取引所&販売所

No tags for this post.

GMOコインが仮想通貨のウォレットアプリをリリース!

セキュリティが高く、仮想通貨FXも可能な大手仮想通貨取引所のGMOコインが、2018年5月30日にAndroid版、翌日31日にiOS版の
ウォレットアプリ『GMOアプリ 仮想通貨ウォレット』をリリースしたと発表しました。



GMOコイン 仮想通貨ウォレットの特徴

GMOコインで取り扱っている5つの仮想通貨に対応

GMOコイン 仮想通貨ウォレットで取り扱っている通貨は下記の5種類。
    [aside type="boader"]
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • [/aside]

ブラウザのGMOコインで取り扱っている通貨と同じです。

リップル(XRP)が取引できるアプリはまだ少なく、セキュリティ面でも力を入れているGMOコインのアプリということで信頼性もあります。
これを機にリップルに挑戦してみるのもいいでしょう。

仮想通貨を始めるにあたって必要な機能をしっかり網羅

『GMOコイン 仮想通貨ウォレット』では、下記の機能が使用可能です。

    [aside type="boader"]
  • 口座開設の申込
  • 日本円の入出金
  • 仮想通貨の預入・送付
  • 仮想通貨の購入・売却
  • 登録情報の確認・変更
  • セキュリティ設定の確認・変更
  • [/aside]

このように、仮想通貨取引・資産管理に必要な機能をしっかりと網羅しています。


画面イメージは上記の通り、シンプルで見やすいものになっています。

また、GMOコイン 仮想通貨ウォレットでは、ウィジェット機能も利用可能。
もちろん対応通貨すべての情報がウィジェットで確認できます。
これでアプリを起動しなくても仮想通貨のリアルタイム価格、前日比騰落率を簡単にチェックできます。

[kanren postid="2899"] [kanren postid="1587"] [kanren postid="860"] [ex-jp-GMOコイン] No tags for this post.

bitbank(ビットバンク)の仮想通貨レンディングサービス「仮想通貨を貸して増やす」が提供開始!

bitbank.ccの新サービス「仮想通貨を貸して増やす」が2018年5月25日から提供されています。

本記事ではbitbankの「仮想通貨を貸して増やす」サービスの特徴について解説していきます。

bitbank.cc

[box class="yellow_box" title="レンディング・サービスとは?"]

「ソーシャル・レンディング」とは、インターネット上でお金を貸して欲しい個人もしくは企業と、お金を貸したい個人もしくは企業とを結びつけるサービスです。

[/box]

「仮想通貨を貸して増やす」の特徴

仮想通貨を貸して増やす
「仮想通貨を貸して増やす」とは、ビットバンクとお客様が仮想通貨貸借取引契約を締結し、最大年率5%の仮想通貨を1年後に受け取ることができるサービスです。
1年間の満了期日を迎えると、募集月にお客様が貸出した仮想通貨に、当社所定の利用料を加算してお返しするというサービスです。
引用 : bitbank
bitbankの「仮想通貨を貸して増やす」は、仮想通貨をbitbankに1年間貸しておくと、利用料がプラスされて返してもらえるサービスです。

加算される利用料は最大で年率5%となっています。

それではさらに詳しく見ていきましょう。

bitbank(ビットバンク)公式サイトを見る

bitbankで取り扱う全ての仮想通貨に対応予定

現在はビットコインのみの貸仮想通貨ですが、順次その他の仮想通貨にも対応していく予定です。
ビットコイン、リップル、ライトコイン、イーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュ等の通貨でも貸出しする事ができます。
開始直後は「ビットコイン」のみが対象ですが、ビットバンクで取り扱っている全ての仮想通貨に対して順次対応予定となっています。

ビットバンクではリップルやモナコインといった人気の通貨を取り扱っているので、それらも貸すことができるようになります!

bitbank(ビットバンク)公式サイトを見る

利用料率最大5% 貸し出すだけで仮想通貨が増える!

貴方の口座に眠っているだけの仮想通貨はありませんか?
使っていない仮想通貨をビットバンクに貸出していただくことで最大年率5%で仮想通貨が増えていきます。
頻繁に取引しない方には特にうってつけなサービスとなっています。

bitbank(ビットバンク)公式サイトを見る

ビットバンクのユーザーならすぐに開始できる

ビットバンクに口座をお持ちの方なら、面倒な手続き不要で申込むだけですぐに使えます。
使わずに眠っているだけの仮想通貨をお持ちなら、貸出していただくだけでお得に資産を増やすことができます。
すでにビットバンクに登録済みのユーザーであれば、すぐに利用開始することができます。

[aside]補足
取引所でアカウント登録を完了するには、郵送されてくる本人確認のハガキを受け取る必要があります。
そこまでに通常数日程度はかかるので、利用を考えている方は早めに登録しておくことを強くおすすめします。 [/aside]

bitbank(ビットバンク)公式サイトを見る

ビットバンクはリップルもモナコインも現物を「指値」で安く買える人気の国内取引所!

[ex-jp-bitbank.cc]

さいごに

ビットバンクの「仮想通貨を貸して増やす」はいかがだったでしょうか?

仮想通貨を貸しておくだけで増やすことのできるこの新サービス、仮想通貨投資の新しい一手としてぜひ加えてみてください。

bitbank.cc

No tags for this post.

タダでビットコイン・現金がもらえる4つの国内取引所特典内容まとめ!

ご存知ですか?
登録するだけで現金やビットコインがもらえるお得なキャンペーンが各社で開催されています。

本記事では、そんなお得なキャンペーンをまとめて紹介いたします。
それでは早速特典付きの取引所を見ていきましょう!

取引所のお得なキャンペーンまとめ

キャンペーンの多くは、取引所への口座開設登録の後、郵送などで本人確認を済ませるなどの条件を満たすだけでお得な特典がゲットできます。 また、取引所を通して楽天やじゃらんでお買い物をしたり、無料キャンペーンへの応募でビットコインがもらえる会員特典も出てきています。 普段のお買い物をするだけで、簡単にお小遣いがゲットできますよ!

口座開設するだけでビットコイン 20,000SatoshiがもらえるGMOコイン!

[aside type="boader"]キャンペーン内容

期間:2017年8月9日以降

キャンペーン期間中に口座開設(=ログイン後に口座開設コードの入力および2段階認証設定を完了)をした方を対象ビットコイン 20,000Satoshiをプレゼント!
口座開設の翌日、登録口座に反映されます。[/aside]

[aside type="boader"]取引所の特徴
  • 手数料が無料で即時入金可能!セキュリティも国内取引所最高峰!
  • ビットコイン・イーサリアム・リップルなど合計5種類の通貨を豊富にラインナップ!
  • 追証なし・手数料無料の仮想通貨FXが魅力!レバレッジも国内最大の25倍対応!
[/aside] [btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn]

口座開設だけで1,000円がもらえるDMMビットコイン!

