便利ツール

No tags for this post.

レジャーナノSの使い方は動画解説あり!ハードウェアウォレットLedger Nano Sでセキュリティ対策!

仮想通貨取引所の不正出金が相次ぐ中、ユーザー個人のセキュリティ意識の向上が叫ばれています。 本記事では、全世界で10万人が愛用している仮想通貨管理におすすめの管理デバイス「Ledger Nano S」(レジャーナノエス)をご紹介します。

[kanren postid="4400"]
[btn class="lightning big"]Ledger Nano Sで資産を守る[/btn]

ハードウェアウォレットはあなた専用の口座

取引所に預けた資産の多くは同じ口座で管理されていると言われています。
するとその口座のアクセスキーが流出してしまったときには、全ての資産が不正に引き出せてしまうということです。

Ledger Nano S(レジャーナノエス)のようなハードウェアウォレットは、所有者専用の口座を作ります。
保管中はインターネットにも繋がっていないので、ハッキングの心配がありません。 [aside]補足
ハートウェアウォレットとは、ネットから切り離した状態で仮想通貨を保管するセキュリティの高い安全なデバイスのこと。 [/aside]

Ledger Nano Sの対応通貨は現在27種類

ハードウェアウォレットはどの仮想通貨でも保管できるわけではありません
対応している通貨のみ送金が可能ですので、一度自分の保管したい通貨に対応しているかの確認が必要です。

とは言ってもLedger Nano Sの対応通貨は全27種類と豊富で、一般的な通貨にはほぼ対応しているのでほとんどのユーザーには支障ないでしょう。
しかもLedger Nano Sはアップデートされていきますので、今後も対応通貨が増えることが考えられます。
[table id=4406-001 /] しかも下記ウェブウォレットとの連携で対応通貨を拡張することができます。

堅牢なセキュリティで資産を守る

Ledger Nano Sを使うことで秘密キーを完全にオフラインで保管することが可能です。
万が一デバイスが壊れてしまった時も、秘密鍵さえ持っていれば仮想通貨自体がなくなることはありません。

PCに繋いで取引所を介さず送金が可能

Ledger Nano Sはパソコンと接続し、専用のアプリを利用することで送金を行うことができます。
もちろん取引所の口座へ送ることもできますが、個人間での取引などでは直接やりとりすることができます。
パソコンの接続を解除しておけば、送金等の取引は一切できないので、高いセキュリティを確保することができ、ハッキング被害を予防することができます。

使い方は動画をチェック!

ハードウェアウォレットが初めての方にもLedger Nano Sはおすすめです。
販売サイトの使い方ページでは、概要から初期設定、操作方法まで詳しく解説された動画を見ることができます

送金の流れを簡単に流れを説明すると、 [aside type="boader"]

  1. レジャーナノSの端末を初期設定する
  2. アプリ「Ledger Live」をダウンロードする
  3. アプリを操作してウォレットに仮想通貨を送金する
[/aside] 上記の3ステップだけで仮想通貨を安全なハードウォレットに送金することができます。
慣れてしまえば非常に便利なアイテムですので、仮想通貨ユーザーならぜひ持っておきたいアイテムです。

ユーザー口コミ

[hw-ledgernanos] [kanren postid="1389,1894,2920,4400"] No tags for this post.

One Tap Buyで楽々低額投資!千円から株が買えるワンタップバイのやり方や銘柄、手数料を解説!

仮想通貨投資同様、株式投資にも興味があるという方もいるのではないでしょうか?

株式投資というと、仮想通貨の投資とは異なり初期投資をするのにまとまった額が必要だったり証券会社とのやり取りが必要だったりと、ハードルの高いものと感じている方も多いようです。

そんな「株式投資」に手が出ないと思っていた人でも簡単に株式投資が始められるアプリがあるのをご存知ですか?

日本株だけではなく米国株も購入でき、初期投資は1,000円からと、低額からの投資が可能。
しかも儲かる可能性が高い!

今回はそんな簡単株式投資アプリワンタップバイをご紹介します。
特徴から口座開設のやり方まで、徹底解説していきます!

One Tap Buy
One Tap BUY(ワンタップバイ) 公式サイトはこちら

One Tap BUY(ワンタップバイ)とはどんなアプリ?

