取引所&販売所

No tags for this post.

フィスコの特徴を解説!Zaifと提携した仮想通貨取引所「FISCO」とは?

2018年9月に発生した国内取引所Zaif(ザイフ)ハッキング事件の後、ザイフを救済して話題になった仮想通貨取引所「FISCO(フィスコ)」。

本記事ではフィスコの特徴について解説します。

[aside type="boader"]Zaifハッキング事件について詳しくは下記記事をご参考ください。 [kanren postid="4212"][kanren postid="4541"] [/aside]
[btn class="rich_yellow"]FISCO(フィスコ) 公式サイトはこちら [/btn]

仮想通貨取引所「FISCO」(フィスコ)の特徴!

取り扱い通貨 - 6種類の通貨を取引できる!

  • [table id=4695-001 /]
  • [table id=4695-002 /]

フィスコでは、3種類の通貨と3種類のトークンの合計 6種類 の通貨を取引することができます。

また、国産の仮想通貨として人気のある「モナコイン」の取り扱いがある数少ない取引所の1つでもあります。

[aside]補足
  • フィスココイン(通貨単位:FSCC)
    株式会社フィスコが株主向けに発行。
  • カイカコイン(通貨単位:CICC)
    株式会社カイカが発行。
  • ネクスコイン(通貨単位:NCXC)
    株式会社ネクスグループが発行。
[/aside] FISCO(フィスコ) 公式サイトはこちら

今回提携した「ザイフ」は取扱通貨の種類も豊富だった為、フィスコも今後は通貨種類増加の期待が持てます。

また従来のザイフでは中央集権的な「XRP」は取り扱わない方針でしたが、もしかしたら今後のフィスコでは「XRP」(リップル)や「XEM」(ネム、ゼム)等の取扱も開始してくれるかもしれません。

FISCO(フィスコ) 公式サイトはこちら

フィスコの手数料

取引手数料は税込「0.1%〜0.3%」!

[table id=4695-003 /]

ビットコインキャッシュのみ「0.3%」で、他は一律「0.1%」となっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)と比べてみると、ビットフライヤーでは 200万円まで0.11%〜0.15%となっているので安い手数料で設定されていることがわかります。

FISCO(フィスコ) 公式サイトはこちら

入出金手数料 - 仮想通貨入金は一律「0.001」!

[table id=4695-004 /]

日本円や仮想通貨の入金は全て無料!

また出金の際も0.001と安価に出金できて、さらにビットコインの場合は急いで送金したい場合に嬉しい「任意に設定できる機能」が付いています!

ビットコインを今すぐ他の取引所やウォレット等に送金したい時に非常に重宝する送金システムとなっています。

FISCO(フィスコ) 公式サイトはこちら

板取引&簡単売買ができる!

フィスコでは、板取引できる「取引所」形式と、簡単に売り買いすることができる「販売所」形式が利用できます。

初心者や「今すぐ買いたい·売りたい」という人に嬉しい販売所もあり、「自分の言い値で安く買える」ことから中級者や上級者に人気の取引所機能も完備されています。

FISCO(フィスコ) 公式サイトはこちら

Zaifと似た操作性のUI

ZaifとFISCOの取引画面は、似たUIを採用しているので、ザイフユーザーはフィスコでもスムーズに取引を行うことができます。

またザイフのUI自体わかりやすく、見やすい設計となっているので初心者でも扱いやすいことが特徴です。

ザイフと同じく、取引画面に他のユーザーと会話できる「チャット機能」も付いています。

セキュリティ対策も抜群!

セキュリティ対策の基本である「2段階認証」の設定ができます。

通信の暗号化はもちろん、さらに「レインボー攻撃」にも耐性のあるハッシュ関数が使われています。

レインボー攻撃 とは
あるハッシュ値(要約関数から得られた要約値)をもとにして、そこから暗号化される前のパスワードを解読しようとするサイバー攻撃手法の一つ。

引用 : フィスコ仮想通貨取引所

FISCO(フィスコ) 公式サイトはこちら

フィスコは金融庁に登録済みの取引所!

仮想通貨交換業者 登録番号 近畿財務局長 第00001号

フィスコは、金融庁に登録済みの仮想通貨取引所です。

みなし業者ではないので安心して取引を行うことができます。

FISCO(フィスコ) 公式サイトはこちら

各種の業界団体にも加入済み!

日本の仮想通貨取引所の大手が加入している「一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)」や「日本仮想通貨ビジネス協会(JCBA)」といった団体にも「会員」として加入しています。

株式会社フィスコ仮想通貨取引所 の特徴!

[table id=4695-005 /]

フィスコは平成28年(2016年)に設立されています。

英語では FISCO Cryptocurrency Exchange と表記され、略して「FCCE」と称されることもあります。

FISCO(フィスコ) 公式サイトはこちら

金融大手「株式会社フィスコ」傘下の取引所!

株式会社フィスコは、日本の独立系金融情報配信会社である。
ブルームバーグやトムソン・ロイターに代表される金融情報端末やヤフーなどのポータル・サイトに情報提供を行うほか、個人投資家向け会員制投資情報クラブやモバイルなどの情報配信ネットワークを通じてリアルタイムで投資情報を提供している。

引用 : Wikipedia

日本の金融情報大手「株式会社フィスコ」の子会社として設立されています。

仮想通貨取引所「FISCO」の要点まとめ!

[ex-jp-fisco]No tags for this post.

【プレゼントキャンペーン情報!】Liquid by Quoine(リキッド)が最大「23,000円」相当の「QASH」(キャッシュ))のキャッシュバックを開始!既存ユーザーでもQASHが貰える!

国内の仮想通貨取引所「Liquid by Quoine」(リキッド・バイ・コイン、旧QUOINEX(コインエクスチェンジ))が、新規ユーザーを対象に自社発行の仮想通貨「QASH」(キャッシュ)をキャッシュバックするキャンペーンを期間限定で開催します。

[aside type="boader"]

[btn]今すぐ「Liquid既存ユーザー向けのキャンペーン内容」を見る[/btn] ※ まだ「Liquidに登録していない方」は、この記事をこのままお読みください♪

[/aside]

「Quoine」(コイン)社が仮想通貨プレゼントキャンペーンを開催!

[campaign-liquidbyquoine] 新規で口座開設するだけでも「3,000円」相当にあたる「120 QASH」が貰えて、さらに口座に5万円を入金すると「一万円」相当となる「400 QASH」が貰えます!

Quoine社はプレゼント(キャッシュバック)系キャンペーンをあまり行わないので、まだ「Liquid」に口座(アカウント)を作成していない方はぜひこの機会に口座開設して話題の「QASH」(キャッシュ)をゲットしておきましょう! [btn class="lightning big"]Liquid 公式サイトはこちら [/btn]
Liquid

Liquid は日本国内の「BTC」月次取引高もNo.1!仮想通貨を取引するなら「Liquid」がおすすめ!

Quoine社が運営する仮想通貨取引所「Liquid」(リキッド)は、2018年9月の国内BTC取引高が「43.95%」に達するという、流動性が国内トップを誇る取引所!

さらに板取引が可能なので、自分の好きな価格を指定して仮想通貨を購入することができます。

まだLiquidでアカウントを作成(口座開設)していない人は、Qoine社の国内初ICOにて誕生した話題の仮想通貨「QASH」が貰える今のうちに登録しておきましょう!

[ex-jp-QUOINEX] [kanren postid="3169"]

2018年10月22日追記 : 既存ユーザーも「QASHキャッシュバック」キャンペーンの対象に!

  • 既存ユーザー向けのキャンペーン内容
    1. 日本円で5万円以上の入金 → 400QASH(10,000円相当*)
    2. 日本円換算で50万円以上の仮想通貨の売買 → 400QASH(10,000円相当*)
  • キャンペーン期間
    • 2018年10月19日(金)12時00分 〜 2018年11月16日(金)23時59分

既存ユーザーでも、最大「20,000円」相当のQASHがゲットできるチャンス!

この機会に是非「QASH」を手に入れておきましょう!

[btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn]
Liquid
No tags for this post.

DMM Bitcoinがハードウェアウォレット(LedgerNanoS)を抽選で500名にプレゼント!

アルトコインの取り扱い豊富な国内取引所DMMBitcoinが、新たなキャンペーンを開始しました。

[kanren postid="4406"]
[btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn]

仮想通貨ハードウェアウォレットが当たるキャンペーンを開始!

仮想通貨取引所による仮想通貨不正流出が相次ぐ中、セキュリティに対するユーザーの意識が高まっています。
大切な資産を取引所ではなくオフライン(インターネットに繋がっていない)で管理できる「ハードウェアウォレット」はぜひ持っておきたいアイテムです。

そんななかDMMBitcoinが、抽選でハードウェアウォレットのプレゼントキャンペーンを開始しました!
詳しい内容を下記にご紹介します。 [aside type="boader"]

  • キャンペーン概要
  • キャンペーン期間中に、現物・レバレッジの取引高と純資産額に応じて、500名様に仮想通貨ハードウェアウォレット(LedgerNanoS)を抽選でプレゼント
  • キャンペーン期間
  • 2018年10月10日(水)~2018年11月30日(金) ※日付はDMMBitcoin営業日基準。午前7時から午前6時59分
  • 商品
  • 仮想通貨ハードウェアウォレット(LedgerNanoS)
  • 当選者数
  • 500名
[/aside] このキャンペーンは条件に該当すれば自動的に抽選対象となるようで、特別に抽選に参加を申し込む必要はありません。
ちなみにプレゼント商品であるLedgerNanoS(レジャーナノエス)は、通常15,800円で購入することができます。

プレゼント期間はキャンペーン終了後、約1~2カ月の予定とのことなので、いますぐに欲しい!という方は下記のリンクからどうぞ。

[hw-ledgernanos] [ex-jp-DMM_Bitcoin] [kanren postid="1389,1894,2920,4406"]

投稿 DMM Bitcoinがハードウェアウォレット(LedgerNanoS)を抽選で500名にプレゼント!海外の仮想通貨ニュース速報 に最初に表示されました。

No tags for this post.