[aside type="boader"]キャンペーン内容

期間:2018年1月11日(木)~2018年6月30日(土)


口座開設完了(郵送物に記載の認証コードを入力完了)した方を対象に、1,000円をプレゼント!
反映は口座開設完了月の翌月を予定しています。[/aside]

[aside type="boader"]取引所の特徴
  • 合計14ペアによる多彩なレバレッジ取引が魅力!
  • BTC・ETH・XEM・XRP・LTC・ETC・BCHの7種類のメジャー仮想通貨を取り扱い!
  • 今だけDMM Bitcoinリリース記念キャンペーン開催中!新規登録でもれなく1,000円もらえる!
[/aside] [btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn]

口座開設後初回の入金で3,000円相当のビットコインがもらえるBITPOINT(ビットポイント)!

[aside type="boader"]キャンペーン内容

期間:2018年6月1日(金)0時 ~ 2018年7月13日(金)16時 ※1
※1 総合口座開設申し込みは6月30日24時申し込み分まで

口座の開設後、金額にかかわらず初回のご入金を完了した方にビットコイン3,000円相当分をプレゼント!
2018年7月19日(木)から23日(月)の間にプレゼント予定。[/aside]

[aside type="boader"]取引所の特徴
  • 仮想通貨取引所では珍しい、FX取引の定番ツール「MT4」が使える!
  • レバレッジ25倍で「ビットコイン」と「イーサリアム」が取引できる!
  • 手数料が格安!さらにビットコイン送金手数料が無料!
[/aside] [btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn]

いつものお買い物をするだけでビットコインがもらえるbitFlyer(ビットフライヤー)

[aside type="boader"]キャンペーン内容

期間:指定なし

bitFlyer経由で提携先のサービスを利用すると、それぞれの内容に応じたビットコインがもらえます。
主には楽天ネットショッピングやじゃらん、U-NEXTのサービス無料お試し登録などがあります。[/aside]

[aside type="boader"]取引所の特徴
  • 大手メガバンクが株主で安心安全のセキュリティ!
  • ビットコインFXやビットコインをもらうなど初心者でも始められる!
  • ビットフライヤーに上場 = 信頼できる通貨の基準になりつつある!
[/aside] [btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn] No tags for this post.

Ripple買うならCoincheck!アルトコインの取り扱いが国内最多の取引所コインチェックでRippleを購入しよう!

[box class="red_box" title="2018年1月29日更新"] 2018年1月26日に発生した不正流出事件により、Coincheck社では現在一部を除き取引、入出金の停止、及び新規アカウント登録が停止されています。
また1月29日現在において再開予定日などのアナウンスはない状態です。

関連記事については下記をご参考ください。
コインチェックが緊急記者会見で不正出金被害を公表 [/box]

RippleはGoogleが投資したことで一躍有名になり、日本国内の地銀を含む世界中の金融機関が続々とRippleネットワークへの参加を表明し、そしてSBIホールディングスはRipple社と共同で新会社を設立しました。

大企業が出資を行ったり導入に向けて検証を行ったりと、その信頼性はますます高まり、同時に将来への期待が膨らんでいる仮想通貨「Ripple」。

2017年10月には世界の仮想通貨の時価総額ランキングTOP3にまで上り詰めましたが、日本の取引所では未だ取り扱いが少ない状況です。

そこで Ripple を購入するなら2014年創立の、国内の仮想通貨取引所としては老舗としての安定感と人気を誇る「Coincheck(コインチェック)」をおすすめします。

本記事ではコインチェックの特徴と、コインチェックでRippleを購入する方法を説明します。

<!-- [btn class="rich_yellow"]コインチェック 公式サイトはこちら [/btn] -->

コインチェックの特徴

アルトコインの取り扱い数が国内最多

<!--

Coincheck 公式サイトはこちら

-->

コインチェックは、アルトコインの取り扱い数が国内一豊富な取引所としても有名です。

国内の取引所は2017年4月1日施行の「仮想通貨法」により、厳しい条件をクリアした企業だけが金融庁から仮想通貨交換事業者として登録を許可されます。

つまり国内取引所コインチェックに上場しているアルトコインは将来性のある仮想通貨ということになります。

コインチェックでは2017年10月26日現在、下記の13種類の仮想通貨を取り扱っています。

  • Bitcoin
  • Bitcoin Cash
  • Ethereum
  • Ether Classic
  • Ripple
  • NEM
  • Litecoin
  • DASH
  • Monero
  • Zcash
  • Lisk
  • Factom
  • Augur
ビットコインやイーサリアムといった主要なコインはもちろん、Rippleといったどんどん人気が上昇している通貨も取り扱っているのが魅力です。

<!--

Coincheck 公式サイトはこちら

-->

デザインが仮想通貨取引所中で一番かっこいい

コインチェックの魅力はUI(ユーザーインターフェース、画面)のデザインでもあります。

シンプルで洗練されたUIデザインは、見やすさはもちろん使いやすさも抜群です。

<!--

Coincheck 公式サイトはこちら

-->

貸し仮想通貨システムで利益を得られる

コインチェック独自のサービスで、ユーザーが保有している仮想通貨をコインチェックに貸すことができます。

長期保有で利益を出そうとしているなら、その間眠らせてある仮想通貨を貸しておけば最大で年利5%の利益を得ることができます。

コインチェックで扱っている仮想通貨ならどれでも貸すことができるので、Rippleを長期保有しようと思っている人もその間貸しておけば利益が増えて戻ってきます。

<!--

Coincheck 公式サイトはこちら

--> [box class="blue_box" title="仮想通貨の投資方法がわからないなら、とりあえず長期で保有してみよう!"]仮想通貨の取引には現物取引、FXなどがあります。

現物の短期トレードやFXだと相場の読みや経験、追証のリスクなどがありますが、長期保有は誰でもできる簡単な投資方法です。

やり方はとても簡単で、いつ爆発的に値が上がるかわからない有望な通貨を購入して保有しておくだけ。

仮想通貨は誕生したばかりでまだまだ値段が上がっている最中なので、ビットコインのようにこれだけでも利益になる可能性があります。

さらにコインチェックなら自分の持っている仮想通貨をコインチェックに貸しておくだけで年利をもらえます!

仮想通貨もいつか価値がなくなるかもしれないというリスクはもちろんありますが、のんびりと大きな利益を狙いたいという人には最適な投資だといえます。

慣れてきたら「ドルコスト平均法」もおすすめです。[/box] <!--

Coincheck 公式サイトはこちら

-->

コインチェックでRippleを買う方法

それではコインチェックでRippleを買う方法を説明します。

コインチェックのアカウントを持っている前提でお話します。
※ 取引所での新規アカウント開設はネットで簡単に完了しますが、パスワード入りの書留が届くまで長くて2〜3日程度かかるため、早めの登録をおすすめします。

コインチェックの「取引所」画面を開くと、仮想通貨が並んでいます。

ここでRippleを選んでください。

するとRippleの購入数を選択できるので、どのくらい買うかを入力しましょう。

現在は42XRPを1,000円以下で購入することができます。

購入数を入力したら購入するボタンを押せば完了です。

仮想通貨を簡単に購入できるのもコインチェックの魅力です。

<!--

おすすめ取引所 - Coincheck(コインチェック)

アルトコイン買うなら取り扱い豊富な Coincheck(コインチェック)

Coincheck 公式サイトはこちら

  • 国内取引所では最多の13種類の仮想通貨を取り扱い!
  • 0.001ビットコイン(約645円)から買えて取引手数料0円!
  • 貸仮想通貨で自分の保有している仮想通貨を貸すと最大で年率5%ゲット!
[btn class="rich_yellow"]Coincheck 公式サイトはこちら [/btn] --> [kanren postid="239,101"] [ex-ja-XRP]No tags for this post.