ワンタップバイとは、2013年に設立された株式会社One Tap BUYが、日本初のスマホ証券として2016年6月にサービスを開始したアプリです。

10年ぶりのネット証券新規参入としても話題になりました。
先ほどご紹介した通り、スマホで簡単に株式投資ができるのが一番のメリット。

現在、下記3つの投資方法にあわせたアプリがリリースされています。


[aside type="boader"]・One Tap BUY(ワンタップバイ)日本株
・One Tap BUY(ワンタップバイ)米国株
・積み立て投資専用アプリ「積み株」
[/aside]

もちろん、iOSとAndroidのどちらにも対応しています。

One Tap BUY(ワンタップバイ)公式サイトはこちら 

One Tap BUY(ワンタップバイ)日本株とは?

One Tap BUY(ワンタップバイ)日本株とは、上場している日本企業のうち、優良企業30社の株が買えるアプリ
これまででは、1株あたりの値段が高く手が届かなかった大企業の株式も1,000円から手軽に買うことができます。

また、「まるごと日本株」というサービスでは、株式の分散投資も行えます。
「まるごと日本株」サービスで取引できるのは下記3種類です。

ETFでは、市場全体の値動きで損益が変わっていきます。
長期的に資産を増やしたい人には、「相場が上がったら儲かる」がオススメ。
短期的に利益を得たい人には「相場が上がったら2倍儲かる」を選択しましょう。

One Tap BUY(ワンタップバイ)公式サイトはこちら 

One Tap BUY(ワンタップバイ)米国株とは?

One Tap BUY(ワンタップバイ)米国株は、ニューヨーク証券取引所とNASDAQで取引されている銘柄のうちAmazonやマクドナルドといった世界的に有名で日本人にも馴染みのある優良企業30社の株が購入できるアプリです。

日本株同様、米国株でも大手企業の株を手軽に買えるのがメリットと言えます。
また、おなじく日本株同様、「まるごと米国株」という分散投資のサービスもあります。

分散投資の取引は下記3種類です。
「儲かる」方法がわかりやすいのであなたの考え方、タイプにあわせて選択ができます。

One Tap BUY(ワンタップバイ)公式サイトはこちら 

積み立て投資専用アプリ「積み株」とは?

ワンタップバイが提供している株の自動積立専用のアプリです。

自分で最初に設定をすれば、後は一定額を決まったスケジュールでアプリが自動積立してくれます。
証券会社を通じて株の積み立てをしようとすると、手続きが多かったり、手間がかかることが多いです。

一方でOne Tap BUYならいつでもどこでもアプリで設定・変更・停止等が簡単にできます。
自分に無理なく、長期的に株の積み立てをしたいという人のためにはちょうどいいアプリです。

One Tap BUY(ワンタップバイ)公式サイトはこちら 

One Tap BUY(ワンタップバイ)の特徴とは?

日本株30・米国株30の有名銘柄を手軽に投資できる!

ワンタップバイでは、日米有力企業の30の有名銘柄株を取り扱っています。

[table id=44 /]

日米それぞれ30銘柄ですが、日本株ではトヨタ自動車やセブン&アイホールディングスなど、比較的安定した経営をしている大企業が多いラインナップです。

一方、米国株ではフェイスブックなど革新的なサービスを提供している勢いのいい会社や、コカ・コーラなどの老舗の会社まで幅広いラインナップです。

金額単位での取引が可能!1,000円から気軽に株式投資ができる!

通常の株式投資だと、単元株数単位でしか取引できませんでした。
単元株の購入方法は、単元が1株なら1株ごと、100株なら100株ごとしか買えないという仕組み。

単元は多くは企業側の方で決定されており、端数での購入もできないというのがデメリットでした。
また、1株あたりの値段が高いと、そもそもある程度資金がないと1株も買えないという株式も存在します。

しかしワンタップバイでは、1,000円単位での取引が可能。
一般の証券会社では、株数、使い方(成行、指値など)、指値の場合の株価などを入力しなくてはなりませんが、One Tap BUYでは○○円分の株を買う、という買い方ができます!

