仮想通貨

No tags for this post.

通称「ガクトコイン」こと仮想通貨「スピンドル」の販売業者が日本撤退へ 胴元GACKTらはボロ儲け報道も・・・

1: 2018/08/12(日) 12:57:46.47 ID:B0MRuaIT0 BE:323057825-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
通称「ガクトコイン」と呼ばれる仮想通貨「スピンドル」の企画・販売を行うB社が今月15日をもって、日本から“撤退”することを発表した。

 B社は野田聖子総務相の“金融庁圧力問題”の当事者。金融庁から無登録営業による資金決済法違反の疑いを指摘され、
後日、野田氏秘書のアテンドで金融庁に説明を求めたことから「圧力をかけたのでは?」と報じられた。

 スピンドルの広告塔を務めるのは人気歌手のGACKT。だが、5月に国外の取引所5つで上場したスピンドルは大暴落し、
プレセールで1スピンドル(SPD)=30円だったものが、10日現在0・4円弱まで値を下げている。これではGACKTを信じて購入した人は大損だ。

 しかもGACKTら“胴元側”は上場直後に売り抜き、ボロ儲けしたとの報道も。
こうした不透明な取引に、警視庁のサイバー犯罪対策課が重大関心を示しているとは本紙既報通りだ。

 そんな中での“日本撤退”。B社はホームページ上で日本オフィスを閉鎖し、本社をロンドンに移転すると発表。
理由について「テクノロジー、デザイン分野に精通する我々のパートナー拠点が欧米に多く、彼らとのコミュニケーションを密にしていきたい」
「昨今の日本での金融界における規制や投資に対する考え方などを考慮した上で、日本でのビジネスをこれ以上拡大していくことは困難」と説明しているが、うのみにはできない。

 仮想通貨に詳しいIT関係者は「スピンドルはGACKTが宣伝マンを務め、彼のファンを含む日本人を主なターゲットにしてきた。
それが早々と日本撤退なら本末転倒。当局の捜査が迫る前に“夜逃げ”したような印象を受けます」と話す。

 B社は「プロジェクトに関わるアドバイザー人事等にも変更を入れ、一新していく」とも明言。GACKTを“避難”させる気満々だ。

 すべてを“なかったこと”にするつもりなのか――。

仮想通貨「スピンドル」が日本撤退発表 “広告塔”GACKTも緊急避難?
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1091830/
no title

引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1534046266/


続きを読む No tags for this post.

【8/13~】今週の仮想通貨市場はどうなる?BTCドミナンスは50%超え!米国株式市場やトルコリラにも注目!?

13日のビットコインは、本稿執筆時点で年初来安値から反発。

今週は、引き続きビットコインドミナンスの推移や、米国の株式市場にも注目したほうが良さそうです。

要点

・伝統的金融市場の崩壊

先週から、仮想通貨のメディアでも、伝統的金融市場(米国の株式や債券)の崩壊が報道されるようになってきています。

現在は、世界の株式市場の不安定な状態が続いており、注視する要因となりそうです。

ビットコインは年初来安値から反発・ドミナンスも上昇

ビットコインの年初来安値(6000ドル付近)は週末の注目ポイントになっていましたが、13日、一旦は反発しています。

ビットコインドル 日足

現在は6600ドルのレジスタンスに差し掛かっており、ここを突破できれば7200ドルの高値を目指しそうです。

長らく下落トレンドが続いたので、引き続き年初来をサポートに上昇していけるかは注目ポイントでしょう。

 

ビットコインドミナンス

コインマーケットキャップによるBTCドミナンスは節目の50%を突破。

13日時点で、51%の高値を維持しています。

仮想通貨市場は、今までもビットコインの価格上昇→アルトコインの価格上昇を繰り返してきました。

なので、ビットコインの価格の回復とともに、ドミナンスの推移にも注目していきたいところです。

 

米国株式市場にも注目?