話題の国産通貨ビットゼニーの解説とBitZenyが買える取引所C-CEXの特徴

国産仮想通貨「BitZeny(ビットゼニー)」。

同じく国産仮想通貨「Monacoin(モナーコイン)」の価格が急激に上昇したことで話題になっている日本産の仮想通貨です。

この記事ではBitZenyの特徴と扱っている取引所を紹介します。

[btn class="rich_yellow"]C-CEX公式サイトはこちら[/btn]

BitZenyとは?

国産の仮想通貨「BitZeny」(ビットゼニー)の概要

BitZenyとは、2014年11月にローンチされた日本の仮想通貨です。

総発行枚数は2億5千万枚で、暗号アルゴリズムに「Yescrypt」を採用、送金時間は約90秒です。

一般的なPCでのマイニングが可能な点や、フォーラム(コミュニティ)、投げ銭システムなどと通貨自体の性能の高さやそれを取り巻く環境が整備されている点など、国産初の暗号通貨「Monacoin」(モナーコイン)と同じくその可能性を期待されています。

BitZeny(ビットゼニー)が買える取引所の紹介

BitZenyが上場している取引所は現在以下の3つです。
C-CEX
CryptoBridge
stocks.exchange

おすすめは「C-CEX」!

  • BitZenyの取り扱いが盛んで板が厚い!
  • 仮想通貨の取り扱い数が190種類以上と豊富!
  • 2段階認証やログイン時の認証などセキュリティが高い!

C-CEX は他の2つの取引所に比べ「BitZeny」の取り引きが盛んで、ボリュームがあるのでおすすめです。

他の取引所だとCryptoBridgeの場合はDEX(分散型取引所)なので、DEXでの取り引きに慣れていないと難しいかもしれません。

C-CEXは本人確認書類の提出無しの「メールアドレスのみ」で登録できるのも魅力です。

[btn class="rich_yellow"]C-CEX公式サイトはこちら[/btn] No tags for this post.

KuCoinの登録方法を解説!日本語対応でKCS・XRB・DRGNなどの超人気通貨を扱う海外取引所クーコインの始め方!

KuCoin Shares (KCS)やRaiBlocks (XRB)、Dragonchain (DRGN)やDent (DENT)などといった人気の通貨を数多く扱っていて、日本人ユーザーにもうれしい日本語対応していることでも有名な海外仮想通貨取引所「KuCoin」(クーコイン)。 本記事では「KuCoin」のアカウント登録方法をご紹介します。 [btn class="rich_yellow"]KuCoin 公式サイトはこちら [/btn]

日本語対応している海外仮想通貨取引所 KuCoin!

KuCoinは、2017年9月に香港でスタートした比較的新しい取引所ですが、 すでに人気の仮想通貨取引所の一つになっています。 中国語・英語はもちろん、日本語や韓国語ほか現在11の言語に対応しています。 また、独自トークンのKCSを発行しており KCSの価値はKuCoinのユーザー数増加に伴い下記のように急上昇しています。 今仮想通貨の人気が上がっていることで取引所の登録にも少し時間がかかったり、 登録がストップしてしまうこともあるかもしれません。 その前にまずは登録してみてはいかがでしょうか? [btn class="rich_yellow"]KuCoin公式サイトはこちら [/btn]

KuCoinの登録方法は非常に簡単!

ではKuCoinの登録はどのように行うのでしょうか? なんと、メールアドレスだけで登録が済むので非常に手軽です。 KuCoin公式サイトはこちら

KuCoinサイトからメールアドレスを登録!

KuCoinサイトトップページ画面右上部にある新規登録をクリックします! ちなみに、言語もサイト画面右上部の国旗のマークで変更可能です。 メールアドレスと任意のパスワードの入力欄に入力をします。 送信するとこのような画面がでます。こちらで入力は完了です。 KuCoin公式サイトはこちら

登録したメールアドレスに認証メールが届きます。

これでKuCoinの登録手続きはほぼ完了です。 暫くたつとKuCoinからアカウント認証のメールが届きます。 メールの通りにURLをクリックします。こちらで認証は完了です。 KuCoin公式サイトはこちら

Google2ステップ認証も忘れずに行いましょう

KuCoinではGoogle2ステップ認証を採用しています。 ハッキング防止のためにもこちらの設定も済ませておきましょう。 メールのアカウント認証が済むと、上記のような画面になっていると思います。 「グーグル―2ステップ」をクリックしてGoogle2ステップ認証画面に移り認証を行います。 Google2ステップ認証は、スマホなどでインストールしたGoogle2ステップ認証のアプリから、 KuCoinの認証画面にあるQRコードを読み込むと認証番号がスマホなどに出てきます。 スマホに出てきた認証番号をKuCoin側の入力画面に入力するとGoogle2ステップ認証も完了します。 完了すると次のような画面になります。 これで、KuCoinの登録はすべて完了です! [btn class="rich_yellow"]KuCoin 公式サイトはこちら [/btn]

まとめ

KuCoinは、取引規模が世界1位の「Binance」(バイナンス)と取り扱い通貨が違うことでよく話題になり、先日Binanceが新規登録を停止した時にも「第2のBinanceはKuCoin」と言われKuCoin人気が増加しました。 KuCoinの登録はメールアドレスのみで登録でき、Google2ステップ認証も簡単にできますので、ぜひ登録しておくことをおすすめします。 KuCoin公式サイトはこちら No tags for this post.

Rippleを安く買うならbitbank.cc!今からリップルを買う人は指値で買えて手数料の安いビットバンクに登録しよう!