また、ワンタップバイでは1,000円から株式投資が可能。
1,000円からリアルタイムで株式投資できる仕組みは日本初なんだそうです。
少額から株を始めてみたい、株で儲かる!をちょっと体験したい!という人には非常にマッチしたサービスと言えます。

ちなみになぜほかの証券会社とは異なり、1,000円単位での株取引ができるのでしょうか?
それは、いったんワンタップバイが取り扱い銘柄の株を購入し、それを1,000円単位に分けてユーザーに販売するというスタイルをとっているためです。

ですから、通常株の取引は市場の開いている時間にしかできませんが、ワンタップバイでは米国株は24時間365日取引可能になっています。
(日本株は市場開場時間の9時~14時59分までです。)

One Tap BUY(ワンタップバイ)公式サイトはこちら 

スマホ専用証券。ユーザーの多くが未経験者だからサポートも充実。

日本初のスマホ証券だからこそ、見やすく・使いやすい株取引画面を実現。
上記画像はアプリのイメージ画像ですが、このように直感的に操作しやすい造りになっています。

スマホが普及した現代だけに、スマホでの株取引にストレスがない環境が提供されていますね。
このためか、ワンタップバイが行った2018年2月の調査によると、ユーザーの74.5%が株式投資未経験者なんだそうです。

また、株未経験者が多いので電話・メールでしっかりサポートしてくれ、口座開設から取引方法まで、気軽に問い合わせ可能です。
ブラウザでのFAQや使い方の説明も充実していますし、アプリ内で株に関するマンガや記事も読めます。

これを機に勉強したいというニーズもしっかり満たしてくれます。

One Tap BUY(ワンタップバイ)公式サイトはこちら 

セキュリティ面でも初心者に安心の仕組み。

株のことがよく分からない初心者にとって、うまくお金を運用できるのか、管理状況はどうなるのかという部分は不安になります。
その点、下記3点からワンタップバイはユーザーの資金を保全してくれます。

<ガード1> 信託銀行による管理
One Tap BUYに入金されたお金は、みずほ信託銀行が保管・管理しますので、One Tap BUYに万一のことがあってもお客様からお預かりしたお金に影響が及びません。

<ガード2> 信託法
みずほ信託銀行に万一のことがあった場合でも、信託法により、信託財産は守られます。

<ガード3> 投資者保護基金
予想外の事件に巻き込まれるなど、上記によっても守られなかった場合でも、投資者保護基金により1人のお客様につき1,000万円まで保全されます。

未成年者でも口座開設可能!

One Tap BUY(ワンタップバイ)では、未成年者の口座開設も可能です。
14歳までは、親権者が口座開設していることが条件に入りますが、15歳~19歳は親権者の口座がなくても自分の口座を開くことができます。
もちろん、親権者の同意事項は下記のように決められています。

未成年者のお取引の特殊性から、親権者の方には次の事項にご同意いただきます。
1:未成年者が口座を開設すること。
2:14歳以下の未成年口座に係る取引は親権者が行うこと。
 15歳以上の未成年口座(親権者が処分を許した財産)に係る取引は本人が主体となって行うこと。
3:同口座で行われる取引の効果は未成年者に帰属するものであること。
4:パスワード等口座情報の管理について、親権者が責任を負うこと。
5:同意書に署名捺印した者の他に親権者がある場合、その者も同意するものであることを保証すること。
One Tap BUY(ワンタップバイ)公式サイトはこちら 

One Tap BUY(ワンタップバイ)のデメリットは?

取り扱い銘柄が少ない

まず挙げられるのは銘柄の少なさです。
一度ワンタップバイが購入した株をユーザーに販売するというスタイルである以上仕方のないことかもしれませんが、日本・米国それぞれ30銘柄ずつの取り扱いですので、それ以外の銘柄の株がほしいとなるとネット証券等、ほかの手段を探さなくてはなりません。

手数料等がネット証券より高額になる可能性がある

ワンタップバイのもう一つのデメリットとして、手数料が比較的高いというように言われています。

ワンタップバイ米国株では、「直近の米国各証券取引所(NYSE、NASDAQ、ECN(電子証券取引ネットワーク)等)の中から、最適な条件による気配基準値または直前に終了した市場の終値を参考に、合理的かつ適正な方法で「基準価格」を算出し、取引時間によって0.5~0.7%のスプレッドをかけ買付けの場合には加算した金額、売付けの場合は減算した金額を、それぞれ「取引価額」としています。

日本株では、0.5%のスプレッドになります。

しかし、売買を月に何回もするとなると、この手数料は非常にきついですよね。
そこでワンタップバイでは、下記のような、定額プランも選択できます。

この定額プランなら、何度売買を行っても、980円以上月にかかることはありません!
また、その都度手数料のかかる通常の「都度プラン」に戻すことも可能です。
取引を何度もする人は一度検討してみるといいと思います。

One Tap BUY(ワンタップバイ)公式サイトはこちら 

One Tap BUY(ワンタップバイ)を口座開設して、実際に投資してみよう!

