014年に一度仮想通貨決済を導入しましたが、2019年の第1四半期に仮想通貨決済システムを停止しています。

今回、ビットコイン決済を再開させるにあたってTwitchでは、BitPayのデジタル通貨処理ネットワークを採用しています。

このシステムは

ビットコイン(Bitcoin/BTC)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCaash/BCH)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
リップル(Ripple/XRP)
ジェミニドル(Gemini Dollar/GUSD)
USDコイン(USD Coin/USDC)
パクソススタンダードトークン(Paxos Standard Token/PAX)
バイナンスUSD (BinanceUSD/BUSD)

以上の8銘柄の利用が可能になります。

Twitchで仮想通貨を使った支払いは簡単で、ユーザーは「チェックアウト時にBitPayで支払う」を選択するだけです。
システムはコマンドを認識し、同時に10%の割引が適用されます。
仮想通貨を使用したTwitchのサブスクリプション(商品ごとの購入金額を支払うのではなく一定期間の利用権として料金を支払う方式)は簡単で、割引があるほかに、他の支払い方法を使用するユーザーにも同様サービスを提供するとのこと。
チャンネル登録者では、バッジを取得して、お気に入りのすべての配信映像送信者をフォローできます。

BitPayの最高マーケティング責任者ビル・ジーク(Bill Zielke)氏は

Twitchは、このトレンドに飛びついた最初の主要な商人ですが、仮想通貨での支払いを受け入れる唯一のオンラインゲームサイトではありません。
Take-TwoやMicrosoft Corporationなどの他のゲーム会社は、購読者からコインで支払いを受け取る仕組みを導入しています。

とコメントしています。

ゲームと仮想通貨は必要不可欠な関係

Twitchが支払いオプションとして採用を決めたBitPayは、Twitchの仮想通貨決済をサポートする大手企業です。
両社の決済サービスがうまくいくことで、他の仮想通貨決済を検討している企業も、すぐにトレンドに反応するとみられています。
BitPay社は、仮想通貨決済とゲームは、とても重要で欠かすことのできない関係にあると考えています。

取引に仮想通貨を使用すると、ゲームプラットフォームのユーザー数が増加し、メンテナンスのコストが削減されるだけではなく、あらゆる形態のチャージバックが停止し、ユーザーにより速いサービスが提供され、無限の機会が提供されるとコメントを発しています。

今回の2社の結びつきは、わずかな時間で、世界中どこに居てもつながりが持てる仮想通貨×インターネットだからこそ誕生した、まさしく「今」のサービス形態です。
今後、この形態がどのコンテンツにまで波及していくのかが期待されています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

PayPal(ペイパル)がPaxos Crypto Brokerageと提携して暗号化サービスを開始か

要点

・ペイメント業界大手のPayPal(ペイパル)がPaxos Crypto Brokerageと提携して暗号化サービスを開始したことが報じられました。

PayPal(ペイパル)で暗号化サービスを開始か


(画像引用先:PayPal)

コロナ禍の影響を受け、自宅にいることが増えると同時にオンラインショッピングで必要な物を購入している方も急増しています。
オンラインショッピングで毎回決済方法に悩ませている方も多い中、キャッシュレス化を進めている人たちの中には、決済サービスを利用して毎回の決済手続きの煩わしさから解放されている方も増えています。

オンラインショッピングで便利に決済を済ませる選択肢の一つに『PayPal(ペイパル)』があり、あらかじめカードや銀行口座を登録しすることで、オンラインショッピングではIDとパスワード入力だけで決済が完了できる仕組みです。
このPayPalでは、銀行口座や口座振替設定をするだけで、友人や家族間でのお金の送受金が簡単にできる点も注目されています。

そんなペイメント業界で大手のPayPalでは、企業が自社アプリケーション内で仮想通貨の購入や販売、保有、送金機能を提供できるようにするプラットフォームPaxos Crypto Brokerageと提携して暗号化サービスを開始したと海外メディアが報じています。

大手メディアのCoinDeskが報じた内容によると、7月20日(月曜)に、フィンテック企業のRevolut USが最初の顧客として発表され、ニューヨークを拠点にしているPaxosのプラムアサインメントで、情報筋によると、PayPal関係の正式な発表は今週中に発表される可能性があると報じています。
この提供によって、PayPalは仮想通貨の購入を提供する最も有名な企業の1つに加わると報じられました。

ただし、現時点でPayPalは公式発表をしていないことから、同社の発表が待たれている状況が続いています。

PayPalユーザー3億人が仮想通貨決済可能に

APIベースの仲介サービスによって、フィンテック企業は仮想通貨の購入、販売、保持、送信機能を独自のアプリケーションに統合できるようになり、Paxosは規制、技術、流動性の全側面を処理し、フィンテック企業はフロントエンドの経験を担当するとのことです。

PayPalの暗号化計画は2020年6月に、PayPalとVenmoのユーザーに仮想通貨売買を提供する計画が進行中であることをTHE BLOCKが報じたばかりでした。
なおPayPal は今年3月、欧州委員会に対して、暗号化機能を開発中であり、暗号化資産のEUレベルのフレームワークの構築に賛成であるとの書簡を送っています。

PayPal は世界で3億人を超えるユーザーを抱えており、同社による暗号化サービスの開始は大規模にものなることが予想されています。
また、すでに暗号化サービスを提供している他の主要なフィンテック企業には、RobinhoodやSquare’s Cash App、eToro、SoFiなどがあり、これらの企業とは対照的に、WealthfrontやBettermentなど、他のいくつかのフィンテック大手はまだ暗号化市場へ参入していません。

仮想通貨決済導入が大きな転換点に!