最近、伝統的な金融市場の不安的な状態が続いています。

トルコの自国通貨であるトルコリラは政権不安から暴落。

それにより、トルコではビットコインの取引が増えているとの報道もあります。

先週も、「金持ち父さん貧乏父さん」で有名なロバート・キヨサキ氏が、既存の金融市場の崩壊を警告しました。

衝撃!今年、金融市場が崩壊し仮想通貨が法定通貨になる!?ロバート・キヨサキ氏が警告

仮想通貨のメディアでも、にわかに金融市場を懸念する報道が目立つようになってきています。

11日、コインテレグラフ・ジャパンのインタビューに応じたイートロ社アナリストも、既存の金融市場に注目すべきとコメント。

2017年は、株式や仮想通貨といったリスクが伴う資産投資のピークであったと主張しています。

ビットコインに関しては、トルコリラのように法定通貨が不安定になれば買われる傾向があること、デジタルゴールドの役割を果たす指摘もあるので、米国の株式市場がどうのように推移するかは、しばらくの間注目したほうが良さそうです。

デジタルゴールド
株式市場が下落した際に、投資家がリスクを回避するために、金を購入し、金の価格が上昇します。それと同じように、ビットコインは金の役割を果たし、リスク回避の資産になるという指摘があります。

 

まとめ

仮想通貨市場に関しては、まずはビットコインの価格が回復できるかに注目でしょう。

上手に回復していければ、価格の上昇とともに、ドミナンスがどのように推移して、アルトコインの価格に影響するかがポイントです。

そして、トルコリラの暴落、米国株式市場への不安は、既存の金融メディアでかなり話題になっているので、ビットコインがどのように連動した値動きをするかに注目するとおもしろそうです。

 

下半期大注目のBITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【製品】仮想通貨のマイニングが可能なWi-Fiルーター「AntRouter R3-DASH/R3-SIA」、中国Bitmainが発表

1: 2018/08/12(日) 18:57:30.24 ID:CAP_USER
中国の大手マイニング機器メーカーであるBitmainは、仮想通貨のマイニングが可能なWi-Fiルーター2製品「AntRouter R3-DASH」「AntRouter R3-SIA」を発表した。価格はいずれも58米ドル。

 R3-DASHは仮想通貨「DASH」、R3-SIAは仮想通貨「Siacoin(SIA)」のマイニングが行える。

 Wi-Fiルーターとしては、IEEE 802.11b/g/nの2.4GHz帯のみに対応しており、最大通信速度は300Mbps。有線ポートは100BASE-TX対応のWAN×1のみで、LAN端子は装備しない。

 なお、Bitmainでは、Litecoin(LTC)のマイニングが可能な「AntRouter R3-LTC」「AntRouter R1-LTC」をすでに発売している。
no title

https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1137734.html

引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1534067850/


続きを読む No tags for this post.

仮想通貨投資は”トルコリラの急落”から学べ

トルコリラの急落から「これって草コイン投資の失敗と似てるよね」というつぶやきがTwitterで増えています。「トルコリラ投資の失敗から草コイン投資の失敗が学べる」という声もあります。トルコリラから我々仮想通貨投資家は何を学ぶべきなのでしょうか。

eca1711170500002-p1


No tags for this post.

仮想通貨がここまで落ちた原因・・・

886: 2018/08/11(土) 13:50:51.22 ID:diBqovmT
コインチェックのネム流失事件が大きかったね、 
あれで世間様はコインは手を出したら危険なもの、胡散臭いものとのイメージついたから。 
個人的な意見としては、当時のコインチェックの副社長?メガネの方の自作自演だと思ってます。 
おそらく彼の海外口座に数十億の資金あると思われます。あくまで個人的意見ですよ。 

これから先、取引所は何社が廃業に追い込まれるでしょね・・・ 
皆さん、ゼロにならないうちに、儲けて辞めましょうね。

c5376882.png

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1533945596/


続きを読む No tags for this post.

仮想通貨は何が起こるかわからないぞwwwwww

509: 2018/08/09(木) 11:11:15.64 ID:uO/xdOve
安心しろ11月がこれで 
no title

12月がこれや 
no title


何が起こるかわからんで!全軍撤退! 
 。・。∧_∧。・。 
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。 
  o( U U 
   'ー'ー'


引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1533762066/


続きを読む No tags for this post.

与沢翼が今リップル(XRP)買ってないのは不自然じゃね?