ワンタップバイを使うにあたっては、下記画像のようにブラウザでも画面で確認できるガイドがあり非常に便利です。

ワンタップバイの口座開設・取引のやり方は非常に簡単ですが、それでも困ったことがあればこちらのガイドを頼ってみましょう。

One Tap BUY(ワンタップバイ)公式ページより 

まずは口座開設!

One Tap BUY(ワンタップバイ)口座開設ページより 

口座開設は上記の3ステップで行います。
やり方は非常に簡単。
口座解説ページで個人情報の入力をし、免許証などの本人確認書類をアップロードします。
申し込みフォームは生年月日を入力すると、下記のような個人情報の入力ページに移ります。

主な入力内容
  • 氏名
  • 住所
  • 会員ID(自分で作成し設定)
  • 携帯電話番号
  • メールアドレス
  • 年収
  • 投資目的
  • 資産状況
  • 雇用形態・会社名等
  • 反社会的勢力ではないことの確認(チェックをする)
  • インサイダー取り引きにあたる内部者ではないかチェック

このような内容の入力を行い、最終ページでマイナンバーと身分証明書の画像を送付すると入力が完了します!

口座開設が完了すると、ログインIDやパスワードが記載された簡易書留が送られてきます。
それらを使ってアプリにログインすると取引が開始できます!

One Tap BUY(ワンタップバイ)公式サイトはこちら 

株を買ってみよう!

株の買い方も、たった3ステップです!
やり方は非常に簡単。3タップで完了します。

①まずは買いたい銘柄を選びましょう!

②次に、「入金する」をクリック!

あとは振込を済ますだけです!

One Tap BUY(ワンタップバイ)公式サイトはこちら 

twitterの#ワンタップバイで口コミをチェック!

ワンタップバイについて、twitterではどんな口コミがあるのでしょうか?
実際に儲かるのか?運用してつぶやいてくれている人をチェックするのが一番です。
「#ワンタップバイ」で調べてみました!





おわりに

いかがでしたか?
初心者でも日本株や米国株を簡単に始められ、儲かるかもしれないアプリ、One Tap BUY(ワンタップバイ)をご紹介しました。
難しそうに感じられた株取引も、いまはスマホアプリで、指先だけで出来てしまいます。

口座開設のやり方と取引のやり方もご紹介してきましたが、これまでの株式投資のイメージとは違い、かなり簡単だったかと思います。
少額から挑戦できるのも非常に魅力的ですよね。

口座開設の手続きもスマホで簡単にできてしまうので、ぜひチャレンジしてみてください!

One Tap Buy
One Tap BUY(ワンタップバイ) 公式サイトはこちら
No tags for this post.

取引所の出来高をプッシュ通知にてお知らせ!価格変動を事前に察知できるcryptofolio社のCryptopush(クリプトプッシュ)をご紹介!

仮想通貨の取引で「ポートフォリオ」(資産管理)アプリや、実際に取引が出来るアプリやツールは数多くありますが、「出来高を監視して、変動があればプッシュ通知でお知らせ」してくれるアプリは非常に珍しいのではないでしょうか。

本記事では、仮想通貨界隈の超有名ポートフォリオアプリである「Cryptofolio」(クリプトフォリオ)をリリースしているcryptofolio社が新たにリリースした姉妹アプリ、「Cryptopush」(クリプトプッシュ)をご紹介します。

2018年7月25日にリリースされた直後とあって、まだこの「クリプトプッシュを知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで「海外の仮想通貨ニュース速報」ではいち早くご紹介させていただきます!

仮想通貨を保有、もしくは取引されている方は本記事をご覧いただき、ぜひクリプトプッシュをインストールしてみてください!

[btn class="lightning big"]Cruptopush(クリプトプッシュ)のインストールはこちらから[/btn]

Cryptopush(クリプトプッシュ)とは?