楽天証券なら貯まったポイントで株式投資!Zaifに出資の2社が高騰の可能性

本日発表されたZaifのハッキング被害を受けて支援契約を結んだ2社が、今後の株価高騰の可能性があるとして、投資家の間で話題となっています。
ハッキングのニュースについて詳しくは、下記の記事にて解説しています。

[kanren postid="4212"]

フィスコとカイカが株価高騰?その理由とは

Zaifの仮想通貨流出を受けて買収を前提とした支援を発表したフィスコと、セキュリティ面での全面支援を発表したカイカそれぞれの株価に注目が集まっています。
その理由は、過去のコインチェック事件の際に買収を発表したマネックスグループの株価の暴騰にあります。

利益率の高い取引所を買い取ることで業績アップ

記事をお読みのあなたは、仮想通貨取引所の利益率の高さをご存知でしょうか。
マネックスが買収したコインチェックの決算発表によると、その営業利益率は破格の86%だったとのことです。

取引所全てがこの数字ではないとしても、通常利益率の良い美容業界でも50%程度と言われていますから、高い利益率であることは想像に難くありません。
下の画像は、実際に買収を発表した後のマネックスの株価のチャートです。
2018年4月から急激に高騰し、現在は少し落ち着いてはいるものの、買収発表前よりも高値で推移を続けています

300円台だったマネックスの株価は、買収の発表を受けて最大700円台にまで上昇し、2倍以上の価値になったのです。

マネックスグループや今回のフィスコによる買収も、セキュリティ面で改善の余地はあるとしても、仮想通貨取引所としてある程度のレベルで運営できる事業を手に入れることは、企業として大きなメリットなのです。

楽天証券なら取引でポイントが貯まる・使える!

ここまでの価値上昇を見せると、今日を機会に投資対象として株に興味が湧いてきたという方もいるのではないでしょうか。
そこで本記事では、株取引におすすめの楽天証券をご紹介します。 [aside type="boader"]楽天証券の魅力

  1. 手数料が安くて取引するごとにポイントがもらえる!
  2. いつでもどこでも取引できるスマホアプリが使える!
  3. じっくり派もアクティブ派も投資スタイルに合わせた商品が豊富!
  4. 楽天ポイントを使って投資できる!
  5. 新規デビューキャンペーンがアツい!
[/aside] 以下に詳しく解説していきます。

手数料が安くて取引するごとにポイントがもらえる!

楽天証券は、業界最低水準の取引手数料が魅力です。

また、取引手数料の1%をポイントバックしてくれます。
取引するほどポイントが貯まり、実質手数料もさらにお得になりますから、楽天グループならではの大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

楽天グループは証券以外にも様々なサービスを提供しており、楽天経済網とも言えるお金の回る仕組みを構築しています。
グループ内全てのサービスで使えるポイントが、株式投資にも活用できるとなれば、これは他社にはない大きなメリットかと思います。

いつでもどこでも取引できるスマホアプリが使える!

株価や状況、ニュースやチャートなど、常に知りたい最新情報を集めてくれています。
しかも自分好みにチャートカスタマイズが可能で、株式投資の強い味方です。

[aside type="boader"]
    対応取引
  • 現物
  • 信用
[/aside]

じっくり派もアクティブ派も投資スタイルに合わせた商品が豊富!

仮想通貨ユーザーであればアクティブ派を好む人が多いかもしれませんが、以下のような多彩な商品から選択して投資することができます。 [aside type="boader"]アクティブ

  • 株式
  • FX
  • 信用取引
  • 先物 etc..
[/aside] [aside type="boader"]じっくり
  • 投資信託積立
  • 純金積立 etc...
[/aside]

銘柄を選ぶのは面倒という方には「楽ラップ」という選択肢も

ロボアドバイザーを使ったお任せ資産運用「楽ラップ」が登場しています。
楽ラップとは楽天証券があなたに変わって投資を行ってくれるというサービスで、ロボアドバイザーがあなたに合った資産運用方法を提案してくれるというものです。
経験や時間の有無に関わらず投資ができるということで、注目を集めています。

楽天ポイントを使って投資できる!

先ほど手数料部分でも紹介したように、取引によって楽天ポイントがもらえます。

楽天証券でポイントをゲットする方法はそのほかにも紹介プログラムが用意されていて、友人や家族などに紹介すると、紹介者と紹介された人両方が2,000ポイントずつ受け取ることができます。

さらに、貯めたポイントは投資に回すこともできるんです!
もちろん楽天市場などの他サービスに使ってもいいのですが、ちょっとした投信など、現金では手を出しにくい商品にポイントを当てて投資の幅を広げるのも面白いと思います。

新規デビューキャンペーンがアツい!

quoinexlight

新規に楽天証券に口座開設すると、各種取引で最大20,000ポイントがもらえるキャンペーンを開催中です。
楽天は定期的にこのような新規ユーザーに向けたキャンペーンを行っていますので、開催している今がチャンス!

楽天銀行の同時利用で通常より5倍の優遇金利!

楽天銀行

楽天証券を使うなら、ぜひ同時に楽天銀行も口座開設してマネーブリッジ(楽天銀行連携サービス)を利用することをおすすめします。
通常金利より5倍の0.1%の優遇金利が適用になるほか、下記のような特典が受けられてお得です! [aside type="boader"]

  • 楽天証券口座との自動入金サービス
  • ATM手数料最大7回無料
[/aside] 自動入金サービスとは、楽天証券口座に残高がなくても、楽天銀行から自動的に入金して取引を可能にしてくれるサービスです。
詳しくはこちらの動画で説明されています。

楽天銀行 公式サイトはこちら

貯めたポイントも投資に使える楽天証券

[unit-rakuten_shouken]

さいごに

大きな事件がおこったときにはむしろ投資のチャンスです。
仮想通貨に注目していることで、株取引でも投資のタイミングを掴みやすくなることを実感します。
この機会にぜひ、楽天証券から株取引デビューしてみてはいかがでしょうか。

[kanren postid="4212"]No tags for this post.

GMOコインの評判とは?GMOコインの気になる手数料やレバレッジ等を解説!

「GMOクリック証券」や「FXプライムbyGMO」を運営してきたFX取引の超大手企業「GMO」
仮想通貨の「GMOコイン」のサービスを開始したことは皆さんご存知だとは思います。
「GMOコイン」は、先述したFX取引のノウハウをどのように継承しているのか?
具体的にはレバレッジや手数料はどうなのか?
非常に気になるところですよね。
そこで本記事では、「GMOコイン」のレバレッジや手数料など、仮想通貨FXを行うにあたって気になる情報をご紹介していきます。
この記事を読むと、GMOコインで仮想通貨FXに挑戦したくなるはずです!

GMOコイン 公式はこちら 

仮想通貨FXはGMOコインですべき理由!

GMOコインで仮想通貨FXを行うのに、これだけのメリットがあります。
これから一つひとつご紹介していきます。

取引手数料が無料!

なんといってもうれしいのが取引手数料が無料なことです。

上記がGMOコイン 公式サイトから引用した、取引手数料一覧表です。
GMOコインの仮想通貨FXは、新規、決済注文とロスカットの手数料が無料です!
他社だと建玉ごとに0.04%の手数料が発生するところもあるので、手数料無料で仮想通貨FXができるのはとても魅力的です。
ちなみに、入出金手数料においても無料(※振込等には負担あり)となっています。

GMOコイン 公式はこちら 

追証がない!!!

これは最大のメリットと言っていいかもしれませんが、
「GMOコイン」はFX取引につきものの「追証」と呼ばれる、「追加証拠金制度」がありません!
追証とは簡単に言うと、建玉の含み損が証拠金(担保)の最低維持率を下回った場合に追加しなければいけない証拠金のことです。
FXでは、この追証システムの怖いイメージ(初期投資だけではなく、損をするとその分どんどん証拠金を入金しなくてはならず大変な損失になる…)も定着しています。
そのため、FXに対してネガティブなイメージを持っている人も少なからずいます。

それが「GMOコイン」なら「追証なし」なので、初期投資の分だけ投資を行うだけで仮想通貨FXを気軽に始めることが可能です。
代わりにロスカットルールが設けられており、損失がでても最低限の損失で済むようになっています。

GMOコイン 公式はこちら 

24時間取引可能!

株式取引の場合だとおよそ5時間ほどしか取引時間はありませんが、
仮想通貨FXなら24時間365日取引しています。
GMOコインでももちろん24時間365日対応。チャンスを逃さずに取引できます。

少額から取引が可能

2017年12月、1ビットコインの価格が200万円を突破し、史上最高値を更新しました。
もしGMOコインでビットコインを購入するには、販売単位が0.01BTCからなので最低でも2万円(0.01BTC)の資金が必要になります。
一方仮想通貨FXの場合レバレッジ10倍を利用すると最低2,000円から注文が可能になります。
まずはお小遣い程度の投資からチャレンジしたい!という人も気軽に挑戦可能です。

充実のサポート&セキュリティ

GMOグループと言えば、GMOクリック証券がFX世界取引高第一位となるなど、
FXの分野でも、またITの分野でも日本を代表する企業です。
ノウハウを生かした強固なセキュリティと直感的に使いやすいサイト・アプリを提供しています。
特にセキュリティについては、
[aside type="boader"]

  • 即時送付に必要な分以外の仮想通貨は、インターネットから隔離された「コールドウォレット」にて保管
  • 複数名によって厳重に監視された状態でのみ、コールドウォレットからの仮想通貨の移動を行う
  • 仮想通貨送付の際に複数の秘密鍵を必要とする「マルチシグ(マルチシグネチャ)」を導入
  • さらに秘密鍵をセキュリティ構成の異なる複数の場所に保管
  • 顧客のアカウントへのサイバー攻撃対策として、日本円出金や仮想通貨送付等の際に2段階認証を必須化
  • システムの24時間365日監視
[/aside] など、万全の体制をとっています。安心して仮想通貨FXを行えます!
また、サポート体制については、サイト内では
このようないつでも質問が可能なチャット機能が搭載されています。
また問い合わせにも迅速にレスポンスがあったりと非常にきめ細かいサービスを展開しています。
そのような面でも、信頼のおける取引所と言っていいのではないでしょうか。

GMOコインの仮想通貨FXで取引できる通貨ペアやレバレッジは?

次に、GMOコインの仮想通貨FXで取引できる通貨ペアやレバレッジについてご紹介していきます!

上記がGMOコインの仮想通貨FXで取り扱っている通貨ペアとレバレッジです。
2018年5月よりアルトコインのFX取引もスタートし、日本でも人気のリップルなども取引が可能になりました。
レバレッジはBTCの最大10倍。
先ほど例にとったように、現物取引だと2万円資金が必要ですが、2千円の資金で取引可能になります!
ちなみに販売所(現物取引)でも、下記の通貨を取り扱っています。
[aside type="boader"]

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
[/aside]

GMOコインの評判は?