Paxosのチャールズ・カスカリル(Charles Cascarilla) CEOは7月15日の同社公式ブログの中で、同社の仲介サービスが暗号化採用の「主要な転換点」が生まれる事に喜びを感じていると述べています。
主流のオーディエンスが大勢いる企業がデジタル資産の需要に応え、デジタル金融の未来を探り始めることができるようになり、自社の内部交換itBitを拡張することで、新規クライアントの需要に対応する準備をしていると語っています。

一方のPayPalも、テクノロジーは進化し続けており、透明性を促進しながらイノベーションを促進する思慮深い規制は、業界の成長と繁栄に役立つと信じていると述べています。

PayPalは以前Libraプロジェクトのメンバー企業として加わっていたことでも知られています。しかし、Libraに対する逆風が日増しに強くなっていた2019年10月、Mastercardやvisaなどの大手決済企業とともに同プロジェクトから撤退しています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ホテル予約大手のExpediaとの提携で仮想通貨で予約が可能に!Travalaも30%増

要点

・ホテル予約大手ExpediaとTravala.comがパートナーシップの締結をしました。
・両社の業務提携により、ユーザーはビットコインをはじめとする仮想通貨を使ってExpediaと提携するホテルおよび宿泊施設への予約が可能になりました。

Expediaは仮想通貨を使って予約が可能に!


(画像引用 Travala.com)

ホテル予約大手Expediaの子会社であるTravala.com  https://www.travala.com/ がパートナーシップを締結しました。
このパートナーシップの締結により、ビットコインやその他の仮想通貨を使用してExpediaと提携しているおよそ700,000以上のホテルや宿泊施設の予約が可能になりました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

Travala.comは、仮想通貨でホテルに支払うことを可能にするBinance支援の予約プラットフォームを提供しており、世界第2位のオンライン旅行サイトExpediaとのパートナーシップを発表しました。

この契約により、Travala.comのユーザーは、Expedia Partner SolutionsのAPI、Rapidを通じてBitcoin(ビットコイン/BTC)、Ethereum(イーサリアム/ETH)、Binance Coin(バイナンスコイン/BNB)、Travala.com(AVAトークン/AVA)など、30種類の仮想通貨を使ってExpediaグループのホテルや宿泊施設の予約が可能になります。

Expediaは2014年に、ビットコイン決済を導入しましたが、2018年6月に支払いオプションからビットコイン決済が削除されていました。
Travala.comのファン・オテロ(Juan Otero)CEOは、ビットコイン決済の受け入れは少々悪夢だったがExpediaと連携することで、コロナウイルスの回復期間を通じて旅行者の忠誠心を高めることができるとコメントしています。

Travala.comはExpediaの他に、Booking.comとも提携している。

TravalaのAVAトークンが30%上昇


(画像引用 CoinMarketCap)

7月6日の発表により、Travala.comの独自トークンAVAトークンの価格が急騰しています。
CoinMarketCapによると、AVAは現在時価総額ランキングで319位で、1AVA= 39.44円で取引されています。

 

EPS(Expedia Partner Solutions)では、革新に情熱を傾けており、予約と支払いの選択肢が急速に変化する世界で進化し続けている。
私たちの目標は、私たちの目標は、Travala.comがこれまでよりも速くビジネスを拡大できるようにサポートすることで、幅広い旅行用品、パートナーサポート、最先端のテクノロジーを通じて、Travala.comパートナーが旅行者のために素晴らしい体験を構築できるように支援します。

(引用先 Travala.com)

とExpedia Groupのであるアルフォンソ・パレデス(Alfonso Paredes)副社長はコメントしています。

Travala.com では2020年5月、Binanceの支援の下、TravelbyBitと合併し、世界最大のブロックチェーンベースの旅行代理店の1つを設立しています。

今回のパートナーシップ締結に際し、BinanceのChangpeng Zhao CEO兼創設者は、「Travala.comは、世界クラスの旅行予約プラットフォームを構築する能力を証明しました。Travala.comとExpedia Group との関係が発展し、旅行での暗号通貨の使用が強化されたことに興奮しています。」とコメントしています。

Expedia Groupは、EPS Rapidを導入し、世界中の35,000を超える目的地で35以上の異なるタイプの70万を超える物件のポートフォリオから、競争力のある宿泊料金と空室状況へのアクセスを提供する旅行を企業に提供しています。

Travala.comは2017年に設立され、230か国に200万以上のプロパティを持つ、仮想通貨に優しいホテルおよび宿泊施設の予約サービスプラットフォームで、従来の支払い方法に加えて30以上の主要な仮想通貨を受け入れています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.