クリプトプッシュとは、人気のポートフォリオアプリ「Cryptofolio」(クリプトフォリオ)を提供しているcryptofolio社(クリプトフォリオ社)が新たにリリースした「仮想通貨取引支援」アプリです。

クリプトプッシュの主な特徴

[aside type="boader"]
  • 出来高が変動した通貨のプッシュ通知が来る
  • 通知を一覧で確認できる
  • 銘柄情報を即座にTwitterで検索できる
  • 出来高の急上昇ランキングが見れる(有料版のみ)
  • 仮想通貨に関係したニュースが見れる
[/aside]

2.開発経緯
仮想通貨トレードは株式市場等とは異なり、24時間取引が行われています。また他の金融商品には見られないような短時間における大きなボラティリティが時間を問わず発生しているため、最適なトレードタイミングでエントリーするためには常に相場を監視している必要があります。 そのため、トレードに充てられる時間が中々取れない方や、大量の仮想通貨からエントリーすべき通貨の選定が困難な方向けに、エントリータイミング探しの補助となるアプリケーション「Cryptopush(クリプトプッシュ)」をリリース致しました。

引用 : 価格変動を事前に察知できる仮想通貨トレード支援ツールCryptopush(クリプトプッシュ)リリースのお知らせ|株式会社クリプトフォリオのプレスリリース
上記はクリプトフォリオ社のプレスリリースから引用しましたが、クリプトプッシュの魅力は下記のポイントかと思います。 [aside type="boader"]
  • 中·上級者 : 常に相場を監視する必要がなくなる
  • 初心者 : エントリーするタイミングが分かる
[/aside] すでに多くの取引を経験している人であれば、トレードの為に相場を24時間監視し続ける必要がなくなりますし、「エントリーを入れるタイミングに迷っている」人にとっては、タイミング探しの補助アプリとして重宝するかと思います。

無料で使える!有料プランもあり!

クリプトプッシュは無料でインストール&利用ができます。

別途有料プランも用意されていて、有料プランではより自由度が高く、自分好みの設定にカスタマイズすることができます。

有料プランについては後ほど詳しくお話したいと思います。

Cruptopush(クリプトプッシュ)のインストールはこちらから

出来高が変動した通貨のプッシュ通知が来る

上の画像のように、出来高の変動情報をプッシュ通知ですぐに教えてくれます。

特に海外取引所を利用している人は、保有している通貨や注目している通貨の動きを察知できるので取引しやすくなるのではないでしょうか。

通知を一覧で確認できる

届いた通知は、アプリ内で一覧表示して確認することができます。

気になる通知も、後からちゃんと確認できるのが良いポイントだと思います。

銘柄情報を即座にTwitterで検索できる

通知一覧の気になる通知を押すと、その通知に関連したTweetを検索してくれる機能が付いています。

何が起こっているのか?をSNS検索する、国内&海外のすごい人がどんな考察をしているのか?などなど情報を検索するのがグッと楽になっています。

Cruptopush(クリプトプッシュ)のインストールはこちらから

出来高の急上昇ランキングが見れる(有料版のみ)

※ 有料機能の情報なので、上の画像では銘柄をぼかしてあります。

この出来高ランキングが見れる「ランキング」機能は有料だったのですが、弊メディア「海外の仮想通貨ニュース速報」では確認の為に購入してみました!(初回購入特典で、最初の一週間は無料でした。)
どんな通貨がどのくらい急上昇しているのかを、文字通りランキング形式で俯瞰して見れるのでものすごく便利な機能ですね…。

正直この機能だけでも有料プランに加入してもいいのではと思ってしまいます。

初回一週間は無料期間になっているので皆さまもぜひ有料プランを体感してみてください。

仮想通貨に関係したニュースが見れる

クリプトフォリオでもお馴染みのニュースが見れる画面も付いています。

おそらく配信されているニュースもクリプトフォリオとほぼ同じようなので、ニュースを見るのに複数アプリを行ったり来たりする手間が省けて助かります。

初回1週間の「無料期間」付き有料プランが魅力!

クリプトプッシュには、上で紹介した「ランキング」機能も見れる「有料プラン」が用意されています。 [aside type="boader"]

  • 注目銘柄ランキング
  • 通知する際のしきい値が変更可能
  • 選択できる取引所の数が無制限
  • プッシュ通知の時間指定(おやすみモード)
  • 広告の非表示
引用 : ‎「Cryptopush(クリプトプッシュ)仮想通貨取引支援」をApp Storeで[/aside]

有料プランの魅力 : 世界の取引所で起こっている出来事がわかる

と書くと少し大袈裟ですが、無料プランの取引所一つだけ選択状態だとそうでもなかったのですが、有料プランを購入して、試しに選択できる全ての取引所にチェックを入れて、出来高増加率を「100%」に設定したらプッシュ通知がとんでもなく届きました!