最後に、GMOコインの評判について、twitterで見ていきましょう。





[rank-101-gmo]

おわりに

仮想通貨FXを始めるのに最適な取引所、GMOコインについてそのメリットを中心にご紹介してきました。
手数料が無料、レバレッジが最大10倍、追証なし、セキュリティ強固、アルトコインのレバレッジ取引ができる
など魅力ある特徴がたくさんあります。
仮想通貨FXにまだ挑戦していない人も、上級者の方もぜひ登録して始めておきたい取引所です。
是非チェックしてみてください。

【9月30日まで3,000円相当のビットコインプレゼントキャンペーン実施中!】ビットポイントは取引&送金手数料が無料の優良取引所!

日本国内の仮想通貨取引所として、知る人ぞ知る取引所「BITPoint」(ビットポイント)

[aside type="boader"]

  • 上級者に最適な自動売買ツール「MT4」が使える。
  • 初心者でも取引を始めやすい安心の「損益計算ツール」が使える。
  • 取引&送金手数料が「0円」!さらに仮想通貨での「決済」専用アプリもリリース済み!
  • サーバー障害、アクセス障害の発生が無い
[/aside] などなど、優良なポイントが揃っていて、徐々に人気&知名度が高まってきています。

本記事では「BITPoint」(ビットポイント)の特徴やおすすめポイントをご紹介します。

[btn class="lightning big"]BITPoint 公式サイトはこちら [/btn]

3,000円相当のビットコインがもらえる!

[campaign-bitpoint]

BITPoint(ビットポイント)の特徴

取り扱い通貨

[table id=743-002 /]

BITPointでは、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアムの他に、国内で人気の通貨「Ripple」(リップル、XRP)も取り扱っています。

[aside]補足
リップルのロゴマークは、下記から上の図のものに変更になっています。

参考 : XRP | Ripple[/aside] BITPoint 公式サイトはこちら

取り扱い通貨ペア一覧

[table id=743-003 /]

ビットポイントでは上記の5銘柄を、多彩な8ペアから取引することが可能です。

通貨が全て日本円と取引できるところも魅力です。

BITPoint 公式サイトはこちら

各種手数料が無料!

BITPoint(ビットポイント)の魅力の一つが、「各種手数料が無料」という点です!

取引 & 送受金 手数料が完全無料!

現物&レバレッジ(FX)取引の手数料が無料なので、取引する度に逐一手数料を気にする必要がないので気兼ねなく取引することができます!

[aside]補足 : 「キャンペーン」ではなく、ビットポイントは「常時 無料」!
キャンペーン期間中は「無料」となる他社取引所は多いですが、ビットポイントの場合は「常に無料」となっています。[/aside]

さらにビットポイントへ仮想通貨を預け入れる(受金)場合の手数料はかかりませんし、ビットポイントから他の取引所やウォレットなどへ送金する場合の手数料は「完全無料」となっています。

[caption id="attachment_743_001" align="aligncenter" width="640"] BITPointと他社(取引所)、ウォレットの送金手数料の比較図
他社やウォレットから送金する場合は、「送金手数料」がかかりますが、BITPointから送金する場合には「手数料」はかかりません。
さらにビットポイントへ仮想通貨を入金(預入、受金)する場合の手数料も無料となっています。[/caption]

他社から送金、受金する場合や、ウォレットへ送受金する場合にも手数料を気にする心配がありません!
※ 他社取引所からBITPointへ送金する場合には、その取引所の規定の送金手数料やマイナーへの手数料、ウォレットからビットポイントへ送金する場合にもマイナーへの手数料は別途発生します。

[aside]補足 : マイナーへの手数料もビットポイントが負担している


「送金手数料無料だけどマイナーへ支払う手数料はユーザー負担」という取引所が多く、中には「送金する場合は取引所へ手数料を支払い、さらに別途マイナーへの手数料も自己負担」という取引所も存在します。

ですので、ビットポイントの「マイナーへの手数料の支払いも含めて、送金手数料も常に “無料” 」というのはどの取引所でも見かけない良心的なサービスとなっています。[/aside] BITPoint 公式サイトはこちら

口座管理料 & 入出金手数料も、もちろん無料!

ビットポイントで新しく口座を開設(アカウントを作成)しても、作成料金も年間維持費·管理費もかからず無料となっています!

さらに日本円の入出金も、振り込む際にかかる手数料のみで、別途手数料はかかりません。

あらゆる手数料が無料なので、ビットポイントで「仮想通貨を購入」、もしくは「取引」を行うユーザーは、細かい手数料計算など一切気にせず、取引に集中できます!

BITPoint 公式サイトはこちら

決済用のツールも充実している!

仮想通貨を使って買い物がしたい、というユーザーの為の仮想通貨店舗決済アプリ「BITPointPay」も用意されています。

仮想通貨で売買が可能なサービスも続々誕生していますし、仮想通貨のイベントも次々と開催されているので、仮想通貨を使って決済したいというユーザーにもビットポイントは魅力的な取引所となっています。

BITPoint 公式サイトはこちら

損益計算ツールが用意されている!

さらにおすすめしたいポイントが、BITPointの「損益計算ツール」です。

ビットポイント内で行った取引の損益計算を自動で行ってくれるので、仮想通貨取引に慣れていないユーザーでも安心して取引を行うことができます!

[aside]補足
仮想通貨を利益を出すと、損益を計算して納税する義務が発生します。(雑所得の扱いとなるので、20万円以上の利益の場合には申告のうえ納税する必要があります。)

仮想通貨の計算は、初心者はもちろん経験者でもとても困難で、さらに外部の損益計算用の専用ツールを使ってもズレがあったり、税理士に相談しても仮想通貨に疎くてよくわからなかったりします。

ですので、取引所が自ら「損益計算ツール」を用意してくれているのは大変嬉しいポイントといえます。[/aside]

レバレッジ - 4コースから選択できる!

レバレッジコースは、下記の4種類から選択できます。 [aside type="boader"]

  • 2倍
  • 5倍
  • 10倍
  • 25倍
[/aside] レバレッジ2倍も選択できるので、初心者でもレバレッジ取引を始めやすい設計となっています。

また最大25倍まで出来るのも特徴の一つです。

BITPoint 公式サイトはこちら

MT4(メタトレーダー4)

ビットポイントの一番の特徴としては自動売買が出来るMT4(メタトレーダー4)が使えることです。

MT4はFXなどで自動売買ができるチャートソフトです。
MT4の知識があれば自動で仮想通貨の売買を行ってくれるので非常に便利なツールとなっています。

取引ツールはMT4だけでなく通常タイプもあるのでMT4を使わない人にも安心して取引ができます。

BITPoint 公式サイトはこちら

BITPointの運営会社

[table id=743-001 /]

ビットポイントはビットポイントジャパンが運営しており設立は2016年3月になります。

東証上場企業(株式会社リミックスポイント)の子会社で資本金も潤沢なので安全性も高く安心です

BITPoint 公式サイトはこちら

BITPointはグローバルに展開中!

[table id=743-004 /]

意外と知られていないのですが、ビットポイントはすでに数カ国で仮想通貨取引所を運営しています。

精力的にグローバル展開している点も、企業として信頼・期待できるポイントです。

BITPoint 公式サイトはこちら

ユーザーの口コミまとめ!

BITPoint 公式サイトはこちら
BITPoint 公式サイトはこちら

取引&送金手数料が無料でユーザー満足度の高い国内取引所 - BITPoint(ビットポイント)!

[ex-jp-BITPoint] [kanren postid="3690"] [kanren postid="743"] [kanren postid="3632"] [kanren postid="3728"]No tags for this post.

BitTradeが2分でわかる!XRPもMONAも扱う優良取引所ビットトレードの特徴まとめ!

本記事では、話題のアルトコインを含めた6通貨を取り扱う取引所、BitTrade(ビットトレード)についてご紹介します。

[btn class="rich_pink"] BitTrade(ビットトレード)公式サイトはこちら[/btn]

BitTrade(ビットトレード)の特徴

BitTradeは、東京都港区に本社を構える金融庁登録済みの仮想通貨取引所です。
ご存知の方も多いかと思いますが、FX取引システムの老舗であるFXトレード・フィナンシャル(FXTF)の関連会社として、2016年に開設されました。
残念ながらビットトレードでは現在FX取引に対応していませんが、長年の経験を活かした安定した運営が期待されています。

POINT BitTradeは金融庁登録済みで安心なことはもちろん、昨今相次いでいる仮想通貨交換業者への行政指導を1度も受けていない優良取引所*です。 *2018年7月現在

BitTrade(ビットトレード)公式サイトはこちら

豊富なアルトコインを含めた取り扱い通貨は計6種!

[aside type="boader"]

  1. ビットコイン
  2. イーサリアム
  3. ビットコインキャッシュ
  4. リップル
  5. モナコイン
  6. ライトコイン
[/aside] 国内ではまだ取り扱いの少ないモナコインやリップルを取り扱っていることが大きな魅力です。
しかも全て板取引でトレード可能なので、お得にアルトコインを手に入れるチャンスが広がります。

XRP取り扱い国内取引所・販売所

[table id=3377-001 /]

MONA取り扱い国内取引所・販売所

[table id=3377-002 /]

BitTrade(ビットトレード)公式サイトはこちら

取引ペア8種一覧

ビットトレードでは豊富な取引ペアにより、希望するアルトコインの取引もしやすいのがポイントです。

BitTrade(ビットトレード)公式サイトはこちら

シンプルで直感的な取引ツールでストレスのないトレードが可能

初心者にわかりやすく配慮された取引ツールは、トレードに慣れた中級者以上のユーザーにもストレスの少ない取引を可能にしてくれます
また、取り扱いペア全てが板取引されています。
24時間365日開かれた活発なトレードに加わることで、最大限の利益が得られるタイミングを狙うことができます

[box class="green_box" title="おすすめポイント!"]使いやすい取引ツールは、パソコンとスマートフォンどちらからでもアクセスが可能です。 場所も時間も選ばずに取引に参加できます。[/box]

BitTrade(ビットトレード)公式サイトはこちら

仮想通貨は全てコールドウォレットで管理するセキュリティ体制!

ビットトレードでは下記のようなセキュリティ対策を行っています。 [aside type="boader"]

  • 利便性と安全性を備えてコールドウォレット・ホットウォレットを採用
  • ウォレットには管理されたマルチシグを採用
  • 2段階認証とSMS認証のダブル設定が可能
[/aside] 金融庁からの行政指導など、取引所の安全管理は安定した運営に大きく関わってきます
ビットトレードでは、仮想通貨は全てコールドウォレットで管理されています。

[box class="green_box" title="おすすめポイント!"]