Rippleを扱っている日本国内の仮想通貨取引所は現在2社のみですが、「指値注文でRippleを買える」、「手数料を安く抑えてRippleを買う」なら断然 bitbank.cc(ビットバンク) です。

本記事ではビットバンクの魅力と共に、ビットバンクでRippleを買う方法を説明します。

bitbank.cc(ビットバンク)の魅力

手数料が安い

ビットバンクccの魅力はなんといっても手数料が安いことです。

さらに現在はキャンペーン中で売買手数料が全て無料となっています。

過去にはマイナス手数料という、取引を行えば行うほど手数料分がボーナスともらえるキャンペーンも実施されています。

このようにユーザーに直接的に還元されるような嬉しいキャンペーンが多いこともビットバンクの魅力です。

bitbank.cc 公式サイトはこちら

指値注文ができる

bitbankでは指値注文でRippleを買うことができます。

指値注文とは、自分が買いたい価格を指定して買い注文を出すことです。

ユーザー同士で買い、売りを指値で出せるので、現在の相場価格より安く買えることがほとんどで、取引所や販売所での仮想通貨販売よりもスプレッドが小さく、確実にお得に購入することができます。

現在日本の国内取引所でRippleを指値注文できるのはビットバンクのみなので、Rippleを安く購入したい人はビットバンクに登録することをおすすめします。

bitbank.cc 公式サイトはこちら

取り扱い通貨の種類が多い

ビットバンクは仮想通貨の取り扱いが国内トップクラスの取引所です。

2017年10月現在は下記の6通貨を取り扱っています。

  • Bitcoin
  • Bitcoin Cash
  • Ethereum
  • Ripple
  • Litecoin
  • MonaCoin
主要な仮想通貨であるBitcoinやEthereumはもちろん、RippleやLitecoin、MonaCoinなど人気アルトコインの取り揃えも充実しています。

bitbank.cc 公式サイトはこちら

入金手数料が無料

日本円をはじめ仮想通貨の入金手数料は全て無料です。

なのですでにRippleをはじめ仮想通貨を持っている人も、新たにビットバンクにも口座開設をしてもデメリットがありません。

出金手数料が安い

出金手数料もとても安く設定されています。

Rippleだと0.15 XRP、日本円にして 3.44572 円(約 3円程度)で出金することができます。

こんなに安い出金手数料もbitbankの魅力です。

bitbank.cc 公式サイトはこちら

口座開設が簡単にできる

口座開設も非常に簡単にできます。

やり方は他の取引所と同じで、必要事項を入力し、本人確認書類を撮影してアップロードします。

その後書留(ハガキ)が届くので、記載されているパスワードを入力すれば本人認証も完了です。

bitbank.cc でRippleを購入する方法

bitbank.cc  にログインして画面上のメニューバーの「トレード」をクリックして、取引画面を表示しましょう。

左上に「 BTC/JPY 」と表示されていて、初期状態では「 Bitcoin と 日本円 の取り引き」になっています。

ここで 「 XRP / JPY 」 をクリックすると、日本円でRippleを購入することができます。

bitbank.ccはアルトコイン、Rippleも指値・成行注文できるので、欲しい金額で指定して購入することができます。

これが 「Rippleを安く買うならbitbank」という理由です。

2017年10月現在だと 45XRP を 1XRP 22円 で注文すると、990円と1,000円以下で注文することができます。

以上がbitbankでRippleを購入する方法です。

アカウントさえ作成できれば、簡単に買うことができます。

国内取引所でRippleを安く買うならビットバンク!

[ex-jp-bitbank.cc]
[aside type="boader"]Rippleとは?
今話題の時価総額ランキング上位の仮想通貨「Ripple」の基本を知ろう!
Rippleとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるリップルの基本! [/aside] [aside type="boader"]おすすめの国内&海外取引所はこちら!
国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所  [/aside]
No tags for this post.

altcoin.ioは2018年開設予定&事前登録受付中!アルトコイン.ioの魅力と登録方法を解説!

altcoin.ioは、分散型取引所(DEX)として2018年初頭に開設予定のアメリカの仮想通貨取引所で、
現在事前登録受付中です!

本記事では、そんなaltcoin.ioの魅力と事前登録の方法についてご紹介していきます。

[btn class="rich_pink"]altcoin.io 公式サイトはこちら[/btn]

altcoin.ioの概要

altcoin.ioは、2018年に開設予定の仮想通貨取引所です。
現在準備中で、事前登録受付となっています。

altcoin.ioの特徴として、アトミックスワップ搭載の分散型取引所(DEX)であることが挙げられます。
アトミックスワップ・分散型取引所(DEX)についてはそれぞれ後ほどご紹介していきます。

altcoin.io 公式サイトはこちら

分散型取引所(DEX)とは?

altcoin.ioの特徴の1つ目として、分散型取引所(DEX)であるということが挙げられます。

そもそも、分散型取引所とはどんな取引所なのでしょうか?

DEXとは、Decentralized Exchangeの略で、日本語にすると「非中央集権取引」となります。
つまり分散型取引所の反対は中央集権型の取引所ということです。

中央集権型の取引所は、管理者(運営会社等)がいて、セキュリティ面ではその管理者の一点集中になります。

例えば日本の仮想通貨取引所でいうと、コインチェックやZaifと言った取引所は
それぞれコインチェック株式会社・テックビューロ株式会社が運営しています。

こうした中央集権型の取引所の場合、
管理サーバーがハッキングなどの攻撃を受けると一気に損失が広がる可能性があります。

一方、分散型取引所はブロックチェーン上にできる取引所のことです。
ブロックチェーンを利用して個人間で取引します。

メリットとしては、取引において運営会社等の管理者が介入しない代わりに
秘密鍵を自分で管理します。そのためウォレットからの直接取引が可能です。

また、間に管理者が入らないため手数料が発生しないというのもメリットです。

管理する母体(運営会社)がないということは、本人確認や登録なども不要です。
運営会社の破綻などによって自分の資産がなくなるというリスクも回避できます。

デメリットは、直接ブロックチェーンへ取引の記録を行うため、取引に時間がかかる点が挙げられます。

altcoin.io 公式サイトはこちら

Atmic Swap(アトミックスワップ)とは何か?

altcoin.ioの2点目の特徴であるAtmic Swap(アトミックスワップ)についてご紹介します。

Atmic Swap(アトミックスワップ)とは、
取引時に相手方が信用できない場合に、暗号を介して取引することで取引の不安定化を解消する仕組みのことです。

どういうことかというと、大石哲之さんのビットコイン研究所ブログの説明がわかりやすいので下記引用します。

例えば、LTさんのLTCと、BTさんのBTCを交換することを考えてみよう。

取引をするには、どちらかがまずコインを相手に送ることが必要になる。
コインが相手に届いたことが確認されれば、相手はコインを送り返す。
これで取引が成立することになるが、この手順には誰にでも指摘できる欠点がある。


相手がコインを送り返さずにそのままバックレることが可能だということだ。

つまり、これは相手が信用に足る人物だという前提に、それを信じてどちらかが先にコインを送らなければならない。

アトミックスワップでは、この問題を暗号的手法で解決する。
相手を信用する必要なく、コインの交換を行うことができるようになる。

相手が誰であろうが、匿名であろうが、素性を一切知る必要なく、安全にコイン同士の交換が可能になる。

イメージできたでしょうか?

先に説明の通り、分散型取引所(DEX)の場合管理者が存在しません。

ということは、世界中の人と直接取引をしなくてはならないのです。
どこのだれか分からない人と取引するわけですから、自分の仮想通貨だけ取られてしまうようなトラブルもあり得ます。

それを解消するための暗号化ツールがアトミックスワップです。

altcoin.io 公式サイトはこちら

altcoin.io取り扱い予定通貨

altcoin.ioで取り扱いを予定している通貨はどんなものがあるのでしょうか?