色々な取引所で、種々様々な通貨が時事刻々と価格変動していることを肌で感じることができます。(玄人はここからトレードに活かしていくのかと思います。)

さらに増加率の細かい設定変更や、おやすみモードに加えて、待望の「広告の非表示」が出来るのもポイントが高いと思います。

この有料プランが、一週間無料でお試しできるので、クリプトプッシュをインストールしたらぜひ体験してみてください!

[btn class="lightning big"]Cruptopush(クリプトプッシュ)のインストールはこちらから[/btn]

さいごに

クリプトフォリオさんの新しい姉妹アプリ「クリプトプッシュ」のリリース、改めておめでとうございます。

ここ最近の相場でいうとビットコインが急に価格を上げて約90万円台程まで回復してきて、先月先々月よりは少し活気も戻ってきたかなと感じます。

これからの仮想通貨取引の戦い方の一つとして、この「出来高の履歴を把握する」「急な出来高の増加をいち早く察知する」という手段を加えるのがいかがでしょうか。

ダウンロードは無料なので、興味のある方はぜひこのクリプトプッシュをインストールしてみましょう!

No tags for this post.

TREZORで管理しよう!人気の仮想通貨ハードウェアウォレット「トレザー」を解説!

仮想通貨の現物の管理と保護について、普段あなたはどうしていますか?

取引所に預けておけばその取引所独自のセキュリティで管理してくれまし、すぐに取引が出来てとても便利です。

その反面、過去に幾度かあったように「取引所が攻撃されて仮想通貨が流出した」という物騒なケースも起こります。

そこで、仮想通貨を管理するツールとして2017年頃から注目されている「ハードウェアウォレット」をご存知でしょうか。

ハードウェアウォレットは個人で出来る「仮想通貨の保護」という面において、とても効果的な対策方法として話題になっています。

本記事では、そんな仮想通貨のハードウェアウォレットとして人気の機種である「TREZOR」(トレザー)の特徴について解説します。

仮想通貨の現物を保有していて、「脅威から守りたい」「一つの端末で一元管理したい」といった方はぜひご参考ください。

TREZOR(トレザー)
[btn class="lightning big"]TREZOR(トレザー) 公式代理店サイトはこちら[/btn]

対応通貨種類が500種類以上!

TREZORの魅力の一つは、その対応通貨の多さにあります。

2018年7月19日現在で、メーカーが公表している対応通貨数は 689種類 となっています!

ビットコインやイーサリアムといったメジャーな通貨から、日本国内で人気の高い「Ripple」(リップル、XRP)*1 や「NEM」(ネム、XEM)といった通貨までをカバーし、さらには日本の仮想通貨の「ホワイトリスト」(金融庁に認可された取引所が扱っている通貨)にある「Lisk」(リスク、LSK)や、海外取引所での取引所において重宝されるDogecoin(DOGE)などもカバーしています。

下記に、仮想通貨ハードウェアウォレット「TREZOR」(トレザー)が対応している通貨の一部を抜粋した表を作成しましたので、購入を考えている方はぜひ参考にしてください。

[table id=3351-001 /] [aside]*1 Rippleは対応予定になっている
上記画像でも確認できますが、2018年7月19日現在でリップルはトレザーの「TREZOR Model T」で、Soon(すぐに、もうすぐ)ステータスになっています。[/aside] TREZOR(トレザー) 日本国内正規代理店サイトはこちら

国内で取り扱われている仮想通貨「全種類」に対応!

[table id=3351-002 /]

TREZORはハードウェアウォレットの中でも、国内の取引所で取り引きされている仮想通貨全てに対応していることになります。

仮想通貨の現物を資産として保有している人は、仮想通貨の管理、保護をTREZOR一つで完結できるということになります。

TREZOR(トレザー) 日本国内正規代理店サイトはこちら

TREZOR(トレザー)は2つのモデルあり!

トレザーには通常のタイプのTREZORと、新型であり上位モデルのTREZOR Model Tがあります。

どちらも簡単に使用できますし、セキュリティ面も安心できますが、今現在リップルを保有している、もしくはこれからリップルの現物を保有するつもりがあるという方は「TREZOR Model T」を選びましょう。

TREZOR(トレザー) 日本国内正規代理店サイトはこちら

便利なのに小さいから持ち運びも楽々!

TREZORは縦 59 mm x 横 30 mm x 幅 6 mmと、非常に小さく、軽いので保管に全く困りません。

試しに、iqosのヒートスティックと並べて撮影してみましたが、TREZORの小ささと薄さがお分かりになるかと思います。

TREZORは15,800円から購入可能!