グーグルが提供するボット帽子認証システムを導入しています。
この「Invisible reCAPTCHA」を採用したことにより、取引時の面倒な文字認証から解放されました。
より安全でスピーディな取引が可能となっています。

[/box]

BitTrade(ビットトレード)公式サイトはこちら

登録から取引までは簡単3ステップ!

口座開設から取引開始までたったの3ステップです。
まずはメールアドレスの登録から始めましょう。

取引所の複数登録はお済みですか? リスクヘッジとして、取引所は複数登録しておくことをおすすめします。
仮想通貨業界は状況が目まぐるしく変化するため、常に資産を動かせる体制を整えておきましょう。

ビットトレード関連のつぶやき

さいごに

BitTrade(ビットトレード)はXRPやMONAといった人気のアルトコインを取り扱う人気の取引所です。
金融庁にも登録済みで、仮想通貨は全てコールドウォレットで管理という高いセキュリティも注目されています。
アルトコイン同士のトレードをするなら、ビットトレードの板取引でより有利に取引しましょう

[btn class="rich_pink"] BitTrade(ビットトレード)公式サイトはこちら[/btn] No tags for this post.

GMOコインが仮想通貨のウォレットアプリをリリース!

セキュリティが高く、仮想通貨FXも可能な大手仮想通貨取引所のGMOコインが、2018年5月30日にAndroid版、翌日31日にiOS版の
ウォレットアプリ『GMOアプリ 仮想通貨ウォレット』をリリースしたと発表しました。



GMOコイン 仮想通貨ウォレットの特徴

GMOコインで取り扱っている5つの仮想通貨に対応

GMOコイン 仮想通貨ウォレットで取り扱っている通貨は下記の5種類。
    [aside type="boader"]
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • [/aside]

ブラウザのGMOコインで取り扱っている通貨と同じです。

リップル(XRP)が取引できるアプリはまだ少なく、セキュリティ面でも力を入れているGMOコインのアプリということで信頼性もあります。
これを機にリップルに挑戦してみるのもいいでしょう。

仮想通貨を始めるにあたって必要な機能をしっかり網羅

『GMOコイン 仮想通貨ウォレット』では、下記の機能が使用可能です。

    [aside type="boader"]
  • 口座開設の申込
  • 日本円の入出金
  • 仮想通貨の預入・送付
  • 仮想通貨の購入・売却
  • 登録情報の確認・変更
  • セキュリティ設定の確認・変更
  • [/aside]

このように、仮想通貨取引・資産管理に必要な機能をしっかりと網羅しています。


画面イメージは上記の通り、シンプルで見やすいものになっています。

また、GMOコイン 仮想通貨ウォレットでは、ウィジェット機能も利用可能。
もちろん対応通貨すべての情報がウィジェットで確認できます。
これでアプリを起動しなくても仮想通貨のリアルタイム価格、前日比騰落率を簡単にチェックできます。

[kanren postid="2899"] [kanren postid="1587"] [kanren postid="860"] [ex-jp-GMOコイン] No tags for this post.

bitbank(ビットバンク)の仮想通貨レンディングサービス「仮想通貨を貸して増やす」が提供開始!

bitbank.ccの新サービス「仮想通貨を貸して増やす」が2018年5月25日から提供されています。

本記事ではbitbankの「仮想通貨を貸して増やす」サービスの特徴について解説していきます。

bitbank.cc

[box class="yellow_box" title="レンディング・サービスとは?"]

「ソーシャル・レンディング」とは、インターネット上でお金を貸して欲しい個人もしくは企業と、お金を貸したい個人もしくは企業とを結びつけるサービスです。

[/box]

「仮想通貨を貸して増やす」の特徴

仮想通貨を貸して増やす
「仮想通貨を貸して増やす」とは、ビットバンクとお客様が仮想通貨貸借取引契約を締結し、最大年率5%の仮想通貨を1年後に受け取ることができるサービスです。
1年間の満了期日を迎えると、募集月にお客様が貸出した仮想通貨に、当社所定の利用料を加算してお返しするというサービスです。
引用 : bitbank
bitbankの「仮想通貨を貸して増やす」は、仮想通貨をbitbankに1年間貸しておくと、利用料がプラスされて返してもらえるサービスです。

加算される利用料は最大で年率5%となっています。

それではさらに詳しく見ていきましょう。

bitbank(ビットバンク)公式サイトを見る

bitbankで取り扱う全ての仮想通貨に対応予定

現在はビットコインのみの貸仮想通貨ですが、順次その他の仮想通貨にも対応していく予定です。
ビットコイン、リップル、ライトコイン、イーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュ等の通貨でも貸出しする事ができます。
開始直後は「ビットコイン」のみが対象ですが、ビットバンクで取り扱っている全ての仮想通貨に対して順次対応予定となっています。

ビットバンクではリップルやモナコインといった人気の通貨を取り扱っているので、それらも貸すことができるようになります!

bitbank(ビットバンク)公式サイトを見る

利用料率最大5% 貸し出すだけで仮想通貨が増える!

貴方の口座に眠っているだけの仮想通貨はありませんか?
使っていない仮想通貨をビットバンクに貸出していただくことで最大年率5%で仮想通貨が増えていきます。
頻繁に取引しない方には特にうってつけなサービスとなっています。

bitbank(ビットバンク)公式サイトを見る

ビットバンクのユーザーならすぐに開始できる

ビットバンクに口座をお持ちの方なら、面倒な手続き不要で申込むだけですぐに使えます。
使わずに眠っているだけの仮想通貨をお持ちなら、貸出していただくだけでお得に資産を増やすことができます。
すでにビットバンクに登録済みのユーザーであれば、すぐに利用開始することができます。

[aside]補足
取引所でアカウント登録を完了するには、郵送されてくる本人確認のハガキを受け取る必要があります。
そこまでに通常数日程度はかかるので、利用を考えている方は早めに登録しておくことを強くおすすめします。 [/aside]

bitbank(ビットバンク)公式サイトを見る

ビットバンクはリップルもモナコインも現物を「指値」で安く買える人気の国内取引所!

[ex-jp-bitbank.cc]

さいごに

ビットバンクの「仮想通貨を貸して増やす」はいかがだったでしょうか?

仮想通貨を貸しておくだけで増やすことのできるこの新サービス、仮想通貨投資の新しい一手としてぜひ加えてみてください。

bitbank.cc

No tags for this post.

タダでビットコイン・現金がもらえる国内取引所の特典内容まとめ!

ご存知ですか?
登録するだけで現金やビットコインがもらえるお得なキャンペーンが各社で開催されています。

本記事では、そんなお得なキャンペーンをまとめて紹介いたします。
それでは早速特典付きの取引所を見ていきましょう!

取引所のお得なキャンペーンまとめ

キャンペーンの多くは、取引所への口座開設登録の後、郵送などで本人確認を済ませるなどの条件を満たすだけでお得な特典がゲットできます。 また、取引所を通して楽天やじゃらんでお買い物をしたり、無料キャンペーンへの応募でビットコインがもらえる会員特典も出てきています。 普段のお買い物をするだけで、簡単にお小遣いがゲットできますよ!

新規口座開設&入金で3,000円もらえる! BITPoint(ビットポイント)!

[aside type="boader"]キャンペーン内容

期間:2018年10月9日(火)0時 ~ 2018年11月30日(金)16時

キャンペーン期間中に新規に総合口座を開設し、規定額の入金を完了したユーザーを対象に3,000円分のビットコインをプレゼント![/aside]

[aside type="boader"]取引所の特徴
  • 仮想通貨取引所では珍しい、FX取引の定番ツール「MT4」が使える!レバレッジは25倍までOK!
  • 手数料が格安!さらに仮想通貨の取引&送金手数料が無料!
  • 仮想通貨の「税金計算ツール」が付いているので、初心者でも安心して取引できる!
[/aside] [btn class="lightning big"]公式サイトはこちら [/btn] [kanren postid="743,3774"]

口座開設だけで「3,000円相当のQASH」が貰える!Liquid by Quoine

Liquid
[aside type="boader"]

キャンペーン内容
期間 : 2018年10月17日(水)0時〜2018年11月16日(金)23時59分
キャンペーン期間中に新規口座開設で「3,000円」相当の「QASH」が貰えます!
さらに5万円の入金で「1万円」相当のQASH、さらにさらに50万円以上の仮想通貨売買を行うとプラス「1万円」、合計で最大「2万3千円」のQASHが貰える「QASHキャッシュバックキャンペーン」が開催!

[/aside]
Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)QASHキャッシュバックキャンペーン
[aside type="boader"]取引所の特徴
  • クイック入金24時間365日対応!スマホで取引も可能!
  • スプレッド幅が小さい!さらにレバレッジ最高25倍!
  • QUOINE社の国産ICO「QASH」が124億円の資金調達に成功して話題に!
[/aside] [btn class="lightning big"]Liquid 公式サイトはこちら [/btn] [kanren postid="4553"]

口座開設だけで1,000円がもらえるDMM Bitcoin!

[aside type="boader"]キャンペーン内容

期間:2018年1月11日(木)~2018年6月30日(土)
キャンペーン期間延長中!!!新規登録するなら今がチャンス!


口座開設完了(郵送物に記載の認証コードを入力完了)した方を対象に、1,000円をプレゼント!
反映は口座開設完了月の翌月を予定しています。[/aside]

[aside type="boader"]取引所の特徴
  • 合計14ペアによる多彩なレバレッジ取引が魅力!
  • BTC・ETH・XEM・XRP・LTC・ETC・BCHの7種類のメジャー仮想通貨を取り扱い!
  • 今だけDMM Bitcoinリリース記念キャンペーン開催中!新規登録でもれなく1,000円もらえる!
[/aside]

口座開設の特典が、仮想通貨取引所の開設キャンペーン系では非常に珍しい「日本円」での支払いだから、もらった「1,000円」で「Bitcoin」や「Ethreum」が買える!
さらに仮想通貨の取引所で購入(取引)するには、仮想通貨の購入可能な最低数量が設定されている為、1,000円で仮想通貨を買うなら「仮想通貨の価格が安い」うちがチャンス!

[aside]価格が安いうちなら「1,000円」からでも仮想通貨が購入できる「理由」について
DMM Bitcoinは、BTC/JPYペア(日本円でビットコインを売り買いする)の最小発注数量が「0.001 BTC」、ETH/JPYペアなら「0.01 ETH」となっています。
※ 2018年7月2日現在。

なので、イーサリアムなら 1ETH = 100,000 円(10万円)、ビットコインなら 1,000,000 円(100万円)以内の価格であれば「1,000 円」(千円)からでも購入することができます。

2018年7月2日現在の価格なら 1ETH = 49,755 円(約4万9千円、0.01ETHなら497円)、1BTC = 697,199 円(約69万円、0.001BTCなら697円)なので、1,000円でもイーサリアムなら0.01ETH、ビットコインなら0.001BTC購入することができます!