正式なリリースはまだないようですが、一方で、上場通貨の投票を募っています。

3月現在での投票状況は下記のとおりです。

また、公式サイトのウォレットイメージから、
ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)をはじめ、オーガー(Augur,REP)、アラゴン(Aragon,ANT)などの取り扱いが検討されているようです。

altcoin.io 公式サイトはこちら

altcoin.ioの事前登録方法

altcoin.ioの事前登録は、メールアドレスの登録のみとなっています。

まずは、公式サイトへ。

Emailの欄にメールアドレスを入力し、「Sign Up Now」をクリックして事前登録完了です。

メールを確認すると、このようなメールが届いています。

この案内から、取引のテスト画面などを確認することが可能です!

これまでの多くの取引所よりも、より安全で公平な取引所になることが期待されるaltcoin.io。

オープンが待ち遠しいですね。

あなたも事前登録をしてみてはいかがでしょうか?

[ex-ovse-altcoin.io]No tags for this post.

Bit-Zの登録方法を画像で解説!ビットジーは上場投票制度が魅力でTRON・Lisk・ DOGEを扱う人気の海外取引所!

Bit-Z(ビット・ジー)は、2016年に誕生した海外仮想通貨取引所です。
本記事ではBit-Zの魅力と、その登録方法について解説していきます。

[btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら[/btn]

Bit-Zの概要

まずはBit-Zの概要からご紹介します。

Bit-Zは、2016年に誕生した香港を拠点としている仮想通貨取引所です。

取り扱い通貨の種類は50ちょっとと物凄い多いというわけではありませんが
通貨の時価総額が比較的高い通過の取り扱いがあることで取引高で上位にもなっており、注目されています。

具体的にはビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)のほか
ダッシュ(DASH)、リスク(LSK)、ライトコイン(LTC)などが取り扱われています。

対応言語は英語と中国語です。

公式サイトはこちら

Bit-Zの魅力

上場投票制度がある!

Bit-Zの魅力としては、資産価値の高い仮想通貨の取り扱いをしていることですが、
それを担保とする一助になっているかもしれない機能として、「上場投票制度」があります。

その通貨をBit-Zに上場させるのか、ユーザー自身が投票によって決めることができるのです。
投票状況は公式サイト画面左の「Vote」から確認できます。

ちなみに、投票権があるのはこれからご紹介する登録で認証レベルを「レベル2」まで登録したユーザーです。

それではこれからBit-Zの登録方法を解説していきます。

公式サイトはこちら

Bit-Zの登録方法

Bit-Zの登録方法について説明していきます。
メールアドレスさえあれば簡単に登録が可能です。

まず、Bit-Zのサイトへ。

右上の「Sign Up」と書かれている部分をクリックして新規登録に移ります。


クリックすると、上記画面が出てきます。
上から、メールアドレス、パスワード、パスワード(確認用)を決め、入力します。

また、認証用に、画面に表示されているアルファベットの入力を行い
その下の I have read and agree to Terms of use.の左側にあるボックスにチェックを入れます。
「Submit」をクリックして、まずはメールアドレス登録の完了です。

登録が完了すると、

このようなメッセージが表示されます。登録したメールアドレスの受信ボックスを確認しましょう。
メールボックスには、下記のようなURL付のメールが届いています。

クリックすると、Sign Inのページに移りますので、登録したアドレスとパスワードを使ってサインインしましょう。

公式サイトはこちら

次に、2段階認証を行ってセキュリティの対策をしておきましょう。

画面右上「Account」から、「2FA Code」をクリックします。

塗りつぶしのある16Digit Keyは、故障時など復元する必要が出た時に必要なキーなので、別途控えておきましょう。

2段階認証は、GoogleAuthenticatorで行います。無料アプリですので、スマホなどで検索してインストールしましょう。

この、青い〇がついているのがGoogleAuthenticatorのアプリです。起動させると、

このように、右上に「バーコードをスキャン」というメニューがありますので、ここを選択します。

カメラが起動しますので、そのカメラでQRコードをスキャンすると、アプリ上に6桁の数字が表示されます。
表示された6桁の数字を入力していきます。

上から、ログインのパスワードを入力します。

その下のEmail Verification Codeはメール認証コードです。
右の「Get Verification Code」をクリックすると、登録したメールアドレスに6桁の数字が送信されます。

メールで届いた6桁の数字を、ログインパスワードの下の欄に入力します。
その下の欄に2段階認証用の6桁のコードを入力します。

上記の画面が出てきたら正常に認証が完了しました!

次に、認証レベルを上げるための登録を行います。今、メールアドレスを登録しただけでは認証レベルは0となっています。

画面右上、「Account」から、「Verification」をクリックします。

上から、IDとメールアドレスは既に表示されていますので

①名前
②誕生日
③取引パスワード(登録したものとは別のものにしましょう!)
④取引パスワード(確認用)

を入力します。

「Submit」をクリックすると、

が、表示され登録完了。認証レベルは1に上がりました。
このまま上場の投票が可能になるレベル2まで登録方法をご紹介します。

レベル2の認証では、住所(国・郵便番号等)と、電話番号が聞かれます。
こちらについても入力し、「Submit」をクリックすると、登録完了です。

[btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら[/btn]

いかがでしたか?Bit-Zの登録方法についてご紹介してきました。
認証にレベルがあったりとやや登録が複雑ですが、価値の高い仮想通貨が集まる取引所ですので、挑戦してみてください。

公式サイトはこちら

Zaifトークンとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるザイフトークンの基礎知識!

Zaifトークンとは、Zaifを運営しているテックビューロー社がCounterpartyを使って発行している独自トークンです。

Zaifトークンの特徴

Zaifトークン(Zaifトークン,ZAIF)とは、国内の仮想通貨取引所のZaifを運営しているテックビューロ―社により発行されている独自トークンです。
ネットユーザーなどからは「ザフト」とも呼ばれています。

Zaifトークンというだけあり、Zaifでしか購入することはできません。
また、Zaifトークンはペペキャッシュなどと同じくカウンターパーティのブロックチェーンを使って発行されているトークンです。

[box class="green_box" title="関連記事"] 関連記事 : Counterpartyとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるカウンターパーティの基礎知識! [/box]

取引方法としてはカウンターパーティの流れをくむトークンですのでビットコインでの取引、または日本円になります。

残念ながらペペキャッシュのような明確な使い道はZaifトークンにはいまのところありません。

ただし、Zaifトークンを発行しているテックビューロ―社は、Zaifの運営はもちろん、国内初のICO(Initial Coin Offering の略で仮想通貨発行による資金調達手法のこと)であるCOMSAを運営していること、また、代表の朝山貴生氏は日本の仮想通貨市場において影響力をもつ一人であること、

Zaifトークンはよくも悪くもテックビューロー社と代表の朝山氏の意志がかなり反映される値動きをする可能性が高いことからZaifトークンは今後成長の可能性が高く、今が買い時であるととらえている投資家も多いようです。

更に、2017年10月20日には、現在テックビューロー社で発行済で未配布となっているトークンの配布を凍結すると発表しています。
(2018年12月までの予定)

これは全発行数の25%にあたり、テックビューロー社で何らかの戦略があってのことと思われます。

こうした点からも今後の成長性が期待されています。

Zaifトークンの概要

[table id=2040-01 /]

Zaifトークンの価格推移

Twitterまとめ

Zaifトークンが買える国内取引所

[ex-jp-Zaif]
[aside type="boader"]おすすめの国内&海外取引所はこちら! 国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所  [/aside]
No tags for this post.