TREZORの通常モデルは 15,800円 から購入できます。

上位モデルでありリップルも管理できるTREZOR Model Tは 24,800円 となっています。

下記の表で、有名なハードウェアウォレットとの価格の比較をしてみました。

[table id=3351-003 /]

通常モデルではTREZORとLedger Nanoが同じ価格でしたが、上位モデルではTREZORが圧倒的にコスパが良いことがわかります!

2台目、3台目の方はもちろん、初めてのハードウェアウォレット購入という方はぜひ「TREZOR」をおすすめします!

TREZOR(トレザー) 日本国内正規代理店サイトはこちら

TREZORは簡単操作でさくさく送金&受金確認ができる!

TREZORの操作画面はとても見やすい&シンプルでお洒落です。

不必要なボタンや機能が無いので、TREZORから送金する時も、もしくはTREZORへ送金したものを確認する時も迷うことなく操作することができます。

TREZOR(トレザー) 日本国内正規代理店サイトはこちら

ハードウェアウォレットを購入する時の注意点 - 中古は危険!

https://platform.twitter.com/widgets.js

TREZOR(トレザー)に限らず、ハードウェアウォレットを購入する時は、必ず「正規店」もしくは「正規代理店」で購入するようにしてください。

ネットの個人ショップやオークションなどで出回っている中古のハードウェアウォレットは、悪意のあるユーザーにウイルスを仕込まれていたりする可能性があり、中古のハードウェアウォレットを購入して仮想通貨を盗難されたという被害がすでに発生しています。

ハードウェアウォレットを購入するときは、絶対に中古品は買わないようにしてください!

TREZOR(トレザー) 日本国内正規代理店サイトはこちら

ハードウェアウォレットユーザーの声

仮想通貨を守る&管理するなら「TREZOR」(トレザー)がおすすめ!

TREZOR(トレザー)

TREZOR(トレザー)
[aside type="boader"]
  • TREZOR(トレザー)のおすすめポイント
  • 数多くのハードウェアウォレットの中でも「対応通貨種類」がトップクラス!
  • シンプルで見やすい管理画面で、初心者でも操作しやすい!
  • ハードウェアウォレットの中でも低価格&小さいから持ち運び、保管も便利!
[/aside] [btn class="lightning big"]TREZOR(トレザー) 日本国内正規代理店サイトはこちら[/btn]

さいごに

仮想通貨のハードウェアウォレット「TREZOR」(トレザー)はいかがでしたか?

使いやすく持ち運びも便利で、さらにコストパフォーマンスにも優れた人気のハードウェアウォレット「TREZOR」。

大事な資産である仮想通貨を守り、管理するならぜひ「TREZOR」(トレザー)を導入してみてください。

No tags for this post.

ウェルスナビで自動資産運用!WealthNaviの解説と評判について

最近話題になっているウェルスナビ(WealthNavi)はご存知ですか?
ウェスルナビは人工知能の技術を使って、自動で資産運用ができるサービスです。

資産運用を行うには、こまめに株価などの値動きを確認しなくてはならないなどの手間がかかるイメージからハードルが高いと感じている人も少なくないはず。
しかし、ウェルスナビを使えば本業が忙しい人でも簡単に資産運用ができると評判になっているそうです。

今回はそんなウェルスナビの解説と評判を紹介します。
忙しい人や投資初心者にも始めやすいウェルスナビ、ぜひ挑戦してみましょう!!

WealthNavi(ウェルスナビ)| ロボアドバイザーで全自動の資産運用

[btn class="lightning big"]

WealthNavi(ウェルスナビ) 公式サイトはこちら

[/btn]

ウェルスナビとは?

ウェルスナビとは2016年にサービスを開始した、資産運用サービスです。
これまで資産運用というと、前述の通り高い知識と膨大な手間がかかり
一般にはハードルの高いものでした。

しかし、ウェルスナビの提供している資産運用サービスは、そのような手間や高度な知識は不要。
それは世界の富裕層が利用する金融アルゴリズムを用いて国際分散投資を完全自動で行えるサービスだからです。
この点がウェルスナビの評判を高めている一因でもあります。

[btn class="lightning big"]

WealthNavi(ウェルスナビ) 公式サイトはこちら

[/btn]

ウェルスナビの特徴

ここからはウェルスナビの特徴について4つ紹介していきます!