登録するだけで貰える「千円」で仮想通貨を買うことができるので、今から仮想通貨を始める人には仮想通貨の「現物取引」を、実際のお金を使って経験することができます!

さらに、ここから価格が動いたら売り買いしてもOKですし、現在ほぼ70万円のビットコインが2017年のような価格上昇をして140万円になれば、無料でもらった千円が2倍の2千円になります!

仮想通貨の投資に興味があっても、まだ一歩を踏み出せていない人はぜひともこのDMM Bitcoinの新規登録キャンペーンを活用して、仮想通貨投資を体験してみましょう![/aside] [btn class="lightning big"]公式サイトはこちら [/btn] [kanren postid="1389"]

口座開設するだけでビットコイン 20,000SatoshiがもらえるGMOコイン!

[aside type="boader"]キャンペーン内容

期間:2017年8月9日以降

キャンペーン期間中に口座開設(=ログイン後に口座開設コードの入力および2段階認証設定を完了)をした方を対象ビットコイン 20,000Satoshiをプレゼント!
口座開設の翌日、登録口座に反映されます。[/aside]

[aside type="boader"]取引所の特徴
  • 手数料が無料で即時入金可能!セキュリティも国内取引所最高峰!
  • ビットコイン・イーサリアム・リップルなど合計5種類の通貨を豊富にラインナップ!
  • 追証なし・手数料無料の仮想通貨FXが魅力!レバレッジも国内最大の25倍対応!
[/aside] [btn class="lightning big"]公式サイトはこちら [/btn]

いつものお買い物をするだけでビットコインがもらえるbitFlyer(ビットフライヤー)

[aside type="boader"]キャンペーン内容

期間:指定なし

bitFlyer経由で提携先のサービスを利用すると、それぞれの内容に応じたビットコインがもらえます。
主には楽天ネットショッピングやじゃらん、U-NEXTのサービス無料お試し登録などがあります。[/aside]

[aside type="boader"]取引所の特徴
  • 大手メガバンクが株主で安心安全のセキュリティ!
  • ビットコインFXやビットコインをもらうなど初心者でも始められる!
  • ビットフライヤーに上場 = 信頼できる通貨の基準になりつつある!
[/aside] [btn class="lightning big"]公式サイトはこちら [/btn]

仮想通貨に関連した「お得」なおすすめキャンペーン!

新規口座開設で「2,000円」相当のポイントプレゼント!住信SBIネット銀行

国内の主な取引所への「入金手数料が無料」、そして振込が土日でもOK、24時間365日対応と優良ポイント盛り沢山で仮想通貨トレーダーご用達の「住信SBIネット銀行」でも、うれしいキャンペーンが開催されています。

新規口座を開設すれば、なんと「2,000円」分に相当するポイントがもらえるプレゼントキャンペーンが開催中!

まだSBIの口座を持っていない人はお急ぎを!

[aside type="boader"]
  • 国内の主要な仮想通貨取引所への入金手数料が「無料」!
  • 24時間365日いつでも振込可能!入金反映はリアルタイム!
  • PCはもちろん、スマホからでも振込可能!
[/aside] [btn class="lightning big"]公式サイトはこちら [/btn] [kanren postid="538"]

おすすめキャンペーン活用法 - プレゼントされた仮想通貨 or 現金を元手にして取引する!

取引所が行っている「プレゼントキャンペーン」は、今から仮想通貨を始める人に打って付けです!

仮想通貨に興味はあるけど、まだ取引をしたことがない人という人は、おそらく下記のような理由があるのではないでしょうか。 [aside type="boader"]

  • 仮想通貨の取引方法がわからない。
  • 興味はあるけど、自己資金が無い。
  • 資金はあるけど、仮想通貨に使うのが怖い。
  • etc...
[/aside] そんな方は、ぜひこの「仮想通貨取引所のプレゼントキャンペーン」を活用しましょう!

[aside type="boader"]
  • 仮想通貨プレゼントの場合
    例えば3,000円分のビットコインを受け取ったとします。
    取引の例としてですが、1BTC = 100万円として計算してみましょう。(余談ですが2018年7月31日15:00現在のレート901,320円で計算すると、3,000JPY = 0.00330764BTCです。)
    1BTC = 1,000,000JPY(100万円)の場合、1JPY(1円) = 0.000001BTC となります。
    プレゼントが3,000円分のビットコインだとしたら 0.003BTC となります。
    その後ビットコインが120万円に上がったタイミングで売却すれば 0.003BTC = 3,600JPYとなり、約 600円分の利益となります。
    その後、また「安い時に買って、高くなったら売る」を繰り返して「現物取引」で利益を狙ってみましょう!
  • 現金プレゼントの場合
    上の「仮想通貨プレゼントの場合」と同様で、「ビットコイン(仮想通貨)を買った時よりも、価格が上がったタイミングで売る」を繰り返して利益を狙ってみましょう!
    現金のプレゼントの場合は、「ビットコイン以外の仮想通貨を買うことができる」点なので、ビットコイン以外に「リップル」や「イーサリアム」などお気に入りの仮想通貨があれば、それらの仮想通貨を購入して売買益を狙う方法もあります。
  • とりあえず買って寝かせておく
    上記2つの方法は、もらったビットコイン(仮想通貨)もしくは現金で取引をする方法ですが、その他にも「長期保有してみる」という手もあります。
    プレゼントされるものは高くても「数千円」程度なので、少しの値動きでは大きな利益を得ることはできませんが、常に相場を監視して取引を繰り返す労力をあえて避け、忘れた頃に大きく利益になっていれば〜、という期待を込めて長期保有しておくことも一つの手段です。
    ※ 仮想通貨はいつどのくらいまで価格が上がるのかはわからないですが、持っていないよりは「少額でも持っている」方が、いつか利益を手にできるという期待があります。
    ※ 仮想通貨は雑所得扱いになるので、20万円を超える利益が出た場合には税金がかかりますが、仮に単純計算でビットコイン価格が100万円の時に「千円」を寝かしておいたとしても、ビットコイン価格が十倍の1000万円になっても千円が一万円 = 9千円の利益なので、小さい額でのみ投資を行っている場合にはそこまで心配はないといえます。
[/aside]

[btn class="rich_yellow"]もう一度↑上のキャンペーン情報↑を見る! [/btn]

キャンペーンでもらう数千円分の現金(仮想通貨)は、相場が安いうちが狙い目!

キャンペーンでもらえる数千円分のプレゼントで取引をしてみるなら、ビットコインの価格が安いうちが狙い目です。
なぜかというと、取引所には「最低取引単位」というものがあるからです。

単純に例えると、プレゼントキャンペーンで現金を千円もらったとして、その取引所の取引の最低単位が 0.001BTC の場合、ビットコインの価格が 1,000,000JPY(100万円) を超えると取引できなくなり、もらった千円はそのまま日本円で眠り続けることになってしまいます。
※ この例えはあくまでも「プレゼントのみで取引を経験してみる」場合であって、自分で資金を追加すればもちろん取引を行うことは可能です。
※ この他にも取引手数料がかかる場合には、1BTC = 100万円や90万円でも、プレゼント分の千円だけでは購入できない可能性もあります。

ですので、「プレゼントキャンペーン」でもらった分のみで取引を始めてみる、という場合には、ビットコイン価格が90万円を下回っている今が狙いどきです!

[btn class="rich_yellow"]もう一度↑上のキャンペーン情報↑を見る! [/btn]

おすすめの仮想通貨取引所!

ビットポイントなら 0.0001 BTC の超少額から取引できる!

[ex-jp-BITPoint]No tags for this post.

Ripple買うならCoincheck!アルトコインの取り扱いが国内最多の取引所コインチェックでRippleを購入しよう!

[box class="red_box" title="2018年1月29日更新"] 2018年1月26日に発生した不正流出事件により、Coincheck社では現在一部を除き取引、入出金の停止、及び新規アカウント登録が停止されています。
また1月29日現在において再開予定日などのアナウンスはない状態です。

関連記事については下記をご参考ください。
コインチェックが緊急記者会見で不正出金被害を公表 [/box]

RippleはGoogleが投資したことで一躍有名になり、日本国内の地銀を含む世界中の金融機関が続々とRippleネットワークへの参加を表明し、そしてSBIホールディングスはRipple社と共同で新会社を設立しました。

大企業が出資を行ったり導入に向けて検証を行ったりと、その信頼性はますます高まり、同時に将来への期待が膨らんでいる仮想通貨「Ripple」。

2017年10月には世界の仮想通貨の時価総額ランキングTOP3にまで上り詰めましたが、日本の取引所では未だ取り扱いが少ない状況です。

そこで Ripple を購入するなら2014年創立の、国内の仮想通貨取引所としては老舗としての安定感と人気を誇る「Coincheck(コインチェック)」をおすすめします。

本記事ではコインチェックの特徴と、コインチェックでRippleを購入する方法を説明します。

<!-- [btn class="rich_yellow"]コインチェック 公式サイトはこちら [/btn] -->

コインチェックの特徴

アルトコインの取り扱い数が国内最多

<!--

Coincheck 公式サイトはこちら

-->

コインチェックは、アルトコインの取り扱い数が国内一豊富な取引所としても有名です。

国内の取引所は2017年4月1日施行の「仮想通貨法」により、厳しい条件をクリアした企業だけが金融庁から仮想通貨交換事業者として登録を許可されます。

つまり国内取引所コインチェックに上場しているアルトコインは将来性のある仮想通貨ということになります。

コインチェックでは2017年10月26日現在、下記の13種類の仮想通貨を取り扱っています。

  • Bitcoin
  • Bitcoin Cash
  • Ethereum
  • Ether Classic
  • Ripple
  • NEM
  • Litecoin
  • DASH
  • Monero
  • Zcash
  • Lisk
  • Factom
  • Augur
ビットコインやイーサリアムといった主要なコインはもちろん、Rippleといったどんどん人気が上昇している通貨も取り扱っているのが魅力です。

<!--

Coincheck 公式サイトはこちら

-->

デザインが仮想通貨取引所中で一番かっこいい

コインチェックの魅力はUI(ユーザーインターフェース、画面)のデザインでもあります。

シンプルで洗練されたUIデザインは、見やすさはもちろん使いやすさも抜群です。

<!--

Coincheck 公式サイトはこちら

-->

貸し仮想通貨システムで利益を得られる

コインチェック独自のサービスで、ユーザーが保有している仮想通貨をコインチェックに貸すことができます。

長期保有で利益を出そうとしているなら、その間眠らせてある仮想通貨を貸しておけば最大で年利5%の利益を得ることができます。

コインチェックで扱っている仮想通貨ならどれでも貸すことができるので、Rippleを長期保有しようと思っている人もその間貸しておけば利益が増えて戻ってきます。

<!--

Coincheck 公式サイトはこちら

--> [box class="blue_box" title="仮想通貨の投資方法がわからないなら、とりあえず長期で保有してみよう!"]仮想通貨の取引には現物取引、FXなどがあります。

現物の短期トレードやFXだと相場の読みや経験、追証のリスクなどがありますが、長期保有は誰でもできる簡単な投資方法です。

やり方はとても簡単で、いつ爆発的に値が上がるかわからない有望な通貨を購入して保有しておくだけ。

仮想通貨は誕生したばかりでまだまだ値段が上がっている最中なので、ビットコインのようにこれだけでも利益になる可能性があります。

さらにコインチェックなら自分の持っている仮想通貨をコインチェックに貸しておくだけで年利をもらえます!