YobitはNEMやLisk、CMSが買える!海外仮想通貨取引所ヨービットの魅力と登録方法を解説!

Yobitという仮想通貨取引所をご存知ですか?300種類を超える仮想通貨を取り扱っていると言われている海外取引所です。

Yobit の取り扱い通貨にはBTCなどの主要通貨の他に NEM (XEM) 、Lisk (LSK) 、 COMSA [ETH] (CMS) など国内でも取り扱いのある人気の通貨から、Dogecoin (DOGE)、Waves (WAVES)、TRON (TRX)、Verge (XVG)、DigiByte (DGB)、B2BX (B2B)などといった人気の通貨を取り扱っています。

本記事ではYobitの魅力と、Yobitの登録方法について説明していきます。

yobit [btn class="rich_yellow"]

Yobit 公式サイトはこちら

[/btn]

Yobitの概要

まずは簡単にYobitの概要からご紹介します。

Yobitは運営している母体がわかっていない取引所です。

英語・中国語・ロシア語に対応していることから、ロシアに開発母体があるのではないかと噂されています。

魅力の中でもご紹介しますが、取り扱い通貨数がほかの仮想通貨取引所とは桁違いに多いので

世の中ではほぼ無名な、いわゆる「草コイン」を探すのに有名になった取引所です。

Yobit 公式サイトはこちら

Yobitの魅力

取り扱い通貨が豊富!

Yobitと言えば、まずその取扱い通貨の豊富さが挙げられます。

その数はなんと、300種類以上!ビットコイン(BTC)やイーサリアム(LTC)と言ったメジャーなものから
聞いたこともないというような通貨まで豊富に揃っています。

しかし、一方で「聞いたことのない」通貨の中には、ほとんど価値のないような通貨も混ざっているということもあります。
たとえば、こちら。

この1か月取引がないように見受けられます。

こうした仮想通貨を大量に買ってしまい、あとで売却できなくて困るということのないように気を付けたいものです。

自己責任でまだあまり目立っていない通貨を少しずつ先物買いしていくという点においては、非常に魅力的な取引所と言えます。

Yobit 公式サイトはこちら

Dice(賭け)の機能がある

Yobitの少し面白いサービスの一つに「Dice」機能があります。

一言でいえば、仮想通貨を使って賭けができるということです。

しかも、下記のように賭けに参加したユーザーの勝ち負けの状況もすべてわかってしまうという機能付き。

日本では考えられない機能ですが、ゲーム感覚で楽しめるかもしれません。

Yobit 公式サイトはこちら

投資機能もある!

YobitにはInvestBoxという投資機能も備えています。
海外の取引所では比較的よくある機能のようですね。

指定された通貨を預け、一定期間経過後に配当として利率分が受け取れるという仕組みです。
上記画像がその利率表になっています。

Yobit 公式サイトはこちら

Yobitの登録方法

では、Yobitの登録方法について説明していきます。
メールアドレスさえあれば登録可能ですので是非挑戦してみてください。

まず、Yobitのサイトへ。

右上に「Registration」と書かれている部分をクリックして新規登録に移ります。


クリックすると、上記のような画面になります。
自分で任意で決めるユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力します。

パスワードはアルファベット大文字・小文字・数字が混ざっていることが必要です。

※ Yobitの場合、パスワードは8文字で記号は含まないものという制限があるようです。
※ 「Login」はユーザー名になるので、ご自分のユーザー名を好きに入力しましょう。

登録が完了すると、

このような案内が出ますので、登録したアドレスの受信ボックスを確認しましょう。

メールを確認すると、登録完了のためのURLがあります。そこをクリックします。

これで、登録自体は完了していますが、2段階認証を行って、セキュリティの対策をしておきましょう。

このようなメッセージがでますので、グレー文字Switch Onの部分をクリックすると、2段階認証の画面に遷移します。

右側の塗りつぶしのあるシークレットキーは、復元する必要が出た時に絶対に必要なキーなので、別途控えておきましょう。

2段階認証は、GoogleAuthenticatorで行います。無料アプリですので、スマホなどで検索してインストールしましょう。

この、青い〇がついているのがGoogleAuthenticatorのアプリです。起動させると、

このように、右上に「バーコードをスキャン」というメニューがありますので、ここを選択します。

カメラが起動しますので、そのカメラでQRコードをスキャンすると、アプリ上に6桁の数字が表示されます。

その6桁の数字をシークレットキーの下、「Authentication code」欄に入力し「Enable]キーをクリックします。

上記の画面が出てきたら正常に登録と認証が完了しました!
お疲れさまでした!!

このように、簡単に登録することが可能です。様々な仮想通貨を運用してみたいという方にはおススメの取引所です。

日本語対応はしていませんが、ぜひ挑戦してみてください。

[ex-ovse-yobit] [aside type="boader"]おすすめの国内&海外取引所はこちら!
国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所  [/aside]
No tags for this post.

【最新版】レバレッジ取引対応のおすすめ国内仮想通貨取引所6選【2018年】

レバレッジ取引に対応した国内のおすすめ取引所を徹底比較! 取り扱い通貨やペア、手数料、セキュリティやツールなどの特徴から自分に合った取引所を見つけましょう。

レバレッジ取引ができる取引所はこちら

[ex-jp-bitbank.cc] [ex-jp-GMOコイン] [ex-jp-BITPoint] [ex-jp-bitbank_Trade] [ex-jp-bitFlyer] [ex-jp-QUOINEX] No tags for this post.

国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所15選

[box class="green_box" title="ピックアップ!"] [colwrap] [col3]
[2488-praise_title-left]
[2488-praise_desc-left]
[/col3] [col3]
[2488-praise_title-mid]
[2488-praise_desc-mid]
[/col3] [col3]
[2488-praise_title-right]
[2488-praise_desc-right]
[/col3] [/colwrap] [/box]

ビットコイン、アルトコインはどこの取引所で購入、取り引きしていますか?