自分にあった資産形成スタイルを提案してくれる自動管理システム

みなさんが投資をしたい理由はなんでしょうか?
資産を増やして将来の不安やリスクを軽減したいという人がほとんどなのでは?
そういうビジネスパーソンをターゲットにしている資産運用サービスがウェルスナビです。
口座開設前には、公式サイトの無料診断で自分に合った最適ポートフォリオを作成してくれます。

質問事項は以下の6つ。

[aside type="boader"]
  • 年代
  • 年収
  • 現在保有している金融資産額
  • 毎月の積立額
  • 資産形成の目的
  • もし、株価が1か月で20%下落したらどんな動きをとるか?
[/aside]

1分程度で答えられる、非常に簡単な質問項目です。
リスクに対してどのくらい許容度があるか、5つのランクに振り分けられ、ポートフォリオだけでなく、シュミレーションも含む運用プランが作成されます。

上記のように、シンプルで分かりやすい説明です。
その結果に納得すれば、口座開設後、その通りの自動運用が開始されます。

また、ウェルスナビではユーザーのポートフォリオを個別に、かつ継続的にモニタリングしてくれるので
バランスが一定以上崩れた場合、また前回のリバランスから半年経過した場合にリバランスを行い最適化をしてくれます。
また、自動運用の一番の利点として、人間が行うよりも論理的な運用をしてくれるという点があります。
例えば株が暴落しているときに、不用意な売買によって損失を招いてしまうこともありますが
ロボアドバイザーは最適化されたポートフォリオを基にプログラムを実行していくだけなので、心理的に誤った判断を下すことがなく安心です。

WealthNavi(ウェルスナビ) 公式サイトはこちら

手数料は1%のみ!

ウェルスナビの特徴として、手数料の分かりやすさも挙げられます。

手数料は預かり資産の年率1%(税別)のみと非常にシンプル。
また、預かり資産が3,000万円を超えると、3,000万円を超えた部分については年率0.5%(税別)となります。 そのほかのサービスはすべて「無料」です。

WealthNavi(ウェルスナビ) 公式サイトはこちら

スマホでも簡単に資産状況を確認できる!

ウェルスナビにはiOS・Androidどちらもアプリがあります。
いつでもどこでも運用状況を確認したり、入出金も可能です!

WealthNavi(ウェルスナビ) 公式サイトはこちら

自動積立可能!長期的な資産形成をサポート

ウェルスナビのサービスは、「長期的な運用による資産形成」を推奨し、それをサポートするサービスとして提供されています。

「長期・積立・分散」は、資産形成の王道とされ、
・長期間(少なくとも10年以上)
・決まった間隔で(たとえば毎月)同じ金額を
・世界のさまざまな資産に分散して

資産運用をするスタイルのことだそうです。


そこで、長期的に資産を育てるため、自動積立機能のサービスがあります。
このサービスを使用すれば、毎月一定額を自動的にウェルスナビの口座に入金されるので煩わしい毎月の入金作業から解放されます。
また、この自動積立の手数料も無料、手続きもネットで完結するので、いつでもどこでも行うことができます。

WealthNavi(ウェルスナビ) 公式サイトはこちら

ウェルスナビの評判を紹介!

では、ウェルスナビはどんな評判、評価になっているのでしょうか?

ウェルスナビの評判は?twitterまとめ

WealthNavi(ウェルスナビ) 公式サイトはこちら

ウェルスナビの評判は?ウェルスナビはこんな人に向いている!

ウェスルナビの評判をまとめると、こんな人にウェルスナビは向いているようです。

[aside type="boader"]
  • 自分では忙しくまとまった時間が取れないが、資産運用を行いたい人
  • 長期的な視点で資産を増やしたい人
  • 資産運用初心者
[/aside]

また、手数料が他社のサービスに比べて高いという意見もあります。
ただ、すべてお任せできる資産運用サービスでもあるので、その点から考えると妥当とも言えるかもしれませんね。

WealthNavi(ウェルスナビ) 公式サイトはこちら

さいごに

高度な金融アルゴリズムを搭載して、忙しい人や初心者にも資産運用を身近なものにしてくれる
ウェルスナビの評判や特徴についてご紹介してきました。
自分に合った資産運用のポートフォリオも提示してくれる非常に便利なサービスですので
ぜひ挑戦してみてください。

WealthNavi(ウェルスナビ)| ロボアドバイザーで全自動の資産運用

[btn class="lightning big"]

WealthNavi(ウェルスナビ) 公式サイトはこちら

[/btn]
No tags for this post.