仮想通貨もいつか価値がなくなるかもしれないというリスクはもちろんありますが、のんびりと大きな利益を狙いたいという人には最適な投資だといえます。

慣れてきたら「ドルコスト平均法」もおすすめです。[/box] <!--

Coincheck 公式サイトはこちら

-->

コインチェックでRippleを買う方法

それではコインチェックでRippleを買う方法を説明します。

コインチェックのアカウントを持っている前提でお話します。
※ 取引所での新規アカウント開設はネットで簡単に完了しますが、パスワード入りの書留が届くまで長くて2〜3日程度かかるため、早めの登録をおすすめします。

コインチェックの「取引所」画面を開くと、仮想通貨が並んでいます。

ここでRippleを選んでください。

するとRippleの購入数を選択できるので、どのくらい買うかを入力しましょう。

現在は42XRPを1,000円以下で購入することができます。

購入数を入力したら購入するボタンを押せば完了です。

仮想通貨を簡単に購入できるのもコインチェックの魅力です。

<!--

おすすめ取引所 - Coincheck(コインチェック)

アルトコイン買うなら取り扱い豊富な Coincheck(コインチェック)

Coincheck 公式サイトはこちら

  • 国内取引所では最多の13種類の仮想通貨を取り扱い!
  • 0.001ビットコイン(約645円)から買えて取引手数料0円!
  • 貸仮想通貨で自分の保有している仮想通貨を貸すと最大で年率5%ゲット!
[btn class="rich_yellow"]Coincheck 公式サイトはこちら [/btn] --> [kanren postid="239,101"] [ex-ja-XRP]No tags for this post.

話題の国産通貨ビットゼニーの解説とBitZenyが買える取引所C-CEXの特徴

国産仮想通貨「BitZeny(ビットゼニー)」。

同じく国産仮想通貨「Monacoin(モナーコイン)」の価格が急激に上昇したことで話題になっている日本産の仮想通貨です。

この記事ではBitZenyの特徴と扱っている取引所を紹介します。

[btn class="rich_yellow"]C-CEX公式サイトはこちら[/btn]

BitZenyとは?

国産の仮想通貨「BitZeny」(ビットゼニー)の概要

BitZenyとは、2014年11月にローンチされた日本の仮想通貨です。

総発行枚数は2億5千万枚で、暗号アルゴリズムに「Yescrypt」を採用、送金時間は約90秒です。

一般的なPCでのマイニングが可能な点や、フォーラム(コミュニティ)、投げ銭システムなどと通貨自体の性能の高さやそれを取り巻く環境が整備されている点など、国産初の暗号通貨「Monacoin」(モナーコイン)と同じくその可能性を期待されています。

BitZeny(ビットゼニー)が買える取引所の紹介

BitZenyが上場している取引所は現在以下の3つです。
C-CEX
CryptoBridge
stocks.exchange

おすすめは「C-CEX」!

  • BitZenyの取り扱いが盛んで板が厚い!
  • 仮想通貨の取り扱い数が190種類以上と豊富!
  • 2段階認証やログイン時の認証などセキュリティが高い!

C-CEX は他の2つの取引所に比べ「BitZeny」の取り引きが盛んで、ボリュームがあるのでおすすめです。

他の取引所だとCryptoBridgeの場合はDEX(分散型取引所)なので、DEXでの取り引きに慣れていないと難しいかもしれません。

C-CEXは本人確認書類の提出無しの「メールアドレスのみ」で登録できるのも魅力です。

[btn class="rich_yellow"]C-CEX公式サイトはこちら[/btn] No tags for this post.

KuCoinの登録方法を解説!日本語対応でKCS・XRB・DRGNなどの超人気通貨を扱う海外取引所クーコインの始め方!

KuCoin Shares (KCS)やRaiBlocks (XRB)、Dragonchain (DRGN)やDent (DENT)などといった人気の通貨を数多く扱っていて、日本人ユーザーにもうれしい日本語対応していることでも有名な海外仮想通貨取引所「KuCoin」(クーコイン)。 本記事では「KuCoin」のアカウント登録方法をご紹介します。 [btn class="rich_yellow"]KuCoin 公式サイトはこちら [/btn]

日本語対応している海外仮想通貨取引所 KuCoin!

KuCoinは、2017年9月に香港でスタートした比較的新しい取引所ですが、 すでに人気の仮想通貨取引所の一つになっています。 中国語・英語はもちろん、日本語や韓国語ほか現在11の言語に対応しています。 また、独自トークンのKCSを発行しており KCSの価値はKuCoinのユーザー数増加に伴い下記のように急上昇しています。 今仮想通貨の人気が上がっていることで取引所の登録にも少し時間がかかったり、 登録がストップしてしまうこともあるかもしれません。 その前にまずは登録してみてはいかがでしょうか? [btn class="rich_yellow"]KuCoin公式サイトはこちら [/btn]

KuCoinの登録方法は非常に簡単!

ではKuCoinの登録はどのように行うのでしょうか? なんと、メールアドレスだけで登録が済むので非常に手軽です。 KuCoin公式サイトはこちら

KuCoinサイトからメールアドレスを登録!

KuCoinサイトトップページ画面右上部にある新規登録をクリックします! ちなみに、言語もサイト画面右上部の国旗のマークで変更可能です。 メールアドレスと任意のパスワードの入力欄に入力をします。 送信するとこのような画面がでます。こちらで入力は完了です。 KuCoin公式サイトはこちら

登録したメールアドレスに認証メールが届きます。

これでKuCoinの登録手続きはほぼ完了です。 暫くたつとKuCoinからアカウント認証のメールが届きます。 メールの通りにURLをクリックします。こちらで認証は完了です。 KuCoin公式サイトはこちら

Google2ステップ認証も忘れずに行いましょう

KuCoinではGoogle2ステップ認証を採用しています。 ハッキング防止のためにもこちらの設定も済ませておきましょう。 メールのアカウント認証が済むと、上記のような画面になっていると思います。 「グーグル―2ステップ」をクリックしてGoogle2ステップ認証画面に移り認証を行います。 Google2ステップ認証は、スマホなどでインストールしたGoogle2ステップ認証のアプリから、 KuCoinの認証画面にあるQRコードを読み込むと認証番号がスマホなどに出てきます。 スマホに出てきた認証番号をKuCoin側の入力画面に入力するとGoogle2ステップ認証も完了します。 完了すると次のような画面になります。 これで、KuCoinの登録はすべて完了です! [btn class="rich_yellow"]KuCoin 公式サイトはこちら [/btn]

まとめ

KuCoinは、取引規模が世界1位の「Binance」(バイナンス)と取り扱い通貨が違うことでよく話題になり、先日Binanceが新規登録を停止した時にも「第2のBinanceはKuCoin」と言われKuCoin人気が増加しました。 KuCoinの登録はメールアドレスのみで登録でき、Google2ステップ認証も簡単にできますので、ぜひ登録しておくことをおすすめします。 KuCoin公式サイトはこちら No tags for this post.

Rippleを安く買うならbitbank.cc!今からリップルを買う人は指値で買えて手数料の安いビットバンクに登録しよう!

Rippleを扱っている日本国内の仮想通貨取引所は現在2社のみですが、「指値注文でRippleを買える」、「手数料を安く抑えてRippleを買う」なら断然 bitbank.cc(ビットバンク) です。

本記事ではビットバンクの魅力と共に、ビットバンクでRippleを買う方法を説明します。

[kanren postid="3135,4026"]

bitbank.cc(ビットバンク)の魅力

手数料が安い

ビットバンクccの魅力はなんといっても手数料が安いことです。

さらに現在はキャンペーン中で売買手数料が全て無料となっています。

過去にはマイナス手数料という、取引を行えば行うほど手数料分がボーナスともらえるキャンペーンも実施されています。

このようにユーザーに直接的に還元されるような嬉しいキャンペーンが多いこともビットバンクの魅力です。

bitbank.cc 公式サイトはこちら

指値注文ができる

bitbankでは指値注文でRippleを買うことができます。

指値注文とは、自分が買いたい価格を指定して買い注文を出すことです。

ユーザー同士で買い、売りを指値で出せるので、現在の相場価格より安く買えることがほとんどで、取引所や販売所での仮想通貨販売よりもスプレッドが小さく、確実にお得に購入することができます。

現在日本の国内取引所でRippleを指値注文できるのはビットバンクのみなので、Rippleを安く購入したい人はビットバンクに登録することをおすすめします。

bitbank.cc 公式サイトはこちら

取り扱い通貨の種類が多い

ビットバンクは仮想通貨の取り扱いが国内トップクラスの取引所です。

2017年10月現在は下記の6通貨を取り扱っています。 [aside type="boader"]

  • Bitcoin
  • Bitcoin Cash
  • Ethereum
  • Ripple
  • Litecoin
  • MonaCoin
[/aside] 主要な仮想通貨であるBitcoinやEthereumはもちろん、RippleやLitecoin、MonaCoinなど人気アルトコインの取り揃えも充実しています。

bitbank.cc 公式サイトはこちら

入金手数料が無料

日本円をはじめ仮想通貨の入金手数料は全て無料です。

なのですでにRippleをはじめ仮想通貨を持っている人も、新たにビットバンクにも口座開設をしてもデメリットがありません。

出金手数料が安い

出金手数料もとても安く設定されています。

Rippleだと0.15 XRP、日本円にして 3.44572 円(約 3円程度)で出金することができます。

こんなに安い出金手数料もbitbankの魅力です。

bitbank.cc 公式サイトはこちら

口座開設が簡単にできる

口座開設も非常に簡単にできます。

やり方は他の取引所と同じで、必要事項を入力し、本人確認書類を撮影してアップロードします。

その後書留(ハガキ)が届くので、記載されているパスワードを入力すれば本人認証も完了です。

bitbank.cc でRippleを購入する方法

bitbank.cc  にログインして画面上のメニューバーの「トレード」をクリックして、取引画面を表示しましょう。

左上に「 BTC/JPY 」と表示されていて、初期状態では「 Bitcoin と 日本円 の取り引き」になっています。

ここで 「 XRP / JPY 」 をクリックすると、日本円でRippleを購入することができます。

bitbank.ccはアルトコイン、Rippleも指値・成行注文できるので、欲しい金額で指定して購入することができます。

これが 「Rippleを安く買うならbitbank」という理由です。

2017年10月現在だと 45XRP を 1XRP 22円 で注文すると、990円と1,000円以下で注文することができます。

以上がbitbankでRippleを購入する方法です。

アカウントさえ作成できれば、簡単に買うことができます。

国内取引所でRippleを安く買うならビットバンク!