取引所にはそれぞれメリット・デメリットがあり一長一短といった感じで、仮想通貨を保有・取り引きするためには複数の取引所にアカウントを開設しておくことが一般的です。

本記事では、国内と海外の取引所の中から人気のある取引所をおすすめします。

「欲しいコインがある」、「手数料を安く抑えたい」、「長期保有したいから安心安全な取引所を知りたい」、「短期取引メインだから人が集まる取引所が知りたい」などなど、仮想通貨に求めるニーズは多岐に及びます。

どの取引所で扱われている仮想通貨の人気がいつ上がるかは、誰も予想できないのが仮想通貨取引です。

またその仮想通貨が、自分が登録している取引所で扱われていたとしても、サーバー障害などのアクシデントで即座に対応できない可能性もあります。

機会を失ってしまう前に、主だった取引所へは早めに登録を済ませておきましょう。

[external-explan-air_drop]

仮想通貨・ビットコインの取引所を選ぶときのポイント!

取り扱い通貨 手数料
購入したい、投資したい仮想通貨を扱っているかを確認しましょう。 短期トレード・FXはもちろん長期・積立投資においても手数料は重要なポイントです。
ツール・スマホ対応 仮想通貨・ビットコインFX
PCでの操作、スマホ対応有り無しを確認して自分に投資スタイルに合っているかを確認しましょう。 仮想通貨市場は高いボラティリティによるFXも魅力!現物だと買えない量でもFXなら稼げるチャンス!追証の有無やレバレッジが何倍かも重要なポイントです。
セキュリティ 会社の信頼度
ビットコイン・仮想通貨は常にハッキングリスクと隣り合わせです。コールドストレージなどセキュリティ対策も確認しましょう。 運営会社の資本金や金融庁登録の有無、業界団体への参加なども仮想通貨取引所には重要な要素です。※国内の交換業者は金融庁への登録が必須です。

取引所比較まとめ一覧

[rank-101-bitbank] [rank-101-gmo] [rank-101-dmm] [rank-101-bitpoint] [rank-101-bitflyer] [rank-101-quoinex] [rank-101-zaif] [rank-101-bitbanktrade] [ex_list_ovse] [external-explan-air_drop]
No tags for this post.

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)がテレビCMを開始!剛力彩芽さん起用

国内取引所のザイフがテレビCMを開始しました。 CMには女優の剛力彩芽さんを起用していますね。 ビットコインも価格が上昇している中、ZAIFトークンも上昇中です。 ザイフトークンの急上昇はテレビCMが起因しているのではないかと思われます。 またCOMSAトークンも上昇しているので、zaif関連のトークンは伸びていますね。 このままCMの力でどこまで伸びるか期待が持てますね。 https://www.youtube.com/watch?v=-3xBa2_Yn4w

Zaifトークンが買える国内取引所

Zaif(ザイフ)

[aside type="boader"]
  • 現物取引はマイナス手数料だから取引すればボーナスがもらえる!
  • ユーザー同士で指値・成行の板注文ができる!
  • 毎月自動引き落としでお手軽長期投資できるコイン積立あり!
[/aside] [btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn]
[aside type="boader"]おすすめの国内&海外取引所はこちら! 国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所  [/aside]

ビットフライヤーの取引レポートが進化!国内最大級の取引所bitflyerなら所得の計算も楽になる!

2018年2月8日追記

bitFlyer(ビットフライヤー)がクリプタクトと提携したことを発表しています。

今後は取引レポートに、所得の計算に資する情報が含まれるようになるため、ビットフライヤーを使った仮想通貨取引による税金の計算が大幅に楽になりそうです!

株式会社クリプタクトとの業務提携のお知らせ - 報道関係各位 - ビットフライヤー

「お取引レポート」のリニューアルとビットコイン等仮想通貨に係る税金についてのお知らせ - 報道関係各位 - ビットフライヤー


bitflyer(ビットフライヤー)は、CMでもお馴染みの仮想通貨取引所です。Coincheck(コインチェック)やZaif(ザイフ)と並び国内最大級の仮想通貨取引所となっており、安全性の高さや使いやすさから初心者にもおすすめの取引所となっています。 2014年に設立されたビットフライヤーは、ビットコインやイーサリアム、ビットコインキャッシュに加えて2017年末から盛り上がりを見せているモナコインなどの主流通貨を取り扱っています。 国内大手ということもあり、資本力や信頼性には抜群の安定度があり、専用アプリの使いやすさやチャートの見やすさから初心者にも扱いやすい取引所となっています。 本記事ではビットフライヤーの特徴やメリットについてご紹介します。 [btn class="rich_yellow"]ビットフライヤー 公式サイトはこちら[/btn]

ビットフライヤーの特徴・メリット

概要

[table id=14 /]

主流通貨を網羅している

人気の主要通貨は網羅しています。 コインチェックと比べると通貨は少なめですが、2018年1月には新規アルトコインの導入も予定しているらしいので、今後更に取り扱う通貨が増えてきそうです。 [aside]ビットフライヤー取扱通貨
・ビットコイン(BTC) ・イーサリアム(ETH) ・イーサリアムクラシック(ETC) ・ライトコイン(LTC) ・ビットコインキャッシュ(BCH) ・モナコイン(MONA) [/aside] [box class="green_box" title="関連記事"] 関連記事 : bitFlyer上場を受けてLISKが高騰中! [/box]

注目のモナコインを取り扱っている

ビットフライヤーが日本発の国産仮想通貨モナコインの取り扱いを開始したことで、昨年末モナコインの価格が急騰し話題になりました。 実業家のホリエモンこと堀江貴文氏も支持していることで話題を呼んでいる通貨だけに、今後更なる高騰が期待できそうです。 そんな人気急上昇中のモナコインが買えるのもビットフライヤーの大きな魅力の一つです。

取引画面が見やすい

ビットフライヤーが初心者にオススメな理由の1つとして取引画面の見やすい点が挙げられます。 メインで使うメニューを簡単に解説します。 [table id=16 /] 各メニューが分かりやく設置されているため、仮想通貨が初めてという方でも安心して使える画面になっているのが魅力です。

高性能取引ツールbitFlyer Lightningが使いやすい

仮想通貨取引を行う上で必須の取引ツールですが、ビットフライヤーには、bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)という取引ツールが備わっています。 FX取引で使うような取引ツールになっており、レバレッジをきかせたトレードをすることができます。 ビットフライヤーライトニングは、比較的シンプルで使いやすく、初心者でも扱いやすいとの評判があります。 レバレッジをきかせたトレードができるため、効率的なトレードが見込める分、リスクも同様に大きいため、全くの初心者のうちはいきなりビットフライヤーライトニングは使わずに通常の取引から始めてみることをオススメします。

専用アプリが使いやすい

ビットフライヤーはスマホ専用(iOS、Android)もあり、非常に使いやすいと評判も高く、慣れてしまえばPCより簡単に操作することが可能です。 [aside]専用アプリでできること
・総資産の確認 ・ビットコインの売買 ・ヒットコインを支払う ・個人間売買 ・アルトコインの売買 ・送金 ・チャート [/aside]

口座開設が簡単

ビットフライヤーで通貨の売買を行うには、口座を開設する必要があります。 現在、ビットフライヤーではアカウントがクラス分けされており、メールアドレスのみの登録で開設できる「ウォレットクラス」と本人確認書類の送付が必要な「トレードクラス」の2種類あります。