645: 2018/08/09(木) 16:02:57.18 ID:t/CKB0/q
むしろ与沢は今買ってるまでもある 
25円のときからあれだけXRP調べ尽くして買ってたのにここで買ってないのは不自然 
自分の発言で靴磨きの集団が動くのわかってるからあえて何も言わないだけだろう

no title

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1533759963/

引用元:http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1533461994/


続きを読む No tags for this post.

2018年に注目すべきアルトコインは?おすすめの取引所も紹介!

仮想通貨と言えばビットコインが有名ですが、そのほかにも1,600種類以上のアルトコインと呼ばれる仮想通貨が存在しています。 アルトコインの中には将来性があり急成長を遂げているものがあり、今後投資対象として注目される通貨が ... No tags for this post.

ブロックチェーンで起業はこれから?Gunosy創業者の分析は「今のタイミングが波に乗れるかどうかギリギリのところ」

1: 2018/08/10(金) 05:39:15.70 ID:CAP_USER
◆ブロックチェーンで起業はこれから? 「いや……」 Gunosy創業者の分析は

「ブロックチェーン事業での起業は今がラストチャンスだと思っている」――
情報アプリを運営するGunosyと、ICOコンサルティング事業などを手掛けるAnyPayが共同出資して8月1日に設立した合弁会社LayerX。
6日に開催したエンジニア採用イベントで、LayerXの福島良典社長(Gunosy創業者)が同社創業の狙いを語った。

■「これからブロックチェーン」と思っているかもしれないが……

福島社長はGunosyの代表を8月24日付で退任し、LayerXでの新規事業のみを担当する考え。

「Gunosyの代表を続けながらLayerXの事業も行う選択肢もあったが、リソース配分やKPI設定が難しい。平行するには相当の集中力が必要」と話す。
「ブロックチェーンには世界中の天才たちが、人生を懸けて新事業を展開している。中途半端なリソースでは彼らに勝てない」と、自身もリソースの全てをブロックチェーンへ注ぐことを決心した。

また、福島社長は「ブロックチェーンは20年ぶりに訪れた大チャンス。インターネット以来の大きな波だ」と現状を認識。
「インターネットで大きくなった会社はほとんどが95年~98年に生まれている。その次はモバイルインターネットで、09年~12年。
では第3の波であるブロックチェーンはというと、13年~15年に出てきた会社やプロジェクトが支配的な立ち位置にいる」と、これまでの技術的変化の波と最適な起業タイミングを分析する。

こうした分析の上に立つと、18年という今は「ラストチャンス」だという。
「世間的には『これからブロックチェーン』と思っているかもしれないが、僕からすれば今のタイミングが、波に乗れるかどうかギリギリのところ」(福島社長)

12年にGunosyを立ち上げ、ギリギリ第2の波に乗れた福島社長。
今回の波も逃す手はないと意気込む。

■多くの会社にブロックチェーンノウハウは蓄積されない

LayerXでは、ブロックチェーン上のトークン設計や、実装コードの監査サービスを提供する予定だ。
さまざまな企業がブロックチェーンに注目しているが、日本にはブロックチェーンに関する正しい情報や最先端の事例が少なく、企業やエンジニアにノウハウがたまっていないと福島社長は指摘。

LayerXはブロックチェーン導入を検討する企業とともに、プロジェクトの実現可能性や設計、実装をコンサルティングすることで、自社内にブロックチェーン技術のノウハウを蓄積することを目指す。
また、ブロックチェーンの日本最大エンジニア向けコミュニティー「BlockChain.Tokyo」の運営や、自社事業を通して国内のブロックチェーンエンジニアを育成する。
中長期には、独自チェーンの開発や自社プロダクトを展開したいとしている。

「他の業務にリソースを割かれない環境で、1日中ブロックチェーンの技術のことだけを考えたいという人は、ぜひ弊社に来てほしい」(福島社長)と、イベントに参加したエンジニアたちに呼びかけた。

写真:LayerXの福島良典社長(Gunosy創業者)
no title


ITMedia 2018年08月09日 12時31分
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1808/09/news078.html

引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1533847155/


続きを読む No tags for this post.