[ex-jp-bitbank.cc]
[kanren postid="239,4026"] [kanren postid="3104"] [kanren postid="3191"] [kanren postid="2652"] [kanren postid="2667"] [kanren postid="3135"] [kanren postid="1064"]
[aside type="boader"]Rippleとは?
今話題の時価総額ランキング上位の仮想通貨「Ripple」の基本を知ろう!
Rippleとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるリップルの基本! [/aside] [aside type="boader"]おすすめの国内&海外取引所はこちら!
国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所  [/aside]
No tags for this post.

altcoin.ioは2018年開設予定&事前登録受付中!アルトコイン.ioの魅力と登録方法を解説!

altcoin.ioは、分散型取引所(DEX)として2018年初頭に開設予定のアメリカの仮想通貨取引所で、
現在事前登録受付中です!

本記事では、そんなaltcoin.ioの魅力と事前登録の方法についてご紹介していきます。

[btn class="rich_pink"]altcoin.io 公式サイトはこちら[/btn]

altcoin.ioの概要

altcoin.ioは、2018年に開設予定の仮想通貨取引所です。
現在準備中で、事前登録受付となっています。

altcoin.ioの特徴として、アトミックスワップ搭載の分散型取引所(DEX)であることが挙げられます。
アトミックスワップ・分散型取引所(DEX)についてはそれぞれ後ほどご紹介していきます。

altcoin.io 公式サイトはこちら

分散型取引所(DEX)とは?

altcoin.ioの特徴の1つ目として、分散型取引所(DEX)であるということが挙げられます。

そもそも、分散型取引所とはどんな取引所なのでしょうか?

DEXとは、Decentralized Exchangeの略で、日本語にすると「非中央集権取引」となります。
つまり分散型取引所の反対は中央集権型の取引所ということです。

中央集権型の取引所は、管理者(運営会社等)がいて、セキュリティ面ではその管理者の一点集中になります。

例えば日本の仮想通貨取引所でいうと、コインチェックやZaifと言った取引所は
それぞれコインチェック株式会社・テックビューロ株式会社が運営しています。

こうした中央集権型の取引所の場合、
管理サーバーがハッキングなどの攻撃を受けると一気に損失が広がる可能性があります。

一方、分散型取引所はブロックチェーン上にできる取引所のことです。
ブロックチェーンを利用して個人間で取引します。

メリットとしては、取引において運営会社等の管理者が介入しない代わりに
秘密鍵を自分で管理します。そのためウォレットからの直接取引が可能です。

また、間に管理者が入らないため手数料が発生しないというのもメリットです。

管理する母体(運営会社)がないということは、本人確認や登録なども不要です。
運営会社の破綻などによって自分の資産がなくなるというリスクも回避できます。

デメリットは、直接ブロックチェーンへ取引の記録を行うため、取引に時間がかかる点が挙げられます。

altcoin.io 公式サイトはこちら

Atmic Swap(アトミックスワップ)とは何か?

altcoin.ioの2点目の特徴であるAtmic Swap(アトミックスワップ)についてご紹介します。

Atmic Swap(アトミックスワップ)とは、
取引時に相手方が信用できない場合に、暗号を介して取引することで取引の不安定化を解消する仕組みのことです。

どういうことかというと、大石哲之さんのビットコイン研究所ブログの説明がわかりやすいので下記引用します。

例えば、LTさんのLTCと、BTさんのBTCを交換することを考えてみよう。

取引をするには、どちらかがまずコインを相手に送ることが必要になる。
コインが相手に届いたことが確認されれば、相手はコインを送り返す。
これで取引が成立することになるが、この手順には誰にでも指摘できる欠点がある。


相手がコインを送り返さずにそのままバックレることが可能だということだ。

つまり、これは相手が信用に足る人物だという前提に、それを信じてどちらかが先にコインを送らなければならない。

アトミックスワップでは、この問題を暗号的手法で解決する。
相手を信用する必要なく、コインの交換を行うことができるようになる。

相手が誰であろうが、匿名であろうが、素性を一切知る必要なく、安全にコイン同士の交換が可能になる。

イメージできたでしょうか?

先に説明の通り、分散型取引所(DEX)の場合管理者が存在しません。

ということは、世界中の人と直接取引をしなくてはならないのです。
どこのだれか分からない人と取引するわけですから、自分の仮想通貨だけ取られてしまうようなトラブルもあり得ます。

それを解消するための暗号化ツールがアトミックスワップです。

altcoin.io 公式サイトはこちら

altcoin.io取り扱い予定通貨

altcoin.ioで取り扱いを予定している通貨はどんなものがあるのでしょうか?

正式なリリースはまだないようですが、一方で、上場通貨の投票を募っています。

3月現在での投票状況は下記のとおりです。

また、公式サイトのウォレットイメージから、
ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)をはじめ、オーガー(Augur,REP)、アラゴン(Aragon,ANT)などの取り扱いが検討されているようです。

altcoin.io 公式サイトはこちら

altcoin.ioの事前登録方法

altcoin.ioの事前登録は、メールアドレスの登録のみとなっています。

まずは、公式サイトへ。

Emailの欄にメールアドレスを入力し、「Sign Up Now」をクリックして事前登録完了です。

メールを確認すると、このようなメールが届いています。

この案内から、取引のテスト画面などを確認することが可能です!

これまでの多くの取引所よりも、より安全で公平な取引所になることが期待されるaltcoin.io。

オープンが待ち遠しいですね。

あなたも事前登録をしてみてはいかがでしょうか?

[ex-ovse-altcoin.io]No tags for this post.

Bit-Zの登録方法を画像で解説!ビットジーは上場投票制度が魅力でTRON・Lisk・ DOGEを扱う人気の海外取引所!

Bit-Z(ビット・ジー)は、2016年に誕生した海外仮想通貨取引所です。
本記事ではBit-Zの魅力と、その登録方法について解説していきます。

[btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら[/btn]

Bit-Zの概要

まずはBit-Zの概要からご紹介します。

Bit-Zは、2016年に誕生した香港を拠点としている仮想通貨取引所です。

取り扱い通貨の種類は50ちょっとと物凄い多いというわけではありませんが
通貨の時価総額が比較的高い通過の取り扱いがあることで取引高で上位にもなっており、注目されています。

具体的にはビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)のほか
ダッシュ(DASH)、リスク(LSK)、ライトコイン(LTC)などが取り扱われています。

対応言語は英語と中国語です。

公式サイトはこちら

Bit-Zの魅力

上場投票制度がある!

Bit-Zの魅力としては、資産価値の高い仮想通貨の取り扱いをしていることですが、
それを担保とする一助になっているかもしれない機能として、「上場投票制度」があります。

その通貨をBit-Zに上場させるのか、ユーザー自身が投票によって決めることができるのです。
投票状況は公式サイト画面左の「Vote」から確認できます。

ちなみに、投票権があるのはこれからご紹介する登録で認証レベルを「レベル2」まで登録したユーザーです。

それではこれからBit-Zの登録方法を解説していきます。

公式サイトはこちら

Bit-Zの登録方法

Bit-Zの登録方法について説明していきます。
メールアドレスさえあれば簡単に登録が可能です。

まず、Bit-Zのサイトへ。

右上の「Sign Up」と書かれている部分をクリックして新規登録に移ります。


クリックすると、上記画面が出てきます。
上から、メールアドレス、パスワード、パスワード(確認用)を決め、入力します。

また、認証用に、画面に表示されているアルファベットの入力を行い
その下の I have read and agree to Terms of use.の左側にあるボックスにチェックを入れます。
「Submit」をクリックして、まずはメールアドレス登録の完了です。

登録が完了すると、

このようなメッセージが表示されます。登録したメールアドレスの受信ボックスを確認しましょう。
メールボックスには、下記のようなURL付のメールが届いています。

クリックすると、Sign Inのページに移りますので、登録したアドレスとパスワードを使ってサインインしましょう。

公式サイトはこちら

次に、2段階認証を行ってセキュリティの対策をしておきましょう。

画面右上「Account」から、「2FA Code」をクリックします。

塗りつぶしのある16Digit Keyは、故障時など復元する必要が出た時に必要なキーなので、別途控えておきましょう。

2段階認証は、GoogleAuthenticatorで行います。無料アプリですので、スマホなどで検索してインストールしましょう。

この、青い〇がついているのがGoogleAuthenticatorのアプリです。起動させると、

このように、右上に「バーコードをスキャン」というメニューがありますので、ここを選択します。

カメラが起動しますので、そのカメラでQRコードをスキャンすると、アプリ上に6桁の数字が表示されます。
表示された6桁の数字を入力していきます。

上から、ログインのパスワードを入力します。

その下のEmail Verification Codeはメール認証コードです。
右の「Get Verification Code」をクリックすると、登録したメールアドレスに6桁の数字が送信されます。

メールで届いた6桁の数字を、ログインパスワードの下の欄に入力します。
その下の欄に2段階認証用の6桁のコードを入力します。

上記の画面が出てきたら正常に認証が完了しました!