ウォレットクラス

ウォレットとしての機能が備わっており、仮想通貨の預入・送付、日本円の入出金などができます。 [aside type="boader"]ウォレットクラス登録の流れ
1.メールアドレスの入力 2.メールを受信 3.キーワード入力 4.登録完了 [/aside]

トレードクラス

仮想通貨の売買を行う場合には、「トレードクラス」にアップグレードする必要があります。 トレードクラスにすることにより、ウォレットクラスの機能に加えて、仮想通貨の売買や、最大送付・決済額が無制限となります。 [aside type="boader"]トレードクラスアップグレードに必要なもの
・本人書類提出 ・電話番号認証 ・銀行口座情報 ・確認ハガキの受け取り [/aside] 以上で登録は完了になります。 個人情報の提出作業が発生しますが、トレードクラスにアップグレードすることによってビットフライヤーをフル活用することができます。

安定・安全に仮想通貨取引をしたいならビットフライヤーがオススメ

安定した資金力があり、セキュリティ面・機能面にも信頼がおける国内大手の仮想通貨取引所であるビットフライヤーはこんな人にオススメです。 [aside]ビットフライヤーはこんな人にオススメ
・安定した取引所を利用したい人 ・主要通貨の売買をメインに利用したい人 ・安全に仮想通貨取引を行いたい人 ・アプリを使って取引したい人 ・できるだけ簡単操作で売買したい人 [/aside] これから仮想通貨を始めてみたい方にとっての入門取引所として、まずはビットフライヤーを利用してみることをオススメします。 [btn class="rich_yellow"]ビットフライヤー 公式サイトはこちら[/btn]

ビットフライヤーで買える通貨の詳しい記事はこちら!

[coin-explan-BCH] [coin-explan-ETH] [coin-explan-LTC] [coin-explan-MONA]No tags for this post.

【1000円プレゼントキャンペーン延長中!】DMM Bitcoinならアルトコインでレバレッジできる!XRPやXEMなど人気のアルトでレバレッジ取引ができるDMM Bitcoinを始めよう!

[box class="red_box" title="「アルトコインでレバレッジ取引」が魅力の「DMM Bitcoin!!"] XEMやXRP、ETHなど国内人気トップクラスの7種類のアルトコインのでレバレッジ取引できるのは「DMM Bitcoin」だけ!

アルトコインのボラティリティが激しい時こそレバレッジ取引のチャンス!

今なら新規登録で1,000円プレゼントキャンペーン実施中!! [/box]

昨年12月に発表されたDMM.comグループの仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」。

先日の登録受付開始も話題になりましたが、とうとう取引が開始されて話題となっています。

本記事ではそんな 「DMM Bitcoin」 の特徴とおすすめポイントについて解説します。

レバレッジ取引に特化した DMM Bitcoin で、ぜひ各種アルトコインのレバレッッジ取引にチャレンジしてみましょう!

[btn class="rich_yellow"] DMM Bitcoin 公式サイトはこちら [/btn]

DMM Bitcoinリリース記念キャンペーン!

「2018年1月11日(木)~2018年3月31日(土)」 の期間限定で、DMM Bitcoinのリリース記念キャンペーンが開催中!
キャンペーン開催期間が延長!!

新規口座開設完了だけで もれなく1,000円プレゼント!

期間限定キャンペーンなので登録はお早めに!

[btn class="rich_yellow"] DMM Bitcoin 公式サイトはこちら [/btn]

DMM Bitcoinの特徴!

取引可能な仮想通貨は全7種、通貨ペアは合計14種類!

DMM Bitcoinでは仮想通貨7種類のうちBitcoinとEthereumの2種類が現物取引可能で、その2種を含め全てでレバレッジ取引が可能です。

[box class="green_box" title="おすすめポイント!"]

アルトコインのレバレッジ取引ができるので、相場が停滞気味の時や、価格が下がる一方の時でも利益を出すことができる!

[/box] DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

取引手数料、入出金(送金)手数料などが無料!

DMM Bitcoinは手数料が無料で取引することができます。
※ レバレッジ手数料を除き、手数料が無料。

さらに利益として得た日本円や現物の出入金も手数料無料です。

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

PCブラウザはもちろん、スマホアプリにも対応!

PCでの取引も可能で、さらに見やすい画面のスマホアプリもあるのでトレードの幅が広がります。

[box class="green_box" title="おすすめポイント"]

スマホアプリなら外出中のもしもの時にでもすぐに取引をすることができます。

また自宅で取引をする時でも、PCに向かって座りながらだけでなく、スマホアプリなら楽な姿勢で取引できることもうれしいメリットです。

[/box] DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

サポートが365日24時間対応!さらにLINEでも連絡可能!

仮想通貨取引所の対応としては例のない、24時間365日対応可能なサポートなのですぐに連絡することができます。

[box class="green_box" title="おすすめポイント!"]

仮想通貨の取引は、いつでも送金可能という特性から休日や祝日、深夜から早朝などと時間を選ばずに行えます。

ただ通常の取引所だとサポートの対応時間が10:00〜18:00までなどとなっているので、自分が頻繁に取引する時間にアクシデントが起こると途方に暮れることもあります。

さらに返信も一ヶ月返ってこないなどという取引所もある中、DMM Bitcoinの24時間365日対応可能、さらにはLINEでも問い合わせ可能というのは非常にうれしいポイントです。

[/box] DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

初心者コンテンツも充実!

DMM BitcoinのDMM.comグループ会社らしいポイントですが、上の画像のように「仮想通貨の取引について」や「取引の流れ」、リスクなどについて解説しているコンテンツが充実しています。

[box class="green_box" title="おすすめポイント!"]

これから仮想通貨取引をはじめるという人はぜひ読んでおきましょう!

すでに取引を経験している人でも、取引所ごとに「板取引」や「販売所形式」などといった違いもあるので、復習の意味で一読してみることをおすすめします。

[/box] DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

DMM Bitcoinに関するTwitterまとめ

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

DMMグループ創設者の亀山会長もコメント!

DMMの亀山会長もDMM Bitcoinスタートを機に仮想通貨投資を始めるとのコメントをしています。

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録方法

口座簡単は簡単3STEP

口座解説は3つのステップで簡単に登録することができます。

必要なものも「メールアドレス」だけで、あとは自分の情報を入力して「本人確認書類」を撮影してアップロードすれば完了です。

数日後にDMM Bitcoinから確認の葉書が届いたら取引を開始することができます。

[btn class="rich_yellow"] DMM Bitcoin 公式サイトはこちら [/btn]

さいごに

とうとう仮想通貨業界へ参入を果たしたDMM Bitcoin。

種類の豊富なアルトコインでレバレッジ取引ができて手数料無料など魅力が満載です。

確認の葉書が到着するまで数日かかるので、興味のある方は登録が混み合う前に早めの登録をおすすめします!

[box class="blue_box" title="関連記事"] 「DMM Bitcoin」が正式発表!DMMビットコインは2018年1月開設予定の7銘柄を取り扱う国内取引所! [/box] No tags for this post.