次に、認証レベルを上げるための登録を行います。今、メールアドレスを登録しただけでは認証レベルは0となっています。

画面右上、「Account」から、「Verification」をクリックします。

上から、IDとメールアドレスは既に表示されていますので

①名前
②誕生日
③取引パスワード(登録したものとは別のものにしましょう!)
④取引パスワード(確認用)

を入力します。

「Submit」をクリックすると、

が、表示され登録完了。認証レベルは1に上がりました。
このまま上場の投票が可能になるレベル2まで登録方法をご紹介します。

レベル2の認証では、住所(国・郵便番号等)と、電話番号が聞かれます。
こちらについても入力し、「Submit」をクリックすると、登録完了です。

[btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら[/btn]

いかがでしたか?Bit-Zの登録方法についてご紹介してきました。
認証にレベルがあったりとやや登録が複雑ですが、価値の高い仮想通貨が集まる取引所ですので、挑戦してみてください。

公式サイトはこちら

【8月31日までの口座開設キャンペーン実施中!】2分でわかるZAIFトークンの基礎知識!

Zaifトークンとは、Zaifを運営しているテックビューロー社がCounterpartyを使って発行している独自トークンです。

[campaign-zaif]

Zaifトークンの特徴

Zaifトークン(Zaifトークン,ZAIF)とは、国内の仮想通貨取引所のZaifを運営しているテックビューロ―社により発行されている独自トークンです。
ネットユーザーなどからは「ザフト」とも呼ばれています。

Zaifトークンというだけあり、Zaifでしか購入することはできません。
また、Zaifトークンはペペキャッシュなどと同じくカウンターパーティのブロックチェーンを使って発行されているトークンです。

[box class="green_box" title="関連記事"] 関連記事 : Counterpartyとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるカウンターパーティの基礎知識! [/box]

取引方法としてはカウンターパーティの流れをくむトークンですのでビットコインでの取引、または日本円になります。

残念ながらペペキャッシュのような明確な使い道はZaifトークンにはいまのところありません。

ただし、Zaifトークンを発行しているテックビューロ―社は、Zaifの運営はもちろん、国内初のICO(Initial Coin Offering の略で仮想通貨発行による資金調達手法のこと)であるCOMSAを運営していること、また、代表の朝山貴生氏は日本の仮想通貨市場において影響力をもつ一人であること、

Zaifトークンはよくも悪くもテックビューロー社と代表の朝山氏の意志がかなり反映される値動きをする可能性が高いことからZaifトークンは今後成長の可能性が高く、今が買い時であるととらえている投資家も多いようです。

更に、2017年10月20日には、現在テックビューロー社で発行済で未配布となっているトークンの配布を凍結すると発表しています。
(2018年12月までの予定)

これは全発行数の25%にあたり、テックビューロー社で何らかの戦略があってのことと思われます。

こうした点からも今後の成長性が期待されています。

Zaifトークンの概要

[table id=2040-01 /]

Zaifトークンの価格推移

Twitterまとめ

Zaifトークンが買える国内取引所

[ex-jp-Zaif]
[aside type="boader"]おすすめの国内&海外取引所はこちら! 国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所  [/aside]
No tags for this post.

YobitはNEMやLisk、CMSが買える!海外仮想通貨取引所ヨービットの魅力と登録方法を解説!

Yobitという仮想通貨取引所をご存知ですか?300種類を超える仮想通貨を取り扱っていると言われている海外取引所です。

Yobit の取り扱い通貨にはBTCなどの主要通貨の他に NEM (XEM) 、Lisk (LSK) 、 COMSA [ETH] (CMS) など国内でも取り扱いのある人気の通貨から、Dogecoin (DOGE)、Waves (WAVES)、TRON (TRX)、Verge (XVG)、DigiByte (DGB)、B2BX (B2B)などといった人気の通貨を取り扱っています。

本記事ではYobitの魅力と、Yobitの登録方法について説明していきます。

yobit [btn class="rich_yellow"]

Yobit 公式サイトはこちら

[/btn]

Yobitの概要

まずは簡単にYobitの概要からご紹介します。

Yobitは運営している母体がわかっていない取引所です。

英語・中国語・ロシア語に対応していることから、ロシアに開発母体があるのではないかと噂されています。

魅力の中でもご紹介しますが、取り扱い通貨数がほかの仮想通貨取引所とは桁違いに多いので

世の中ではほぼ無名な、いわゆる「草コイン」を探すのに有名になった取引所です。

Yobit 公式サイトはこちら

Yobitの魅力

取り扱い通貨が豊富!

Yobitと言えば、まずその取扱い通貨の豊富さが挙げられます。

その数はなんと、300種類以上!ビットコイン(BTC)やイーサリアム(LTC)と言ったメジャーなものから
聞いたこともないというような通貨まで豊富に揃っています。

しかし、一方で「聞いたことのない」通貨の中には、ほとんど価値のないような通貨も混ざっているということもあります。
たとえば、こちら。

この1か月取引がないように見受けられます。

こうした仮想通貨を大量に買ってしまい、あとで売却できなくて困るということのないように気を付けたいものです。

自己責任でまだあまり目立っていない通貨を少しずつ先物買いしていくという点においては、非常に魅力的な取引所と言えます。

Yobit 公式サイトはこちら

Dice(賭け)の機能がある

Yobitの少し面白いサービスの一つに「Dice」機能があります。

一言でいえば、仮想通貨を使って賭けができるということです。

しかも、下記のように賭けに参加したユーザーの勝ち負けの状況もすべてわかってしまうという機能付き。

日本では考えられない機能ですが、ゲーム感覚で楽しめるかもしれません。

Yobit 公式サイトはこちら

投資機能もある!

YobitにはInvestBoxという投資機能も備えています。
海外の取引所では比較的よくある機能のようですね。

指定された通貨を預け、一定期間経過後に配当として利率分が受け取れるという仕組みです。
上記画像がその利率表になっています。

Yobit 公式サイトはこちら

Yobitの登録方法

では、Yobitの登録方法について説明していきます。
メールアドレスさえあれば登録可能ですので是非挑戦してみてください。

まず、Yobitのサイトへ。

右上に「Registration」と書かれている部分をクリックして新規登録に移ります。


クリックすると、上記のような画面になります。
自分で任意で決めるユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力します。

パスワードはアルファベット大文字・小文字・数字が混ざっていることが必要です。

※ Yobitの場合、パスワードは8文字で記号は含まないものという制限があるようです。
※ 「Login」はユーザー名になるので、ご自分のユーザー名を好きに入力しましょう。

登録が完了すると、

このような案内が出ますので、登録したアドレスの受信ボックスを確認しましょう。

メールを確認すると、登録完了のためのURLがあります。そこをクリックします。

これで、登録自体は完了していますが、2段階認証を行って、セキュリティの対策をしておきましょう。

このようなメッセージがでますので、グレー文字Switch Onの部分をクリックすると、2段階認証の画面に遷移します。

右側の塗りつぶしのあるシークレットキーは、復元する必要が出た時に絶対に必要なキーなので、別途控えておきましょう。

2段階認証は、GoogleAuthenticatorで行います。無料アプリですので、スマホなどで検索してインストールしましょう。

この、青い〇がついているのがGoogleAuthenticatorのアプリです。起動させると、

このように、右上に「バーコードをスキャン」というメニューがありますので、ここを選択します。

カメラが起動しますので、そのカメラでQRコードをスキャンすると、アプリ上に6桁の数字が表示されます。

その6桁の数字をシークレットキーの下、「Authentication code」欄に入力し「Enable]キーをクリックします。

上記の画面が出てきたら正常に登録と認証が完了しました!
お疲れさまでした!!

このように、簡単に登録することが可能です。様々な仮想通貨を運用してみたいという方にはおススメの取引所です。

日本語対応はしていませんが、ぜひ挑戦してみてください。

[ex-ovse-yobit] [aside type="boader"]おすすめの国内&海外取引所はこちら!
国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所  [/aside]
No tags for this post.

【最新版】レバレッジ取引対応のおすすめ国内仮想通貨取引所6選【2018年】

レバレッジ取引に対応した国内のおすすめ取引所を徹底比較! 取り扱い通貨やペア、手数料、セキュリティやツールなどの特徴から自分に合った取引所を見つけましょう。

レバレッジ取引ができる取引所はこちら

[ex-jp-bitbank.cc] [ex-jp-GMOコイン] [ex-jp-BITPoint] [ex-jp-bitbank_Trade] [ex-jp-QUOINEX] No tags for this post.

国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所17選

[box class="green_box" title="ピックアップ!"] [colwrap] [col3]
[2488-praise_title-left]
[2488-praise_desc-left]
[/col3] [col3]
[2488-praise_title-mid]
[2488-praise_desc-mid]
[/col3] [col3]
[2488-praise_title-right]
[2488-praise_desc-right]
[/col3] [/colwrap] [/box]

ビットコイン、アルトコインはどこの取引所で購入、取り引きしていますか?

取引所にはそれぞれメリット・デメリットがあり一長一短といった感じで、仮想通貨を保有・取り引きするためには複数の取引所にアカウントを開設しておくことが一般的です。

本記事では、国内と海外の取引所の中から人気のある取引所をおすすめします。

「欲しいコインがある」、「手数料を安く抑えたい」、「長期保有したいから安心安全な取引所を知りたい」、「短期取引メインだから人が集まる取引所が知りたい」などなど、仮想通貨に求めるニーズは多岐に及びます。

どの取引所で扱われている仮想通貨の人気がいつ上がるかは、誰も予想できないのが仮想通貨取引です。

またその仮想通貨が、自分が登録している取引所で扱われていたとしても、サーバー障害などのアクシデントで即座に対応できない可能性もあります。

機会を失ってしまう前に、主だった取引所へは早めに登録を済ませておきましょう。

[external-explan-air_drop]

仮想通貨・ビットコインの取引所を選ぶときのポイント!

取り扱い通貨 手数料
購入したい、投資したい仮想通貨を扱っているかを確認しましょう。 短期トレード・FXはもちろん長期・積立投資においても手数料は重要なポイントです。
ツール・スマホ対応 仮想通貨・ビットコインFX
PCでの操作、スマホ対応有り無しを確認して自分に投資スタイルに合っているかを確認しましょう。 仮想通貨市場は高いボラティリティによるFXも魅力!現物だと買えない量でもFXなら稼げるチャンス!追証の有無やレバレッジが何倍かも重要なポイントです。
セキュリティ 会社の信頼度
ビットコイン・仮想通貨は常にハッキングリスクと隣り合わせです。コールドストレージなどセキュリティ対策も確認しましょう。 運営会社の資本金や金融庁登録の有無、業界団体への参加なども仮想通貨取引所には重要な要素です。※国内の交換業者は金融庁への登録が必須です。

取引所比較まとめ一覧

[rank-101-bitpoint] [rank-101-dmm] [rank-101-gmo] [rank-101-bitbank] [rank-101-quoinex] [rank-101-zaif] [rank-101-bitbanktrade] [rank-101-bittrade] [ex_list_ovse] [external-explan-air_drop]
No tags for this post.